<   2016年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

b0171771_09224839.jpg
「赤えぞ」のスタッフ
=2011年8月撮影

b0171771_09230046.jpg 7月31日,本別町で30年間営業してきた ラーメン店「赤えぞ」が閉店 しました。
 営業最終日は町内や近隣町からファン約150人が来店し,閉店を惜しみながら最後の老舗の味を味わいました。
 「赤えぞ」は脱サラした森山富夫さんが,妻のみつえさんと1986年11月に開店しました。
 しかし,最近になって森山さんの持病の腰痛が悪化,長く店に出ることができなくなったため,閉店を決めた

 私(ブログ作成者)は、本別に帰省して何度も「赤えぞ」に立ち寄りました。お客さんで混んでいるときには、しばらく待たされるくらい人気のお店でした。
 上掲と右上の「醤油ラーメン」の写真は,立ち寄った折に撮影させていただきました。
 これから帰ったときに、森山さんの作るラーメンも食することができません。本別の「昭和の味」が一つなくなってしまいました。
 そして,2016年9月,赤えぞ閉店後初めて帰省しました。
 店舗は,昔のままで,店の周りにコスモスの花が咲いていました。
 また,お茶の自販機が設置されていましたが,「使用中止」の表示があり,硬貨の投入口は丁寧に閉じてありました。
 営業再開は無理かもしれませんが,森山さんの一日も早い回復をお祈りします。

b0171771_09540837.jpg
ラーメン店「赤えぞ」=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「『赤えぞ』惜しまれ閉店 ミシュランガイド北海道版掲載 本別」 と伝えています。
 本別町南1の国道242号沿いで30年間営業してきたラーメン店「赤えぞ」(森山富夫店主)が,7月31日を最後に閉店した。営業最終日は町内や近隣町からファン約150人が来店し,閉店を惜しみながら最後の老舗の味を味わった。

 同店は脱サラした森山さん(71)が,妻のみつえさん(66)と1986年11月に開店。豚骨や鶏ガラをベースにした手作りのスープと,自家製チャーシューが特徴。しょうゆ,塩,みそ味を基本に,バター,みそから味などのメニューをそろえる。

 2012年に発行された飲食店の格付け本「ミシュランガイド北海道特別版」でも紹介され,町内外のファンに親しまれてきた。最近になって森山さんの持病の腰痛が悪化,長く店に出ることができなくなったため,閉店を決めた。

   -略-
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年8月1日 14時03分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201608/20160801-0024367.php
[PR]
b0171771_17140106.jpg
参考写真:モノーナ湖よりマディソン市
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BD%E3%83%B3_(%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E5%B7%9E)

 8月27日,帯広市と米国ウィスコンシン州マディソン市の国際姉妹都市締結10周年を記念した マディソン訪問団 が,千葉県内の成田空港から出発しました。
 団員は現地で開かれる記念式典などに参加し,9月2日に帰国する予定です。
 両市は2006年に国際姉妹都市を締結し,大学教育などさまざまな分野で交流を進めてきました。
 今年は節目を祝うため,米沢則寿市長ら産学官の関係者14人が現地を訪れます。

b0171771_17142275.jpg
参考写真:ウィスコンシン大学マディソン校
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BD%E3%83%B3_(%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E5%B7%9E)

 十勝毎日新聞が, 「マディソン訪問団が出発 帯広の産学官14人」 と伝えています。
【成田】帯広市と米国ウィスコンシン州マディソン市の国際姉妹都市締結10周年を記念した親善訪問団が27日,千葉県内の成田空港からマディソン市へ向けて出発した。団員は現地で開かれる記念式典などに参加し,9月2日に帰国する。

 両市は2006年に国際姉妹都市を締結。精神保健や農業,経済,大学教育など,さまざまな分野で交流を進めてきた。今年は節目を祝うため,米沢則寿市長ら産学官の関係者14人が現地を訪れる。

   -略-

 滞在中は,現地の姉妹都市会との交流や,マディソン市長の表敬訪問を予定。ウィスコンシン州立大学マディソン校,企業の研究機関を誘致した「大学リサーチパーク」なども見学する。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月27日13時31分の記事
[PR]
b0171771_09204478.jpg
道の駅ステラ★ほんべつ駐車場=2016年5月撮影

