<   2015年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

b0171771_08014047.jpg
写真:ダッカ市の新年の祝い「ポヘラ・ボイシャク
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%83%E3%82%AB#mediaviewer/File:Pohela_boishakh_2.jpg

 政権への抗議活動が発生している バングラデシュを訪問中のJICA(国際協力機構)北海道 の教師海外研修団は,日本時間の1月8日夜,当初の日程を2日早めて 11日までに出国 することを決めました。
 研修団には,池田高校教諭の米家直子さんが参加しています。
 バングラデシュでは現在,バングラデシュ民族主義者党など野党が全国規模で道路や鉄道,水上交通の封鎖を実施し,首都ダッカでも治安当局との衝突が生じています。
 治安の悪化に収束の兆しが見えないため,安全確保を優先しました。現在,団員にけが人などはいませんが,JICA北海道は「現地の状況を見つつ,安全を第一に判断した」とのことです。


 十勝毎日新聞が, 「バングラデシュ研修団が帰国へ 治安悪化で日程短縮」 と伝えています。


 【十勝】政権への抗議活動が発生しているバングラデシュを訪問中のJICA(国際協力機構)北海道の教師海外研修団は,日本時間の8日夜,当初の日程を2日早めて11日までに出国することを決めた。治安の悪化に収束の兆しが見えないため,安全確保を優先した。現在,団員にけが人などはいないが,JICA北海道は「現地の状況を見つつ,安全を第一に判断した」としている。

 バングラデシュでは現在,バングラデシュ民族主義者党(BNP)など野党が全国規模で道路や鉄道,水上交通の封鎖を実施し,首都ダッカでも治安当局との衝突が生じている。

 さらに9~11日には,ダッカ郊外でイスラム教の世界最大規模の集会のひとつ「ビッショエスティマ」が始まり,大勢の巡礼者がダッカに押し寄せることが想定される。

 JICA現地事務所は巡礼後の治安悪化や空路を含めた交通の混乱を避けるため,11日までの離国を研修団に提案。研修団がこれに応じた。10日までは可能な限り中学校訪問などを行い,10日夜か11日に現地を離れる。飛行機のチケットが取れるかどうかは9日までに確認し,空席が少なければ2グループに分かれての帰国も検討する。

 研修団は8日,NGO団体が運営するダッカ市内スラム街の小学校を訪問。現地の子供たちと触れ合うことがかなったばかり。
   -略-
 研修団は道内の小・中・高の教員11人とJICA北海道の職員2人,道教大の大津和子副学長の全14人。一行は4日に新千歳空港を出発し,5日からの暴動の発生によってダッカに足止めされた。当初は13日まで滞在し,同国南東部チッタゴンなども訪問する予定だった。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年1月9日 13時46分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201501/20150109-0020097.php


[PR]

b0171771_08370814.jpg
写真:十勝ワインブドウ園=2011年8月撮影

 1月11日に開かれた池田町成人式で,人気音楽グループ「ドリームズ・カム・トゥルー(ドリカム)」のボーカルで 池田出身の吉田美和さんがサプライズ登場 し,新成人が2012年にドリカムと一緒に摘んだブドウで造られた十勝ワインをプレゼントしました。  池田町の新成人たちは中学3年生だった2009年6月,ワイン城の敷地でドリカムのリーダー中村正人さんと共にブドウ250本を植栽し,「ドリカムブドウ園」を完成しました。その後,12年には吉田さんと中村さんの2人が来町し,当時高校3年生になった今回の新成人たちとブドウ「山幸」380kgを収穫し,そのブドウからワインが造られました。


 十勝毎日新聞が, 「サプライズ!ドリカム登場 池田町成人式」 と伝えています。


 【池田】11日に開かれた町成人式で,人気音楽グループ「ドリームズ・カム・トゥルー(ドリカム)」のボーカルで池田出身の吉田美和さんがサプライズ登場し,新成人が2012年にドリカムと一緒に摘んだブドウで造られた十勝ワインをプレゼントした。新成人たちは思わぬプレゼントに歓声を上げていた。

