<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

b0191190_04491893.jpg
鹿追町民ホール=2016年5月撮影

 7月27日, 東京都台東区児童派 遣事業の出発式 が,鹿追町民ホール前で行われました。
 町では国内の姉妹都市提携先のひとつとして,浅草3社祭で交流のあった「台東区」を視野に,児童派遣事業を2012年から実施し,今年で5回目となります。
 今回は町内3小学校から6年生14人が参加し,27日から30日までの3泊4日の日程で台東区内での見学や体験活動,地元児童との交流会などが行います。
b0191190_03412316.jpg
参考写真:三社祭の本社神輿各町渡御=2006年5月撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%A4%BE%E7%A5%AD

 十勝毎日新聞が, 「東京っ子と交流へ 鹿追・6年生14人台東区に出発」 と伝えています。
 【鹿追】東京都台東区児童派遣事業(町子供宿泊体験交流協議会主催)の出発式が27日,町民ホール前で行われた。

 町では国内の姉妹都市提携先のひとつとして,浅草3社祭で交流のあった「台東区」を視野に,児童派遣事業を2012年から実施。今年で5回目となる。

 今回は町内3小学校から6年生14人が参加し,同日から30日までの3泊4日の日程で台東区内での見学や体験活動,地元児童との交流会などが行われる。   -略-
(大井基寛通信員)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年07月28日13時30分の記事
[PR]
b0171771_20340444.jpg
森の交流館・十勝
=2015年8月撮影

 森の交流館・十勝で定期的に行われる未就学児向けの 国際交流イベント 「キッズ・プレイグラウンド」 は,遊びながら異文化と触れ合うことができる場として人気を集めている。
 このイベントは,市が0~6歳児を対象に,奇数月の第3土曜に開いていて,外国の文化や遊びに親しんでもらうおうと,毎回異なる国のゲストを招き,絵本の読み聞かせやゲームなどを行っています。

b0171771_20344598.jpg
森の交流館・十勝
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「親子で国際交流 大人気」 と伝えています。
 森の交流館・十勝(帯広市西20南6)で定期的に行われる未就学児向けの国際交流イベント「キッズ・プレイ・グラウンド」は,遊びながら異文化と触れ合うことができる場として人気を集めている。子どもの遊び場に悩むお母さんたちは少なくない。1人でもママ友を連れてもよし,ぜひ足を運んでみては。

 同イベントは,市が0~6歳児を対象に,奇数月の第3土曜に開いている。申し込みは不要,参加費も無料だ。外国の文化や遊びに親しんでもらうおうと,毎回異なる国のゲストを招き,絵本の読み聞かせやゲームなどを行っている。

   -略-

 多いときには100人以上が来場することも。同イベントの企画に約3年携わっている市国際交流員の成田カレンさん(26)は「小さい子も楽しめるよういつも配慮している。次回はハロウィーン。たくさんの親子連れに参加してほしい」と呼び掛けている。

   -略-
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年07月24日12時58分の記事
[PR]
b0171771_19054029.jpg
ワイン城
イベント広場=2016年5月撮影

 7月23日,十勝ワイン醸造用の樽を転がしてタイムを競う ワイン樽ころがし競争inいけだ が,池田町ワイン城下の特設会場で開かれました。
 町内を中心に管内外から20チームの60人が参加しました。
 競技は3人1チームで短距離,長距離,スラロームの3種目を実施し,合計タイムで総合優勝を争いました。

b0171771_19055820.jpg
池田町
ワイン城=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「樽ころがし歓声 ワインの町・池田で熱戦」 と伝えています。
 十勝ワイン醸造用の樽を転がしてタイムを競う「ワイン樽(たる)ころがし競争inいけだ」(実行委員会主催)が23日午前10時から,町ワイン城下の特設会場で開かれた。町内を中心に管内外から20チームの60人が参加,ワインの町ならではの競技を楽しんだ。

 開会式では勝井勝丸町長が「楽しみながら(優勝賞品の)マグナムボトルを目指して頑張って」とあいさつ。抽選で選ばれた帯広市の八木健治さん(29)が「うれしい楽しい大好きをモットーに頑張ります」と選手宣誓した。

 競技は3人1チームで短距離,長距離,スラロームの3種目を実施,合計タイムで総合優勝を争った。男性は重さ約90キロ,女性は約50キロの樽を懸命に転がし,コースを外れて悪戦苦闘する出場者も。好タイムが出ると,観客から大きな拍手が巻き起こった。
   -略-
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年7月23日 13時53分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201607/20160723-0024303.php
[PR]
b0171771_18334452.jpg
参考写真:モンゴルの伝統的な住居「ゲル」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E5%9B%BD