 8月25日,本別町西仙美里の 道立農業大学校の 野菜即売会 が,道の駅ステラ★ほんべつ駐車場前広場で開かれました。
 農大畑作園芸経営学科の学生が自ら育てた農産物を対面販売することで,消費者と交流する研修の一環として,毎年この時期に行っており,今年は1,2年生52人がそろいの法被やつなぎ服姿で売り子を務めました。

b0171771_09222173.jpg
農大販売店
=2016年5月,つつじ祭りで撮影

 十勝毎日新聞が, 「農産物を格安販売 本別・農大即売会」 と伝えています。
 【本別】道立農業大学校(町西仙美里25,中島隆宏校長)の野菜即売会が25日,道の駅ステラ★ほんべつ駐車場前広場で開かれた。

 同大畑作園芸経営学科の学生が自ら育てた農産物を対面販売することで,消費者と交流する研修の一環。毎年この時期に行っており,今年は1,2年生52人がそろいの法被やつなぎ服姿で売り子を務めた。

 午前10時の開店前から約80人が行列をつくるほどの人気ぶり。米ナス1本100円,大玉トマト200円(400グラム),スイートコーン1本100円,枝豆1束300円など,安価で新鮮な野菜が販売された他,ジャガイモ詰め放題(1袋100円)も人気を集めた。枝豆やメロン,ピーマンの試食も行われた。

   -略-
(鈴木裕之)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月26日6時45分の記事

[PR]
b0171771_07464541.jpg
然別湖
=2015年8月撮影

 8月21日,2016年度の 第2回ジオ講座 「私たちのジオの森 風穴と時々ナキウサギ」 が,鹿追町ジオパークビジターセンターや然別湖の風穴地帯で開かれ,9人が参加しました。
 広島県の福山市立大学の澤田結基准教授が講師を務め,風穴の仕組みや永久凍土について解説しました。

b0171771_07300043.jpg
参考写真:アメリカナキウサギ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%AD%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%82%AE

 十勝毎日新聞が, 「 風穴の魅力体感 鹿追・ジオ講座」 と伝えています。
 【鹿追】2016年度の第2回ジオ講座「私たちのジオの森 風穴と時々ナキウサギ」(とかち鹿追ジオパーク推進協議会主催)が21日,町ジオパークビジターセンターや然別湖の風穴地帯で開かれた。

 9人が参加した。風穴の魅力を体感して知識を深め,町の自然・郷土を考える人材育成につなげることが目的。福山市立大学(広島県)の澤田結基准教授が講師を務めた。同センターで澤田准教授が風穴の仕組みや永久凍土について解説。「然別湖の風穴には,1万2000年前の十勝平野の永久凍土の森に似たものが残されている」と語った。

   -略-

 午後からは風穴地帯の現地観察が行われ,参加者は澤田准教授に,積極的に質問していた。 (那須野唯通信員)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月26日22時30分の記事
[PR]
b0171771_17584639.jpg
糠平温泉文化ホール=2014年8月撮影


 8月25,26の両日,「ふるさと納税全国まちづくりサミットin上士幌町」が,上士幌町内の糠平温泉文化ホールで開かれました。
 全国の自治体や企業から375人が一堂に集い,地域活性化へのヒントを探りました。
 上士幌町と留萌管内遠別町,ふるさと納税情報総合サイトなどを企画・運営するトラストバンクでつくる実行委員会が主催しました。


b0171771_18001440.jpg
参考写真:道の駅富士見(遠別町)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A0%E5%88%A5%E7%94%BA

 十勝毎日新聞が, 「ふるさと納税 活性化に 上士幌町で全国サミット」 と伝えています。

 【上士幌】「ふるさと納税全国まちづくりサミットin上士幌町」が25,26の両日,町内の糠平温泉文化ホールで開かれた。全国の自治体や企業から375人が一堂に集い,地域活性化へのヒントを探った。

 町と留萌管内遠別町,ふるさと納税情報総合サイトなどを企画・運営するトラストバンクでつくる実行委員会が主催した。

 両日にわたり,ふるさと納税を活用したまちづくりを進める6自治体が先進事例を紹介。三菱総合研究所理事長でプラチナ構想ネットワーク会長の小宮山宏氏,神戸大学大学院准教授の保田隆明氏,総務省地域力創造グループ地域自立応援課企画係長の萩原良智氏が特別講演した。