 池田町の新成人たちは中学3年生だった2009年6月,ワイン城の敷地でドリカムのリーダー中村正人さんと共にブドウ250本を植栽し,「ドリカムブドウ園」を完成。その後,12年には吉田さんと中村さんの2人が来町し,当時高校3年生になった今回の新成人たちとブドウ(山幸)380キロを収穫し,そのブドウからワインが造られた。

 成人式では町教委の萬一幸教育委員長が「人との出会いや絆を大事にして自らの道を歩み,周りの人や社会を支える人となることを願う」とあいさつ。勝井勝丸町長,田井秀吉町議会議長が来賓あいさつした。

 続いての記念品贈呈でドリカムが紹介されると,会場からは大きな歓声が上がった。新成人を代表して鹿追在住の自衛官岩部滉平さん(20)が吉田さんから,町内在住の会社員小林咲希さん(19)が中村さんからワインを手渡された。

 吉田さんは新成人たちに「生きているといろんなことがあるけど,自分の足で立てるよう,強い心と優しい気持ちが皆さんのそばにあることを祈りたい」とエールを送っていた。
 -略-
(井上朋一)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年01日11時19分01の記事


[PR]

b0171771_12464711.jpg
写真:中札内交流の杜=2014年8月撮影

 中札内交流の杜(こうりゅうのもり)は1月6日から、施設内にリラクセーション室を新設し、アスリートに愛好家が多い 「酸素カプセル」を導入 しました。
 十勝管内スポーツ施設での設置は初めてで、選手の治療や疲労回復のみならず、二日酔い緩和などさまざまな効果があるとされています。


参考:『高気圧酸素カプセル』-中札内交流の杜ホームページ-
http://www.koryu-no-mori.com/fac_o2.html


 十勝毎日新聞が, 「酸素カプセルを導入 中札内交流の杜」 と伝えています。


 【中札内】中札内交流の杜(村東4北1)は6日から、施設内にリラクセーション室を新設し、アスリートに愛好家が多い「酸素カプセル」を導入した。管内スポーツ施設での設置は初めて。選手の治療や疲労回復のみならず、二日酔い緩和などさまざまな効果があるとされており、指定管理者ユービックの池本雅幸社長は「スポーツをしない人でも気軽に使ってほしい。村民が気軽に足を運んでくれる施設になれば」と話している。

 交流の杜は、旧中札内高校の校舎やグラウンドを活用したスポーツ合宿・芸術文化活動の拠点として2009年にオープンした。サッカーのU-15世代全国大会adidasカップが毎年開催されている他、4~9月の夏季シーズンを中心に全道各地からスポーツや文化団体、企業などが利用。昨年度の利用は727団体(前年度比161団体増)と過去最高を更新した。

 一方、村民利用はフットサルやバスケットボールなどで、冬期間の体育館が中心だ。そこで、村民がより利用しやすい施設づくりを検討。「健康機器のような感覚で誰でも手軽に使うことができる」という酸素カプセルが最高のツールになると考え、導入を決めた。

 施設内1階の書庫だった部屋約20平方メートルを改装、酸素カプセルを置いた。コンクリート打ちの壁は、防寒を施し木目調に変えた。床には、カーペットを敷いて観葉植物などを配置。「くつろぐことができる空間を演出した」という。

 村民は初回限定60分1500円、村外在住者は同2000円。事前予約が必要。問い合わせは交流の杜(0155・67・2068)へ。(小寺泰介)

<酸素カプセル>
 加圧された内部環境で横になって休息することで、肺胞から酸素を取り入れる効率が向上する。ロンドン五輪(12年)マルチ・サポートハウスにも持ち込みが許可され注目を集めた。ハードなスポーツトレーニング後の疲労やけがの早期回復はもちろん、冷え性改善や二日酔いの緩和、アンチエイジングなどにも効果が期待できるという。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年01月08日06時00分の記事


[PR]

b0171771_08570901.jpg
写真:タウシュベツ川橋梁=2007年3月撮影。雪と氷に覆われた湖面から橋脚が出ている晩冬期
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%99%E3%83%84%E5%B7%9D%E6%A9%8B%E6%A2%81#mediaviewer/File:Taushubetsu_Bridge_0703.jpg


b0171771_01451310.jpg 厳冬期を迎え、上士幌町の糠平湖では、湖底に沈んでいた旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁の 「タウシュベツ川橋梁」 が早くも顔を出し始めました。
 湖面には可燃性ガスが氷の中に閉じ込められてできた模様も形成され、自然の織りなす不思議な光景が広がっています。

