<   2016年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

b0171771_05075492.jpg
陸別町・道の駅オーロラタウン93りくべつ=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞社が2014~15年と2015~16年の 冬季の最低気温の調べ ,を独自にランキング化したところ,両シーズンとも1位はやはり 「日本一寒い町」は陸別 でした。
 対象は気象庁がデータを公表し,気温の観測を行っている管内19地点。「14~15シーズン」(14年12月1日~15年2月28日)と「15~16シーズン」(15年12月1日~16年1月14日)について調べました。
 一方,最低気温が高く,ランキング最下位(19位)となった“寒くない”地点は広尾でした。
 また,故郷本別は,今シーズン・昨シーズンとも9位でした。


 今シーズン(ポイント)

◇1位 陸別(91)
◇2位 幕別・糠内(171)
◇3位 とかち帯広空港(225)
◇4位 大樹(287)
◇5位 更別(288)
◇6位 中札内・上札内(305)
◇7位 足寄(323)
◇8位 芽室(347)
◇9位 本別(379)
◇10位 ぬかびら温泉郷(399)


 十勝毎日新聞が, 「陸別,日本一のしばれ健在 寒さランキング」 と伝えています。

 「十勝で一番寒いのは陸別」。これに異論は少ないだろう。では,2番目はどこか,「寒くない」のはどこか。十勝毎日新聞社が2014~15年と15~16年の冬季の最低気温を調べ,独自にランキング化したところ,両シーズンとも1位はやはり「日本一寒い町」の陸別だった。

 対象は気象庁がデータを公表し,気温の観測を行っている管内19地点。「14~15シーズン」(14年12月1日~15年2月28日)と「15~16シーズン」(15年12月1日~16年1月14日)について調べた。具体的には期間中の「日最低気温」についてその日ごとに順位付けし,1位は1ポイント,2位は2ポイントというように19位19ポイントまでを割り振り,総獲得ポイント数の少ない順に寒さをランキング化した。

 14~15シーズンは対象90日間のうち,約半分の44日で陸別が管内最低気温を記録し,1位に。特に12月上旬と2月下旬を除いた厳寒期の“強さ”が目立った。2位はぬかびら源泉郷。ランキング1位の日数は陸別に次ぐ11日で,寒さが本格化する12月上旬にトップとなった。3位は同7日の幕別町糠内だった。

 一方,最低気温が高く,ランキング最下位(19位)となった“寒くない”地点は広尾だった。管内で最も最低気温が高かった日数は,陸別が最も寒かった日を上回る50日間だった。18位は帯広だった。

 今シーズンの寒さ1位は陸別が独走状態。対象45日間のうち気温が最も低くなった日が32日あり,昨年を上回るペースで1位を“量産”している。昨年12月29日から今月13日までは,16日間連続で全国一の寒さだった。陸別の今季最低は12日の氷点下23・9度。15日には上川管内幌加内町朱鞠内(同28・9度)に今季の道内冷え込みトップの座を譲ったものの,「日本一寒い町」は健在だ。

 今季2位は幕別町糠内で,14日に1位となり,陸別の連続記録をストップさせた。3位は昨シーズン4位のとかち帯広空港。昨シーズン2位のぬかびら源泉郷は昨年12月上旬に気温の高い日が続き,例年のようなスタートダッシュを切れず10位にとどまる。

 「寒くない」ランキングは今季も広尾がトップ。最低気温が管内で最も高くなった日が,45日間中30日だった。「寒くない」は以下新得,鹿追と西十勝の2地点が続いた。
   -略-
(大谷健人)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年01月日時分の記事


[PR]

b0171771_04202170.jpg
本別中央公民館=2014年1月撮影

 1月16日,本別中央公民館で開催中の 帯広百年記念館移動展 「荘田喜與志とかち帯広の記録展」 の関連事業として,本別出身の帯広百年記念館学芸員・大和田努さんによる講演会が開かれました。
 大和田さんは,「十勝の写真・本別の写真を見る」と題して講演し,本別座が本別劇場として新装開館した町歴史民俗資料館所蔵の写真を紹介し,「写り込んだ映画名から上映した年を調べ,撮影した年を特定しました。さまざまな角度から写真を見ることで情報を引き出すことができる」と語りました。
 移動展には,25人が参加し,展示写真などから昭和の時代を振り返りました。

b0171771_04220695.jpg
帯広百年記念館=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「記録展の魅力を紹介 本別で百年記念館の大和田さん」 と伝えています。

