<   2015年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

本別町役場=2011年8月撮影


 4月15日,農業の担い手を育成する道立農業大学校の研究過程にこの春入学した, 若手農業者2人の激励会 が,本別町役場で開かれました。
 町とJA本別町が授業料を全額支援する初めての連携事業です。
 入学したのは,いずれも本別町内の畑作農家で働く戸田憲治さん,村瀬成徳さんの二人です。研究過程「農業経営研究科」の学生として2年間,農業に従事しながら実習や講義を通じて,経営管理能力や技術を習得することになります。

b0171771_13451054.jpg
北海道立農業大学校(本別町西仙美里)=2014年8月撮影

 
十勝毎日新聞が, 「若手農業者2人の農大校授業料を全額支援 本別町とJA連携」 と伝えています。

 【本別】農業の担い手を育成する道立農業大学校(町西仙美里25,加藤和彦校長)の研究過程にこの春入学した,若手農業者2人の激励会が15日,町役場で開かれた。町とJA本別町(田中敏行組合長)が授業料を全額支援する初めての連携事業。将来の農業後継者にエールを送った。

 入学したのは,いずれも町内の畑作農家で働く戸田憲治さん(28)=旭川市生まれ=,村瀬成徳さん(25)=帯広市生まれ=。研究過程「農業経営研究科」の学生として2年間,農業に従事しながら実習や講義を通じて,経営管理能力や技術を習得する。

 町や同JAではこれまでも同大に入校する生徒に対し「農業振興人材育成事業」として財政支援をしてきたが,今年度から制度の充実を図るため,研究過程の学生の授業料を全額支援することになった。

 激励会では,高橋正夫町長が「命を育てる農業に誇りと自信を持って,志を貫いてしっかりと学んでほしい」,田中組合長が「大学で学ぶ高度な知識や農業技術,人とのネットワークは財産になる。有効に生かしてほしい」と激励した。加藤校長は「他の学生にとってもいい刺激になる」と期待を寄せた。

   -略-
 2人は今月末まで校内で農畜産物の加工品作りの実習を行い,5~9月下旬まで農家で実習。9月末に復学して,財務管理やマーケティングなどの講義で学んだり,先進農家を視察したりする。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年4月17日06 30時分の記事


[PR]

b0171771_21100624.jpg
帯広畜産大学キャンパス=2014年8月撮影

 帯広畜産大学の新入生を対象とした羊の毛刈り実習が,音更町駒場の家畜改良センター十勝牧場で行われています。
 学生たちは初めての体験に悪しながらもバリカンを手に実習に臨んでいる。
 畜産大1年生を対象とした羊や豚,馬などの動物と触れ合う全学農畜産実習の一環で,羊の毛刈りは2002年度から,ほぼ毎年実施し,今年度は共同獣医学課程と畜産科学課程の新入生255人が,4月13日からクラスごとに体験しています。


b0171771_21065201.jpg
参考写真:ヒツジ/出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%84%E3%82%B8#/media/File:Flock_of_sheep.jpg


 十勝毎日新聞が, 「羊じたばた 毛刈りに汗 帯畜大新入生」 と伝えています。


 【十勝】帯広畜産大学(長澤秀行学長)の新入生を対象とした羊の毛刈り実習が,音更町駒場の家畜改良センター十勝牧場で行われている。学生たちは初めての体験に悪戦苦闘しながらもバリカンを手に実習に臨んでいる。

 同大1年生を対象とした羊や豚,馬などの動物と触れ合う全学農畜産実習の一環。羊の毛刈りは2002年度から,ほぼ毎年実施し,今年度は新入生(共同獣医学課程,畜産科学課程)255人が13日からクラスごとに体験している。

 14日は畜産科学課程の学生42人が参加。同牧場の業務第2課の河野博英さん(57)が毛刈りの実演を披露した後,6グループに分かれて実習。羊の体重は大きいもので約70キロあり,学生たちは時折,足をじたばたさせて暴れる羊に苦戦しながら,担当者の手を借りてあおむけに固定。皮を傷つけないよう慎重にバリカンを動かすと,白く柔らかな羊毛が現れた。最後は刈り取った毛の重さを計測した後,手で汚れを取り袋に詰めた。
   
