<   2016年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

b0171771_07062386.jpg
帯広大谷短期大学(音更)=2015年8月撮影

 帯広大谷短期大学のサークルの中で最も長い歴史を誇る,人形劇サークル「ありんこ」が,発足から50年 の節目を迎えました。
 人形劇やボードビル,読み聞かせ,パネルシアターなど多彩な演目を通じて今も幅広い世代に笑顔を届けています。今年度は部室で眠っている人形を主役にした“復刻版”の記念公演も計画しています。
 人形劇サークルは1966年,帯広市内の人形劇団が立ち上がったのを機に人形劇同好会「ありんこ」として部員17人で発足しました。


b0171771_07052987.jpg
帯広大谷短期大学(音更)=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「発足50年 帯大谷短大・人形劇サークル「ありんこ」 音更
」 と伝えています。

 帯広大谷短期大学のサークルの中で最も長い歴史を誇る,人形劇サークル「ありんこ」が今年,発足から50年の節目を迎えた。人形劇やボードビル,読み聞かせ,パネルシアターなど多彩な演目を通じて今も幅広い世代に笑顔を届けている。今年度は部室で眠っている人形を主役にした“復刻版”の記念公演も計画している。

 同サークルは1966年,帯広市内の人形劇団が立ち上がったのを機に人形劇同好会「ありんこ」として部員17人で発足した。

 地域密着型の活動方針の下,北海道・十勝人形劇フェスティバルへの参加や,町内外の保育園,高齢者施設など公演依頼のあった場所にも積極的に顔を出している。

 現在は保育士の資格取得などを目指す新2年生9人で活動。公演では観客を飽きさせないよう人形劇に限らず,手遊び歌といった会場を巻き込んだ演目も取り入れている。

 昨夏は学生自ら小学生を対象にアンケートを実施。クイズ好きが多い傾向を踏まえ,約1カ月かけて完成させた新作のボードビル「ちびまる子ちゃん」では,パネルの裏を黒く塗りつぶしてキャラクターのシルエットを当てる工夫も。
   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年4月9日 13時54分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201604/20160409-0023427.php


[PR]
b0171771_09241978.jpg
足寄動物化石博物館=2015年8月撮影


 足寄動物化石博物館の新村龍也学芸員が,最新の3D技術を使い,古代セイウチの化石から 正確な生体復元画 を完成させました。
 今回の復元手法は,進化した3Dモデル制作技術を駆使したもので,石狩管内当別町で発見された1000万年前のセイウチ類の頭がい骨と下顎骨化石を,さまざまな角度からデジタル撮影し,3Dモデルを制作しました。
 骨の欠損部位を修復した後,おびひろ動物園で飼育しているアザラシ画像や帯広畜産大学で撮影されたトドのCTデータを参考に,肉の厚さなどを推計し生体標本を完成させました。復元した骨格データを3Dプリンターで出力しました。


b0171771_09270898.jpg
参考写真:タイヘイヨウセイウチ/Odobenus rosmarus divergens
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%83%81


 十勝毎日新聞が, 「3D画像で古代セイウチ復元 足寄動物化石博物館・新村学芸員」 と伝えています。


 【足寄】足寄動物化石博物館(澤村寛館長)の新村龍也学芸員(36)が最新の3D技術を使い,古代セイウチの化石から正確な生体復元画を完成させた。新村学芸員は「標本展示のレベルを向上させることができる新たな手法」と話している。

 せきつい動物化石の生体復元模型は,石こうなどで作られた骨格に粘土で組織を復元する伝統的な手法と,3Dスキャナやコンピューター断層撮影(CT)などによって得られた骨のデジタル3Dモデルの上にコンピューターで組織を復元する手法の2種類。ただ,粘土による復元は作業に多くの時間を要し,骨の3Dモデルによる復元は高価な機器が必要などの課題があった。

 今回の新たな復元手法は,進化した3Dモデル制作技術を駆使したもの。石狩管内当別町で発見された1000万年前のセイウチ類の頭がい骨と下顎骨化石を,さまざまな角度からデジタル撮影し,3Dモデルを制作。骨の欠損部位を修復した後,おびひろ動物園で飼育しているアザラシ画像や帯広畜産大学で撮影されたトドのCTデータを参考に,肉の厚さなどを推計し生体標本を完成させた。復元した骨格データは3Dプリンターで出力した。
   -略-
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年04月05日6時00分の記事


