<   2014年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧

b0171771_18431318.jpg
写真:新得物産株式会社=2014年8月撮影

 師走に入り,「新得そば」を製造する新得物産で, お歳暮用の年越しそばの生産がピーク を迎えています。
 地元や道内産のそば粉を使い,寒干しの原理を生かした冷風低温乾燥システムで乾麺を製造しており,今年も30日までフル操業を続けます。
 新得物産の「新得そば」は,年間出荷の約3分の1が11,12月に集中しています。


 十勝毎日新聞が, 「年越しそば フル操業 お歳暮用が人気」 と伝えています。


 【新得】師走に入り,「新得そば」を製造する新得物産(新得町基線104,清水輝男社長)で,お歳暮用の年越しそばの生産がピークを迎えている。地元や道内産のそば粉を使い,寒干しの原理を生かした冷風低温乾燥システムで乾麺を製造しており,今年も30日までフル操業を続ける。

 同社の「新得そば」は,年間出荷の約3分の1が11,12月に集中している。贈答用は2000~5000円前後のセット商品を中心に1日約2000箱(約3万2000食)を作る。パート職員を増やして態勢を整え,約20人が休む時間を惜しみながら箱詰め作業に手を動かしている。

 出荷先は道内を中心に各デパート,スーパーなどで,この時期には通信販売による個人客の注文も多い。

 今年のソバは天候不順で収穫の遅れはあったものの,平年並みの収量で,品質は良好。清水社長は「年越しそばは昔からの日本の食文化。年末に間に合うよう頑張って作っていくので買い求めてもらえれば」と話している。

 商品は同社のネットショップや,工場に併設する「そばの館」の売店でも販売している。問い合わせは同社(0120・410・908)へ。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年12月6日 14時11分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201412/20141206-0019857.php


[PR]

b0171771_19471165.jpg
写真:高雄市大樹区側から望むフォルモサ高速公路・高屏渓斜張橋。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A8%B9%E5%8C%BA#mediaviewer/File:Xiezhanggqiao_Gaoxiong.jpg


 大樹町と台湾・高雄市大樹区の交流 が充実しています。両方の有志が行き来し,大樹町役場には大樹区との交流コーナーが設けられています。
 文字通り「大樹」という文字が大きな樹木となって北海道と台湾を結ぶ架け橋となっています。


 十勝毎日新聞が, 「台湾との交流広がりに期待 大樹」 と伝えています。


 【大樹】大樹町と台湾・高雄市大樹(だいじゅ)区の交流が充実している。両方の有志が行き来し,町役場には同区との交流コーナーが設けられている。文字通り「大樹」という文字が大きな樹木となって北海道と台湾を結ぶ架け橋となっている。

 2008年,自身の名前に「大樹」と付いた“大樹町特別町民”が,大樹町と高雄市大樹(だいじゅ)区(旧大樹郷)にそれぞれを紹介したことをきっかけに,交流が始まった。

 町内からは11年に有志が台湾を訪問。12年には同区関係者が大樹の3大まつりの一つ「柏林公園まつり」に足を運んでいる。今年4月には大樹と台湾の親善と友好を促進する「町日台親善協会」(福岡孝道会長)が設立され,9月に同協会メンバーが同区を再訪し日本人技師・飯田豊二氏が同区内で設計した鉄橋の100周年イベントに出席。陳菊高雄市長,黄傳殷区長らの歓待を受けた。

 このとき寄贈されたヒノキ製のプレート(縦40センチ,横約90センチ)は持ち帰れたが,鉄橋模型(幅150センチ,奥行き30センチ)は大きすぎて持ち帰れなかった。福岡会長は「気持ちに応えられず,申し訳なかった」と残念がったが,11月に同区農業課長の李育傳,同区内の飲食店オーナーの伍哲輝両氏が同模型を届けるために来町。感動の再会を果たした。

 プレートと模型は8月に台北駐日経済文化代表所札幌分所の陳桎宏分所長がプレゼントした金箔(きんぱく)画とともに,町役場2階に展示されている。福岡会長は「今後も友好・交流の輪が広がることを期待している」としている。

