b0171771_1825098.jpg
背景のイラストは,「元気くん」PR掲示=本別町仙美里地区で撮影

関連のホームページ
◆本別高校同窓会東京支部「清流会」→
http://hseiryuukai.blog122.fc2.com/
◆本別町公式ホームページ http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/
◆本別町観光協会 https://www.facebook.com/honbetsu.tourism/timeline

b0171771_04104344.jpg

盛会! 第13回東京本別会総会
日時:2017年6月17日(土)午後5時
会場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)

 第13回東京本別会総会・懇親会が、本別町長・高橋正夫氏,町議会議長・方川一郎氏らを故郷・本別からお迎えして,アルカディア市ヶ谷写真)を会場に,盛大に行われました。
 今回は,お客様として同じ故郷・十勝の「東京池田会」,「東京あしょろ会」,「東京陸別会」から代表の方が参加されました。
b0171771_03592421.jpg
 さらに,来賓として,サッポロビール株式会社と十勝毎日新聞社からも参加いただきました。
 なお、前日,大阪でテレビ(首都圏では,日本テレビ)に出演された,もと読売テレビ特別解説員で学習院大学法学部特別客員教授岩田公雄氏(右写真)が,当日飛行機で東京に戻って,羽田空港から急きょ駆けつけてくださり、本別の思い出や関わりについて厚く話していただきました。
 ご参加いただいた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。
 第14回総会・懇親会は,2019年6月に開催する予定です。

仙美里中学校67年の歴史に幕b0171771_16402937.jpg
 故郷の本別町では、平成26年3月で 仙美里中学校が閉校 し、本別中学校と統合しました。現在,町内には中学校として 本別中学校 勇足中学校 の2校が存続しています。

本別中学校の卒業生1万人に
 
本別中学校(写真)
は戦後間もない1947(昭和22)年に開校し,2013(平成25)年度までの68年間で、9987人の卒業生を輩出してきました。2014年度の3年生は51人で,卒業生が1万人の大台を突破することになります。
 卒業生1万人達成を記念し,本別中学校同窓会(当時前田芳雄会長)が,2015年3月13日の卒業式にあわせて記念事業が実施されました。

[PR]
b0171771_02404442.jpg
晩成温泉
=2016年8月撮影

 1月16日, 晩成温泉で火災 が発生し,温泉施設に隣接する管理棟の内部を全焼しました。
 施設は大樹町所有で,民間事業が指定管理で運営していて,町はガラス交換などの対応を進めるが,再開までに少なくとも1週間程度はかかる見通しです。

b0171771_02410822.jpg
晩成温泉
=2016年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「晩成温泉管理棟を全焼 営業を停止 大樹」 と伝えています。
 【大樹】16日午前2時5分ごろ,晩成温泉(町晩成2)で火災が発生し,温泉施設に隣接する管理棟の内部を全焼した。早期の営業再開は難しく,少なくとも23日まで1週間程度は営業を休止する。

 16日は休館日で,深夜のため利用者はなく,従業員2人が浴槽の清掃中で管理棟は無人だった。従業員が119番通報し,消防車両5台が出動して,約1時間半後に消し止められた。従業員は逃げて無事だった。

-略-

 施設は町所有で,民間事業が指定管理で運営している。町はガラス交換などの対応を進めるが,再開までに少なくとも1週間程度はかかる見通し。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月16日12時52分の記事
[PR]
b0171771_05354079.jpg
浦幌町図書館
=2017年8月撮影

 1月11日,浦幌町立図書館主催の 「つくろう! はこのおりがみ教室」 が,浦幌町教育文化センター1階のロビーで開かれました。
 子どもから大人まで26人が参加して,縦横10.5cm×高さ8.5cmの箱型を作り,最後に持ち手を付けて手さげボックスを完成させました。

b0171771_05360988.jpg
浦幌町教育文化センター
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「箱の折り紙作り挑戦 浦幌博物館」 と伝えています。
 【浦幌】「つくろう!はこのおりがみ教室」(町立図書館主催)が11日,町教育文化センター1階のロビーで開かれた。

 子どもから大人まで26人が参加。帯広市内の「おりがみサークル・パピロフレンズ」の三浦将宏代表が講師を務めた。

 参加者はA3サイズの紙を山折り,谷折りなどを繰り返し,縦横10・5センチ×高さ8・5センチの箱型を作り,最後に持ち手を付けて手さげボックスを完成させた。

-略-

(円子紳一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月12日18時29分の記事
[PR]
b0171771_05404567.jpg
本別警察署
=2014年8月撮影

