<   2016年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

b0171771_01535409.jpg
帯広市グリーンプラザ
=2011年8月撮影

 5月28日,「十勝の人のため,がん患者として命あるうちに何かしたい」と,希少がんの一種の後腹膜肉腫(こうふくまくにくしゅ)を患い,手術や再発などを繰り返す帯広市在住の平馬さとみさんは,緩和ケアを受けるため帯広を離れるのを前に,自ら「がんの語り部」を務める講演会 を市グリーンプラザで開きます。
 DV体験やカウンセリングスキルを生かし,自助グループ支援に当たってきた人生の軌跡なども語る予定です。

参考サイト:国立がん研究センター「後腹膜の肉腫」
http://www.ncc.go.jp/jp/rcc/01_about/retroperitoneal_sarcoma/index.html

 十勝毎日新聞が, 「がんと私 命あるうちに がん経験など講演企画 帯広」 と伝えています。

 「十勝の人のため,がん患者として命あるうちに何かしたい」。希少がんの一種の後腹膜肉腫を患い,手術や再発などを繰り返す帯広市在住の平馬さとみ(本名・里美)さん(57)は,緩和ケアを受けるため帯広を離れるのを前に28日,自ら「がんの語り部」を務める講演会を市グリーンプラザで開く。DV(配偶者,恋人などからの暴力)体験やカウンセリングスキルを生かし,自助グループ支援に当たってきた人生の軌跡なども語る予定だ。

 平馬さんは札幌出身。10歳から18歳までを帯広で過ごした。札幌で自営業の男性と結婚,1男1女をもうけたが,夫の暴力で2004年,逃げるように帯広に戻った。札幌時代から学んだ親業や傾聴ボランティアなどのスキルを生かし,札幌で立ち上げた不登校の子どもを持つ親の会「かたくりの灯」の活動を十勝でも続けた。08年からは市内の福祉施設で介護職員として働いてきた。

 12年2月,腎臓に大きな肉腫が見つかり,8時間の手術で切除。その後,肺や乳房などに転移し,抗がん剤治療を試みて手術も繰り返した。「抗がん剤は使ってみないと効果は分からないという。医師からも再発すると言われ,限りある命を自覚した」。こうした経験から「がんと宣告された人の心のケア,特にグループカウンセリングの場が少ない」と,医師や看護師らも巻き込み,自身が通う市内病院のがんサロン立ち上げにも尽力した。
   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年5月26日 13時51分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201605/20160526-0023827.php


[PR]

b0171771_02124869.jpg
参考写真:菜の花畑(兵庫県小野市)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%8A


 管内の栽培農家の畑で,食用油の原料になる ナタネの花が満開 になっています。黄色い花が畑一面を覆うように咲き,初夏の風に揺れています。
 帯広市拓成町の伊澤農場では,十勝幌尻岳を間近に望む4ヘクタールの畑でナタネを栽培し,農協に出荷しています。


b0171771_02124004.jpg
参考写真:中札内村より望む十勝幌尻岳
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E5%8B%9D%E5%B9%8C%E5%B0%BB%E5%B2%B3


 十勝毎日新聞が, 「見渡す黄色 伊澤農場ナタネ畑 帯広」 と伝えています。


 食用油の原料になるナタネの花が,管内の栽培農家の畑で満開になっている。黄色い花が畑一面を覆うように咲き,初夏の風に揺れている。

 帯広市拓成町の伊澤農場(伊澤学代表)では,十勝幌尻岳を間近に望む4ヘクタールの畑でナタネを栽培。9年前に滝川市の農家に勧められて作付けを始め,同市の農協に出荷している。

 昨年8月に種をまいたナタネは,冬を越して丈が1メートルほどに伸び,花をいくつも付けた。
   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年5月26日 13時47分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201605/20160526-0023825.php


[PR]
b0171771_1238629.jpg

ひまわり3000坪迷路会場「ひまわり牧場」=2011年8月撮影

 5月28日,本別町美里別東中地区で開かれる 夏恒例の観光イベント「ひまわり3000坪迷路」 に向け,背戸田利光氏が代表を務める「本別ひまわり愛好会」が,会場となる畑にヒマワリの種蒔きを実施しました。
 愛好会のメンバー約15人が集合し,整地された畑1.5haにトラクターで,「春りん蔵」という品種の種約10キロを肥料と一緒に蒔きました。

 ◇第11回本別ひまわり3千坪迷路
 期間:2016年8月11日(木)~16日(火)
 会場:本別町美里別東中「ひまわり牧場」
 主催:本別ひまわり愛好会


b0171771_17593219.jpg
ひまわり3千坪迷路=2011年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「ひまわり迷路で種まき 難易度アップへ 本別8月開催」 と伝えています。

