本別ブログ(ふるさと・東京本別会) 

hombetu.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

b0171771_18472161.jpg

写真:台湾・合興駅(新ホームより転轍機テコと詰所を望む。右側が本線。)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E8%88%88%E9%A7%85#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Taiwan_HeSing_Railway_Station_3.JPG


 帯広市の観光名所の幸福駅と台湾北西部の合興(ごうこう/中国語読み「ハーシン」)駅との 姉妹駅構想 が関係者の間で浮上しています。
 合興駅は,台湾内湾線の無人駅で,恋人を乗せた列車を青年が合興駅から走って追いかけた故事にちなみ,「愛情火車站(駅)」の別名でも知られています。

 十勝毎日新聞が, 「台湾の駅と姉妹駅構想 帯広・幸福駅」 と伝えています。

 帯広市の観光名所の幸福駅(幸福町東1線)と台湾北西部の合興(ごうこう)駅(新竹県)との姉妹駅構想が関係者の間で浮上している。十勝と台湾の親善交流を図る民間団体の十勝日台親善協会(曽我彰夫会長)も関係機関と連携し,同構想実現の可能性調査を検討する考え。

 合興駅は,台湾内湾線の無人駅。恋人を乗せた列車を青年が同駅から走って追いかけた故事にちなみ,「愛情火車站(駅)」の別名でも知られる。関係者によると,内湾線は年間約150万人程度が乗車する観光路線で,同駅にも多くの人が訪れる。

 一方の幸福駅は恋人の聖地にも指定され,ハッピーセレモニーなどでも人気。恋愛につながりのある駅同士の縁で,台湾サイドから姉妹駅構想が持ち上がった。実現すれば,相乗効果で観光客の相互送り出しといった取り組みにもつながるとの期待の声もある。

 両駅とも行政が管理。日本と台湾には国交がないなど,提携にはハードルもある。ただ,13年に愛媛県松山市の松山駅と台湾台北市の松山駅が姉妹提携した先例も。関係者は「民間が架け橋となることができれば」としている。(長田純一)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年05月28日13時31分 の記事

[PR]
by hombetu | 2014-05-31 06:45 | 帯広市の様子 | Comments(0)

野田組が花壇に花植え

 5月23日,本別町内の建設業野田組が,体育館前の花壇などに 花を植えるボランティア活動 を行いました。

 十勝毎日新聞が,「野田組が花壇に花植え 本別 」と伝えています。


 【本別】町内の建設業野田組(北3,野田仁社長)は23日,町体育館前の花壇などに花を植えるボランティア活動を行った。

 4年目の取り組みで,役職員9人が参加。ベゴニアやマリーゴールド,ケイトウなど約600株を,町図書館前と町歴史民俗資料館前を合わせて3カ所で植えた。建設作業用の計測器を使って花壇の寸法を計りながら縦横均等に配置した。同社の坂入隆管理部次長は「体育館前はイベントが多く開かれるので,花で憩いの場所になればいい」と話していた。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年05月25日19時30分 の記事

b0171771_05064208.jpg
参考写真:本別町体育館前の花壇
/2010年8月撮影


[PR]
by hombetu | 2014-05-30 06:32 | 本別町の様子 | Comments(0)
 JA十勝清水町が,今年度から展開する 野菜ブランド「とれたんと」の第1弾 となるアスパラガスの出荷が,今ピークを迎えています。
 ギフト商品はブランド専用のパッケージに詰め,全国に送り出されています。


 十勝毎日新聞が, 「JA野菜ブランド「とれたんと」 第1弾アスパラ出荷」 と伝えています。


 【清水】JA十勝清水町(間木野篤雄組合長)が今年度から展開する野菜ブランド「とれたんと」の第1弾となるアスパラガスの出荷がピークを迎えている。ギフト商品はブランド専用のパッケージに詰め,全国に送り出している。

 町内の酪農・畜産農家が生み出す資源から製造したミネラル豊富な肥料「しみず有機」を利用して生産した野菜をブランド化した。1年を通して季節の野菜12種類を,ネット販売や独自の販路で提供する。

 今月上旬に出荷が始まったアスパラガスは全量が同肥料を使用しており,市場に出す分も含めてすべてがブランド商品。全体の1~2割と見込むギフト用には,パートスタッフがブランド名とイラスト入りの箱(容量700グラム,1キログラム)に,M~2Lの厳選したものを丁寧に詰めている。調理・保存方法を記したカードも同封した。

 同JA農産部農産課は「チルド便でのギフト注文は全国から届いているほか,従来の顧客にダイレクトメールで案内もしている。消費者に直接届くところから知名度を上げていきたい」としている。

