<   2014年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 

b0171771_17113628.jpg

 高橋亮仁さんが主宰する「せせらぎ合唱団」 が,今年で創立55周年を迎え,10月4日,清水町文化センター・大ホールで公演を実施します。
 地元・清水での単独公清水町文化センター演は2009年以来5年ぶり2回目で,当日は管内をはじめ,札幌や函館,旭川,岩見沢など道内各地からメンバーが集まり50人が出演する予定です。


b0171771_17155017.jpg 私(ブログ作成者)は,以前上野の東京文化会館で高橋亮仁先生とともに上京した「せせらぎ合唱団」の演奏を聴いて,感動したたことを思い出します。
 曲は, 合唱組曲『山に祈る』 でした。かつて山で遭難した上智大学山岳部の学生の母親の手記をもとに清水脩さんが作詞・作曲した大曲です。
 今年の(2014年)夏,1泊だけですが清水に宿泊しました。画像は,その折撮影しました。清水の町のあちこちに,音符をデザインした標示が目につきました。音楽が,町にしっかり定着していることを感じました。


写真上:清水町文化センター/写真下:清水町の牧草地=ともに2014年8月撮影

参考:せせらぎ合唱団 『大地讃頌(さんしょう』
https://www.youtube.com/watch?v=CHV1TaIIOCA
2008年10月8日,創立50周年・演奏活動600回記念の公演を札幌コンサートホールKitara大ホールで行われた映像です。


 十勝毎日新聞が, 「来月4日に5年ぶり公演 清水・せせらぎ合唱団」 と伝えています。


 【清水】今年で創立55周年を迎えた「せせらぎ合唱団」(主宰・高橋亮仁さん)が10月4日に,町文化センター・大ホールで公演を行う。地元・清水での単独公演は2009年以来5年ぶり2回目で,団員たちは大舞台を前に真剣な表情で練習に打ち込んでいる。


 5年ぶりとなる清水公演に高橋さんは「感謝,感激,感動を歌に込める」と意欲を語る。


 当日は管内をはじめ,札幌や函館,旭川,岩見沢など道内各地からメンバーが集まり50人が出演する予定。名曲「大地讃頌」をはじめ,「荒城の月」「アメージンググレイス」,合唱組曲「眠れ幼き魂」などを4部構成で歌う。オペラの曲では高橋さんの長男でバスバリトン歌手の高橋伸仁さんが独唱する。


 このほか,町内の子供たち20人がオペラ「カルメン」から「行進曲と合唱」を披露する。高橋ピアノ教室の生徒たちで,大人と一緒に高橋さん宅に集まって練習。


   -略-


(大野篤志)


せせらぎ合唱団
 1959年に発足。以来,十勝や道内にとどまらず全国各地で公演や学校の芸術鑑賞会,福祉施設慰問などを重ね,演奏活動は650回にもおよぶ。08年と13年には札幌のコンサートホールKitaraでの自主公演を成功させている。参加団員は町内外問わず全国に広がっており,600人ともいわれる。また,80年の町文化センター開館の際には,多くの町民とともにベートーベンの第九交響曲を合唱。その後の“第九ブーム”の火付け役となったことでも知られる。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年09月27日07時00分の記事


[PR]

b0171771_08191712.jpg

 9月17日, 魅力ある中心市街地商店街を形成するためのワークショップ が,本別コミュニティセンター多目的ホールで開かれました。

b0171771_08325750.jpg 河合篤志氏が理事長を務める本別市街地活性化に取り組むNPO法人「銀河ほんべつ」が10月にも,大通り・銀河通り両商店街に,町のマスコットキャラクター 「元気くん」をあしらったベンチを設置 し,町民や観光客にくつろぎの場を創出し,「元気くん」を通して「豆の町・本別」のイメージアップを図ることが決定しました。


 私(ブログ作成者)の故郷・本別には,かわいいマスコットキャラクター 「元気くん」があるのですが,掲示板や印刷物には取り入れられて入るのものの,これといったグッズが見当たらないことが気になっていました。どんどん,新しい企画を立てて,「元気くん」を活用していくことを願っています。


