<   2014年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 津軽三味線の石黒会の会員で帯広高等看護学院3年の桑折志保さんが,5月3・4日に青森市の市文化会館で行われた「第8回津軽三味線日本一決定戦」の個人最上位クラス「A級女性の部」で準優勝 に輝きました。
 この部門の準優勝は,道内出場者で初となりました。


 十勝毎日新聞が, 「桑折さん 津軽三味線全国準V 道内勢初」 と伝えています。


 【十勝】津軽三味線の石黒会(芽室,石黒みゆき会主)の会員桑折志保さん(20)=帯広高等看護学院3年=が,「第8回津軽三味線日本一決定戦」(3,4日,青森市)の個人最上位クラス「A級女性の部」で準優勝に輝いた。同部門の準優勝は道内出場者で初。桑折さんは「信じられなかった。受賞の瞬間は(石黒会主と)涙ながらに抱き合った」と喜んでいる。

 同大会(実行委など主催)は,「津軽三味線世界大会」(青森県弘前市)に並ぶ津軽三味線の最高峰の大会の一つ。A級は,プロやアマチュアを問わず,津軽三味線の経験5年以上で出場できる。A級女性の部には全国の実力者19人が挑んだ。

 桑折さんは中学1年から三味線を習い始め,同大会は14歳からジュニア部門で出場。一昨年はA級女性の部で5位に入賞した。

 昨年は入賞を逃しており,「1つでも順位を上げたかった」と,大会直前は月3,4回の指導を受け,以前から習っている民謡(友の会)や,忙しい学生生活の合間を縫って集中して練習に取り組んだ。人前での演奏に慣れようと,各種イベントやコンサートにも精力的に出場して大会に備えた。

 本番は3分間の独奏。腕が疲れないように気を付け,「メリハリをつけ,聞かせどころを丁寧に演奏できた」と振り返る。準優勝には「教わった演奏スタイルを大切に,今後は優勝も目指して頑張りたい」と奮い立つ。

 石黒会主は「他の生徒との合同練習の前後に,1人で演奏する姿があった。基本を大切にして努力を重ねた結果」とまな弟子の成長に目を細める。

 このほか,十勝管内からはA級女性の部で大樹町の丹野聖蘭さん(20),C級の部で鈴木有梨亜さん(上士幌中2年)がそれぞれ9位,石黒会が団体りんごの部で3位だった。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2014年05月18日13時58分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201405/20140518-0018426.php

b0171771_03280642.jpg
写真:リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%A3%AE%E5%B8%82%E6%96%87%E5%8C%96%E4%BC%9A%E9%A4%A8#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Aomori_civic_cultual_hall.JPG
[PR]

b0171771_18462652.jpg
足寄産イチゴ「信大BS8-9」

 今年度から足寄町新町の温泉熱ハウスでイチゴの新品種「信大BS8-9」を本格的に栽培するJAあしょろは、苗の運び込みなど一部の業務を町内の NPO法人障がい児・者地域サポートふれあいに委託 しました。
 信州大学農学部の大井美知男教授が開発したイチゴ新品種「信大BS8-9」は、夏秋イチゴとして優れた特徴があり、平成23年に信州大学が品種登録(第20845号)しました。ケーキ等に使用される業務用イチゴは、夏秋期では大半が輸入品ですが、国産品に対するニーズは高く,品種改良されたのが「信大BS8-9」です。

 私(ブログ作成者)は,帰省の折,足寄で生産されているというイチゴを食べる機会がありました。(上写真)少し酸味があって,中身が引き締まった美味しいイチゴでした。

b0171771_21530100.jpg
JAあしょろ
=2014年8月撮影


 十勝毎日新聞が, 「イチゴ栽培を障害者に一部業務委託 JAあしょろ」 と伝えています。


【足寄】 今年度から町新町の温泉熱ハウスでイチゴの新品種「信大BS8-9」を本格的に栽培するJAあしょろ(新津賀庸組合長)は、苗の運び込みなど一部の業務を町内のNPO法人障がい児・者地域サポートふれあい(藤原茂理事長)に委託した。JAが障害者支援団体に業務委託するのは管内では珍しい。


