<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

b0171771_12550574.jpg
参考写真:ミャンマーの麺料理「カウスェー」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%82%A7%E3%83%BC 

 4月に発生した熊本地震の被災者を支援しようと,国際協力機構(JICA)北海道国際センター・帯広のレストランで, 被災地支援メニュー を提供しています。
 「被災者のために何かしたい」と発案したのは,熊本市出身の同センター道東業務課課長補佐の佐藤恭之さんで,今回の企画では,被災地支援に,途上国のことを知ってもらうというJICAらしさも加えようと,佐藤さんが2010~14年に赴任したミャンマーの料理「シャンカオスエ」をメニューに選びました。

b0171771_17380346.jpg
JICA北海道・帯広=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「ミャンマー料理で熊本支援を JICAレストラン 帯広」 と伝えています。
 4月に発生した熊本地震の被災者を支援しようと,国際協力機構(JICA)北海道国際センター(帯広)のレストラン(帯広市西20南6)で,被災地支援メニューを提供している。熊本市出身の職員による企画で,料理代金の一部が義援金として現地に送られる。

 「被災者のために何かしたい」と発案したのは,熊本市出身の同センター道東業務課課長補佐の佐藤恭之さん(36)。19歳まで熊本で過ごし,母や兄家族は同市内に暮らしている。母親の住む実家は塀が全て崩れ,壁にひびが入るなどの被害に遭った。兄家族も10日間ほど避難所生活を送った。

 佐藤さんは「地震が発生したときは家族や友人がとても心配だった。見慣れた熊本城も大きな被害が出ていて,何度も涙した。3カ月がたったが,復興はまだこれからで,支援が必要」と話す。

 今回の企画では,被災地支援に,途上国のことを知ってもらうというJICAらしさも加えようと,佐藤さんが2010~14年に赴任したミャンマーの料理「シャンカオスエ」をメニューに選んだ。

 シャンカオスエは,現地の屋台などで親しまれている同国シャン州発祥の麺料理。麺はフォーを使い,トマトソースベースにチリやニンニク,ショウガを加え,ピリ辛味に仕上げた。蒸し鶏(どり)が入り,ピーナツのみじん切りとベビーリーフをトッピングした。佐藤さんは「現地を思い出す味」と懐かしむ。
   -略-
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年7月17日 14時25分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201607/20160717-0024261.php
[PR]
b0171771_04395099.jpg
ひまわり3千坪迷路
=2014年8月撮影

 7月12日,本別ひまわり愛好会主催で行われる 第11回「ひまわり3000坪迷路」のコース造り が,本別町美里別東中の農地で行われました。 今年は5月28日,約1.5haにヒマワリの種と肥料をまきましたが,春先の低温や曇天で例年に比べ生育が遅れ,一部の種が強風で飛ばされるなどしました。 しかし,今後の好天に期待して例年通り準備を進めることにしました。

第11回「ひまわり3000坪迷路」
◇ 期間:8月11~16日
◇ 会場:本別町美里別東中
◇ 主催:本別ひまわり愛好会

b0171771_04392855.jpg
本別ひまわり牧場
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「ひまわり迷路コース造成始まる 本別」 と伝えています。
 【本別】第11回「ひまわり3000坪迷路」(8月11~16日・本別ひまわり愛好会主催)のコース造りが12日,町美里別東中の農地で行われた。

 今年は5月28日,約1・5ヘクタールにヒマワリの種と肥料をまいたが,春先の低温や曇天で例年に比べ生育が遅れ,一部の種が強風で飛ばされるなどした。  同愛好会の背戸田利光代表によると,ヒマワリの成長はこれまでで最も遅く,イベントの中止も検討したが,今後の好天に期待して例年通り準備を進めることにした。

 この日は同会会員10人が集まり,あらかじめ設計したコースの図面を見ながら作業開始。ポイントとなる場所に目印のポールを立てて小型トラクターで刈り取り,幅約1・2メートルのコースを造った。

 コースの総延長は1.5キロと例年よりやや短いが,その分,途中に麦わらロールを積んだ展望台を設置し魅力アップを図る。
   -略-
(鈴木裕之)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年07月13日8時30分の記事
[PR]
b0171771_03565900.jpg
帯広大谷短期大学
=2016年5月撮影