 7月26~28日に十勝管内で開かれる 第2回日本モンゴル農業フォーラムin帯広 で,モンゴルの行政関係者や研究者ら約30人が26日に十勝入りしました。 フォーラムは十勝農業機械協議会などでつくる実行委が主催し,モンゴルと環境が似た北海道・十勝の寒冷地農業を視察し,ビジネスマッチングを行い両国の連携策を考えます。
 26日の午前中,JA士幌町の篠原末治専務理事が経営する農場をなどを視察しました。
 27日には十勝川温泉第一ホテルで講演会などが開催される。

b0171771_05171714.jpg
十勝川温泉第一ホテル=2012年6撮影

 十勝毎日新聞が, 「モンゴル農業 十勝に学ぶ フォーラムの一行視察」 と伝えています。
 26~28日に管内で開かれる第2回日本モンゴル農業フォーラムin帯広(実行委員会主催)で,モンゴルの行政関係者や研究者ら約30人が26日に十勝入りし,管内の農場などを視察した。27日には十勝川温泉第一ホテルで講演会などが開催される。

 フォーラムは十勝農業機械協議会などでつくる実行委(山田政功委員長)が主催。モンゴルと環境が似た北海道・十勝の寒冷地農業を視察し,ビジネスマッチングを行い両国の連携策を考える。

 訪れたのは駐日大使館参事官や産業,農業分野の官僚,大学教授ら約30人。日本側の日本モンゴル農業協力機構の古賀一成代表理事を含めた一行約40人は同日,管内の畑作農家や酪農家,農機製造工場などを視察した。

 午前9時すぎからは,JA士幌町の篠原末治専務理事が経営する農場を訪問。111ヘクタールで畑作4品を中心に栽培している篠原さんは「GPSガイダンスのトラクターを使い,欧米のような大型化した農業を行っている」などと説明した。
   -略-
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年7月26日 14時00分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201607/20160726-0024324.php
[PR]
b0171771_07071858.jpg
新得物産サホロ農園
圃場=2015年8月撮影

 十勝一のソバ産地・新得町で, ソバの花が見頃 を迎え,白くかわいらしい花が畑一面を染め,一枚のじゅうたんのようです。
 JA新得町によると,町内全体の作付面積は管内一の約25haです。
 昨年度の全国そば優良生産表彰で,最高位の農林水産大臣賞に選ばれた新得物産サホロ農園が81haを占めます。
 31日には,工場前で「そばの里まつり」が開かれます。

b0171771_07074948.jpg
新得物産サホロ農園(右)
=2015年8月撮影


 十勝毎日新聞が, 「白いじゅうたん 畑一面びっしり 新得そばロード」 と伝えています。
 十勝一のソバ産地・新得町で,ソバの花が見頃を迎えている。一斉に咲いた白い花は一枚のじゅうたんのようだ。

 JA新得町によると,町内全体の作付面積は管内一の約250ヘクタール。昨年度の全国そば優良生産表彰(日本蕎麦協会主催)で,最高位の農林水産大臣賞に選ばれた新得物産サホロ農園(町基線104,清水輝男社長)が81ヘクタールを占める。

 1.5キロ(40ヘクタール)に渡ってソバ畑が続く同社前の国道38号沿いは通称「そばロード」。車を止め,期間限定の景色を楽しむ人の姿も見られる。   

   -略-

 31日には同社工場前で「そばの里まつり」が開かれる。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年7月20日 13時57分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201607/20160720-0024277.php
[PR]
b0171771_01442332.jpg

ベア・ドゥ ドリーム号=2014年1月とかち帯広空港で撮影


 とかち帯広空港の2016年1~6月の上半期の東京・羽田線の利用者数は28万1180人で前年同期比2.4%増となり、14年ぶりに 最多記録を更新 しました。
 日本航空(JAL)の一部機材大型化や、JALとエア・ドゥのダブルトラッキング化(2社運航)に伴う利便性向上の定着が主な要因とみられます。

b0171771_06363425.jpg
とかち帯広空港・搭乗案内
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「14年ぶりに最多記録更新 帯広空港東京線上半期利用」 と伝えています。
 とかち帯広空港の2016年上半期(1~6月)の東京(羽田)線の利用者数は28万1180人(前年同期比2・4%増)となり、14年ぶりに最多記録を更新した。日本航空(JAL)の一部機材大型化や、JALとエア・ドゥのダブルトラッキング化(2社運航)に伴う利便性向上の定着が主な要因とみられる。