 同JAは昨年、夏秋イチゴ「信大」の試験栽培を始めた。これまでは約3・3アールのハウス1棟で栽培したが、今春から2棟に増やした。


 それに伴い、就労支援に力を入れる町とも協議。イチゴ栽培が障害者、高齢者の重要な働く場にもなると考え、業務委託をすることにした。


 15日は同NPOから7人、町の高齢者就労支援センターから7人が作業に参加。障害者は苗をハウスに運び込んだ。トウモロコシ棟の草むしりにも従事した。16日も作業は続いた。同NPOを利用する男性(19)は「苗を運ぶのは重かったが、スムーズにできた」と話していた。


 同JAは障害者への業務委託について、イチゴの植え付けや水やり、間引き、収穫など状況をみながら作業範囲の拡大も検討。藤原理事長は「少しでも施設外の一般就労経験を増やし、工賃を増やせれば」と話す。同JAとしても6次産業化の担い手として、障害者や高齢者に期待を寄せている。


-略-

(菊池宗矩)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2014年05月16日06月59分の記事


[PR]
b0171771_08401059.jpg

写真:十勝毎日新聞本社ビル(2011年7月撮影)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E5%8B%9D%E6%AF%8E%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E

 静岡地裁で3月27日に再審開始が認められた 「袴田事件」で弁護団長の西嶋勝彦弁護士 が4月下旬,十勝毎日新聞社で講演しました。
 再審開始決定までの地道な弁護活動を振り返りながら,えん罪を生む司法制度の問題点などを語りました。


 十勝毎日新聞が, 「権力寄りの訴訟構造えん罪の温床 袴田事件弁護団長の西嶋氏講演」 と伝えています。


 静岡地裁で3月27日に再審開始が認められた「袴田事件」で,弁護団長の西嶋勝彦弁護士(73)=東京=が4月下旬,十勝毎日新聞社で講演した。再審開始決定までの地道な弁護活動を振り返りながら,えん罪を生む司法制度の問題点などを語った。(杉原尚勝)
   ◇--◇--◇
 48年前,静岡県清水市(現在の静岡市)でみそ製造会社の専務一家4人が刺され,金品が盗まれ,焼き殺されたのが袴田事件。元ボクサーで従業員の袴田巌さんが疑われ,警察に1カ月近くつけ回された末に逮捕された。捜査で袴田さんの部屋から血や油の痕跡があるパジャマが見つかった。検察側は袴田さんがパジャマ姿で被害者宅に侵入し,殺したと自白を取り,起訴した。

  ところが,裁判中,科警研がパジャマを鑑定し直すと血痕反応が出なかった。すると,裁判開始1年後にみそ工場のみそタンクの底から「5点の衣類」が出てきた。検察側は自白を取ったにもかかわらず,犯行時は5点の衣類を着ていていたと筋書きを変えた。

  結果的に裁判所は「衣類の自白は信用できないが,その他の点は信用できる」との支離滅裂な判断をした。さらに,有罪判決を書きながら,取り調べに問題もあったと捜査官を叱る妙な判決にもなった。怪しげな5点の衣類と取り調べ段階の自白が決め手になり,一審,二審,最高裁と最後まで死刑判決になった。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年05月16日09時45分の記事


参考:袴田事件

 袴田事件(はかまだじけん)とは、1966年に静岡県清水市(現静岡市清水区)で発生した強盗殺人放火事件、およびその裁判で死刑が確定していた袴田 巖(はかまだ いわお、1936年3月10日 - )-元被告が判決の冤罪を訴え、2014年3月27日に死刑及び拘置の執行停止並びに裁判の再審が決定(即時抗告が可能な期間は未確定)された事件。日本弁護士連合会が支援する再審事件である