[PR]

b0171771_06490492.jpg
帯広大谷短期大学=2015年8月撮影

 4月2日, 帯広大谷短期大学の第57回入学式 が,体育館で開かれました。
 地域教養学科に34人,生活科学科栄養士課程に18人,社会福祉科子ども福祉専攻に54人,社会福祉科介護福祉専攻に23人が仲間入りしました。
 新入学生129人が緊張した面持ちで新たなスタートを切りました。全学生数は264人となります。


 十勝毎日新聞が, 「新入生129人が決意新たに 帯広大谷短期大学」 と伝えています。


 【音更】帯広大谷短期大学(田中厚一学長)の第57回入学式が2日午前10時から,同短大体育館で開かれた。新入学生129人が緊張した面持ちで新たなスタートを切った。

 地域教養学科に34人,生活科学科栄養士課程に18人,社会福祉科子ども福祉専攻に54人,同科介護福祉専攻に23人が仲間入り。全学生数は264人となった。

 式では来賓や保護者,教職員ら約200人が見守る中,新入学生を代表して社会福祉科介護福祉専攻の黒川健汰さん(音更高校卒)が「勉学に励むとともに,充実した学生生活を送る」と宣誓。
   -略-
(小縣大輝)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年04月02日12時04分の記事


[PR]

b0171771_08051612.jpg
Aコープほんべつ店=2015年8月撮影

 4月1日,JA本別町は,仙美里,勇足,美里別の各地区の組合員を対象にした 宅配業務を本格的に開始 しました。
 3地区のJA事業所を3月末で廃止したのに伴い,生活の利便性を維持するための取り組みです。
 Aコープ道東ほんべつ店に購買部職員4人が常駐し,日曜・祝祭日を除き,電話とファクスで注文を受け付けます。


b0171771_08121163.jpg
旧JA本別町仙美里店(3月で廃止)=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「宅配事業が本格始動 JA本別町」 と伝えています。

 【本別】JA本別町(田中敏行組合長)は1日から仙美里,勇足,美里別の各地区の組合員を対象にした宅配サービスを本格的に始めた。3地区の同JA事業所を3月末で廃止したのに伴い,生活の利便性を維持するための取り組み。

 Aコープ道東ほんべつ店(北5)に購買部職員4人が常駐し,日曜・祝祭日を除き,電話とファクスで注文を受け付ける。

 職員は注文書に従い,商品を取りまとめ,正午までの注文は同日午後に配達,午後からの注文は翌日に届けるシステム。取扱品目は食料品や日用雑貨など同店で扱っている全て。生鮮品,冷蔵品,すしなどは配達時に受取人がいることが条件。

 組合員はAコープの新聞折り込みちらしを参考に特売品などを注文,このうち1品は定価品を入れなければならない。弁当は原則3日前までに注文する。1回の注文が2500円以上の場合は配達料が無料。

   -略-

 閉鎖した3事業所は地域の小売店舗として食料品や日用品などを販売していたが,人口減少や町市街地への購買流出で売り上げが落ち込み採算が悪化。同JAが代替サービスとして宅配事業を行うことを決めた。
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年04月03日6時00分の記事


[PR]
b0171771_20462624.jpg
映画「銀の匙」看板=2014年1月撮影

 イベントプロモーションのソニー企業は,アニメやゲームの舞台となった場所を巡る同社展開のスマートフォンアプリ「舞台めぐり」に,十勝が舞台の漫画・アニメ 「銀の匙(さじ)」を追加 しました。
 「銀の匙」では幸福駅や帯広競馬場,緑ケ丘公園,十勝清水駅など十勝管内を中心とするアニメスポット29カ所を網羅しています。
 アプリで道内が舞台のコンテンツが加わるのは初めてです。

b0171771_02553308.jpg
写真:帯広競馬場=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「『銀の匙』スマホアプリに 幸福駅や競馬場舞台 帯広」 と伝えています。

 イベントプロモーションのソニー企業(東京)は,アニメやゲームの舞台となった場所を巡る同社展開のスマートフォンアプリ「舞台めぐり」に,十勝が舞台の漫画・アニメ「銀の匙(さじ)」を追加した。同アプリで道内が舞台のコンテンツが加わるのは初めて。

