<   2013年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

b0171771_853649.jpg
写真:JR浦幌駅/2012年9月撮影

 10月21日,浦幌町は高齢者を中心とした交通弱者の移動を支援するため, コミュニティーバスの実証調査 の試験運行を始めました。
 循環バスはJR浦幌駅を発着地点とする光南団地方面の「南ルート」と北栄団地方面の「北ルート」を設け,午前7時半に第1便となる南ルートのバスが,浦幌駅を出発しました。

 十勝毎日新聞が, 「コミバスの試験運行開始 浦幌」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 浦幌町は高齢者を中心とした交通弱者の移動を支援するため,21日,コミュニティーバス(コミバス)の実証調査の試験運行を始めた。初日は市街地の循環バスの乗客は5人,郊外と市街地を結ぶ予約運行型バス(乗り合いタクシー)は予約がなく,運行されなかった。

 循環バスはJR浦幌駅を発着地点とする南ルート(光南団地方面)と北ルート(北栄団地方面)を設け,午前7時半に第1便となる南ルートのバスが同駅を出発した。

 この日バスに乗車した5人の利用目的は,通勤や試し乗りなど。図書館から乗車した女性(82)は「スーパーの買い物ポイントが平日の5倍になる日曜日(運行は平日のみ)も走らせてほしい」と要望,運転手に合図を送れば乗り降りできる「自由乗降区間」を設けていることに関しては,「よい試みだが,まだ知られていない」と話した。

 自宅から職場まで約2・6キロを徒歩で通勤している女性(47)は仕事帰りにフクハラから乗車した。「雨の日などは助かる。これからも利用したい」とコミバスを歓迎した。

 予約運行型バスは,今週は予約(21日午後5時現在)が入っていない。理由について,町は「郊外と市街地の間は町の患者輸送バスや本別との間を結ぶ生活維持路線が運行され,既存のバスに乗り慣れているため」との見方を示している。

 町は「町民が利用しやすいコミバスにしたい。要望や改善点を教えてほしい」と町民へ試乗を呼び掛けている。11月20日までの平日運行。予約運行型バスは利用の前日午後5時までに「予約専用ダイヤル015・576・5399」へ申し込む。問い合わせは町まちづくり政策課(015・576・2112)へ。(平野明)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・浦幌めーる 2013年10月22日の記事
http://www.tokachimail.com/urahoro/
[PR]
b0171771_5514420.jpg


 10月19日,東十勝ロングトレイル活動協議会主催の「『森のルート』馬髭(ひげ)岳と留真温泉ツアー2013」が,浦幌町内で行われ,参加者は色づいた山並みに目を奪われながらトレッキングや散策を楽しみました。
 ツアーには,札幌やニセコなどの遠方も含め38人が参加しました。

 十勝毎日新聞が, 「馬髭岳と留真温泉ツアー 浦幌」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【浦幌】東十勝ロングトレイル活動協議会(会長・萩原一利帯広建設業協会会長)主催の「『森のルート』 馬髭(ひげ)岳と留真温泉ツアー2013」が19日に町内で行われ,参加者は色づいた山並みに目を奪われながらトレッキングや散策を楽しんだ。

 札幌やニセコなどの遠方も含め38人が参加。留真温泉に到着後,登山班と散策班に分かれて行動した。

 登山班は林道入り口から馬髭岳(標高568メートル)山頂までの往復12キロのコースをトレッキング。頂上では日高や冠雪した大雪連峰を望み,秋色に染まった山々の自然を満喫した。

 散策班は4号沢から「留真散策の森」まで5キロを歩き,「北海道の巨樹・銘木」に指定されている推定樹齢300年以上のカツラを見学。樹高24メートル,幹周り8・5メートルの太さに圧倒された。留真川で渓流釣りも楽しんだ。

 登山・散策後は留真温泉で疲れを癒やし,町コスミックホールでの懇親会では,十勝産野菜スティック,イクラ丼,魚介とゆり根の天ぷらなど十勝の旬を味わった。

 往復で2万2000歩を歩いたという近藤和子さん(72)=帯広=と清水芳子さん(65)=同=は「コクワやヤマブドウがおいしかった」と満足そうだった。(円子紳一通信員)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・浦幌めーる 2013年10月22日の記事
http://www.tokachimail.com/urahoro/
[PR]