b0171771_1825098.jpg
背景のイラストは,「元気くん」PR掲示=本別町仙美里地区で撮影

関連のホームページ
◆本別高校同窓会東京支部「清流会」→
http://hseiryuukai.blog122.fc2.com/
◆本別町公式ホームページ http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/
◆本別町観光協会 https://www.facebook.com/honbetsu.tourism/timeline

b0171771_04104344.jpg第13回東京本別会総会
会場決定
日時:2017年6月17日(土)午後5時
会場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)
※例年の会場が休止のため、変更しました。
会場・「アルカディア市ヶ谷」サイトへ

第12回東京本別会総会終了
日時:2015年6月20日(土)午5時

会場:スクワール麹町(四ッ谷駅)
 第12回「東京本別会」総会・懇親会が開催されました。故郷本別町からは,高橋正夫町長・方川一郎町議会議長,前田芳雄本別中学校同窓会会長らが出席されました。また,4組のご夫妻も参加されました。なお,当日の様子が,十勝毎日新聞で紹介されました。
 第13回総会は,2017年6月の開催の予定です。
b0171771_16402937.jpg
仙美里中学校67年の歴史に幕

 故郷の本別町では、平成26年3月で
仙美里中学校が閉校 し、現在中学校として 本別中学校 勇足中学校 の2校が存続しています。

本別中学校の卒業生1万人に
 
本別中学校(左写真)
は戦後間もない1947(昭和22)年に開校し,2013(平成25)年度までの68年間で、9987人の卒業生を輩出してきました。2014年度の3年生は51人で,卒業生が1万人の大台を突破することになります。
 卒業生1万人達成を記念し,本別中学校同窓会(前田芳雄会長)が,2015年3月13日の卒業式にあわせて記念事業が実施されました。

[PR]
b0171771_19455473.jpg
十勝ワインブドウ園=2015年8月撮影

 池田町ブドウ・ブドウ研究所は今年度,町の独自品種で赤ワイン用ブドウ「山幸(やまさち)」を 国際ブドウ・ワイン機構(OIV,パリ)の 品種登録 を目指します。
 登録されれば,国際的に認められた品種として,海外でも品種名をワインボトルのラベルに表記できるようになります。

b0171771_19470655.jpg
十勝ワイン「山幸」(写真右)
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「『山幸』を国際登録へ 池田町」 と伝えています。
 【池田】町ブドウ・ブドウ研究所は今年度,町の独自品種で赤ワイン用ブドウ「山幸」を国際ブドウ・ワイン機構(OIV,パリ)の品種登録を目指す。登録されれば,国際的に認められた品種として,海外でも品種名をワインボトルのラベルに表記できるようになる。

 OIVへの登録申請を担う酒類総合研究所(広島県東広島市)によると,国内のワイン用ブドウ品種では山梨県の「甲州」と「マスカット・べーリーA」の2品種があり,「山幸」が登録されれば道内初となる。

 町は同研究所に委託か共同研究を依頼して,品種登録に必要な遺伝子解析などを行う計画。

-略-

 「山幸」は欧州系品種の「清見」と,ヤマブドウを掛け合わせた品種。農林水産省に2006年に品種登録をしている。耐寒性に優れた品種で,十勝管内でワイナリー(ワイン醸造施設)を立ち上げようとする人たちや,管外の道東地区でも栽培が増えてきている。町ブドウ・ブドウ酒研究所の安井美裕所長は「山幸の認知度が上がれば,道東で栽培が広がるきっかけになる。OIVに登録されれば,独自品種で造る十勝ワインへの理解も広がる」と話す。(関坂典生)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月05日7時00分の記事
[PR]

b0171771_03421006.jpg
参考写真:めんこ(パッチ)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%81%E3%82%93%E3%81%93

 4月16日, パッチ(メンコ)の名人 を決める「第29回日産カップオールジャパンパッチ選手権大会in陸別」が,陸別町タウンホールで開かれました。
 陸別町内をはじめ,帯広や釧路など町外からも,女性7人を含む100人が出場しました。

b0171771_05152158.jpg
陸別町タウンホール(町役場)
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「われこそ パッチ名人 陸別で全日本選手権」 と伝えています。
 【陸別】パッチ(メンコ)の名人を決める「第29回日産カップオールジャパンパッチ選手権大会in陸別」(実行委員会主催,日産自動車,陸別パッチクラブ,十勝毎日新聞社共催)が16日,町タウンホールで開かれた。