 羊の毛刈りは22日までで,4月下旬からは同大で豚の飼育から加工までの実習が行われる。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年4月15日 13時47分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201504/20150415-0020812.php


[PR]

b0171771_05185305.jpg
ホッキョクグマ「イコロ」の解説標示=2012年9月撮影

 4月13日朝,繁殖のため東京都の上野動物園に移動する,おびひろ動物園のホッキョクグマ 「イコロ」が上野動物園に 向けて出発しました。イコロは,オスで,6歳になります。
 約30人のファンが集まり,職員と共に門出を見送りました。

 私(ブログ作成者)は,帯広に帰ると,よくおびひろ動物園に出かけ,ホッキョクグマを見たものです。イコロが帯広からいなくなりますが,これからは上野動物園で会いたいと思います。
 早くイコロの子どもが生まれることを願っています。

b0171771_05192989.jpg

3歳当時のホッキョクグマ「イコロ」=2012年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「ホッキョクグマの『イコロ』上野動物園へ出発」 と伝えています。

 繁殖のため東京都恩賜上野動物園に移動する,おびひろ動物園(高橋利夫園長)のホッキョクグマ「イコロ」(雄,6歳)が13日朝,上野動物園に向けて出発した。約30人のファンが集まり,職員と共に門出を見送った。

 イコロは輸送用のおりに入った状態でトラックに積まれ,午前6時すぎに動物園正門前へ。ファンは「元気でね」「会いに行くから」と声を掛け,別れを惜しんだ。その後,おりの上から毛布で包み込み,ビニールシートをかぶせて同6時45分に出発した。

 見送りに訪れた帯広畜産大学4年の高野潤さん(21)と稲森潤平さん(21)は「動物園ボランティアで関わってきた。いつか(イコロの)子供が帯広に来てくれたら」と話した。

 イコロが生まれた札幌市円山動物園の石橋佑規飼育展示二係長と,上野動物園の担当飼育係・乙津和歌さんも立ち会った。石橋係長は「本当に大きくなった。上野でも頑張ってほしい」と感慨深げ。乙津さんは「(カップリングを目指す)上野のデア(雌,6歳)は好奇心旺盛な性格。イコロと早く慣れるよう努力したい」と話した。

 イコロは新千歳空港を経由し,同日夕に上野動物園に到着する。検査などを経て約2週間後に一般公開される予定。(松田亜弓)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年4月13日10 時43分の記事


[PR]

羊毛体験・教室「スピナーズファームタナカ」/2011年8月撮影
 
 京都府京都文化博物館で行われていた国内外のクリエイターが羊毛を使って制作した各種作品の公募展「ヒツジパレット2015京都」で,池田町清見の羊牧場・羊毛体験工房 「スピナーズファームタナカ」の講師,田中祥子さん の制作したタペストリーが,来場者や参加者による 人気投票で7位入賞 の評価を受けました。
 田中さんの作品は幅90cm,長さ120cm,重さ4kgの大きさで,羊毛を紡いで羊の顔を描くように織り上げたタペストリーで,人気投票では有効投票1700票のうち183票を集めました。


 十勝毎日新聞が, 「羊のタペストリーで全国7位入賞 池田の田中祥子さん」 と伝えています。


 【池田】国内外のクリエイターが羊毛を使って制作した各種作品の公募展「ヒツジパレット2015京都」(2月5~8日・京都,実行委主催)で,羊牧場・羊毛体験工房「スピナーズファームタナカ」(町清見,田中忠二さん経営)の講師,田中祥子さん(44)の制作したタペストリーが,来場者や参加者による人気投票で7位入賞の評価を受けた。

 同展は国内外から紡ぎや織り,編み,フェルトなど羊毛を使うクリエイターの作品を約300点展示し,開催期間中は京都市の各会場で合計約1万4000人が来場した。

 田中さんの作品は幅90センチ,長さ120センチ,重さ4キロの大きさで,羊毛を紡いで羊の顔を描くように織り上げたタペストリー。人気投票では有効投票1700票のうち183票を集めた。