 帯広市空港事務所がまとめた。東京線の上半期利用が最も多かったのは、02年の27万4801人だった。  月別では3月を除く、全ての月で前年を上回った。航空会社別では、JALが18万8232人で、前年同期比6・2%増となったのに対し、エア・ドゥは同4・6%減の9万2948人だった。
   -略- (津田恭平)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年07月22日13時30分の記事
[PR]
b0171771_06170787.jpg
三英TTF事務所(足寄町)
=2016年5月撮影(上,中)

 リオデジャネイロ五輪・パラリンピックの卓球競技で,足寄町新町の「三英TTF」事業所製造の 卓球台が使用 されることになりました。
b0171771_21090025.jpg 社名の「TTF」は,テーブル・テニス・ファクトリーの略称です。 職員たちは日本選手の活躍を願い,晴れ舞台で自社製品が世界に発信されるのを心待ちにしています。
 三英TTF事業所は,卓球台製造の国内最大手「三英」の専門工場で,研究・開発から製造まで一貫工程で,国内に流通する卓球台の75%のシェアを誇っています。

 私(ブログ作成者) が帰省して阿寒に向かうとき,足寄で「三英TTF」の看板ををふと目にしました。何気なくシャッターを切り撮影したのが,上と中の2枚の写真です。
 足寄事務所の社員はたった15人だけとのことです。その会社の卓球台が、リオ五輪・パラリンピックの卓球競技出使用されることを知り,故郷・十勝の頼もしさを感じました。
b0171771_06182242.jpg
参考写真:卓球の女子ダブルスの試合
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%93%E7%90%83

 十勝毎日新聞が, 「足寄の卓球台リオ“参戦” 三英TTF製 五輪採用」 と伝えています。
 リオデジャネイロ五輪・パラリンピックの卓球競技で,足寄町の「三英TTF(テーブル・テニス・ファクトリー)」事業所(新町2,吉澤今朝男執行役員工場長,社員15人)が製造した卓球台が使われる。職員たちは日本選手の活躍を願い,晴れ舞台で自社製品が世界に発信されるのを心待ちにしている。

 同事業所は卓球台製造の国内最大手「三英」(本社千葉県流山市)の専門工場。研究・開発から製造まで一貫工程で,国内に流通する卓球台の75%のシェアを誇る。年間製造台数は約5000台。日本卓球協会(JTTA)の公認卓球台として全日本選手権では40年以上にわたり使われ,過去4回の日本開催の世界選手権でも使用実績がある。

 世界のライバルメーカーに競り勝ち,リオ五輪組織委員会から公式プロバイダーに指名された。同社の卓球台が五輪に採用されるのは1992年のバルセロナ大会以来24年ぶり。五輪・パラ五輪期間中,メンテナンス要員として同事業所からそれぞれ1人ずつ現地に入る予定。

-略-
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年7月19日 14時08分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201607/20160719-0024273.php
[PR]
b0171771_19163863.jpg
参考写真:合興駅構内詰所
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E8%88%88%E9%A7%85

 帯広市内の観光名所幸福駅と台湾新竹(シンジュー)県の合興(ホーシン)駅の 姉妹駅友好締結調印 を10月に控え,同県の邱鏡淳県長(県知事)ら県幹部職員やメディア関係者ら22人が21日来帯,帯広市を訪れ幸福駅などを視察しました。
 姉妹駅は十勝の経済人らでつくる十勝日台親善協会(曽我彰夫会長)が2014年から台湾側に働き掛けていた。両駅とも愛情をモチーフに観光駅として人気がある。

b0171771_19213985.jpg
旧JR広尾線「
幸福駅」=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「台湾県知事が幸福駅視察 「つながり深まれば」」 と伝えています。
 10月合興駅と姉妹駅締結  帯広市内の観光名所幸福駅と台湾新竹県の合興駅の姉妹駅友好締結調印を10月に控え,同県の邱鏡淳県長(県知事)ら県幹部職員やメディア関係者ら22人が21日来帯,幸福駅などを訪れた。

 姉妹駅は十勝の経済人らでつくる十勝日台親善協会(曽我彰夫会長)が2014年から台湾側に働き掛けていた。両駅とも愛情をモチーフに観光駅として人気がある。  県知事来帯は,帯広の関係者と交流を深めるのが狙い。十勝に3泊し,管内や富良野などの観光施設など視察する。

