<   2015年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

b0171771_15561322.jpg
宮本商産旧本社ビル=2014年7月撮影

 8月13日,宮本商産は「赤レンガ」の愛称で知られる同社旧本社ビル1階で, 1日限りのビアホールを開業 します。
 「赤レンガ」は1919年の建築で,当時,雑穀仲買から精米業,食品卸業に転換を図り,第1次大戦の好況を背景に財を成した初代の故宮本富次郎氏が建設し,平成時代に入っても事務所として活用されていました。
 企画は,市内の飲食店「ランチョ・エルパソ」と提携して実現されました。

b0171771_15560000.jpg
「ランチョ・エルパソ」=2012年6月撮影


 十勝毎日新聞が, 「宮本商産『赤レンガ』1日限りのビアホールに 帯広」 と伝えています。


 宮本商産(帯広,平征浩社長)は13日,「赤レンガ」の愛称で知られる同社旧本社ビル(帯広市西2南5)1階で,1日限りのビアホールを開業する。築95年の歴史を誇る同ビルをビアホールとして開放するのは初めてという。

 企画は市内の飲食店「ランチョ・エルパソ」と提携して実現させた。同店が提供する地ビール「麦日和」「クロウト」に加え,ハムやソーセージといったつまみをそれぞれ500円で提供する。
   -略-
 「赤レンガ」は1919年築。当時,雑穀仲買から精米業,食品卸業に転換を図り,第1次大戦の好況を背景に財を成した同社初代の故宮本富次郎氏が「札束を積んだ」(同社社史)という建物で,平成時代に入っても事務所として活用された。

 木骨レンガ造りで基礎部には縦横3尺(約90センチ)のコンクリートを打ち込み,数度の大地震にも倒壊することがなかった。文化庁職員も視察に訪れ,大正期の道東を代表する建築物の一つとして,国も注目している。同社では「歴史を感じながらビールを楽しんでもらえれば」としている。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年8月8日 13時54分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201508/20150808-0021594.php


[PR]

 

b0171771_03590298.jpg
ヒマワリ迷路=2014年8月撮影


b0171771_04025402.jpg 8月9日,本別町の美里別東中で,町民有志による手作りイベント 第10回本別ひまわり3000坪迷路 が始まりました。
 約1.5haの迷路会場では,5月下旬に種をまいたヒマワリが,約2mに育ち,鮮やかな黄色い花がじゅうたんのように満開をむかえています。
 午前10時15分から特設ステージで行われた開会式では,本別ひまわり愛好会の背戸田利光代表が「目標は3万人。何度も足を運んで楽しんでください」とあいさつし,地元の義経太鼓が勇壮な演奏を披露し,開幕を盛り上げました。
  背戸田利光代表(右写真)=2014年8月撮影

 来場者は早速,全長約2.5kmの迷路に挑戦しました。15分でゴールする人がいる一方,途中で迷って引き返すなど悪戦苦闘する人もいました。

b0171771_04023872.jpg

ヒマワリ迷路標示=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「見とれて惑うひまわり迷路開幕 本別」 と伝えています。

 町民有志による手作りイベント「本別ひまわり3000坪迷路」の第10回(本別ひまわり愛好会主催)が9日,町美里別東中で始まった。子供たちや家族連れ,観光客らが大勢訪れ,満開となったヒマワリの迷路を楽しんだ。16日まで。

 約1.5ヘクタールの迷路会場では5月下旬に種をまいたヒマワリが約2メートルに育ち,鮮やかな黄色い花がじゅうたんのように満開。来場者は早速,全長約2.5キロの迷路に挑戦した。15分でゴールする人がいる一方,途中で迷って引き返すなど悪戦苦闘する人もいた。

   -略-
 午前10時15分から特設ステージで行われた開会式では,同会の背戸田利光代表が「目標は3万人。何度も足を運んで楽しんでください」とあいさつ。地元の義経太鼓が勇壮な演奏を披露し,開幕を盛り上げた。

 開場時間は午前9時~午後5時。会場への入場は無料だが,迷路(トラクター幌馬車含む)は高校生以上200円,小・中学生100円。期間中,ポニーの乗馬体験やちびっこ縁日,熱気球の搭乗体験などが行われる他,特設ステージではカラオケ大会や歌謡ショーが開かれる。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年8月9日 14時02分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201508/20150809-0021601.php