 ハードウィック種の羊「プルプル」(オス,14歳)をモデルに,「プルプル」などから羊毛を採取した上で制作に当たった。制作期間は1カ月半ほどだったが,図案には約3年を費やした。タペストリーは毛の色を変えて絶妙な陰影を付けた本物さながらの迫力ある仕上がり。祥子さんは「実物に近い形にしたかった」と制作中には何度も実物を確認して作業を進め,羊の表情を作る際は「自然な目にするのが大変だった」と振り返る。

 モデルの「プルプル」は生後,体が小さくて母親からミルクを飲めなかったという。祥子さんの父親の忠二さん(78)が哺乳瓶でミルクを与えて育ててきたことから,家族同然のモデルへの愛情があふれて心温まる作品となった。

 祥子さんは,編み物が得意な母親の黎子さん(75)の影響で,小学校低学年から編み物を始め,2003年に日本編物文化協会認定の「手あみ指導員」の資格を取得した。

 今回の入賞に「自分の力が認められうれしかった」と喜びを語り,「今後はしばらく休んで,次回公募展ではワークショップも楽しみたい」と話している。入賞したタペストリーは同工房で展示,一般公開している。(水上由美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年4月10日8時00分の記事


[PR]

b0171771_07511103.jpg
足寄動物化石博物館=2014年1月撮影

 足寄動物化石博物館は入館者増対策 として今年度から, 3回目以降の入館料を無料 にするパスカード「デスモスチルス・カード(通称デスカ)」を発行しています。既に250枚が発行されるなど反響は上々です。
 博物館の設置者は足寄町で,は1998年7月1日に開館されました。足寄動物群(足寄町茂螺湾モラワンから産出する後期漸新世の海生哺乳類化石,束柱類と鯨類からなる)を基礎に,海生哺乳類の進化をテーマに開設されました。
 入館料は,一般400円,小・中・高校生,65歳以上200円。幼児無料。町内の小・中学生は無料。団体は一般300円など。近年は化石のレプリカづくり,石を削って化石やクリスタルを掘り出す「ミニ発掘」,古生物模型づくりなど体験型イベントが好評を博し,道内外からのリピーターも目立っています。

b0171771_07515668.jpg
ミニ発掘鑑定コーナー=2014年1月撮影

参考:足寄動物化石博物ホームページ
http://www.museum.ashoro.hokkaido.jp/


 十勝毎日新聞が, 「『デスカ』好評 足寄動物化石博物館 3回目から無料に」 と伝えています。


 【足寄】足寄動物化石博物館(澤村寛館長)は入館者増対策として今年度から,3回目以降の入館料を無料にするパスカード「デスモスチルス・カード(通称デスカ)」を発行している。既に250枚が発行されるなど反響は上々だ。

 同館の入館料(個人)は一般400円,小・中・高校生,65歳以上200円。幼児無料。町内の小・中学生は無料。団体は一般300円など。近年は化石のレプリカづくり,石を削って化石やクリスタルを掘り出す「ミニ発掘」,古生物模型づくりなど体験型イベントが好評を博し,道内外からのリピーターも目立っている。

 同館は2010年からNPO法人あしょろの化石と自然(高橋一二理事長)が指定管理者として管理・運営。今年度から第2期(2015~19年度)を迎えることから,リピーターの入館者増対策としてパスカードの発行を決めた。入館者の動向を把握する狙いもある。

 「デスカ」は今年度初回の入館に際して,希望者に無料で配布。1,2回目の入館時に窓口で押印してもらうと,3回目以降の入館料が無料になる。有効期限は初回のカード発行時から1年間。団体の利用では使えない。

 デスカの発行に伴い展示室も拡大。常設展示室に連絡する通路脇に,アンモナイトや化石,岩石に触れることができるコーナー,「ミニ発掘」に関連する化石や鉱物をガラスケースで紹介するコーナーを設けた。

 澤村館長は「化石発掘体験だけではなく,化石に関連した学習ができるような仕組みづくりに努め,魅力アップを図りたい」としている。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年4月10日 13時53分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201504/20150410-0020769.php