 アスパラガスの出荷は6月20日ごろまで続けられる。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2014年05月26日14時00分の記事
b0171771_18561174.jpg
写真:JAとかち清水町/2012年6月撮影


[PR]
by hombetu | 2014-05-29 18:51 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)

 5月23日,本別町商工会女性部が,義経の里本別公園に 町花のエゾムラサキツツジを植栽 しました。
 女性部の恒例事業で,今回は園内のかぶと池北側に40株を植えました。


 十勝毎日新聞が, 「商工会女性部がツツジ植栽 本別 」 と伝えています。


 【本別】町商工会女性部(新津直子部長)は23日,義経の里本別公園に町花のエゾムラサキツツジを植えた。

 同部の恒例事業で,園内のかぶと池北側に40株を植えた。集まった部員7人は,掘った穴に1本ずつ株を置き,スコップで丁寧に土を掛けた。園内は町内外から花見客が訪れるツツジの名所で,新津部長は「公園が花がいっぱいになればいい」と願っていた。(安田義教)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年05月24日18時30分の記事

b0171771_05200152.jpg
写真:義経の里本別公園のかぶと池/2010年8月撮影


[PR]
by hombetu | 2014-05-28 06:15 | 本別町の様子 | Comments(0)

音更市街でミンク捕獲

b0171771_18272151.jpg
参考写真:サカナを運ぶミンク Mustela vison
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%AF#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Mink_with_catch.jpg


 15日,鹿追町の中心部の住宅街で,特定外来生物の アメリカミンク1頭が捕獲 されました。
 道内には野生化したミンクが広く生息しているとされ,管内ではアライグマ駆除のための箱わなにかかった例があるものの,市街地で単独での捕獲例は珍しいとのことです。


 十勝毎日新聞が, 「市街地でミンク捕獲」 と伝えています。


 
【鹿追】鹿追町の市街地中心部の住宅街で15日,特定外来生物のアメリカミンク1頭が捕獲された。道内には野生化したミンクが広く生息しているとされ,管内ではアライグマ駆除のための箱わなにかかった例があるが,市街地で単独での捕獲例は珍しい。


 発見したのは新町の戸部田富士子さん(68)。自宅近くの路上に黒い動物がいるのを発見。知らせを受けた娘の忍さん(40)が様子を見ていると,「家の横を流れる川の近くで,藻を食べるようなしぐさを見せていた」という。役場に連絡後,忍さんが素手で捕獲して猫用のケージに入れた。捕獲の際に指をかまれて手当てを受けたという。


 町役場が十勝総合振興局などに確認したところアメリカミンクと判明。体長は尻尾を含めて約50センチ。北米原産で,道内にはかつて毛皮のための養殖目的で持ち込まれ,野生化する原因となった。


 町内では然別湖周辺でも目撃されるが,町によると町内での捕獲例はなく「ペットして飼育許可を得ている人もいない」という。


 同振興局によるとミンク単独での捕獲数は公表していないが「昨年度も管内で数頭がわなにかかっている」としている。肉食性で攻撃的な特徴があり,イタチ類の在来種と競合することで,生態系への影響が懸念されている。移動や野外に放つことが外来生物法で禁じられている。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース
/ 2014年05月24日14時18分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201405/20140524-0018466.php


参考:ミンク
 ミンク(学名:Neovison vison)は,食肉目 イヌ亜目 イタチ科の哺乳類である。別名,アメリカミンク。北アメリカ原産で,世界各地で毛皮動物として利用されている。また,外来種として野外へ定着している。


外来種問題[編集]
 日本では,1928年ごろから毛皮をとる目的で,北海道に持ち込まれ養殖されているが,1960年代以降に逃げ出した個体が野生化して問題となっている[1]。北海道以外にも宮城県,福島県,群馬県,長野県でも定着が確認されている[3][9]。2007年長野県の千曲川流域の上田市や坂城町では野生化した個体が繁殖し,漁業被害を生じている[10]。小型哺乳類やタンチョウのひなを捕食したり,在来種のイタチ類を駆逐するといった生態系への悪影響が懸念されている[1]。
 外来生物法によって特定外来生物に指定されており,飼育許可を得るためには檻の二重化やマイクロチップによる個体識別を行った上で,環境省への申請が必要[1]。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%AF


[PR]
by hombetu | 2014-05-27 06:23 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)

 蔵前国技館で行われていた大相撲夏場所(五月場所)において、八角部屋所属で 本別町・本別中学校出身の北勝若関 は、自身最高位の三段目で土俵に上がっていました。

 初日(5月11日)、東14枚目の明生(めいせい)と対戦し、幸先良く白星をあげました。
 千秋楽5月25日),4勝2敗で相星の東10枚目西山に勝って,5勝2敗と大きく勝ち越しました。

