<   2015年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

b0171771_18504040.jpg
参考写真:JR北海道当時の駅舎(1989年3月)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E5%88%A5%E9%A7%85


 陸別町商工会が運営する「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」の取り組みが,10月23~26日に開催される 世界保存鉄道会議 (WATTRAIN=ワット・トレイン) の日本大会で紹介されることになりました。
 25日の本会議第1日には代表幹事団体交通協力会と大井川鐵道,26日の第2日には陸別町商工会と片上鉄道保存会が,日本を代表してプレゼンテーションを行います。

 日本大会には英国,米国,ドイツ,イタリア,オーストラリア,アルゼンチンの鉄道関係者ら30人余りが来日する予定で,日本からは日本鉄道保存協会の会員ら約50人が参加します。


b0171771_18561199.jpg
ふるさと銀河線りくべつ鉄道=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「りくべつ鉄道を世界にPRへ 世界保存鉄道会議 陸別」 と伝えています。

 【陸別】ふるさと銀河線りくべつ鉄道(町商工会運営)の取り組みが,世界保存鉄道会議(WATTRAIN=ワット・トレイン)の日本大会(23~26日,東京など)で紹介されることになった。発表する同鉄道の杉本武勝事務局長(54)は「国内外にりくべつ鉄道をPRする絶好の機会」と張り切っている。

 日本大会には英国,米国,ドイツ,イタリア,オーストラリア,アルゼンチンの鉄道関係者ら30人余りが来日する予定。日本からは日本鉄道保存協会(代表幹事団体・交通協力会,44団体)会員ら約50人が参加する。

 同協会にはJR各社の他,十勝関係ではふるさと銀河線りくべつ鉄道,NPO法人ひがし大雪アーチ橋友の会が加盟し,鉄道の保存活動に取り組んでいる。同鉄道が気動車の運転体験など「世界でも珍しい取り組みを行っている」(同協会事務局)として,杉本事務局長が日本代表のプレゼンテーターに選ばれた。


 26日午前,東京ステーションコンファレンスで開かれる会議2日目で約30分間,プレゼンテーションを行う。日本代表の発表は同鉄道を含め4例。

 当日は,1910(明治43)年の国鉄網走線開通,同池北線の廃止,第三セクター「ふるさと銀河線」の運行・廃止を経て,現在,動態保存に至った歴史的な経緯を紹介。鉄道が地域振興に果たしてきた役割や今後の事業展望などについても語る。
-略-

<世界保存鉄道会議>

 世界の歴史的な鉄道車両などの保存・活用を進める国際的な連合体。英国,ドイツ,米国,アルゼンチンなど世界各国の団体によって2001年,イギリスの国立鉄道博物館で第1回が開催された。03年以降は3年に1度,欧州や南米などで開催。日本での開催は初。日本は日本鉄道保存協会が09年のオーストラリア大会から参加している。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年10月15日 14時01分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201510/20151015-0022037.php


参考:世界鉄道研究会議

 世界鉄道研究会議(せかいてつどうけんきゅうかいぎ)は,世界各国の鉄道技術者が参加してその研究に関する成果を発表する,鉄道に関するものとしては世界最大の国際会議である。英語のWorld Congress on Railway Researchが正式名称であり,その略からWCRRと通称されている。

概要[編集]

 1992年10月に,鉄道総研の創立5周年記念行事として,東京・新宿で「鉄道総研国際講演会 - 世界の鉄道における現状と将来」と題する国際セミナーが開催された。イギリス・フランス・アメリカなど,この時の参加国による意見交換をきっかけとして,各国で持ち回りで鉄道研究に関する国際会議を開催することが決定,WCRRの組織委員会が結成され,1994年11月のフランスを皮切りに,数年おきに開催されている。
 会議のプログラムは,各国の研究者による学術論文の発表をはじめ,パネルディスカッション・講演・鉄道関係企業やメーカーのブースが並ぶ展示会などで構成されている。特定の分野に限定せず,鉄道関係の研究全体を対象にした国際会議であることが大きな特徴となっている。日本からは,鉄道総研の研究者やJR各社の技術開発部門の社員が参加し,発表を行っている。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E9%89%84%E9%81%93%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A%E8%AD%B0


