「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

b0171771_12342452.jpg
写真:池田町のワイン城 (清見のワイン工場)
 11月22日,今秋池田町で収穫した道産ブドウを原料にした 十勝ワインの新酒「ヌーボ2012年」 の瓶詰め作業が,清見のワイン工場で行われました。
 「世界で最も遅い時期のヌーボ」として12月1日に発売が解禁されます。

 十勝毎日新聞, 「ヌーボワイン 次々瓶詰め」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【池田】今秋、収穫した道産ブドウを原料にした十勝ワインの新酒「ヌーボ2012年」の瓶詰め作業が22日、町清見のワイン工場で行われた。「世界で最も遅い時期のヌーボ」として12月1日に発売が解禁される。

 今年は、赤(味は軽め)と白(同中甘口)の2種類。赤は、池田の独自品種「清見」、白は後志管内仁木町産の「ザラジュンジェ」と「バッカス」を原料とした。ヌーボは通常のワインと異なり、特殊タンクに炭酸ガスを満たして酸を弱める製法を導入。今年は糖と酸のバランスが取れた良質のブドウが収穫され、赤については、ヌーボ特有の果実香に加え「ほのかな甘みを残した飲みやすい味に仕上がった」(町ブドウ・ブドウ酒研究所)としている。

 瓶詰めは赤がこの日、白は21日に行われた。販売数量は赤8500本、白4000本。ともに720ミリリットル入りで値段は1241円。池田では解禁日の12月1日に「ヌーボまつり」(午後7時、田園ホール)、帯広でも同5日に「ヌーボの集い」(午後6時半、北海道ホテル)が開かれ、新酒を楽しむ。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年11月22日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201211/20121122-0014102.php
[PR]
十勝の映像を紹介します。

映像: 十勝千年の森「花の名所案内」

http://www.youtube.com/watch?v=oJu6VONuUQE
[PR]
b0171771_8465673.jpg
写真:花切りにしたマンゴー
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Mango_no_tabekata.JPG

 国内では珍しい真冬に収穫される マンゴー「白銀の太陽」 が音更町下士幌で今年も実り,収穫が始まりました。

参考:十勝でトロピカルフルーツ、雪マンゴーの奇跡。 「白銀の太陽」紹介の映像(2分37秒)
http://www.youtube.com/watch?v=HZL27eoR74k

 十勝毎日新聞, 「マンゴー収穫 初出荷へ」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
【音更】国内では珍しい真冬に収穫されるマンゴー「白銀の太陽」が町下士幌で今年も実り、収穫が始まった。モール温泉熱や太陽の光でビニールハウス内は室温28度ほどに保たれ、真っ赤な実を付けたマンゴーが南国の雰囲気を漂わせている。今年産は初めて東京の百貨店や帯広の藤丸で販売を行う。

 生産するのは十勝の経済人らでつくるノラワークスジャパン(帯広市、中川裕之社長)。2010年11月から60平方メートルのビニールハウスで宮崎県から移植した「アーウィン種」10本を栽培している。今年は秋が高温だったため生育が早まり、想定よりも2週間以上早い18日に完熟、果実が落ち始めた。

 大きな果実は1個約500グラム(直径10センチ、長さ15センチ)あり、生果として約100個が収穫できる見込み。昨年は関係者で試食しただけだったが、今年は藤丸で歳暮用として2個3万円で販売。東京の最大手卸売の東京青果に試験的に出荷し、都内百貨店で販売する予定。

 この他、菓子やプリンなど加工向けミニマンゴーも実り、管内菓子店に試験用として出荷する。中川社長は「収穫時期は予定より早まったが、糖度は17〜21度あり、甘くおいしいものができた」と話す。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年11月22日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201211/20121122-0014103.php
[PR]
十勝の映像を紹介します。

映像: 十勝でトロピカルフルーツ、雪マンゴーの奇跡2分37秒
http://www.youtube.com/watch?v=HZL27eoR74k
[PR]
b0171771_1993899.jpg
写真:ふるさと銀河線りくべつ鉄道車両 2011年8月撮影

 11月10日・11日,陸別町の旧ふるさと銀河線の車両や線路を活用した ふるさと銀河線りくべつ鉄道 は, 車両や線路などの点検作業 を行いました。
 鉄道車両設計・製造の新潟トランシスから社員2人が来町し,車両を点検しました。

 十勝毎日新聞, 「車両や線路をチェック りくべつ鉄道」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【陸別】旧ふるさと銀河線の車両や線路を活用した「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」は10、11の両日、車両や線路などの点検作業を行った。

 同鉄道は10月28日に今期の営業を終えており、鉄道車両設計・製造の新潟トランシス(東京)から社員2人が来町して車両を点検した。全6両を2日間かけて調べ、特に安全に直結するブレーキや車輪などは重点的にチェック。プロが見た車両の状況を、同鉄道を運営する町商工会に伝えた。

