<   2014年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧

b0171771_17174527.jpg
写真: 帯広大谷短期大学=2014年6月撮影

 12月15日、 帯広大谷短大と音更町社会福祉協議会 は、介護福祉分野での連携に関する 包括協定を締結 しました。
 町社協としては、介護職を目指す学生の教育支援、大谷短大側としては、町内の福祉施設職員の人材育成などに努め、地域の福祉力の向上を目指します。
 大谷短大社会福祉科介護福祉専攻では、3年前から志願者が減り、現在の学生数は1、2年合わせて計53人と80人の定員を割る状態で、高齢化が進む中、地域への人材供給で不安を抱えています。


 十勝毎日新聞が, 「介護福祉で包括連携 帯大谷短大と音更社協」 と伝えています。


 【音更】帯広大谷短大(田中厚一学長)と町社会福祉協議会(河田さえ子会長、町社協)は15日、介護福祉分野での連携に関する包括協定を締結した。町社協では、介護職を目指す学生の教育支援、大学側では、町内の福祉施設職員の人材育成などに努め、地域の福祉力の向上を目指す。

 同大社会福祉科介護福祉専攻では3年前から志願者が減り、現在の学生数は1、2年合わせて計53人と定員(80人)割れ。高齢化が進む中、地域への人材供給で不安を抱える状況となっている。「地域での活動を通じて福祉の仕事の魅力を感じてほしい」(田中学長)と大学側が町社協へ協定を働き掛けた。

 協定では、介護福祉分野での教育支援、人材育成、事業推進など7項目を連携事項に掲げている。具体的な取り組みは来年1月に両者で設ける「連携連絡会議」で話し合い、来年度から順次、実施に移す予定。地域サロンへの学生派遣や大学による社協職員、介護現場のスタッフらを対象とした学習会などの案が上がっている。

 調印式は役場で行われ、田中学長、河田会長が協定書に署名、押印した。田中学長は「学生が地域に入り、評価を受けることで学生の意識向上が図られる。地域で若者を育てていきたい」、河田会長は「協定によって大学が大きな役割を担ってくれる」とそれぞれ期待を述べた。

 式に立ち合った寺山憲二町長は「将来、都市部の高齢者を地方が受け入れる事態も想定される。介護職の人材育成からもメリットは大きい」と協定を歓迎した。(平野明)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月17日06時00分の記事


[PR]
b0171771_21583426.jpg
写真:宿泊先の本別グランドホテル=2014年8月撮影

 本別町農業委員会は,来年1月31日,2月1日に開く カップリングパーティー の参加者を募集しています。
 参加対象は,男性が町内の独身農業者,女性は農業に興味がある独身者で,年齢は男女ともにおおむね20~40歳で,女性の居住地は問いませんない


 十勝毎日新聞が, 「カップリングパーティー参加者募集 本別」 と伝えています。


 【本別】町農業委員会は来年1月31日,2月1日に開くカップリングパーティーの参加者を募集している。

 参加対象は,男性が町内の独身農業者,女性は農業に興味がある独身者で,年齢は男女ともにおおむね20~40歳。女性の居住地は問わない。募集人数は男女各10人程度。参加費は男性が5000円,女性が3000円。

 デコレーションケーキ作りや農業体験の他,期間中に町内で開かれるイベント「雪あかりナイト」で幻想的なキャンドルを見ながら楽しいひとときを過ごす。

 1月31日午前11時15分,町役場前集合,2月1日午後3時半解散。宿泊は本別温泉グランドホテル。参加希望者は1月14日までに,町農業委員会事務局(0156・22・8125)に申し込む。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月19日06時30分の記事


[PR]
b0171771_02345642.jpg
写真:美瑛岳からの望む十勝岳
作成: 1998年8月9日
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E5%8B%9D%E5%B2%B3#mediaviewer/File:Mount_Tokachi_from_Mount_Biei_1998-8-9.jpg

 12月16日、気象庁は 十勝岳に火口周辺警報を発表 し、噴火警戒レベルを1(平常)から レベル2(火口周辺規制)に引き上げ ました。
 今後、ごく小規模な噴火が起こる可能性があり、気象庁では、62-2火口から半径約1km以内には近づかないよう呼び掛けています。


