<   2016年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧


b0171771_07483763.jpg
写真:アイヌ住居チセに飾られた漆器類(北海道開拓記念館)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8C%E6%96%99%E7%90%86


 昨年12月17日,浦幌町公民館講座「初心者アイヌ文化伝承教室」が町中央公民館で開かれ,12人が アイヌ料理作り に挑戦しました。
 厚内在住の差間正樹さんが講師となり,やぶ豆とイナキビのご飯,三平汁の元となったサケや野菜の汁物,焼きザケ,凍ったイモとドングリの粉を固めたイモ団子の4品のアイヌ料理に取り組みました。


b0171771_07503508.jpg
浦幌町公民館=2012年6月撮影

 十勝毎日新聞が, 「アイヌ料理に挑戦 浦幌」 と伝えています。

 【浦幌】町公民館講座「初心者アイヌ文化伝承教室」が町中央公民館で開かれ,12人がアイヌ料理作りに挑戦した。

 厚内在住の差間正樹さんが講師となり昨年12月17日に開催。差間さんが「私の記憶のアイヌ料理。食材は地元産にこだわった」とあいさつ。やぶ豆とイナキビのご飯,三平汁の元となったサケや野菜の汁物,焼きザケ,凍ったイモとドングリの粉を固めたイモ団子の4品に挑戦した。

 出来上がった料理を試食した参加者は「ご飯のいなきび味が懐かしい」「やぶ豆はほこほこしておいしい」などと感激した様子。
   -略-
(広橋基嗣通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年01月05日22時30分の記事


[PR]

b0171771_14013096.jpg
参考写真:上村 愛子さん
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%9D%91%E6%84%9B%E5%AD%90


 1月7日,朝日放送(道内はHTB)で毎週土曜日に放送されている「朝だ! 生です旅サラダ」の番組収録が,中札内村の十勝野フロマージュで行われ,フリースタイルスキー・モーグル冬季五輪で5大会連続入賞の 上村愛子さんが出演 して,酪農王国・十勝のチーズを満喫しました。 
 2014年に現役を引退した上村さんは,スキーの練習でたびたび北海道を訪れていましたが,ゆっくり観光する時間はなかったということです。
 今回の番組は,「白い風景の中で楽しみたい」と冬の道内を満喫する内容で,チーズ好きの上村さんのリクエストに応え,十勝ではオールジャパンナチュラルチーズコンテストで農林水産省生産局長賞などを受賞した十勝野フロマージュでロケが行われました。


b0171771_14014065.jpg
十勝野フロマージュ(中札内村)=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「HTB番組『旅サラダ』中札内でロケ,上村愛子さんチーズ満喫」 と伝えています。

 【中札内】朝日放送(道内はHTB)で毎週土曜日に放送されている「朝だ! 生です旅サラダ」の番組収録が7日午前,村内の十勝野フロマージュで行われ,フリースタイルスキー・モーグル冬季五輪で5大会連続入賞の上村愛子さん(36)が酪農王国・十勝のチーズを満喫した。 

 2014年に現役を引退した上村さんは,スキーの練習でたびたび北海道を訪れたが,ゆっくり観光する時間はなかったという。今回の番組は「白い風景の中で楽しみたい」と冬の道内を満喫する内容。チーズ好きの上村さんのリクエストに応え,十勝ではオールジャパンナチュラルチーズコンテストで農林水産省生産局長賞などを受賞した同所でロケが行われた。
 上村さんはチーズの製造工程を工場で見学した後,同社の赤部紀夫会長が握るカマンベールのにぎりずしなどを試食。「ヨーロッパで食べ慣れた本格的な味から,和食のアレンジも食べることができ,チーズの楽しみ方が増えた」と喜んだ。
  -略-
 放送は16日午前8時から。
(小寺泰介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年01月07日13時20分の記事


[PR]

b0171771_19253734.jpg
参考写真:大谷翔平選手(日本ハム)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E7%BF%94%E5%B9%B3