 同市は南部に位置する台湾第2の都市。同市と旧大樹郷(町)が合併した同区は人口4万3000人の地域で,名産はパイナップルとライチ。(関根弘貴)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月06日10時53分の記事


[PR]
b0171771_18170291.jpg
写真:おびひろ動物園入口=2014年1月撮影


 12月6日, おびひろ動物園の冬季営業 が,スタートしました。
 この日を待ちわびた家族連れらが訪れ,寒さに負けず元気いっぱいの動物たちに歓声を上げました。ペリカンの飼育舎に入って間近で観察する小学生たちがいました。
 冬季営業は来年2月28日までの土・日曜,祝日で,氷まつり期間の2月6日は開園する予定です。


 十勝毎日新聞が, 「おびひろ動物園冬季営業スタート,白い息はく動物に歓声」 と伝えています。


 おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2,高橋利夫園長)の冬季営業が,6日午前11時にスタートした。この日を待ちわびた家族連れらが訪れ,寒さに負けず元気いっぱいの動物たちに歓声を上げた。

 開園時の市内の気温はマイナス2・5度。よく晴れて風もなく,来園者は「思ったより寒くなく,過ごしやすい」(市内の39歳女性)と,ゆっくりと園内を巡っていた。

 1964年にやってきたインドゾウのナナ(雌,推定53歳)は,白い息を吐きながら日光浴をしていた。小学生の一日飼育体験も行われ,10人がエゾシカやペリカンに餌を与えた。
  -略-
 冬季営業は来年2月28日までの土・日曜,祝日(氷まつり期間の2月6日は開園)。時間は午前11時~午後2時。(酒井花)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月06日13時16分の記事


[PR]

b0171771_05461437.jpg
写真:浦幌町中央公民館=2012年6月撮影

 11月27日,浦幌町の英語指導助手ニコル・L・ワグナーさんによる 「サンクスギビングデー」料理教室 が,町中央公民館で行われました。
 ワグナーさんによる英会話教室の生徒や帯広からの参加を含む14人が受講し,七面鳥料理に挑戦しました。


 十勝毎日新聞が, 「アメリカの収穫祭料理学ぶ 浦幌」 と伝えています。


 【浦幌】町の英語指導助手ニコル・L・ワグナーさん(26)によるサンクスギビングデー(収穫感謝祭)料理教室が11月27日,町中央公民館(佐藤芳雄館長)で行われた。

 ワグナーさんによる英会話教室の生徒や帯広からの参加を含む14人が受講し,アメリカ料理に挑んだ。

 収穫感謝祭は,収穫を祝って悪霊を追い出す行事に由来しており,現代では家族が集まって一緒に七面鳥(ターキー)の蒸し焼きを食べることで知られる。

 この日は,七面鳥(ターキー)とマッシュポテト,バターコーン,ブロッコリーチーズ,チョコケーキ,コーンブレッドを調理。七面鳥には内部にバターを塗って野菜を詰め,塩,コショウ,ハーブで味付け。オーブンで焼き,完成した料理を盛り付けて全員で楽しく試食した。

 町内在住の部田麻紗乃さん(25)は「ケーキ作りは大変だけどおいしかった」と楽しそうに話していた。(広橋基嗣通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月05日23時30分の記事


[PR]

b0171771_19594225.jpg
写真:帯広競馬場=2014年1月撮影

 12月16~23日,道や帯広市などでつくる「北海道・アジア交流促進事業実行委」は,アジア各地の「北海道ファン」が道内各地でご 当地クイズに挑戦する「北海道ドリームゲームショー」 を開催します。
 18日には10人の挑戦者たちが十勝を訪れ,帯広競馬場で問題に挑みます。様子を収めた番組は来年に世界10カ国・地域で放映される予定です。