   -略-
(川野遼介)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月26日13時20分の記事
[PR]
b0171771_17211975.jpg
参考写真:チリーウミツバメ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%9F%E3%83%84%E3%83%90%E3%83%A1%E7%A7%91

 8月18日,足寄町内の避難所で 海鳥が保護 されました。
 台風で沖合から流され,十勝内陸部に迷い込んだとみられ,帯広畜産大学で一時保護されています。
 保護されたのは,黒色の体と腰部分の白色が特徴の「コシジロウミツバメ」で,釧路沖合などに生息していて,十勝で見る機会はまれということです。

b0171771_17222590.jpg
帯広畜産大学
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「台風で流された…? 足寄でウミツバメ保護」 と伝えています。
 台風で沖合から流され,十勝内陸部に迷い込んだとみられる海鳥が,帯広畜産大学で一時保護されている。当初は衰弱していたが,羽ばたくまでに回復し,来週には放鳥できる見込み。

 保護されたのは,黒色の体と腰部分の白色が特徴の「コシジロウミツバメ」。釧路沖合などに生息し,十勝で見る機会はまれという。18日に足寄町内の避難所で保護された。

 17日に北海道に上陸した台風7号の影響とみられ,十勝総合振興局を通じ,野生動物に詳しい同大の栁川久理事・副学長が保護した。
   -略-
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年8月26日 13時51分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201608/20160826-0024568.php
[PR]
b0171771_17064816.jpg
参考写真:キハ80系「おおぞら」
=1986年8月,帯広駅で撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%9E%E3%82%89_(%E5%88%97%E8%BB%8A)

 狩勝高原エコトロッコ鉄道に 新しい気動車両が登場 しました。
 根室線・狩勝旧線でも活躍した国鉄時代のディーゼル特急キハ80系を再現し,来場者は昔の「おおぞら」の運転手気分を味わいながら本物の警笛音を響かせ,爽快に林間コースを走っています。

b0171771_17061564.jpg
狩勝高原エコトロッコ鉄道
=2011年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「50年前の「おおぞら」再現 エコトロッコ鉄道 新得」 と伝えています。
 狩勝高原エコトロッコ鉄道(松尾為男代表)に新車両が登場した。根室線・狩勝旧線でも活躍した国鉄時代のディーゼル特急キハ80系を再現。来場者は昔の「おおぞら」の運転手気分を味わいながら本物の警笛音を響かせ,爽快に林間コースを走っている。

 キハ80系は,1962年に「おおぞら」の車両として投入された。函館から釧路駅間を滝川経由で活躍し,エコトロッコを営業している旧新内駅でも勇姿が見られたという。鉄道のまち新得町をもう一度盛り上げていこうと,同車両を再現することになった。

 JR北海道釧網本線川湯温泉駅に置いていた軌道自転車を譲り受けたもので,スタッフの増田秀則さんが昨シーズン営業終了後の11月から自宅に持ち帰り,車輪のみを残して約9カ月間をかけて全面改造した力作だ。

   -略-
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年8月26日 13時56分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201608/20160826-0024570.php
[PR]
b0171771_04062464.jpg
農協連ビル(帯広市)
=2015年8月撮影

 8月24日,今夏の天候不順や台風による農業被害を受け,JAなど農業関係11団体が, 異常気象災害対策本部 を立ち上げました。
 気象災害では冷害に見舞われた1993年以来の設置で,被害状況の把握と国などへの政策要求を進めるとともに,本格的な収穫シーズンに向けて営農対策に取り組みます。

b0171771_04085384.jpg
十勝総合振興局
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「気象災害 農業団体が対策本部」 と伝えています。
 今夏の天候不順や台風による農業被害を受け,JAなど農業関係11団体が24日,災害対策本部を立ち上げた。気象災害では冷害に見舞われた1993年以来の設置。被害状況の把握と国などへの政策要求を進めるとともに,本格的な収穫シーズンに向けて営農対策に取り組む。

 対策本部は十勝地区農協組合長会や十勝農協連,十勝総合振興局などで構成し,「十勝管内農業関係組織 平成28年度異常気象災害対策本部」と命名。農協連ビルで午前11時から開かれた初会議には11団体の代表が集まり,本部長に同組合長会の有塚利宣会長が就いた。