写真上:本別のマスコット「元気くん」=2011年8月撮影
写真右:河合篤志「銀河ほんべつ」理事長=2014年1月撮影 

 十勝毎日新聞が, 「『元気くん』ベンチ設置へ 本別」 と伝えています。


 【本別】市街地活性化に取り組むNPO法人銀河ほんべつ(河合篤志理事長)が10月にも,大通り・銀河通り両商店街に,町のマスコットキャラクター「元気くん」をあしらったベンチを設置する。町民や観光客にくつろぎの場を創出し,「元気くん」を通して「豆の町・本別」のイメージアップを図る。

 17日,本別コミュニティセンター多目的ホール(道の駅ステラ★ほんべつ内)で開かれた「魅力ある中心市街地商店街を形成するためのワークショップ(WS)」で決めた。

 同法人は昨年度,年間30万人に上る道の駅ステラ★ほんべつの利用客を中心市街地に誘導する方策などについて7回のWSを開き,報告書をまとめた。

 この中で,「元気くん」があまり有効に活用されていない-として,店舗入り口のマットやステッカー,Tシャツ,車両ラッピングなどの関連グッズの製作を活用策としてまとめ,試作した。

 ベンチは30基製作し,両脇に「元気くん」を施す。10月下旬にWSのメンバーが組み立て作業を行い,設置する。両商店街の他,道の駅や役場,町商工会などにも設置する計画。

 今年度初会合となったこの日のWSには商店主ら15人が出席。「元気くんグッズ」について,「マットは商店街だけでなく,外部の来客が多い事業所にも広げたらいい」「町のふるさと納税の特典に活用を」「マグネット式の車両用ステッカーを開発しては」などの建設的な意見が出された。

 また,喫茶店や飲食店情報の発信を充実させるため,道の駅の案内窓口機能強化や市街地飲食店マップの作製なども検討していくことを確認した。

 WSは今後,来年3月まで月1回程度開催する。河合理事長は「幅広い層が集まり論議を続けることで,新しいアイデアが出てくる」と話している。
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年09月19日06時00分の記事


[PR]

b0171771_04461034.jpg
写真:タウシュベツ川橋梁(上)と解説標示(下)=2014年8月撮影

b0171771_04494184.jpg 国の登録有形文化財や北海道遺産に指定されている上士幌町の「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」の一つで, 糠平湖に残る「タウシュベツ川橋梁」 が,6割ほど湖底に沈み,深まる秋を迎えています。
 今月(9月)いっぱいまでは,湖面にアーチ橋の影が映る景観を眺められそうで,湖の水位上昇に伴い,本来の“幻の橋”として湖水に姿を消しつつあります。


 私(ブログ作成者)は,今年(2014年)の8月,ぬかびら源泉郷に宿泊しました。今夏は水位が低く,「幻の橋」の全体像を見渡せました。上の写真は,その時撮影したものです。
 ホテルの方の話では,8月に橋梁全体を見ることができるのは,あまりないことだそうで,私は幸運にもその機会に恵まれました。


参考:北海道の世界「タウシュベツ川橋梁」(360度映像)
http://kachimai.jp/hokkaido-world/tausyubetsu/

 十勝毎日新聞が, 「絶景“幻の橋” 水位上昇,見頃は月内」 と伝えています。


 【上士幌】国の登録有形文化財や北海道遺産に指定されている「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁(きょうりょう)群」の一つで,糠平湖に残る「タウシュベツ川橋梁」(町ぬかびら源泉郷)が,6割ほど湖底に沈み,深まる秋を迎えている。今月いっぱいまでは湖面にアーチ橋の影が映る景観を眺められそう。湖の水位上昇に伴い,本来の“幻の橋”として湖水に姿を消しつつある。

