<   2012年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

b0171771_3314153.jpg
 7月3日、本別町 歴史民俗資料館で、企画展 「7月15日 本別空襲を伝える~太平洋戦争と本別の人々」が始まりました、
 戦時中の本別の生活や空襲に関する体験者の証言と写真、所蔵資料を展示しています。
 8月31日まで。

 本別町歴史民俗資料館
企画展「7月15日 本別空襲を伝える~太平洋戦争と本別の人々」
期 間:7月3日(火)~8月31日(金)(日月祝日は休館)
時 間:午前9時~午後4時まで(土曜日は午後3時まで)
※7月15日(日)は特別開館(午前9時~午後3時)
入館料:無料


 十勝毎日新聞が、 「資料館で本別空襲企画展始まる」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別】 町歴史民俗資料館(田野美妃館長)の企画展「7月15日 本別空襲を伝える~太平洋戦争と本別の人々」が3日、同資料館で始まった。戦時中の本別の生活や空襲に関する体験者の証言と写真、所蔵資料を展示している。8月31日まで。

 昨年12月の太平洋戦争開戦70年にちなみ、開戦から終戦までの本別の様子に焦点を当てた。町内の男性に届いた召集令状、出征を見送る家族や空襲で炎上する本別市街の写真、軍服、空襲の爪痕を残すたんすなど所蔵資料を、終戦まで順を追って展示している。

 「子どもだった体験者から今の子どもたちへ」と題したメッセージは、本別空襲当時は小中学生だった体験者の声と写真を並べた。「何年たっても燃えさかる町の光景やあの頃の生活は忘れられない」「(防空頭巾など)二度と使う日があってはいけない」などの訴えが来場者の目を引いている。

 初日の午前中には、鹿追町屈足中学校の2年生11人が来館した。田野館長や空襲を体験した細岡幸雄さん(82)が案内し、細岡さんは爆弾の破片を指さして「機銃が直接当たって亡くなった人は少なく、多くの人は破片だった」と説明した。同校2年の安達遥南さん(14)は「軍服は初めて見たので印象に残った。北海道にも空襲があったと知ってびっくりした」と話していた。

 入館無料。開場は午前9時~午後4時(土曜日は午後3時)。日、月曜休館。空襲の日の15日は午後3時まで臨時開館する。問い合わせは同資料館(0156・22・5112)へ。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年07月04日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
 7月6日の夜、本別町中心市街地の恒例イベント 第31回夜でかけナイト が、北1丁目~4丁目の商店街で行われました。
 町は、露店やイベントなどを楽しむ住民らでにぎわいました。

 十勝毎日新聞が、 「本別・夜でかけナイトにぎわう」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別】町中心市街地の恒例イベント「第31回夜でかけナイト」が6日夜、北1~4の商店街で行われ、露店やイベントなどを楽しむ住民らでにぎわった。

 商店街などでつくる実行委員会(伊藤英昭委員長)が主催。夜の商店街に飲食などの露店が並び、ネイルアートや的当てのコーナーもお目見えした。商店街は各店とも割引セールやポイントカード倍増などを企画し、客を呼び込んだ。

 開会時の午後6時は大雨だったが、小降りになった同7時すぎには商店街の通りに人出が戻った。家族連れやカップル、友達のグループが行き交い、夏の夜を楽しんだ。伊藤実行委員長は「あいにくの天気の中でも、多くの人が来てくれてうれしい」と話した。(安田義教
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース・めーる 2012年07月08日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
 本別町美里別の空き住宅で、今年も神戸市の会社役員松島寛さん夫妻が、 避暑の田舎暮らし を始めました。
 昨年に続く滞在の松島さんは、地域の行事にも積極的に参加して住民とも顔なじみの仲で、滞在先近くの広場を「美里別地域活性化村」と名付け、地域の人と交流を楽しんでいます。

 十勝毎日新聞が、 「本別町美里別で神戸の夫婦が田舎暮らし」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別】 町美里別の空き住宅で、今年も神戸市の会社役員松島寛さん(79)と千代子さん(70)が避暑の田舎暮らしを始めた。昨年に続く滞在の松島さんは、地域の行事にも積極的に参加して住民とも顔なじみの仲。住民の有志は滞在先近くの広場を「美里別地域活性化村」と名付け、交流を楽しんでいる。