 十勝毎日新聞が, 「十勝岳の噴火警戒レベル『2』に引き上げ」 と伝えています。


 気象庁は16日午後2時、十勝岳に火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げた。

 今後、ごく小規模な噴火が起こる可能性があり、同庁では、62-2火口から半径約1キロ以内には近づかないよう呼び掛けている。

 同庁によると、十勝岳ではここ数年、山体の浅い部分が膨張していたほか、大正火口の噴煙量が増えるなど火山活動の活発化をうかがわせる観測結果がでていた。

 今年7月ころから、62-2火口に近い観測点で、浅い部分の山体膨張を示すとみられる地殻変動の変化率も大きくなっていた。

 同岳の噴火警戒がレベル2に引き上げられるのは、2008年の警戒レベル運用以来初めて。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月16日15時20分の記事


[PR]

b0171771_01545476.jpg
写真:池田町千代田ブドウ園=2011年8月撮影
 

 凍結させたブドウを使う今年産 「アイスワイン」の醸造 に向け,12月13日早朝池田町千代田ブドウ園で 凍結した「山幸」種ブドウの収穫 が行われました。
 暗く冷え込みも厳しい中,池田町や町ブドウ・ブドウ酒研究所の職員たちが,凍結して硬くなったブドウを手早く摘みました。
 アイスワインは,毎年,この時期に収穫し,天然に凍らせたブドウを凍結したまま搾って造ります。

 十勝毎日新聞が, 「凍結ブドウ収穫 アイスワインに」 と伝えています。


 【池田】凍結させたブドウを使う今年産「アイスワイン」の醸造に向け,13日午前5時半から町千代田ブドウ園で「山幸」種ブドウの収穫が行われた。未明で暗く冷え込みも厳しい中,町や町ブドウ・ブドウ酒研究所の職員たちが,凍結して硬くなったブドウを手早く摘んだ。

 アイスワインは,天然に凍らせたブドウを凍結したまま搾って造る。毎年,この時期に収穫し,未明の一番冷える日の出直前までの時間に職員総出で一斉に作業に当たる。今年は約30人が1時間ほどかけておよそ500キロを収穫した。

 午前6時の池田の気温は氷点下13.6度。防寒具を着込んで手袋をした職員たちは食害防止ネットを外すと木に残ったブドウを摘んでコンテナに投入。吐く息が白く立ち上った。

 収穫されたブドウはすぐに同研究所へ運ばれ,手作業で圧搾した。

 今年産ブドウのアイスワインは来年12月にも発売される予定。

 同研究所の内藤彰彦所長は「今年はブドウ自体の出来が良く,近年にないほど収穫のタイミングも良い。甘みと酸味のバランスが整ったおいしいアイスワインになると期待したい」と話していた。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年12月13日 13時59分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201412/20141213-0019899.php


[PR]
b0171771_19490260.jpg
b0171771_20113832.jpg写真:燃えるメタンハイドレート
地図:2008年までに調査された日本周辺海域におけるメタンハイドレート推定埋蔵域
(民間等による一部の調査は除く)
以上出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88


 十勝沖に存在されるとされる 次世代エネルギー資源「メタンハイドレート」 に関し,北見工業大は12月10日までに,十勝沖で海洋調査を行い,存在を示唆する メタンの吹き出しを確認 したと発表しました。
 北見工大によると,11月22~25日に,神戸大と共同で,表層型メタンハイドレートの調査を行った結果で,十勝沖では初めての発見とされます。


 十勝毎日新聞が, 「十勝沖でメタンハイドレート確認 北見工大が発表」 と伝えています。


 十勝沖に存在されるとされる次世代エネルギー資源「メタンハイドレート」に関し,北見工業大は10日までに,十勝沖で海洋調査を行い,存在を示唆するメタンの吹き出しなどを確認したと発表した。十勝沖では初めての発見としている。

 同大によると,11月22~25日に,神戸大と共同で,表層型メタンハイドレートの調査を行った結果,海底からの巨大なメタン(天然ガスの主成分)の吹き出しを観察した他,メタンの分解に伴う反応で生成されたと考えられる「炭酸塩」を数多く採取したという。同大は「メタンハイドレートの存在を示唆する重要な指標」としている。

 十勝沖では水深約800~1200メートルの一帯に,存在を示す海底疑似反射面が確認され,大量に集まる「濃集帯」の存在が期待されており,広尾町は2003年以降,国に対する開発要望を続けている。

 調査した同大工学部の山下聡教授は「十勝沖にメタンハイドレードがある可能性が非常に高いとの確証を得た」と意義を語った。


<メタンハイドレート>

 海底の地層内などに埋蔵される天然ガスの1種で「燃える氷」とも称され,次世代エネルギーとして注目される。日本近海での埋蔵量は,国内で使用する天然ガスの約100年分に相当するとされている。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月10日13時29分の記事