 11のアーチを備える同橋梁(全長130メートル)は,例年5月ごろから沈み始める。今年は少雪や少雨の影響で湖底があらわとなる状態が続いていた。ただ,8月10,11の両日に接近した台風11号に伴い,ぬかびらで120ミリの雨量を記録。冬場に向けた電力需要期とも重なって同25日以降から徐々に水位が上昇したため,アーチ橋の姿を隠し始めたという。

 現在の水位は10メートル程度で,アーチ橋の影が水面に映る「めがね橋」の景観が広がっている。NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンターの河田充代表によると,紅葉が深まる木々や山々を背景に同橋を眺められるのは6年ぶり。

 湖面に姿を映す光景は今月いっぱいまでとみられ,「今年で見納めにならないことを願いたい」(河田代表)と話している。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年9月20日 13時55分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201409/20140920-0019274.php


[PR]

b0171771_06042802.jpg
写真:おびひろ動物園案内図=2011年8月撮影

 9月19日,おびひろ動物園に鳥羽水族館からメスの アメリカビーバー(2歳)の「ダブ」が“嫁入り” しました。
 以前からいたアメリカビーバーのオスの「ビービー」(12歳)との間で,子供が期待されています。


 十勝毎日新聞が, 「ビーバー“嫁入り” ベビー期待 おびひろ動物園」 と伝えています。


 【帯広】おびひろ動物園(高橋利夫園長)に鳥羽水族館(三重県鳥羽市)からアメリカビーバーの「ダブ」(雌,2歳)が“嫁入り”した。同園にいる同ビーバーの「ビービー」(雄,12歳)との間で,子供が期待されている。

 同園にはビーバー用の獣舎とプールが2匹分ある。長く「ポピー」(雌)が暮らしてきたが昨年5月に23歳で死に,その後は空き獣舎となっていた。

 ビーバーは哺乳類の中では珍しい「一夫一妻」で,夫婦と子供の家族で暮らすことで知られる。ポピーが高齢だったこともあり,ビービーとの繁殖活動には至らなかった。同園では新しくやってきたダブとの間に子供が生まれることも楽しみにしている。

 ビーバーの性成熟は一般に生後2年半~3年で,「早ければ今冬にも繁殖活動が行われるのでは」(担当の小林紗央梨飼育員)とみている。2頭の獣舎・プール間にあったコンクリート製の壁に穴を開けて行き来できるようにした。

 ダブは19日に空路でおびひろ動物園に到着。20日から一般に公開されている。環境に慣れさせるためビービーとは対面していないが,隣のプールに続く穴に設けられたベニヤの板を,ビーバーの代名詞とも言える丈夫な歯で削って穴を開けようとするなどダブは元気いっぱい。プールでゆったりと泳ぐ姿は早くも来場者に人気だ。

   -略-

<アメリカビーバー>
 北米原産で,ネズミ目としてはカピバラに次いで2番目の大きさの動物。水をはじく毛皮とフィンのような尾を持ち,川の流れの中に流木などでダムのような巣を作ることで知られる。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年9月22日 13時59分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201409/20140922-0019287.php

b0171771_06052816.jpg
参考写真:アメリカビーバー
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/6b/American_Beaver.jpg/640px-American_Beaver.jpg


[PR]

b0171771_07113879.jpg
写真:本別町中心市街地=2014年1月撮影

 9月19日夜,本別町中心市街地の 恒例イベント「第36回夜でかけナイト」 が,大通り,銀河通り,神社通り,南1大通りの各商店街で開かれました。
 今回は町7店舗の豚丼が一堂に会して,通常700円以上の豚丼を400円で販売する企画が初登場し,用意した84食が10分で完売しました。
 企画に参加したのは,「浮舟」「食品館ステラマート」「大吉」「ビストロ・ソウルペッパー」「おざわ」「源すし」「百番ラーメン本別店」の7店でした。


 十勝毎日新聞が, 「格安豚丼,10分で完売 本別」 と伝えています。


 【本別】中心市街地の恒例イベント「第36回夜でかけナイト」(実行委員会主催)が19日夜,大通り,銀河通り,神社通り,南1大通りの各商店街(北1~4)で開かれた。

 年2回の開催。今回は7店舗が通常700円以上の豚丼を400円で販売する企画が初登場。開幕の午後5時半から行列ができるほどの人気で,用意した84食が10分で完売した。

