「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

b0171771_7403237.jpg


 6月25日, JA本別町「大通り倉庫」 の解体作業を前に,町歴史民俗資料館友の会などは,本別空襲の歴史を伝える倉庫を映像資料として残すためにビデオや写真で記録しました。
 倉庫は,7月に取り壊しが始まる予定です。

 十勝毎日新聞, 「解体前に映像資料作成 本別空襲伝える『大通り倉庫』」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】町北5のJA本別町「大通り倉庫」の解体作業を前に、町歴史民俗資料館友の会(高橋利勝会長)などは25日、本別空襲の歴史を伝える倉庫を映像資料として残すためにビデオや写真で記録した。

 7月に取り壊しが始まる同倉庫について、町は写真やビデオ映像で残す他、外壁に残る本別空襲時の米軍機の銃弾跡は、壁をくりぬいて同資料館で常設展示する。「本別空襲の爪痕」と題したDVD作品も制作する。

 町文化財審査委員会と町文化財調査研究委員会の会員らを合わせて15人が集まった。町教育委員会の担当者が高所作業車を使い、外観と内部を撮影した。

 参加者は外壁の弾痕を見学し、内部では頭上に伸びる柱や天井に組まれた梁(はり)に目を見張った。自身が生産した豆類などを運び込んだ西美里別の細岡幸男さん(82)は、「10代のころは雑穀を担いで2階まで上がった」と当時を懐かしみ、参加者からは「壊すのがもったいない」との声が漏れた。

 同倉庫は1930年5月に建設。木造で壁面をコンクリートで固め、床面積は1190平方メートル。当時は十勝最大規模で豆類などを貯蔵し、近年は農業資材の保管に使われていた。近くの国道242号の拡幅に伴い取り壊される。同JAでは今月中、倉庫内部の見学などを受け入れている。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2013年06月26日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
 浦幌町吉野地区の 花と野菜のスタンド が,今季も6月から営業をスタートしました。スタンドは国道38号沿いにあり,22日には園芸の講習会が開かれて好評でした。

b0171771_7135293.jpg
写真:浦幌町吉野地区「花と野菜のスタンド」/2012年9月撮影

 十勝毎日新聞, 「花と野菜のスタンド好評、講習会も  浦幌」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【浦幌】町共栄(吉野地区、国道38号沿い)の「花と野菜のスタンド」(石原由美代表)が今季も6月から営業をスタート、22日には園芸の講習会が開かれて好評だった。

 同スタンドでは70種類以上の花苗や野菜の他、豆類、シカ肉加工品、JAうらほろの豆類加工品、「浦幌ヒグマ調査会」のTシャツ、ソフトクリームなどを販売している。ソフトクリーム(260円)もドライバーやライダーに人気だ。毎年春には講習会、秋にはミニコンサートを開いている。

 この日は芽室町の障がい者福祉サービス事業所オークルの嶋中宏之さんが、専用バケツと、同事業所で製造している「EM(有用微生物群)ボカシ」を使って生ゴミ堆肥作りを指導。また、地元出身のフラワーコーディネーター野原隆子さん(釧路市在住)が花の寄せ植えや野菜のプランター栽培の方法などについて指導した。

 営業は11月下旬まで。問い合わせは同店(015・576・5525)へ。(大笹健郎)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース・めーる 2013年06月24日の記事
http://www.tokachimail.com/urahoro/
[PR]
b0171771_4552681.jpg
写真:螺湾川沿いのラワンブキ自生地/2011年8月撮影

 今,足寄町螺湾地区に自生する,北海道遺産の ラワンブキが収穫シーズン を迎えています。
 螺湾川沿いの自生地で,地域の酪農家らが,大きいもので高さ2・5メートルほどに成長したフキの刈り取りに取り組んでいます。

