<   2015年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

写真:帯広畜産大学講堂=2011年8月撮影

 4月12日,帯広畜産大学吹奏楽部は,大講堂で スプリングコンサートを開催 します。新入生や地域住民に音楽の楽しさ,魅力を伝えようと,練習に励んでいます。
 コンサートは,新入部員の獲得や地域住民との交流を目的に毎年開催していて,今回は2年生15人,3年生13人にOB・OGを加え,約30人が出演します。


 十勝毎日新聞が, 「コンサートに向けて猛練習 帯広畜産大学吹奏楽部」 と伝えています。


 帯広畜産大学吹奏楽部(今村琴乃部長,部員28人)は,12日午後3時半から同大講堂でスプリングコンサートを開く。新入生や地域住民に音楽の楽しさ,魅力を伝えようと,練習に励んでいる。

 同コンサートは,新入部員の獲得や地域住民との交流を目的に毎年開催。今回は2年生15人,3年生13人にOB・OGを加え,約30人が出演。ディスニーメドレー,「銀河鉄道999」(スリーナイン)」などなじみの曲や,サックス5重奏,木管6重奏などのアンサンブルを披露する。

 通常は週3回の練習だが,3月下旬から1週間は同大講堂を借り切っての全体練習。1日は全員で音程や音のタイミングなどを確認した。今村部長は「技術面はもちろん,来場者に楽しい雰囲気を与えれるコンサートにしたい」と意気込んでいる。開場は午後3時。(高津祐也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年04月04日09時30分の記事


[PR]

 3月29日,大樹町内の建築関係職人で構成する「大樹技能者会」は,町福祉センターで「包丁研ぎ,まな板削り無料奉仕会」を開きました。
 この日は町民58人が包丁255丁,まな板24枚,はさみ11丁など290点を持ち込んだ。会員16人は,目や指先で刃こぼれや刃の反りを見極め,丁寧に包丁を研いでいました

b0171771_20495080.jpg
参考写真:出刃包丁(右から大出刃、中出刃、小出刃)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%85%E4%B8%81#/media/File:DebaBocho.Cleaver.Japan.jpg


 十勝毎日新聞が, 「ボランティアで包丁研ぎ 大樹技能者会」 と伝えています。


 【大樹】町内の建築関係職人で構成する「大樹技能者会」(越川宣昭会長)は3月29日,町福祉センターで「包丁研ぎ,まな板削り無料奉仕会」を開いた。

 今回で44年目。地域の住民に日ごろの感謝を込めて行っている。

 この日は町民58人が包丁255丁,まな板24枚,はさみ11丁など290点を持ち込んだ。会員16人は目や指先で刃こぼれや刃の反りを見極め,町民一人ひとりが愛着を抱く逸品に改めて命を吹き込んだ。

 受付には募金箱を設置。集まった2万2455円は同30日に町社会福祉協議会(木村彰一会長)に寄付した。(村上美智子通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年03月31日19時30分の記事


[PR]

b0171771_15245557.jpg
写真:和田工房(池田町和田ワイン店)=2014年6月撮影
 
 3月21日,JR池田駅近くの和田工房(和田ワイン店)で, 十勝石(黒曜石)の研磨体験 が行われました。
 さまざまな分野の専門知識を有する町内商店主らが講師を務める「まちゼミ」の一環で行われ,5人が参加しました。参加者たちは,磨き上げるとさまざまな色に輝く十勝石の魅力に触れていました。
 私(ブログ作成者)も,この記事を読んで,子どもの頃,故郷の本別でキラキラ光る「十勝石」を見つけては,宝物のようにして友達と自慢しあった経験を思い出します。

b0171771_15261127.jpg
写真:アメリカ合衆国オレゴン州レイク郡で採取された黒曜石
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E6%9B%9C%E7%9F%B3#/media/File:ObsidianOregon.jpg

 十勝毎日新聞が, 「『まちゼミで十勝石の研磨体験 池田」 と伝えています。


 【池田】JR池田駅近くの和田工房(和田ワイン店経営,和田一郎代表)で21日,十勝石(黒曜石)の研磨体験が行われた。参加者たちは,磨き上げるとさまざまな色に輝く十勝石の魅力に触れていた。

 さまざまな分野の専門知識を有する町内商店主らが講師を務める「まちゼミ」(町商工会主催)の一環で行われ,5人が参加した。

 今回の講師の和田さんは十勝石研磨の7工程を説明し,石専用の紙やすりや,切断・研磨のための機械なども紹介した。実際の石磨き体験では,参加者は石の表面が輝きを増す瞬間に見入っていた。

-略-

 同工房では十勝石と他の石を組み合わせて加工したブローチサイズのアクセサリーなども飾っている。和田さんは「気軽に見に来てもらえれば」と呼び掛けている。(水上由美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年03月27日08時00分の記事