 陸別をはじめ,帯広や釧路など町内外から,女性7人を含む100人が出場した。  競技は大,中,小20枚のパッチを制限時間内で取り合うもので,予選,本選に続き,勝ち上がりの選手と前大会上位者による「名人位」決定戦が行われた。

 相手のパッチを盤上から落とす「オトシ」と裏返す「カエシ」が勝ち技。

-略-

(木村仁根)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月16日13時38分の記事
[PR]

b0171771_02510787.jpg
旧千代田パークホテル=2015年8月撮影

 4月18日,池田町は 旧千代田パークホテル解体工事の 入札を中止 しました。
 環境対策が必要なアスベストを含む建物として,約2億4000万円の解体費を見ていましたが,道の指導や町内の一級建築士の指摘で改めて検討した結果,近く示される予定の環境省の新基準を待って入札することになりました。

b0171771_04103910.jpg
参考写真:拡大した石綿(アスベスト)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E7%B6%BF

 十勝毎日新聞が, 「解体工事入札を中止 アスベスト処理で 旧千代田パークホテル」 と伝えています。
 【池田】町は18日午前,旧千代田パークホテル(町千代田)解体工事の入札を中止した。環境対策が必要なアスベストを含む建物として,約2億4000万円の解体費を見ていたが,道の指導や町内の一級建築士の指摘で改めて検討した結果,近く示される予定の環境省の新基準を待って入札することにした。

 入札の公示期間は4日から26日の予定だった。解体費は,当初約1億5000万円を見込んでいたが,昨年度の実施設計で,建物外壁などにアスベストが使用されていることが判明。町は十勝総合振興局から厚生労働省の「石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアル」のレベル1対応に準じるとの指導を受け,その対応で約9000万円上乗せし,約2億4000万円としていた。

 2月の町議会報告会で初めて町民に説明。それ以降,町内在住の一級建築士(70)が,東京での自身のアスベスト対策工事経験などを引き合いに「(解体費は)高すぎる」などと指摘し続けてきた。

-略-

(関坂典生)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月18日12時44分の記事
[PR]
b0171771_19591012.jpg
本別町役場
=2016年9月撮影

 本別,足寄,陸別の3町は,実家に住民票を置いて別の自治体で暮らす学生らに対し, 新住所に住民票 を移すよう呼び掛けています。
 選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられた2016年7月の参院選では,本別,足寄,陸別の18,19歳の計130人以上,全体では同3町で計260人以上が登録されませんでした。

b0171771_22430536.jpg
足寄町役場
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「居住自治体に住民票移動を 本別,足寄,陸別が学生らに呼び掛け」 と伝えています。
 【本別・足寄・陸別】本別,足寄,陸別の3町は,実家に住民票を置いて別の自治体で暮らす学生らに対し,新住所に住民票を移すよう呼び掛けている。前回参院選では「生活実態がない」として一部学生らが選挙人名簿に登録されなかったが,次期選挙も法令に基づき同様の対応をとる考え。道選挙管理委員会も異動期に合わせ「住所変更の手続きを」と促している。

 選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられた2016年7月の参院選では,本別,足寄,陸別の18,19歳の計130人以上,全体では同3町で計260人以上が登録されず,選挙権の平等性が注目された。

 改正公選法により,国は各選管に「生活実態」を把握する調査と適正な選挙人登録を通知。また,「下宿などの居住地が住所」とする最高裁判例などを根拠に,3町の選管は名簿登録の適否を判断した。

 3町は年に4回と選挙時に居住地調査を実施。足寄では今年3月1日現在,112人が「生活実態がない」としている。同町は「調査時に生活していなければ住民票を移すように話し,手続き後の実際の登録は3カ月経過後になることも説明している」とする。

-略-

(木村仁根)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月18日15時00分の記事
[PR]

ワルツ “ピカピカ”(ベネズエラ民謡)

b0171771_11414133.jpg

参考写真:ベネズエラの人々(首都カラカス)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Demografia_de_Venezuela.jpg