 十勝毎日新聞, 「自生のラワンブキ収穫始まる 足寄町螺湾地区」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【足寄】町螺湾地区に自生する、北海道遺産のラワンブキが収穫シーズンを迎えている。螺湾川沿いの自生地で、地域の酪農家らが、大きいもので高さ2・5メートルほどに成長したフキの刈り取りや出荷作業に汗を流している。

 今年の自生ブキは、春先の低温で成長が遅れたが、6月の気温上昇とともに、一気に成長し、大ぶりとなった。収穫時期は例年より5日ほど早い。

 町上螺湾の阿部壽美雄さん(57)=町螺湾グリーン研究グループ代表=は17日から自生地で鎌を入れ、虫食いや水あかがないかを確かめながら収穫している。阿部さんは「成長が少し早いので軟らかい。食べるのには良いが収穫が大変」と話していた。

 作業は6月中に終える予定。町内全体の自生ブキの収穫量は昨年並みの約15トンを見込んでいる。フキは70センチの長さにそろえ、3、5、10キロの箱詰めで発送する。阿部さんが収穫したフキの注文は電話・ファクスとも(0156・29・7267)で受け付けている。(菊池宗矩)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・足寄めーる 2013年06月20日の記事
http://www.tokachimail.com/ashoro/
[PR]
b0171771_4295678.jpg
 6月22日, 第11回東京本別会総会・懇親会 が行われました。
[PR]
東京本別会総会

 本年も。6月に 「東京本別会総会・懇親会」 を実施します。
 今回は,テレビ 『ウェークアップ!ぷらす』 や 『情報ライブ ミヤネ屋』 でおなじみの岩田公雄さんが参加されます。岩田さんは,中学生時代を本別で過ごし,現在は讀賣テレビ放送報道局特別解説委員として活躍されています。 

b0171771_3193547.jpg


 第11回東京本別会総会・懇親会
 日時:平成25年6月22日(土) 午後5時開宴
 会場:スクワール麹町 (千代田区麹町6-6/四ッ谷駅1分


More
[PR]
b0171771_173142.jpg
写真:松本氏の原画が描かれたラッピング車両/2011年8月撮影

 陸別町と町商工会は9月,「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」などで知られる 漫画家松本零士さんの講演会 を町内で開くことになりました。
  松本さんは2002年,旧ふるさと銀河線のラッピング車両に使う銀河鉄道999の原画を提供。主人公の「鉄郎」や「メーテル」が描かれた車両は人気を集め、りくべつ鉄道でもその車両2台を乗車体験などに使用しています。
 十勝毎日新聞, 「りくべつ鉄道に原画提供の松本零士さん、9月に陸別へ」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【陸別】町と町商工会は9月、「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」などで知られる漫画家松本零士さんの講演会を町内で開く。SF漫画の巨匠来町により、銀河の森天文台や「りくべつ鉄道」といった地元観光資源のPR効果も期待している。

 松本さんは2002年、旧ふるさと銀河線のラッピング車両に使う銀河鉄道999の原画を提供。主人公の「鉄郎」や「メーテル」が描かれた車両は人気を集め、りくべつ鉄道でもその車両2台を乗車体験などに使用している。

 町商工会は、宇宙や鉄道を題材に創造的でスケールの大きな物語を描いてきた松本さんが、天文台や観光鉄道を夏の観光資源とする陸別にぴったり合うと考えた。9月7、8日に来町予定で、講演会をはじめ、来場者と触れ合う場などの企画を検討している。

 同商工会の石橋強会長は「宇宙や鉄道になじみの深い松本さんに来ていただき、陸別の観光を町外に知ってもらう機会にしたい」と話している。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・陸別めーる 2013年06月15日の記事
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/
[PR]
 6月12日,陸別関寛翁顕彰会,寛斎夫婦の埋葬の地の陸別町関で,陸別開拓の祖・関寛斎の妻あいを追悼する 初の 「あい忌」 を開催 しました。