事件および裁判経過[編集]
・1966年6月30日 - 「有限会社王こがね味噌橋本藤作商店」(「株式会社王こがね味噌」を経て1972年から株式会社富士見物産)専務の自宅が放火された。焼跡から専務(41歳)、妻(38歳)、次女(17歳)、長男(14歳)の計4人の他殺死体が発見される。一家の中では別棟に寝ていた19歳の長女が唯一生き残った。
・1966年7月4日 - 静岡県清水警察署が味噌製造工場および工場内従業員寮を捜索し、当時「こがね味噌」の従業員で元プロボクサーの袴田巖の部屋から極微量の血痕が付着したパジャマを押収。
・1966年8月18日 - 静岡県警察が袴田を強盗殺人、放火、窃盗容疑で逮捕。
・1966年9月6日 - 犯行を頑強に否認していた袴田が勾留期限3日前に一転自白。9日、静岡地検が強盗殺人罪、放火罪、窃盗罪で起訴。
・1966年11月15日 - 静岡地裁の第1回公判で袴田が起訴事実を全面否認。以後一貫して無実を主張。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%B4%E7%94%B0%E4%BA%8B%E4%BB%B6


[PR]

b0171771_11300027.jpg
写真:すし店「源すし」/2014年1月撮影

 本別町内のすし店「源すし」は,本別産小麦と黒豆を使った 乾麺のうどん「ほんべつ黒豆うどん」の販売 を始めました。
 地元の農作物を使った新たな名物として,お土産などの利用が期待されています。

 十勝毎日新聞が, 「本別産小麦の乾麺うどん販売 本別の源すし」 と伝えています。


 【本別】町内のすし店「源すし」(北4,池田圭吾社長)は,本別産小麦と黒豆を使った乾麺のうどん「ほんべつ黒豆うどん」の販売を始めた。地元の農作物を使った新たな名物として,お土産などの利用を期待している。

  黒豆うどんは,町内有志のグループ「ほんべつ食☆道」がご当地メニューとして検討,メンバーの池田社長が初めて商品化した。町内の前田農産食品が生産した小麦「きなほなみ」と本別産の黒豆を使用。乾麺製造を手掛ける「小田壱」(幕別)で,黒豆をきな粉にして小麦粉に練り込んで製造した。

  麺は喉越しが良く,長さが18センチとやや短めで食べやすい。パッケージは,町内で飲食店を経営する尾崎将寛さんが担当。黒色を基調に「うどん」の文字で顔を描いたインパクトのあるデザインにした。

  池田社長は「本別産小麦を使った舌触りや食感の良いうどんで,お客の評判もいい。本別の知名度が広がる一つのきっかけになればいい」と話している。

  1袋(180グラム入り)350円。同店と道の駅ステラ☆ほんべつで販売する他,同店では宴会メニューなどで提供する。問い合わせは同店(0156・22・2488)へ。(安田義教)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年05月18日06時29分の記事


[PR]
b0171771_11124692.jpg
写真:帯広畜産大学生協売店の『蓄大牛乳』/2014年1月撮影


 帯広畜産大学が昨年(2013年)12月に発売した 「畜大牛乳アイスクリーム」の売れ行きが好調 です。アイスクリームを販売する畜産大の生協では,今月7日から全国への地方発送も開始しました。

 私(ブログ作成者)は,1月に畜産大の生協の売店を訪れ『畜大牛乳』(写真)を買い求めましたが,アイスクリームを買い損ねてしまいました。次回は,ぜひ味わいたいと思います。


参考:「畜大牛乳アイスクリームを新発売」帯広畜産大学ホームページから

http://www.obihiro.ac.jp/topic/2013/MILKice_25.html


 十勝毎日新聞が, 「畜大牛乳アイスクリーム好評 地方発送を開始」 と伝えています。


 帯広畜産大学(長澤秀行学長)が昨年12月に発売した「畜大牛乳アイスクリーム」の売れ行きが好調だ。販売する同大生協では今月7日から全国への地方発送も開始した。畜産分野に特化した帯畜大ならではの“ブランド商品”はますます注目を集めそうだ。