本別町・本別高校出身の ギターリスト森美津子さん 下写真=の演奏を紹介します。
ワルツ “ピカピカ”は,アントニオ・ラウロの曲で美しいベネズエラ風ワルツです。
この曲は、別名で「君の影になりたい」とも呼ばれています。


下記URLをクリックすると,演奏の動画が再生されます。
http://www.youtube.com/watch?v=gBd5_n_O1r8

◇ 曲 名:ワルツ “ピカピカ”/ベネズエラワルツ、デスコモシード編
◇ 演奏者:森美津子
◇ 演奏日:2002年12月2日
◇ 演奏時間:1分33秒


b0171771_00335412.jpg森美津子プロフィール
北海道本別町出身。
ギターを吉田光三、宇田川禎一に、作曲を清水脩の各氏に師事。
'73年、'76~'78年までスペインに渡り、国立オスカーエスプラ音楽院に学ぶ傍ら、J.L.ゴンサレス、J.トーマス、カサセンペレ(楽理)に師事。この間アルコイにてコンサートを行い、アリカンテ、エステーリャにて国際ギター講習会を受講。
'78年東京で帰国リサイタルを行い、'85年、'88年台湾にてコンサートと講習会を行う。以後、数多くのコンサート等を行い、後進の指導にもあたっている。
埼玉県アーティストボランティアバンク会員。
CD「森美津子ギターファーストアルバム」発売中

[PR]
b0171771_03265074.jpg
参考写真:忠別岳から望むトムラウシ山
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%B7%E5%B1%B1

 4月17日,大雪山系トムラウシ山で登山者の 排せつ物やティッシュペーパーが放置 されている問題で,十勝総合振興局や地元の山岳会などは,新得町役場で 対策会議 を開きました。
 「全道一汚い」とされる南沼野営指定地の環境改善に取り組むことで一致し,対策組織「トムラウシ南沼汚名返上プロジェクト」を立ち上げました。
 夏山シーズンに合わせて,携帯トイレに関する登山者アンケートや植生破壊の調査を現地で行います。

b0171771_05171198.jpg
新得町役場
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「トムラウシ山のトイレ問題,汚名返上プロジェクト始動」 と伝えています。
 【新得】大雪山系トムラウシ山(2141メートル)で登山者の排せつ物やティッシュペーパーが放置されている問題で,十勝総合振興局や地元の山岳会などは17日,町役場で対策会議を開き,「全道一汚い」とされる南沼野営指定地の環境改善に取り組むことで一致し,対策組織「トムラウシ南沼汚名返上プロジェクト」を立ち上げた。夏山シーズンに合わせて,携帯トイレに関する登山者アンケートや植生破壊の調査を現地で行う。

 構成団体は,同振興局と新得山岳会,十勝山岳連盟,山のトイレを考える会(札幌),環境省上士幌自然保護官事務所,林野庁十勝西部森林管理署東大雪支署,新得町,上川総合振興局。会合には15人が出席し,対策組織の部会長に新得山岳会の小西則幸会長を選出した。  山頂手前の南沼には,テントが張れる野営指定地があり,ピーク時には100人程度が宿泊する。しかし,常設トイレがなく,携帯トイレブースも1基のため,周辺で排せつする登山者が後を絶たない。

 人から見えない岩陰まで歩く「トイレ道」で高山植物が踏みつけられて裸地化し,排せつ物やティッシュペーパーが放置されている。「日本百名山」の一つとして人気が高く,登山者の増加に伴い問題も深刻化している。

-略-

(安田義教)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月18日10時54分の記事
[PR]
b0171771_09051617.jpg
帯広市図書館
=2017年2月撮影

 4月15日,帯広市図書館が現施設になってからの 来館者数が500万人 に達しました。
 図書館で記念セレモニーが開かれ,500万人目の来館者となったつつじが丘小学校2年生市内の脇坂君に感謝状などが贈られました。
 今の建物は2006年にオープンし,来館者数は2008年に100万人,2010年に200万人,2012年に300万人,2014年に400万人と順調に数を伸ばしてきました。

b0171771_09095025.jpg
帯広市図書館
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「市図書館 来館500万人 脇坂さん一家に記念品」 と伝えています。
 現施設になってからの帯広市図書館(前原匡宏館長)の来館者数が15日正午ごろ,500万人に達した。同館で記念セレモニーが開かれ,500万人目の来館者となった市内の脇坂知希君(7)=つつじが丘小学校2年=に感謝状などが贈られた。

