<   2014年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

b0171771_08404960.jpg

写真:帯広市民文化ホール=2014年1月撮影


 9月6,7日,帯広出身の映画監督熊切和嘉さんの最新作で,モスクワ国際映画祭で最優秀作品賞と最優秀男優賞を獲得した「私の男」の上映会 が,帯広市民文化ホールで開かれます。
 舞台あいさつのため帰郷した熊切監督に,「私の男」への思いや次回作への意欲などを十勝毎日新聞が紹介しています。


 十勝毎日新聞が, 「帯広市出身熊切監督『うそっぽさに毒吐く』 映画『私の男』」 と伝えています。
◆-----------------------------------------------------------------------◆
 帯広出身の映画監督熊切和嘉さん(40)の最新作で,モスクワ国際映画祭で最優秀作品賞と最優秀男優賞を獲得した「私の男」の上映会が6,7日,帯広市民文化ホールで開かれる。舞台あいさつのため帰郷した熊切監督に,「私の男」への思いや次回作への意欲などを聞いた。


 -モスクワ国際映画祭最優秀作品賞の受賞を知ったときの気持ちは

 賞の発表当日は台北映画祭の審査員として台湾にいた。プロデューサーから携帯電話に着信がいっぱいあり,「何か賞に引っかかったのかな」とタクシーの中で電話したら,「それどころじゃないよ。グランプリですよ」と伝えられた。僕もタクシーの中で叫んでしまった。日本で盛り上がっていたのを身近に見ていなかったので,話題になっていたことは後で知った。


 -「私の男」を振り返って。

 15年やってきた今だから撮れたと思う。すごく難しい男女の関係を描いたとは自分でも思っている。実際あり得ることだと思うし,それを色眼鏡なしに,変に美化せず厳しさを持った上で描きたかった。賞なんて全然考えていなかった。本当に好き放題やった映画がこういう結果になり,やっぱり映画は好き放題,自由にやるべきだと改めて思った。


 -「私の男」では父と子の愛を描いた。タブーへ挑戦していく意欲の源は
 うそっぽいところには毒を吐きたい。また,僕自身,強烈な映画が好き。マーティン・スコセッシ監督の「タクシードライバー」を初めて見たとき,どう見ていいのか分からないが,なんか圧倒されるという感じが好きだった。そういう映画を久しく見ていないなと思い,たたかれても自分が撮ってやろうという覚悟でやっている。後々たたかれても作ってしまえば映画は残るから。

-略-

■6,7日「私の男」帯広上映
 6日午後7時からと7日午前10時からの2回,帯広市民文化ホールで開かれる。いずれも熊切監督の舞台あいさつがある。前売り1400円,当日一般1800円。なお同映画は「R15+指定」(15歳未満の入場・鑑賞禁止)作品。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年09月06日 14時03分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201409/20140906-0019187.php


[PR]

b0171771_04465140.jpg
写真:前田茂雄氏=前田農産食品合資会社ホームページより
http://www.co-mugi.jp/office/


 9月11日,NHKラジオ第1で放送中の「ラジオ深夜便」に,本別町の 前田茂雄氏が出演 し,本別の現状を報告します。


NHKラジオ第1「ラジオ深夜便」
☆日時:9月11日 (木) 午後11:20〜午後11:59 (39分)
☆出演コーナー
 ▽日本列島くらしのたより
  「北海道本別町」前田茂雄氏


前田茂雄の経歴
1974年 北海道・本別町出身。
東京農業大学 卒業後,テキサスA&M州立大学,アイオワ州立大学にて米国の大規模農業経営や流通を学ぶ。
1999年 前田農産食品合資会社入社。
 4代目として本別町で就農。
現在,専務取締役社長


[PR]

b0171771_07473102.jpg
写真:本別町歴史民俗資料館=2012年9月撮影


 9月の防災月間に合わせ, 「防災を考える」企画展 が,9月3日から,本別町歴史民俗資料館で開かれています。
 本別町の備蓄品や町内外の過去の災害を写真など展示しています。資料館が防災に関する展示会を開くのは初めてで,10月31日まで実施されます。
 町内で過去に起きた災害の様子も紹介されていて,1919年9月の利別川のはんらんにより家屋46戸が流失した大洪水では,市街地が水没した写真が目を引いています。


資料館企画展「防災を考える」
☆期間:9月3日(水)~10月31日(金)
  ※日・月曜日・祝日は休館
☆会場:本別町歴史民俗資料館
☆入館料:無料
☆内容:阪神淡路大震災と東日本大震災の資料、本別町の災害の歴史と防災の取り組み

