b0171771_1825098.jpg
背景のイラストは,「元気くん」PR掲示=本別町仙美里地区で撮影

関連のホームページ
◆本別高校同窓会東京支部「清流会」→
http://hseiryuukai.blog122.fc2.com/
◆本別町公式ホームページ http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/
◆本別町観光協会 https://www.facebook.com/honbetsu.tourism/timeline

b0171771_04104344.jpg

盛会! 第13回東京本別会総会
日時:2017年6月17日(土)午後5時
会場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)

 第13回東京本別会総会・懇親会が、本別町長・高橋正夫氏,町議会議長・方川一郎氏らを故郷・本別からお迎えして,アルカディア市ヶ谷写真)を会場に,盛大に行われました。
 今回は,お客様として同じ故郷・十勝の「東京池田会」,「東京あしょろ会」,「東京陸別会」から代表の方が参加されました。
b0171771_03592421.jpg
 さらに,来賓として,サッポロビール株式会社と十勝毎日新聞社からも参加いただきました。
 なお、前日,大阪でテレビ(首都圏では,日本テレビ)に出演された,もと読売テレビ特別解説員で学習院大学法学部特別客員教授岩田公雄氏(右写真)が,当日飛行機で東京に戻って,羽田空港から急きょ駆けつけてくださり、本別の思い出や関わりについて厚く話していただきました。
 ご参加いただいた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。
 第14回総会・懇親会は,2019年6月に開催する予定です。

仙美里中学校67年の歴史に幕b0171771_16402937.jpg
 故郷の本別町では、平成26年3月で 仙美里中学校が閉校 し、本別中学校と統合しました。現在,町内には中学校として 本別中学校 勇足中学校 の2校が存続しています。

本別中学校の卒業生1万人に
 
本別中学校(写真)
は戦後間もない1947(昭和22)年に開校し,2013(平成25)年度までの68年間で、9987人の卒業生を輩出してきました。2014年度の3年生は51人で,卒業生が1万人の大台を突破することになります。
 卒業生1万人達成を記念し,本別中学校同窓会(当時前田芳雄会長)が,2015年3月13日の卒業式にあわせて記念事業が実施されました。

[PR]
b0171771_09511833.jpg
道の駅うらほろ
=2017年8月撮影

 9月17日, 道の駅うらほろ」の感謝祭 が,道の駅野外交流広場で開かれました。
 野外テントでは,チキンレッグやゆでトウキビ,秋アジ汁も販売しました。ジャガイモ,人参,玉ネギの100円詰め放題も行われ,多くの来場者が列を作りました。

b0171771_09505003.jpg
道の駅うらほろ
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「感謝祭にぎわう 道の駅うらほろ」 と伝えています。
 【浦幌】道の駅うらほろの感謝祭(道の駅うらほろ直売会主催)が17日,道の駅野外交流広場で開かれた。

 サケは不漁ながらもこの日のために「やっとそろえた。値段も抑えた」と山本商店の山本倖嗣さん。野外テントではチキンレッグやゆでトウキビ,秋アジ汁も販売した。ジャガイモ,人参,玉ネギの100円詰め放題も行われ,多くの来場者が列を作った。100円の野菜を大量に買い込んだ人は「キャベツを漬物にする」「ネギもゴボウも安い」と喜んでいた。

-略-

(広橋基嗣通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年09月21日19時30分の記事

[PR]
b0171771_07113123.jpg
参考図:小惑星探査機「オサイリス・レックス」(想像図)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

 9月22日未明,りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台が,NASAの 小惑星探査機 「オサイリス・レックス」 をカメラに捉えました。
 探査機は2016年に打ち上げられ,2019年に小惑星「ベンヌ」に到着後,サンプルを回収して2023年に帰還する。

b0171771_09430934.jpg
115cm大型反射望遠鏡「りくり」
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「NASAの探査機捉える 銀河の森天文台」 と伝えています。
 【陸別】りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台は22日未明,NASAの小惑星探査機「オサイリス・レックス」をカメラに捉えた。