 「110番の日」の1月10日,本別警察署は町内のフクハラ本別店で啓発活動を行いました。
 この日は,町のマスコットキャラクター 「元気くん」が1日警察署長 となり,署員8人とともに道行く買い物客や子どもたちに啓発グッズを手渡しました。

b0171771_05385129.jpg
「元気くん」
=2016年5月,道の駅で撮影

 十勝毎日新聞が, 「『元気くん』が1日署長 110番の日で啓発 本別」 と伝えています。
 【本別】「110番の日」の10日,本別署(松谷剛署長)は町内のフクハラ本別店で啓発活動を行った。

 「110番」の正しい利用方法を周知しようと,毎年開いている。この日は,町のマスコットキャラクター「元気くん」が1日警察署長となり,署員8人が参加。特殊詐欺防止を呼び掛けるチラシも含め,道行く買い物客や子どもたちに啓発グッズを手渡した。

 同署の昨年の110番受理件数は,前年より38件少ない526件。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月12日14時29分の記事
[PR]
b0171771_18423987.jpg
参考写真:タウシュベツ川橋梁=
2007年3月撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%99%E3%83%84%E5%B7%9D%E6%A9%8B%E6%A2%81

 十勝バスは,予約制の ぬかびら源泉郷スキー&スノボ特別パック を販売しています。
 1月13日からは,タウシュベツ川橋梁を巡る「湖上ハイキングゆったり温泉パック」も運行し,専門ガイドとタウシュベツ川橋梁を探索しまする。

b0171771_05451392.jpg
十勝バスぬかびら源泉郷営業所=2016年9月撮影
 
十勝毎日新聞が, 「『ぬかびら源泉郷』バスパック販売 十勝バス」 と伝えています。
 十勝バス(帯広)は,予約制の「ぬかびら源泉郷スキー&スノボ特別パック」を販売している。13日からはタウシュベツ川橋梁(きょうりょう)を巡る「湖上ハイキングゆったり温泉パック」を運行する。

 「スキー&スノボパック」はバスの往復料金,ぬかびら源泉郷スキー場(上士幌町)の1日リフト券が付いて大人3000円,小学生1400円。中・高・大学生は学生証の持参で2000円。いずれもプラス1000円で用具レンタルが付く。3月25日まで日曜,祝日運行(今月7,14日を除く)。

 13日から運行する「湖上ハイキングゆったり温泉パック」はスノーシューを履き,専門ガイドとタウシュベツ川橋梁を探索する。中学生以上が対象で,料金は5000円。3月31日まで毎日運行する。5日前までの予約が必要。

-略-

(中島佑斗)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月04日10時52分の記事
[PR]
b0171771_08224639.jpg
参考写真:ニホンオオカミの剥製
(国立科学博物館所蔵)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%9F

 足寄町の足寄動物化石博物館は,戌(いぬ)年にちなんだ ロビー展「干支動物展」 を開いています。
 ロビー展では,オオカミのほか,ブルドックやプードルといった6種類の犬のの頭蓋骨を展示っしています。

b0171771_08235215.jpg
足寄動物化石博物館
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「干支の戌にちなみ動物展 足寄動物化石博物館」 と伝えています。
 【足寄】足寄動物化石博物館(澤村寛館長)は,戌(いぬ)年にちなんだロビー展「干支(えと)動物展」を開いている。

 犬はオオカミから派生し,人により家畜化され,さまざまな種類が誕生してきた。どの犬種同士,そしてオオカミとも交配できる。

 ロビー展では,オオカミのほか,ブルドックやプードルといった6種類の犬のの頭蓋骨(レプリカ含む)を展示。犬に近いタヌキやキツネ,アシカの骨格も公開している。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月10日14時20分の記事
[PR]
b0171771_12273747.jpg
参考写真:日本の様々な凧
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%A7

 1月7日,池田町の 第45回親子たこあげ大会 が,池田ワイン城横のイベント広場で開かれました。
 子どもたちは親の協力を得ながら,飛距離,デザインアート,大だこの3部門で競いました。

b0171771_12282349.jpg
ワインの町イベント広場
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「 新春の青空にたこ揚げ 親子100人参加 池田で大会」 と伝えています。
 【池田】「第45回冬の子供まつり親子たこあげ大会」(町商工会青年部,十勝毎日新聞社池田支局など主催)が7日,町ワイン城横のイベント広場で開かれた。親子らがたこを揚げて飛距離やたこのデザインなどを競った。