[PR]
b0171771_7581391.png
参考写真:フラメンコのバイラオーラ(女性の踊り手)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Belen_maya.jpg

 本別町・本別高校出身のギターリスト 森美津子さんの演奏 を紹介します。
 森美津子ギター演奏「マラゲーニャ」(5分21秒)は、下記URLをクリックすると,演奏の映像(動画)が再生されます。

http://www.youtube.com/watch?v=aJlCWbtkii0

森美津子プロフィール
b0171771_00335412.jpg北海道本別町出身。
ギターを吉田光三、宇田川禎一に、作曲を清水脩の各氏に師事。
'73年、'76~'78年までスペインに渡り、国立オスカーエスプラ音楽院に学ぶ傍ら、J.L.ゴンサレス、J.トーマス、カサセンペレ(楽理)に師事。この間アルコイにてコンサートを行い、アリカンテ、エステーリャにて国際ギター講習会を受講。
'78年東京で帰国リサイタルを行い、'85年、'88年台湾にてコンサートと講習会を行う。以後、数多くのコンサート等を行い、後進の指導にもあたっている。
埼玉県アーティストボランティアバンク会員。
CD「森美津子ギターファーストアルバム」発売中。


[PR]

更別IC付近の帯広・広尾自動車道=2014年7月撮影


 帯広開発建設部は、高規格幹線道路「帯広・広尾自動車道」更別インターチェンジ(IC)-忠類大樹IC間の開通後半年の状況をまとめ、10月13日に公表しました。
 開通後半年が経過した帯広・広尾道の更別-忠類大樹IC間。 帯広川西IC以南の 交通量は3割増加 しました。
 7~9月の土・日曜の交通量を調査した結果、帯広川西IC以南の交通量は約3割増加し、十勝地域住民の利用が7割強を占め、南十勝との交流が促進されていると分析しています。


b0171771_19510972.jpg
帯広・広尾自動車道川西出口=2014年7月撮影

 十勝毎日新聞が, 「交通量1・3倍に 帯広・広尾道延伸で」 と伝えています。

 開通後半年が経過した帯広・広尾道の更別-忠類大樹IC間。帯広川西IC以南の交通量は3割増加した

 帯広開発建設部は、高規格幹線道路「帯広・広尾自動車道」更別インターチェンジ(IC)-忠類大樹IC間の開通後半年の状況をまとめた。7~9月の土・日曜の交通量を調査した結果、帯広川西IC以南の交通量は約3割増加。十勝地域住民の利用が7割強を占め、南十勝との交流が促進されていると分析している。

 13日午前に公表した。3月に開通した更別-忠類IC間の1日平均交通量は4500台、忠類-忠類大樹IC間は同3700台だった。

 延伸に伴い、既存区間の交通量は増加。中札内-更別IC間は1日平均5600台と開通前の昨年同時期(3500台)と比べ約1・6倍に達した。帯広川西-幸福IC間、幸福-中札内IC間はそれぞれ8400台、7700台と昨年同期比で約1・2倍となった。帯広ジャンクション(JCT)-帯広川西IC間は微増だった。

 シルバーウイーク期間の9月20日午前7時~午後7時には、帯広川西ICで交通量調査を実施。広尾方面に向かう車両の76%が帯広ナンバーで、札幌11%、室蘭6%と続いた。札幌・釧路方面は帯広ナンバーが56%で、札幌は27%だった。同時間帯の交通量は、広尾方面5610台、札幌・釧路方面1130台。
-略-
(池谷智仁)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年10月13日12時30分の記事


[PR]

b0171771_20381964.jpg
りくべつ銀河の森天文台(下写真も)=2015年8月撮影

 10月8日,りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台の運営協議会が,町役場会議室で開かれ,天文台の事務局から,各種観望会や「陸別スターライトフェスティバル」など今年度実施済みのイベントについて報告,今後のイベント計画の概要について説明がありました。
 計画によると,11月14日に開催予定の「驚き!おもしろ科学実験2015」では, 「理科年表」編集最高責任者の 堀内洋平氏による講演会 を開催します。

b0171771_20390275.jpg
115cm望遠鏡「りくり」

 十勝毎日新聞が, 「11月に「理科年表」編集最高責任者招き講演会 陸別・天文台運営協議会」 と伝えています。
 【陸別】りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)の運営協議会が8日,町役場会議室で開かれた。