 【本別】中央公民館で開催中の帯広百年記念館移動展「荘田喜與志とかち帯広の記録展」(2月18日まで)の関連事業として,町出身の同館学芸員・大和田努さん(30)による講演会が16日,同公民館で開かれた。25人が参加し,展示写真などから昭和の時代を振り返りながら,懐かしい街並みの写真に隠れたサインを探った。

 大和田さんは,「十勝の写真・本別の写真を見る」と題して講演した。本別座が本別劇場として新装会館した町歴史民俗資料館所蔵の写真を紹介し,「写り込んだ映画名から上映した年を調べ,撮影した年を特定できた。さまざまな角度から写真を見ることで情報を引き出すことができる」と語り掛けた。

 また,自ら撮った本別の現在の街並みもスライドで示し,「ふるさと銀河線が廃止になって今年で10年がたち,鉄道があった風景はなくなりつつある。『今』を記録することは重要」と強調した。
   -略-
(小寺泰介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年01月18日6時00分の記事


[PR]

b0171771_03491830.jpg
中札内高等養護学校=2014年8月撮影

 1月13日,献立作成や調理技術,衛生管理を総合的に審査する「北海道学校給食調理コンクール」が行われ, 中札内高等養護学校が十勝からは初の最優秀賞 に輝きました。
 村特産の枝豆や卵,鶏肉をふんだんに使うなど,地域の特色を生かしたメニューが評価されました。
 このコンクールは道教委と財団法人北海道学校給食会の主催で,十勝からは昨年は足寄町学校給食センターチーム,一昨年は清水町学校給食センターが優秀賞を獲得しています。

 十勝毎日新聞が, 「管内初,中札内高等養護が学校給食調理コンクール最優秀賞」 と伝えています。

 【中札内】献立作成や調理技術,衛生管理を総合的に審査する「北海道学校給食調理コンクール」(13日・札幌)で,中札内高等養護学校(西村泉校長)が十勝からは初の最優秀賞に輝いた。村特産の枝豆や卵,鶏肉をふんだんに使うなど,地域の特色を生かしたメニューが評価された。

 同コンクールは道教委と財団法人北海道学校給食会が主催。学校における食育の推進と,地場産物を食材に活用した特色ある献立を全道に広めることなどを目的に2013年から開いている。今年のテーマは「地場産物を活用したおいしい!和食給食」。1次で献立の栄養価を書類審査し6校に絞り込んだ後,北海道学校給食会を会場に13日に最終審査を行い,道教委や道農政部,小・中学校PTAの代表らが判定した。

 中札内高等養護からは,最終審査に栄養教諭の伊倉ひとみさん(25)と調理員の藤田勝彦さん(58)が出場。5分以内で献立を紹介し,調理をしながらチームワークや調理技術,味付けなどをアピールした。

 2人が作ったのは,村特産の素材を使った「枝豆ご飯」「卵の味噌(みそ)汁」「鳥じゃが」「長ネギとニラの酢味噌和え」の4品。いずれも生徒から人気を集めるメニューで,中でも「鳥じゃが」は本来牛肉や豚肉を使う「肉じゃが」を中札内若鶏に変えて作った。手間を惜しまず,だしも取り,風味付けにはバターも使用。
   -略-
 十勝からは昨年は足寄町学校給食センターチーム,一昨年は清水町学校給食センターが優秀賞を獲得している。(小寺泰介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年01月16日9時32分の記事


[PR]
b0171771_05251488.jpg
十勝牛とろ丼標示=2015年8月,清水町とかち亭で撮影

 1月17日、全国各地の名物丼を集めた「全国ご当地どんぶり選手権」の結果発表が、東京ドームで行われました。
 来場者による投票の結果、清水町御影の十勝スロウフードが製造する 「十勝牛とろ丼」が過去最高の 3位に入賞 しました。
 7回目の今回は予選を勝ち抜いた全国11の丼と、過去の大会で上位に入った牛とろ丼など4つのシード丼が登場し、1杯500円の丼を食べた来場者が気に入った丼にコインを投じ、順位を競いました。
 牛とろ丼は一昨年4位、昨年は5位でした。