[PR]

b0171771_19020724.jpg
写真上:択捉島(1,585mの散布山,1,563mの北散布山)
b0171771_19025757.jpg写真下:択捉島地図
出典:いずれも,フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%9E%E6%8D%89%E5%B3%B6

 73年前12月8日,日本は米国の真珠湾を攻撃し,4年間に及ぶ泥沼の太平洋戦争に突入しました。 出撃の地となった択捉(えとろふ)島の元島民 は当時とその後を振り返り,戦争にもてあそばれた年月の長さを痛感しています。
 芽室上美生中で11月25日に行われた「北方領土学習」では,元島民で帯広市に住む安田愛子さんが,「村は自然が豊かで,平和だった。」と1年生6人に語り掛けました。


 十勝毎日新聞が, 「真珠湾攻撃出撃の地,択捉島 記憶語り継ぐ元島民」 と伝えています。


 【十勝】73年前のきょう12月8日,日本は米国の真珠湾を攻撃し,4年間に及ぶ泥沼の太平洋戦争に突入した。出撃の地となった択捉島の元島民は当時とその後を振り返り,戦争にもてあそばれた年月の長さを痛感する。

 芽室上美生中で11月25日に行われた「北方領土学習」。元島民で帯広市に住む安田愛子さん(75)は1年生6人に語り掛けた。「村は自然が豊かで,平和だった。島を古里と決めた人たちは,明るい希望を持って生活していた」

 同島蘂取(しべとろ)村出身の安田さんの記憶にある島での暮らしは,つつましくも穏やかなものだった。秋になるとサケ漁の出稼ぎ労働者で活気づき,漁が終わればまた元の静けさに。小学校の運動会や村祭りが一番の娯楽で,大人も子供も一緒に楽しんだ。

 同島紗那(しゃな)村出身の帯広市在住,武田政子さん(81)は「生活は質素だが,食べるのには困らなかった」と振り返る。山に行けば山菜やコケモモなどがあり,畑では必要十分な野菜が取れた。秋には翌春までの米を買い付け,どこの家にも米俵が積んであった。「親は苦労していたかもしれないが,私自身は北海道に引き揚げるまでひもじい思いをした記憶がない」

 一方,静かな島の暮らしの中にも戦争は暗い影を落としていた。蘂取村出身の帯広市の和田政能さん(90)は高等小学校を卒業し,島内で営林署や逓信省などの仕事を手伝っていた1941年9月,家人から室蘭に行くよう命じられた。向かった先は日本製鋼所。徴用工として,大砲の砲身などを作る仕事が待っていた。

 同年11月,同島中部の単冠(ひとかっぷ)湾に空母6隻を含む連合艦隊の艦船30隻余りが集結した。この時,島内では通信が一切封鎖されたため,その艦隊が真珠湾に向かったことを終戦後に知った島民は少なくない。一方,戦果の知らせは直ちに届けられた。武田さんは,シンガポール陥落(42年2月)の祝いに,教師が子供たちにゴムまりを配ったことを鮮明に記憶している。

 ただ,間もなく訪れる戦況の悪化は隠しようもなかった。和田さんは「終戦の前年に休暇で島に帰ったら,村の近くの監視所に勤めているのが女子に代わっていた。室蘭でも作るものがなくなっていたし,もう戦争も長く続かないなと感じた」。

 そして終戦。豊かな島の暮らしが戻ってくるはずだったが,70年がたとうとする今もそれは実現していない。武田さんは言う。「引き揚げてからは生活がやっとで,島のことを思い出す暇もなかった。最近はようやく懐かしく思う余裕ができたが,今さら島が返ってきてもこの年では住めない。時間が,かかり過ぎた」

 和田さんは「日本が軍隊を持っていれば,もう少しロシアにものが言えたのかな。でも,戦争なんてしたくないし,してほしくもない。年も年だし,もう諦めの気持ちしかない」とこぼす。今年の夏,最後の墓参のつもりで島を訪れ,そこに眠る4人のきょうだいや親類に別れを告げた。

 1万7000人余りいた元島民も現在は7000人を切り,高齢化も進む。安田さんは管内ただ一人の語り部として,経験を語り継ぐ。安田さんは授業の最後に子供たちに訴えた。「美しく,資源豊かな宝の島北方領土は,島民だけのものではなく,日本国民全員の財産。一日も早くロシアと安定した友好関係が築けるよう,正しい知識と認識を持って勉強して」


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年12月8日 13時56分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201412/20141208-0019867.php


