<   2015年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

b0171771_19381657.jpg
帯広大谷短期大学(音更町)
=2015年8月撮影

 帯広大谷短期大学は、全学的に 手話教育に取り組む 方針で、今年度の後期から講義を開き、来年度から単位化させる予定です。

b0171771_20452155.jpg 十勝管内では新得、鹿追の両町が既に手話条例を制定し、帯広市も条例制定を目指すなど手話を言語として位置付けていく動きがある中で、大谷短大もこの流れに乗り、地域貢献していく考えです。 9月4日から帯広を中心に開かれる「第27回全国ろうあ高齢者大会」で、大谷短大の学生は、ボランティアとして参加します。
 帯広大谷短大は、7月にとかちプラザで開かれた「手話フェスティバル in おびひろ」に参加し、学生たちが手話コーラスを披露しました。


右図:日本手話の「山」
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%8B%E8%A9%B1

 十勝毎日新聞が, 「帯大谷短大 手話を単位化」 と伝えています。


 【音更】帯広大谷短期大学(田中厚一学長)は、手話教育に全学的に取り組む方針だ。今年度の後期から講義を開き、来年度から単位化させる予定。管内では新得、鹿追の両町が既に手話条例を制定、帯広市も条例制定を目指すなど手話を言語として位置付けていく動きがある中で、同短大もこの流れに乗り、地域貢献していく考え。同短大の学生は、4日から帯広を中心に開かれる「第27回全国ろうあ高齢者大会」にボランティアとして参加する。

 全国的に見ても十勝の手話に対する動きは早く、新得町が昨年、全国の町村で初めて条例を制定するなど言語としての重要性が認識されてきている。帯広大谷短大は7月にとかちプラザで開かれた「手話フェスティバルinおびひろ」に参加。学生たちが手話コーラスを披露し、会場を感動で包み込んだ。

 こうした中、同短大は28日スタートの後期から初めて手話の講義を自由開講する。今年度は単位認定はされないが、手話フェスティバルやボランティアなどに参加した2年生にも受けてもらえるよう配慮する。来年度からは一般教養科目として単位化し、正規の講義として設ける予定だ。

 将来的には、福祉や介護など専門職に就く学生だけでなく、日常生活の中でも「手話が使える社会人」の養成を目標に、1人でも多くの学生に手話を身に付けてもらえる環境づくりを目指す。

 手話講義のカリキュラムなどを担当する同短大の岡庭義行副学長は「学生には社会生活のあらゆる場面で、手話を必要とする人に対応できるような社会人になってもらいたい」と期待する。

-略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年9月3日 14時01分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201509/20150903-0021749.php


[PR]

b0171771_04162529.jpg
肉のマルホン本寺牧場=2015年8月撮影

 本別町上本別にある「肉のマルホン本寺牧場」が,同時に BBQ(バーベキュー)ハウスをオープン をオープンし,管内外の常連客も多く人気を集めています。
b0171771_04161039.jpg 店舗の豚や和牛の味付け肉,味付けホルモンなどを購入し,その場で炭火で焼いて楽しめます。和牛2000円(200グラム),豚ロース味付き500円(300グラム),豚ホルモン300円(200グラム)など。  れんが造りの焼き台は,定員は15人で,使用料は炭代込みで1人200円です。


 私(ブログ作成者)は,今年8月に肉のマルホン本寺牧場に立ち寄りました。朝早かったので、まだ開店前でしたが,焼き台などを案内していただきました。
 時間がなかったので,残念ながら焼き肉をすることができませんでした。次の機会には,ゆっくり楽しみたいと思います。

b0171771_04163778.jpg
BBQ(バーベキュー)ハウス=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「肉のマルホンBBQハウスがオープン 本別」 と伝えています。

 ◆肉のマルホン本寺牧場BBQ(バーベキュー)ハウス(本別町上本別31ノ8,本寺良子代表)
 4月末に開店した同牧場の直営店と同時オープン,管内外の常連客も多く人気を集めている。同店舗の豚や和牛の味付け肉,味付けホルモンなどを購入し,その場で炭火で焼いて楽しめる。

 れんが造りの焼き台で定員15人。使用料は1人200円(炭代込み)。和牛2000円(200グラム),豚ロース味付き500円(300グラム),豚ホルモン300円(200グラム)など。希望すればモヤシやタマネギ,キャベツなど野菜類も用意する。