 私(ブログ作成者)は,昨年(2014年)の8月,ぬかびら源泉郷に宿泊しました。昨年の夏は水位が低く,「幻の橋」の全体像を見渡せました。右の写真は,その時撮影したものです。 ホテルの方の話では,8月に橋梁全体を見ることができるのは,あまりないことだそうで,私は幸運にもその機会に恵まれました。
右下写真:タウシュベツ川橋梁=2014年8月撮影


 十勝毎日新聞が, 「絶景タウシュベツ 自然の不思議…“ガス”氷詰め」 と伝えています。


 【上士幌】厳冬期を迎えた糠平湖では、湖底に沈んでいた旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁(きょうりょう)の「タウシュベツ川橋梁」(町ぬかびら源泉郷)が早くも顔を出し始めた。湖面には可燃性ガスが氷の中に閉じ込められてできた模様も形成され、自然の織りなす不思議な光景が広がっている。

 タウシュベツ川橋梁は昨年12月上旬からの水位低下で見え始めた。もともと少雪や少雨の影響で湖水面が低かった影響で、すでに全体の3割ほどが見えている。NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンターの上村潤也さんは「水位の低下は昨年より2週間早い」とした上で、「(橋梁の)傷みが広がっていて表面のコンクリートの穴も大きくなっているように見える」と話す。

 結氷した湖面に見られる気泡は、円盤状で垂直方向に何枚も重なるように形成されている。積雪が少ない時期に観察しやすく、ワカサギ釣りが行われている五の沢付近に多いという。ひがし大雪自然館学芸員の乙幡康之さんは「おそらくメタンなどのガスが湖底から湧き上がってできたのだろう。温泉地という地域性も関係しているのでは」と分析する。

 天候の急変に加え、気泡の近辺は氷が薄い場所もあるため注意が必要。観察は同センターでもツアーガイドを行っている。問い合わせは同センター(01564・4・2261)へ。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年1月7日 13時49分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201501/20150107-0020083.php


[PR]

b0171771_02215007.jpg

写真:両国国技館=作成:2006年2月24日
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%A1%E5%9B%BD%E5%9B%BD%E6%8A%80%E9%A4%A8#mediaviewer/File:Ryogoku_Great_Sumo_Hall.jpg


 1月11日に初日を迎える,大相撲初場所(一月場所)において、八角部屋所属で 本別町・本別中学校出身の北勝若 大智(ほくとわか だいち) は、番付で幕下東49枚目になりました。
 北勝若は,11日の初日,幕下東50枚目の 鳥羽の山と対戦します。

 北勝若は,九州場所(十一月場所)において,幕下東56枚目で,2勝3敗から2連勝して4勝3敗と勝ち越しています。


[PR]

b0171771_09191227.jpg
写真:富良野演劇工場作成2008年2月9日
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』/「富良野市」より
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/fa/%E5%AF%8C%E8%89%AF%E9%87%8E%E6%BC%94%E5%8A%87%E5%B7%A5%E6%88%BF.JPG


 富良野市在住の脚本家倉本聰さんの作・演出による富良野GROUP公演「ノクターン-夜想曲」で, 帯広出身の松本りきさんが主役に抜てき されました。
 この作品は東日本大震災,福島第1原発事故をテーマとし,1月10日に富良野市の富良野演劇工場で全国公演がスタートし,十勝公演は千秋楽の3月14日,幕別百年記念ホールで行われる予定です


 十勝毎日新聞が, 「主役に帯広出身の松本さん 倉本聰さん舞台」 と伝えています。


 【帯広】富良野市在住の脚本家倉本聰さん(80)の作・演出による富良野GROUP公演「ノクターン-夜想曲」で,帯広出身の松本りきさん(34)が主役に抜てきされた。同作品は東日本大震災,福島第1原発事故をテーマとし,10日に富良野で全国公演がスタート。十勝公演は千秋楽の3月14日,幕別百年記念ホールで行われる。