 6両は製造から20年余り経過している。同社カスタマーサポートセンターの小川哲夫さん(49)は「防震ゴムの劣化など弱っている部分はあるが、比較的きれいだった。部品交換や修理が必要な場所を指摘したい」と語った。

 両日は同鉄道のスタッフも、旧陸別駅構内の線路の枕木を交換するなど保守作業を行った。町商工会の杉本武勝事務局長は「車両を入念に点検してもらった。直すべき所は直して来年の安全の運行に務めたい」と話していた。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・陸別めーる 2012年11月13日の記事
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/
[PR]
b0171771_1519526.jpg
写真:本別町役場 2010年8月撮影

 本別町は, 「追補本別町史第二巻」を発刊 しました。
 本別町の史誌は5巻目で,この20年間の町政,議会,産業,教育,文化など町の歩みを詳細に記録しています。

 十勝毎日新聞が, 「『追補本別町史第二巻』発刊」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】町は「追補本別町史第二巻」を発刊した。同町の史誌は5巻目で、この20年間の町政、議会、産業、教育、文化など町の歩みを詳細に記録している。

 昨年度の開町110年記念事業の一環で、編さん委員会(吉井誠委員長)が2年前から編集を進めてきた。1992年3月発刊の「追補本別町史」を継ぐ行政史で、記述や構成は前例に基づきながら2012年3月までの歴史を収めた。

 「町の沿革」から「功労者」まで10編・37章で構成。92年以前は町の沿革にまとめ、以降の20年間の歴史を記した。町政は鎌田照三、高橋正夫の両町長の時代で、農業は口蹄(こうてい)疫対策、交通機関では池北線とふるさと銀河線の廃止などの重要な出来事を記録。先進的な福祉のまちづくりにもページをさいた。四季折々の写真は本別カメラクラブが撮影した作品を使った。

 当初は12年3月発刊の計画だったが、ページ数の増加などで10月にずれこんだ。印刷経費は約1186万円。吉井委員長は「この20年は少子高齢化やバブル崩壊など難しい時代だったように思う。町民の皆さんに愛され、後世に役立つ町史であってほしい」と話している。

 A5判、782ページ。1000冊を作製した。販売は1冊6000円(町民は5000円)。問い合わせは町総務課庶務担当(0156・22・8120)へ。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年11月16日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
b0171771_12542169.jpg
写真:本別町立歴史民俗資料館

 
 本別町立歴史民俗資料館 が,町内小・中学校の歴史をたどる 「学校のルーツ展~ふるさと・まなびや」を開催 しています。
 校舎の写真や絵,所蔵する教材や制服などを展示しています。

 十勝毎日新聞, 「本別資料館で学校のルーツ展」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】町歴史民俗資料館(田野美妃館長)は、町内小・中学校の歴史をたどる「学校のルーツ展~ふるさと・まなびや」を同館で開いている。校舎の写真や絵、所蔵する教材や制服などを展示。来館者は母校を探して思い出を語り、懐かしんでいる。来年1月19日まで。

 町内には開町以来、小学校12、中学校4、小・中併設校5の計21校が存在した。現在は本別、勇足、仙美里の市街地にある小・中各3校に統合されており、2014年3月には仙美里中が廃校する。

 ルーツ展では廃校になった木造校舎を描いた水彩画や写真を飾った。現存する本別中央小についても、前身の本別第2簡易教育所だった1902年当時の校舎の写真を紹介。各校の所在地マップや周年行事、廃校時に発行した記念誌なども並べている。展示のために79歳と80歳の町民が学校時代を語った座談会の記録や、町民が提供した戦前の通信簿も目を引く。

 学校で使われた机と椅子、計算尺、石炭ストーブ、ガリ版なども実物を展示し、戦後の学校の雰囲気を伝える。来館した町内の男性(60)は「石炭ストーブの上に弁当箱を乗せて温めて食べた。計算尺は1人1個持っていたが、今は見かけない」と話した。

 田野館長は「学校がなくなった後に自治会が統合された地区もあり、学校は地域のよりどころだった。記録として残したかった」としている。同館は、学校に関する資料の提供も呼び掛けている。入館無料。開館は午前9時~午後4時(土曜日は午後3時まで)。休館日は日・月曜、祝日、年末年始。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年11月14日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
 11月9日,清水町の 十勝千年の森のテーマ・ガーデン が,イギリス・ガーデンデザイナーズ協会主催の庭園デザイン選考で,日本で初めて 最優秀賞「グランド・アワード」 に選ばれました。
 選考会では,十勝千年の森の「アース・ガーデン(大地の庭)」「メドウ・ガーデン(野の花の庭)」と,「ファーム・ガーデン(農の庭)」の一部が決勝24作品に残り,その中から全カテゴリーとプロジェクトの頂点に輝きました。
 また,国際的なプロジェクトに与えられる「インターナショナル・アワード」も,同時に受賞しました。
 十勝千年の森は,ロンドン在住の庭園デザイナー,ダン・ピアソン氏が設計しました。