 本別町美里別東中地区で開かれる夏の観光イベント「ひまわり3000坪迷路」(8月11~16日)に向け,主催する本別ひまわり愛好会(背戸田利光代表,会員34人)は28日午前,会場となる畑にヒマワリの種をまいた。

 愛好会のメンバー約15人が集合。整地された畑1.5ヘクタールにトラクターで,「春りん蔵」という品種の種約10キロを肥料と一緒にまいた。

 同イベントは今年で11回目。10回の節目となった昨年は初めて迷路の入場を有料(大人200円,子ども100円)にしたが,管内外から過去最多の3万400人が入場した。
   -略-
 背戸田代表(71)は「道東道の阿寒延伸で昨年以上に釧路方面からの来客を期待したい。目標は3万5000人。初心に帰り,手作りの楽しさを提供したい」と話す。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年5月28日 13時48分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201605/20160528-0023844.php


[PR]

b0171771_03123336.jpg
帯広市図書館=2015年8月撮影

 6月5日、帯広市図書館と同図書館友の会は、図書館1階多目的視聴覚室で 「図書交換会」を開催 します。家庭で不用になった本の持ち込みを呼び掛けています。
 交換できる本は文庫本や単行本、児童書、絵本、コミック、美術書で、保存状態が良好なものに限ります。文庫本は文庫本との同数交換でき、その他の本はジャンルを問わず同数交換できます。


 十勝毎日新聞が, 「来月5日に図書交換会 帯広市図書館」 と伝えています。


 帯広市図書館と同図書館友の会は、6月5日午前10時から、図書館1階多目的視聴覚室で「図書交換会」を開く。家庭で不用になった本の持ち込みを呼び掛けている。

 交換できる本は文庫本や単行本、児童書、絵本、コミック、美術書で、保存状態が良好なものに限る。文庫本は文庫本との同数交換。その他の本はジャンルを問わず同数交換。

 雑誌や教習テキスト、教科書、参考書、ゲーム攻略本などの他、汚れや破れ、落書きがある本や、カバーのない本などは交換できない。時間は午後3時まで。
   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年05月22日12時27分の記事


[PR]

b0171771_20050476.jpg
とかちプラザ=2015年8月撮影

 6月11日,帯広のボランティア団体「WEW(ウィー)とかち」は,とかちプラザで不登校を題材にしたドキュメンタリー 映画「さなぎ~学校に行きたくない~」の上映会 を開きます。
 この映画の監督で当日,トークセッションも行う三浦淳子さんは帯広出身の祖母,故孝子さん(旧姓小川)を題材にした作品も手掛けており,「子どもへの思いを共有する場に」と初来帯を楽しみにしています。
 三浦さんは,1997年,当時92歳の孝子さんの人生をつづった「孤独の輪郭」が釜山国際映画祭招待作品となり,国内外で評価されました。
 祖母の孝子さんは,帯広三条高校の前身・十勝姉妹職業学校を卒業後,結婚を機に横浜や満州(当時)で暮らしました。


参考:「さなぎ~学校に行きたくない~」公式サイト

http://www.tristellofilms.com/sanagi/

b0171771_20025849.jpg
帯広三条高校=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「不登校題材の映画『さなぎ』 監督の三浦さん来月来帯」 と伝えています。

 帯広のボランティア団体「WEW(ウィー)とかち」(若菜順,渡辺久恵共同代表)は6月11日,とかちプラザで不登校を題材にしたドキュメンタリー映画「さなぎ~学校に行きたくない~」の上映会を開く。同映画の監督で当日,トークセッションも行う三浦淳子さん(横浜市在住)は帯広出身の祖母,故孝子さんを題材にした作品も手掛けており,「子どもへの思いを共有する場に」と初来帯を楽しみにしている。

 三浦さんは1960年横浜市生まれ。早稲田大学在学中から映画作りに興味を持ち,卒業後,広告代理店に勤めながら私的ドキュメンタリー映画の制作を続けてきた。97年,当時92歳の孝子さんの人生をつづった「孤独の輪郭」が釜山国際映画祭招待作品となり,国内外で評価された。

   -略-

 孝子さん(旧姓小川)は帯広三条高校の前身・十勝姉妹職業学校を卒業後,結婚を機に横浜や満州(当時)で暮らした。「孤独の輪郭」では,孝子さんが不意に同校の沿革を語る場面も収められている。三浦さんは父の寛さん(83)が半年ほど帯広に疎開,母方の実家は帯広開拓の祖・依田勉三の出身地の静岡県松崎町で,「十勝との縁を感じる」と話す。「不登校の原因や解決策は人それぞれだが,見守ることや子どもの生きる力を知ってほしい」と願う。