 倉本さんが「早くも風化しつつある震災や原発事故を改めて問い直す,自分なりの『鎮魂歌』」と話す作品は,東日本大震災から数年後の福島が舞台。原発事故で避難区域となった海辺の一軒家に,津波で2人の娘を亡くした中年の男と同僚を亡くした新聞記者が入り込む。そこで松本さんが演じる津波で父親を失った彫刻家の女性と出会い,物語が進んでいく。

 2013年8月10~12の3日間,“実験”として上演した後,倉本さんが大幅に改稿した。今月10~18日の富良野を皮切りに,道内8カ所,福島県内5カ所を含む全国24カ所39公演を予定している。

 5日午後,富良野市内の劇場「富良野演劇工場」で公開通し稽古が行われ,松本さんはミステリアスな雰囲気を醸し出す女性の役を熱演。大役に緊張を見せつつも「公演に向けてどれだけ魂を込められるか。被災地や被災者の方の心に寄り添えるような舞台にしたい」と意気込みを語った。

 十勝公演に向けては「この舞台は『故郷』がテーマ。誰よりも特別な思いを持って十勝公演に臨むことができる。十勝への愛情を込めたい」と話した。

 松本さんは1980年,帯広生まれ。帯広柏小,帯広第三中(現・翔陽中),帯広三条高校卒。19歳のときに倉本さんの「富良野塾」に入塾した。2010年に富良野塾が閉塾した後も演劇集団「富良野GROUP」や「富良野塾OBユニット」などとして活躍している。

 幕別公演は3月14日午後7時開演。チケットはA席3500円,B席3000円(当日券はいずれも500円増し)。勝毎サロン(藤丸7階)などで扱っている。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年1月6日 13時47分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201501/20150106-0020077.php


[PR]
b0171771_17542197.jpg

画像:資料館「昔の手仕事道具展」チラシ=本別町ホームページから
http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/news/img/tesigotodougutentirasi.pdf#search='%E6%9C%AC%E5%88%A5+%E4%BC%81%E7%94%BB%E5%B1%95%E3%80%8C%E6%98%94%E3%81%AE%E6%89%8B%E4%BB%95%E4%BA%8B%E9%81%93%E5%85%B7%E5%B1%95%E3%80%8D'

b0171771_06363167.jpg右写真:本別町歴史民俗資料館
=2014年1月撮影

 本別町歴史民俗資料館で,資料館企画展「昔の手仕事道具展」を開催 しています。糸紡ぎ機,足踏みミシン,炭火アイロンなどから,昔の「衣生活」の知恵と工夫を紹介しています。
 また,1月15日の午後,「えとの未(ひつじ)年にちなんで,かわいらしいモコモコのヒツジを作ろう」-羊毛フェルト手芸教室 が,開かれます。
 講師は町内美蘭別(びらんべつ)で羊を飼育している横山小月さんで,今回の企画展に自家製の羊毛を使った手編み・手織りのマフラーやバッグ,フェルト小物を展示しています。


企画展「昔の手仕事道具展」
◇ 期間:2014年11月11日(火)~2015年2月27日(金)
◇ 会場:本別町歴史民俗資料館
入館料:無料


 十勝毎日新聞が, 「15日羊毛フェルト教室 モコモコのヒツジ作ろう 本別」 と伝えています。


 「えとの未(ひつじ)年にちなんで,かわいらしいモコモコのヒツジを作ろう」-。羊毛フェルト手芸教室(町歴史民俗資料館,町図書館主催)が15日午後1時半から同3時半まで,同資料館で開かれる。

 講師は町美蘭別で羊を飼育している横山小月さん。同資料館で開かれている企画展「昔の手仕事道具展」に自家製の羊毛を使った手編み・手織りのマフラーやバッグ,フェルト小物を展示している。

 当日は,羊毛を針で刺して思い思いのヒツジを作る。紡毛(ぼうもう)機で毛糸を紡ぐ体験もできる。

 対象は小学生以上。親子での参加も大歓迎。参加料は300円(保険料,材料費込み)。はさみ,古雑誌または古タオル持参。定員は20人。参加希望者は7日までに同資料館(0156・22・2141)または同図書館(0156・22・5112)へ申し込む。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年01日31時22分01の記事