 十勝毎日新聞, 「陸別顕彰会が初の『あい忌』」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【陸別】陸別関寛翁顕彰会(河本哲士会長)は12日、寛斎夫婦の埋葬の地(同町関)で、陸別開拓の祖・関寛斎の妻あい(1835-1904年)を追悼する初の「あい忌」を開いた。町内外から21人が集まり、寛斎を支え続けたあいの生涯に思いをはせた。

 同日は病死したあいの命日で、寛斎が開いた農場跡が見渡せる丘にある埋葬の地に、同会の会員らが参列した。河本会長のあいさつに続き、詩吟の陸別鳳岳会師範の山口栄岳さんが、あいが金婚に当たって詠んだ和歌1首と、寛斎の和歌2首を吟じた。あいの生涯を小説化した時代小説作家高田郁のメッセージが読み上げられ、参加者は静かにあいの生き方をしのんだ。

 あいの存在はこれまで寛斎の陰に隠れていたが、激動の人生を送った寛斎を支え続けた生涯が、人気作家による小説化や昨年の寛斎没後100年記念事業を契機に注目が集まっている。同会では、寛斎の命日の10月15日には追悼行事を行っているが、今回初めて「あい忌」を開いた。

 同会は今後も寛斎夫婦の顕彰活動も行っていく。河本会長は「寛斎翁の壮烈な人生を支えたあいさんを理解していただき、命日祭を開催できることはとてもうれしい」と話していた。(安田義教)
------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・陸別めーる 2013年06月14日の記事
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/
[PR]
b0171771_7533395.jpg
写真:本別町立中央公民館/2011年8月撮影

 6月8日, 第30回記念吹奏楽合同演奏会 が,本別町の中央公民館で開かれた。
 小学生から社会人までの4バンドが出演し、合同でも5曲を奏でた。

 十勝毎日新聞, 「小学生から社会人まで熱演 本別で吹奏楽合同演奏会」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】第30回記念吹奏楽合同演奏会(町文化協会、町中央公民館主催)が8日、中央公民館で開かれた。小学生から社会人までの4バンドが出演し、合同でも5曲を奏でた。

 本別ジュニアブラスアンサンブル、本別中、本別高の両吹奏楽部、社会人の本別ブラスアンサンブルの町内各バンドが出演。「風が吹いている」「コパカバーナ」など、それぞれ3~5曲を演奏した。

 合同演奏では総勢約60人がステージに立ち、アンコールを含めて5曲を披露。「見上げてごらん夜の星を」では小学生のメンバーが曲に合わせて歌い、アンコールの「スイングガールズメドレー」では聴衆から手拍子が起きて会場が一体になった。

 東日本大震災復興支援と銘打ち、受付に募金箱を置いた。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2013年06月11日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
b0171771_810816.jpg
写真:本別中学校体育館/2011年8月撮影

 6月8日,本別バレーボール協会の創立50周年記念事業として, 元五輪選手の大山加奈さん を迎えてのバレーボール教室が本別中学校体育館で開かれました。

 十勝毎日新聞, 「元代表・大山さんが小・中学生指導 本別バレー教室」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】本別バレーボール協会の創立50周年記念事業として8日、元五輪選手の大山加奈さんを迎えてのバレーボール教室が本別中学校体育館で開かれた。

 大山さんはプレミアリーグやワールドカップで活躍し、2004年のアテネ五輪にも出場した大型アタッカー。この日は本別をはじめ、足寄、陸別から小・中学生チームの約70人が参加し、大山さんから技術指導を受けた。目の前で力強いスパイクも見た。

 子供たちはプレーの上達方法や、身長を伸ばす方法などについて質問。大山さんは「バレーが大好きな気持ちが大切。練習でも、試合をイメージして一本一本大事にすること」「ごはんをいっぱい食べ、早く寝ること」などと答えた。

 大山さんのスパイクをレシーブした勇足中3年の山下さんは「スピードが違った。全日本の選手はすごい」。本別中3年の廻渕さんは「丁寧なレシーブが大事だと分かった」と話し、自分の練習に役立てていた。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース・めーる 2013年06月13日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]