 十勝毎日新聞が, 「本別 防災展初開催 備蓄品や大洪水の写真展示」 と伝えています。


 【本別】9月の防災月間に合わせ,「防災を考える」企画展が,町歴史民俗資料館で開かれている。町の備蓄品展示の他,町内外の過去の災害を写真で伝えている。同資料館が防災に関する展示会を開くのは初めて。10月31日まで。

 3日に始まった。町が災害時用に備蓄している毛布やマット,可搬型発電機,保存食などを展示している。町内で過去に起きた災害の様子も紹介し,1919年9月の利別川のはんらんによる大洪水(家屋流失46戸,浸水家屋510戸)では,市街地が水没した写真が衝撃的だ。

 また,洪水や地震など町内で起きた災害をまとめた年表,釧路沖地震(93年1月)や十勝沖地震(2003年9月)の町の被害状況や防災訓練の写真も展示している。

 東日本大震災と阪神・淡路大震災の写真も掲示。町が職員を派遣したり,支援物資を送るなど交流がある宮城県三陸町の被災状況を捉えた写真もある。震災を伝える河北新報の新聞,各報道機関の震災写真記録集などもあり,大震災の被害の甚大さを改めて知ることができる。

 同資料館の田野美妃館長は「人間の歴史は自然との闘いの歴史。全国的に防災・減災の意識が高まる中,災害に備えるため,災害を知り,災害から学ぶきっかけにしてほしい」と来場を呼び掛けている。入館無料。開館時間は午前9時~午後4時(土曜日は午後3時まで)。日・月曜,祝日休館。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年09月06日06時00分の記事


[PR]

b0171771_20092841.jpg
写真:「帯広の森・はぐくーむ」案内表示/2012年5月撮影


 8月31日,NPO帯広キノコの会と帯広の森・はぐくーむによる「秋のキノコ勉強会」が開催 され,約20人が参加しました。
 西山会長が食用キノコと毒キノコの見分け方について解説し,「見分ける簡単な方法はなく,個々の毒キノコを一つひとつ覚えるしかない」と話しました。


 十勝毎日新聞が, 「食用キノコの見分け方学ぶ 帯広キノコの会など勉強会」 と伝えています。


 NPO帯広キノコの会(西山進会長)と帯広の森・はぐくーむによる「秋のキノコ勉強会」が8月31日,同施設で開かれた。

 約20人が参加。西山会長が食用キノコと毒キノコの見分け方を解説した。十勝の代表的な食用キノコのハタケシメジやミヤマタマゴタケ,クリタケなどについて,それぞれ間違いやすい毒キノコのクサウラベニタケ,テングタケ,ニガクリタケなどの特徴を示し,「見分ける簡単な方法はなく,個々の毒キノコを一つひとつ覚えるしかない」と話した。

 西山会長は「今年の夏は雨が多く,最近になって晴れて朝晩の気温差が大きくなってきたので,数年ぶりに豊作の年になる。天然のキノコを自分で見つけて食べれば,ますます好きになる」と話していた。(丹羽恭太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年09月01日16時10分の記事


b0171771_20103852.jpg

b0171771_20100254.jpg
左写真:ハタケシメジ(食用キノコ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%82%B8#mediaviewer/%E383%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Lyophyllum_decastes_071012.jpg
右写真:クサウラベニタケ(毒キノコ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%82%B1#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Entoloma_rhodopolium_-_Lindsey.jpg


[PR]

b0171771_19294268.jpg
写真:JALエクスプレス 737-800型機
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0737#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:JAL_B737-800(JA338J)_(6313784261).jpg


 8月の1カ月限定で季節運航していた 日航の帯広-中部国際空港(名古屋)線 が,8月31日で運航を終えました。
 日航帯広支店によると,期間中の搭乗率は速報値で81%となり,目標としていた8割を突破しました。
 十勝と中京圏を結ぶ路線としては,2010年10月に撤退した名古屋(小牧)空港線以来4年ぶりで,今回は毎週日,月,水,金曜日に各1往復,機材はボーイング737-800(165席)=写真=を使用して運航しました。

JAL名古屋-帯広線時刻表
◇3303便/中部(名古屋)発11:00→帯広着13:00/機種738
◇3304便/帯広発15:20→中部(名古屋)着17:15/機種738


JALボーイング737-800(738)座席数
  165席(クラスJ:20席/普通席:145席)