 同探査機は2016年に打ち上げられ,19年に小惑星「ベンヌ」に到着後,サンプルを回収して23年に帰還する。ベンヌへは,地球をかすめて飛ぶことで,地球の引力を利用して加速し,軌道を変更する航行技術「スイングバイ」が用いられる。

 今回撮影したのは,「地球スイングバイ」約1日前の同探査機。22日午前1時半から同2時まで,同天文台の大型反射望遠鏡のカメラが捉え,写真を合成すると,くっきりと探査機の軌跡が確認できる。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年09月22日11時46分の記事
[PR]
b0171771_05143294.jpg
カルビーポテト(芽室町)
=2017年8月撮影

 9月20日,カルビー(東京)と原料調達を担う子会社のカルビーポテト(芽室)は,十勝管内のジャガイモ畑や貯蔵施設を報道陣に公開しました。
 昨年の夏は,台風で主産地の十勝管内が被害を受け,ポテトチップスの原料になるジャガイモが不足したため,今春は販売を中止,休止する商品が相次いぎましたが,収穫期後半を迎えた今年の収量について「供給に問題ない」とのことです。
 カルビーポテトが年間に仕入れる国産ジャガイモは約28万トンになり、8割が道産で,うち十勝産は4割を占める最大生産地です。十勝管内は8~10月が収穫期で,作業は後半を迎え,ここまで仕入れは順調で,計画通り進んでいます。

b0191190_19520501.jpg
新ジャガの収穫
=2017年8月,本別町の家庭農園で撮影

 十勝毎日新聞が, 「「原料供給 問題なし」 カルビーポテトチップス 十勝」 と伝えています。
 カルビー(東京)と原料調達を担う子会社のカルビーポテト(芽室)は20日,十勝管内のジャガイモ畑や貯蔵施設を報道陣に公開した。昨夏の台風で主産地の管内が被害を受け,ポテトチップスの原料になるジャガイモが不足。今春は販売を中止,休止する商品が相次いだが,収穫期後半を迎えた今年の収量について「供給に問題ない」と強調した。

 カルビーポテトが年間に仕入れる国産ジャガイモは約28万トン。8割が道産で,うち十勝産は4割を占める最大生産地。管内は8~10月が収穫期で,作業は後半を迎えている。同社によると,ここまで仕入れは順調で,計画通り進んでいる。

-略-

 昨年産の原料不足の影響を大きく受けた同社は,十勝を主産地としながら道内他地域でも栽培面積の拡大を図り,天候リスクに対応する考え。病気に抵抗力のある品種の研究や省力化が可能な機械の導入などで,安定した原料の供給体制を後押しする。同社の中村一浩社長は「消費者の皆さんには『ポテチショック』でご心配をかけたが,今年はジャガイモはしっかり供給できる。国産ジャガイモの確保に努めていきたい」と話した。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年9月21日 13時50分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201709/20170921-0027517.php
[PR]
b0171771_08412900.jpg
参考写真:オーパス・ワン・ワイナリー
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/cf/Opus-One-Szmurlo.jpg

 9月7日,池田町主催の ワインツアー 参加者一行が,視察先の米国から無事に帰町し,町役場前で到着式を行いました。
 池田町主催のツアーは17年ぶりに行われ,19人が参加しました。
 一行は8月30日に町を出発し,米国西海岸のワイナリー9カ所などを訪問し,世界最高級ワインの一つ,「オーパス・ワン」を醸造するワイナリーも訪れました。
 また,ワイナリーを巡り,つくり手と触れ合ってワインを味わう「ワインツーリズム」についても学びました。

b0171771_09192402.jpg
参考写真:カリフォルニア州ナパバレー
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%91%E9%83%A1_(%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%82%A2%E5%B7%9E)

 十勝毎日新聞が, 「米国ワインツアー一行が帰町 池田」 と伝えています。
 【池田】町主催のワインツアー参加者一行が7日,視察先の米国から無事に帰町し,町役場前で到着式を行った。

