<   2015年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

b0171771_05263749.jpg
写真:ひがし大雪自然館(ぬかびら源泉郷)=2014年8月撮影

 2月11日,環境省北海道地方環境事務所主催の 大雪山国立公園指定80周年記念事業「大雪山の魅力再発見!セミナー」 が,上士幌町ぬかびら源泉郷のひがし大雪自然館で開かれました。
 大雪山国立公園の魅力や学芸員らの取り組みを知ってもらおうとの企画で,上士幌町内外から68人が訪れ,専門別の講演や標本作りを通じて身近な自然環境に触れました。


b0171771_05265337.jpg
写真:ひがし大雪自然館の展示=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「講演や標本作りで大雪山の魅力発信 上士幌」 と伝えています。
 【上士幌】大雪山国立公園指定80周年記念事業「大雪山の魅力再発見!セミナー」(環境省北海道地方環境事務所主催)が11日,上士幌町ぬかびら源泉郷のひがし大雪自然館で開かれた。町内外から68人が訪れ,専門別の講演や標本作りを通じて身近な自然環境に触れた。

 同公園の魅力や学芸員らの取り組みを知ってもらおうと企画。午前は同館の須田修さん,乙幡康之さんの両学芸員が活動内容や自身の研究成果を振り返り,午後はNPO法人ひがし大雪自然ガイドセンター代表の河田充さんらが東大雪を取り巻く自然や動植物,探訪ツアーなど幅広い面からその魅力を語った。

 講演後は同館スタッフの協力の下,キビタキの羽やクロテンの標本製作を実施。参加者はピンセットで骨の肉を削り取るなど細かな作業に没頭した。初めて体験した本別町の水谷千治さん(57)は「部位による形態や機能の違いまで知ることができた」と話していた。(小縣大輝)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年02月12日09時23分の記事


[PR]

b0171771_04380896.jpg
写真:本別町総合ケアセンター=2014年1月撮影

 2月13日,今年度の 本別町あんしんサポートセンターフォローアップ研修 が,町総合ケアセンターで開かれました。
 総合ケアセンターは,成年後見事業や日常生活自立支援事業(金銭管理等サービス),やすらぎ支援事業(認知症見守りサービス)などを行っています。
 これらの事業を実施する支援員を研修を通じて養成,「あんしんサポーター」として登録しています。

 十勝毎日新聞が, 「『あんしんサポーター』らが研修 本別 」 と伝えています。

 【本別】今年度の「町あんしんサポートセンターフォローアップ研修」(町,町社会福祉協議会主催)が13日,町総合ケアセンターで開かれた。

 同センターは,成年後見事業や日常生活自立支援事業(金銭管理等サービス),やすらぎ支援事業(認知症見守りサービス)などを行っている。これらの事業を実施する支援員を研修を通じて養成,「あんしんサポーター」として登録している。現在の登録者は51人。

 この日は,同サポーターの登録者や地域包括支援センターの相談協力員ら約70人が出席。初めに同社協の粂田達一会長が「お年寄りが住み慣れた本別で安心して暮らせるために,皆さんのご協力が必要」とあいさつした。

 研修では同センターや,介護認定やケアプランの作成を行っている町地域包括支援センターの仕組みや役割について担当者から説明を聞いた。また,同センターのサポーターの活動報告を聞き理解を深めた。

 研修は17,23日を含め3日間で,グループ討議や講義などを通じて,地域で支え合う体制づくりについて学ぶ。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年02月14日22時30分の記事


[PR]


写真:前田茂雄氏=前田農産食品合資会社ホームページより
http://www.co-mugi.jp/office/


 2月19日,NHKラジオ第1で放送中の「ラジオ深夜便」に,本別町の 前田茂雄氏が出演 し,本別の現状を報告します。


NHKラジオ第1「ラジオ深夜便」
☆日時:2月19日 (木) 午後11:20〜
☆出演コーナー
 ▽日本列島くらしのたより
  「北海道本別町」前田茂雄氏


前田茂雄氏の経歴
1974年 北海道・本別町,本別高校出身。
東京農業大学 卒業後,テキサスA&M州立大学,アイオワ州立大学にて米国の大規模農業経営や流通を学ぶ。
1999年 前田農産食品合資会社入社。
 4代目として本別町で就農。
現在,専務取締役社長