 十勝毎日新聞が, 「JAL名古屋線 搭乗率8割突破 継続に期待 8月限定」 と伝えています。


 【帯広】8月の1カ月限定で季節運航していた日本航空(JAL)の帯広-中部国際空港(名古屋)線が,8月31日で運航を終えた。同社帯広支店(紀野典彦支店長)によると,期間中の搭乗率は速報値で81%となり,目標としていた8割を突破した。来年以降の運航継続に向け,明るい材料となりそうだ。

 十勝と中京圏を結ぶ路線としては,2010年10月に撤退した名古屋(小牧)空港線以来4年ぶり。今回は毎週日,月,水,金曜日に各1往復を運航。期間中欠航はなく,計18往復36便が飛んだ。機材はボーイング737-800(165席)を使用した。

 搭乗率の内訳は帯広着が8割台前半,帯広発が7割台後半となった。来年以降の運航継続の可否や期間拡大については,一定の搭乗率確保が判断材料になるとされ,同社は目標搭乗率を8割に設定していた。

 31日の帯広発の最終便には147人が搭乗。2泊3日のバスツアーで十勝など道東を巡った三重県の山口悦子さん(67)は「十勝は空気が良く,ゆでたトウモロコシがおいしかった。来年以降も直行便があれば利用したい」と話した。

 午後3時20分の出発に合わせ,同社社員や帯広市空港事務所の職員ら約20人が出発客を見送った。「またお会いしましょう」などと書かれた横断幕を掲げ,手を振った。

 JAL帯広支店の紀野支店長は「地元の協力もあって,何とか目標の8割を超えることができた。きちんと数字を残せたことは,来年以降の運航に向け良い材料となる」としている。同じく8月の1カ月間,週3往復運航した釧路-名古屋線の搭乗率は8割台後半となる見通し。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年9月1日 14時06分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201409/20140901-0019151.php


[PR]

b0171771_08105211.jpg
写真:「ほんべつきらめきタウンフェスティバル」ポスター=本別町ホームページより
http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/tour/post_18.html


 9月6日, 第18回「ほんべつきらめきタウンフェスティバル」 が,利別川河川敷特設会場で始まりました。
 7日まで,ポニーばんばレースやステージイベントなど多彩なアトラクションと「うまいもの市」などがにぎやかに繰り広げられます。


 十勝毎日新聞が, 「きらめきタウンフェス開幕,7日まで 本別」 と伝えています。


 【本別】第18回「ほんべつきらめきタウンフェスティバル」(実行委員会主催,十勝毎日新聞社など共催)が6日,利別川河川敷特設会場で始まった。7日まで,ポニーばんばレースやステージイベントなど多彩なアトラクションと「うまいもの市」などがにぎやかに繰り広げられる。

 初日の6日は,前日までの雨も上がり絶好の“イベント日和”に。約1ヘクタールの会場では,食関連を中心に32のブースが出店した。午前11時に開幕し,地元をはじめ道内外から観光客らが訪れた。

 このうち,本別ライオンズクラブ(前田芳雄会長)はバルーンアートのブースを出店。赤や黄色などカラフルな風船を子供たちに配り作り方も指導した。子供たちはアニメのキャラクターや動物などを巧みに作り上げ大喜び。

 いとこ夫婦と足寄から来た武田正之さん(75),かおるさん(71)夫妻はJA本別町青年部のブースで焼きトウモロコシと格安のタマネギを購入。「毎年楽しみにしています。お昼はおいしそうなものを探します」と笑顔を見せた。

 同日は午後7時に開会式が行われ,同7時半から花火大会が開かれる。7日はポニーばんばレース(午前10時~午後3時)や家族対抗カラオケ大会(午後3時~)などが予定されている。

 野田仁実行委員長は「知名度が上がり,埼玉からの団体も来ている。特産品などを通じて本別をPRしたい」と話した。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年09月06日13時03分の記事


[PR]

b0171771_20471219.jpg
 8月29日,アフリカ地域のアグリビジネスの振興をテーマに学んでいる国際協力機構(JICA)北海道(札幌)の研修生が,本別町農産物ものづくり館「ゲンキッチン」で, 豆を使ったパンづくりを体験 しました。
 ナイジェリア連邦共和国とソマリア連邦共和国出身の8人が,滝川国際交流協会の仲介で,体験研修の一環として行いました。


上写真:JICA北海道(札幌)/2010年5月撮影
下写真:ものづくり館「ゲンキッチン」/2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「JICA研修員が豆入りパンづくり 本別」 と伝えています。