「全国ご当地どんぶり選手権」結果
◇優勝 八戸銀サバトロづけ丼(青森)
◇2位 志布志発かごしま黒豚三昧(鹿児島)
3位 十勝牛とろ丼(北海道清水町)


b0171771_04431895.jpg
参考写真:東京ドーム
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0


 十勝毎日新聞が, 「十勝牛とろ丼3位 全国ご当地どんぶり選手権」 と伝えています。


 全国各地の名物丼を集めた「全国ご当地どんぶり選手権」の結果発表が17日、東京ドームで行われた。来場者による投票の結果、十勝スロウフード(清水町御影、藤田惠社長)が製造する「十勝牛とろ丼」が過去最高の3位に入賞した。

 地方の食、祭り、伝統芸能が一堂に集い、8日から同会場で開かれてきた「ふるさと祭り東京」(実行委員会主催)のメーンイベント。

 7回目の今回は予選を勝ち抜いた全国11の丼と、過去の大会で上位に入った牛とろ丼など4つのシード丼が登場した。1杯500円の丼を食べた来場者が気に入った丼にコインを投じ、順位を競った。

 牛とろ丼は一昨年4位、昨年は5位だった。
   -略-
 優勝は八戸銀サバトロづけ丼(青森)、2位は志布志発かごしま黒豚三昧(鹿児島)で、いずれもシード丼が占めた。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年1月18日 13時57分の記事


[PR]
b0171771_08024045.jpg
本別町民スケートリンク=2014年1月撮影

 1月9日,本別町教育委員会の体育館スポーツ学校「あかげら少年団」が,本別中央小学校の町民スケートリンクで,長靴アイスホッケーに取り組みました。
 長靴アイスホッケーは釧路管内釧路町で発祥した軽スポーツで,あかげら少年団は毎年活動に取り入れています。


 十勝毎日新聞が, 「長靴ホッケー楽しむ 本別・あかげら少年団」 と伝えています。


 【本別】町教委の体育館スポーツ学校「あかげら少年団」が9日,町民スケートリンクで長靴アイスホッケーを楽しんだ。

 長靴アイスホッケーは釧路管内釧路町で発祥した軽スポーツで,同少年団は毎年活動に取り入れている。

 この日は町内の小学3~6年の11人の児童が参加。本別中央小学校の金丸洵太教諭が指導に当たった。

 児童はヘルメットやひざ当てなどの防具を付け,おそるおそるリンク上へ。走ったり安全に転ぶ練習,パス・シュート練習などを行った後,2チームに分かれて試合を行った。ゲームは次第に熱を帯び,滑って転ぶ児童もいたが,楽しそうに段ボールの特製パックを追い歓声を上げていた。
   -略-
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年01月11日7時20分の記事


参考:長ぐつアイスホッケー

 長ぐつアイスホッケー(ながぐつアイスホッケー)は,スケートシューズの代わりに長靴を履いてプレーする,アイスホッケーの別形態。
 1978年に,北海道釧路町で冬期間の町民の運動不足解消のためにアイスホッケー元五輪選手,森嶋勝司らによって考案された。1チームは8人で構成され,前後半それぞれ5分間の10分間が1試合となる。スケートシューズではなく長靴を使用するため,リンク上では滑るのではなく走ることになる。そのため,転んだり絡み合ったりして,観客の笑いを誘う試合となる。スケートができない人でも参加することができる。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E9%9D%B4%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC


[PR]

b0171771_17382809.jpg
池田小学校=2014年1月撮影

 1月11日,池田小学校でのバードハウス作りが今年で10年目を迎え,最初に製作した4年生が20歳を迎えたことを記念した 「二十歳のバードハウス製作会」 が,池田小で行われました。
 新成人11人と当時の担任教諭ら4人が集まり,思い出を語り合いながらカラフルな巣箱を完成させました。
 完成したバードハウスは,近く道東自動車道の長流枝(おさるし)パーキングエリア(PA)周辺に設置されます。


b0171771_17370568.jpg
道東自動車道長流枝PA下り線施設 =2012年5月撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E6%B5%81%E6%9E%9D%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2