[PR]
b0171771_542384.jpg
上写真:陽だまりの里(仙美里元町)=2014年8月撮影


 2月12日,本別町仙美里元町にある 小規模多機能型居宅介護施設「陽だまりの里」 が,仙美里公民館で餅つきを行い,施設や公民館の利用者が楽しく交流しました。
 この時期恒例の行事で,16人の利用者や職員ら約50人が参加しました。
 今回も,もちつき保存会「十五夜会」の会員8人が,約8kgの餅をつきました。


 私(ブログ作成者)は,本別町仙美里地区の出身で,知人に「陽だまりの里」を利用している方がいます。毎年,餅つきの記事を読むたび,寒さの厳しい北国で,いつまでもお元気でいてくださるようにとの願いを新たにします。


b0171771_20112316.jpg
下写真:仙美里公民館(仙美里元町)=2014年1月撮影


 十勝毎日新聞が, 「餅つきで交流 本別・陽だまりの里」 と伝えています。


 【本別】小規模多機能型居宅介護施設「陽(ひ)だまりの里」(仙美里元町,高田初枝管理者)が12日,仙美里公民館で餅つきを行い,同施設や同公民館の利用者が楽しく交流した。

 この時期恒例の行事。16人の利用者や職員ら約50人が参加した。もちつき保存会「十五夜会」の会員8人が約8キロの餅をついた。利用者や地域のお年寄りもきねを持ち,掛け声に合わせて楽しそうにきねを振るった。雑煮や納豆,きな粉餅などにしておいしそうに食べた。

 餅をついた三島貞子さん(87)は「なかなかうまくいかなかったが楽しかった。少し疲れました」と笑顔。高田管理者は「利用者と地域の人たちが交流する機会になったのでは」と話していた。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年02月02日14時07分30の記事


[PR]
b0171771_19471942.jpg
上写真:絶滅危惧種の「エトピリカ」
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%88%E3%83%94%E3%83%AA%E3%82%AB#mediaviewer/File:Tufted_Puffin_Alaska_(cropped).jpg

 2月12日,昨年7月に豊頃町の豊北海岸で保護され,その後釧路市の専門機関で死亡した絶滅危惧種 エトピリカがはく製に加工 され,浦幌町立博物館に展示されました。
 国内で数十羽しか生息が確認されておらず,十勝でも数羽が見られるかどうかという非常に希少性の高い海鳥で,博物館は常設展示することから来場を呼び掛けています。
 エトピリカは昨年7月16日,豊北海岸で弱って波打ち際にじっとしているのを浦幌野鳥倶楽部の久保清司さんが発見して保護し,釧路市の猛禽(もうきん)類医学研究所に移送されましたが,衰弱のため死亡しました。

b0171771_19561940.jpg
下写真:浦幌町立博物館
=2012年9月撮影

 十勝毎日新聞が,「エトピリカはく製を展示 浦幌町立博物館」 と伝えています。
 【浦幌】昨年7月に豊頃町の豊北海岸で保護され,その後釧路市の専門機関で死亡した絶滅危惧種「エトピリカ」がはく製に加工され,12日,浦幌町立博物館(佐藤芳雄館長)に展示された。国内で数十羽しか生息が確認されておらず,十勝でも数羽が見られるかどうかという非常に希少性の高い海鳥。同博物館は常設展示することから来場を呼び掛けている。  エトピリカは昨年7月16日,同海岸で弱って波打ち際にじっとしているのを浦幌野鳥倶楽部の久保清司さん(浦幌町在住)が発見して保護。同日中に釧路市の猛禽(もうきん)類医学研究所に移送された。  しかし,衰弱が激しかったため死亡。同博物館は,エトピリカの保護に携わったNPO法人日本野鳥の会十勝支部の千嶋淳副支部長を通じて環境省釧路自然環境事務所から譲り受け,はく製を作ることにした。  展示されたはく製は,成鳥にみられる顔の白い部分がなく,2~3歳の若鳥。はく製を手掛けた丹青社(本社・東京)札幌支店によると,エトピリカの依頼はほとんどないという。佐藤館長は「はく製としても非常に希少なもの。ぜひ見学して自然の魅力を感じてほしい」と話している。  同博物館は入館無料。午前10時~午後5時。休館日は月曜と祝祭日の翌日。問い合わせは同博物館(015・576・2009)へ。(円子紳一通信員)<エトピリカ>  アイヌ語で「くちばし・美しい」の意味で,名前の通りだいだい色の大きなくちばしが特徴。国内では根室市のユルリ島,モユルリ島が唯一の繁殖地で,30羽ほどしか生息していない。十勝沖では例年,見られる場合でも1~2羽程度だが,昨年の浦幌・厚内沖では10羽前後の若鳥が観察されていた。