 町主催ツアーは17年ぶりに行われ19人が参加。一行は8月30日に町を出発し,米国西海岸のワイナリー9カ所などを訪問した。世界最高級ワインの一つ,「オーパスワン」を醸造するワイナリーも訪れた。一行はブドウ栽培やワイン醸造の他,今後,町観光に役立てようと世界的にも注目される米国のワインツーリズムについて学んだ。

 役場前には町職員や家族ら約40人が出迎えた。勝井勝丸町長は「参加者のフェイスブックでツアーの様子を見てきた。疲れを早めにとって今後の報告を楽しみにしている」と全員の到着を喜んだ。

-略-

(関坂典生)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年09月08日12時20分の記事
[PR]
b0171771_04134512.jpg
参考写真:ラリー北海道 2010(アリスター・マクレー)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93#/media/File:Proton_Satria_Neo_Super_2000_Rally_Car_2010.jpg

 9月15日,国際ラリー「ラリー北海道2017」が,帯広市内北愛国交流広場に隣接した「北愛国・スペシャルステージ」で開幕しました。
 2日目の16日は,陸別町などにある林道のSSで競技が行われた。 陸別の林道コース「リクベツロング」でのSS2は晴天の下,午前8時28分に始まり,山間にエンジン音が響き渡りました。

b0171771_04132594.jpg
北愛国交流広場
=2012年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「十勝路を疾走 ラリー北海道開幕」 と伝えています。
 国際ラリー「ラリー北海道2017」(アジアパシフィックラリー選手権=APRC=第5戦,全日本ラリー選手権第7戦,ジャパンスーパーラリーシリーズ第3戦)が15日,帯広市内の北愛国・スペシャルステージ(SS)で開幕した。2日目の16日は,陸別町などにある林道のSSで競技が行われた。

 陸別の林道コース「リクベツロング」でのSS2は晴天の下,午前8時28分に始まり,山間にエンジン音が響き渡った。APRCはガウラブ・ギル選手(シュコダファビアR5)がステージトップタイムの3分28秒0をマーク。全日本では,優勝を狙う奴田原文雄選手(ADVAN-PIAAランサー)がコースアウトする波乱があった。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年9月16日 13時41分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201709/20170916-0027479.php

[PR]
b0171771_09484479.jpg
参考写真:アルトサクソフォーン
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%B3

 9月9日,全国で活躍するサクソフォンカルテットの演奏会 「カルテット・スピリタス サクソフォン リサイタル」 が,池田町田園ホールで開かれました。
 演奏会には,町内外から約300人が来場しました。

参考サイト:「カルテット・スピリタス」プロフィール
http://www.sonymusic.co.jp/artist/QuartetSpiritus/profile/

b0171771_14193667.jpg
池田町田園ホール
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「サックス演奏に300人聴きいる 池田」 と伝えています。
 【池田】全国で活躍するサクソフォンカルテットの演奏会「カルテット・スピリタス サクソフォン リサイタル」(町田園ホール芸術文化事業委員会主催)が9日,町田園ホールで開かれた。

 町内外から約300人が来場した。松原孝政さんがソプラノ,波多江史朗さんがアルト,松井宏幸さんがテナー,東涼太さんがバリトンのそれぞれサクソフォンを務め,2020年開催の東京五輪にちなんで,各国を代表する11曲を演奏した。

 スペイン代表では「カルメン幻想曲」,アルゼンチンは「ラ・クンパルシータ」,ドイツは「G線上のアリア」など有名な曲を多く取り入れ,来場者はサクソフォンに親しんでいた。

-略-

(関坂典生)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年09月12日14時11分の記事
[PR]
b0171771_14420200.jpg
JA忠類の直売所「菜の館ベジタ」
=2016年5月撮影

 幕別町忠類地区の農家で,地域特産 ユリ根の収穫と出荷 が本格化し,大きく育った白さの際立つユリ根を,農家が丁寧に箱詰めして送り出しています。
 忠類百合根耕作組合では13戸で約7ha栽培し,全国でも有数の出荷量を誇っています。
 収穫したユリ根はJA忠類の直売所「菜の館ベジタ」でも販売しています。

b0171771_14354223.jpg
ゆり根丼
=2017年8月,帯広空港で撮影

 十勝毎日新聞が, 「美白際立つ ユリ根収穫 幕別」 と伝えています。
 幕別町忠類地域の特産ユリ根の収穫と出荷が本格化している。大きく育った白さの際立つユリ根を,農家が丁寧に箱詰めして送り出している。