 十勝毎日新聞が, 「クイズ番組で帯広,北海道発信 アジアなど10カ国で放映」 と伝えています。


 【十勝】道や帯広市などでつくる「北海道・アジア交流促進事業実行委」は16~23日に,アジア各地の「北海道ファン」が道内各地でご当地クイズに挑戦する「北海道ドリームゲームショー」を開催する。18日には10人の挑戦者たちが十勝を訪れ,帯広競馬場で問題に挑む。様子を収めた番組は来年に世界10カ国・地域で放映される予定で,現地発の新鮮な情報・魅力発信によりアジア圏との交流や来道促進が期待されている。

 関係自治体などで組織する同実行委(委員長・小磯修二北大公共政策大学院特任教授)が,アジアから道内を旅行する交流人口の増加や,ビジネス促進を狙って初企画した。かつて人気を呼んだテレビ番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」をイメージしたクイズ・旅番組を目指している。

 すでに9~10月にインドネシア・ベトナム・シンガポール・タイ・台湾の5カ国・地域で予選を開催。20歳以上の日本語のできる男女が条件で,日系企業の現地社員や日本語専攻の学生などから広く募集した。

 予選には約350人が参加し,日本語での問題やパフォーマンスで日本通をアピールし,5組10人が道内での決勝進出を決めた。優勝ペアには賞金100万円と北海道との往復航空券,札幌の専門学校での日本語留学授業料1年間分(100万円相当)が贈られる。

 10人は16日に函館を出発し,留寿都,帯広,釧路,網走,旭川,札幌の道内7カ所で地域住民と交流し,クイズを通して“北海道愛ナンバー1”を競う。十勝では18日に帯広と音更町の十勝川温泉を訪れ,帯広競馬場などでクイズに挑む。

 決戦の模様は来年2~3月にHTB(北海道テレビ)の番組「LOVE HOKKAIDO」で放送され,参加5カ国・地域の他,中国,カンボジア,ペルー,米国ハワイでも放映される。HTB編成局プロデュース部の佐藤浩章部長は「道民も知らないアジアの『北海道大好き』な人たちの素顔を伝えたい」とコメントしている。来年以降も,季節を変えて開催・放送する計画を持っている。

 実行委に参加する帯広市は「東南アジアからの訪日観光客は急増している。雪がない地域で,北海道には憧れやブランドを感じている。各国で放送されるので,魅力を発信し,十勝・帯広を訪れてもらえるよう期待したい」(観光課)としてる。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年12月5日 13時59分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201412/20141205-0019850.php


[PR]

b0171771_19372506.jpg
写真とかち帯広空港内の売店=2014年1月撮影

 国内では珍しい 真冬に収穫される 音更産マンゴー が,JR帯広駅やとかち帯広空港の売店で期間限定で販売されています。
 栽培する「ノラワークスジャパン」が,多くの人にマンゴーを知ってもらおうと持ち掛けた。JR帯広駅直結の商業施設エスタ帯広内に出店する「十勝しんむら牧場」では12月5日,マンゴーの果肉を載せたサンデーの販売を期間限定で始めました。


 十勝毎日新聞が, 「音更産マンゴー味わって 帯広駅と空港で期間限定販売」 と伝えています。


 【十勝】国内では珍しい真冬に収穫される音更産マンゴーが,JR帯広駅やとかち帯広空港の売店で期間限定で販売されている。栽培する「ノラワークスジャパン」(帯広市,中川裕之社長)が,多くの人にマンゴーを知ってもらおうと持ち掛けた。JR帯広駅直結の商業施設エスタ帯広内に出店する「十勝しんむら牧場」(上士幌町,新村浩隆社長)では5日,マンゴーの果肉を載せたサンデーの販売を期間限定で始めた。

 音更産マンゴーはブランド名「白銀の太陽」として4年前に試験栽培に取りかかった。今年から本格的に出荷する態勢となり,約1800個の収穫を見込んでいる。

 マンゴーの生果は2日から,とかち帯広空港の北海道十勝みやげ名店会と,JR帯広駅の同牧場の売店コーナーに1個7560円,2個1万800円で25日まで販売。中川社長は「十勝でもマンゴーを作っていることを伝えたい」と話す。