以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2015年02月14日07時30分の記事

参考:エトピリカ
 エトピリカ(花魁鳥,アイヌ語:Etupirka)Fratercula cirrhata は,チドリ目・ウミスズメ科に分類される海鳥の一種。鮮やかな飾り羽とくちばしが特徴の海鳥である。

日本での現状[編集]
 世界的にみると決して少ない鳥ではないが,日本は分布域の西端にあたり,非常に生息数が少ない。繁殖地も北海道東部の厚岸町大黒島,浜中町霧多布(キリタップ)小島,根室市ユルリ島,モユルリ島のみで,1960年頃には計250羽ほどが飛来していた個体数も,現在は30~40羽ほどとなり,そのうちの十数つがいが繁殖するのみとなっている。繁殖地の餌不足や魚網にひっかかる被害により,日本に限っては地域絶滅の危険が大きい[1]。 しかし北方領土の色丹島や歯舞群島ではコロニーが観察されている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%88%E3%83%94%E3%83%AA%E3%82%AB
[PR]

b0171771_06211963.jpg

参考写真:北海道バルーンフェスティバル
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%A3%AB%E5%B9%8C%E7%94%BA#mediaviewer/File:Hokkaido_Balloon_festa_2008.jpg

 2月7日, 第33回上士幌ウインターバルーンミーティング が,上士幌町航空公園で開幕しました。
 地元上士幌をはじめ,新潟や栃木など全20チームがエントリーし,7日午前は,ゴール付近にマーカーを落として投下地点の精度を競う「ジャッジデクレアドゴール」などを行いました。
 なお,上士幌バルーンクラブは,昨年9月に起きた御嶽山噴火で犠牲となった大阪府立藤井寺工科高校教諭の池田啓亮さんの追悼フライトを実施します。

 十勝毎日新聞が,「冬の大空彩る20基,追悼フライトも ウインターバルーンフェス開幕」 と伝えています。


 【上士幌】第33回上士幌ウインターバルーンミーティング(北海道バルーンフェスティバル組織委員会など主催)が7日,上士幌町航空公園で開幕した。雲一つない十勝晴れの下,色とりどりの熱気球が冬の青空を彩った。
 地元上士幌をはじめ,新潟や栃木など全20チームがエントリー。同日午前は,ゴール付近にマーカーを落として投下地点の精度を競う「ジャッジデクレアドゴール」などを行った。
 上士幌バルーンクラブは,昨年9月に起きた御嶽山噴火で犠牲となった大阪府立藤井寺工科高校教諭の池田啓亮さん(享年32)の追悼フライトを決行。池田さんが飛行を手伝っていた奈良女子大気球部員2人も駆け付け,遺影と池田さんがバルーン用にデザインした白黒のチェックフラッグを手に飛び立った。同クラブの菅原博治代表は「池田さんも天国で喜んでいるはず」と話していた。
 会場では熱気球の搭乗体験やスノーラフティングが楽しめるほか,飲食物の販売も。最終日8日は午前7時半から開始予定(天候次第で時間変更,中止する場合あり)。問い合わせは本部(090・3398・5049)へ。(小縣大輝)


以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2015年02月07日10時55分の記事
[PR]

b0171771_04170693.jpg
写真:足寄町民センター=2014年8月撮影

 廃校になった足寄町内の小中学校 の写真や教科書などを集めたロビー展が,足寄町民センターで開かれています。
 冬期間閉館中の郷土資料館(旧中足寄小学校)に保存・展示されている資料を移動展として初めて展示しています。


足寄町内の小・中学校/2015年02月現在
◇小学校4校

 
足寄小学校,大誉地(およち)小学校,芽登小学校,螺湾(らわん)小学校
◇中学校1校
 足寄中学校


b0171771_04144236.jpg
写真:ペレット工場として使用中の旧芽登中学校=2011年8月撮影


 十勝毎日新聞が, 「廃校写真や当時の机など展示 足寄」 と伝えています。


 廃校になった町内の小中学校の写真や教科書などを集めたロビー展(町教委主催)が,町民センターで開かれている=写真。17日まで。

 冬期間閉館中の郷土資料館(旧中足寄小学校)に保存・展示されている資料を移動展として初めて展示。明治から昭和にかけての当時の小・中学校の懐かしい写真をはじめ,学校の設立・統廃合の沿革や国語・社会・音楽などの教科書,教室の小さな木製机や椅子,校章などが展示されている。