[PR]

b0171771_19132931.jpg
アイヌ伝統工芸品=2014年8月本別町民俗資料館で撮影

 8月2日,第29回帯広市 アイヌ共同納骨堂慰霊祭 が,帯広市つつじが丘霊園内の同納骨堂前で行われ,参列した約60人が,献花や神に祈る儀式「カムイノミ」等を行い,先祖の冥福を祈りました。
 「カムイノミ」とは,アイヌ語でカムイ(神)に対して祈りを捧げる信仰儀礼です。
 1987年から行われていて,納骨堂に納められているアイヌの先祖323人の安らかな眠りを願っています。

b0171771_19114100.jpg
帯広市つつじが丘霊園=2012年6月撮影

 十勝毎日新聞が, 「先祖思いカムイノミ アイヌ共同納骨堂慰霊祭 帯広」 と伝えています。

 第29回帯広市アイヌ共同納骨堂慰霊祭(実行委員会主催)が2日,市つつじが丘霊園内の同納骨堂前で行われ,参列した約60人が先祖の冥福を祈った。

 1987年から行い,同納骨堂に納められているアイヌの先祖323人の安らかな眠りを願っている。

 この日は実行委の帯広アイヌ協会の笹村二朗会長が「戦争で亡くなった人が納骨堂に入っていることを忘れてはならない」とあいさつ。

 田中敬二副市長ら市の幹部3人も伝統の継続を呼び掛けた。

 献花と,神に祈る儀式「カムイノミ」が行われ,最後に帯広カムイトウウポポ保存会(酒井奈々子会長)の約20人が伝統舞踊をささげた。


上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年8月3日 14時49分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201508/20150803-0021556.php


[PR]

b0171771_18160020.jpg
十勝清水牛玉ステーキ丼メニュー=2014年8月撮影

 清水町の新・ご当地グルメ「十勝清水牛玉ステーキ丼(牛玉丼)」の町内提供店での年間の販売実績が,5年目にしてS 初めて3万食を突破 しました。
 7月の「新・ご当地グルメグランプリ北海道2015」で総合3連覇を果たすなど道内での知名度が急上昇しています。
 店別売り上げでは,観光バスを受け入れている「清水ドライブイン」が,全体の4割を占める1万2872食と,こちらも初の1万食台を記録しました。
 牛玉丼は,JA十勝清水町のブランド牛「十勝若牛」のステーキと,スクランブルエッグを特製のみそで味付けした企画開発型のご当地グルメで,2010年7月17日から町内の飲食店で提供しています。
b0171771_18124217.jpg
清水ドライブイン=2012年6月撮影


 十勝毎日新聞が, 「牛玉丼 初の3万食突破 清水」 と伝えています。

 【清水】町の新・ご当地グルメ「十勝清水牛玉ステーキ丼(牛玉丼)」の町内提供店での年間の販売実績が5年目にして初めて3万食を突破した。7月の「新・ご当地グルメグランプリ北海道2015」で総合3連覇を果たすなど道内での知名度が急上昇。牛玉丼地域活性化協議会(野崎勝敏会長)は「今後は町内をはじめ一般家庭での普及に力を入れていきたい」としている。

 牛玉丼は,JA十勝清水町のブランド牛「十勝若牛」のステーキと,スクランブルエッグを特製のみそで味付けした企画開発型のご当地グルメ。10年7月17日から町内の飲食店で提供している。

 同協議会では,牛玉丼をデビュー日の「7月17日」から「翌年7月16日」までを年間実績としてまとめている。1年目は町内9店で2万4345食を提供。2年目は12店で2万6418食。3年目も12店で2万5754食,4年目は提供店が11店となったが,食数は2万7742食に増えた。

 5年目となる14年7月17日~今年7月16日は,提供店8店となったが,ご当地グルメグランプリや,町内の十勝スロウフード(藤田惠社長)が製造する牛とろフレークを使った全国どんぶり選手権ベスト4の人気丼「牛とろ丼」を同時に味わうことのできる「アベック丼」も登場させたことで食事客の関心度も高まり,トータルで3万591食に。

 店別では観光バスを受け入れている「清水ドライブイン」が全体の4割を占める1万2872食と,こちらも初の1万食台を記録した。次いで「古母里」が5042食で,「ゆめあとむ」4448食,「風車」4334食などと続く。各店とも土,日,祝日の食事数が多く,同協議会では「町外から牛玉丼を求めて来町している」と分析する。
-略-
(大野篤志)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年08月04日07時00分の記事


[PR]

b0171771_05505888.jpg
JALエクスプレス・ボーイング737-800機
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0737#/media/File:JAL_B737-800(JA338J)_(6313784261).jpg