 小学生や幼児52人が競技に申し込み,当日は参加者の保護者らも合わせて約100人が来場。自作や市販のたこを持って晴天の青空の中に揚げていた。子どもたちは親の協力を得ながら,たこを揚げるために勢いをつけて走って飛ばしていた。

 飛距離,デザインアート,大だこの3部門でそれぞれ上位5人を選出。

-略-

(関坂典生)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月09日9時29分の記事
[PR]
b0171771_12000564.jpg
浦幌町立博物館=2017年8月撮影

 昨年12月30日,浦幌町立博物館の 企画展「1日限りの特別展」 が,展示ホールで開かれました。
 町内外から多数の来館者があり,初めて展示されたアイヌの副葬品や,廃駅となったJR上厚内駅の備品に見入っていました。

b0171771_12001753.jpg
参考写真:旧JR上厚内駅
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%8E%9A%E5%86%85%E4%BF%A1%E5%8F%B7%E5%A0%B4

 十勝毎日新聞が, 「浦幌博物館1日展示 アイヌ副葬品や廃駅備品に注目」 と伝えています。
 【浦幌】町立博物館の企画展「1日限りの特別展」が昨年12月30日,同館展示ホールで開かれた。町内外から多数の来館者があり,初めて展示されたアイヌの副葬品や,廃駅となったJR上厚内駅の備品に見入っていた。

 アイヌの副葬品は2017年8月19日に北大から浦幌アイヌ協会(差間正樹会長)にアイヌ遺骨とともに返還され,同10月28日に同協会から同館に寄贈されたもの。69点のうち,長さ38~60センチの太刀(エムシ)4本,副葬品としては珍しい習字で使う「すずり」,首飾り(タマサイ)に用いられた「寛永通宝」や「一銭銅貨」など26点と,浦幌で遺骨を再埋葬した時の写真12点を展示した。

 同年3月3日に廃止されたJR上厚内駅の備品は,廃止日の最終列車が発車した後に駅舎から取り外されたホーロー引きの青い駅名標など11点と,駅の様子を伝える写真5枚が展示された。

-略-

(円子紳一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月04日9時29分の記事
[PR]
b0171771_03281017.jpg
仙美里プロジェクト(旧仙美里中学校)
=2017年8月撮影

 1月7日,本別町の「仙美里プロジェクト」として利活用されている 旧仙美里中学校 で,新成人となった仙美里中の2012年度卒業生らが集まり, 5年ぶりに同窓会 が開かれました。
 仙美里中は2016年12月から,町民有志のプロジェクトが食堂やピアノ教室などを運営しています。

b0171771_03264517.jpg
食堂(旧職員室)
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「母校旧仙美里中で二十歳の懇親 本別」 と伝えています。
 【本別】「仙美里プロジェクト」として利活用されている旧仙美里中学校(2013年度閉校)で7日,新成人となった同校の12年度卒業生らが集まり,5年ぶりに同窓会が開かれた。

 同校は16年12月から,町民有志のプロジェクトが食堂やピアノ教室などを運営している。母校の活用を知った学生の内田芽依さんや都鳥蘭さんらが「自分たちの過ごした教室で会えたら楽しいだろう」と呼び掛け,本別町の成人式後,同窓の8人中5人と親,当時の教職員3人も姿を見せた。

 会場は,現在食堂として使われている旧職員室。「このテーブルは図書室にあったものではないか」「閉校した学校にいることは貴重」-。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月09日9時59分の記事
[PR]
b0171771_12003533.jpg
アンモナイトの化石=2017年8月、浦幌博物館で撮影

 1月13,14の両日, 足寄動物化石博物館で イベント「冬の博物館」 が開かれます。
 化石を楽しんでもらう企画で,博物館中庭の雪に埋められた,鉱物(クリスタル)やアンモナイトなどの化石が入ったカプセルを発掘し,それらを材料にペンダントを制作します。

b0171771_12065464.jpg
足寄動物化石博物館
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「13,14日ペンダント制作 足寄動物化石博物館」 と伝えています。
 【足寄】足寄動物化石博物館(澤村寛館長)は13,14の両日にイベント「冬の博物館」を開く。参加者を募集している。

 化石を楽しんでもらう企画。同館中庭の雪に埋められた,鉱物(クリスタル)やアンモナイトなどの化石が入ったカプセルを発掘し,それらを材料にペンダントを制作する。

 鉱物の中には,ラブラドルレトリバーと同じカナダ・ラブラドール地方が原産地の「ラブラドライト」も用意し,戌(いぬ)年にちなんだ。同館では「縁起のいいオリジナルの飾り物を考えて」とPRする。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月06日12時23分の記事
[PR]