 校舎の写真は1903(明治36)年開校の西足寄小学校をはじめ25校,中学校は上利別中学校など14校が展示され,足寄の教育の草創期から発展期をうかがい知ることができる。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年02月06日06時30分の記事


[PR]
b0171771_12205456.jpg
写真:士幌町総合研修センター/十勝風景写真館より

 1月19日, 帯広畜産大学監事の山本眞樹夫氏 が,士幌町総合研修センターで開かれた 「第2回地方創生セミナー」で講演 しました。
 「まち・ひと・しごと創生会議」の有識者構成員としての視点から地方の人材育成の重要性を説明し,地方大学の役割とその可能性も示唆しました。

 十勝毎日新聞が,「地域発イノベーション必要 山本帯畜大監事講演 地方創生セミナー」 と伝えています。
 帯広畜産大学監事の山本眞樹夫氏(65)が,士幌町総合研修センターで1月19日に開かれた「第2回地方創生セミナー」(町主催)で講演した。「まち・ひと・しごと創生会議」の有識者構成員としての視点から地方の人材育成の重要性を説明し,地方大学の役割とその可能性も示唆した。講演要旨を紹介する。

大学は土台の人材育成を
 国の総合戦略に基づき,地方が独自の戦略を求められる時代が到来した。従来とは違って地方が独自のビジョンを打ち出し,国に交付金を要求していくこと。つまり,どういった総合戦略を考え,それをどう形にしていくかが今の地方に問われる。ただ,現状は都会の一極集中による地方の衰退が進み,それが若者の中央志向につながるといった負のスパイラルにある。
 地域づくりの基本は「よそ者」「ばか者」「若者」と言われる。地元の人間よりも外から来た人の方が地域の特徴が分かる。老人よりも若い人の方がいろいろな発想が生まれる。ばか者ほど夢に向かってひた走る。こうした人材が地域の活性化には必要だ。
 道内の国立・私立大学を見ると,多くが経営難で定員割れ。田舎の大学を出ても地元に就職先がないため,都会に出て行く傾向は強い。だが,就職情報サイト「マイナビ」が2015年卒の大学生を対象に調査したデータでは,地方の大学に進学した約7割が地元で就職したい,さらには地元外に進学した学生の半数以上が地元就職を希望する数値が表れている。
 このことから,われわれ大学関係者にとっては地域の魅力を伝える,あるいは地域に頼られる大学づくりを進める必要があり,学生がその地域に根差していくと思う。
 そうした上で,私自身は小樽商科大学のような文系大学と,帯広畜産大学のような農業大学を結び付けたい。地方大学を巻き込んだ地域発イノベーションが日本経済の発展につながる。
 その一例として帯広畜産大学が立ち上げた「とかち若牛」プロジェクトは,ブランド戦略の面で実践的なノウハウを持つ小樽商科大学と連携することで新しい牛肉ブランドが生まれるだろうし,十勝全体の利益にもつながる。「とかち若牛」に限らず,イノベーションの組み合わせが重要。地域の産業界や自治体を巻き込み,こうした気付きのプラットホームを構築できれば,地域発イノベーション創出の好循環を生むことができるだろう。
-略-

<山本眞樹夫氏プロフィル>

 1949年,新潟県生まれ。幼少期に小樽市に移り住む。小樽商科大卒。同大学院商学研究科修士課程,東北大学大学院経済学研究科博士課程修了。2008年から小樽商科大学長を務め,14年4月から現職。

以上引用:十勝毎日新聞ニュース/2015年2月7日 13時45分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201502/20150207-0020297.php
[PR]

b0171771_20212249.jpg
写真:JA本別町=2014年8月撮影

 1月28日、JA本別町女性部の創立60周年記念式典 が、本別町中央公民館で開かれ、関係者が節目を祝いました。
 女性部は1955年4月に婦人部として発足し,現在はフレッシュミズ、女性部、コスモスの年齢層に応じた3部門に分かれ、研修などの他、環境美化運動などの独自の活動を展開しています。
 「豆の町・本別」をPRするために「まめっこ倶楽部」や「豆ではりきる母さんの会」を起業し、生豆の販売やみそや豆腐などの加工・販売も手掛けています。