 1月10日, 十勝管内の成人式 は,正月休みに実施した新得,広尾,陸別の3町を除く16市町村で一斉に行われます。
 2014年,飲酒した新成人が式典を妨げ,逮捕者も出た帯広市では今年も警備を増員して臨みます。
 各市町村とも「思い出重視」の趣向を凝らしたアトラクションを企画しており,地元ならではの記念品を続けているまちもあります。

 幕別町では,プロ野球の日ハム応援大使を務める大谷翔平選手のビデオメッセージが披露されます。

 また,池田町では,「ドリームズ・カム・トゥルー・ビンヤード」で収穫のブドウで作った十勝ワイン「山幸」が記念品として贈られます。

b0171771_19235248.jpg
十勝ワイン(池田町)=2014年1月とかちむらで撮影

 十勝毎日新聞が, 「成人式「思い出」大切に 10日16市町村で」 と伝えています。

 十勝管内の成人式は,正月休みに実施した3町(新得,広尾,陸別)を除く16市町村で10日,一斉に行われる。2014年,飲酒した新成人が式典を妨げ,逮捕者も出た帯広市では今年も警備を増員して臨む。一方,各市町村とも「思い出重視」の趣向を凝らしたアトラクションを企画しており,地元ならではの記念品を続けているまちも。今年の成人式の状況や,近年の傾向などをまとめた。


■飲酒対応

 帯広市では14年の新成人3人の逮捕を受け,昨年から運営人員を大幅に増やした他,明らかに飲酒した疑いのある成人については入場不可とし,警察にも協力を仰いでいる。昨年は飲酒が疑われる成人はおらず,初めて導入した呼気検査の使用も0人。今年は1660人に案内状を送付しており,市青少年課は「楽しみつつ,自覚を持ってもらって,何事もなく式を終えられれば」とする。

   -略-


■アトラクション

 幕別町では,プロ野球の日ハム応援大使を務める大谷翔平選手らのビデオメッセージを披露する。管内全体の傾向として,小・中学生の頃の集合写真などをスライドショーなどで披露するまちも多い。
 「第九の町」で知られる清水町は今年初めて,新成人とせせらぎ合唱団によるベートーベンの第九「歓喜の歌」の合唱を企画。町教委は「学齢期から第九を歌っていた人が多い。第九を町内でさらに広めてほしいとの声を受けた」とする。同じく初の試みとして,新成人全員が両親に向けて合唱を披露する,サプライズ企画を行う町もある。

   -略-


■記念品

 式当日に撮影した記念写真を贈る自治体が多い中,池田町は十勝ワインを記念品とし,今年は「ドリームズ・カム・トゥルー・ビンヤード」で収穫のブドウで作った「山幸」のハーフボトルを用意する。豊頃町は地元の陶芸サークルが作ったフリーカップ。士幌町では数年前から,士幌高校の生徒が町食品加工研修センターで作ったどらやきを贈っている。
(佐藤いづみ,関根弘貴,大谷健人,松田亜弓,菅生佳孝)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年01月07日11時44分の記事


[PR]
b0171771_08164211.jpg
とかるね入口表示=2014年8月撮影

 昨年12月19日,豊頃町の 旧統内小学校を活用した「とかるね」 で,オホーツク管内遠軽町を拠点に活動する音楽ユニット「ホラネロ」のコンサートが開かれました。
 実行委員会が主催し,フルートの谷藤万喜子さんとギターの本田優一郎さん夫妻の「ホラネロ」がデュエットで演奏しました。


