<   2015年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

b0171771_12283532.jpg
写真:広尾町市街=2014年7月撮影

 民間の立場で 広尾町内初の「道の駅」設置 に向けて調査を進めていた「地域内資金循環等新事業開発検討事業委員会」は、基本構想をまとめました。
 観光、交流、産業、防災・減災を4本柱に、道の駅を「地域創生の拠点」(ランドマーク)とする内容で、建設場所は将来の高規格道路開通や地域住民の利便性を考慮して広尾市街としています。


b0171771_12180470.jpg
写真:旧JR広尾駅舎=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「地方創生の拠点に 広尾・道の駅基本構想 」 と伝えています。

 【広尾】民間の立場で町内初の「道の駅」設置に向けて調査を進めていた「地域内資金循環等新事業開発検討事業委員会」(委員長・尾矢利昭十勝製函社長)は基本構想をまとめた。観光、交流、産業、防災・減災を4本柱に、道の駅を「地域創生の拠点」(ランドマーク)とする内容。建設場所は将来の高規格道路開通や地域住民の利便性を考慮して広尾市街としている。施設の建設年次は未定。

 ハード面では(1)特産品販売ブース(2)イベント会場にも使う第2駐車場(3)屋内多目的スペース(サークル活動や文化発表の場)(4)災害発生時の臨時難場所(非常食備蓄、ヘリポート)(5)飲食スペース(6)町内巨大マップ-の設置を盛り込んだ。

 この他、観光協会事務局の移設、子育て世代の屋内遊び場設置、商品一つずつの売上実績を集計する販売時点情報管理(POSシステム)の導入なども念頭に入れている。

 建設場所の「広尾市街」については、観光客だけでなく、地域住民が通いやすく地域に愛される施設として活用するための候補選定。全線開通を目指している高規格道路帯広・広尾自動車道との相乗効果も見据えている。また、町発行のハザードマップの津波浸水域を避ける必要性を提起した。施設の管理運営は「指定管理者制度」を採用。トイレなど道の駅機能以外は民間が独立採算で運営することも示した。

 尾矢委員長ら8人は2月26日、役場を訪れ、基本構想をまとめた文書を村瀬優町長に手渡した。「広尾の魅力を発信する場、人が集いにぎわう場したい。漁業、農業、商工業が連携することで安定的な交流人口の増加を図り、新たなビジネスチャンスを生み出したい」と説明。村瀬町長は「みんなの思いが形になっている。(詳細を詰める)協議会などを立ち上げてみたい」と応えた。

 同委員会は町内の製造販売業や水産加工業、小売業、飲食業、金融業の若手経営者ら8人で構成。周囲にアピールしきれていない広尾の魅力を広めようと、町商工会(橘克弘会長)と連携し昨年6月に発足した。道内14カ所の道の駅視察や専門家を交えた勉強会、交通量調査などを通じて道の駅がもたらす経済・防災・地域活性化効果を探っていた。商工関係者によると、民間単独で基本構想を練るのは珍しい。(関根弘貴)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年03月07日07時30分の記事


[PR]

b0171771_07344650.jpg
写真:帯広大谷短期大学=2014年6月撮影

 全国的な介護福祉士不足を受け,音更,幕別,本別の3町は新年度, 介護福祉士の養成に向けた助成事業 に着手します。
 教育機関や施設を通じ,介護福祉職を目指す人への経済的支援などに取り組み,人材の養成と確保につなげます。
 音更町は帯広大谷短期大学の社会福祉科介護福祉専攻に進学する学生に対して就学援助を行います。
 本別町は,介護職員の資質向上と町内での定着を図るてめ,民間の介護職員が資格を取得するための研修費用の一部を補助する計画です。民間福祉関係事業所の人材養成に関し,行政が財政支援を行うのは管内では珍しいとのことです。
写真:本別町役場=2014年1月撮影


 十勝毎日新聞が, 「介護福祉士養成を支援 音更,本別,幕別」 と伝えています。


 【音更・幕別・本別】全国的な介護福祉士不足を受け,音更,幕別,本別の3町は新年度,介護福祉士の養成に向けた助成事業に着手する。教育機関や施設を通じ,介護福祉職を目指す人への経済的支援などに取り組み,人材の養成と確保につなげる。

 音更町は帯広大谷短期大学(田中厚一学長)の社会福祉科介護福祉専攻に進学する学生に対して就学援助を行う。授業料や教科書購入費などを一部助成する経済的支援を通じ,全国的に不足する介護福祉士の養成と地域への定着を目指す。