  発売から数カ月間は数量限定で,4月からは月2回の製造頻度を週3回とし,現在,同大生協には約2000個を常備する。価格は1個150円。同大生協によると,学生や教職員からは「味が濃厚」「安くて手軽」などの声が聞かれ,1日50個程度が売れる。また,「アイスの販売が好調で,『畜大牛乳』など他の商品も伸びている」(浦瀧誠二専務理事)という。

  地方発送は12個入り1セットで,価格は2400円(梱包材込み)。毎月100セットの限定。15日までに既に約30セットの注文があった。

  製造する同大畜産フィールド科学センターは,今後1年間の販売場所は同大生協のみを予定しており,需要と供給のバランスをうかがいながら学外での販売も検討する。また,現在1種類の味を増やすことも視野に入れている。

  同アイスクリームは学内で約180頭飼育されている乳牛(搾乳牛は約80頭)から生産された「畜大牛乳」を約60%使用し,同大の乳製品工場で製造している。注文などに関する問い合わせは同大生協(0155・48・2284)へ。(高津祐也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年05月17日09時43分の記事


[PR]
 ソフトバンクモバイルのキャラクターで「お父さん犬」として有名な 北海道犬のカイの息子海鬼 が、「海斗」の芸名で父の役を継いでいます。
 海鬼のきょうだいで、本名が海斗の北海道犬が,現在は帯広にいます。


 十勝毎日新聞が, 「兄弟犬が“お父さん”に ソフトバンクCM」 と伝えています。


 携帯電話大手ソフトバンクモバイル(東京)のキャラクターで「お父さん犬」として有名な北海道犬のカイ(11)の息子海鬼(3)が、「海斗」の芸名で父の役を継いでいる。海鬼のきょうだいで、“本名”が海斗(3)の北海道犬は帯広にいる。市内でソフトバンクショップを経営する飼い主の飛岡抗さん(54)は「海斗と海鬼でソフトバンクのPRができれば」と話す。

  カイはソフトバンクのキャラクターとして活躍。同社広報では「お父さん犬はカイ1頭ではなく、複数の犬が演じている。カイもまだテレビCMに出演している」とし、海鬼がお父さん犬役を演じているかは「非公表」だ。

  ただ関係者によると、カイは最近は高齢もあって疲れやすくなっており、海鬼も4月ごろからCMなどに出演しているようだ。

  海斗、海鬼は2010年7月生まれ。海斗は飛岡さんがもらい受け、海鬼は千葉県内の動物タレント事務所に引き取られた。

  海斗はカイ、海鬼とそっくりの真っ白な北海道犬で、散歩中に通りすがりの歩行者から「お父さん犬だ」と声を掛けられることがたびたびある。

  引き取った当初はソフトバンク帯広中央店(帯広市西8南1)のマスコットとして、来店者と触れ合うこともあったが、3歳の成犬になった今は、同店敷地内のケージの外側から見ることができる。

  飛岡さんは「海斗にお芝居は無理だが、きょうだいでソフトバンクを盛り上げてほしい」と笑顔を見せている。(長田純一)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年05月14日13時36分の記事


b0171771_08061389.jpg


写真:「お父さん犬」のカイくん
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%81%8F%E3%82%93#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:%E3%81%8A%E7%88%B6%E3%81%95%E3%82%93.jpg

参考:カイくん
 カイくん(2003年10月10日 - )は、CMなどに出演するタレント犬。湘南動物プロダクション所属。
 ソフトバンクモバイルのCMで有名になり、愛称は「(白い)お父さん」。

概要[編集]
 北海道勇払郡むかわ町生まれの北海道犬で、北海道の「海」にちなんで名づけられた。好物はソーセージとロケ弁のシャケ、きゅうりである。妹にネネ、弟にポロという犬がいる。
 NHK朝の連続テレビ小説「天花」(2004年)、TBS系ドラマ「里見八犬伝」(2006年)に出演後、2007年に開始されたソフトバンクモバイルのホワイトプラン・ホワイト学割などを主に宣伝する「白戸家の人々」の広告に、ある事情で人間から白い犬に変身してしまった「お父さん」役として出演し、一躍有名となった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%81%8F%E3%82%93