参考:北海道ガーデン街道 十勝千年の森「花の名所案内」 3分18秒のデモ映像です。
http://www.youtube.com/watch?v=oJu6VONuUQE

 十勝毎日新聞, 「千年の森の庭園が日本初の最優秀賞」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ロンドン在住の庭園デザイナー、ダン・ピアソン氏が設計した十勝千年の森(清水町羽帯)のテーマ・ガーデンが9日、イギリス・ガーデンデザイナーズ協会主催の庭園デザイン選考で、日本で初めて最優秀賞「グランド・アワード」に選ばれた。選考会では、同森の「アース・ガーデン(大地の庭)」「メドウ・ガーデン(野の花の庭)」と、「ファーム・ガーデン(農の庭)」の一部が決勝24作品に残り、その中から全カテゴリーとプロジェクトの頂点に輝いた。同時に、国際的なプロジェクトに与えられる「インターナショナル・アワード」も受賞した。

 ピアソン氏の設計スタジオのディレクター、ヒュー・モーガン氏から9日、千年の森に連絡が入った。同氏は「私たちはこの上なく幸せです。十勝千年の森もきっとそうでしょう。十勝千年の森のガーデンチームもおめでとう」とメッセージを寄せた。

 同協会はプロのガーデンデザイナーらが加入する権威ある団体。「The Society of Garden Designers(略称SGD)2012Awards」として、庭園や景観設計の優秀なデザインを表彰している。

 最初に84作品がエントリーし、ピアソン氏設計のテーマ・ガーデンは7月に決勝24作品に選ばれた。最高位のグランド・アワードは今年新設の表彰部門。国際的なプロジェクトは最終選考で千年の森とアメリカのプロジェクトの2組が残っていた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年11月10日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201211/20121110-0013991.php
[PR]
b0171771_08512688.jpg
食品館ステラマート=2015年8月撮影(画像は後で挿入)

 本別町の建設業「山中」は,9月に閉店したスーパー 食品館ステラマートを総菜と酒類に特化 し,12月上旬にも営業再開することになりました。
 手作りの味で客に支持されていたお弁当や総菜部門を充実させて,販売する計画です。

 十勝毎日新聞, 「総菜と酒類に特化 本別のステラマート再開へ」 と伝えています。

 【本別】建設業の山中(町新町、畝地昭夫社長)は、9月に閉店したスーパー「食品館ステラマート」(町北4)を総菜と酒類に特化し、12月上旬にも営業再開する。

 1階部分を一部改修し、総菜の調理室を2倍に広げる。メニューは以前と同じ弁当やオードブルなど。手作りの味で客に支持されていた総菜部門を充実させる。酒類と飲料も販売する。

 店内にテーブルと椅子を置いた休憩スペースを新設。総菜コーナーでは新たにうどんとそばを提供し、弁当を含めてその場で飲食できるようにする。近くには子供が遊べるキッズコーナーも設ける。

-略-

(安田義教)

以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる
=2012年11月16日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
b0171771_14284366.jpg
写真:りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台

 陸別町と,町内で各種研究に取り組む機関で構成する「社会連携連絡協議会」の関係者が,11月16日に陸別小学校と陸別中学校で, 「外来種って?」等の出前授業 を行います。また,17日にはりくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台で科学実験を行う予定です。

 十勝毎日新聞が、 「北大大学院などが出前授業 銀河の森天文台」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
 【陸別】町と、町内で各種研究に取り組む機関で構成する「社会連携連絡協議会」の関係者が、16日に陸別小と陸別中で出前授業、17日にはりくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台で科学実験を行う。

 同協議会は地域貢献を目的に活動。当初は町と名古屋大太陽地球環境研究所(STE研)の2機関だったが、今年3月、新たに国立極地研究所、国立環境研究所、北大大学院、北見工大雪氷研究推進センターが加わって6機関となり、陸別側のニーズに幅広く応えられる体制となった。

 名古屋大を中心に長年にわたり出前授業を実施してきたが、6機関体制となってから具体的な事業は今回が初めて。

 16日の出前授業では小・中学校それぞれで、北大大学院(堺正太朗さんら6人)が「光についてのお話し~分光器を作ってみよう」、国立極地研生物圏研究グループの辻本恵特任研究員が「外来種って?」、スタンフォード大のリーフ・サバルガード教授が「地球と太陽について、外国での暮らしのお話し」をテーマに講演する。

 17日は午後2時から、りくべつ宇宙地球科学館とSTE研、北大大学院が共催し、同館内に実験コーナーを設ける。「驚き!おもしろ科学実験」と題し、磁力計や霧箱、静電気発生装置、液体窒素を使った実験を行う。誰でも参加可。入館料が必要。問い合わせは同館(0156・27・8100)へ。(菊池宗矩)
-------------------------------------------------------------------------------------------------

以上引用:十勝毎日新聞・陸別めーる 2012年11月10日の記事
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/
[PR]