 新年度予算に事業費1000万円を計上した。財源は,昨年度から特典制度を設けたふるさと寄付金を活用する。

 町によると,同短大の同専攻で定員割れが続き,2012年度から募集定員が40人に半減,新年度に2年生になる学生は21人。全国的に不足する介護福祉士を養成するため,就学支援を始める。

 具体的な支援策は,同専攻の学生に対し,授業料や教科書購入費,研修費用を一部助成し,助成額は1人当たり2年間で約40万円。卒業後,町内または十勝管内の福祉施設への勤務を助成条件に設定する。

 同短大は昨年12月,町社会福祉協議会と介護福祉分野での連携に関する包括協定を締結した。町社協は介護職を目指す学生の教育支援,短大側は町内の福祉施設職員の人材育成などに努め,地域の福祉力の向上を目指している。

 町の助成事業も,こうした地域における介護福祉士養成の一環で,寺山憲二町長は「少子高齢化社会を迎えるに当たり,介護福祉士を地域で育てていきたい」としている。(杉原尚勝)

   -略-

 本別町は民間の介護職員が資格を取得するための研修費用の一部を補助する。介護職員の資質向上と町内での定着を図るのが狙い。民間福祉関係事業所の人材養成に関し,行政が財政支援を行うのは管内では珍しい。

 対象は町内の民間介護福祉事業所などに勤務する人。補助額は資格の取得に要した費用の2分の1。上限は1人5万円。資格取得のための受験料や研修費,資料代などの他,受験地までの交通費も補助対象。対象者が所属する事業所に補助する。町は主に,無資格で採用された高卒者の初任者研修などを想定している。町は新年度予算で50万円を計上した。

 福祉業界の恒常的な人材不足が指摘される中,町内の関係団体で組織する「町介護事業者サービス連絡会」(会長・小枝剛町社会福祉協議会事務局長)からも補助を求める声が出されていた。

 町は「介護事業者にとって人材確保は喫緊の課題。研修費用の捻出が厳しい小規模事業者の一助になれば」(保健福祉課)とする。補助によって新規の資格取得者の掘り起こしも期待されている。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年03月07日06時00分の記事


[PR]

b0171771_02400843.jpg
写真:冬の帯広(緑ヶ丘公園)=2014年1月撮影

 帯広測候所がまとめた十勝管内の2月の気象概況によると,陸別など9地点で平均気温が,観測史上最高 となり,2月としての極値更新が多くなりました。
 冬型の気圧配置が持続せず,低気圧や気圧の谷の影響で曇りや雪の降る日が続き,平年より気温は高く,降水量や降雪量は多く経過しました。


 十勝毎日新聞が, 「2月としての極値更新多く 十勝地方気象概況」 と伝えています。


 帯広測候所がまとめた十勝管内の2月の気象概況によると,陸別など9地点で平均気温が観測史上最も高くなるなど2月としての極値更新が多かった。冬型の気圧配置が持続せず,低気圧や気圧の谷の影響で曇りや雪の降る日が続き,平年より気温は高く,降水量や降雪量は多く経過した。

 2月26~27日は,降り始めからの降雪量が広尾で58センチなど南部を中心に大雪となった。北海道付近で低気圧が居座ることが多く,この低気圧に向かって南からの暖かい空気が入る時期が多かったことなどから暖冬の傾向となった。

 月平均気温は陸別,上士幌町ぬかびら源泉郷,上士幌,足寄,本別,浦幌,帯広空港,豊頃町大津,大樹で2月として最も高い値となり,月間日照時間は本別,池田,浦幌,大津で2月では最も少なかった。積雪差日合計は同27日に陸別で37センチ,本別で28センチ,帯広空港で34センチとなり,観測史上1位となった。

 帯広の平均気温は氷点下3・6度(平年は氷点下6・2度),最低気温の平均は同8・4度(同氷点下12・6度)。最高気温の平均も同1度(同氷点下0・6度)で平年より高かった。日照時間は150・2時間で平年よりかなり少なく,降水量は59・5ミリで平年よりかなり多かった。

 今月5日午前9時現在の積雪の深さは大樹と広尾で122センチ,ぬかびら源泉郷で118センチ,中札内村上札内で112センチ,帯広空港で107センチ,陸別で102センチなど。15観測地点中,陸別,本別,帯広,浦幌,広尾の5地点で平年比2倍以上となっている。(澤村真理子)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版
/2015年03月05日11時16分の記事


[PR]

b0171771_02343399.jpg
写真:東日本大震災による津波の被害を受けた仙台市(2011年3月12日)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E5%8F%B0%E5%B8%82#mediaviewer/File:SH-60B_helicopter_flies_over_Sendai.jpg


