<   2015年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

b0171771_02251449.jpg
写真:豊頃町役場=2012年9月撮影

 豊頃町は,1965年1月1日に町制が施行され, 50周年の節目 を迎えます。 中心部を十勝川が流れ,森林や湖,太平洋の自然豊かな環境の中,十勝開拓の歴史では“玄関口”としての役割を果たしてきました。町内では農林水産業を中核に産業が発展し,多くの町民が二宮尊徳の「報徳のおしえ」を日々の暮らしで実践しています。


 十勝毎日新聞が, 「豊頃町制50周年 豊かな“海山”生かしまちづくり」 と伝えています。


 豊頃町は,1965年1月1日に町制が施行され,来年で50周年の節目を迎える。中心部を十勝川が流れ,森林や湖,太平洋の自然豊かな環境の中,十勝開拓の歴史では“玄関口”としての役割を果たしてきた。町内では農林水産業を中核に産業が発展。多くの町民が二宮尊徳の「報徳のおしえ」を日々の暮らしで実践する。全国的な少子高齢化の波も押し寄せるが,人口対策に向けた新たな取り組みも始まっており,未来に向けて歩み続けている。


/報徳のおしえ胸に 来年5月記念式典/

 町制は,旧豊頃村と旧大津村中部地区が55年に合併してから10年後の開町85年に当たる年に施行された。開町は1880(明治13)年に十勝外4郡戸長役場が大津に開設されて以来,来年で135年になる。

 農業では畑作に加えて酪農・畜産が盛んで,JA豊頃町(山口良一組合長)の生産額は近年100億円を突破,今年度は過去最高となる見通し。浦幌町にも組合員を擁する大津漁協(大津,厚内・十勝太,茅野優組合長)は今年,設立65周年の節目を迎え,7月には記念式典と記念碑除幕式が執り行われた。

 町民の暮らしの支柱は,二宮尊徳の「報徳のおしえ」。1897(明治30)年に尊徳の孫・尊親が二宮地区に入植して「報徳のおしえ」を具現化し,地域発展の基礎を築いた。現在,町内の子供たちにも分かりやすく伝えようと「子ども報徳訓」があり,教育現場にも浸透している。来年10月10日には,町制50周年記念事業の一環で,豊頃を含む全国17市町村の関係者や住民らが集う「報徳サミット」を道内で初めて開催する。

 町の人口は3356人,世帯数は1515戸(11月末現在)。豊頃の長い歴史を振り返ると,過去には人口1万人超の時期もあったが,全国的な少子高齢化の波も押し寄せる。

 こうした中,今年度,町役場の20~40代若手職員らが新たに人口対策の研究チームを発足。12月に全国各地の先進地を視察した。今年度中にも成果をまとめ,今後,取り組むべき政策を提言する方針だ。

 町制施行50周年記念事業では,10月の「報徳サミット」開催や各種講演会に加えて,来年5月31日,える夢館で記念式典が行われる予定。町の発展に貢献した各分野の人たちを表彰し,郷土芸能の披露などを通じて地域の発信につなげていく。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月29日13時26分の記事


[PR]

b0171771_10095583.jpg
写真:藤丸デパート=2014年8月撮影

 12月27日,十勝管内のJAや漁協女性部が手作りした漬物を販売する「十勝農漁村お母さん漬物大集合」が,藤丸7階で始まり,おいしい漬物を買い求めようと大勢の買い物客でにぎわいました。
 十勝の良質な野菜や海産物を使った漬物を味わってもらおうとの催しで,今年で10回目を迎えました。


 十勝毎日新聞が, 「お母さん漬け物市始まる 藤丸」 と伝えています。


 管内のJAや漁協女性部が手作りした漬物を販売する「十勝農漁村お母さん漬物大集合」(実行委員会主催)が27日,藤丸7階で始まり,大勢の買い物客でにぎわった。29日まで。

 十勝の良質な野菜や海産物を使った漬物を味わってもらおうと開き,今年で10回目を迎えた。帯広や広尾などから9団体が参加し,売り場にはたくあん漬けやはさみ漬け,コンブ巻きや煮豆など100種類以上が並んだ。

 中でも大津漁協女性部(豊頃)のいずし(2300円)は開始1時間ほどで売り切れる人気。毎年初日に訪れるという帯広市内の主婦今井明美さん(70)は「店によって味の特徴があり,味見しながら選べるのがいい」と話していた。

