<   2014年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

 2011年5月に発生したJR石勝線の列車脱線火災事故を受け,JR北海道釧路支社は7月2日午前3時40分から, 桜山トンネルで避難誘導総合訓練 を行いました。
 乗客役の同社社員や新得町役場,十勝総合振興局,警察,消防など総勢約140人が参加しました。


 十勝毎日新聞が, 「事故想定しトンネル避難訓練 JR北海道釧路支社」 と伝えています。


 【新得】2011年5月に発生したJR石勝線の列車脱線火災事故を受け,JR北海道釧路支社(大江秀夫取締役釧路支社長)は2日未明,桜山トンネル(新得町,全長330メートル)で避難誘導総合訓練を行った。乗客役の同社社員や新得町役場,十勝総合振興局,警察,消防など午前3時40分から総勢約140人が参加した。

 午前3時40分から行われた訓練では,乗客約60人を乗せた特急列車が新得駅を出発。直後に配電盤から出火したとの想定で,桜山トンネル内に緊急停止した。

 訓練用の煙が車内に充満する中,乗客役は乗務員の誘導に従い,二手に分かれて列車から下車。札幌・釧路両方面のトンネル出口を目指した。乗客やけが人役を搬送しての救護訓練もあり,警察や消防がけが人の容体を細かく確認。乗客役は新得山スキー場ロッジに避難,同社社員は急病人の対応や非常食の配布に追われた。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年7月2日 14時14分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201407/20140702-0018727.php

b0171771_21080604.jpg
写真:JR石勝線列車脱線火災事故の同型車両「スーパーとかち」/2010年7月帯広駅で撮影


[PR]

 ロシア・モスクワで19日から開かれてきた第36回モスクワ国際映画祭で,帯広市出身で帯広南町中,帯広柏葉高,大阪芸術大を卒業した映画監督熊切和嘉さんの 最新作「私の男」がグランプリ を獲得しました。
 最終日28日の授賞式で発表された。主演の浅野忠信さんは最優秀男優賞に選ばれました。

 十勝毎日新聞が, 「帯広出身の熊切和嘉監督グランプリ モスクワ国際映画祭」 と伝えています。


 ロシア・モスクワで19日から開かれてきた第36回モスクワ国際映画祭で,帯広市出身の映画監督熊切和嘉さん(39)の最新作「私の男」が最優秀作品賞(グランプリ)を獲得した。最終日28日の授賞式で発表された。主演の浅野忠信さんは最優秀男優賞に選ばれた。同映画祭での邦画のグランプリ受賞は,新藤兼人監督の「生きたい」以来15年ぶり。男優賞は「ふるさと」主演の加藤嘉さん以来31年ぶり。

 熊切さんは1974年生まれ。帯広南町中,帯広柏葉高,大阪芸術大卒。高校時代から自主映画を撮影していた。人間の本質をえぐり出す作風で,第28回伊・タオルミナ国際映画祭でグランプリを受賞した「鬼畜大宴会」,第12回シネマニラ国際映画祭グランプリ受賞の「海炭市叙景」など代表作多数。

 「私の男」は熊切さんの11作目の長編。桜庭一樹さんの直木賞受賞作を原作に,奥尻島を襲った北海道南西沖地震の震災孤児の少女(二階堂ふみさん)と,身柄を引き取った遠戚の男(浅野さん)との禁断の愛を描いた。オホーツク管内の紋別市や斜里町などで撮影した。

 十勝管内では9月6,7日のいずれか1日,自主上映グループ「CINEとかち」が帯広市民文化ホールで同作品の上映を予定している他,シネマ太陽帯広(西3南11)でも上映を計画している。

思いが確信に,最高です!
熊切さんの話
 企画段階から完成に至るまで,さまざまなトラブルに見舞われた映画でした。グランプリと主演男優賞だなんて,神様もいたんだなあと。最高です! 今までで一番,「やりたい放題」やらせていただいた映画でした。映画を志していた少年時代に抱いていた思いが,確信に変わりました。これからは,より気合を込めて「やりたい放題」やっていこうと思います。この映画に関わったすべての人に感謝いたします。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年6月29日 14時01分の記事


[PR]

 芽室町内の畑で ジャガイモの花 が見頃 を迎えています。
 品種によって異なる白や紫色などの花が一面に広がり,十勝の夏の農村風景を彩っています。


 十勝毎日新聞が, 「イモ畑に夏の便り 花見頃」 と伝えています。


 【芽室】町内の畑でジャガイモの花が見頃を迎えている。品種によって異なる白や紫色などの花が一面に広がり,十勝の夏の農村風景を彩っている。

 町上美生の梶澤幸治さん(42)の畑では,男爵,メークイン,トヨシロ,さやか,ホッカイコガネの5品種の種子バレイショを栽培しており,今年は計10.5ヘクタールをまき付けた。開花は20日ごろからと,例年より1週間ほど早かった。十勝総合振興局が発表した農作物生育状況(15日現在)でも,ジャガイモは例年より6日早いとされている。

 畑作4品の1つ,ジャガイモの花が咲き誇る風景は十勝の夏の風物詩。梶澤さんの畑の周辺では,背景に日高の山々がそびえ立つ絶好のロケーションもあり,「ピーク時には沿道に観光バスや車が止まり,景色を眺めたり,写真を撮ったりする姿も見られる」という。

 見頃は7月半ばまで。ジャガイモの収穫は8月中旬の男爵に始まり,9月中旬ごろまで続く。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年06月01日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201406/20140630-0018719.php
b0171771_06103939.jpg
写真:ジャガイモの花
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%A2#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Potato_flowers.jpg


[PR]