 2月26日、中札内村共育の日事業の教育講演会が、中札内文化創造センター・ハーモニーホールで開かれ、文部科学省国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センター総括研究員の長田徹氏が 東日本大震災での被災体験 を語りました。
 村PTA連合会と実行委員会の共催で、学校関係者や保護者、一般村民ら約110人が参加しました。


b0171771_09152302.jpg
写真:中札内文化創造センター=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「3・11被災体験語る 元仙台市教委の長田氏、中札内」 と伝えています。

 【中札内】村共育の日事業の教育講演会が2月26日、中札内文化創造センター・ハーモニーホールで開かれ、文部科学省国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センター総括研究員の長田徹氏が東日本大震災での被災体験を語った。

 村PTA連合会と実行委員会が共催。学校関係者や保護者、一般村民ら約110人が参加した。

 長田氏は東日本大震災時、仙台市教委に勤務しており、自らも被災しながら避難所運営などに関わった。震災時の自らの体験や、学校と地域の関わりが避難所運営に役立った話などを「絆~被災地の人々を支えた学校・家庭・地域の絆」と題して披露した。

 長田氏は「被災地に貸してくれた力は必ず社会に返してくれる」と話し、参加者は震災を体験した生の声に涙をこらえながら聞き入った。(前川喜隆通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年03月02日18時00分の記事


[PR]

b0171771_05171714.jpg
写真:十勝川温泉第一ホテル=2012年6撮影

 音更町の十勝川温泉第一ホテルの売店「おみやげ処玉手箱」で, 十勝産小豆の生豆の売り上げが今月急増 しました。今年は,2月19日が中華圏の旧正月に当たり,台湾や香港などから訪れた宿泊客が多いこともあり,500g入りで571円の生豆が,2月1~24日の集計で236個も売れました。
 国内ブランドの十勝産小豆が海外の旅行者にも月浸透し始めているようで,小豆の生豆の売上個数は,甘納豆の267個に次ぐ2位の多でした。


 十勝毎日新聞が, 「小豆生豆 台湾客に人気 旧正月で前月比4倍強」 と伝えています。


 【音更】町の十勝川温泉第一ホテルの売店「おみやげ処玉手箱」で,十勝産小豆の生豆の売り上げが今月急増した。19日が中華圏の旧正月に当たり,台湾や香港などから訪れた宿泊客が多いこともあり,500グラム入り(571円)の生豆が2月1~24日の集計で236個も売れた。国内ブランドの十勝産小豆が海外の旅行者にも浸透し始めているようだ。

 小豆の生豆の売上個数は,甘納豆の267個に次ぐ2位の多さだった。小豆を使ったどら焼き,きんつばやきんつばアイスなども好調な売り上げだった。

 これまで小豆関連の商品の売れ行きで目立った動きはなく,前年同期の小豆生豆の売上個数は57個と今年の4分の1。直近の月別売上個数は,昨年9~11月は30~70個台,12月132個,今年1月は57個だった。同店では「甘納豆はホテルの部屋入れ菓子のため以前から人気は高く,これに次いでお菓子の詰め合わせなど。小豆の生豆がこんなに売れたことはなかった」としている。

 ただ,十勝川温泉では,生豆を升で販売しているホテルもあるが,「ほどほどに売れている」(笹井ホテル)などとし大きな変化はみられない。第一ホテルの売店では「ツアーの添乗員らが十勝の小豆をツアー客へPRしたためではないか」と売れ行き急増の理由を分析している。

 同ホテルで研修中の台湾の大学生,王藝蓁(ワン・イーチェン)さん(22)は「台湾では,おしるこを食べる他,ようかん,どら焼きなど小豆を使った菓子もある。最近では,小豆の煮汁を美容水として使っている」と言い,小豆は台湾でも浸透しているそう。ただ「台湾では十勝が豆の産地であることは知られていない」という。

 同店担当の荒木美智子さんは,小豆生豆の売り上げ増加を受けて十勝の良さを改めて見直した。「十勝に長く住めば小豆を見ても感じるものが少ないだろうが,外から見れば小豆の価値が分かる。もっと十勝の良い物を情報発信しなければ」と話している。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年2月27日 13時26分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201502/20150227-0020440.php