 ジャガイモやタマネギの詰め放題,網走産シジミのつかみ取りなどのイベントの他,露店やゲームコーナーなども登場。各店が参加した恒例の「ワンコイン(100円,500円)商店街」では,大勢の町民が訪れ,ショッピングを楽しんだ。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年09月20日23時15分の記事


[PR]

b0171771_07510245.jpg

写真:本別町の伝統芸能「義経太鼓」=2014年1月「仙美里中学校閉校式」で撮影


 9月19日,本別町の国際姉妹都市オーストラリア・ ミッチェル市の訪問団が来町 しました。訪問団は14~16歳の中高生8人を含む13人で,23日まで町内でホームステイしながら,同世代の中高生らと交流します。


  十勝毎日新聞が, 「豪・ミッチェル市訪問団が来町 本別」 と伝えています。


 【本別】町の国際姉妹都市オーストラリア・ミッチェル市の訪問団が19日来町した。同日,町中央公民館で歓迎パーティーが開かれ,交流の絆(きずな)を確認した。

 町と同市は1991年に姉妹都市となり,翌年から中高生が相互に訪問して交流を深めている。

 訪問団は14~16歳の中高生8人を含む13人。23日まで町内でホームステイしながら,同世代の中高生らと交流する。

 パーティーには,ホストファミリーや10月に同市を訪問する中学生,町関係者ら約80人が出席。高橋正夫町長が「本別での思い出をたくさんつくってください」と歓迎のあいさつ,同訪問団のステファニー・ペイトン団長が「ホームステイをしながら,日本の文化に触れることを楽しみにしています」と述べた。

 記念品交換の後,祝宴に。ホストファミリーや同市訪問団の中学生らと懇談した。パーティーは立食形式で行われ,訪問団の一行は,巻きずしやてんぷら,たこ焼き,そばなど日本食を味わった。

 また,町の伝統芸能「義経太鼓」の子供たちと一緒に太鼓を経験するなど,早速,日本文化に触れた。

 太鼓を初めて体験したジョージア・ポウポウリスさん(16)は「日本の伝統文化に興味があります。太鼓の音色は素晴らしい。食事はてんぷらやすしがおいしかった」と語った。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年09月21日06時00分の記事


[PR]
b0171771_09294434.jpg
写真:おびひろ動物園のアミメキリンと解説標示
=2011年8月撮影

b0171771_09322900.jpg 9月21日,帯広市緑ヶ丘の「おびひろ動物園」で, アミメキリンのオスの赤ちゃんが誕生 しました。
 母親は7歳の「リボン」,父親は18歳の「ムサシ」で,両ペアの間には,2012年5月にも第1子のオスの「スカイ」が誕生しました。現在,「スカイ」は,釧路市動物園で飼育されて,人気者になっています。
 母子ともに健康で,一般公開は9月27日午後2時からの予定です。


 十勝毎日新聞が, 「キリンの赤ちゃん 2年ぶり誕生 おびひろ動物園」 と伝えています。


 【帯広】おびひろ動物園(緑ケ丘2,高橋利夫園長)で21日,アミメキリンの雄の赤ちゃんが誕生した。同園でキリンが生まれたのは2012年以来2年ぶり。母子ともに健康で,一般公開は27日午後2時からの予定。

 母親はリボン(7歳),父親はムサシ(18歳)。両ペアの間には,12年5月にも第1子のスカイ(雄,2歳)が誕生し,釧路市動物園で飼育されている。

 同園によると,赤ちゃんは同日午前3時ごろ生まれた。現在,母子ともに寝室で過ごし,赤ちゃんの身長は約190センチ,体重は推定約80キロ。赤ちゃんは4本の足でしっかりと立ち,母親に寄り添っている。リボンは授乳をし,子育てに励んでいる。