 町忠類新生の野村進さん(66)の畑では,8月下旬から収穫を始め,11月上旬まで作業が続く。

 12日もユリ根を家族や従業員ら4人で根を切ってきれいに洗い,大きさごとに選別して箱詰めした。
-略-

 野村さんが組合長を務める忠類百合根耕作組合では13戸で約7ヘクタールを栽培し,全国でも有数の出荷量を誇る。収穫したユリ根はJA忠類の直売所「菜の館ベジタ」(町忠類白銀町)でも販売している。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年9月13日 13時52分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201709/20170913-0027458.php
[PR]
b0171771_14281951.jpg
勝池田郵便局=2016年9月撮影

 9月7日,池田・幕別・音更の3町の郵便局で構成する十勝中央部会による 「認知症サポーター養成講座」 が,十勝池田郵便局で開かれました。
 この講座は,高齢化社会が進む中,認知症を正しく理解し,温かみのあるサービス・応対の提供と認知症サポーターの役割「こころのバリアフリー社会づくり」を目的に開催されました。

b0171771_14254124.jpg
音更郵便局
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「3町郵便局が認知症サポーター養成講座 池田」 と伝えています。
 【池田】池田・幕別・音更の3町の郵便局で構成する十勝中央部会(渡部省二部会長)による「認知症サポーター養成講座」が7日,十勝池田町郵便局で開かれた。

 同講座は,高齢化社会が進む中,認知症を正しく理解し,温かみのあるサービス・応対の提供と認知症サポーターの役割「こころのバリアフリー社会づくり」を目的に開催。各局の局長ら14人が参加し,渡部部会長が「来月から見守りサービスが始まる。この講習会で学んだことを活用してほしい」とあいさつした。

 町福祉課地域包括支援センターの石野朱美係長が講師を務め,認知症の症状や治療,予防策を説明。

-略-

(水上由美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年09月13日12時49分の記事
[PR]
b0171771_14470699.jpg
旧常室小学校正門
=2017年8月撮影

 9月9日,浦幌町常室(とこむろ)地区にある 旧常室小学校で ,廃校の活用と地場産食材の魅力を伝える 「シェフ・インレジデンス たべほろ」 が開かれました。
 校舎の窓を出入り口にする斬新な造りに変え,教室とグラウンドを開放感あふれる主会場に模様替えしました
。 浦幌の食材は華やかなメニューにして提供され,来場した町民は,日常にある浦幌の建物や食の変化を楽しみ,地元の魅力を再確認しました。

b0171771_14471784.jpg
旧常室小学校校庭
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「廃校で地場食材楽しむ グラウンドも活用 浦幌」 と伝えています。
 【浦幌】町常室地区にある旧常室小学校で9日,廃校の活用と地場産食材の魅力を伝える「シェフ・イン・レジデンス たべほろ」が開かれた。校舎の窓を出入り口にする斬新な造りに変え,教室とグラウンドを開放感あふれる主会場に模様替え。浦幌の食材は華やかなメニューにして提供され,来場した町民は,日常にある浦幌の建物や食の変化を楽しみ,地元の魅力を再確認した。

-略-

 イベントに向けて2日から,東京の建築設計事務所を経営する小室匡示さん(32)と下司歩さん(33),徳島県の家具デザイナーの鴻野祐さん(30),群馬県の菓子作家の吉崎亜紗子さん(27)の4人と道外の建築デザインの大学生ら6人が滞在して,廃校のデザインや,町内産食材を使ったメニューを考えた。

 イベント当日は町民ら約100人が来場。吉崎さんは「いつもの食材を使って新たな発見をしてもらえれば」と,野菜を詰めたケーキや,秋サケとカボチャのキッシュ,シカ肉など14種類のメニューが町内産木材を使った教室内のテーブルに並んだ。

-略-

(関坂典生)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年09月13日8時30分の記事
[PR]