 同駅では十勝しんむら牧場の人気商品の一つで,カップに入れたソフトクリームにシロップなどをかけた「サンデー」にマンゴー果実を約50グラム載せた「白銀のサンデー」も登場。新村社長は「マンゴーは高級で簡単に買うことができないが,有料試食だと思って試してほしい。サンデーと味も合う」と話す。1個1080円。21日までをめどに金,土,日曜日に数量限定で販売する。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年12月5日 13時55分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201412/20141205-0019849.php


[PR]

b0171771_19131023.jpg
写真:作製中の氷像(緑ヶ丘公園会場)=2014年1月撮影

 12月4日,「第52回おびひろ氷まつり」に向け,大雪像造りなどに協力する陸自第5旅団第4普通科連隊と,主催する帯広のまつり推進委員会は,行事支援に関する協定 を結びました。
 氷まつりは,来年2月6~8日に帯広市緑ケ丘公園などで開かれます。

 十勝毎日新聞が, 「市と陸自第4普連,雪像製作協定結ぶ  おびひろ氷まつり」 と伝えています。


 「第52回おびひろ氷まつり」に向け,大雪像造りなどに協力する陸自第5旅団第4普通科連隊(境孝明連隊長)と,主催する帯広のまつり推進委員会(会長・米沢則寿市長)は4日,行事支援に関する協定を結んだ。

 祭りは来年2月6~8日に帯広市緑ケ丘公園などで開かれる。同隊は期間中,延べ800人体制で協力する。大雪像のコンセプトは「ありのままの『十勝,とかち,TOKACHI,トカチ』」。サイロやトラクター,氷壁画で十勝の農場風景を表現する。毎年,子供たちに大人気の滑り台(高さ約7メートル,長さ約27メートル)も制作する。

 同日午前11時半から帯広駐屯地で行われた協定の調印式では,境連隊長と米沢市長が握手を交わし,祭りの成功を誓い合った。米沢市長は「氷だけど温かかったと言ってもらえるような祭りにしたい」と話し,境連隊長は「昨年以上のものができるよう,隊員一同心を込めて協力したい」と応えた。(丹羽恭太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月04日12時23分の記事


[PR]
b0171771_15333583.jpg

写真:帯広市内を走る十勝バス 2011年8月撮影


 来年度, 十勝バスが保育所の開設 を計画しています。
 十勝バスが運営する通所介護施設の空きスペースで,少人数の預かり保育から始め,将来的には新施設をます。バス会社が保育事業に取り組むのは道内で初めといわれます。


 十勝毎日新聞が, 「来年度中に保育所開設 十勝バス」 と伝えています。


 十勝バス(帯広市,野村文吾社長)は来年度,保育所の開設を計画している。同社が運営する通所介護施設の空きスペースで少人数の預かり保育から始め,将来的には新施設を建設し規模を拡大していきたい考え。詳しい計画は今年度中にまとめるが,現時点では来年夏から秋にかけての開設を予定している。北海道バス協会によると,同協会会員のバス会社が保育事業に取り組むのは道内で初めて。

 同社はバス事業を柱とするが,「バス利用者以外の生活を手助けし,生活の安心を支えていきたい」との理念の下,2006年に介護事業を始めた。小規模の訪問介護を皮切りに,居宅介護支援,通所介護(デイサービス)事業と手を広げてきた。

 介護事業が軌道に乗ってきたことで,3年ほど前から保育,教育分野への進出を考え始めた。今年度を調査・研究期間とし,法的な手続きや保育所の規模,人材確保などについて,保育資格を持つ同社の介護ヘルパーなども交えながら協議している。

 現時点では,通所介護施設「デイサービスかちばす」(帯広市西14南32)の2階の空きスペースを活用する方向で,建物の改修も考えている。0~3歳児程度の乳幼児について,10人未満の預かり保育からスタートしていくことを想定している。同じ建物内に高齢者と子供が一緒になることで,世代間交流を図る狙いもある。

 保育事業が順調に進めば,将来的には新施設を建設し,受け入れ人数なども増やしていく方針。また,幼保一元化の認定こども園への移行も視野に入れていく。

 同社の米田孝統括本部長は「今後は配食サービスなども地域貢献として考えており,地元の人たちに必要とされる会社にしていきたい」と話している。(津田恭平)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月04日12時45分の記事