[PR]

b0171771_02094206.jpg
写真:とかち帯広空港=2014年1月撮影

 急速に発達した低気圧が北海道東にある影響で、十勝地方は16日午後から17日にかけて 大雪に見舞われ ました。
 17日はJR特急で始発から12本が運休、とかち帯広空港の東京線3便が欠航しました。各地で交通がまひし、ほとんどの学校が休校になりました。
 17日午前8時までの各地の24時間降雪量は、ぬかびら源泉郷と帯広空港で68cm、新得66cm、上士幌65cmなど。帯広でも60cmを記録しました。
 17日午後、幕別町で、木造の倉庫が倒壊し、中にいた74歳の女性が、倉庫の下敷きになって死亡しました。


 十勝毎日新聞が, 「十勝に大雪 交通まひ 帯広60センチ 新得66センチ」 と伝えています。


 【十勝】急速に発達した低気圧が北海道東にある影響で、十勝地方は16日午後から17日にかけて大雪に見舞われた。17日はJR特急で始発から12本が運休、とかち帯広空港の東京線3便が欠航した。各地で交通がまひし、ほとんどの学校が休校になった。18日にかけても風の強い状況が続く見込みで、引き続き交通障害や雪崩、屋根からの落雪などに注意が必要。

 17日午前8時までの各地の24時間降雪量は、ぬかびら源泉郷と帯広空港で68センチ、新得66センチ、上士幌65センチなど。帯広でも60センチを記録した。積雪は新得が69センチ、上士幌が63センチとなり、12月の1位の値を更新した。16日夕方から管内全域に出されていた大雪警報は、17日朝に解除された。沿岸には引き続き暴風・波浪警報が出ている。

 十勝総合振興局は17日午前9時半、災害対策十勝地方連絡本部を設置し、情報収集に当たっている。同局によると、国道274号の日勝峠が吹雪のため16日夜から通行止めとなっている。国道273号の三国峠も雪崩のため通行止め。その他に幕別大樹線(15号)など道道8路線で通行止めが続いている。道東自動車道も占冠-十勝清水間などで一時通行止めとなった。

 公共交通機関にも乱れが生じた。JRは特急スーパーとかち・おおぞらがいずれも、17日の始発から6号までの計12本が運休。根室線は釧路-富良野間で同日午後1時頃までの快速・普通合わせて36本が運休となった。空の便も同日朝のJAL1151、1152便とエア・ドゥ61便が運休。

 大雪と風で倒木が電線に接触した影響で、各地で停電も発生した。北海道電力帯広支店によると、17日午前0時以降、本別町で357戸、音更町駒場で46戸、浦幌町活平で19戸、幕別町忠類12戸、同町本町・幸町86戸、豊頃町統内62戸、広尾町豊似146戸、帯広市大正町で2戸が停電したが、市大正町を除いて正午までに復旧した。

 十勝教育局などによると、管内の小・中学校は148校中134校、その他に高校20校、養護学校など3校も休校となった。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年12月17日 13時25分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201412/20141217-0019929.php


[PR]

b0171771_17510968.jpg
写真:帯広競馬場=2014年1月撮影

 12月8日,馬の飼養管理や防疫学習を目的に,帯広畜産大学共同獣医学課程の3年生38人が,帯広競馬場の厩舎地区を訪れ,競馬場診療所の森田美範獣医師から 馬の診療について授業 を受けました。動物衛生学実習の一環で,競馬場での授業は初めてでした。


 十勝毎日新聞が, 「馬の診療 競馬場で学ぶ 帯畜大生 OB獣医師から」 と伝えています。


 【帯広】馬の飼養管理や防疫学習を目的に,帯広畜産大学共同獣医学課程の3年生38人が8日,帯広競馬場の厩舎(きゅうしゃ)地区を訪れ,同競馬場診療所の森田美範獣医師から馬の診療について説明を受けた。

 動物衛生学実習の一環で,同競馬場での授業は初めて。

 今年JRA研究員から同大に赴任した南保泰雄教授らが引率した。

 同大のOBでもある森田さんは10年以上にわたる診療経験のエピソードを写真を使いながら学生に紹介。「馬が重篤状態かどうかは確定的に診断できず,治療と安楽死の判断はシビアで怖い」と難しさの他,「『汚い』とか『人数がいない』で手を出さないのは言い訳。どんな場面でもちゅうちょしてはいけない」と仕事への思いを語った。

 最後に「馬の診療は体力が必要だが,踏ん張って気持ちのある人は前に進んでほしい」と“獣医の卵”たちにエールを送り,学生の尾崎彩さん(20)は「教科書では学べない現場で働く人の話が聞けて大動物への興味が湧いた」と話した。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月10日 14時23分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201412/20141210-0019876.php


