<   2015年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

b0171771_12003782.jpg
本別簡易裁判所(兼釧路
家裁本別出張所=2014年8月撮影

 本別町市街に5月, 弁護士事務所が開設 されることになりました。十勝管内の町村では唯一の事務所で,池北地区の司法過疎解消に貢献することが期待されます。
 開設されるのは,日本弁護士連合会などが弁護士過疎地解消を目的に運営する公設事務所「ひまわり基金法律事務所」で,5月上旬に開所の予定です。所長には,帯広柏葉高校出身の渡辺紘生弁護士が着任する予定です。


 十勝毎日新聞が, 「本別に法律事務所 管内町村で唯一」 と伝えています。


 【本別】本別町市街に5月,弁護士事務所が開設される。十勝管内の町村では唯一の事務所で,池北地区の司法過疎解消に貢献することが期待される。

 開設されるのは,日本弁護士連合会などが弁護士過疎地解消を目的に運営する公設事務所「ひまわり基金法律事務所」。5月上旬に開所の予定。所長には札幌の渡辺紘生弁護士(31)が着任する。

 渡辺氏は1984年帯広生まれ。帯広開西小,帯広第二中,帯広柏葉高卒。2007年に慶応大文学部を卒業後,立教大法科大学院に進み,11年に司法試験合格。道内の弁護士過疎地域に弁護士を派遣する「すずらん基金法律事務所」(札幌)で活動してきた。

 ロースクール進学当時から,過疎地での活動を目指していたという。「本別を中心に足寄や陸別など,これまで弁護士を頼るには帯広や北見まで行かなければならなかった町も含め,地域司法の過疎対策に取り組みたい。地域の活性化に少しでも貢献できれば」と抱負を語る。

 釧路地裁管内では弁護士の増加傾向が続くが,人口が多く地裁支部もある釧路,帯広,北見に集中している。家裁出張所・簡裁がある本別,オホーツク管内の遠軽,根室管内の標津の3町のうち,これまで弁護士事務所があったのは遠軽だけ。標津は約20キロ離れた中標津の3弁護士がカバーできる体制となっており,事実上,3町の中で本別が最も弁護士へのアクセスが悪かった。

 ひまわり基金法律事務所は2000年からこれまでに,全国100カ所余りに開設されている。このうち約4割で,2~3年の任期を終えた弁護士が地域に残って私設事務所に移行している。

   -略-
(丹羽恭太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年03月28日10時10分の記事


[PR]
b0171771_10072286.jpg
写真:香港島の繁華街(銅鑼湾)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E6%B8%AF#/media/File:Hong_Kong_de_noche.jpg

 JA中札内村は, 冷凍枝豆に続く加工品の本格的な海外輸出 に力を入れることになりました。
 3月18日に発売したご当地 インスタント麺「えだ豆ラーメン」「えだ豆うどん」など8品目を4月に香港へ発送し,現地の日本料理レストランで使用されることが決まりました。
 珍しさに加えて味も評判を得ている商品は,今後の販路拡大や枝豆の安定した輸出ルート開拓にも一役買うものとして期待が高まっています。
 香港では中国産枝豆が多い中,安全性と質の良さから日本産が注目されており,JA中札内村は2009年からこれまで約42トンを輸出してきました。

b0171771_10081739.jpg
写真:JA中札内村=2012年6月撮影

 十勝毎日新聞が, 「枝豆加工品を本格輸出 JA中札内村」 と伝えています。

 【中札内】JA中札内村(山本勝博組合長)は,冷凍枝豆に続く加工品の本格的な海外輸出に力を入れる。18日に発売したご当地インスタント麺「えだ豆ラーメン」「えだ豆うどん」など8品目を4月に香港へ発送し,現地の日本料理レストランで使用されることが決まった。珍しさに加えて味も評判を得ている商品は,今後の販路拡大や枝豆の安定した輸出ルート開拓にも一役買うものとして期待が高まっている。  香港では中国産枝豆が多い中,安全性と質の良さから日本産が注目されており,同JAは2009年からこれまで約42トンを輸出してきた。枝豆カレーも1000パックに限り出荷した。  一般社団法人さっぽろ産業振興財団の紹介で,昨年9月に同JA工場と枝豆畑を視察した新華日本食品(香港)の社長は枝豆にとどまらず加工品にも興味を持ち,20日に約半年ぶりに契約交渉のため同JAを再訪。同社が運営する日本料理レストラン「西村日本料理」(香港,中国,インドネシア)で同JAの商品を提供することが決まった。  第1弾はえだ豆ラーメンとうどん720袋ずつ,枝豆カレー200パック,ミニコロッケ120個,枝豆ペースト20パック,そのままえだ豆と冷凍ホウレンソウ200パックずつ,冷凍インゲン300パックの8品目を出荷し,好評であれば品目を増やしながら追加輸出していく予定。  枝豆の輸出に関しては,東日本大震災に伴う原発事故の影響で停止していたドバイ(アラブ首長国連邦)との取引が4年ぶりに再開。新たな販路としてベトナム,タイとも交渉を進めている。山本組合長は「海外から高い評価をもらえるのは大変うれしいこと。安定供給と販路拡大を目指していきたい」としている。(小寺泰介)

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版
/2015年03月26日07時30分の記事
[PR]