[PR]

b0171771_05173255.jpg
上士幌町恒例の「バルーンフェスティバル」
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/46/Hokkaido_Balloon_festa_2008.jpg


 このほど, 上士幌町は,2014年度の町ふるさと納税の寄付実績 をまとめました。メディアを通じた町の特産品の紹介などが数字を後押して, 寄付金額は9億7172万円 ,寄付件数は5万4605件と過去最高を記録しました。
 いずれも2013年度に比べて約4倍に跳ね上がり,2年連続の全道一は確実で,全国トップ3位以内に入る見通しで,4月に入ってから特産品の種類を増やし,好調なスタートを切っています。
 2014年度,上士幌町ふるさと納税は,メディアの効果が大きく,昨年8月にTBS系列「中居正広の金曜日のスマたちへ(金スマ)」,1月にNHK総合「クローズアップ現代」で,十勝ナイタイ和牛やジェラートなどが全国放送で紹介されて大反響をよびました。
 また,2月には納税者を対象に東京都内で開いた全国初の感謝祭が話題を集め,雑誌の特集や新聞各紙でも取り上げられた。


 十勝毎日新聞が, 「寄付額4倍の9億7000万円 上士幌町ふるさと納税」 と伝えています。


 【上士幌】町は,2014年度の町ふるさと納税の寄付実績をまとめた。メディアを通じた町の特産品の紹介などが数字を後押し,寄付金額は9億7172万円,寄付件数は5万4605件と過去最高を記録。いずれも13年度に比べて約4倍に跳ね上がり,2年連続の全道一は確実で,全国トップ3位以内に入る見通し。4月に入ってから特産品の種類を増やし,好調なスタートを切っている。

 町ふるさと納税は08年度に始まり,初年度の実績は5万円(1件)。感謝特典制度を導入した11年度から右肩上がりに推移し,手続きの簡略化を図った13年度はテレビ番組やインターネットサイトへの広告掲載の効果もあって,2億4350万円(1万3278件)と全道一を記録した。

 14年度はとりわけメディアの効果が大きく,昨年8月にTBS系列(道内はHBC)「中居正広の金曜日のスマたちへ(金スマ)」,1月にNHK総合「クローズアップ現代」で,十勝ナイタイ和牛やジェラートなどが全国放送で紹介されて大反響。2月には納税者を対象に東京都内で開いた全国初の感謝祭が話題を集め,雑誌の特集や新聞各紙でも取り上げられた。

 また,使途指定がない一般寄付の一部をスクールバスの更新や町図書館で貸し出せるDVDの購入に充てるなど,子育て支援や少子化対策に目に見える形で取り組む町の姿勢が納税者の好感にもつながっている。

 今年度はラインアップをさらに充実させ,「かみしほろのあまいもんセット」にあめの製造・販売会社「十勝製菓」(町居辺東9線235)の商品を追加。十勝ナイタイ和牛関連の特産品を11種類に増やすも,うち10種類は特に人気が高く,既に今月前半分の受け付けを締め切った。(小縣大輝)


<ふるさと納税>
 都道府県や市町村に寄付すると,収入など一定の条件の下,寄付金のうち2千円を超える部分が所得税や住民税から全額控除される。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年04月08日13時32分の記事


[PR]
b0171771_13451054.jpg
北海道立農業大学校(本別町西仙美里)=2014年8月撮影


 本別町にある 道立農業大学校の今年度の入校式 が,4月7日体育館で行われました。
 今年度入校したのは養成課程畜産経営学科26人,同畑作園芸経営学科24人,研究課程農業経営研究科6人,研修部門稲作経営専攻コース8人の合わせて64人です。このうち女子は3人で,出身地別では地元十勝が19人と最も多く,愛知や新潟,長崎など道外出身者も6人います。