 十勝毎日新聞が, 「新成人が巣箱に再挑戦 池田小卒業生が10年ぶり」 と伝えています。


 池田小学校でのバードハウス作りが今年で10年目を迎え,最初に製作した4年生が20歳を迎えたことを記念した「二十歳のバードハウス製作会」が11日,同校で行われた。新成人11人と当時の担任教諭ら4人が集まり,思い出を語り合いながらカラフルな巣箱を完成させた。

 ネクスコ東日本北海道支社帯広管理事務所(樽井敏治所長)と,環境教育活動に取り組む帯広のNPO法人「フェザードフレンド」(新津秀幸理事長)の主催。道東自動車道沿線の管内の学校の中では同校が最初にバードハウス作りに取り組み,毎年4年生が製作を続けている。2006年からの10年間で同校児童が作ったバードハウスは累計386個で,このうち144個が長流枝パーキングエリア(PA)周辺などに設置されている。

 この日,新成人らは同校の木工作業室に集合。同事務所が用意した木製のキットを組み立て,赤,黄,青などの色を塗り,計15個のバードハウスを完成させた。最後には参加者一人ひとりが製作した巣箱を手にビデオ撮影に臨み,「学校が小さく感じた」「とても懐かしい」「楽しく遊んで」などと感想や在校生へのメッセージを語った。
   -略-
 完成したバードハウスは近く長流枝PA周辺に設置される。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年1月13日 14時04分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201601/20160113-0022732.php


[PR]

本別町,地産地消給食で道農政事務所長賞

b0171771_20215123.jpg
本別町学校給食調理場=2014年8月撮影

 「第8回地産地消給食等メニューコンテスト」 の学校給食・社員食堂部門で,本別町学校給食共同調理場が 道農政事務所長賞を受賞 しました。
 コンテストは,都市農山漁村交流活性化機構と全国地産地消推進協議会の主催で,全国で創意工夫のある地産地消の取り組みを表彰しています。
 本別では「ふるさと親子ふれあい給食」を毎年実施していて,地元産の豆や野菜,肉の素材を生かしたメニューを提供しています。
b0171771_20235652.jpg
本別中央小学校=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「地産地消給食で道農政事務所長賞 本別町学校給食調理場」 と伝えています。

 「第8回地産地消給食等メニューコンテスト」の学校給食・社員食堂部門で,本別町学校給食共同調理場が道農政事務所長賞に選ばれた。14日に同町内で表彰される。

 同コンテストは,都市農山漁村交流活性化機構と全国地産地消推進協議会の主催。全国で創意工夫のある地産地消の取り組みを表彰する。

 本別では「ふるさと親子ふれあい給食」を毎年実施しており,地元産の豆や野菜,肉の素材を生かしたメニューを提供している。子どもだけでなく保護者や教諭にも食べ物を作る苦労,命や時間の尊さを伝えていることが評価された。

 同事務所長賞は,全国表彰の入賞には及ばないものの,道内の優れた取り組みに対して昨年度から表彰。本別の他に,地産地消優良活動表彰でNPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト(釧路管内浜中町)と,留萌たこめし共和国(留萌市),地産地消給食等メニューコンテスト外食・弁当部門でJAあさひかわ(旭川市)の4件が選ばれている。
(関坂典生)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年01月12日10時52分の記事


[PR]

バルーンマンション
  
 1月9日夜,陸別町の「第35回しばれフェスティバル」のメーン行事「人間耐寒テスト」で,参加者が一夜を過ごす 氷のかまくら(バルーンマンション)の製作 が,厳寒の中で始まりました。
 しばれフェスは,2月6,7日・町内のウエンベツイベント広場で行われます。