 8月2日,日本航空(JAL)の 帯広-名古屋(中部国際)線 の今年度の 季節運航を開始 します。
 名古屋線の運航は,8月31日まで,日・月・水・金曜に,1日1往復します。
 名古屋発が午前11時5分,とかち帯広空港発が午後2時40分。機材はボーイング737-800(165席)を使用します。


b0171771_06190425.jpg
とかち帯広空港=2011年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「2日名古屋線の季節運航開始」 と伝えています。

 日本航空(JAL)の帯広-名古屋(中部国際)線の今年度の季節運航が2日に始まる。31日まで,週4便運航する。

 名古屋線の運航は日・月・水・金曜に,1日1往復する。名古屋発が午前11時5分,とかち帯広空港発が午後2時40分。機材はボーイング737-800(165席)を使用する。

 7月31日時点の今年度予約状況は,名古屋発が8割台半ば,帯広発も8割を上回り,「昨年度の実績に迫っている」(JAL帯広支店)。2日の名古屋発の初便はほぼ満席だが,折り返し便は6割弱と苦戦している。昨年度の搭乗率は80・7%だった。

 十勝と中京圏(小牧)を結ぶ路線はJALの子会社が運航していたが,2010年10月に撤退。JALは昨年から,8月限定で季節運航を再開した。(池谷智仁)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年08月01日10時17分の記事


[PR]

b0171771_05252162.jpg
写真:ヤベオオツノシカ(国立科学博物館)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%84%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%82%AB
 
 1970年に忠類村(現・幕別町忠類)で発掘された 歯の化石は,絶滅した巨大ジカ「ヤベオオツノジカ」 のものであることが,北海道博物館の添田雄二学芸員らの調査で判明しました。
 発掘場所の地形年代などから約12万年前のもので,道内最古ということです。
 歯の化石は2.3cm×1.8cmで,忠類でのナウマンゾウ化石発掘調査の際に見つかりました。
 化石は,今まで,牛やシカの仲間である「偶蹄(ぐうてい)類」の歯の破片とされ,北海道博物館に所蔵されていましたが,詳細は不明でした。

b0171771_05253425.jpg
写真:北海道立開拓記念館(北海道博物館) 本館
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8

 十勝毎日新聞が, 「絶滅巨大ジカだった 幕別・忠類で発掘の歯化石」 と伝えています。
-■----------------------------------------------------------------------
 【幕別】1970年に忠類村(現・幕別町忠類)で発掘された歯の化石が,絶滅した巨大ジカ「ヤベオオツノジカ」のものであることが,北海道博物館(札幌)の添田雄二学芸員(42)らの調査で判明した。発掘場所の地形年代などから約12万年前のものとされ,道内最古という。

 歯の化石は2・3センチ×1・8センチ。忠類でのナウマンゾウ化石発掘調査の際に見つかった。長く,牛やシカの仲間である「偶蹄(ぐうてい)類」の歯の破片とされ,同館(当時は道開拓記念館)で所蔵していたが,詳細は不明だった。
 シカ研究が専門の群馬県立自然史博物館の高桒祐司学芸員(46)のもとに昨年夏,現物を持ち込み,高桒学芸員が形などから判定した。添田学芸員は「以前は確実な標本もなく,専門家もあまりいなかったため特定が難しかった。今回は専門家が可能性として種を絞り込んで調査したので分かった」としている。
 年代については,添田学芸員らが2008年に忠類で行ったナウマンゾウ再調査で,地形や火山灰の片大などから判定していた。
 同館によると,道内でのヤベオオツノジカの化石はこれまで空知管内由仁町で発見された角だけで,年代は約4万9000年前。同時期は氷河が発達した寒冷な時代に当たり,南方系の同シカが北海道にいた状況は謎とされていた。
 添田学芸員は「少なくとも約12万年前の温暖な時期に,ナウマンゾウなどと共に,十勝地方にまで分布を広げていたことが分かった。日本列島全体の後期更新世の大型シカ類の変遷を知る鍵になり得る」と話している。

<ヤベオオツノジカ>

 45~35万年前,ナウマンゾウなどとユーラシア大陸から日本南部に渡ってきたシカ類から発生し,1万5000年前ごろに絶滅したとされる。日本の固有種で,角の端が大きく手の平のように広がり,角までの高さは約2・5メートルに達する。
   -略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年8月1日 14時32分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201508/20150801-0021537.php


[PR]

参考写真:航空大学校帯広分校 のビーチクラフトA36
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Beechcraft_A36_Bonanza.JPG