参考:黒曜石

 黒曜石(黒耀石)(こくようせき,英: obsidian)は,火山岩の一種,及びそれを加工した宝石。岩石名としては黒曜岩(こくようがん)という。(略)
 黒曜石が古くから石器の材料として,広域に流通していたことは考古学の成果でわかる。例えば,伊豆諸島神津島産出の黒曜石が,後期旧石器時代(紀元前2万年)の南関東の遺跡で発見されているほか,佐賀県腰岳産の黒曜石に至っては,対馬海峡の向こう朝鮮半島南部の櫛目文土器時代の遺跡でも出土しており,隠岐の黒曜石はウラジオストクまで運ばれている。また北海道では十勝地方も産地として非常に有名で,北海道では現在でも「十勝石」という呼び名が定着している。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E6%9B%9C%E7%9F%B3


[PR]
b0171771_12270354.jpg
写真:愛国大橋から望む札内川
=2014年7月撮影

 帯広市は,市が製造・販売する 「おびひろ極上水」のパッケージを刷新 しました。帯広の空や清流をイメージさせる青が基調のシンプルなデザインで、「フードバレーとかち」のロゴマークを掲示しました。
 極上水は、札内川を源水とする稲田浄水場で作られた水道水をろ過処理するなどし、ペットボトルに詰めた商品で、水道水への理解を深めてもらおうと、2007年度に製造を始めました。
 昨年度、「フードバレーとかち」ロゴマークの商品への直接表示が可能となったため、刷新を検討していました。従来は写真を使っていましたが、新しいパッケージは青地に白の文字を際立たせ、インパクトを狙っています。青色は「帯広の澄み渡る青い空と札内川の清流」を表した。

b0171771_12272475.jpg
写真:帯広市稲田浄水場=2011年8月撮影


 十勝毎日新聞が, 「ラベルを一新 おびひろ極上水」 と伝えています。


 帯広市は「おびひろ極上水」のパッケージを刷新した。帯広の空や清流をイメージさせる青が基調のシンプルなデザインで、「フードバレーとかち」のロゴマークを掲示した。

 極上水は、札内川を源水とする稲田浄水場で作られた水道水をろ過処理するなどし、ペットボトルに詰めた商品。水道水への理解を深めてもらおうと、2007年度に製造を始めた。

 「フードバレーとかち」ロゴマークの商品への直接表示が昨年度可能となったため、刷新を検討。従来は写真を使っていたが、新しいパッケージは青地に白の文字を際立たせ、インパクトを狙った。青色は「帯広の澄み渡る青い空と札内川の清流」を表した。

 「帯広のうまさ 水にあり」とのキャッチフレーズも記した。市上下水道部は「食料生産の土台には良質な水がある。フードバレーをPRし、帯広のイメージアップにつなげたい」としている。

 極上水はこれまでに約50万本を製造。管内のホテルや病院、自動販売機など89カ所で販売している。価格は100円程度。パッケージの刷新は09年度以来2度目。(池谷智仁)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年04月02日10時51分の記事


[PR]

b0171771_20252566.jpg
写真:十勝牧場入り口のシラカバ並木=2014年7月撮影


 3月28日朝に放送されたNHK連続テレビ小説「マッサン」の最終回で, 音更町駒場の家畜改良センター 十勝牧場のシラカバ並木 で撮影されたシーンが再び放送されました。
 昨年9月放送の初回の導入部と同じシーンが,回想の場面としてラストで使われました。スコットランドの設定で,主役の亀山政春を演じる玉山鉄二さんと,妻エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスさんが並木道を走り抜けました。


 十勝毎日新聞が, 「マッサン最終回 十勝の風景再び」 と伝えています。


 【音更】28日朝に放送されたNHK連続テレビ小説「マッサン」の最終回で,家畜改良センター十勝牧場(町駒場)のシラカバ並木で撮影されたシーンが再び流れた。

 昨年9月放送の初回の導入部と同じシーンが,回想の場面としてラストで使われた。スコットランドの設定で,主役の亀山政春を演じる玉山鉄二さんと,妻エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスさんが並木道を走り抜けた。

 「もともと観光スポットだったので,マッサン効果で訪れる人や問い合わせが特に増えたとの印象はない」(同牧場総務課)というものの,視聴者には心に残る1シーンとなった。

 ドラマはシラカバ並木の他,十勝では鹿追町の然別湖北岸野営場でも撮影が行われた。(丹羽恭太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年03月28日11時54分の記事


