<   2012年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

b0171771_20185279.jpg
 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所のほ場で、十勝ワインの原料となる 醸造用ブドウの収穫作業 が盛んに行われています。

 十勝毎日新聞が、 「十勝ワイン用ブドウの収穫進む」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【池田】 町ブドウ・ブドウ酒研究所(内藤彰彦所長)の圃(ほ)場で、十勝ワインの原料となる醸造用ブドウの収穫作業が盛んに行われている。今年は糖度がやや低いものの生育は順調に推移し、関係者を安堵(あんど)させている。

 圃場は同研究所が町内の清見と千代田に持つ直営の35ヘクタールと、農家に委託した10ヘクタールの計45ヘクタール。ブドウは「清見」「山幸」「清舞」の3品種。

 同研究所によると、今年は開花期の6月が好天だったため結実は良く、収穫量は例年を上回る見込み。糖度、酸度は秋の高温の影響で例年より低いが、「山幸、清舞は酸味が強いだけに、まろやかな味のワインが出来上がる」(同研究所)と期待感も出ている。

 収穫作業は砂地で地温の高い山畑園(千代田)で9月27日に始まり、8日からはワイン城東側の圃場(清見)に移った。

 3品種のうち最初の収穫は清見。職員らが地面から高さ60センチほどのつるになった房にはさみを入れ、未熟粒を落としてバケツに詰める。清見種で1日3トンほどを収穫するが、未熟粒が多いと作業効率は落ちるという。

 今週末には千代田地区で山幸種の収穫に入り、作業が終わるのは今月末。8日には一般と十勝ワインバイザーによるブドウ収穫体験が行われた。今後、中学生や老人クラブ、ワイン友の会などが収穫作業に協力する。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年10月11日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201210/20121011-0013742.php
[PR]
 10月7日に行われたブラジルのミナス・ジェライス州ジャナウーバ市の市長・市議統一選挙で,現職市長を僅差で抑え,音更出身でブラジルに移住した 山田勇次さんが,新市長に初当選 しました。

 サンパウロ新聞が、 「『バナナ王』の山田勇次さん ジャナウーバ市長に初当選」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【一部既報】 「日本人の魂をブラジルで伝えたい」―。7日に行われた市長・市議統一選挙でミナス・ジェライス州ジャナウーバ市の現職市長を僅差で抑え、新市長として初当選した日本人1世の山田勇次さん(65、北海道、帰化人)は、自身の思いをこう強調する。「バナナ王」と称され、同地でバナナを中心とした果樹生産販売活動を約30年にわたって実践し、日系人が少ない同地でこれまでまじめにやってきたことが認められた形だ。「当選してうれしいのは確かだが、次のことを考えると喜んでばかりもいられない」と山田さんは改めて気を引き締め、思いは既に次へと向かっている。

 山田さんは1960年、家族とともに13歳で渡伯。聖州レジストロに入植したが、「もっと広い場所で農業をやってみたい」と30代前半でジャナウーバ市に転住。「当時はバナナなど植わっておらず、乾燥したこの町でバナナを作ると言ったら、周りから『ドイド(狂っている)』と言われましたよ」と振り返る。

ジャナウーバ市は人口7万人で、日系人はわずかに7家族ほど。そうした中、山田さんはバナナを中心とした生産販売会社を立ち上げた。現在、バナナ生産が9割を占め、そのほかにマモン(パパイヤ)やポンカン、ミカンなどの柑橘類果物を生産し、地元ミナス州をはじめ、リオ、サンパウロなど各地の販売所で事業活動を行っている。

 所有する1万ヘクタールの土地のうち、2700ヘクタールでバナナを生産し、その従業員だけで2000人がいるという。

 同市長選挙に立候補したきっかけについて山田さんは、同市のこれまでの悪政を挙げる。一部の金持ちだけが潤う政治に不満を抱いている同市の人々から以前より「今の政治を変えるのは山田しかいない」と言われ続けてきた。当初は「政治の世界は分からない」と断り続けてきたが、ジャナウーバを良くしたいとの思いが勝り、今回の初立候補となった。

 その背景には、2004年の盛和塾全国大会で訪日、海外在住塾生として初めて最優秀賞を受賞し、塾長の稲盛和夫氏(現・日本航空名誉会長)に会ったことにある。稲盛氏が執筆した著書「生き方」を山田さんが日本に持参したところ、稲盛氏自身から「日本人の魂を証明してください」と同書籍に書かれたことから、さらに奮起した。

 今回初の選挙で、(1)失業者を少なくするために企業誘致を行うこと(2)病院の質向上と市民の健康問題の改善(3)青少年の教育問題と食料改善、などをマニフェスト(選挙公約)に掲げてきた山田さんは「まじめにやること」の必要性をアピールしてきた。

