<   2016年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

b0171771_08221317.jpg
考写真:シマフクロウ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%83%95%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A6

 日本野鳥の会は,国の天然記念物で 絶滅危惧種シマフクロウ の生息が確認されている十勝管内の森林365ヘクタールを購入し,野鳥の会独自の野鳥保護区に設定することになりました。 今後,シマフクロウの生息環境の保全・向上や森林復元に取り組みます。 十勝管内に同会のシマフクロウ保護区が設置されるのは初めてです。

b0171771_08234163.jpg
参考写真:
中札内村より望む十勝幌尻岳
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E5%8B%9D%E5%B9%8C%E5%B0%BB%E5%B2%B3

 十勝毎日新聞が, 「十勝に初のシマフクロウ保護区設置 日本野鳥の会」 と伝えています。
 日本野鳥の会(東京)は,国の天然記念物で絶滅危惧種シマフクロウの生息が確認されている十勝管内の森林365ヘクタールを購入し,同会独自の野鳥保護区に設定する。今後,シマフクロウの生息環境の保全・向上や森林復元に取り組む。十勝管内に同会のシマフクロウ保護区が設置されるのは初めて。

 22日午後に正式に購入契約を所有者と締結する。購入代金は同会で顧問を務めた故持田勝郎氏からの寄付金などを充て,保護区は「持田野鳥保護区シマフクロウ十勝第1」と名付ける。同会のシマフクロウ保護区としては最大規模。

 同会によると,この森林には1つがいが生息していることが確認されている。この地域は,十勝,日高から北海道西部へシマフクロウの分布域を広げるために重要な拠点ともなる。

 法的な保護もないため,この森林では過去に開発計画が持ち上がるなど,環境保全が課題となっていた。このため同会で土地,立木を購入することにした。

 シマフクロウは世界最大のフクロウでアイヌ民族からも「コタン・コロ・カムイ」(村を守る神)と尊重されてきた。

   -略-
(長田純一)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月22日15時30分の記事
[PR]
b0171771_07014895.jpg
池田町田園ホール
=2016年5月撮影

 8月9,10日に池田町で行われた 「北海道学校給食研究大会池田大会」 の中で,元池田町長の故丸谷金保さんの次女で,ワインアンドワインカルチャーの田辺由美社長が9日,町田園ホールで,「ワインの世界と食,健康,味覚」と題して基調講演をしました。
 講演には大会に参加した栄養教諭ら学校関係者と一般聴講者合わせて約400人以上が訪れました。

b0171771_07010941.jpg
池田ワイン城
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「子どもの食育は香り無視しないで 故丸谷さんの次女田辺さん」 と伝えています。
 【池田】北海道学校給食研究大会池田大会(9,10日開催)の中で,元池田町長の故丸谷金保さんの次女で,ワインアンドワインカルチャー(東京)の田辺由美社長が9日,町田園ホールで,「ワインの世界と食,健康,味覚」と題して基調講演をした。

 講演には同大会に参加した栄養教諭ら学校関係者と一般聴講者合わせて約400人以上が訪れた。

 田辺氏は,食べ物の香りの重要性に触れ「子どもの食育では香りを無視してはいけない」と強調。80種類の香りのサンプルの中から,来場者が実際に香りをかいで,香りの奥深さを体感した。

   -略-
(関坂典生)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月17日13時43分の記事
[PR]
b0171771_07324943.jpg
参考写真:電気通信大学講堂
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E9%80%9A%E4%BF%A1%E5%A4%A7%E5%AD%A6

 8月4~17日,電気通信大学情報理工学研究科の学生3人が,大樹町多目的航空公園で 小型無人飛行機の実験 を行いました。
 風の影響を受けても予定の経路を自動で飛行できるかどうかを確認した。
 3人は,電通大研究科の田中一男教授の研究室に所属する学部4年の岩瀬惟真さん,大学院2年の遠藤祐甫さん,大学院1年の千葉浩彬さんで,研究室は2011年から,災害時などの被害確認などに活用できる無人機を開発しています。
b0171771_07340964.jpg
大樹町多目的航空公園=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「無人機の飛行確認 電通大学生が実験」 と伝えています。
 【大樹】電気通信大学情報理工学研究科(東京)の学生3人が4~17日,町多目的航空公園で小型無人飛行機の実験を行った。風の影響を受けても予定の経路を自動で飛行できるかどうかを確認した。