[PR]

b0171771_10402098.jpg
写真:道の駅なかさつない=2014年1月撮影

 4月1日, 道の駅なかさつない 物産販売所「花水山(かすいさん)」 が,今シーズンの営業を開始し,道の駅は全面オープン を迎えました。
 花水山に入店する「畑のキッチンあんてぃー」「十勝野フロマージュ道の駅店」「千サルバトーレ12」と道の駅敷地内のJA中札内村産直販売所・道の駅店が,特産の卵や村内農家が販売したホウレンソウ,ニラなどの新鮮な野菜,アイスクリームやカレーライスなどの軽食を販売し,初日から帯広などのドライブ客らでにぎわっています。

b0171771_10394988.jpg
写真:物産販売所「花水山」=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「来場者にぎわう 道の駅なかさつない全面オープン」 と伝えています。

 【中札内】道の駅なかさつない物産販売所「花水山(かすいさん)」が1日,今シーズンの営業を始め,同道の駅は全面オープンを迎えた。

 花水山に入店する「畑のキッチンあんてぃー」「十勝野フロマージュ道の駅店」「千サルバトーレ12」と同道の駅敷地内のJA中札内村産直販売所・道の駅店が,特産の卵や村内農家が販売したホウレンソウ,ニラなどの新鮮な野菜,アイスクリームやカレーライスなどの軽食を販売し,初日から帯広などのドライブ客らでにぎわった。

 畑のキッチンあんてぃーでは,村内の北星農場で生産したそば粉(1キロ,1500円)やカマンベールチーズポークカレー(700円)など中札内農村休暇村フェーリエンドルフの商品,中札内田舎若どり各種など新商品を多数扱っている。道見ひろみ代表は「待ちに待っていたという声が多い。今シーズンも期待に応えて頑張りたい」と張り切っている。

 花水山の営業は午前9時~午後6時,JA直売所は午前9時半~午後5時で無休。問い合わせは同道の駅(0155・67・2811),JA直売所の問い合わせは同JA(0155・67・2119)へ。(小寺泰介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年04月02日07時30分の記事


[PR]
b0171771_14161466.jpg
帯広大谷短期大学=2014年6月撮影

 スピードスケートでバンクーバーとソチの両冬季五輪に出場した中札内村・中札内中学校出身の 石澤志穂さんが帯広大谷短大に合格 しました。石澤さんは一般入試で受験し,4日に合格が発表されました。
 専門は,生活科学科栄養士課程になります。


b0171771_14263870.jpg
石澤志穂さん出身の中札内村役場=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「石澤志穂さん 帯大谷短大合格 スケート五輪2大会出場」 と伝えています。

 【音更】スピードスケートでバンクーバーとソチの両冬季五輪に出場した中札内村出身の石澤志穂さん(28)が,帯広大谷短大に合格した。石澤さんは一般入試で受験し4日に合格が発表された。生活科学科栄養士課程で勉学に励む。石澤さんは「第二の人生もスケートと同じ情熱を持って頑張りたい。十勝のスケーターの底辺拡大のため,何らかの形で関わりたい」と話している。

 長年女子長距離界を引っ張ってきた石澤さんは中札内中学,駒大苫小牧高を卒業。2010年のバンクーバー五輪では3000メートル15位,5000メートルで9位に入った。所属先の廃部などを乗り越えて臨んだ14年のソチ五輪では,3000メートル9位,5000メートル12位の成績で,同年のシーズン限りで引退した。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年4月4日 13時48分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201504/20150404-0020720.php


[PR]

b0171771_20132009.jpg
新得町・けいら整形外科医院=2014年7月撮影

 4月1日から、新得町の けいら整形外科医院が 北斗病院などを運営する社会医療法人北斗の傘下に入り,「新得クリニック」に生まれ変わります。
 個人医院ではできなかった安定した医療供給が見込まれると同時に、町の地域包括ケアシステム確立へ大きく前進することが期待されます。

b0171771_20225251.jpg
帯広市・北斗病院
=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「新得クリニック開設、提携の狙いは 鎌田北斗理事長・計良院長に聞く」 と伝えています。

 【新得】けいら整形外科医院(新得町、計良基治院長)が4月1日から、北斗病院などを運営する社会医療法人北斗(帯広、鎌田一理事長)の傘下に入り、「新得クリニック」(計良院長)に生まれ変わる。個人医院ではできなかった安定した医療供給が見込まれると同時に、町の地域包括ケアシステム確立へ大きく前進することが期待される。今後の地域医療のモデルになり得る今回の提携の狙いなどを、鎌田理事長と計良院長に聞いた。
(丹羽恭太)


 -提携の背景と狙いは。

 鎌田氏 日本は2025年(団塊世代が後期高齢者に達する年)に向け、地域の医療・介護供給体制を組み立て直す大再編期に入っている。2次医療圏単位で、どのような体制が最適かという「地域医療構想」を向こう3年ぐらいで決めなければならない。