 十勝毎日新聞が, 「60周年盛大に祝う JA本別町女性部」 と伝えています。


 【本別】JA本別町(田中敏行組合長)女性部(井出克子部長、部員110人)の創立60周年記念式典が28日、町中央公民館で開かれ、関係者が節目を祝った。

 女性部は1955年4月に婦人部として発足。現在はフレッシュミズ、女性部、コスモスの年齢層に応じた3部門に分かれ、研修などの他、環境美化運動などの独自の活動を展開。世代を超えた3部門の交流も進めている。

 「豆の町・本別」をPRするために「まめっこ倶楽部」や「豆ではりきる母さんの会」を起業し、生豆の販売やみそや豆腐などの加工・販売も手掛けている。

 記念式典には関係者約100人が出席。物故者への黙とうに続き、井出部長が「先輩が切り開いた道に新しい道をつくり、女性部の活動の輪を広げていきたい」と式辞を述べた。

 田中組合長、高橋正夫町長の祝辞に続き、60周年の歩みをスライドで紹介、3部門代表が活動を報告した。また、フレッシュミズの井出朱美さんが決意表明のスピーチを行った。歴代女性部長の表彰も行われ、岡林節子、篠原寿美江、三井玲子の三氏を表彰した。

 式典後の祝宴では、豚汁やシューマイなど部員手作りのバイキング料理が振る舞われ、出席者は農業の担い手としての女性部の役割を確認しながら懇親した。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年01月30日06時48分の記事


[PR]
b0171771_03393505.jpg
写真:帯広名物「豚丼」=2012年9月ぶた八で撮影

 2月10日は「ぶ(2)たどん(10)」の語呂合わせで 豚丼の日 です。豚丼の日は2010年,食品メーカーのソラチが日本記念日協会に登録して誕生しました。
 この日,帯広市内のスーパーなどでは 豚丼にちなんだ商品を充実 させ,チラシやポップで消費者にPRしました。
 スーパーのイーストモールいちまるでは, 通常の豚丼に加えて豚丼と麺のセットや「豚丼弁当」など4種類も並べ販売しました。

b0171771_03284130.jpg
写真:イーストモールいちまる=2014年7月撮影

 十勝毎日新聞が,「2月10日は豚丼の日 麺セット,弁当,パン…商品充実」 と伝えています。
 【帯広】2月10日は「ぶ(2)たどん(10)」の語呂合わせで豚丼の日-。帯広市内のスーパーなどでは豚丼にちなんだ商品を充実させ,チラシやポップで消費者にPRした。
  豚丼の日は2010年,食品メーカーのソラチ(札幌)が日本記念日協会(東京)に登録して誕生した。
 イーストモールいちまる(帯広市東4南16,丸山夏芽店長)の総菜コーナーでは,普段から販売している豚丼に加えて豚丼と麺のセットや「豚丼弁当」など4種類を販売。十勝では自分で作る人が多いことから,バラ肉のスライスもグラム単価20円ほど安くして「豚丼の日」を周知している。丸山店長は「お客さまの認知度としてはまだまだ。毎月10日には豚丼の商品を充実させていくことなども考えたい」と話す。

ランチパック発売

 山崎製パン(本社東京都)はソラチの「十勝豚丼のたれ」を使った総菜パン「ランチパック(味つけ豚焼肉風)」を2月から道内のスーパーやコンビニで販売,主婦や学生から好評を集めている(販売は3月末まで)。
 たれで味付けした豚焼き肉をふんわりとしたパンでサンド。パッケージには「十勝豚丼のたれ」のイラストをあしらった。同店では今月8~10の3日間で230個を入荷した。初日は70個が売れ,「通常ランチパックシリーズは一日2,3個しか売れないが,新商品にしては異例の人気ぶり」(丸山店長)という。
 ソラチ帯広営業所の辻野弘樹所長代理は「豚丼の日登録から5年目を迎え,徐々に消費者に浸透してきたのでは」とし,さらなる盛り上がりに期待を寄せた。
以上引用:十勝毎日新聞ニュース/2015年2月10日 13時37分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201502/20150210-0020306.php

[PR]