 3人は,同研究科の田中一男教授の研究室に所属する学部4年の岩瀬惟真(ありまさ)さん(22),大学院2年の遠藤祐甫さん(24),大学院1年の千葉浩彬さん(22)。同研究室は2011年から,災害時などの被害確認などに活用できる無人機を開発している。  無人機はパラグライダーとプロペラで飛ぶもので,全長40センチ,高さ30センチ,幅45センチ,重さ1キロ。今回の実験では3人がそれぞれ異なる機能を実験し,それぞれ20~30回飛行させた。

   -略-
(伊藤亮太)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月22日7時01分の記事
[PR]
b0171771_07582932.jpg
神田日勝記念美術館
=2015年8月撮影

 日本の近代を代表する画家松本竣介の芸術を支えた友人の 企画展「畑山昇麓コレクション・撰」 が,8月28日まで,神田日勝記念美術館で開かれています。
 松本竣介の中学時代からの友人で,画家となった竣介を慕い,支え続けた畑山さんは,日本近代美術を中心に独自の鑑識眼で作品を収集しました。

b0171771_07572448.jpg
参考写真:松本竣介
=1940年頃下落合の自宅アトリエにて
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E7%AB%A3%E4%BB%8B

 十勝毎日新聞が, 「畑山昇麓収集絵画27点展示 神田日勝記念美術館」 と伝えています。
 【鹿追】日本の近代を代表する画家松本竣介の芸術を支えた友人の企画展「畑山昇麓コレクション・撰」が,神田日勝記念美術館(実行委員会主催)で開かれている。28日まで。  

 松本竣介の中学時代からの友人で,画家となった竣介を慕い,支え続けた畑山さんは,日本近代美術を中心に独自の鑑識眼で作品を収集した。1986年には萬鉄五郎記念美術館(岩手県花巻市)に松本竣介を始め,多くの個性派の美術作品を寄託した。

 1月に急逝した神田日勝記念美術館前館長の菅訓章氏(享年65)が生前,萬鉄五郎記念美術館の学芸員,平澤広さんと交流があり,今回の企画展が実現。同館所蔵の海老原喜之助「籠を編む」,藤田嗣治「少女」,ホアン・ミロ「作品」など画家25人の作品27点を展示している。

   -略-
(大井基寛通信員)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月20日13時15分の記事
[PR]
b0171771_07193592.jpg
帯広大谷短期大学
=2016年5月撮影

 8月20日,音更町内のスーパーハピオ木野で,帯広大谷短期大学の学生らが考案した レシピ本「ワンプレートdeバランスごはん2」 に掲載されている メニューの試食会 と,JA木野青年部による野菜の販売会が開かれました。
 大谷短大と青年部のコラボ企画として,初めて開催されました。

b0171771_06050161.jpg
スーパーハピオ木野(音更町)
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「帯大谷短大レシピ本のメニュー試食 音更」 と伝えています。
 【音更】町内のスーパーハピオ木野(石田晴久店長)で20日,帯広大谷短期大学(田中厚一学長)の学生らが考案したレシピ本「ワンプレートdeバランスごはん2」に掲載されているメニューの試食会と,JA木野青年部(清都修一部長,部員32人)による野菜の販売会が開かれた。

 同短大と同部のコラボ企画として初開催。試食会では「ブロッコリーの漬物」「ほうれん草とホワイトコーンのキッシュ」など6品各100食を用意し,同短大生活科学科栄養士課程の1,2年生約10人が客と交流した。

   -略-
(長瀬聡美通信員)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月22日6時46分の記事
[PR]
b0171771_08443517.jpg
「仙美里ケ丘」キレイマメ・アイスクリーム=2016年5月撮影

 本別町仙美里の道立農業大学校が作る農畜産加工品ブランド「仙美里ケ丘」のアイスクリームに,新たに 花白豆を使った製品 が加わりました。
 21日の第4回「ほんべつ肉まつり」の会場に出店する同大のPRブースで初めて販売されます。
 「仙美里ケ丘」ブランドのアイスクリームとしてはバニラ,抹茶,カボチャ,キレイマメに次ぐ5品目で,紙容器入り・80mlの販売価格は1個200円です。

b0171771_08460774.jpg
道立農業大学校
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「白花豆のアイスクリーム開発 本別・農大」 と伝えています。
 【本別】道立農業大学校(町仙美里25,中島隆宏校長)が作る農畜産加工品ブランド「仙美里ケ丘」のアイスクリームに新たに花白豆(白インゲン豆)を使った製品が加わった。21日の第4回「ほんべつ肉まつり」(義経の里本別公園)の会場に出店する同大のPRブースで初めて販売される。