 7月15日,帯広大谷短期大学社会福祉科介護福祉専攻の学生による 地域交流サロン「元気」 が,短大1階の介護実習室で始めます。
 8月24日までの計4回,介護予防について学生と交流を深めながら楽しく学べる内容を用意しています。
 初回は「幸せならクイズしよっ♪~これからも幸せに暮らしていくために!老後の不安一発解消クイズでドンっ!~」と題し,クイズ形式で学べるゲームを行う予定です。

 十勝毎日新聞が, 「15日から学内サロン『元気』 帯大谷短大」 と伝えています。
 【音更】帯広大谷短期大学(田中厚一学長)社会福祉科介護福祉専攻の学生による地域交流サロン「元気」が,15日から同短大1階の介護実習室で始まる。8月24日までの計4回,介護予防について学生と交流を深めながら楽しく学べる内容を用意している。

 昨年,学生自ら町内3カ所の地域交流サロン(東新緑お茶会,仲よし梢,こまばふれあいサロン)に出向いて講話やレクリエーションを通じて高齢者と触れ合った経験から,今度は学内に足を運んでもらった上で一緒に交流を深める場をと企画。町社会福祉協議会の後援を得て,町内16カ所目のサロンとして開設する運びとなった。学生にとっては選択科目の介護予防活動の一環として行われ,受講する2年生14人がテーマごとに役割を分担して当日の設営,運営に当たる。

 初回は「幸せならクイズしよっ♪~これからも幸せに暮らしていくために!老後の不安一発解消クイズでドンっ!~」と題し,加齢による心身機能の変化やその原因,機能低下の予防方法などクイズ形式で学べるゲームを行う他,通常の地域交流サロンと同様に茶菓子を囲んで交流する。
   -略-
(小縣大輝)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年07月14日6時00分の記事
[PR]
b0171771_01562290.jpg
参考写真:北海学園大学(札幌市豊平区)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E5%AD%A6%E5%9C%92%E5%A4%A7%E5%AD%A6

 7月11日,広尾町が北海学園大学の研究室などと共に取り組んでいる,ひろおサンタランド」の魅力向上を目指すプロジェクトで,研究室の学生が考案したサンタメール事業などの活性化策が示されました。
 学生はサンタメール利用者を調査し,宣伝に生かすべきなどと提案し,村瀬優町長らと意見交換しました。
 1984年にノルウェー・オスロ市から認定された「ひろおサンタランド」を観光の柱とするための魅力向上と,クリスマスカードを送るサンタメール事業の発送数増加を目指すプロジェクトで,北海学園大学経営学部の佐藤大輔教授の研究室,広尾高校生徒会と協力して取り組んでいます。

b0171771_02000501.jpg
サンタランド(広尾町)
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「サンタランド活性化へ意見交換 北海大と広尾町」 と伝えています。
 【広尾】町が北海学園大学(札幌)の研究室などと共に取り組んでいる,「ひろおサンタランド」の魅力向上を目指すプロジェクトで11日,研究室の学生が考案したサンタメール事業などの活性化策が示された。学生はサンタメール利用者を調査し,宣伝に生かすべきなどと提案し,村瀬優町長らと意見交換した。

 1984年にノルウェー・オスロ市から認定された「ひろおサンタランド」を観光の柱とするための魅力向上と,クリスマスカードを送るサンタメール事業の発送数増加を目指すプロジェクト。同大学経営学部の佐藤大輔教授の研究室,広尾高校生徒会と協力して取り組んでいる。

 この日は佐藤教授ら研究室の学生4人が町役場を訪れた。今年4月に広尾を訪れた際の視察や調査を基にまとめた提案内容を,村瀬町長や町職員に発表した。札幌でも行った聞き取り調査から「北欧」「自然」「木造建築」「古風な雰囲気」などが一般の人が持つサンタクロースのイメージとし,サンタランドの中心地である大丸山森林公園には,金属製のアーチなど人工的,現代的なものがあり,ニーズに応えられていないなどと課題を提示した。
   -略-
(伊藤亮太)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年07月13日12時20分の記事
[PR]
b0171771_16362411.jpg
参考写真:H-IIAロケット17号機による「あかつき」の打ち上げ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/fb/H-IIA_F17_launching_AKATSUKI.jpg/800px-H-IIA_F17_launching_AKATSUKI.jpg