 22日は幸福駅を訪れ,幸福の切符を駅舎に貼り付けた。邱県長は「来る人を幸せにする雰囲気のある駅。姉妹駅締結で,より経済,文化のつながりが深まれば」と話した。   

   -略-

 一行は26日まで北海道に滞在する。調印式は10月22日,合興駅で開かれ,米沢市長も同席する。 (長田純一,津田恭平)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年07月22日13時36分の記事
[PR]
b0171771_19461232.jpg
参考写真:帯広の森野球場
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%AF%E5%BA%83%E3%81%AE%E6%A3%AE%E9%87%8E%E7%90%83%E5%A0%B4

 7月20日, プロ野球パ・リーグ公式戦 として今季唯一の帯広開催となる「北海道日本ハムファイターズ対東北楽天ゴールデンイーグルス」は,帯広の森野球場で行われました。    
 5回,大谷選手が自己最多となる11号となる勝ち越し3ランを放ち,日本ハムが9-3で快勝しました。

b0171771_04071035.jpg
ファイターズの応援ポスター
=2016年5月撮影


 十勝毎日新聞が, 「帯広での勝利に歓喜 プロ野球公式戦日ハム対楽天」 と伝えています。
 「すごい! ホームランだ」-。プロ野球パ・リーグ公式戦として今季唯一の帯広開催となる「北海道日本ハムファイターズ対東北楽天ゴールデンイーグルス」は20日,帯広の森野球場で行われ,日本ハムが大谷翔平選手の自己最多となる11号3ランなどで快勝した。1万2294人の観客はプロの技に目を見張り,日本ハムの勝利に喜んだ。 (松村智裕,藤島諒司,中島佑斗,新井拓海)

   -略-

 試合前,幕別町応援大使の大谷,市川両選手から,同町出身で昨季のスケート競技で優秀な成績を収めた久保向希さん(白樺学園高2年)と稲川くるみさん(帯三条高同)に,記念の盾が贈られた。久保さんは「日本最速の投球を記録した大谷選手にあやかり,自分も最速を目指したい」,稲川さんは「日ハムの選手と会えて表彰も受けて感動した。来シーズンも活躍したい」と声を弾ませた。

   -略-
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年07月21日13時18分の記事
[PR]
b0171771_11050025.jpg
故山内三郎先生殉職の碑
=2016年5月撮影

 本別空襲から71年目の7月15日,本別町歴史民俗資料館友の会主催で公開座談会「本別空襲を伝える会」が本別高校体育館で開かれました。
 会場には,町内の中学生や本別高校生,一般町民ら約260人の他,空襲で殉職した旧制本別中学校(現本別高校)教頭の山内三郎先生の遺族も参加しました。
 座談会ではまず,友の会語り部部会のメンバーで空襲を体験した吉井誠さんと細岡幸男さんが,当日の様子を生々しく証言し,風化しつつある空襲の記憶を次代に伝える決意を新たにしました。

b0171771_11052454.jpg
本別高校
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「本別空襲伝承へ決意新たに 公開座談会」 と伝えています。
 【本別】本別空襲から71年目の15日,公開座談会「本別空襲を伝える会」(町歴史民俗資料館友の会主催)が本別高校体育館で開かれた。風化しつつある空襲の記憶を,次代に伝える決意を新たにした。

 町内の中学生や本別高校生,一般町民ら約260人の他,同空襲で殉職した旧制本別中(現本別高)教頭の山内三郎さんの遺族も参加した。

 座談会ではまず,同友の会語り部部会のメンバーで空襲体験者の吉井誠さん(84)と細岡幸男さん(85)=いずれも町内在住=が,当日の様子を生々しく証言。空襲で2歳年上の兄を亡くした,当時本別中3年生だった細岡さんは「小さな町に40機もの戦闘機が襲来したことを想像してほしい。爆弾が落とされた後,爆風とともに土が降ってきた。防空壕の中で,互いに名前を呼び合いながら生きていることを確かめ合った」と語った。

 この後,中・高校生の代表が発表。本別中3年の吉川開さん(15)は「戦争を生き抜いた人たちがいてこそ,今の自分がいる。これからは自分が,空襲のことを次の世代に伝えていかなければならない」と決意を述べた。
  -略-
(鈴木裕之)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年07月16日9時32分の記事
[PR]