[PR]

b0171771_04520364.jpg
写真:セブンイレブン音更共栄台店=2012年6月撮影

 2月27日,帯広署は 特殊詐欺被害を阻止 したとして,セブンイレブン音更共栄台店に感謝状を贈りました。
 帯広署と音更共栄台店によると,1月28日に来店した70代の男性が,「プリペイドカードのバーコード面をコピー機でファクスしたい」と30代の女性従業員に伝えました。対応した際に不審に思ったことから奥山オーナーらに相談し,奥山オーナーが対応したところ,インターネットの架空請求の疑いが強まったことから,この男性とともに木野交番を訪れ,被害を防ぎました。


 十勝毎日新聞が, 「セブンイレブン音更共栄台店に感謝状 詐欺被害防ぐ」 と伝えています。


 帯広署(藤村博之署長)は27日,特殊詐欺被害を阻止したとして,セブンイレブン音更共栄台店(奥山吉則オーナー)に感謝状を贈った。

 帯広署と同店によると,1月28日に来店した70代の男性が,「Vプリカ(プリペイドカード)のバーコード面をコピー機でファクスしたい」と30代の女性従業員に伝えた。対応した際に不審に思ったことから奥山オーナー(46)らに相談。奥山オーナーが対応したところ,インターネットの架空請求の疑いが強まったことから,この男性とともに木野交番を訪れ,被害を防いだ。

 藤村署長から感謝状を受け取った奥山オーナーは「たまたまの出来事ではあったが,結果的に被害を防ぐことができて良かった」と語った。藤村署長は「おかげで地域住民の被害防止を図ることができた」と述べ,引き続いての協力を呼び掛けた。(土屋航)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年02月28日11時01分の記事


[PR]

b0171771_06545556.jpg
写真:市販されているタラの芽
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%82%AD#mediaviewer/File:Japanese_taranome_2015.jpg

 タラの芽の「促成栽培」に挑戦している更別村農業経営・生産対策推進会議の農産部会は,2月25日から初の収穫作業に入りました。
 更別村ふるさと館試験圃場のビニールハウス内では,かわいらしい緑色の芽が顔を出し,一足早い春が訪れています。今回は,約300個が収穫できる見込みです。


b0171771_07061847.jpg
写真:道の駅さらべつ
=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「タラの芽の初収穫 『道の駅』での活用も検討」 と伝えています。


 【更別】タラの芽の「促成栽培」に挑戦している更別村農業経営・生産対策推進会議(会長・岡出誠司村長)の農産部会(田中丈雄JAさらべつ営農部会長)は,25日から初の収穫作業に入った。村ふるさと館試験圃(ほ)場のビニールハウス内ではかわいらしい緑色の芽が顔を出し,一足早い春が訪れている。約300個が収穫できる見込み。

 タラの芽栽培は農作業がない期間の余剰労働力を有効活用できる上,季節に先んじて採れるため付加価値がある。技術を確立して採算性を検証しようと昨年度から3カ年計画で取り組んでいる。今年度は,条件を変えながら3度に分けて栽培。1回目の試験を1月14日から開始していた。

 隣接する畑で育てた木を細かく切りそろえて駒木(こまき)を作り,水を張った棚に浸した。初めの2週間は日中25度,夜間15度と温度差を設け,初夏の自然に近い状態を再現。芽吹いて以降は一気に温度を下げ,成長を遅らせ芽を太らせるなど試行錯誤を繰り返してきた。

 村産業課の渡辺秀樹課長補佐は「想像以上に個体差のコントロールが難しい」という。同じ条件下で育てていても芽の大きさに差があり,小さいものほど早く開いて伸びようとする一方,大きい芽は容易に開かず枝葉も伸びない。

 25日は,同課職員4人がビニールハウスに入り,芽の状態を一つずつ丁寧に確認しながら手作業で収穫した。収穫は3月中旬まで続く。

 駒木を2倍以上の約3000本に増やしての2回目の試験もスタートした。 安部昭彦同課長は「より多く,より質の良いものが採れるよう知恵を絞りたい」と話す。収穫したタラの芽は「道の駅さらべつ」での利活用を検討している。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年2月28日 13時56分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201502/20150228-0020444.php


[PR]

b0171771_02333904.jpg
写真:農村環境改善センター(更別村役場)=2014年7月撮影

 2月27日,更別村で外国文化に触れる「国際交流講座アメリカを旅してみよう~」が,農村環境改善センター調理実習室と視聴覚室で開かれます。
 講師は,村のALTデイビット・ヒューズさんが務め,アメリカの文化や芸術などを学びながら,代表的なお菓子チョコレートブラウニー作りを体験します。


b0171771_02335544.jpg
参考写真:ブラウニー(ケーキ)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%8B%E3%83%BC_(%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD)#mediaviewer/File:Chocolate_brownies_without_table.jpg