 「グループで利用すればおいしい肉を安く食べられます」と本寺代表(67)。時間は午後9時まで。1日前までの事前予約が必要。利用時間は午後9時まで。問い合わせは同0156・22・1212。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年09月01日06時30分の記事


[PR]

b0171771_19492071.jpg
足寄産のイチゴソフト=2015年8月撮影

 JAあしょろが町新町の温泉熱ハウスで試験栽培している イチゴを使った菓子パンを開発 しました。
 NPO法人あしょろ観光協会が今月12日から,道の駅あしょろ銀河ホール21の売店で販売します。朝摘みイチゴを使った加工品は,町内で初めてで,ブランド化と消費拡大が期待されています。      
b0171771_19562738.jpg このイチゴは信州大学によって開発された新品種「信大BS8-9」(右写真)で,イチゴの端境期である夏秋を中心に開花し初冬まで収穫することができます。味が濃く糖度が高いのが特徴です。


 私(ブログ作成者)は,今年8月,帰省の折道の駅足寄で「いちごソフトクリーム」を食べました(上写真)。すると,イチゴの味の濃いことにビックリ!もちろん,美味しいことは当然です。
 横で,イチゴを買い求めて食べている旅行者も,同様に「味が濃いですね。本当に足寄で採れたんですか…。」と驚いていました。
 地道に新種の開発に研究を続けてきたことで,大きな成果があったと納得しました。
 次回の帰省で,「朝摘みいちごのデニッシュ ラフレーズ」を食べてみたいと思います。

b0171771_19550093.jpg
JAあしょろ=2015年8月撮影


 十勝毎日新聞が, 「朝摘みイチゴで菓子パン 温泉熱で栽培 足寄」 と伝えています。


 【足寄】JAあしょろ(新津賀庸組合長)が町新町の温泉熱ハウスで試験栽培しているイチゴを使った菓子パンが開発された。NPO法人あしょろ観光協会(家常尚詞理事長)が今月12日から,道の駅あしょろ銀河ホール21の売店で販売する。同イチゴを使った加工品は町内で初めてで,ブランド化と消費拡大が期待されている。

 同イチゴは信州大学によって開発された新品種「信大BS8-9」。イチゴの端境期である夏秋を中心に開花し初冬まで収穫できる。味が濃く糖度が高いのが特徴。同JAでは2013年から,温泉熱を利用したハウス栽培を試験的に実施,14年は2棟5000株,今年度は4棟9000株を栽培している。


 通年で収穫できる同イチゴを活用しようと,同観光協会やJAあしょろ,町役場の各職員,町地域おこし協力隊の有志10人が集まりプロジェクトチームを組織。7月上旬から商品開発に向け会議を重ねてきた。


 2日,同銀河ホールレストランで6回目の会合が開かれ,商品名について協議。多くの候補の中から「朝摘みいちごのデニッシュ ラフレーズ」と決めた。「フレーズ」はフランス語でイチゴの意。

 パイ生地風のデニッシュの中にカスタードクリームとカットイチゴが入り,その上に生クリームとつや出しのナパージュでコーティングしたイチゴ(半個)が載っている。朝に収穫した完熟イチゴを使うのが特徴。価格は発売日までに決めるが,1個300円以内を想定。1日30個限定。


 プロジェクトメンバーとして商品開発を手掛けた同道の駅レストラン担当の荒町絵美さん(26)は「皆の意見を出し合って試行錯誤しながら,満足できる商品が出来上がった」と話す。

 また,同じくプロジェクトメンバーのJAあしょろ農産部次長の安田享司さんは「町内での加工品第1弾として期待している。朝摘みイチゴの特徴を引き出してもらいたい」と期待を寄せている。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年09月3日 13時57分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201509/20150903-0021748.php


[PR]

b0171771_11340482.jpg
とかち帯広空港フライト標示=2015年8月撮影

 日本航空が8月の1カ月間季節運航した 帯広-名古屋・中部線の搭乗率は88% に達し,前年実績の80.7%を大きく上回りました。9月1日にJALが公表しました。
 季節運航2年目を迎え,名古屋線の存在が浸透したほか,地域一丸での利用促進の取り組みが功を奏した形で,来年の継続運航に弾みがつきそうです。
 名古屋線は8月の月・水・金・日曜日の週4便(1日1往復),B737-800で運航し,5227人(昨年は4794人)が利用しました。搭乗率は帯広発86%,名古屋発は90%でした。

b0171771_12021497.jpg
JALとかち帯広空港カウンター
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「搭乗率88%に 季節運航の帯広-名古屋線」 と伝えています。