 リボンは10年に盛岡市動物公園から貸し出され,4年間で2頭の子供を産んだ。柚原和敏副園長は「ペアの相性が良く,リボンは子育てが上手。無事に生まれて,動物園の明るい話題になった。多くの人に見てもらいたい」と話している。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年9月23日 13時55分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201409/20140923-0019296.php


[PR]

b0171771_01054613.jpg
写真:本別町中央公民館=2014年8月撮影

 9月20日, 第43回「本別町音楽祭」 が,本別町中央公民館で開かれました。
 音楽祭は,小学生主体の「本別ジュニアブラスアンサンブル」の「笑点のテーマ」で開幕しました。続いて,本別中学校,本別高校の吹奏楽部,本別ブラスアンサンブルが演奏した他,吉田安孝さんがギター,真田智行さんが三味線でそれぞれ弾き語りを披露しました。
 会場に詰め掛けた約300人が,演奏に聴き入っていました。
 また,来町中のオーストラリア・ミッチェル市訪問団の団員9人の母国を象徴する歌「ワルチング・マチルダ("Waltzing Matilda")」などを合唱しました。


 十勝毎日新聞が, 「6団体2個人が演奏 本別町音楽祭 」 と伝えています。


 【本別】第43回「本別町音楽祭」(町文化協会,町中央公民館主催)が20日,町中央公民館で開かれた。町内の幅広い層の6団体,2個人の合わせて90人が演奏し,詰め掛けた約300人が聴き入った。

 小学生主体の「本別ジュニアブラスアンサンブル」の「笑点のテーマ」で開幕。本別中,本別高の各吹奏楽部,本別ブラスアンサンブルが演奏した他,吉田安孝さんがギター,真田智行さんが三味線でそれぞれ弾き語りを披露した。

 このうち,本別中吹奏楽部は参加団体では最多の28人がステージに上がり,「ルパンⅢ世のテーマ」,演歌メドレー,「オレンジ」の3曲を演奏した。

 また,来町中のオーストラリア・ミッチェル市訪問団の団員9人が母国を象徴する歌「ワルチング・マチルダ」などを合唱した。

 最後は特別ゲストの三味線集団「Muじょん」がステージを締めくくり,観客は迫力ある三味線の音色を堪能した。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年09月23日18時30分の記事


[PR]

b0171771_08153837.jpg
写真:帯広畜産大学=2014年8月撮影
 
 帯広畜産大学で盲導犬の研究に貢献したオスで10歳のラブラドルレトリバーのナナが,福祉施設を訪問して高齢者や障害者らに 癒やしを提供する犬として活躍 しています。 研究動物としての一線を退いた後の“第二の人生”で,ナナは生き生きとしています。


 十勝毎日新聞が, 「ナナ 第二の人生は癒やし犬 帯畜大で盲導犬研究に貢献」 と伝えています。


 【帯広】帯広畜産大学で盲導犬の研究に貢献したラブラドルレトリバーのナナ(雄,10歳)が,福祉施設を訪問して高齢者や障害者らに癒やしを提供する犬として活躍している。研究動物としての一線を退いた後の“第二の人生”で,ナナは生き生きと輝いている。

 ナナは8月から,就労継続支援B型事業所ペットショップ「いきものがかり」(帯広市西1南7,北村直也社長)で飼われている。同店はこの夏から犬やウサギ,カメなどを福祉施設に連れて行き,お年寄りらに動物と遊ぶ時間を提供する「小動物ふれあい体験」事業を行っており,ナナもその一員に加わっている。

 もともとナナは,同大の鈴木宏志教授の下で盲導犬を効率的に繁殖させるための研究に関わり,人工授精法の新しい技術の開発などに貢献した。高齢になり,精子の性状が良くなくなってきたことから,研究で活躍する場面は少なくなっていた。

 鈴木教授の研究室では研究用の犬を子犬のうちから一般家庭でボランティアで飼育してもらい,研究期間終了後に譲渡する制度を取っている。そのことを新聞記事で知った北村社長が鈴木教授に相談したところ,子犬よりも落ち着きがあるナナを薦められた。