 角田吉巨(ひろし)実行委員長は「10回まで続けたいと考えていた。たくさんの人が来てくれてうれしい」と語った。28日午後1時からは,各団体が10回記念で用意した漬物小箱を限定発売する。午前10時~午後7時(最終日は午後4時まで)。(安田義教)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月27日12時35分の記事


[PR]

b0171771_06171787.jpg
写真:幕別町糠内地区=2014年1月撮影

 1月3日,十勝地方は上空に強い寒気が入り,晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象の影響で,各地で厳しく冷え込む朝となりました。
 陸別は氷点下27.5℃ まで下がり,管内の今季最低気温を記録し,全国でも一番の寒さとなりました。
 帯広測候所によると,この他の最低気温は幕別町糠内で同24.6℃など,十勝管内19観測地点のうち10地点で今季最低気温を更新しました。


管内の最低気温/2015.01.03
 △ 陸 別 -27.5℃ / 07:21
 △ 糠 内 -24.6℃ / 07:10
 △ 芽 室 -23.3℃ / 07:11
 △ 駒 場 -22.8℃ / 07:00
 △ 足 寄 -22.5℃ / 07:20
 △ 帯広泉 -22.2℃ / 07:18
 △ 更 別 -22.0℃ / 02:23
 △ 糠 平 -21.7℃ / 05:03
 △ 本 別 -21.4℃ / 07:40
 △ 上札内 -20.9℃ / 05:47
 △ 池 田 -20.6℃ / 06:55
 △ 帯 広 -19.8℃ / 07:27


 十勝毎日新聞が, 「陸別氷点下27.5度 管内10地点で今季最低気温 」 と伝えています。


 十勝地方は3日,上空に強い寒気が入り,晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象の影響で,各地で厳しく冷え込む朝となった。陸別は氷点下27・5度まで下がり,管内の今季最低気温を記録,全国でも一番の寒さだった。

 帯広測候所によると,この他の最低気温は幕別町糠内で同24・6度,足寄で同22・5度,更別で同22・0度,中札内村上札内で同20・9度など。帯広も今期最低の同19・8度だった。管内19観測地点のうち10地点で今季最低気温を更新した。

 音更町内の十勝川河川敷では,草木に付いた水蒸気が凍り,辺り一面が銀世界に包まれた。厳しい冷え込みの中,朝からスノーラフティングや熱気球を楽しむ人も見られ,十勝の寒さならではのレジャーを思い思いに満喫していた。

 4日も厳しく冷え込むと予想されている。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年01月03日10時22分の記事


[PR]

b0171771_01293541.jpg
写真:新得町役場=2014年8月撮影

 新得町は広内地区の道道夕張新得線の西2線から西4線間の延長1100メートルに 防犯灯10基を設置 します。
 11月28日に町議会が実施した第3回子ども議会の中で,小学生から問題提起を受けて設置を判断しました。


 十勝毎日新聞が, 「子ども議会提案受け街路灯整備へ 新得」 と伝えています。


 【新得】町は広内地区の道道夕張新得線の西2線から西4線間の延長1100メートルに防犯灯10基を設置する。11月28日に町議会が実施した第3回子ども議会の中で,小学生から問題提起を受けて設置を判断した。

 同区間には西2線,西3線,西4線のそれぞれの交差点に街路灯が設置されているものの,その途中の区間には街路灯がない。

 道立畜産試験場(町新得西5線39)の職員住宅から市街地の小・中学校に通う児童・生徒がおり,日没が早い冬期間や部活動での下校時に真っ暗な中を帰っている。

 昨年度の子ども議会でも防犯灯の設置を求める声が上がり,町が道に要請したものの,設置要項に合致せず,見送られていた。

 今年の子ども議会でも新得小6班が再質問の中で同区間への設置を求め,町も検討を約束。庁内協議の中で防犯上危険と判断し,道の占用許可を得て設置することになった。

 防犯灯は,100メートル間隔に設置し,照明柱新設は4基,北電の電柱への共架式は6基。それぞれ発光ダイオード(LED)40ワット相当を取り付け,事業費は約200万円。

 町施設課は「今年度内または新年度の早い時期に対応したい」としている。

 昨年度の子ども議会では町内での花火大会の開催を求める声が上がり,今年9月に山形県東根市との友好都市提携20周年を記念して14年ぶりに花火大会が行われた。(大野篤志)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月25日08時27分の記事