   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年5月23日 13時47分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201605/20160523-0023800.php


[PR]
b0171771_03551108.jpg
ジョイ・イングリッシュ・アカデミー=2016年5月撮影

 5月15日,帯広市内の英語学校「ジョイ・イングリッシュ・アカデミー」で,同校創立40周年記念イベント「文法の日スペシャル」が開かれました。
 特別講師にNOBU English Academyを主宰する山田暢彦さんを迎え,約120人が英文法を意識した英会話を学びました。
 アカデミーは2006年,英文法の大切さを再認識してもらおうと4月の第2日曜を「文法の日」に制定しています。


 十勝毎日新聞が, 「英文法の大切さ再認識 ジョイ40周年記念講習会」 と伝えています。


 帯広市内の英語学校「ジョイ・イングリッシュ・アカデミー」(浦島久学院長)で15日,同校創立40周年記念イベント「文法の日スペシャル」が開かれた。特別講師にNOBU English Academy(東京)を主宰する山田暢彦さんを迎え,約120人が英文法を意識した英会話を学んだ。

 同校は2006年,英文法の大切さを再認識してもらおうと4月の第2日曜を「文法の日」に制定。毎年この時期に講師を招き,講習会を開いている。山田さんは米国生まれで慶応義塾大学卒。英語,日本語のバイリンガルとして,学生から社会人まで幅広い層に英会話を教えている。

 この日は受講者の習熟度に応じたプログラムで3回行い,各回約40人が参加した。

  -略-
(大木祐介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年05月21日12時37分の記事


[PR]
b0171771_04113546.jpg
参考写真:ヨーロッパキイチゴ(Rubus idaeus)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%B4%E5%B1%9E


 足寄町内限定で販売されている飲料品「あしょろの木苺(きいちご)を使ったラムネ」が,果汁の含有料を増やしてリニューアルされ,5月21日から売されています。
 足寄町内の畑で収穫したキイチゴの果汁を原料として使っています。
 道の駅あしょろ銀河ホール21の売店やAコープあしょろ店、焼き肉亭、鳥せいなど町内の小売店や飲食店で販売しています。

b0171771_04231859.jpg
Aコープあしょろ店=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「果汁増やしリニューアル 足寄・キイチゴのラムネ」 と伝えています。

 【足寄】町内限定で販売されている飲料品「あしょろの木苺(きいちご)を使ったラムネ」が,果汁の含有料を増やしてリニューアルされた。21日から販売されている。

 元町議で学習塾経営の矢野利恵子さん(64)が2011年から販売しており,町内の畑で収穫したキイチゴの果汁を原料として使っている。

 香料を抑えるなどの品質改良を重ねてきたが,今回,キイチゴの味をさらにはっきりさせようと,果汁の含有料を5%から7%に増量した。「コアップガラナ」で知られる飲料品製造の小原(渡島管内七飯町)が製造している。

   -略-
 1本200ミリリットル(瓶入り)で価格は250円。今回、2200本を製造。道の駅あしょろ銀河ホール21の売店やAコープあしょろ店、焼き肉亭、鳥せいなど町内の小売店や飲食店で販売している。
   -略-
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年05月21日22時30分の記事


[PR]

b0171771_02521014.jpg
音更町駒場地区=2016年5月撮影

 5月22日,十勝地方は高気圧に覆われ,上空に真夏並みの暖気が入りました。
 音更町駒場で 全国で最も高い33.1℃を記録 するなど,十勝管内19観測地点中14地点で最高気温が30℃を超える「真夏日」となりました。
 本別と足寄が32.4℃,帯広と芽室が32.3℃と続き,この日の最高気温は全国の上位5位までを十勝が占めました。
 帯広測候所によると,管内では駒場のほか,鹿追(31.8℃),浦幌(31℃),帯広泉(30.2℃)で5月の最高気温を更新しました。


◇管内の22日の主な最高気温(時刻)

 音更駒場 33.1℃ ( 14:00)
 足寄 32.4℃ (12:54)
 本別 32.4℃ (14:09)
 帯広 32.3℃ (14:28)
 芽室 32.3℃ (15:07)
 鹿追 31.8℃ (13:36)
 浦幌 31.1℃ (14:41)
  -帯広測候所発表-

b0171771_02521976.jpg
帯広測候所=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「駒場33.11度 暑さ全国一 22日114地点真夏日」 と伝えています。