 十勝毎日新聞が, 「息の合った演奏披露 豊頃・とかるねでコンサート」 と伝えています。


 【豊頃】旧統内小学校を活用した「とかるね」で,オホーツク管内遠軽町を拠点に活動する音楽ユニット「ホラネロ」のコンサートが開かれた。

 実行委員会(千葉貴一実行委員長)が主催し,昨年12月19日に開かれた。ホラネロはフルートの谷藤万喜子さんとギターの本田優一郎さん夫妻のデュエット。黒曜石(十勝石)の割れる音や流氷の音などを取り込んだ神秘的な曲や,懐かしく聞き覚えのある曲を息の合った演奏で披露した。最後の「こきりこ節」では,来場者も伝統的な楽器のこきりこやササラなどを手に演奏に加わった。
  -略-
(広橋基嗣通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年01月05日21時30分の記事


[PR]

b0171771_08561976.jpg
池田ワイン城標示=2011年8月撮影

 1月3日、池田町清見のワイン城 は、今年の初売りとなる 正月特別営業 を行いました。
 十勝管内外から200人近い大勢のワインファンが集まり,城内の販売店では今年の年号にちなんだ秘蔵のビンテージワインを2016円での抽選販売や福袋の販売を行われました。


b0171771_08495844.jpg
池田ワイン城=2011年8月撮影


 十勝毎日新聞が, 「ビンテージ求めてにぎわう 池田ワイン城正月営業」 と伝えています。


 【池田】ワイン城(町清見)は3日、今年の初売りとなる正月特別営業を行った。今年の年号にちなんで秘蔵のビンテージワインを2016円で抽選販売したり、福袋の販売を行ったりし、管内外から200人近い大勢のワインファンが集まった。

 午前10時の開店前から大勢が訪れ、早い人は同6時半ごろから来場。予定を15分ほど早めて営業を開始した。同10時半からの抽選販売には、2002年産を最後に生産されていないヤマブドウ100%の「アムレンシス」など、90年代後半~2000年代前半産の貴重な16本が並び、昨年より約20人多い約180人が参加。当たった人が次の人を抽選する形式で進行した。
   -略-

 この他、福袋の販売やホットグレープジュース、ワイン、豚汁の無料配布なども行われ、来場者は池田ならではの正月の味覚を楽しんでいた。
(大木祐介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年01月03日12時07分の記事


[PR]

b0171771_14272200.jpg
清水町図書館・郷土資料館=2014年1月撮影

 清水町図書館は来年1月6日から, 司書ら同館スタッフ選定の本3冊が入った 福袋60個 を貸し出します。
 1990年に開館し,今年25周年を迎えた清水町図書館が,2015年1月に記念企画として実施した福袋が好評だったことから継続事業として取り組みます。


 十勝毎日新聞が, 「1月6日から『本の福袋』貸し出し 清水町図書館」 と伝えています。


 【清水】町図書館(阿部剛裕館長)は来年1月6日から,司書ら同館スタッフ選定の本3冊が入った福袋60個を貸し出す。

 1990年に開館し,今年25周年を迎えた同館が今年1月に記念企画として実施した福袋が好評だったことから継続事業とした。

 「読めば幸せやってくる 本の福袋」と題して,同館の4人のスタッフが手分けして大人向け40個,子ども向け20個と,昨年の2倍の福袋を用意した。各袋には「おとうさんとよみたいえほん」「おじいちゃん,


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年12月30日6時30分の記事


[PR]

b0171771_08305316.jpg
池田町役場=2014年1月撮影

 池田町役場本庁舎の 耐震改修工事 が,12月25日までに終了しました。
 2010年に実施した耐震診断で防災拠点施設としての基準を満たしていませんでしたが,今回の改修で基準をクリアしました。
 現庁舎は1969年に建設,鉄筋コンクリート3階建てで延べ床面積約2400平方メートルです。
 耐震改修は,2015年5月に着工し,総事業費は約1億8000万円で,大半は国の緊急防災・減災対策事業債を充てました。


 十勝毎日新聞が, 「庁舎の耐震工事完了 池田 防災拠点の基準クリア」 と伝えています。


 【池田】町役場本庁舎の耐震改修工事が25日までに終了した。2010年に実施した耐震診断で防災拠点施設としての基準を満たしていなかったが,今回の改修で基準をクリアした。また,町は今月の町議会定例会議で庁舎整備の基金条例を制定しており,将来の改築にも備えていく。