 同アプリは「ガルパン」や「弱虫ペダル」といった人気アニメなど全36作品を収録。物語や登場人物にゆかりの場所を検索することで,アニメシーンと同じ構図を確認できたり,登場キャラクターと一緒に写真撮影もできる。

 「銀の匙」では幸福駅や帯広競馬場,緑ケ丘公園,十勝清水駅など十勝管内を中心とするアニメスポット29カ所を網羅している。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年04月1日13時53分の記事


[PR]

b0171771_01320685.jpg
本別町中央公民館=2015年8月撮影

 3月24日,本別町の「福祉でまちづくり」宣言を記念したイベントが,町中央公民館で開かれました。約180人の町民が協働や支え合いによるまちづくりの大切さを確認しmした。
 宣言が行われた2006年から10年となるのを記念し,町,町健康長寿のまちづくり会議,町社会福祉協議会が主催します。テーマは「みんなが主役 新しい地域づくりを考えよう!」です。

b0171771_02292481.jpg
本別町社会福祉協議会(総合ケアセンター)=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「協働や支え合い考える 本別・福祉でまちづくり宣言記念事業」 と伝えています。

 【本別】「福祉でまちづくり」宣言を記念したイベントが24日,町中央公民館で開かれた。約180人の町民が協働や支え合いによるまちづくりの大切さを確認した。

 同宣言が行われた2006年から10年となるのを記念し,町,町健康長寿のまちづくり会議(井出壬午会長),町社会福祉協議会(粂田達一会長)が主催。

 テーマは「みんなが主役 新しい地域づくりを考えよう!」。初めに医療介護福祉地域コミュニティネットワーク国際研究所所長で,東大阪大学教授の鷹野和美氏が講演した。

 これまでも,町の保健,医療,福祉に関して助言している鷹野氏は「国は自治体に対して住民参加による包括ケアシステムの構築を求めているが,本別はその基盤が既にできている。取り組みを継続することで全国の耳目が集まる最高の町ができあがるだろう」と述べた。
   -略-
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月26日6時45分の記事


[PR]

b0171771_01373572.jpg
参考写真:アスペルガー症候群の人たちは特異的な興味を持つ。上の少年は分子構造に魅惑を感じている。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4


 4月2日,アスペルガー症候群の診断を受け,不登校などを経験した帯広在住の本間崚君が,自らを研究し,相手の表情を描く手法を使って不登校を克服した体験を,ベトナムで開かれる 障害者支援セミナーで発表 します。
 現地を支援する愛知のNPO法人から招待を受けました。


 十勝毎日新聞が, 「アスペルガーの本間君 ベトナムで体験発表」 と伝えています。


 アスペルガー症候群の診断を受け,不登校などを経験した本間崚(りょう)君(15)=帯広=が4月2日,自らを研究し,相手の表情を描く手法を使って不登校を克服した体験を,ベトナムで開かれる障害者支援セミナーで発表する。現地を支援する愛知のNPO法人から招待を受けた。4月から高校生になる本間君は「一人でも多くの人の参考になればうれしい。自分も現地でいろいろ学びたい」と話している。

 アスペルガーは発達障害の一つで,相手の表情が読み取れないなどの傾向が見られる一方,特定分野の知的能力が高い例もある。本間君は10歳のとき,アスペルガーと診断。人と話すことなどが苦手で友人関係などに悩み,14歳のときに不登校になった。心配した父が学校に行くよう強く求め,本間君は落ち込み,自分を責め,入院も経験したという。

 克服のきっかけは,主治医に紹介された「当事者研究」の場。統合失調症の人たちが生み出した克服への自助アプローチを仲間と行うもので,具体的には生活の苦労を「研究テーマ」としてアドバイスし合い,自身で実践する-を繰り返す。

   -略-

 29日に日本を出発,現地の身体障害者施設や学校などを視察して4月5日に戻る予定。
(佐藤いづみ)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月29日11時01分の記事


参考:アスペルガー症候群
 アスペルガー症候群(アスペルガーしょうこうぐん,Asperger Syndrome, AS),アスペルガー障害(Asperger disorder,AD)とは,知的障害を伴わないものの,興味・コミュニケーションについて特異性が認められる自閉症スペクトラム(ASD)の一種である。5つある広汎性発達障害(PDD)グループの一つに分類されている。オーストリアの小児科医のハンス・アスペルガーにちなんでつけられた診断名である。
 2013年のDSM-5改定においてはASの診断名は削除され,代わりにASDの深刻度にて記載するようになった。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4