 航空大学校帯広分校の訓練機墜落事故から丸4年たった7月28日午後0時半,航空大学校は芽室町上美生公園で 追悼式を実施 しました。
 式典には大学校の紀勝幸理事長や山宮分校長,在学生ら約70人が参列し,墜落現場の剣山(1205メートル)に向かって手を合わせ,再発防止を誓いました。
 事故は,帯広空港を離陸して訓練飛行をしていた訓練機が同山の南斜面に墜落。教官2人と学生1人が死亡,学生1人が重傷を負いました。


 十勝毎日新聞が, 「事故の教訓忘れない 航大機事故追悼式」 と伝えています。


 【芽室】航空大学校帯広分校(山宮真一分校長)の訓練機墜落事故から丸4年だった28日午後0時半,同大学校は町上美生公園で追悼式を行った。関係者が墜落現場の剣山(1205メートル)に向かって手を合わせ,再発防止を誓った。

 式典には同大学校の紀勝幸理事長や山宮分校長,在学生ら約70人が参列。公園内に設けられた祭壇に花を手向けた。
   -略-
 同事故は,帯広空港を離陸して訓練飛行をしていた訓練機が同山の南斜面に墜落。教官2人と学生1人が死亡,学生1人が重傷を負った。死亡した男性機長=当時(44)=が,山の存在を見過ごすなどの過失があったとして業務上過失致傷などの容疑で書類送検されたが,釧路地検は昨年10月に不起訴処分とした。
(丹羽恭太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年07月28日13時38分の記事

参考:航空大学校
 航空大学校(こうくうだいがっこう、Civil Aviation College)は、航空機操縦士を養成する教育訓練機関である。
 運輸省の付属機関として設立されたが、2001年(平成13年)4月1日に独立行政法人化され、国土交通省所管の独立行政法人航空大学校となった。当初は宮崎本校のみであったが、志願者の増加と共に、フライト課程を宮崎のみで行うことが困難になったため、仙台分校と帯広分校を設置し、訓練を分散化させた。
 募集人数が少なく、学力試験や航空身体検査が厳しいため入学試験の倍率は高い。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%AA%E7%A9%BA%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E6%A0%A1


[PR]

b0171771_17490447.jpg
雌阿寒岳火口底の青沼
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%8C%E9%98%BF%E5%AF%92%E5%B2%B3

 7月28日,札幌管区気象台が 雌阿寒岳の噴火警戒 を「レベル1(活火山であることに留意)」から レベル2(火口周辺規制)」に引き上げ たのを受け,足寄町は,登山口に看板を設置し,チラシで登山客への注意喚起に努めた。29日午前には登山道の7合目付近に立ち入り禁止のロープと看板を設けるなど,警戒を強めている。一方,周辺の宿泊施設は冷静に受け止め,宿泊客や予約客に警戒レベル引き上げを連絡するなどして対応している。
 職員が雌阿寒温泉,オンネトーの各コース登山口や同湖畔のキャンプ場管理棟,雌阿寒温泉駐車場のトイレなどに,7合目から上に立ち入らないよう求める看板を設置しました。

b0171771_17501177.jpg
雌阿寒温泉(野中温泉)=2011年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「登山客に注意呼び掛け 雌阿寒岳警戒引き上げ」 と伝えています。

 【足寄】札幌管区気象台が28日,雌阿寒岳の噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げたのを受け,町は同日,登山口に看板を設置し,チラシで登山客への注意喚起に努めた。29日午前には登山道の7合目付近に立ち入り禁止のロープと看板を設けるなど,警戒を強めている。一方,周辺の宿泊施設は冷静に受け止め,宿泊客や予約客に警戒レベル引き上げを連絡するなどして対応している。

 町は28日午後4時すぎ,職員が雌阿寒温泉,オンネトーの各コース登山口や同湖畔のキャンプ場管理棟,雌阿寒温泉駐車場のトイレなどに,7合目から上に立ち入らないよう求める看板を設置。「今後,突発的に小さな噴火が発生する可能性があり,噴石が飛散する恐れがある」との文言で注意を促した。

 また,ラジオや携帯電話の携行,火山活動の異常を知らせるサイレンが聞こえたら直ちに下山する-などを呼び掛けるチラシを,登山口にある登山者名簿の記入帳の近くに置いた。防災無線で町内に伝え,特定地域の携帯電話に情報を送信する「エリアメール」も活用した。