 北勝若関は,先場所の三月場所でも,三段目西40枚目で,5勝2敗で勝ち越しました。
 7月13日から始まる名古屋の七月場所の番付発表が楽しみです。


 北勝海関の今場所の星取
 
○--○●-○--●-○--○

b0171771_17525430.jpg
写真:北勝若関の実家「篠原精肉店」/2014年1月撮影


[PR]
by hombetu | 2014-05-26 17:54 | 活躍しています | Comments(0)
 JA中札内村は、 農産物のブランド化 を目指し「村特産品プロジェクト会議」を設立しました。
 5月13日~15日の3日間、最重要品目に指定するホウレンソウの種まきを実施しました。試験的に40トンを生産し、成功すれば来年度は増産を目指す計画です。


 十勝毎日新聞が, 「ホウレンソウを特産に JA中札内村」 と伝えています。


 【中札内】農産物のブランド化を目指し「村特産品プロジェクト会議」を設立したJA中札内村は、最重要品目に指定するホウレンソウの種まきを13~15の3日間、村内で実施した。試験的に40トンを生産し、成功すれば来年度は増産を目指す。

 同JA農産部によると、ホウレンソウはビートと同じアカザ科で寒冷地に適している。2010年に初めて試験的に栽培し、2年目には48トンの収穫に成功した。35都道府県の学校給食向けに供給していたが、販路の拡大が見込めず2年間生産を中止していた。

 そんな中、「全てを国産品に切り替えたい」という大手外食チェーンから、300トンを受け入れる話が持ち上がり、「市場の見通しが明るい」(井川晃博農産部長)と再挑戦することを決意。同プロジェクト会議でエダマメやサヤインゲン、ヤマゴボウと並ぶ品目に位置付けた。関係機関と連携して生産者に対する営農指導に努め、安定生産を拡充していく。

 今年度は6件の農家が合計3ヘクタールで生産する。このうち5件は初めてホウレンソウに挑戦する農家で、JA職員が畑の作り方や病害虫管理なども指導、比較検討のため4品種を種まきした。約55日後には収穫できる予定だ。井川部長は「地道な取り組みになるが、必ず前回より良いものを作って軌道に乗せたい」と強い決意を見せる。

 試験栽培に成功すれば、来年度は生産農家も増やす考えで、同JAの山本勝博組合長は「安全安心なものを作り、新しい特産品につながれば」と期待している。

 エダマメは3日から種まきしており、サヤインゲンは21日から、ヤマゴボウは6月下旬に始める。(小寺泰介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年05月21日06時00分の記事


b0171771_22235667.jpg
写真:JA中札内村/2012年6月撮影


[PR]
by hombetu | 2014-05-26 06:38 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)

b0171771_15520612.jpg
「本別ひまわり3000坪迷路」の会場=2011年8月撮影

 5月24日,本別町美里別東中地区で8月9~16日に開かれる「本別ひまわり3000坪迷路」に向け,主催する 本別ひまわり愛好会が種まき を実施しました。
 9回目の今年は,連作を避けるため,昨年の会場近くの畑を使い,面積は従来の1haから1.5haに広げ,今回は広さが4500坪になります。


b0171771_15054657.jpg
「ひまわり迷路」作業用トラクター=2011年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「本別ひまわり迷路の種まき 広さ1・5倍に」 と伝えています。

 【本別】町美里別東中地区で8月9~16日に開かれる「本別ひまわり3000坪迷路」に向け,主催する本別ひまわり愛好会(背戸田利光会長)は24日,畑にヒマワリの種をまいた。


 町内の有志でつくる愛好会が,畑を使ってヒマワリ畑の迷路を作る名物イベント。9回目の今年は連作を考え,昨年の会場近くの畑を使う。面積は従来の1ヘクタールから1・5ヘクタールに広がり,今回は広さ4500坪になる。


 会場に集まった会員15人は,トラクターで畑に種と肥料をまき,会場を設営するなど準備作業に汗を流した。昨年は管内外から2万人が訪れた十勝の夏を代表するイベントの一つ。背戸田会長は「去年より面積が広いので面白い迷路ができると思う」と話していた。丈が1メートルほどに伸びる7月下旬に迷路の形にコースを作る。

-略-

(安田義教)

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2014年05月24日12時56分の記事


[PR]
by hombetu | 2014-05-25 06:47 | 本別町の様子 | Comments(0)

b0171771_07101627.jpg
参考写真:JR北海道当時の「陸別駅」駅舎(1989年3月)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E5%88%A5%E9%A7%85#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Rikubetsu_Station_of_Hokkaido_Railway.jpg