[PR]
b0171771_19040594.jpg
ローソン本別南店=2012年6月撮影

 コンビニエンスストア大手のローソンが,本別町内に、小麦などの 農業生産法人「ローソンファーム」の設立を計画 していることが分かったと,十勝毎日新聞が報じています。
 町内栄町の石山農場と共同出資し、今月末に設立の予定で,今年度は同農場の約43ヘクタールで小麦とジャガイモを生産し,農作物はローソン店舗で販売するパンの原料などに使う予定です。

 
十勝毎日新聞が, 「本別に農業生産法人設立へ ローソン」 と伝えています。


 【本別】コンビニエンスストア大手のローソン(東京)が町内に、小麦などの農業生産法人「ローソンファーム」の設立を計画していることが14日までに分かった。町栄町の石山農場(石山直貴社長)と共同出資し、今月末に設立の予定。今年度は同農場の約43ヘクタールで小麦とジャガイモを生産する。生産した農作物はローソン店舗で販売するパンの原料などに使う。


 ローソンは地元農家と共同出資の形で全国で農業生産法人を展開している。道内では2011年6月、1カ所目として「ローソンファーム十勝」(山本浩次社長)を幕別町五位に設立した。本別は後志管内共和町に続いて道内3カ所目、全国では18カ所目。設立時ベースの農地面積では、ローソンファーム鳥取に次いで2番目の広さになる。


 12日にローソンの担当者と石山氏、中川郁子衆院議員らが来町し、町側に計画を説明した。社名は「ローソンファーム北海道本別」を予定。資本金500万円で、石山農場が75%、ローソンは15%を出資する。社長は石山氏が務める。今後、農業委員会への申請手続きを進める。


 石山農場の土地を賃借し、パン用品種の小麦「ゆめちから」を中心に、一部でジャガイモ「男爵(だんしゃく)」も生産する。小麦は十勝産としてローソン店舗で販売するパンの原料に使い、ジャガイモは生鮮食品を扱う店舗で販売される。収穫量や販売額の見込み、販売店舗は未定。


-略-


(安田義教)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版
=2014年05月14日13時30分の記事


[PR]

b0171771_04454963.jpg
写真:本別観光体験農園(後方は道東道本別インターチェンジ)/2011年8月撮影

  5月10日,本別町共栄の農業登坂昇さんの畑で, 観光体験農園の種まき作業 が行われました。農園は,道東自動車道本別インターチェンジ近くの畑にあります。
 今年は,町内の個人やグループがトウモロコシやジャガイモなどの種や苗を植えました。

 十勝毎日新聞が, 「体験農園でジャガイモなど種まき 本別 」 と伝えています。


 【本別】町共栄の農業登坂昇さんの畑で10日,観光体験農園の種まき作業が行われた。町内の個人やグループがトウモロコシやジャガイモなどの種や苗を植えた。

  農商工連携の一環で町商工会が後援して4年目。町外からも参加しやすいように道東自動車道本別インターチェンジ近くの畑を使い,希望者に1区画(77平方メートル)を割り当て,野菜の栽培を体験してもらう。

  今年はこれまでに町内から3個人と2団体が参加。この日は登坂さんの助言や指導を受けて,トウモロコシ3種類とジャガイモ2種類の種をまき,タマネギの苗を植えた。今月中には豆など他の野菜も植え,草取りなど夏場の管理を経験して秋に収穫する。

  3年目の参加になった町内の自営業木村隆夫さん(61)は「自分で作った野菜を食べるのは楽しみ。プライスレス(値段を付けることができないこと)の楽しみです」と額に汗を浮かべながら作業していた。登坂さんは「草取りも体験の一つ。大地と触れ合いながらおいしい野菜を作ってほしい」と話していた。

  体験農園では参加者を募集中。種や農機具,肥料などは農園が用意し,利用料は年1万円。問い合わせは町商工会(0156・22・2529)へ。 (安田義教)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年05月13日12時22分の記事
[PR]
b0171771_20334557.jpg
写真:義経の里本別公園のかぶと池/2011年8月撮影