[PR]
b0171771_00321327.jpg
b0171771_00320100.jpg写真上:ホッキョクグマの解説標示
写真下:ポリバケツで遊ぶ
「アイラ」
=いずれも2012年8月撮影

 クリスマスの12月25日が誕生日のおびひろ動物園の ホッキョクグマの「アイラ」 に全国のファンから続々とプレゼントが届いています。アイラは,メスで今年4歳になりました。
 おびひろ動物園では,オスで6歳の「イコロ」と妹のアイラ2頭のホッキョクグマを飼育しており,いずれも札幌市円山動物園の生まれで,帯広に移動後も全国から熱心なファンが足を運んでいます。


 十勝毎日新聞が, 「ホッキョクグマ『アイラ』誕生日おめでとう 贈り物続々」 と伝えています。


 【帯広】クリスマスの12月25日が誕生日のおびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2,高橋利夫園長)のホッキョクグマの「アイラ」(雌,4歳)に全国のファンから続々とプレゼントが届いている。

 同園では「イコロ」(雄,6歳)と妹のアイラ2頭のホッキョクグマを飼育。いずれも札幌市円山動物園の生まれで,誕生から絶大な人気を誇り,帯広に移動後も全国から熱心なファンが足を運んでいる。

 イコロの誕生日は12月9日で,同園には12月に入ると宅配便でプレゼントが届く。今年も1~23日に札幌や帯広をはじめ,遠くは福岡県,兵庫県,埼玉県などから24件の寄付が寄せられた。4月からの寄付件数は209件に上る。

 倉庫には牛肉,リンゴ,ミカンの他,山形県産ラフランスやブドウ,熊本県産スイカ,福岡県産のイチゴなど高級果実も並ぶ。プールに浮かべて遊ぶブイや,2頭の似顔絵入りの灯油用ポリタンクのおもちゃも。

 寄せられた餌はホッキョクグマだけではなく,他の動物たちにも“お裾分け”され,寄付者も理解しているという。柚原和敏副園長は「餌代は毎年決められているので,こうして食の選択の幅が広がることは動物にとってもうれしいはず」と,動物たちに訪れたクリスマスを喜んでいる。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年12月25日 13時48分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201412/20141225-0019992.php


[PR]

b0171771_13342796.jpg
写真:とかちプラザ=2014年8月撮影

 12月23日, 第4回畜大ふれあいフェスティバル が,帯広市内のとかちプラザで開かれました。多くの家族連れでにぎわい,科学実験体験のほか大学や管内高校が手掛けた商品を味わいました。
 帯広畜産大学の研究や取り組みを一般市民に知ってもらおうと開かれ,谷昌幸准教授と,帯広畜産大と包括連携協定を結ぶカルビー馬鈴薯研究所の住ノ江努主任がジャガイモの種類や加工法について講演しました。

参考:帯広畜産大学「第4回畜大ふれあいフェスティバルの開催について」
http://www.obihiro.ac.jp/topic/2014/fureai.pdf


 十勝毎日新聞が, 「科学の不思議を体験 畜大ふれあいフェスティバル」 と伝えています。


 帯広畜産大学(長澤秀行学長)の「畜大ふれあいフェスティバル」が,23日午前10時から帯広市内のとかちプラザで開かれた。多くの家族連れでにぎわい,科学実験体験のほか大学や管内高校が手掛けた商品を味わった。

 同大の研究や取り組みを一般市民に知ってもらおうと開かれ,今年で4年目。谷昌幸准教授と,同大と包括連携協定を結ぶカルビー(本社東京)馬鈴薯研究所の住ノ江努主任がジャガイモの種類や加工法について講演した。

 帯畜大生が各種実験コーナーを設けたほか管内高校が手掛けたビネガーやヨーグルトの販売も行われ,生徒が笑顔で接客した。

 カルビー社員によるポテトチップスの味付け体験は,大勢の子供たちが注目。製造工程を映像で学んだ後,数種類の味の粉を選び,ポテトチップスが入った袋に入れて振った。帯広柏小2年の今野天斗(たかと)君はギョーザ味とナポリタン味に挑戦。「おいしいよ」と笑顔で他の人にもお裾分けし満足そうな様子だった。(高津祐也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月23日12時33分の記事


[PR]