 今の建物は2006年にオープン。来館者数は08年に100万人,10年に200万人,12年に300万人,14年に400万人と順調に数を伸ばし,16年度末の時点で498万3750人に達していた。

 脇坂君は2週間に1度ほど本を借りに家族で来館しており,この日も両親の直樹さん(36),紗織さん(36),妹の杏奈ちゃん(3)と一緒に来館した。

-略-

(大木祐介)

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月15日13時49分の記事
[PR]

b0171771_04001959.jpg
参考写真:ベナン共和国北西部のアタコラ県
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8A%E3%83%B3"><u>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8A%E3%83%B3</u></A>

 4月9日, 海外ボランティアの募集説明会 が,帯広市内の国際協力機構(JICA)北海道国際センターで開かれた。約10人が参加し,事業概要をはじめ,海外に派遣されたボランティアの体験談に耳を傾けた。
 JICAでは5月10日まで,20~39歳の「青年海外協力隊」と40~69歳の「シニア海外ボランティア」を募集しています。

 ベナン共和国で活動した郡山彩さんは,配属された村で伝統技術の糸つむぎの後継者を確保しようとしたエピソードを紹介しました。
 JICAでは5月10日まで,20~39歳の青年海外協力隊40~69歳のとシニア海外ボランティアを募集しています。

b0171771_03423166.jpg
JICA北海道(帯広)=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「海外ボランティアの体験語る JICA帯広が募集説明会」 と伝えています。
 海外ボランティアの募集説明会が9日,帯広市内の国際協力機構(JICA)北海道国際センターで開かれた。約10人が参加し,事業概要をはじめ,海外に派遣されたボランティアの体験談に耳を傾けた。

 JICAは5月10日まで,青年海外協力隊(20~39歳)とシニア海外ボランティア(40~69歳)を募集している。同センターは毎年,春と秋に説明会を実施している。

 この日は帯広出身の2人が,現地でのボランティア体験を発表。ベナン共和国で活動した郡山彩さん(25)は配属された村で,伝統技術の糸つむぎの後継者を確保しようとしたエピソードを紹介。現地住民とともに糸の色づけなどを工夫し,売れる商品づくりに励んだ。帰国時には技術の継承に意欲的な人が増えたとし,「住民のエンパワーメント(能力開花)につながった」と報告した。

 
-略-

(安倍諒)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月09日20時05分の記事
[PR]
b0171771_00295264.jpg
参考写真:カトマンズの朝市
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BA

  4月3~11日の日程で, 十勝の経済人らが ネパールを視察 しました。
 首都カトマンズなど5都市を訪問し,現地の政界人らとの交流を深めました。 昨年12月にネパールから国会議員のラム・チャンドラ・ポーデル氏とラジェンドラ・クマール・KC氏が来勝し,十勝の経済人との交流や視察を行いました。今回の視察は,さらに交流を深め,事業の可能性などを探ることが目的に行われました。s

b0171771_00304108.jpg
考写真:ダルバール広場(カトマンズ)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB

 十勝毎日新聞が, 「ネパール交流に手応え 十勝の経営者ら訪問」 と伝えています。
 十勝の経済人らが3~11日の日程で,ネパール視察を行った。首都カトマンズなど5都市を訪問し,現地の政界人らとの交流を深めた。

 昨年12月にネパールから国会議員のラム・チャンドラ・ポーデル氏とラジェンドラ・クマール・KC氏が来勝し,十勝の経済人との交流や視察を行った。今回の視察はさらに交流を深め,事業の可能性などを探ることが目的。

 視察団は十勝からの参加者を中心とした20人で構成。十勝からは団長を務めた日本家畜貿易の小森唯永会長(帯広市議会議長),柳月の田村昇社長,帯広ネパール協会の編田照茂会長,アルジュン・アディカリ副会長(ビスターレビスターレ社長)らが訪問した。  現地では在ネパール日本国大使館の小川正史特命全権大使やビドヤ・デビ・バンダリ大統領の元を訪問。企業経営者,大臣など約100人が出席したレセプションでは十勝の菓子やチーズを振る舞った。アイスクリーム工場なども見学した。

-略-

(中島佑斗)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月15日9時38分の記事
[PR]