 十勝毎日新聞が, 「27日に講座『アメリカを旅してみよう』 更別 」 と伝えています。


 【更別】外国文化に触れる「国際交流講座~アメリカを旅してみよう~」(村教委主催)が27日午後6時半から,農村環境改善センター調理実習室と視聴覚室で開かれる。参加者を募集している。

 村のALTデイビット・ヒューズさんが講師。アメリカの文化や芸術などを学びながら,代表的なお菓子チョコレートブラウニー作りを体験する。

 参加費は500円。村内在住で18歳以上の人が対象。先着15人。申し込み・問い合わせは村教委社会教育係(0155・52・3171)へ。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年02月25日07時31分の記事


[PR]
b0171771_04453558.jpg
写真:帯広市図書館=2014年8月撮影

 2月14日、道自治体問題研究所理事長で北海学園大教授の小田清氏の講演会が、帯広市図書館で開かれました。
 講演のテーマは、自治体消滅論の狙いは?」 で,小田氏は日本創成会議の人口減少問題検討分科会が昨年5月に発表した将来人口推計の問題点を挙げ、「市町村合併を促すのが目的」と指摘しました。
 十勝管内の労働者や共産党議員らでつくる十勝まちづくり研究会が開催し、約50人が集まりました。


 十勝毎日新聞が, 「『自治体消滅』真意は? 帯広で北海学園大小田教授講演」 と伝えています。


 道自治体問題研究所理事長で北海学園大教授の小田清氏の講演会「自治体消滅論の狙いは?」が、帯広市図書館で開かれた。小田氏は日本創成会議の人口減少問題検討分科会が昨年5月に発表した将来人口推計の問題点を挙げ、「市町村合併を促すのが目的」と指摘した。

 十勝管内の労働者や共産党議員らでつくる十勝まちづくり研究会(明神とも子代表世話人)が14日に開催し、約50人が集まった。

 創成会議は、2040年の全国市町村人口を独自に推計し、十勝の13町を含む896自治体を「消滅可能性都市」と定義した。

 小田氏はこの推計を「2010年までのデータに基づいており、東日本大震災以降に顕著になっている都市から地方への移住傾向が反映されていない」と述べ、合計特殊出生率も都市部より地方の方が高くなっている点などを説明。消滅可能性という言葉で地方自治体に合併を促したい考えがあるとした。

 講演には高橋正夫本別町長も登壇し、同町のまちづくり施策など紹介した他、「地方が駄目になれば都市もおかしくなる。住民が一丸となって未来に向かって頑張ろう」と話した。
(長田純一)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年02月24日10時29分の記事


[PR]
b0171771_19402525.jpg
道の駅あしょろ銀河ホール21=2014年1月撮影

 道の駅あしょろ銀河ホール21の駐車場に、 電気自動車(EV)用の急速充電器が設置 され稼働しています。十勝管内では道の駅コスモール大樹に普通充電器が設置されていますが、急速充電器は初めてになります。
 銀河ホール21は、国道241、242号に接し交通の要衝であることから、足寄町が600万円をかけて設置し、国内自動車メーカー4社でつくる「日本充電サービス」(NCS)が、2月6日から運用を開始しました。

b0171771_04183691.jpg

参考写真:日産グローバル本社に設置される充電スタンド
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%85%E9%9B%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89#mediaviewer/File:EV_Station_of_Nissan_Global_Headquarters.jpg

 十勝毎日新聞が, 「道の駅にEV充電器 十勝初の急速」 と伝えています。


 【足寄】道の駅あしょろ銀河ホール21の駐車場に、電気自動車(EV)用の急速充電器が設置され稼働している。十勝管内では道の駅コスモール大樹に普通充電器が設置されているが、急速充電器は初めて。

 同道の駅は国道241、242号に接し交通の要衝であることから、町が600万円をかけて設置、国内自動車メーカー4社でつくる「日本充電サービス」(NCS)が6日から運用している。

 充電は1回につき最大30分まで。24時間利用できる。料金は基本的に5分まで250円、それ以上は1分につき50円。利用者はNCSに登録し、同社やメーカーが発行するカードで決済することができる(月額利用料、初回登録料などが必要)。

 町経済課は「充電の時間を利用して、道の駅での買い物や市街地での飲食を楽しんでもらいたい」、帯広日産自動車本別店の赤坂克美店長は「観光で訪れるドライバーにぜひ利用してもらいたい」と話している。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年2月23日 13時46分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201502/20150223-0020410.php


[PR]