 同天文台や町教委,小中学校などから13人が出席。同天文台の事務局が,各種観望会や「陸別スターライトフェスティバル」など今年度実施済みのイベントについて報告,今後のイベント計画の概要について説明した。

 計画によると,11月14日に開催予定の「驚き!おもしろ科学実験2015」では,「理科年表」編集最高責任者の堀内洋平氏による講演会を開催する。

 来年2月3~14日には,恒例の「オーロラウイーク2016」を開催,カナダ・イエローナイフからのオーロラを生中継する他,東京・新宿のオーロラ展とも連動する。

 町内小中学校の児童・生徒を対象にした「出前授業」は11月13,28の両日に開催。名古屋大,北大,北見工大の講師陣らが天文や気象などの自然科学を分かりやすく教える。

 委員からは「天文台の運営を支援する天文サークルを立ち上げてはどうか」「観望会などのイベントを通じて,ボランティアの輪が広がればいい」などの意見が出された。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年10月09日19時30分の記事


[PR]
b0171771_03162843.jpg
参考写真:北海道大学総合博物館(旧理学部本館)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6

 10月10,11の両日,十勝地区農協青年部協議会の「とかち農業・絆プロジェクト」の一環で,北海道大学農学部の学生9人が十勝を訪れました。 北大生は農家にホームステイ して農業体験しました。
 このプロジェクトは,札幌圏の消費者に農業への理解を深めてもらう取り組みとして2012年にスタートし,一昨年,北大生との意見交換の中で農業体験をしたいとの希望があり,昨年から管内農家の協力で学生を受け入れています。
 10日は新得の友夢牧場を視察し,その後,帯広,幕別,陸別,更別の畑作農家,酪農家5戸に分かれ,1泊のホームステイをしながら農作業を体験しました


b0171771_03161756.jpg
友夢牧場(新得町)=2014年7月撮影

 十勝毎日新聞が, 「『絆プロ』で北大生来勝 十勝農協青年部協」 と伝えています。

 十勝地区農協青年部協議会(前多幹夫会長)の「とかち農業・絆プロジェクト」の一環で,北海道大学農学部の学生9人が10,11の両日,十勝を訪れ,農家にホームステイして農業体験に臨んだ。

 同プロジェクトは,札幌圏の消費者に農業への理解を深めてもらう取り組みとして2012年にスタート。一昨年,北大生との意見交換の中で農業体験をしたいとの希望があり,昨年から管内農家の協力で学生を受け入れている。

 10日は新得の友夢牧場を視察。その後,帯広,幕別,陸別,更別の畑作農家,酪農家5戸に分かれ,1泊のホームステイをしながら農作業を体験した。

   -略-

 前多会長は「卒業後いろいろな分野で活躍する学生に,農業の現場を見てもらうことが大事。将来,肌で感じたことをそれぞれが発信してもらえれば」と期待した。(丹羽恭太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年10月13日08時54分の記事


[PR]

b0171771_13040266.jpg
参考写真:九州大学伊都キャンパス
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%A4%A7%E5%AD%A6

 10月9日,足寄町役場を,町と地域交流協定を締結している 九州大学の久保千春総長が訪問 し,安久津勝彦町長相互交流に向けた意見を交換しました。
 足寄町内に九州大の北海道演習林があることから,町と九州大農学研究院は2006年4月,地域交流に関する協定を締結しています。
 この日,久保総長は,九州大と町の共催による講演会の開催に合わせ,初めて来町しました。

足寄町役場=2014年8月撮影


 十勝毎日新聞が, 「九州大学の久保総長が来町 足寄」 と伝えています。


 【足寄】町と地域交流協定を締結している九州大学の久保千春総長(67)が9日,町役場に安久津勝彦町長を訪ね,相互交流に向けた意見を交換した。

 町内に同大の北海道演習林があることから,町と同大学農学研究院は2006年4月,地域交流に関する協定を締結。久保総長は同日,同大と町の共催による講演会の開催に合わせ,初めて来町した。