 7月9日,りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台主催の「陸別スターライトフェスティバル」が,銀河の森天文台で開かれました。
 日本の金星探査機「あかつき」プロジェクトマネジャーの中村正人JAXA教授が,金星探査について講演しました。
 町内外から約200人が参加し,大型望遠鏡も一般開放され,来場者は星を観察しながら宇宙への関心を深めました。

b0171771_16373277.jpg
115㎝反射望遠鏡
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「金星探査機マネジャーが講演 陸別・スターライトフェス」 と伝えています。
 【陸別】陸別スターライトフェスティバル(りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台主催,足寄動物化石博物館,宇宙航空研究開発機構=JAXA協力)が9日,同天文台で開かれた。日本の金星探査機「あかつき」プロジェクトマネジャーの中村正人さん(JAXA教授)が金星探査の意義などを語った。

 町内外から約200人が参加。「宇宙のまちづくり」を進める大樹町の酒森正人町長も駆け付けた。

  -略-

 この後,札幌のアンサンブルグループ「奏楽(そら)」の演奏が行われた。会場では大型望遠鏡も一般開放され,来場者は星を観察しながら宇宙への関心を深めた。(鈴木裕之)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年07月12日7時18分の記事
[PR]
b0171771_20390042.jpg
参考写真:亜麻の花
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E_(%E6%A4%8D%E7%89%A9

 更別村協和区の畑作農家小谷広一さんの畑で 亜麻の花が咲き始め ました。
 亜麻は,亜麻仁油(あまにゆ)などの原料として,注目を浴びていて,薄紫色の小さな花が12haの畑一面に広がっています。
 亜麻は1960年代まで繊維用として十勝でも盛んに栽培されていましたが,化学繊維の台頭で姿を消し,近年は種子を絞って抽出する亜麻仁油が健康食材として人気が高まり,小谷さんは6年前から栽培に取り組んでいます。

 十勝毎日新聞が, 「畑一面かれんな薄紫 亜麻の花見頃 更別」 と伝えています。
 更別村協和区の畑作農家小谷広一さん(65)の畑で亜麻の花が咲き始めた。亜麻仁油(あまにゆ)などの原料として,注目を浴びている亜麻。薄紫色の小さな花が12ヘクタールの畑一面に広がっている。

 亜麻は1960年代まで繊維用として十勝でも盛んに栽培されていたが,化学繊維の台頭で姿を消した。近年は種子を絞って抽出する亜麻仁油が健康食材として人気が高まり,小谷さんは6年前から栽培に取り組んでいる。

 企業に出荷するとともに,昨年は管内の農家と協力して会社を興し,自社ブランドの亜麻仁油の販売を始めた。今年の作付面積は昨年の3倍に増やした。
   -略-
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年7月13日 13時51分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201607/20160713-0024223.php
[PR]
b0171771_03360978.jpg
「アショロア」復元骨格模型
=2015年8月撮影

 足寄動物化石博物館は,海生哺乳類デスモスチルス(束柱類)の祖先 「アショロア ラティコスタ」の化石 が町内で初めて発見されてから今年40年となるのを記念し,今月と8月に 足寄町と帯広市で講演会 を開催します。
 「アショロア ラティコスタ」は『足寄の獣・幅広肋骨』を意味し,1976年7月,当時北海道大学大学院生だった木村学さん(現東京海洋大学教授)が,地質調査のため町内の茂螺湾(もらわん)川を歩いていたときに,河床で化石を発見したのが始まりです。

b0171771_03370495.jpg
寄・茂螺湾の地質=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「足寄,帯広で記念講演会 アショロア発見から40年」 と伝えています。
 【足寄】足寄動物化石博物館(澤村寛館長)は,海生哺乳類デスモスチルス(束柱類)の祖先「アショロア ラティコスタ」(足寄の獣,幅広肋骨の意)の化石が町内で初めて発見されてから今年40年となるのを記念し,今月と8月に足寄町と帯広市で講演会を開く。  「アショロア-」は1976年7月,当時北海道大学大学院生だった木村学さん(現東京海洋大学教授)が,地質調査のため町内の茂螺湾川を歩いていたときに,河床で化石を発見したのが始まり。

 その後,本格的な発掘で頭や胴体,足,歯などが次々と見つかった。調査の結果,化石はデスモスチルスの祖先で,約2800万年前のものであることが判明。束柱類としては世界最古で,発掘に関わった当時東京大学の犬塚則久さん(現古脊椎動物研究所代表)が命名した。 

  -略-
(鈴木裕之)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年07月09日7時00分の記事
[PR]
b0171771_04412702.jpg
陸別消防署
=2014年8月撮影