 日本航空(JAL)が8月の1カ月間季節運航した帯広-名古屋(中部)線の搭乗率は88%に達し,前年実績(80・7%)を大きく上回った。季節運航2年目を迎え名古屋線の存在が浸透したほか,地域一丸での利用促進の取り組みが功を奏した形で,来年の継続運航に弾みがつきそうだ。

 1日にJALが公表した。名古屋線は8月に週4便(1日1往復)運航し,5227人(昨年は4794人)が利用した。搭乗率は帯広発86%,名古屋発は90%だった。

 とかち帯広空港と同じく昨年から名古屋線の季節運航が始まった釧路空港の搭乗率は83・7%(同87・4%)。帯広・釧路の道東2空港合計の利用者数は8818人と,昨年(8542人)を上回った。

 JALは,昨年に比べ名古屋発の観光ツアー客が増加したことが,帯広-名古屋線の利用増に結びついたと分析。世界遺産登録10年を迎えた知床や北海道ガーデンショー,道東周遊型の旅行形態普及などが要因とみられる。

 地域も利用促進に積極的に取り組んだ。管内観光団体でつくる「とかち観光誘致空港利用推進協議会」を中心に,中京圏での観光プロモーションのほか,帯広まちなか歩行者天国など地域イベントでもPRした。

   -略-

 リピーター獲得に向け十勝住民対象のモニターツアーも実施した同協議会は「利用状況の詳細を分析し,将来的に通年運航の実現を目指していきたい」としている。(池谷智仁)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年09月02日11時01分の記事


[PR]

b0171771_08343776.jpg
中札内文化創造センター=2014年8月撮影

 9月6日,ピアニストの小黒絵美香さんが中心となって活動する「音の森会」が,中札内文化創造センターで「音の森コンサート ピアノとチェロの名曲に寄せて」を開催します。
 小黒さんはハンガリー国立リスト音楽院を卒業後,国内外の演奏会などで活躍しています。
 今回のコンサートには小黒さんと帯広出身のピアニスト黒木真弓さん,帯広で何度か演奏会を開いているチェリスト星野智也さんに加え,小黒さんと黒木さんの恩師で,妹が十勝に住むというピアニスト大平由美子さんが特別出演します。


 十勝毎日新聞が, 「9月6日に中札内で『音の森コンサート』」 と伝えています。


 【札幌】ピアニストの小黒絵美香さん(江別)が中心となって活動する「音の森会」は9月6日,中札内文化創造センターで「音の森コンサート ピアノとチェロの名曲に寄せて」を開く。

 小黒さんはハンガリー国立リスト音楽院を卒業後,国内外の演奏会などで活躍している。今回のコンサートには小黒さんと帯広出身のピアニスト黒木真弓さん,帯広で何度か演奏会を開いているチェリスト星野智也さんに加え,小黒さんと黒木さんの恩師で,妹が十勝に住むというピアニスト大平由美子さん(札幌)が特別出演する。

 プログラムはモーツァルトの「きらきら星変奏曲ハ長調K.265」,ショパンの「幻想即興曲Op.66」,ドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」ほか。チェロとピアノによる日本歌曲の合奏も予定されている。

 小黒さんは「それぞれ十勝に縁のある4人が,自然豊かな美しいホールで演奏できてうれしい。クラシックを身近に感じてもらえるよう,楽曲の解説やトークも交えたい」と話す。
   -略-
(浅利圭一郎)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年08月30日22時00分の記事


[PR]

b0171771_06184148.jpg
写真:練習帆船「日本丸」
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%B8%B8