[PR]
b0171771_19424749.jpg
帯広市議会(帯広市役所
)=2014年8月撮影

 3月28日、手話を言語として位置付け、普及を促すことを目的とした 帯広市の手話言語条例案 が、市議会本会議で可決しました。4月1日に施行されます。
 議場に集まったろう者協会の会員らは念願の条例に喜び、聴覚障害や手話への理解を広める活動に気持ちを新たにしました。
 条例では、手話を使いやすい環境整備を進め、ろう者とろう者以外の人が共生できる地域づくりを目指します。


b0171771_01580923.jpg
参考写真:日本手話の『山』
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%8B%E8%A9%B1


 十勝毎日新聞が, 「手話言語条例案を可決、来月施行へ 帯広市議会」 と伝えています。


 手話を言語として位置付け、普及を促すことを目的とした帯広市の手話言語条例案が28日、市議会本会議で可決した。4月1日に施行される。議場に集まったろう者協会の会員らは念願の条例に喜び、聴覚障害や手話への理解を広める活動に気持ちを新たにした。

 条例では、手話を使いやすい環境整備を進め、ろう者とろう者以外の人が共生できる地域づくりを目指す。手話の意義や目的達成への市の責務、市民の役割などを定めた。条例は管内では新得、鹿追に次いで3番目、道内では7番目。

 この日は帯広ろう者協会(平野千秋会長)の会員や、道ろうあ連盟の役員ら約50人余りが市役所を訪れ、別室で採決の行方を見守った。議案が全会一致で可決されて本会議が終わると議場に入り、米沢則寿市長や小森唯永議長、条例制定に取り組んだ議員らと記念撮影した。
   -略-
(安田義教)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月29日11時18分の記事


[PR]

b0171771_04033295.jpg
宮本建設作業場(浦幌町)=2014年8月撮影

 3月20日,浦幌町技能者協会の 第41回社会奉仕事業 が,町内の宮本建設作業場で行われ,11人の協会員が包丁などの刃物研ぎとまな板の削り直しを実施しました
 この日は町民63人が包丁199,はさみ21丁,まな板26枚を持ち寄りました。


 十勝毎日新聞が, 「刃物研ぎ奉仕 浦幌技能者協会」 と伝えています。


 【浦幌】町技能者協会(福田清範会長,会員23人)の第41回社会奉仕事業が20日,町内の宮本建設作業場で行われ,11人の協会員が包丁などの刃物研ぎとまな板の削り直しを行った。

 この日は町民63人が包丁199,はさみ21丁,まな板26枚を持ち寄った。会員はグラインダーや砥石(といし)を使い,ていねいに包丁やはさみを研いだ。まな板も削り直して新品同様によみがえった。

   -略-
 福田会長は「会員は減少しているが,今後も続けていきたい」と話していた。(広橋基嗣通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月24日6時49分の記事


[PR]

b0171771_04313496.jpg
陸別町保健センター=2014年7月撮影

 3月16日,陸別町社会福祉協議会主催の今年度最後の ふれあい昼食交流会 が,町保健センター多目的室で開かれた。
 今回は「町のイベントについて」と題し,町産業振興課の工藤康孝主任が講話した。
 この後,用意したパッチの競技盤でパッチを体験しました。


b0171771_03421006.jpg
参考写真:めんこ(パッチ)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%81%E3%82%93%E3%81%93


 十勝毎日新聞が, 「町のイベントに理解深める 陸別・ふれあい昼食会」 と伝えています。

 【陸別】町社会福祉協議会(澤村壽展会長)主催の今年度最後のふれあい昼食交流会が16日,町保健センター多目的室で開かれた。


 今回は「町のイベントについて」と題し,町産業振興課の工藤康孝主任が講話した。工藤主任は日産カップオールジャパンパッチ選手権大会やりくべつ鉄道まつり,オフロードレース,しばれフェスティバルなど町内を代表するイベントをスライドを使って紹介。しばれフェスティバルについては「寒さの中での準備は苦労するが達成感がある」と語った。


 参加者の多くは「イベントは知っているが,参加したことはない」と話していた。この後,用意したパッチの競技盤でパッチを体験。


   -略-

(斎藤朋子通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月23日18時30分の記事


[PR]