 十勝毎日新聞が, 「バルーンマンション設営始まる しばれフェス 陸別」 と伝えています。


 「第35回しばれフェスティバル」(2月6,7日・町ウエンベツイベント広場=実行委員会主催)のメーン行事「人間耐寒テスト」で,参加者が一夜を過ごす氷のかまくら(バルーンマンション)の製作が9日夜,厳寒の中で始まった。

 この日,作業開始となった午後7時の会場の気温は氷点下13度。その後,同16度まで下がり,バルーンマンション造りにふさわしい冷え込みとなった。

 実行委員や役場職員ら約30人が続々と集まり,送風機で膨らませた直径2.5メートルのテント地の球体風船12基を会場に設置。「パオパオ」と呼ばれる農業用被覆資材をかぶせ,接地部分に雪を覆って固定させた。この後,洗車用の高圧洗浄機5台でバルーンに霧状の水をかけると,次第に氷の層が出来上がり,かまくらの原型が整った。作業は午後11時ごろまで続いた。

 バルーンマンションはイベント当日まで,夜間の作業で計100基を造る
   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年1月10日 14時31分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201601/20160110-0022713.php


[PR]
b0171771_07291906.jpg
本別町民スケートリンク(本別中央小)=2014年1月撮影

 1月3日, 第53回本別町スピードスケート記録会 が,本別中央小学校の町民スケートリンクで開かれました。
 幼児から高校生まで32人が出場し,自己記録の更新を目指して力走しました。


 十勝毎日新聞が, 「32人が力走 本別スケート記録会」 と伝えています。


 【本別】第53回町スピードスケート記録会(本別スケート協会主催,町教委後援)が3日,町民スケートリンク(本別中央小学校)で開かれた。幼児から高校生まで32人が出場し,自己記録の更新を目指して力走した。

 開会式では同協会の北口義美会長が,昨年12月末のスピードスケート全日本スプリント男子で総合優勝を果たした町出身の大和田司さんの活躍に触れ,「大和田選手を見習って頑張ってください」とあいさつ,本別中2年の井出望友さんが選手宣誓した。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年01月07日9時38分の記事


[PR]

b0171771_04431895.jpg
参考写真:東京ドーム
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0


 1月8日,全国各地のグルメや祭り,伝統芸能を一堂に集めた 「ふるさと祭り東京」 が,都内の東京ドームで開幕しました。
 メーンイベントの「第7回全国ご当地どんぶり選手権」には,清水町の十勝スロウフードが提供する「十勝牛とろ丼」がシード丼としてエントリーし,どんぶり日本一を目指しています。
 会場内では北海道グルメ31店舗がジンギスカンやラーメン,スイーツなどを提供しています。帯広の十勝ベリーファームも出店しています。


b0171771_05251488.jpg
十勝牛とろ丼標示=2015年8月,清水町とかち亭で撮影

 十勝毎日新聞が, 「十勝牛とろ丼が登場 全国どんぶり選手権開幕」 と伝えています。

 【東京】全国各地のグルメや祭り,伝統芸能を一堂に集めた「ふるさと祭り東京」(実行委員会主催)が8日,都内の東京ドームで開幕した。メーンイベントの「第7回全国ご当地どんぶり選手権」には十勝スロウフード(清水町)が提供する「十勝牛とろ丼」がシード丼としてエントリーし,どんぶり日本一を目指している。

 同選手権は名古屋コーチンや仙台の牛タンなどのご当地丼が勢ぞろいし,毎年人気を集めている。今年は過去の大会で上位入賞したシードどんぶり4品と予選会を突破したどんぶり11品がエントリー。来場者が食べ比べして投票し,最終日の17日に結果が発表される。会場内では北海道グルメ31店舗がジンギスカンやラーメン,スイーツなどを提供。十勝ベリーファーム(帯広)も出店している。

 十勝牛とろ丼は第5回から3度目の出場で,昨年に続きシード権を得た。今年は赤と黒の格子柄に「牛とろ」の文字をあしらった特製容器を用意し,来場者にアピールする。7日夕,報道関係者に出場どんぶりが先行公開され,温かい白飯の上で溶ける牛とろフレークのユニークな食感と味わいが注目された。
   -略-
(原山知寿子)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年01月08日21時00分の記事


[PR]