 【本別】アフリカ地域のアグリビジネスの振興をテーマに学んでいる国際協力機構(JICA)北海道(札幌)の研修生が8月29日,町農産物ものづくり館「ゲンキッチン」で,豆を使ったパンづくりを体験した。

 体験したのはナイジェリア連邦共和国とソマリア連邦共和国出身の8人。研修を受託している滝川国際交流協会の仲介で,体験研修の一環として行った。

 この日作ったのは,本別産の小麦と金時豆を使った菓子パンとニョッキなど。「本別発豆ではりきる母さんの会」の山田富江・豆腐部門代表ら3人が実習を手伝った。

 研修生は山田さんらの指導を受けながら,パンの生地を等分に分けたり,豆を生地に入れたりした。出来上がったパンは試食した。
 -略-
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年08月31日21日20分の記事


[PR]

b0171771_05053198.jpg
写真:中札内の杜/2014年8月撮影


 8月30日, 豆で描くモザイクアート の大きさでギネス世界記録認定を目指すイベントが,中札内交流の杜アリーナで開かれました。
 この日は企画した「十勝『世界一』プロジェクト」のメンバーや十勝管内からの有志総勢92人が参加し,十勝を舞台とした人気漫画・アニメ「銀の匙Silver Spoon」のキャラクターがデザインされた縦25m,横20m500㎡の巨大アートが完成させました。
 今後はギネス・ワールド・レコーズ社に書類を申請し,認定を待つことになります。

 
 十勝毎日新聞が, 「豆の巨大アート完成 500平方メートル ギネス申請」 と伝えています。


 【中札内】豆で描くモザイクアートの大きさでギネス世界記録認定を目指すイベントが30日,中札内交流の杜(もり)アリーナで開かれた。十勝を舞台とした人気漫画・アニメ「銀の匙(さじ)Silver Spoon」のキャラクターがデザインされた500平方メートル(縦25メートル,横20メートル)の巨大アートが完成,参加者は喜びに包まれた。今後はギネス・ワールド・レコーズ社(本部・英国)に書類を申請し,認定を待つ。

 この日は企画した「十勝『世界一』プロジェクト」(真浦綾子代表)のメンバーや管内からの有志総勢92人が参加。午前10時のスタートと同時に,あらかじめ床に敷かれた図面に,小豆や大豆など9種類の豆が入った10センチ四方の袋を手際よく並べた。「(作業量が多く)夕方までの完成は厳しいのでは」(真浦代表)という当初の不安をよそに,作業は順調なペース。最後の5万袋目を豆部門リーダーの吉村透さん=丸勝勤務=が並べると会場は歓声に包まれた。

 約4時間半で全工程を終えた参加者は,アリーナ2階から全景を確認して,全員で喜びを分かち合った。

 真浦代表は「5月から豆の袋詰めが始まり,長期間の挑戦だったが,終わってみればあっという間。プロジェクトを通じ,多くの人が『つながったこと』が一番の収穫」と満足した表情を見せた。

 豆アートは同施設アリーナに9月4日(時間は午前9時~午後5時)まで展示。使った9種類の豆のそれぞれの特徴を書いた看板も設置している。

 同プロジェクトは世界一の記録挑戦を通じ,住民同士の交流を深め,十勝を全国に発信すること目的に活動。昨年は十勝産小麦を使用した食パン1万6500枚で作った162.8平方メートルの「トーストアート」,今年6月には管内の観光名所などを描いた全長約280メートルの顔はめパネルを制作し,いずれもギネスに認定された。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年8月31日 13時56分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201408/20140831-0019148.php

<A Href="http://www.tokachi.co.jp/news/201408/20140831-0019148.php"><u>http://www.tokachi.co.jp/news/201408/20140831-0019148.php</u></A>


[PR]

b0171771_16091415.jpg

写真:神田日勝記念美術館/2014年8月撮影


 鹿追町の神田日勝記念美術館は,神田日勝の新しい画集を製作し,美術館で販売を開始しました。
 「画集神田日勝」(北海道新聞社刊)が1995年に出版されましたが,昨年6月にNHK・Eテレ 「日曜美術館」 の 『“半身の馬” 大地の画家・神田日勝』 という番組で神田日勝が取り上げられたことをきっかけに11月までに美術館に残っていた九十数冊が全て売れました。
 画集の表紙には代表作「室内風景」を配し,題字は吉田弘志町長が揮毫(きごう)しました。