 この時期,多くの登山者が泊まる雌阿寒温泉の「山の宿野中温泉」では,宿泊中の登山客に対し,火口付近への立ち入りが規制され,頂上まで登れないことを説明。周辺の山などを紹介する一方,予約客にも電話で連絡した。野中祐子代表は「規制により,予約キャンセルなどの影響が出るかもしれない」と心配な表情も見せた。
   -略-
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年07月29日11時01分の記事


[PR]
b0171771_08000059.jpg

本別町西美里別地区=2014年6月撮影


 実践を通して生活の在り方を学ぶ本別生活学校(本別町西美里別)に,国際基督大高校の元教諭ら関係者が訪れ, 自然の中でキャンプ を行っています。
 訪れているのは,今年春まで同高校の教師を務めていた有馬平吉さんやかつてキャンプに参加した同高校のOG,その家族ら10人で,午前中は聖書について学び,午後からは農地で農作業に汗を流しています。

b0171771_07422266.jpg
写真:国際基督大高校
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%9F%BA%E7%9D%A3%E6%95%99%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1

 十勝毎日新聞が, 「国際基督大高校の関係者がキャンプ 本別生活学校」 と伝えています。

 【本別】実践を通して生活の在り方を学ぶ本別生活学校(町西美里別,主宰・林育雄さん・敏子さん夫妻)に,国際基督大高校(東京都)の元教諭ら関係者が訪れ,自然の中でキャンプを行っている。

 訪れているのは,今年春まで同高校の教師を務めていた有馬平吉さん(66)やかつてキャンプに参加した同高校のOG,その家族ら10人。友人を通して知り合った林さん夫妻と有馬さんが約30年前から,同高校の現役生徒を受け入れており,その数は延べ500人以上に上る。

 一行は27日夜に本別に入り,31日までの5泊6日の日程で滞在。午前中は聖書について学び,午後からは同学校の農地で農作業に汗を流している。

 28日は育雄さん(80)の案内で,広大な大豆畑や小麦畑,草地などを見学した。

-略-
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年07月30日06時45分の記事


参考:国際基督教大学高等学校

 国際基督教大学高等学校(こくさいきりすときょうだいがくこうとうがっこう)は,東京都小金井市にある私立高校。小金井市でも市域の最東端に位置し,三鷹市最西端にある国際基督教大学とは隣接する。ICU高校,ICUHS,ICUハイ,ハイ,キリ高,また単にICUと呼ばれることが多い。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(上写真も)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%9F%BA%E7%9D%A3%E6%95%99%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1


[PR]

b0171771_17130245.jpg
宇宙飛行士・山崎直子さん
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/5e/Naoko_Yamazaki.jpg/800px-Naoko_Yamazaki.jpg


 7月26日,宇宙飛行士山崎直子さんの講演会「宇宙,人,夢をつなぐ未来を担う子どもたちのために」が,帯広市内のとかちプラザで開かれました。
 帯広市が主催する親のための学習の場「帯広市家庭教育学級」の開設50周年記念事業で,山崎さんは講演で,スペースシャトル「ディスカバリー」に搭乗した体験談を交え,
親子連れなど約350人を前に,宇宙での生活などを話し,挑戦することの大切さを語りました。


b0171771_17150971.jpg
とかちプラザ=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「『出会いで新たな可能性』 宇宙飛行士山崎さんが講演 帯広」 と伝えています。

 【帯広】宇宙飛行士の山崎直子さん(44)を招いた講演会「宇宙,人,夢をつなぐ未来を担う子どもたちのために」が26日,帯広市内のとかちプラザで開かれた。山崎さんは親子連れなど約350人を前に,宇宙での生活などを話し,挑戦することの大切さを訴えた。

 市が主催する親のための学習の場「帯広市家庭教育学級」の開設50周年記念事業。山崎さんは東京大学大学院卒業後に宇宙開発事業団(当時,現JAXA)に入り,2011年に退職。現在は内閣府の宇宙政策委員などを務めている。

 山崎さんは講演で,スペースシャトル「ディスカバリー」に搭乗した体験談を交え,「宇宙にはたくさんの未知がある。将来のことは分からないが,人との出会いや体験で新たな可能性を見つけることができる」と述べた。

 また,宇宙での生活は無重力で上下の区別がないこと,虫歯になった場合は自分でペンチで抜く訓練をすることなどを話し,会場を驚かせた。

   -略-

 家庭教育学級では記念事業として,11月に三浦佑之さんを招いた講演会も開く。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年7月29日 13時42分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201507/20150729-0021514.php


[PR]