 久保総長は町長室で安久津町長から町行政や産業の概要などついて説明を受けた。この後,JAあしょろの「あしょろチーズ工房」(道の駅足寄湖)や温泉熱を利用して試験栽培しているイチゴハウス(町新町),農産物直売所「寄って美菜」(道の駅あしょろ銀河ホール21)などを視察。

-略-
 久保総長は「北海道演習林は66年の長い歴史を持ち,生態系の変化の研究など大学にとって重要な拠点。教育の場の提供も含めて,今後も足寄の産学官連携をさらに進めていきたい」と抱負を述べた。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年10月10日17時00分の記事


[PR]

北海道立農業大学校構内=2011年8月撮影


 10月17日,本別町西仙美里の北海道立農業大学校の学生が生産・加工した 農畜産物を販売する「農大市」 が,学生ホールで開かれます。
 当日はタマネギ,ジャガイモ,豆類,ゴボウなどの農産物,農大産黒毛和牛肉などを格安で販売します。
 毎年人気を集めている同大の加工品ブランド「仙美里ケ丘」では,イチゴジャムやカボチャパン,ソーセージ,ベーコン,ゴーダチーズ,アイスクリームを用意し,恒例のジャガイモ詰め放題のイベントも行われます。

 私(ブログ作成者)
は,首都圏に来るまで農大の近くに住んでいました。しかし,当時は農業講習所の時代で,「農大市」のような催しはありませんでした。
 帰郷の折,「仙美里ケ丘」アイスクリーム(上写真)を試食し,とてもおいしいので,驚きました。
 農大の収穫を,地元に還元していくことで,これからも地域に根ざした学府になっていきここと思います。

「仙美里ケ丘」アイスクリーム=2011年7月撮影


 十勝毎日新聞が, 「17日に農畜産物販売 本別・農大市」 と伝えています。


 【本別】道立農業大学校(中島隆宏校長,町西仙美里25)の学生が生産・加工した農畜産物を販売する「農大市」が17日,同校学生ホールで開かれる。

 当日はタマネギ,ジャガイモ,豆類,ゴボウなどの農産物,農大産黒毛和牛肉などを格安で販売する。毎年人気を集めている同大の加工品ブランド「仙美里ケ丘」では,イチゴジャムやカボチャパン,ソーセージ,ベーコン,ゴーダチーズ,アイスクリームを用意。恒例のジャガイモ詰め放題のイベントもある。
  -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年10月15日06時31分の記事


[PR]

b0171771_05080750.jpg
本別公園・義経の里=2011年7月撮影

 10月11日,初秋の野山を駆け抜けるJOYFIT第6回北海道・十勝トレイルランニング が,本別公園・義経の里特設会場で開かれました。
 約200人のランナーが紅葉の景色を楽しみながら,心地よい汗を流しました。
 本別町では昨年に続き2回目の開催で,仙美里モップの沢,義経山,神居山を回るロング(14.7km),義経山を登る起伏に富んだミドル(13km),神居山を回る初心者向けのショート(2.7km)の3コースを設定して,年齢,性別に分かれ7種目が行われました。
 完走後,ランナーには,本別名物・豚汁の「ジャンボ義経鍋」が振る舞われました。


b0171771_05100626.jpg
参考写真:トレイルランニング
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0


 十勝毎日新聞が, 「鮮やか十勝 紅葉を行く トレイルラン 本別」 と伝えています。


 【本別】初秋の野山を駆け抜ける「JOYFIT第6回北海道・十勝トレイルランニング」(十勝毎日新聞社主催,本別町共催)が11日,本別公園・義経の里特設会場で開かれた。約200人のランナーが紅葉の景色を楽しみながら,心地よい汗を流した。

 本別町では昨年に続き2回目の開催。仙美里モップの沢,義経山,神居山を回るロング(14.7キロ),義経山を登る起伏に富んだミドル(13キロ),神居山を回る初心者向けのショート(2.7キロ)の3コースを設定。年齢,性別に分かれ7種目が行われた。

