<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0171771_2104022.jpg
写真:幸福駅

 帯広市は来年度,市内の観光名所,旧国鉄広尾線 幸福駅を建て替え ることになりました。
 駅舎は木造で建築から57年が経過し,老朽化が激しい状態です。
 さらに今年は,テレビ番組をきっかけに起きた同駅のブームから40年の節目で,市は「幸福駅再生プロジェクト」として周辺施設も整備し,同駅の観光拠点化を進める計画です。

 十勝毎日新聞, 「幸福駅 老朽化で改築」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------

 帯広市は来年度、市内の観光名所、旧国鉄広尾線幸福駅を建て替える。駅舎は木造で建築から57年が経過し、老朽化が激しいことが理由。さらに今年は、テレビ番組をきっかけに起きた同駅のブームから40年の節目で、市は「幸福駅再生プロジェクト」として周辺施設も整備し、同駅の観光拠点化を進める。

 同駅は、広尾線愛国駅と共に「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズで知られ、1987年の廃線後も多くの観光客が訪れている。「恋人の聖地」にも認定され、カップルで模擬結婚式を挙げる「ハッピーセレモニー」などのイベントも開かれている。

 駅舎は耐震補強を行うことも難しいほど老朽化しているため、一度取り壊して今と同じ場所に建て替える。外観や雰囲気は現在と同様にする。ホームにあるディーゼルカー内をパネルや写真で観光情報を発信できるスペースにする他、駅舎西側の「幸福ふれあい公園」にハッピーセレモニー用のステージを用意することも計画している。

 今年秋をめどに改築、整備を終えたい考えで、新駅舎のお披露目に合わせて、ブームから40周年の記念イベント開催も予定する。事業費は計3300万円で、新年度予算案に盛り込んだ。

 市は「今のたたずまいを残し周辺の魅力を向上させていきたい」と話している。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2013年02月21日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201302/20130221-0014821.php
[PR]
 2月23日,神田にて 東京本別会役員会 が行われ,事業報告と総会・懇親会について話し合われました。
b0171771_6532590.jpg

 第11回東京本別会総会・懇親会
 ◇ 日時:平成25年6月22日(土)午後5時
 ◇ 会場:スクワール麹町(四ッ谷駅前)
 ◇ 会費:7,000円 
 ◇ 案内状発送:5月初旬


More
[PR]
 2月2日,本別町内をアイスキャンドルで彩る 2013 ほんべつ雪あかりナイト が,道の駅ステラ★ほんべつや銀河通り,大通り商店街などで開かれました。
 約9000個のアイスキャンドルの明かりが夜の街を照らしました。

 十勝毎日新聞, 「本別雪あかりナイト アイスキャンドル9000個」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】町内をアイスキャンドルで彩る「2013 ほんべつ雪あかりナイト」が2日夜、道の駅ステラ★ほんべつや銀河通り、大通り商店街などで開かれた。約9000個の明かりが夜の街を照らし、住民は冬のイベントと食を楽しんだ。

 商工関係者や町民有志でつくる実行委員会(河合篤史委員長)が主催。第9回の今年も「1町民1キャンドル」を合い言葉に行い、目標の8100個を超えるキャンドルが並んだ。

 氷灯コンクールには自治会や学校、個人商店などが参加。学校名の文字やハートの形を浮かび上がらせ、氷灯を積み重ねたピラミッドやタワーや雪像と組み合わせるなど趣向を凝らした作品が並んだ。

 雪中宝探しや大型滑り台は子供たちでにぎわった。本別小麦のうどんなどの出店では来場者が温かい食べ物で暖を取り、冬の夜を楽しんだ。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2013年02月03日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/

b0171771_814026.jpg
 写真:2012年2月の数千個の個のアイスキャンドル
[PR]
b0171771_5131592.jpg
写真:会場の北海道立野幌総合運動公園(江別市)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Nopporo_Sports_Park_Gymnasium.JPG

 1月12日~14日に行われた第29回北海道小学生選抜優勝大会の男子・男女混合の部で,本別中央ジャンプが全道3位 本別中央ジャンプが全道3位 に輝きました。
 19,20日には音更町で開かれた第21回プレイオフ杯全十勝小学生大会でも,堂々と実力を発揮して優勝しました。
 選手たちは,29日,町役場に高橋正夫町長を訪ね、大会結果を報告しました。

 十勝毎日新聞, 「本別中央ジャンプが全道3位報告」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】第29回北海道小学生選抜優勝大会(12~14日・江別市)の男子・男女混合の部で全道3位になった本別中央ジャンプ(谷藤有咲団長兼主将)の選手たちが29日、町役場に高橋正夫町長を訪ね、大会結果を報告した。

 チームは初出場の同大会で3位に入り、全道規模の大会でも実力を発揮した。

 19、20日には音更町で開かれた第21回プレイオフ杯全十勝小学生大会でも優勝。これで6年生は新チームだった一昨年秋以降、管内の8大会で負けなしで、昨年2月からは1セットも奪われない完全優勝となった。