 開発したのは,同大農業経営研究科2年(畑作専攻)の永江友大さん(21)で,実家は北見市留辺蘂町でタマネギ,白花豆を生産する専業農家。消費者になじみが薄い郷里の産物の付加価値を高めようと,実習の一環で白花豆の6次化に取り組んだ。

   -略-

 「仙美里ケ丘」ブランドのアイスクリームとしてはバニラ,抹茶,カボチャ,キレイマメに次ぐ5品目。紙容器入り(80ミリリットル)で1個200円。25日に道の駅ステラ★ほんべつで開かれる農大の即売会でも販売される。問い合わせは同大(0156・24・2121)へ。(鈴木裕之)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月19日6時30分の記事
[PR]
b0171771_17054615.jpg
とかちプラザ
=2015年8月撮影

 8月17日,帯広市主催の 「とかちスイーツコンテスト」最終審査 が,とかちプラザで開かれ,市内の主婦佐々木夏菜子さんが考案した,ゴボウを使ったスイーツ「pari gobou」が最優秀賞に選ばれました。
 9月3,4の両日,JR帯広駅周辺で開かれる食と音楽のイベント「とかちマルシェ」で限定販売されます。
 優秀賞には,星槎国際高1年の相内崇希さんの「十勝産長いもと小豆の濃厚チーズケーキ」,市内の主婦佐々木礼子さんの「カッテージチーズとハスカップのふんわりムース」,清水高3年の中尾優花さんと太田香菜子さんの「ピーチフロマージュ」の3作品が選ばれました。

とかちマルシェ
◇日程 2016年9月2日(金)~4日(日)
◇開場 JR帯広駅周辺
◇主催 とかちマルシェ運営協議会

参考サイト:とかちスイーツコンテスト(帯広市ホームページ)
http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/shoukoukankoubu/kankouka/sweets_producer/tokachi_sweets_contest.html

 十勝毎日新聞が, 「市内の主婦佐々木さんが最優秀 とかちスイーツコンテスト」 と伝えています。
 帯広市主催の「とかちスイーツコンテスト」最終審査が17日,とかちプラザで開かれた。市内の主婦佐々木夏菜子さん(35)が考案した,ゴボウを使ったスイーツ「pari gobou」が最優秀賞に選ばれた。9月3,4の両日,JR帯広駅周辺で開かれる食と音楽のイベント「とかちマルシェ」で限定販売される。

   -略-

 最優秀賞は十勝産ナチュラルチーズと,きな粉のクリーム,ゴボウとクルミのケーキ,プリンの3層からなるスイーツ。ゴボウの香りや食感,チーズの風味を楽しめる作品に仕上がった。

 佐々木さんは「十勝のゴボウがすごくおいしく,チーズと合わせたスイーツを作ってみようと考案した。おいしそうな作品がたくさんあったので,選ばれてびっくり。とかちマルシェでは,ゴボウのおいしさに共感してもらえれば」と話した。

 優秀賞には,星槎国際高1年の相内崇希さん(16)の「十勝産長いもと小豆の濃厚チーズケーキ」,市内の主婦佐々木礼子さん(62)の「カッテージチーズとハスカップのふんわりムース」,中尾優花さん(18)と太田香菜子さん(18)=いずれも清水高3年=の「ピーチフロマージュ」が選ばれた。

   -略-

 表彰式は9月3日,とかちマルシェで行う。 (津田恭平)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月18日13時02分の記事
[PR]
b0171771_06461021.jpg
参考写真:シラカンバの林
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A9%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%90

 大樹町の地域おこし協力隊の神宮司亜沙美さんが、大樹のシラカバを使った 洗顔用の 「白樺せっけん」を企画 し、販売を始めました。
 肌に良い成分を含んだ枝葉を活用しており、「肌にうれしい効果も期待できる。一度使ってみてほしい」と話しています。
 せっけんは道の駅・コスモール大樹や北海道ホテル、幕別の十勝ヒルズで販売しています。

b0171771_06470402.jpg
道の駅・コスモール大樹
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「シラカバせっけん販売 協力隊神宮司さん 大樹」 と伝えています。
 大樹町の地域おこし協力隊の神宮司亜沙美さん(31)が、大樹のシラカバを使った洗顔用の「白樺石鹸(せっけん)」を企画し、販売を始めた。肌に良い成分を含んだ枝葉を活用しており、「肌にうれしい効果も期待できる。一度使ってみてほしい」と話している。