 地元十勝をはじめ,札幌や釧路など道内各地,東京,神奈川からも参加。開会式に続き,午前10時にロング,ミドルが,同10時15分にショートがそれぞれスタートした。参加者は記録狙いでトップスピードで走ったり,紅葉や山頂からの眺望を楽しんだりして,思い思いのペースで山道を駆け抜けた。

   -略-
 完走後,ランナーには本別名物「ジャンボ義経鍋」(豚汁)が振る舞われた。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年10月11日 13時41分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201510/20151011-0022018.php

参考:トレイルランニング
 トレイルランニング(英: Trail running)は、陸上競技の中長距離走の一種で、舗装路以外の山野を走るものをさす。トレランやトレイルランと略される。

概要[編集]
 不整地を走るランニングスポーツとしては、以前からクロスカントリーがある。欧米では盛んだが日本ではあまり知られていない状態であった。その後マラソンブームや登山ブームの波にのって、両者の要素を併せ持つ「トレイルランニング」が知られるようになっている。
 日本においては、様々な経緯からか、本来の英語のTrail runningの意味からずれたものも含めて広くトレイルランニングと表現していることが多くみられるので注意を要する。
  -略-
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0


[PR]

b0171771_07572162.jpg
道の駅★ステラほんべつ横の跨線橋=2014年8月撮影

 10月3日,十勝郵便局長会十勝東部会が,道の駅★ステラほんべつ周辺で 清掃ボランティア活動 を行いました。
 十勝東部会は池田,浦幌,本別,足寄,陸別の5町17局で構成され,毎年秋に5町持ち回りで地域貢献の一環として清掃活動を行っています。
 一行は,清掃ボランティア活動の後,本別公園内の本別ビーフハウスに移動し,焼き肉を囲んで懇親会を開きました。


b0171771_07542454.jpg
本別郵便局=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「郵便局長会が道の駅で清掃奉仕 本別」 と伝えています。

 【本別】十勝郵便局長会十勝東部会(会長・池田一彦池田郵便局長)は3日,道の駅★ステラほんべつ周辺で清掃ボランティア活動を行った。

 同会は池田,浦幌,本別,足寄,陸別の5町17局で構成。毎年秋に5町持ち回りで地域貢献の一環として清掃活動を行っている。

 この日は午前10時に,局長やその家族ら32人が集合。火ばさみ,ごみ袋を手に約1時間,木の枝や枯れ葉,ペットボトルなどを拾い集めた。

   -略-
 池田会長(50)は「地域への感謝の気持ちを込めて行っている。今後も何らかの形で地域に貢献していきたい」と話した。

 この後,本別公園内の本別ビーフハウスに移動,焼き肉を囲んで懇親会を開いた。(谷口まどか通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年10月05日19時30分の記事


[PR]

b0171771_19382292.jpg
参考写真:エゾシカ=塘路駅付近、2006年4月撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%BE%E3%82%B7%E3%82%AB


 10月9日,帯広市議会定例会は,農林水産業費を審議し, 昨年度有害鳥獣駆除で エゾシカを393頭捕獲 したことを報告しました。
 2012年度と比較して100頭以上増加した一方,有害鳥獣被害額は昨年度9452万円で,前年度まで続いた1億円を割りました。
 背景に捕獲成功報酬が従来の市とJAの5000円に,国の緊急補助による8000円が加わったことがあり,農村振興課は「ハンターの捕獲意欲が伸びたのが理由とみられる。」と答弁しました。

b0171771_19424749.jpg
帯広市議会(帯広市役所
)=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「エゾシカ393頭捕獲 被害額1億円割れ 市の昨年度有害駆除」 と伝えています。

 帯広市議会定例会は9日午前,農林水産業費を審議した。市は昨年度,有害鳥獣駆除でエゾシカを393頭捕獲したと報告した。

 2012年度と比較して100頭以上の増加。一方,有害鳥獣被害額は昨年度9452万円で,前年度まで続いた1億円を割った。背景に捕獲成功報酬が従来の市とJAの5000円に,国の緊急補助による8000円が加わったことがあり,農村振興課は「ハンターの捕獲意欲が伸びたのが理由とみられる」とした。横山明美氏(市政会)への答弁。

   -略-
(安田義教)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年10月09日13時51分の記事


[PR]