 実際の選挙では苦戦を強いられたが、開票の結果、1万4605票と現職市長(1万4260票)をわずか345票の差で破った。

 「私の会社では、全従業員の物心両面での幸せを追求することを常に念頭に置いている。今回、当選できたのは私を応援してくれた従業員をはじめ、町の商業関係者たちのお陰」と山田さんは、信頼してくれる人々への感謝を示す。

 今後、商業活動と市長の「二足のわらじを履く」生活を行う山田さんだが、会社はある程度任せ、市長としての活動に重きを置いていく考えだ。

「当選したことで、日本人の魂を少しは証明できたと思う。(市長選に)当選できてうれしいのは確かだが、今後どのように町を良くしていくかなど、これからのことを考えれば喜んでばかりもいられない」と山田さんは、改めて気を引き締めていた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:サンパウロ新聞 2012年10月10日の記事
http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/10851/menu/8/cat/105
[PR]
b0171771_19361852.jpg
写真:幕別町百年記念ホール=2011年8月撮影
 10月7日, 第35回まくべつ産業まつり が、幕別町百年記念ホール前広場で開かれました。
 幕別町商工会青年部が開発しているご当地メニューの試食などが行われ,大勢の家族連れなどでにぎわいました。

 十勝毎日新聞が、 「ご当地メニュー好評、まくべつ産業まつり」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【幕別】 第35回まくべつ産業まつり(実行委主催)が7日、町百年記念ホール前広場で開かれた。町商工会青年部が開発しているご当地メニューの試食などが行われ、大勢の家族連れなどでにぎわった。

 暖かな日差しに恵まれ、主催者発表で昨年より5000人多い2万5000人が来場。売店には地場野菜や幕別産和牛などが並び、ステージでは石原詢子さんの歌謡ステージや君小路あやまろさんのものまねステージ、地元の江陵高校吹奏楽部の演奏などが行われた。女子カボチャ投げ大会などユニークな企画もあり、来場者を楽しませた。

 ご当地メニューは「肉みそ焼きうどん」が無料提供され、開始30分前から行列に。一番乗りした帯広市内の岡本恵子さんは「カリカリに揚げたゴボウの風味が良く、うどんと一緒に食べると食感が良い。豚肉も軟らかい」と高評価。一緒に来た音更町の浜村悦子さんも「おいしい。(商品化したら)売れると思う」と話していた。(小林祐己)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・幕別めーる 2012年10月09日の記事
http://www.tokachimail.com/makubetsu/#a1
[PR]
b0171771_20163938.jpg
 9月29日, 本別町立図書館の親子ふるさと絵本づくり講座 が開かれました。
 参加した子供たちが,自分で撮影した写真を使い世界で一つの絵本を作りに取り組みました。

 十勝毎日新聞が、 「本別町図書館で絵本づくり」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別】 町図書館の「親子ふるさと絵本づくり講座」が9月29日、図書館と周辺で開かれた。子供たちが自分で撮影した写真で世界で一つの絵本を作った。

 講師は芽室町の写真家小寺卓矢さんで、町内の小学生14人が参加した。子供たちはデジタルカメラを手に市街地へ出て、自然や人など好きな被写体を撮影した。図書館でプリント後に画用紙に貼り、写真に関する物語などを書いて出来上がり。道端の草花やコケ、看板などに注目した作品ができた。

 木と草花をテーマにした勇足小の山下さん(9)は「本別は木材の町なので木と草を題材にした。写真を貼ったりストーリーを考えたりと楽しかった」と出来栄えに満足そうだった。

 小寺さんは「自分の住む町をしっかり見詰めることができて、皆さんよく作れた」と話していた。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年10月03日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
b0171771_10163865.jpg

 本別町・本別高校出身、東京本別会会員でギターリストの 森美津子さんのライブギターリサイタルが、YouTube にアップロードされました。

◇ 盗賊の歌(カタロニア民謡)/ミゲル・リョベート作曲

森美津子 プロフィール
☆ 北海道本別町で生まれる。本別高校卒業。b0199745_2104915.jpg
☆ (社)日本ギター連盟正会員、埼玉ギター協会理事。
☆ ギターを吉田光三、ホセ・トーマス、ホセ・ルイス・ゴンザレス、他に師事。
☆ 楽理、作曲を清水脩、カサセンペレ等に師事。
★ 1973年と1976~78年,2回にわたりスペイン留学。
  留学中スペインのアリカンテにある国立オスカーエスプラ音楽院に学び、コンサートなども行なう。
★ 1985年、1988年台湾にてコンサートと講習会を行う。以後、数多くのコンサート等を行い、後進の指導も行っている。
★ CD 「森美津子ギターファーストアルバム」 発売。