 高気圧に覆われ,上空に真夏並みの暖気が入った22日の十勝地方は,音更町駒場で全国で最も高い33.11度を記録するなど,119観測地点中114地点で最高気温が30度を超える「真夏日」となった。本別と足寄が32.4度,帯広と芽室が32.3度と続き,この日の最高気温は全国の上位5位までを十勝が占めた。

 帯広測候所によると,管内では駒場,鹿追(311.8度),浦幌(311度),帯広泉(30.2度)で5月の最高気温を更新した。豆類やトウモロコシなどの種まき作業が6月にかけて最盛期を迎える中,管内の散水設備の整った畑では同日,発芽や苗の生育を促すため,乾いた畑に水をまく光景も見られた。
   -略-
(池谷智仁)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年05月23日13時26分の記事


[PR]

b0171771_21112023.jpg
士幌町教育委員会・総合研修センター=2015年8月撮影


 士幌町教育委員会は今年度, 災害時の給食用 非常食「救給カレー」 を町内の全小中学校に取り入れ,備蓄している。救給カレーの導入は管内初で,災害時に給食の提供が困難な場合に活用される.
 救給カレーは,東日本大震災を教訓に,災害時などの非常事態にライフラインが途絶えた中で救援物資が届くまでの非常食として,2014年全国学校栄養士協議会が開発し,全国の学校で取り入れられています。
 このカレーは,小麦や卵などのアレルギー特定原材料の27品目を使用していないため,成長期の子どもたちにとって安全で栄養のバランスを考えられていることが特徴で,ご飯も入っているため,温めずに食べることができます。


b0171771_21113843.jpg
士幌町中央中学校=2015年8月撮影


 十勝毎日新聞が, 「災害備え『救給カレー』 士幌町の全小中学校で備蓄」 と伝えています。


 士幌町教委は今年度,災害時の給食用非常食「救給カレー」を町内の全小中学校に取り入れ,備蓄している。救給カレーの導入は管内初で,災害時に給食の提供が困難な場合に活用される.

 救給カレーは,東日本大震災を教訓に,災害時などの非常事態にライフラインが途絶えた中で救援物資が届くまでの非常食として,2014年全国学校栄養士協議会が開発,全国の学校で取り入れられている。

 このカレーは,小麦や卵などのアレルギー特定原材料の27品目を使用していないため,成長期の子どもたちにとって安全で栄養のバランスを考えられていることが特徴。ご飯も入っているため,温めずに食べることができる。原料は国産うるち米,スイートコーン,ジャガイモ,ニンジン,タマネギなど。

 カレーは1食150グラムで賞味期限は3年。賞味期限が切れる場合は防災教育などで活用する計画もある。町教委は全小中学校の児童・生徒と教職員分の720食を購入し,各学校で保管している。
   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年5月21日 14時17分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201605/20160521-0023787.php


[PR]

b0171771_06113528.jpg
参考写真:方丈(復元)
下鴨神社(京都市左京区)境内の河合神社に展示。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B9%E4%B8%88%E8%A8%98


 5月17日,俳優伊藤哲哉さんによる鴨長明の「方丈記」の朗読会が,池田町の画廊喫茶「ムーン・フェイス」で開かれました。
 伊藤さんは4弦の薩摩琵琶の迫力ある演奏と抑揚のきいた朗読を行いました。
 また,「方丈記」の「火事,竜巻,遷都,飢饉,地震」など5つの災厄について触れ「災害の描写がリアルに書かれている日本最古の災害文学」と説明しました。

b0171771_06172760.jpg
参考写真:薩摩琵琶
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%A9%E6%91%A9%E7%90%B5%E7%90%B6


 十勝毎日新聞が, 「俳優の伊藤哲哉さんが朗読公演 池田」 と伝えています。


 【池田】俳優伊藤哲哉さんによる鴨長明の「方丈記」の朗読会が17日,画廊喫茶「ムーン・フェイス」(町清見132)で開かれた。

 伊藤さんは「方丈記」の「火事,竜巻,遷都,飢饉,地震」など5つの災厄について触れ「災害の描写がリアルに書かれている日本最古の災害文学」と説明。現代も東日本大地震や熊本地震など多くの災害に見舞われており,「この朗読会をきっかけにもう一度読んでもらえれば」と話した。

 町内外から約30人が来場。伊藤さんの4弦の薩摩琵琶の迫力ある演奏を間近で感じ,抑揚ある語りに目を閉じて情景を思い浮かべた。
   -略-
(水上由美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年05月20日23時30分の記事


[PR]