 高橋町長は「みんなが力を合わせた素晴らしい成績」とたたえ、谷藤主将は「十勝で完全制覇できてうれしい」と喜びを語った。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2013年01月30日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
b0171771_113238.jpg
写真:道の駅「オーロラタウン93りくべつ」内の関関寛斎史料館で 2011年8月撮影

 陸別開拓の祖・ 関寛斎の生涯 を取り上げた映像作品が,今年度の千葉県メディアコンクールで最優秀賞を受けました。
 城西国際大学メディア学部の学生らが制作し,陸別でも取材が行われました。

 十勝毎日新聞, 「開拓の祖・関寛斎たどる映像が最優秀賞」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【陸別】陸別開拓の祖・関寛斎(1830〜1912年)の生涯を取り上げた映像作品が、今年度の千葉県メディアコンクールで最優秀賞を受けた。城西国際大学メディア学部(同県東金市)の学生らが制作。陸別でも取材が行われ、史料や風景が登場する作品で、町の関係者も喜んでいる。

 同コンクールは、視聴覚教育の振興を目的に同県教育委員会などが開催。城西国際大の作品は本選に進んだ15点のトップに選ばれ、1月24日に千葉市で授賞式が行われた。

 寛斎は医療と開拓に生涯をささげた地域の偉人で、東金市が出身地。同大卒で現在は日本大学大学院芸術学研究科の岡村智剛さん(24)らがコンクールの出展作品の題材に選び、映像化した。

 作品は「斗満(とまむ)の風にのって−幕末から明治を生き抜いた医師、関寛斎の物語−」で、千葉や長崎、徳島での活躍、73歳で北海道開拓に渡った生涯をたどる内容。岡村さんが中型のハンディーカメラと三脚を持って現地取材し、15分の作品にまとめた。

 陸別には昨年10月の寛斎没後100周年記念事業に合わせて来町。3泊4日の日程で、景色や寛斎資料館、埋葬の地などを精力的に撮影して歩いた。岡村さんは「調べていくうちに、その功績、精錬潔癖の人格に畏怖の念を持った」と話し、寛斎に感情移入していったという。

 コンクールでは全国視聴覚教育連盟の担当者らが審査し、同作品は「オープニングの北海道の景色が美しい。郷土の偉人の一生をよく調べ、コンパクトにまとめた」と高い評価を受けた。作品はDVD化され、同県内の各教育委員会を通じて学校教育に活用される。

 陸別関寛斎翁顕彰会の佐久間幹夫副会長は「陸別では1人で熱心にカメラを回し、作品も風景や雰囲気が、寛斎の心象をよく捉えていた。陸別の子供にも見てほしい作品」とし、岡村さんは「陸別では温かく案内してもらい、いろいろな人に支えられた。あのような魂、人格を持った人が生きていた片りんでも分かってもらえれば」と話している。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2013年02月02日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201302/20130202-0014668.php
[PR]
b0171771_1351879.jpg
写真:保存された幸福駅舎(2009年8月撮影)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://www.exblog.jp/myblog/entry/complete/?eid=b0171771&msg=2&nxt=http%3A%2F%2Fhombetu%2Eexblog%2Ejp%2F19938484%2F

 帯広市の観光名所の 旧国鉄広尾線愛国・幸福両駅 が、情報提供サービスを行う「マイナビ」のアンケートで 「二人で行きたい恋人の聖地」の1位 に選ばれました。
 「恋人の聖地」は静岡県のNPO「地域活性化支援センター」が、プロポーズにふさわしい場所として選定しています。

 十勝毎日新聞, 「『二人で行きたい恋人の聖地』1位に」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 帯広市の観光名所の旧国鉄広尾線愛国・幸福両駅が、情報提供サービスを行う「マイナビ」(本社東京)のアンケートで「二人で行きたい恋人の聖地」の1位に選ばれた。

 「恋人の聖地」は静岡県のNPO「地域活性化支援センター」が、プロポーズにふさわしい場所として選定している。昨年4月現在、全国111カ所が選ばれ、両駅は2008年に認定された。

 アンケートは同社のインターネットサイト「マイナビニュース」上で会員向けに行われ、同社が任意で選んだ18の聖地から選択する形(複数回答可)で昨年12月14〜19日に実施。男性441人、女性498人から回答を得た。愛国・幸福駅は男女ともに1位を獲得。女性では18.1%の得票で、2位となった東京のショッピングモール「ヴィーナスフォート」に約5ポイントの差をつけた。

 選ばれた理由は「名前がかわいい」(20代女性)、「駅の表示板を見るだけでほっこりした気分になれそう」(30代女性)、「元祖聖地という感じ」(30代男性)など。市観光課は「駅の名前が人を引きつける力を持っていることが改めて分かった」としている。

 その他の順位は以下の通り。

 ▽男性=(2)ヴィーナスフォート(東京都)(3)箱根 彫刻の森美術館(神奈川県)(4)エンジェルロード(香川県)(5)ハートができる石橋(熊本県)

 ▽女性=(2)ヴィーナスフォート(東京都)(3)ハートができる石橋(熊本県)(4)エンジェルロード(香川県)(5)函館フェリーターミナル ウッドデッキ(北海道)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2013年01月31日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201301/20130131-0014660.php
[PR]