 私(ブログ作成者)が,仙美里に在住当時,道立農業講習所があり,私たちは「農講」と言っていました。主に,中学校を卒業した農業後継者が,農業技術を習得するために通っていました。また,私は,高校生時代にアルバイトで,この地区の新聞配達をしていて想い出があります。
 やがて,「農講」は1974年に,道立農業大学校として改組・整備されました。


b0171771_13454369.jpg



道立農業大学校校舎=2014年8月撮影

◆北海道立農業大学校の沿革
1946年 - 北海道立農業講習所として発足
1974年 - 北海道立農業大学校に改組
1979年 - 修業年限を1年制から2年制に改組
1985年 - 養成部門を2学科4専攻コースに拡充,研修部門と稲作経営専攻コースの新設
1997年 - 施設・設備の改築整備開始
1999年 - 整備完成,農業経営研究科の新設 
2006年 - 専修学校に位置付け
特色
 旧陸軍省軍馬補充部十勝支部の跡地を利用して建てられている。敷地面積は240ha。
2006年度より専修学校に位置づけされたため,卒業生には専門士の称号が与えられるほか,農業系大学への編入学も可能となった。
 稲作経営専攻コースの生徒は,本別町には実習できる水田がないため,主に深川市の拓殖大学北海道短期大学で学習している。
以上出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

b0171771_13445130.jpg
道立農業大学校旧校舎=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が,「担い手64人入校 道立農業大学校入学式」 と伝えています。

 【本別】道立農業大学校(加藤和彦校長)の今年度の入校式が,7日午前10時から同校体育館で開かれた。道内外から64人が入校し,農業の担い手としての学びを始める。

 今年度入校したのは養成課程畜産経営学科26人,同畑作園芸経営学科24人,研究課程農業経営研究科6人,研修部門稲作経営専攻コース8人。このうち女子は3人。出身地別では地元十勝が19人と最も多く,愛知や新潟,長崎など道外出身者も6人いる。

 式では加藤校長が「志を同じくする仲間と共に向上心を持って学業に励み,日本の農業の担い手として夢や目標に向かって進んでほしい」と式辞。在校生を代表し学生会長の中井壱さん(19)=畜産経営学科=が歓迎の言葉を述べた後,入校生代表で畑作園芸経営学科の藤井淳矢さん(18)=士幌町出身=が「社会変化に対応できる活力ある農業と,地域社会の発展の一役を担えるよう自己を磨きます」と宣誓した。

 同校は道内唯一の農業後継者高等教育機関。生徒は寮で生活しながら,講義や農業実習などを通して農業経営に必要な知識や技術を学ぶ。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2015年04月07日11時45分の記事


[PR]

b0171771_05095232.jpg
鹿追町ほほえみプラザ=2014年7月撮影

 4月2日,鹿追町で半世紀以上続く伝統ある草ばん馬大会を昨年から継承した「鹿追町競馬会」の2015年度総会が,ほほえみプラザで開かれ, 今年の第54回競ばん馬大会を7月19日に 鹿追町ライディングパークで開催することを決定しましたた。
 大会を長年主催してきた「瓜幕競馬会」が会員の高齢化を理由に解散したことを受け,昨年,町民有志による競馬会が発足し,大会を継続しています。

b0171771_05093549.jpg
鹿追町ライディングパーク=2014年7月撮影

 十勝毎日新聞が, 「今年の競ばん馬大会は7月19日開催 鹿追競馬会」 と伝えています。


 【鹿追】半世紀以上続く伝統ある草ばん馬大会を昨年から継承した「鹿追町競馬会」(西科隆会長)の2015年度総会が2日,ほほえみプラザで開かれ,今年の第54回競ばん馬大会を7月19日に町ライディングパークで開催することを決めた。


 大会を長年主催してきた「瓜幕競馬会」が会員の高齢化を理由に解散したことを受け,昨年,町民有志による同会が発足し,大会を継続。昨年も全道各地から馬主やファンが駆け付け,ポニーや大型のばん馬による白熱したレースで盛り上がった。


 総会には25人が出席。昨年度の事業,決算報告を承認し,ばんえい十勝観戦研修や町内で開催されるエンデュランス大会への協力など今年度事業計と予算を決めた。


-略-

(大野篤志)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年04月03日15時00分の記事


[PR]

b0171771_10115276.jpg
写真:中国・朝陽市の旧市街
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%99%BD%E5%B8%82#/media/File:Chaoyang_Ancient_Street.jpg