 8月30日、独立行政法人航海訓練所の 練習帆船「日本丸」 (2570t)が、「十勝港まつり」が開かれている十勝港に着岸しました。
 「日本丸」の十勝港入港は初めてで、一般公開では大勢の家族連れらが乗船し、高さ40メートル以上のマストを見上げていました。
 「日本丸」は国が船員教育を目的に建造し、現在の船は2代目となります。全長110m、幅14mで、マスト4本のうちメーンマストは甲板からの高さが44.4mあります。


b0171771_06280322.jpg
十勝港ターミナル(広尾町)
=2014年8月撮影


 十勝毎日新聞が, 「練習帆船「日本丸」、十勝港に初入港 一般公開も 広尾」 と伝えています。


 【広尾】独立行政法人航海訓練所の練習帆船「日本丸」(2570トン)が30日午前、「十勝港まつり」が開かれている十勝港に着岸した。同船の十勝港入港は初めて。一般公開では大勢の家族連れらが乗船し、高さ40メートル以上のマストを見上げていた。

 「日本丸」は国が船員教育を目的に建造し、現在の船は2代目となる。全長110メートル、幅14メートルで、マスト4本のうちメーンマストは甲板からの高さが44.4メートルある。

 この日は数百人の来場者が見守る中、午前10時ごろに着岸。乗船した来場者は、同船の実習生たちから、帆の張り方や、操舵(そうだ)方法、海図作成などの説明を受けた。

   -略-

 同船は9月2日午前10時に十勝港を出港する予定。31日以降、乗船による一般公開や帆を張る練習はしない。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年8月30日 14時12分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201508/20150830-0021726.php


[PR]

利別川河川敷=2011年8月,本別大橋付近で撮影


 9月5日,本別の秋を彩る「第19回本別きらめきタウンフェスティバル」が,町内の利別川河川敷特設会場で始まりました。
 6日までの2日間,ステージイベントやポニーばんばレースなどのアトラクションをにぎやかに繰り広げます。
 初日は前日の雨も上がり,絶好のイベント日和になり,午前11時に開場し,地元をはじめ,道内外から家族連れや観光客らが続々と詰め掛けました。

ポニーの親子=2011年8月,本別「ひまわり牧場」で撮影


 十勝毎日新聞が, 「青空と実りの秋満喫 本別きらめきタウンフェス開幕」 と伝えています。

【本別】本別の秋を彩る「第19回本別きらめきタウンフェスティバル」(実行委員会主催,十勝毎日新聞社など共催)が5日,町内の利別川河川敷特設会場で始まった。6日までの2日間,ステージイベントやポニーばんばレースなどのアトラクションをにぎやかに繰り広げる。

 初日は前日の雨も上がり,絶好のイベント日和に。午前11時に開場し,地元をはじめ,道内外から家族連れや観光客らが続々と詰め掛けた。

 会場では地元の飲食店などが,豆など本別の食材を使ったメニューを提供した他,JA本別町青年部は町産の野菜を格安販売。町の友好都市・徳島県小松島市のアユの塩焼きや,釧路管内白糠町の海産物コーナーも人気を集めた。

  -略-

 5日は午後7時に開会式が行われ,同7時半から東十勝花火大会が開かれる。6日はポニーばんばレースや,FM-JAGAのステージショーなどが予定されている。
  -略-
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年09月05日13時29分の記事


[PR]

b0171771_04344475.jpg
写真:朝陽市の旧市街
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%99%BD%E5%B8%82


 民間の国際交流団体「朝陽友の会」は10月に,帯広市の国際友好都市・中国朝陽市に「植樹ボランティア交流訪問団」を3年ぶりに派遣します。
 日中関係の悪化などの影響で過去2年は中止していましたが,朝陽市側の要望もあって復活させました。
 これまでに延べ105人が参加し,エゾヤマザクラやモクゲンジ,モモなど457本を植樹しました。

b0171771_04332704.jpg
写真:エゾヤマザクラ(オオヤマザクラ)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%83%A9

 十勝毎日新聞が, 「朝陽交流3年ぶり 訪問団『友の会 帯広」 と伝えています。


 【帯広】民間の国際交流団体「朝陽友の会」(大友俊雄会長)は10月に,帯広市の国際友好都市・中国朝陽市に「植樹ボランティア交流訪問団」を3年ぶりに派遣する。日中関係の悪化などの影響で過去2年は中止していたが,朝陽市側の要望もあって復活した。9月14日まで,参加者を募集している。

 市と朝陽市は2000年に友好都市を締結。訪問団は民間レベルでの環境保護と交流促進などを目的に05年から植樹活動を行っていたが,10,13,14年は尖閣諸島をめぐる問題などにより中止していた。これまでに延べ105人が参加し,エゾヤマザクラやモクゲンジ,モモなど457本を植樹し,森に成長しているところもあるという。