 私(ブログ作成者)も,NHK・Eテレ「日曜美術館」を見て,大きな衝撃を受けました。神田日勝は,貧しい生活の中で,生涯をかけて「画家」として制作活動を続けました。ベニヤ板にペインティングナイフを使った独特の描き方は,日勝以外には考えられない描写ではないでしょうか。
 神田日勝の「日曜美術館」のビデオをくりかえし見て,何度も感動を新たにしています。


参考:「画集 神田日勝」の販売を開始致しました/神田日勝記念美術館
 → http://kandanissho.com/infomation/#182


 十勝毎日新聞が, 「神田日勝の新しい画集完成 鹿追の記念美術館」 と伝えています。


 【鹿追】神田日勝記念美術館(町東3ノ2,菅訓章館長)は,神田日勝の新しい画集を製作し,同館で販売を開始した。

 日勝の画集は,これまで1978年の「神田日勝画集」,95年に「画集神田日勝」(いずれも北海道新聞社刊)が出版されているが,どちらも絶版となっている。「画集-」は昨年6月にNHK・Eテレ「日曜美術館」で日勝が取り上げられたことをきっかけに11月までに同館に残っていた九十数冊が全て売れた。

 同館では今年6月から菅館長を中心に新しい画集の編集を進め,このほど完成した。

 画集の表紙には代表作「室内風景」を配し,題字は吉田弘志町長が揮毫(きごう)した。「ゴミ箱」「飯場の風景」「死馬」「馬(絶筆)」などの代表作をはじめ,素描を含め76点を収録。日勝の32年の生涯をたどる写真,年表も掲載している。

 また,発刊の当たっての菅館長の日勝に対する思い入れをつづった文章と,平塚市美術館館長代理の土方明司,札幌芸術の森美術館館長の佐藤友哉両氏の日勝評を転載している。

 菅館長は「手軽に手にとって日勝の作品に触れてもらえる作りとした。今まで以上に多くの人が日勝に注目し,語るきっかけになれば」と話している。

 縦24・4センチ,横25・4センチの変形版で,68ページ。500部製作し,1冊2500円(税込み)。同館のみでの販売。問い合わせは同館(0156・66・1555)へ。(大野篤志)
◆-----------------------------------------------------------------------◆
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年08月30日10時30分の記事


[PR]

b0171771_08053419.jpg
写真;道の駅「コスモール大樹」/2014年8月撮影


 8月28日,大樹町商工会は,道の駅・コスモール大樹に 電動車両専用の充電スタンドを設置 しました。利用開始は29日からで,無料です。
 道の駅への導入は稚内市の「道の駅わっかない」に続いて道内2例目で,十勝管内では初めてになります。

 十勝毎日新聞が, 「道の駅に電動車用充電スタンド 十勝初,道内2カ所目」 と伝えています。


 【大樹】町商工会(三浦祥嗣会長)は28日,道の駅・コスモール大樹に電動車両専用の充電スタンドを設置した。道の駅への導入は「道の駅わっかない」(稚内市)に続いて道内2例目,十勝管内では初めて。自動車メーカー4社などが出資した新会社の支援を受けた取り組みで,道の駅の機能充実による誘客効果の向上に期待が高まっている。利用開始は29日。無料。

 サポートしたのは「合同会社日本充電サービス(NCS)」。同社はトヨタ自動車,日産自動車,本田技研工業,三菱自動車工業などが共同出資して5月に設立,次世代エネルギー対策のけん引役を担うハイブリッド車などの電動車両の普及を図るため,充電スタンドの設置を進めている。

 同会は道の駅の誘客機能を高めて市街地活性化を図ろうと充電スタンドの設置を企画。町内にトヨタのインターネットサイト「GAZOO(ガズー)」のブロガー(情報出稿者)が多くいるなど結び付きが強かったことから,NCSとの連携が実現した。設置費用350万円はNCSが国の補助を受けて支出。充電時の電気代は同会が負担する。

 同道の駅南側入り口付近に設置されたスタンドは200ボルトの充電器3基。当面の間,無料で充電できるが,トヨタが発行している利用者カード「G-Stationカード」が必要となる。持参していない場合には道の駅が無償で貸し出す。満充電にはハイブリッド車で約2時間,電気自動車で約6時間を要するという。

 充電している間の時間を使って道の駅や同駅近隣のショッピングセンター,飲食店などを利用する人の増加が見込まれることから,三浦会長は「(今年度末予定の)高規格道路開通前に道の駅の機能が高まって良かった」と喜んでいる。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年08月0日の記事


[PR]