 現庁舎は1969年に建設,鉄筋コンクリート3階建てで延べ床面積約2400平方メートル。耐震改修は5月に着工,総事業費は約1億8000万円で,大半は国の緊急防災・減災対策事業債を充てた。

 耐震改修では,外壁の南側と北側の計5カ所に鉄骨を交差させて強度を上げる「ブレース補強」を行った。庁舎の中央にある中庭のガラス窓4面のうち2面を耐震壁に変更。屋上のワインボトルをモチーフにした塔屋を解体,内部にあった受水槽も撤去した。

-略-

 一方,町は「庁舎等整備基金条例」を制定。来年度以降,毎年5000万円程度を積み立て,将来の改築に備えることにしている。改築の時期などは固まっていないが,基金は20年程度の積み立てを想定している。(末次一郎)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年12月28日7時00分の記事


[PR]

b0171771_05071235.jpg
旧仙美里中学校
=2014年1月,閉校記念式で撮影

 12月30日、スピードスケートの第40回全日本スプリント選手権大会最終日が、明治北海道十勝オーバルで行われました。
 男子は、本別町出身・ 旧仙美里中学校卒業の大和田司選手選手 が、初の総合優勝に輝きました。大和田選手は、旧仙美里中学校を経て、白樺学園高校、味のちぬや所属で
 3位に、池田高校出身の及川佑選手が入りました。
 なお,大和田選手の弟で本別高校卒業の大和田真選手は,総合14位でした。

◇第40回全日本スプリント選手権大会4種目総合(最終成績)
 ▽1位 大和田司(味のちぬや-北翔大、白樺学園高出)142.030=リンク新
 ▽2位 藤野裕人(法大)142.485
 ▽3位 及川佑(大和ハウス工業-山梨学院大、池田高出)142.855
 ▽14位 大和田真(日本建物管理-北翔大、本別高出)145.545

 女子は、幕別町出身で帯南商高卒業の 高木美帆選手 が自身初、十勝関係選手としては島崎京子以来18大会ぶりとなる女子総合優勝を果たした。
 2位は中札内中出身の押切美沙紀選手)、3位は神谷衣理那と十勝勢が表彰台を独占しました。

明治北海道十勝オーバル=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「高木美帆が初の総合優勝 全日本スプリントスケート最終日」 と伝えています。

 スピードスケートの第40回全日本スプリント選手権大会(日本スケート連盟主催)最終日は30日、明治北海道十勝オーバルで行われ、高木美帆(日体大-帯南商高出)が自身初、十勝関係選手としては島崎京子(三協精機-白樺学園高出)以来18大会ぶりとなる女子総合優勝を果たした。2位は押切美沙紀(富士急-駒大苫小牧高、中札内中出)、3位は神谷衣理那(高堂建設)と十勝勢が表彰台を独占した。

 男子は、大和田司(味のちぬや-北翔大、白樺学園高出)が初の総合優勝、3位に及川佑(大和ハウス工業-山梨学院大、池田高出)が入った。
(松村智裕、金野和彦)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年12月30日18時30分の記事


[PR]

b0171771_07365995.jpg
参考写真:アラモアナ・ショッピングセンター
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC


 ハワイで 十勝産小豆を使った 四角いあんパン が販売されています。あんパンは丸い形が当たり前。
 売り出したのは,アラモアナ・ショッピングセンターに店を持つ「BURG」で,昨年12月,JTBハワイの求めで,ホノルル・マラソンのランナーに配る十勝産小豆入りのあんパンを作りました。
 「おいしい。品の良い味」と,評判が良いので,常時,店に置くことになりました。


b0171771_07400504.jpg
本別産大納言小豆=2015年10月北海道フェアで撮影

 十勝毎日新聞が, 「十勝産小豆を使った四角いあんパン ハワイに」 と伝えています。

 「所変われば,品変わる」-。あんパンは丸い形が当たり前。ところが,ハワイには十勝産小豆を使った四角いあんパンがあった。

 売り出したのは,アラモアナ・ショッピングセンターに店を持つ「BURG」(本社札幌)。同店は昨年12月,JTBハワイの求めで,ホノルル・マラソンのランナーに配る十勝産小豆入りのあんパンを作った。「おいしい。品の良い味」と,あまりにも評判が良いので,常時,店に置くことに。
   -略-
 商品名は「Tokachi Mochi Cube」。(主筆・林光繁)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年12月30日11時21分の記事


[PR]
b0191190_08550767.jpg
参考写真:東邦音楽大学川越キャンパス
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E9%82%A6%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E5%A4%A7%E5%AD%A6


 12月21日,本別町出身のソプラノ歌手で帰省中の 川口千咲子さんが,母校の 本別中央小学校でコンサート を開き,後輩に歌声を披露しました。
 川口さんは1981年,本別町生まれ。本別中央小学校,本別中学校を卒業しました。
 川口さんは中学時代の音楽の恩師森みゆきさん(勇足中学校教諭)のピアノ伴奏で,「アヴェ・マリア」や「きよしこの夜」等を歌いました。


b0191190_08483434.jpg

本別中央小学校=2015年8月撮影


 十勝毎日新聞が, 「ソプラノ歌手川口さんが母校でコンサート 本別」 と伝えています。

 【本別】町出身のソプラノ歌手で帰省中の川口千咲子(ちさこ)さん=神奈川県在住=が21日,母校の本別中央小学校(帰山孝美校長,児童238人)でコンサートを開き,後輩に歌声を披露した。

 川口さんは1981年,本別町生まれ。本別中央小,本別中を卒業した。大学,大学院で声楽を学び,現在は母校の東邦音楽大学で声楽講師を務めている。オペラ公演や各種コンクールへの出場など幅広く活動している。

 コンサートは体育館で開かれ,一般の町民にも公開された。川口さんは中学時代の音楽の恩師森みゆきさん=勇足中教諭=のピアノ伴奏で,「アヴェ・マリア」や「きよしこの夜」「もろびとこぞりて」といったクリスマスソング,「ユーレイズミーアップ」などを歌い上げた。児童たちは透き通った伸びやかな歌声に聞き入っていた。児童と一緒に「翼をください」を合唱し交流する一幕もあった。2回のアンコールでは,東日本大震災の復興ソング「花は咲く」と「アメージンググレイス」を歌った。
   -略-
 初めて母校で歌った川口さんは「とても温かい気持ちになりました。元気いっぱいの後輩たちと触れ合えてうれしかった」と話した。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年12月22日22時12分の記事

◆川口千咲子さんのプロフィール
 東邦音楽学校で声楽個人レッスンを担当。
 1981年,本別町生まれ。本別中央小学校,本別中学校を卒業。
北海道教育大学札幌校教育学部芸術文化課程音楽コース声楽専攻卒業。東邦音楽大学大学院修士課程声楽専攻修了。畑野祥子,野田廣志,西井ひろえ,レアーレ・マルチェッラ,片岡啓子の各氏に師事。2008年三室戸学園創立70周年特別公演及び2009年めぐろオペラプロムナード五島記念文化賞オペラ新人賞研修帰国記念,東邦音楽大学オペラ定期公演「フィガロの結婚」の伯爵夫人役,2012年川越市制90周年記念・めぐろパーシモンホール開館10周年記念,東邦音楽大学オペラ定期公演「魔笛」パミーナ役,2014年三室戸学園創立75周年記念特別公演,東邦音楽大学オペラ定期公演「フィガロの結婚」伯爵夫人を演じる。第32回飯塚新人音楽コンクール入選。


[PR]