 日本映画史に残る山田洋次監督の名作で,1977年に公開された「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」は,夕張をはじめ道内各地を舞台に,帯広や新得でもロケが行われました。
 十勝管内で最もシーンが多いのが陸別 でした。

b0171771_08273045.jpg
参考写真:『幸福の黄色いハンカチ』
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/91/The_Yellow_Handkerchief_at_yubari.JPG


 十勝毎日新聞が, 「あの時の記憶 陸別,幸せの黄色いハンカチロケ」 と伝えています。


 1977年5月,陸別町企画課で広報を担当していた佐久間幹夫さん(71)に,知人から電話が入った。すぐに駆け付けると駅前は人の山。撮影カメラとライトが囲んだ中央に,高倉健さんと桃井かおりさん,武田鉄矢さんがいた。「びっくりしたよ。陸別にロケが来ることはめったにないから」。駅舎を背景に撮影風景を写真に収め,町の広報誌に掲載した。


 日本映画史に残る名作「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」(山田洋次監督,77年公開)。夕張をはじめ道内各地を舞台に,帯広や新得でもロケが行われたが,十勝管内で最もシーンが多いのが陸別だ。


 映画の内容は,網走刑務所を出所した高倉さん演じる島勇作が,行きずりのカップル(桃井さん,武田さん)と繰り広げるロードムービー。陸別はその中盤に登場し,駅で帯広行きの汽車を待ったり,駅前にあった「かわもと食堂」でカニを食べたりするシーンが撮影された。スタッフは5月5日から数日にわたり,町内の浜田旅館に滞在しながら撮影した。


 なぜ陸別が選ばれたのか-。当時の新聞には「小ぎれいな駅や街に着目してここを選んだ」とスタッフのコメントが載っている。武田さんが演じる欽也がトイレを借り,朱実役の桃井さんの車が牧草に突っ込んだ場面には櫻井牧場(町弥生)が使われた。道内を移動中に探し歩いた中でぴったりの場所だったと,事前に山田監督から手紙が届いた。


-略-
(安田義教)

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年05月24日06時30分の記事


[PR]
by hombetu | 2014-05-24 07:10 | 陸別町の様子 | Comments(0)

b0171771_19542882.jpg
写真:本別警察署
/2011年8月撮影

 本別署管内の本別,足寄,陸別3町で今年, 道路外に逸脱する単独事故が多発 しています。1~4月は98件発生し,物損事故の半数以上を占めています。


 十勝毎日新聞が, 「単独の路外逸脱事故が多発 本別署管内」 と伝えています。


 【本別】本別署(佐々木裕作署長)管内の3町(本別,足寄,陸別)で今年,道路外に逸脱する単独事故が多発している。1~4月は98件発生し,物損事故の半数以上を占めた。道内では5月に入って車両単独による死亡事故が続いており,同署は注意を呼び掛けている。

 同署管内は今年4月までに人身事故が3件,物損事故が168件発生し,死亡事故はゼロだった。死亡事故,人身事故は前年に比べて少ないが,物損事故は12件の増。中でも道路外にはみ出すなど車両が単独で起こす事故が目立った。

 原因の多くは運転手の前方不注意やハンドル・ブレーキ操作の誤りなど。運転が緩慢になったり車内に落とした携帯電話などを拾ったりしたこととスピード超過が重なり,路外にはみ出すケースが多い。

 4月には足寄町芽登の道道で,脇見運転したワンボックス車が道路脇の誘導柱と電柱に次々と衝突。車両が大破し,運転手が病院に運ばれた。けが人のない物損事故の届け出だったが,一歩間違えば大けがや死亡事故につながった。

 道内では今月13日までに単独事故による死亡事故が8件起きている。郊外の道路で夜間から午前中に発生した。同署管内で最後に起きた昨年4月の本別町内の死亡事故は,スピード超過とみられる乗用車が路外に転落して電柱にぶつかり,運転していた男性(当時42)が死亡している。

 農村部を走る道路が多い管内では,集落と集落を結ぶ長い直線道路が多い。同署は「ガードレールが設置されていない箇所が多いので,車道をはみ出せば転落する危険性がある」と指摘する。

 夏に向けたこの時期は車のスピードが上がる傾向があり,同署地域・交通課は「目的地までの距離が長いので,うっかり,ぼんやりが要注意。自分も事故当事者になる可能性があると考えてハンドルを握ってほしい」と呼び掛けている。(安田義教)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2014年05月22日06時00分の記事


[PR]
by hombetu | 2014-05-23 06:45 | 本別町の様子 | Comments(0)

故郷十勝平野の本別の情報を中心に発信しています。(写真:義経伝説のふるさと本別。義経の里本別公園に立つ源義経の像)


by hombetu