 これまでは個々の医療機関が良い意味で競争し、地域医療に尽くしてきたが、人口減少社会の中で求められるのは、競争ではなく協調。従前のように競争の中で地域の医療・介護供給体制をつくり上げるというのは経済合理性に欠け、継続性もない。地域の医療機関がいろいろな形態で連携しなければ、リアリティーある組み立てはできない。言い換えると「個別完結型」から「地域完結型」の医療へ変わらなければ。

 そこで計良先生と共に新得の地域医療に貢献していく形を考えたとき、別々にではなく、提携して一緒に進んでいくことがベストだろうと判断した。

 計良氏 従来の地域医療は私のような個人医院や町立病院が中心になってきたが、個人医院は院長が亡くなれば終わり。町立病院も医者が供給されなくなって困ることが多い。他の医療機関との連携を模索してきたが、母体が違う者同士では限界を感じていた。そこで、非常勤から始まって関係のあった北斗とのパイプをさらに太くすることで、地域の医療・介護を発展させられればと考えた。大きな組織との連携で地域の医療が安定し、レベルも間違いなく上がる。
   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年03月31日09時41分の記事


[PR]


 本別・足寄両町が国内住宅地図大手の「ゼンリン」と共同で編集作業を進めていた生活情報誌 暮らしのガイドブック2015保存版」 が3月に完成しました。
 完成したガイドブックは本別・足寄統合版のA4判52ページ,フルカラーで,両町26ページずつを割き,町相談窓口や各種手続き,税・年金,子育てや医療,福祉などの行政情報を網羅しています。
 本別町では防災情報として災害時の指定避難場所を,足寄町ではオンネトーなど町内の観光名所を写真付きで紹介しています。

b0171771_19370601.jpg
写真:オンネトー(後方は雌阿寒岳)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%88%E3%83%BC#mediaviewer/File:Onnneto.jpg

 十勝毎日新聞が, 「『暮らしのガイドブック』完成 本別・足寄 」 と伝えています。

 【本別・足寄】両町が国内住宅地図大手の「ゼンリン」(本社北九州市)と共同で編集作業を進めていた生活情報誌「暮らしのガイドブック2015保存版」が3月に完成した。

 完成したガイドブックは本別・足寄統合版のA4判52ページ,フルカラー。両町26ページずつを割き,町相談窓口や各種手続き,税・年金,子育てや医療,福祉などの行政情報を網羅した。また,公共施設などの主要施設一覧を表示するなど,暮らしに必要な行政情報を分かりやすくまとめた。

 本別町では防災情報として災害時の指定避難場所を,足寄町ではオンネトーなど町内の観光名所を写真付きで紹介している。

 ゼンリンとの共同編集のため地図情報も充実。両町の全体図を見開き2ページで掲載している他,中心市街地や農村部の詳細地図もエリアごとに掲載し,病院や郵便局,学校などの主要施設も盛り込んだ。両町の事業所の広告も掲載している。発行部数は両町合わせて9500部。4月に全戸配布する他,随時,転入世帯にも配る。

 本別町は企画振興課,足寄町は総務課の広報広聴担当職員が編集を担当した。両町の担当者は「暮らしに役立つ情報を網羅したので,活用してほしい」と話している。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年03月29日07時00分の記事


[PR]

b0171771_03393420.jpg
写真:りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台=2014年8月撮影

 

 4月4日午後7時半から,りくべつ宇宙地球博物館・銀河の森天文台は, 皆既月食観望会」開催 します。
 皆既月食が確認できるのは,昨年10月8日以来ほぼ半年ぶりです。
 4日は,午後7時15分から月が欠け始め,8時54分~9時6分は皆既月食となります。9時に皆既最大となり,地球の影の中に完全に入った美しい赤色の月が見えます。なお,10時45分には通常の満月に戻ります。

b0171771_23500919.jpg
参考写真:2014年10月8日の皆既月食
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Lunar_eclipse_of_2014_October_8.JPG


 十勝毎日新聞が, 「4月4日に皆既月食観望会 銀河の森天文台」 と伝えています。

 【陸別】りくべつ宇宙地球博物館(銀河の森天文台)は,4月4日午後7時半から「皆既月食観望会」を開く。皆既月食が確認できるのは昨年10月8日以来ほぼ半年ぶり。

 同7時15分から月が欠け始め,同8時54分~同9時6分は皆既月食となる。同9時に皆既最大となり,地球の影の中に完全に入った美しい赤色の月が見える。同10時45分には通常の満月に戻る。

 同天文台は同7時半からは説明会を開く。インターネット動画共有サービス「Ustream」で中継もあり,同天文台のホームページからアクセスできる。

 問い合わせは同天文台(0156・27・8100)へ。
(高津祐也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年03月25日11時35分の記事


[PR]