 シラカバは町内で樹液が利用・販売されており、「食べる」以外の形でも大樹の素材をPRしたいと企画した。枝葉にはタンニンやサポニン、ミネラル、ビタミンCが含まれ、これらの成分は肌の引き締めや抗酸化作用があることから、せっけんに活用した。

   -略-

 航空宇宙事業に取り組む大樹町をイメージした「Planetta(プラネッタ)」のブランド名で販売。十勝の小豆、黒豆、枝豆を使ったせっけんも扱っている。今後もプラネッタから、大樹の豆を使ったせっけん、ジャムなどを販売していきたい考えだ。

 せっけんは道の駅・コスモール大樹や北海道ホテル(帯広)、十勝ヒルズ(幕別)で販売している。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年8月17日 13時49分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201608/20160817-0024502.php

[PR]
b0171771_07511810.jpg
参考写真:ナイアガラの滝(丹波市市島町)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E7%81%AB


 8月15日,足寄町の 第37回足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会 が,町民センター駐車場と利別川河川敷で開かれました。
 花火大会では道内町村で最大規模の1万45発が打ち上げられ,約2万人が短い夏を惜しみながら光と音のショーを楽しみました。
 3部構成で,午後7時15分,「ナイアガラの滝(富士山)」と音楽に合わせて花火が打ち上がる「デジタルリンク花火」で華やかに開幕しました。

b0171771_07534909.jpg
両国橋(後方左は足寄町民センター)
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「1万発夜空焦がす 両国花火大会 足寄」 と伝えています。
 【足寄】第37回足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会(実行委主催,十勝毎日新聞社,十勝東北部銀河の里づくり協議会共催)が15日,町民センター駐車場と利別川河川敷で開かれた。花火大会では道内町村で最大規模の1万45発が打ち上げられ,約2万人が短い夏を惜しみながら光と音のショーを楽しんだ。  3部構成。午後7時15分,「ナイアガラの滝(富士山)」と音楽に合わせて花火が打ち上がる「デジタルリンク花火」で華やかに開幕。今年,デビュー40周年を迎えた町出身の歌手松山千春さんの代表曲「人生(たび)の空から」に乗せたスターマインも披露された。第3部のフィナーレでは,2015年度に町内で生まれた新生児45人の名前を読み上げながら祝いの花火を打ち上げた。最後は黄金色の「錦冠(にしきかむろ)」が夜空一面を染め,会場は歓声に包まれた。   -略-(鈴木裕之)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月16日9時13分の記事
[PR]
b0191190_08502087.jpg
参考写真:北半球星座早見盤
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E5%BA%A7%E6%97%A9%E8%A6%8B%E7%9B%A4

 8月4日,大樹町小中高連携教育推進委員会による 星空観察会 が,町多目的航空公園で開かれました。
 はじめに公園内の町宇宙交流センターSORA(そら)で,星座早見盤の使い方や夏に見られる星について学びました。
 その後,親子が滑走路に寝転がり,夜空に輝く星座や惑星を探しました。
 この日は小学生や高校生と保護者37人が参加しました。

b0191190_08505074.jpg
大樹町多目的航空公園
=2014年8月撮影
 
十勝毎日新聞が, 「夜空に広がる星を観察 大樹」 と伝えています。
 【大樹】町小中高連携教育推進委員会(委員長・金田英司大樹高校長)による星空観察会が4日,町多目的航空公園で開かれた。親子が滑走路に寝転がり,夜空に輝く星座や惑星を探した。

 宇宙のまちづくりを進める大樹町への理解を深めてもらい,小学生から高校生までの参加できる事業を設けることで子どもたちの交流も図った。この日は小学生や高校生,その保護者37人が参加した。

 はじめに公園内の町宇宙交流センターSORA(そら)で,星座早見盤の使い方や夏に見られる星について学んだ。その後,滑走路に移動し,シートなどをひいて寝転がりながら夜空いっぱいに広がる星を見上げた。

   -略-
(伊藤亮太)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月09日20時45分の記事
[PR]