 ナナは盲導犬のトレーニングを受けたわけではないが,多くの学生の手で飼われてきたため人に慣れている。「初めて会う人を前にしても急な動きをするようなことがない」(北村社長)ため施設訪問にはぴったりだという。鈴木教授は「いろいろな人のホッとする環境づくりに貢献してくれれば」と期待する。

 ナナは16日,初めての仕事で市内の児童発達支援センター「帯広あおぞら」(橋本充久仁所長)を訪問した。子供たちの熱烈な歓迎を受けながらも,ほえたりじゃれついたりすることもなく,落ち着いた様子で子供たちと触れ合った。北村社長は「若い犬にはない落ち着きがある。大型犬ならではのたくましさをいろいろな人に安心して感じてもらえる」と話していた。

 同店では障害を持つ利用者がペットの世話をしながら就労に必要な訓練を受けている。小動物ふれあい体験では,利用者が日ごろ世話をしている動物に付き添って施設などに出張する。北村社長は「『支援される側』の利用者にとって,ふれあい体験は『支援する側』を経験できる貴重な場」とし,積極的にPRしている。

 対象地域は帯広市内近郊で,料金は約1時間で5000円から。問い合わせは同店(0155・99・1082)へ


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年9月17日 14時16分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201409/20140917-0019255.php
[PR]

b0171771_08242718.jpg
写真:池田町役場=2014年1月撮影

 池田町は現在,実証運行しているコミュニティーバスを 10月1日から本格運行 に切り替えます。
 池田町内のワインタクシーが受託し,路線,時間,運賃はほぼ現状を継続し,車両は現在のジャンボタクシーを使う予定です。
 また,75歳以上で自動車運転免許の自主返納者には申請日から1年間,運賃を無料にします。


 十勝毎日新聞が, 「コミバス10月1日から本格運行 池田」 と伝えています。


 【池田】町は現在,実証運行しているコミュニティーバス(コミバス)を来月1日から本格運行に切り替える。町内のワインタクシー(古後仁裕社長)が受託し,路線,時間,運賃はほぼ現状を継続する。車両は現在のジャンボタクシーを使うが,町は専用車両の導入を検討している。75歳以上で自動車運転免許の自主返納者には申請日から1年間,運賃を無料にする。

 路線は池田,利別の2系統とし,池田は毎週月,水,金曜日,利別は同火,木曜に運行し,土,日曜,祝日,年末年始は運休する。1日の便数はそれぞれ9便。停留所の他,運転手へ合図でバスが停車する「フリー乗降」の区間を設けている。

 1回の運賃は大人100円,小・中学生50円,乳幼児無料。乗り放題の「1日乗車券」(大人200円,小・中学生100円)や1カ月乗り放題のスクールバス定期券(月1000円)はお得だ。スクールバスとの乗り継ぎは双方とも無料となり,十勝バスとは,コミバスは無料,十勝バスは料金を100円(大人)割り引く。

 実証運行の4~8月までの1日平均利用者数は17・44人,路線別では池田線19・33人,利別線14・6人だった。今年1~3月と比べると池田線が9・37人減少する一方,利別線は6・27人増加した。 利別線の利用増について町は「虹の家のサロンが利別西町にオープンしたのが大きい」としている。

 また,1便当たりの平均利用者数(4~8月)は1・94人。高齢者の利用が93%を占め,女性の利用が84%に上った。

 町は「実証運行を通じてコミバスが高齢者に浸透し,ニーズが確認された」として本格運行を決めた。運行経費は年間700万円を必要とし,国と町が折半して負担する。

 車両には,乗降のための低ステップ化や,ひと目でコミバスと分かる外観などへの要望が多く,町は新車両を導入の方向で検討している。今後の課題として
(1)市街地でコミバスが通らない地域のカバー
(2)農村部の予約運行型(デマンド方式)バスの導入-などが挙がっている。(平野明)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年09月11日06時30分の記事


[PR]