[PR]

b0171771_20531408.jpg

参考写真:マンゴー(アーウィン種の果実)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%BC#mediaviewer/File:Carica_papaya_1_(Piotr_Kuczynski).jp

 12月2日,音更マンゴーの収穫ピークを迎えている「ノラワークスジャパン」の音更町下士幌の温室に,マンゴーの産地で有名な 宮崎県の生産者ら4人が視察 に訪れました。メンバーは,宮崎県果樹振興協議会亜熱帯果樹部会の河野英利会長ら生産者3人と日南市のJAはまゆう営農指導課の金丸祐貴主幹です。
 「ノラワークスジャパン」は今年,約1800個の収穫を計画しており,本格的な出荷が初めての年。サイズ・品質の面で最高の等級が見込める実もあり,視察した生産者は出来栄えに感心していました。


 十勝毎日新聞が, 「マンゴーの出来は… 宮崎県から視察」 と伝えています。


 【音更】マンゴーの収穫ピークを迎えている「ノラワークスジャパン」(帯広市,中川裕之社長)の音更町下士幌の温室に,マンゴーの産地で有名な宮崎県の生産者ら4人が視察に訪れた。同社は今年,約1800個の収穫を計画しており,本格的な出荷が初めての年。最高の等級(サイズ・品質)が見込める実もあり,視察した生産者は出来栄えに感心していた。

 同県果樹振興協議会亜熱帯果樹部会の河野英利会長ら生産者3人とJAはまゆう(同県日南市)営農指導課の金丸祐貴主幹が2日に訪れた。同社は4年前にマンゴー栽培に取り掛かり,宮崎県の農家らに栽培指導を受けてきた。

 外気が氷点下に近い中でも,温室は太陽光やモール温泉熱,さらに補助暖房を活用して室温は25~28度に保たれている。実ったマンゴーには,大きい物で1個900グラム以上のものも見込まれ,視察者は「これは5L(最高ランク)になりそうだ」と話していた。

 9月にも摘果を指導するために訪れていた河野会長は「立派な実をならせることができた。(果実の)表皮のきめが細かくきれい。(本格的な)出荷1年目でこのレベルなら今後が楽しみ」と,さらなるレベルアップに期待していた。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年12月12日 13時58分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201412/20141212-0019893.php


[PR]

写真:ぬかびら源泉郷スキー場=2014年8月撮影

 12月1日,十勝管内スキー場のトップを切って,上士幌町の ぬかびら源泉郷スキー場の 合宿向けコースがオープン しました。
 ぬかびら源泉郷スキー場では,11月15日から人工降雪機6台をフル稼働させ,競技者向けに圧雪して,昨年に比べ1週間早いオープンとなりました。


 十勝毎日新聞が, 「待ちわびたシュプール ぬかびら源泉郷スキー場」 と伝えています。


 【上士幌】管内スキー場のトップを切って1日午前,ぬかびら源泉郷スキー場(石田稔弓支配人)の合宿向けコースがオープンし,道外からのスキーヤーが初滑りを楽しんだ。

 同スキー場では11月15日から人工降雪機6台をフル稼働させ,競技者向けに圧雪。「ここ数日は朝晩の冷え込みが続き,風もなかったため,作業が順調に進んだ」(石田支配人)といい,昨年に比べ1週間早いオープンとなった。

 この日は岩手県スキー連盟に所属する高校生から大学生まで27人が来場。午前9時にリフトが始動すると早速乗り込み,整備されたゲレンデに次々とシュプールを描いた。15年以上,同スキー場で合宿を行っている同連盟の松浦高行強化委員長は「思っていたより硬めのバーンで,滑りやすい」と話していた。

 一般向けのオープンは28日。今季はメンテナンスの関係で第2,第3リフトの運行が休止となり,スキー場正面のロマンスリフトと第1高速リフトだけを稼働させる。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年12月1日 13時55分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201412/20141201-0019816.php


[PR]