 帯広市と友好都市中国朝陽市の 交流高校生の相互派遣 が今年度,3年ぶりに実施される見通しとなりました。一方,15周年で実施を目指した市民による親善訪問団の相互派遣は,朝陽のい,高校生派遣はこれまで5回中止していますが,2013年は鳥インフルエンザの流行,14年は朝陽の参加者不足を理由に2年連続で中止になっていました。
 沖縄県の尖閣諸島などをめぐり日中関係が悪化する中,中止が続いており,市は「友好都市15周年の年に実施できてうれしい」と歓迎しています。


 十勝毎日新聞が, 「中国朝陽市との高校生交流再開へ 帯広」 と伝えています。


 帯広市と中国朝陽市の友好都市交流として行っている高校生の相互派遣が今年度,3年ぶりに実施される見通しとなった。沖縄県の尖閣諸島などをめぐり日中関係が悪化する中,中止が続いており,市は「友好都市15周年の年に実施できてうれしい」としている。一方,15周年で実施を目指した市民による親善訪問団の相互派遣は,朝陽の参加者不足で見送られる見込み。

 両市は2000年に国際友好都市となり,02年から高校生の派遣を始めた。5周年には親善訪問団の派遣を行った。高校生派遣はこれまで5回中止しているが,13年は鳥インフルエンザの流行,14年は朝陽の参加者不足を理由に2年連続で中止になっていた。

 背景には日中関係の悪化があったとみられる。10年に尖閣諸島周辺で海上保安庁の巡視船と中国漁船が衝突。12年には日本の尖閣諸島国有化などで冷え込み,12年の帯広市開拓130年の記念式典にも朝陽の訪問団は参加しなかった。同課は「近年は交流できない状況だった」と話す。

 親善訪問団の交流は10年の10周年のときに漁船の衝突があり,直前に中止が決まった。今回は朝陽から「代表者の都合がつかず難しい」と連絡があった。

 高校生の派遣は夏休みを利用し,7,8月に4人ずつが両市を訪問する。市親善交流課は「親善訪問団の派遣は難しいが,高校生の派遣で15周年を感じてもらえる事業にしたい」としている。(伊藤亮太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年04月01日12時57分の記事


[PR]

b0171771_04535176.jpg
食鳥加工場(新得町屈足)
=2014年7月撮影

 3月30日, 国際協力機構(JICA)の研修員 が十勝・新得フレッシュ地鶏事業協同組合の食鳥加工場を訪れ,施設見学とともに 鶏の解体作業体験 を行いました。
 日本の畜産物の衛生管理技術を学ぶのが目的で,「畜産物の衛生管理・品質管理」コースで学ぶアフガニスタン,キューバ,ガーナなど6カ国からの研修員8人が参加しました。


 十勝毎日新聞が, 「JICA研修生,地鶏の加工体験 新得」 と伝えています。


 【新得】国際協力機構(JICA)の研修員が3月30日,十勝・新得フレッシュ地鶏事業協同組合(武田直幸代表理事)の食鳥加工場(町屈足)を訪れ,施設見学とともに鶏の解体作業体験を行った。

 日本の畜産物の衛生管理技術を学ぶのが目的。道中小企業家同友会とかち支部(山本英明支部長)がJICAから委託を受けて実施した。

 「畜産物の衛生管理・品質管理」コースで学ぶアフガニスタン,キューバ,ガーナなど6カ国からの研修員8人が参加した。工場内を回り,地鶏の受け入れや消毒,解体などの作業工程の説明を受けた後,実際に鶏の解体でナイフを使いながら身と骨を分ける作業に取り組んだ。

 アフガニスタン農業灌漑(かんがい)牧畜省家畜衛生局動物由来製品検査官のコズミ・シャフィラーさんは「アフガニスタンでは鶏肉は骨付きのまま販売するので,私には新しい経験。母国の家族や肉屋に骨を外す方法を伝えたい」と話していた。見学後は新得地鶏の炭火焼きを試食し,午後は武田代表理事が組合組織や販売などの仕組みを紹介した。(大野篤志)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年04月01日07時20分の記事


[PR]