   -略-

 管内は6月以降,天候不順や過去に例のない年間3度の台風上陸に見舞われた。帯広測候所によると,6月の降水量は管内観測地点のほとんどで平年の2倍以上となり,新得や鹿追など8地点で観測記録を更新。7月も中・下旬はほとんど日照がなかった。

 このため小麦は開花期の天候不順により,「収穫量は平年を下回り品質も厳しい状況」(ホクレン)。多雨多湿でジャガイモの腐敗や豆類の生育不良などが懸念されている。台風ではスイートコーン倒伏や畜舎損壊などの被害が出た。被害や成育の遅れは管内全域で発生している。

   -略-
(安田義教)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月24日13時42分の記事
[PR]
b0171771_03355055.jpg
糠平温泉郷
=2014年8月撮影

 観測史上初めて年間3度の台風が北海道に上陸した8月, 十勝地方は 記録的な大雨 となっています。
 8月1~23日の降水量の速報値では,最も多い上士幌町糠平で605mmとなり,年間を通した月間降水量の十勝管内最多を更新しました。
 十勝管内25観測地点中10地点で8月の最多を,うち8地点で年間の月間最多を記録し,上士幌町三股を除く24地点で,既に8月の平年値を超えています。

b0171771_03333999.jpg
帯広測候所
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「糠平605ミリで月間最多更新 台風3度,8月は記録的大雨」 と伝えています。
 観測史上初めて年間3度の台風が北海道に上陸した8月,十勝地方は記録的な大雨となっている。1~23日の降水量(速報値)は,最も多い上士幌町糠平で605ミリとなり,年間を通した月間降水量の管内最多を更新した。管内25観測地点中10地点で8月の最多を,うち8地点で年間の月間最多を記録。観測期間の関係で平年値を算出していない上士幌町三股を除く24地点で,既に8月の平年値を超えた。

  -略-

 8月の降水量は糠平に続き,三股469ミリ,陸別町小利別439ミリと多くなっている。帯広は227ミリで,台風による河川増水被害のあった足寄は301・5ミリ,新得は344・5ミリ。台風の影響を受けた16~23日に限ると,糠平485ミリ,新得330ミリ,足寄273・5ミリの大雨となった。

 これまでの月間降水量の最多は,1981年8月に上札内で観測した594ミリだった。(池谷智仁)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月24日11時42分の記事
[PR]
b0171771_02405124.jpg
参考写真:丹波市水分れ公園
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%88%86%E3%82%8C%E5%85%AC%E5%9C%92

 8月20日,帯広市のばんえい競馬の第3レースで「丹波市大和・池田町友好記念杯」と銘打った協賛レースが行われました。
 4月に池田町の地域おこし協力隊になった長谷耕平さんの義父が,町との交流を深めようと企画した。
 義父の余田(よでん)亮一さんは,兵庫県丹波市で料亭旅館「大和」を経営しています。
b0171771_02484544.jpg
帯広競馬場=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「池田と縁 感謝のばんえいレース 丹波市大和と「友好記念杯」」 と伝えています。
 帯広市のばんえい競馬で20日,第3レースで「丹波市大和・池田町友好記念杯」と銘打った協賛レースが行われた。4月に池田町の地域おこし協力隊になった長谷耕平さん(31)の義父が,町との交流を深めようと企画した。長谷さんの移住から協賛レースに至るまで,その経緯は十勝関係者との縁によってつづられている。

 義父の余田(よでん)亮一さん(63)は,兵庫県丹波市で料亭旅館「大和」を経営。余田さんは妻の浩子さん(65)と共に17~21日,長女で長谷さんの妻の真澄さん(37)と孫(8カ月)に会うため来勝した。

  -略-

 余田さんは丹波市サッカー協会会長の肩書も持つ。なでしこジャパン選手もいる「INAC神戸レオネッサ」が丹波市を練習拠点にしており,サッカー界への人脈もある。余田さんは「丹波でエゾシカ料理を提供したり,サッカーでも何でも互いにプラスになれるよう,今後も交流を深めたい」と話す。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年8月24日 14時01分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201608/20160824-0024551.php
[PR]