参考:森美津子 ギター教室ホームページ
http://moriruitar.exblog.jp/
[PR]
b0171771_74528100.jpg
 開催中の第18回北海道産直フェア(第24回北海道フェア in 代々木)に 「とかち青空レディ」の高橋里奈さん が,応援にみえました。
 高橋さんは,新得町育ちの29歳。
 平成23年度から2年間,精力的に各地のイベントを訪れています。
 今回は,はるばる東京代々木公園まで来て,十勝から出店している道産子を応援してくださいました。スタッフも,少し興奮気味(?)。
[PR]
 10月5日, NHKテレビ「 ゆうどきネットワーク」  で「北海道フェアin代々木~北海食道~」が紹介されました。
 「 ゆうどきネットワーク」は,旅・グルメ情報番組で,平日の夕方5時15分~6時
 番組では,代々木公園で10月5日から8日まで開かれている「北海道フェアin代々木」の会場から、絶品のご当地グルメをご紹介しました。ウニやカニといった北海道らしい食材はもちろん、まだ全国的には知られていない絶品の郷土料理も登場!今年から、北海道産の果物や牛乳などを使ったスイーツの専門店も出店されます。生中継で北海道の秋の味覚を味わい尽くしました。
 その影響か,「テレビを見ました。」と言ってて来くお客さんが,大勢いました。
 ちなみに,NHK放送センターは,会場のすぐ近くの白い建物です。(写真おく)
b0171771_5545871.jpg
 
[PR]
b0171771_6445847.jpg

 「北海道フェア」で販売中の前田農産の 香味麦選シリーズが,好調 な売れ行きです。
 ホームベーカリーを楽しむ人が,「北海道フェア」の本別の店で「香味麦選シリーズ」を見つけて「ここにあった!」と喜びの声をあげています。
 少々重くとも,お買い求めいただきました。「きたほなみ」(中力粉~薄力粉)は,早々に売り切れてしまいました。
 さて6日,商品のデザインを手がけたデザイナーの方が,一家で駆けつけてくださいました。クリエイティブディレクターも務めているとのことです。(上写真)

☆香味麦選「春よ恋」【強力粉】
まじりっけなしの100% 十勝 前田農産の香味麦選「春よ恋」です。
春よ恋は、しっかりと膨らみ、ふっくらモチモチのパンが焼けます。
小麦の自然な甘みを味わえるのも魅力です。
蛋白13.0±0.5% 灰分0.50±0.05%

☆香味麦選「キタノカオリ」【強力粉】
まじりっけなしの100% 十勝 前田農産の香味麦選「キタノカオリ」です。
キタノカオリは、クリーム色の粉色が特徴。
小麦の芳醇な香りとモチモチとした食感を味わうことができます。
蛋白12.0±0.5% 灰分0.60±0.03%

☆香味麦選「はるきらり」【強力粉】
まじりっけなしの100% 十勝 前田農産の香味麦選「はるきらり」です。
作業性に優れ、捏ねるとすぐに滑らかな生地になります。
あっさりとした味で、素材の味を生かせるので、菓子パンや食事パンにも向きます。
北海道でも耕作面積が少ないので、希少な品種です。
蛋白12.0±0.5% 灰分0.50±0.03%

☆香味麦選「ゆめちから」【強力粉
まじりっけなしの100% 十勝 前田農産の香味麦選「ゆめちから」です。
秋まき小麦、期待の新品種、超強力粉の「ゆめちから」。
たんぱく含有量が高く、グルテンの質が強いので、外国産小麦に負けないボリューム感を
お楽しみいただけます。
前田農産の香味麦選「きたほなみ」とブレンドして、ふんわり、もっちりしたパンを
楽しんでみませんか?
パンのほかに、パスタ作りにもお使いいただけます。
蛋白13.8±0.5% 灰分0.53±0.03%

☆香味麦選「きたほなみ」【中力粉~薄力粉】
まじりっけなしの100% 十勝 前田農産の香味麦選「きたほなみ」です。
きたほなみは、お菓子作りやお料理、うどん作りなどに。
小麦の味を感じられる、しっとりと口どけやわらかなお菓子になりますよ。
また前田農産の香味麦選「ゆめちから」とブレンドして、ふんわり、もっちりしたパン作りにも
蛋白9.5±0.5% 灰分0.46±0.03%

参考:八王子mix&mix
http://mix804.jp/2komugi/komugi.html

b0171771_6453955.jpg
b0171771_645548.jpg

[PR]
 今年も,秋の到来とともに 「北海道産直フェア」 が始まりました。
b0171771_45271.jpg

 
 ☆北海道. あの町・ この町・この味覚. 産直フェア
 日 時:10月5日(金)~10月8日(月・祝)10:00~18:00
 場 所:代々木公園B地区イベント広場(NHKホール横/原宿駅)

b0171771_4151660.jpg


産直フェアのつづきは,ここをクリック
[PR]
 今年も, 北海道産直フェア の季節になりました。今回は,期間が4日間と例年より1日多くなります。
 東京本別会も参加・出店します。

第18回『北海道あの町・この村・この味覚 産直フェア』
期日:10月5日(金)~10月8日(月/祝)
会場:代々木公園B地区イベント広場
b0171771_142562.jpg

[PR]