 8回目の取り組みとなる今年は,10月21~25日の4泊5日の日程。朝陽市からの依頼により,同市内の育紅小学校の校庭に高さ6メートルほどの松を2本植える。現地市民との交流や北京市内の観光なども予定している。最少催行人数は6人。料金は合計参加人数が10人以上だと1人21万6000円,6~9人だと22万8000円。
-略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年08月29日 13時36分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201508/20150829-0021722.php


[PR]
b0171771_04001850.jpg
足寄町学校給食センター
=2015年8月撮影

 足寄町は子育てや教育支援のための 5億円の「町子育て安心基金条例」 制定案を9月1日開会の定例町議会に提案しました。
 基金の創設は安久津勝彦町長の4期目の公約で,基金の対象事業は出産祝い金贈呈事業,学童保育料無償化事業,小・中・高校生の学校給食費無償化事業,町営塾運営経費などです。
b0191190_03454980.jpg
足寄町役場=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「5億円の子育て基金 出産祝いや給食無償 足寄」 と伝えています。

 【足寄】町は子育てや教育支援のための5億円の「町子育て安心基金条例」制定案を1日午前10時開会の定例町議会に提案した。同条例案は総務産業常任委員会に付託され,定例会会期中に審議される。

 同基金の創設は安久津勝彦町長の4期目の公約。基金の対象事業は出産祝い金贈呈事業,学童保育料無償化事業,小・中・高校生の学校給食費無償化事業,町営塾運営経費など。

 これら一連の子育て支援政策を安定・継続的に行うための財源として,町財政調整基金から目的基金として取り崩す。子育て基金の取り崩し後の同基金残高は22億2100万円。

   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年9月1日 14時02分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201509/20150901-0021735.php


[PR]

b0171771_08201242.jpg
「ほんべつ寄席」紹介=2015年8月,本別町図書館で撮影

 8月29日,本別町芸術文化事業振興会,本別町教委が主催する「ほんべつ寄席」が,町中央公民館・大ホールで開かれました。
 会場には約300人の町民がかけつけ,三笑亭夢之助さんの話芸を堪能しました。
 夢之助さんは1949年,上川管内南富良野町出身で,北海高校を卒業しました。1983年に真打に昇進し,一時テレビ番組「笑点」の大喜利メンバーとしても活躍しました。
 寄席には他に,林家源平さんが落語,桧山うめ吉さんが三味線弾きうたいで小唄を披露しました。


 首都圏で暮らす 私(ブログ作成者) も,落語が好きで,池袋演芸場や浅草演芸ホールなどに出かけることがあります。寄席で落語や漫才を,生(なま)で聞くと,腹から笑えます。また,噺家の内輪話も聞けるのが楽しみです。(ただし,本当のことなのどうかは不明です…。)
 故郷・本別の皆さんが,お腹を抱えて笑っている姿が,目に浮かんできます。


 ほんべつ寄席の開催にあわせ,図書館では「落語コーナー」を設け,町民が落語に接する環境を整えてきました。私が図書館を訪問すると,司書の方が,そんな取り組みを紹介してくださいました。
 ほんべつ寄席の開催を機に,様々な企画を立てる発想も素晴らしいと感心しました。


b0171771_08203178.jpg
落語コーナー=2015年8月,本別町図書館で撮影

 十勝毎日新聞が, 「三笑亭夢之助さんの高座に300人 ほんべつ寄席」 と伝えています。

 【本別】「ほんべつ寄席」(町芸術文化事業振興会,町教委主催)が29日,町中央公民館・大ホールで開かれた。約300人の町民が三笑亭夢之助さんの話芸を楽しんだ。

 夢之助さんは1949年,上川管内南富良野町出身。83年に真打昇進。年2回,独演会を開いている他,テレビリポーターや司会業などで活躍している。

 高座では,にわか住職になったこんにゃく屋の主人が旅僧に禅問答を仕掛けられるという古典落語の「蒟蒻(こんにゃく)問答」を披露。観客はテンポある夢之助さんの軽妙な語りを堪能した。

 また,落語の「枕」では幼少時の故郷での生活ぶりや落語家を志す経緯などについて面白おかしく紹介し,観客の笑いを誘った。

 この他,林家源平さんが落語,桧山うめ吉さんが三味線弾きうたいで小唄を披露した。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年08月30日15時30分の記事


[PR]