 7月6日, ちびっ子防火フェスティバル が,陸別消防署庁舎前広場で開かれた。
 陸別保育所の子どもたちや保護者に防災意識を高めてもらおうと毎年行っていて,園児が防火服を着て放水を体験しました。
 また,保護者と一緒に消防車の乗車体験もしました。

b0171771_04402157.jpg
陸別保育所
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「園児65人が放水体験 陸別・防火フェス」 と伝えています。
 【陸別】「ちびっ子防火フェスティバル」が6日,陸別消防署(高橋直人署長,署員16人)庁舎前広場で開かれた。陸別保育所(丹野景広所長,園児65人)の園児が放水などを体験した。

 子どもたちや保護者に防災意識を高めてもらおうと毎年行っている。

 同消防署の高橋署長が「消防は火を消したり,人を助けたりする仕事です」とあいさつ。子どもたちは防火服を着て子ども用消防車に乗りホースまで移動。アンパンマンの的に向かって勢いよく放水した。保護者と一緒に消防車の乗車も体験した。

  -略-
(津田久美通信員)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年07月08日8時20分の記事
[PR]
b0171771_04403719.jpg
参考写真:包丁で切り揃えた蕎麦
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%95%8E%E9%BA%A6

  6月26日,日本の伝統文化の伝統文化の継承,普及を目指す 「うらほろ和ごころ体験塾」の そば打ち体験会 が,浦幌町コスミックホールで開かれました。
 浦幌そばの会の5人が協力し,子ども17人と大人20人が参加しました。
 中には,粘土遊びのようにソバ粉をこねる幼児もいました。

b0171771_04430608.jpg
浦幌町コスミックホール
=2012年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「子どもらがそば打ち体験 浦幌」 と伝えています。
 【浦幌】日本の伝統文化の伝統文化の継承,普及を目指す「うらほろ和ごころ体験塾」(二瓶隆会長)のそば打ち体験会が6月26日,町コスミックホールで開かれた。

 浦幌そばの会(須藤富康会長)の5人が協力し,子ども17人と大人20人が参加。中には粘土遊びのようにソバ粉をこねる幼児もいたが,子どもたちを指導した経堂岩夫さん,松田勇さんは「慣れた子もいて,手本になってくれた」と話した。
   -略-
(広橋基嗣通信員)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年07月05日23時30分の記事
[PR]
b0171771_03434459.jpg
「しばれ君」と「つららちゃん」=2014年8撮影

 陸別町のテント製造業・本田商店は,町のマスコットキャラクター 「しばれ君」と「つららちゃん」をデザインした せんべいを開発 しました。 本田商店のキャラクター菓子としては,まんじゅうに次ぐ第2弾で,本田学代表は「陸別の新たなお土産として定着させたい」とPRしています。
 本田商店は,2013年2月に,土産用菓子として「しばれ君・つららちゃんまんじゅう」を開発し,これまでに1万5000箱を販売,陸別のPRにひと役買っています。
 今月中に,道の駅オーロラタウンりくべつ93内の町観光物産館とマルサンストアーでも販売を始める。

b0171771_03442648.jpg
道の駅オーロラタウンりくべつ93=2014年8撮影

 十勝毎日新聞が, 「しばれ君せんべい誕生 陸別の新土産品に」 と伝えています。
 テント製造の本田商店(栄町,本田学代表)は,町のマスコットキャラクター「しばれ君」と「つららちゃん」をデザインしたせんべいを開発した。同商店のキャラクター菓子としては,まんじゅうに次ぐ第2弾で,本田代表(45)は「陸別の新たなお土産として定着させたい」とPRしている。

 同商店は2013年2月に,土産用菓子として「しばれ君・つららちゃんまんじゅう」を開発。米粉ともち米粉を混ぜた生地は弾力ある独特の食感で,これまでに1万5000箱(6個入り)を販売,陸別のPRにひと役買っている。

 まんじゅうの製造過程で出る生地の耳をせんべいとして有効利用しようと考え,昨年5月から本格的に試作を開始。キャラクターの顔をあしらった特製の型で焼き上げた。

   -略-

 今月中に,道の駅オーロラタウンりくべつ93内の町観光物産館とマルサンストアーでも販売を始める。1袋(10枚入り)540円。問い合わせは同商店(0156・27・2224)へ。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年7月6日 14時02分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201607/20160706-0024146.php
[PR]