 5月11日,春の花見シーズンに合わせたイベントが,帯広市と本別町でそれぞれ開かれました。
 本別町では 義経の里本別公園でツツジ祭り が行われ,澄み渡った青空が広がった両会場で,訪れた人たちが名物の豚汁「ジャンボ義経鍋」やステージイベントを楽しみました。


 十勝毎日新聞が, 「花見イベント大盛況 本別,帯広」 と伝えています。


 春の花見シーズンに合わせたイベントが11日,帯広市と本別町でそれぞれ開かれた。今年は平年より早く桜が開花したたため花の見頃は過ぎてしまったが,本別のツツジは満開に咲き誇り,澄み渡った青空が広がった両会場では,訪れた人たちが焼肉やステージイベントを楽しんだ。

満開ツツジに義経鍋も人気 本別
  つつじ祭り会場の義経の里本別公園には,本別の花と味覚,イベントを楽しむために町内外から大勢の人が詰め掛けた。

  本別産の黒豆みそや黒豆豆腐,豚肉などを使った名物の豚汁「ジャンボ義経鍋」には行列ができ,真夏並みの気温にかき氷が飛ぶように売れた。音更町から家族4人で来た農業中橋晴樹さん(35)は「義経鍋が目当て。暑いからと言って食べないわけにいかない」と話して熱々の豚汁に舌鼓を打った。

  会場では午後2時まで,ものまねショーやクイズ大会,うなぎつかみ大会などが開かれた。園内はエゾムラサキツツジ約1万6000株が満開で,来場者は木陰にシートを広げて思い思いに春の一日を楽しんだ。(安田義教)

“主役”不在も焼き肉を満喫 おびひろ桜まつり
 帯広市内の緑ケ丘公園のグリーンステージ前では午前10時から,「第29回おびひろ桜まつり」(帯広観光社交組合主催)が開かれ,約2000人が焼肉を満喫した。

  桜はすでに散ってしまったものの,雲一つない青空に恵まれ,絶好の焼肉日和となった。会場ではカラオケ大会やバトンクラブの発表,帯広三条,帯広工業両高校の吹奏楽部による演奏なども行われ,にぎわいに花を添えた。

  行きつけの飲み屋の仲間と焼き肉を囲んでいた会社員古川邦雄さん(61)は,「桜が散ってしまって寂しいけれど,天気が最高でビールも進む」と笑顔で話していた。(高田敦史)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年05月11日13時21分 の記事



[PR]

b0171771_05244305.jpg
写真:本別町立図書館/2014年1月撮影

 住民参加型のスポーツイベント「チャレンジデー」が5月28日全国で行われます。
 本別町では,イベントへの関心を高めようと、図書館の1階ロビーに 対戦相手の鹿児島県和泊町のコーナー を設けました。

 十勝毎日新聞が, 「町図書館にチャレンジデーコーナー 本別 」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】住民参加型のスポーツイベント「チャレンジデー」(5月28日)への関心を高めようと、町図書館は1階ロビーに対戦相手の鹿児島県和泊町のコーナーを設けた。

  同イベントは、人口が同規模の自治体同士が毎年5月の最終水曜日に15分以上のスポーツをしたり、体を動かしたりした住民の参加率を競う。

  本別は参加4年目。町民に対戦相手を知ってイベントへの参加意識を高めてもらう狙いで、コーナーを毎年設けている。町教育委員会が取り寄せた和泊町の旗や観光情報誌、町広報誌などを展示。黒糖焼酎やパパイヤ漬けなどの特産品も陳列した。隣には本別のキレイマメ商品を並べて対決色を出した。

  和泊町は沖永良部島に位置し、基幹産業はエラブユリなどの花卉(かき)や野菜栽培といった農業。人口は約8000人で昨年の参加率は86%だった。町教委は「北の本別と南の和泊で生活様式が全く違う。展示を見てイベントに興味を持ってほしい」とPR。展示は今月下旬に町体育館に移してイベント当日まで続ける。(安田義教)
-----------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年05月10日6時29分の記事


[PR]