[PR]

b0171771_20435533.jpg
写真:ムーミン一家の家=フィンランド・ナーンタリにあるテーマパーク,ムーミンワールドに再現された。先祖が暮らしていたストーブをモデルに,ムーミンパパがひとりで建てたとされる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3#mediaviewer/File:Muminkoland.JPG


 北海道立帯広美術館で13日に開幕する生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 ~ムーミンと生きる~に合わせ,14日に「ムーミン」がやって来ます。
 観覧券購入者を対象に写真撮影を行うことができます。
 「ムーミン」シリーズを生んだトーベ・ヤンソン(1914-2001)の生誕100周年を記念した展覧会で,フィンランド国立アテネウム美術館で開催した回顧展を日本向けに再構成した展示です。


生誕100周年 トーベ・ヤンソン展
 ~ムーミンと生きる~
 ◇期日:2014年12月13日~2015年2月15日
 ◇会場:北海道立帯広美術館


 十勝毎日新聞が, 「ムーミンがやって来る  トーベ・ヤンソン展」 と伝えています。


 道立帯広美術館で13日に開幕する「生誕100周年 トーベ・ヤンソン展~ムーミンと生きる~」(北海道立帯広美術館,十勝毎日新聞社など主催)に合わせ,14日同館に「ムーミン」がやって来る。同展の観覧券購入者を対象に写真撮影を行うことができる。

 「ムーミン(トロール)」は,トーベ・ヤンソンの小説や漫画などの「ムーミン・シリーズ」の主人公。ムーミン谷で暮らす妖精で,日本を含む世界各地に熱烈なファンがいる。

 撮影時間は午前11時,午後0時半,同2時,同3時半から各30分間。各回開始30分前に整理券を配布する(各先着120人)。問い合わせは同社事業局(電話0155・22・7555)へ。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月08日11時34分の記事


[PR]

b0171771_20474954.jpg
写真:帯広警察署=2012年6月撮影

 道警は固定電話にかかってくる悪徳業者からの電話などをブロックする機器 「迷惑電話チェッカー」の設置を推進 していて,2年間無料で機器を貸し出しています。
 機器を固定電話に取り付けると,関係機関がまとめたブラックリストや利用者が個別に登録した「迷惑電話番号」からの着信を色で識別する仕組みです。


参考:株式会社エイビット「迷惑電話チェッカー」
http://www.abit.co.jp/product/phs/wx07a.html


 十勝毎日新聞が, 「迷惑電話チェッカー推進中 道警」 と伝えています。


 道警は固定電話にかかってくる悪徳業者からの電話などをブロックする機器「迷惑電話チェッカー」の設置を推進している。機器を固定電話に取り付けると,関係機関がまとめたブラックリストや利用者が個別に登録した「迷惑電話番号」からの着信を色で識別する。既に設置した広尾町内の高齢者世帯では「変な電話に出ずに済むので便利」と安心感が生まれている。2年間無料。

 「振り込め詐欺」などの特殊詐欺や過剰な勧誘・宣伝の被害防止対策の一環。受話器を上げても良いかどうかを電話をかけてきた相手の番号に応じて3色の光で知らせる。(1)自分で通話許可番号(家族や友人)として登録している場合は「青」(2)登録していない場合は「黄」(3)通話を拒否したい迷惑電話番号として登録されている場合は「赤」。(1),(2)のときは着信音が鳴るが,(3)のときは鳴らないようにしている。

 道警は電気通信事業者ワイモバイル(東京)と連携し,各署を通じて2年間,機器を無料で貸し出している。月額基本料(毎月667円)も無償。十勝管内5署でも設置を呼び掛けている。

 広尾署(岩佐敏朗署長)は高齢者世帯を中心に利用の呼び掛けを強化。3日には同署員が夫(73)らと暮らしている山内雅子さん(77)宅で「迷惑電話チェッカー」を設置した。「よく分からない会社から電話がかかってくることが多い」という山内さんは,「電話に出てしまうと,むげには切れない。できることなら出ずに済ませたいと思っていたので,出る前に相手が分かるのはありがたい。友達にも勧めたい」と話していた。

 同署は「チェッカーの設置は被害を防ぐために有効。ぜひ最寄りの警察署に申し込みを」と呼び掛けている。(関根弘貴)

 十勝管内各署の問い合わせ先は次の通り。
▽帯広署=0155・25・0110
▽池田署=015・572・0110
▽本別署=0156・22・0110
▽新得署=0156・64・0110
▽広尾署=01558・2・0110


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月日時分の記事


[PR]