[PR]

b0171771_18240604.jpg
写真:足寄町役場=2014年8月撮影

 足寄町は12月26日,生活協同組合コープさっぽろと, 高齢者見守り協定を締結 しました。
 コープさっぽろの宅配事業「トドック」の配達担当者が,配達先の高齢者宅で異変などを察知した場合,関係先へ通報するシステムです。


 十勝毎日新聞が, 「コープさっぽろと高齢者見守り協定 足寄」 と伝えています。


 【足寄】町は26日,生活協同組合コープさっぽろ(札幌市,大見英明理事長)と,高齢者見守り協定を締結した。

 コープさっぽろの宅配事業「トドック」の配達担当者が,配達先の高齢者宅で異変などを察知した場合,関係先へ通報するシステム。足寄町では全世帯の15・3%に当たる534世帯が「トドック」を利用。このうち,65歳以上の利用者は95人,うち10人が独り暮らし。

 締結式は町役場で行われ,コープさっぽろの中島則裕専務と安久津勝彦町長が協定書に調印した。安久津町長は「足寄は広域に高齢者が住んでおり,見守り・安否確認の協定はありがたい」,中島専務は「将来的には,地域で暮らし続ける高齢者へのサポート役が目標」と話していた。

 コープさっぽろは2010年から見守り事業を開始。足寄町の見守り協定締結は道内市町村では109番目,管内では12番目。昨年は50件の異変通報を行った。(佐野榮一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月28日06時15分の記事


[PR]

b0171771_12140977.jpg
写真:清水町図書館・郷土資料館=2014年1月撮影

 清水町図書館は,「読めば幸せやってくる 寿春」と題して 本が3冊入った福袋 を用意し,年明け7日から貸し出すを行います。
 1990年に開館し,今年25周年を迎えた図書館館の記念企画の第1弾として実施されます。


 十勝毎日新聞が, 「『本の福袋』を貸し出し 清水町図書館」 と伝えています。


 【清水】町図書館(市川優一館長)は,「読めば幸せやってくる 寿春」と題して本が3冊入った福袋を用意し,年明け7日から貸し出す。

 1990年に開館し,今年25周年を迎えた同館の記念企画の第1弾。

 同館の3人の司書が「ほっこり幸せ」「初笑い確約」「ちょっぴりコワイ? なんか妖怪(ようかい)?」「目からうろこ 豆知識」などをテーマに選択した本3冊を詰め込んだ福袋を大人向け,子供向け合わせて30セット用意した。

 年明けの開館日に合わせて展示コーナーに置く。同館の村越亜里紗さんは「中身は秘密。気になるテーマの福袋を利用してもらえれば」と話している。(大野篤志)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月30日23時00分の記事


[PR]

b0171771_17290753.jpg
写真:鹿追町環境保全センター=2014年7月撮影

 12月29日,鹿追保育園に 鹿追町環境保全センターのハウスで収穫されたマンゴー 2個がプレゼントされました。
 センターではバイオガスプラントの排熱利用としてマンゴー栽培やチョウザメ養殖などに取り組んでいます。マンゴーは,園児たちに切り分けて配られました。
 
 十勝毎日新聞が, 「保育園児がマンゴー試食 鹿追」 と伝えています。

 鹿追保育園(﨑野靖子園長,園児94人)に29日,鹿追町環境保全センター(町中鹿追)のハウスで収穫されたマンゴー2個がプレゼントされ,園児たちは大喜びだった=写真。

 同センターではバイオガスプラントの排熱利用としてマンゴー栽培やチョウザメ養殖などに取り組んでいる。マンゴー栽培は町農村青年会(植田憲明会長,会員30人)が町に提案して実現,4月の苗木定植後,同会が管理してきた。

 この日は「北国でのマンゴー栽培を実感してもらおう」と吉田弘志町長と植田会長が同保育園に届けた。甘い香りが漂うマンゴーは切り分けて園児に配られ,東福寺快心ちゃん(6)は「甘くておいしい」とにこにこ顔だった。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月30日10時00分の記事


[PR]