 会社経営の一線を退き、毎年夏にキャンピングカーで北海道旅行に来ていた松島さんは、3年前に本別で道に迷った。立ち寄った先が同町西美里別の農業荒木又造さん(82)の家。意気投合して交流が始まり、再訪時には美里別の空き家を使うことを提案された。

 松島さん夫婦も、道内を転々としながら車で寝泊まりする旅が年齢的に厳しくなり、7月から約2カ月間、美里別を拠点に道内を回るようになった。美里別では夫婦で老人クラブに入り、周囲の誘いでパークゴルフを楽しんだり、山登りに行った。「都会の近所付き合いは両隣3軒。ここでは両隣何キロからも人が来て、野菜を届けてくれたり行事に誘ってくれる」と地域のつながりを感じ、住民たちとの関係を築いた。

 こうした動きは住民も刺激し、空き家所有者の会社社長稲田正紀さん(72)は、近くの広場に松島さんの仲間がキャンピングカーで滞在できるよう土地を提供し、仮設トイレを置いた。隣の郵便局も屋外の流し台を使えるようにした。

 住民有志が一帯を活性村と名付けて受け入れ体制を整えるなど、行政による移住体験とは異なり、美里別では住民主導で田舎暮らしをする客人との交流を楽しんでいる。

 松島さん夫婦は6月下旬に到着。今月5日には広場でパーティーが開かれ、住民25人が歓迎した。千代子さんは「『観光地もないここにどうして来るの?』と聞かれるけれど、窓を開けたら隣に畑が広がる。私たちにとって人も土地も景色も最高の場所」と語り、松島さんも「車で寝泊まりして走るだけでは本当の北海道は知り得なかった」と話す。今夏は昨年より長い9月中旬まで滞在する予定だ。

 地元自治会の大和田和盛会長は「人口が減る中、1軒でも明かりがついてくれることがうれしい」と歓迎。活性化村の“村長”を名乗る荒木さんは「松島さんが来てくれて、わずかでも人の流れが生まれる。この出会いを大切にしたい」と話している。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年07月07日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/

地図緑☆印:「美里別地域活性化村」

[PR]
 6月23日~24日、富良野市において、2012全日本小学生バレーボール・北北海道大会「ファミリーマートカップ」兼第32回全日本バレーボール小学生大会北北海道大会が行われました。
 本別中央ジャンプ少年団 は、女子の部の準決勝で釧路昭和スターティングjrと対戦し、惜しくもセットカウント1-2で敗れましたが、3位に入りました。
 なお、本別中央ジャンプを破った釧路昭和スターティングjrが2-1で富良野小ジュニアに勝って、優勝しました。

本別本別中央ジャンプの試合結果
◇1回戦
本別中央2-0網走市少年団
◇2回戦
本別中央2-0美瑛ファイターズ
◇準決勝
釧路昭和2-1本別中央


 十勝毎日新聞が、 「本別中央ジャンプが成績を報告」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別】 本別中央ジャンプバレーボール少年団(谷藤主将)は5日、町教育委員会を訪れ、6、7月に開かれた2つの大会で、全道3位と全十勝優勝の好成績を残したことを報告した。

 ファミリーマートカップ第32回全日本小学生大会北北海道大会(6月23、24日・富良野市)は、全国出場は逃したが2年連続で3位の堂々とした成績。第31回ミカサカップ全十勝小学生バレーボール大会(6月30日、7月1日・芽室町)では初優勝し、9月の道大会に駒を進めた。

 選手9人を代表して谷藤主将が結果を報告。中野博文教育長に「9月の道大会は十二分に力を発揮してほしい」と激励した。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年07月08日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
 陸別開拓の祖関寛斎の没後100年に当たる今年、関寛翁顕彰会は、町トマム地区にある 寛斎の埋葬地周辺の環境整備  を進めています。

 十勝毎日新聞が、 「 関寛斎没後100年で環境整備」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【陸別】 陸別開拓の祖関寛斎の没後100年に当たる今年、関寛翁顕彰会(河本哲士会長)は、町トマム地区にある寛斎の埋葬地周辺の環境整備を進めている。埋葬の地の石碑に至る道を新たに「関の小径(仮称)」として整備し、関農場時代から残る厩舎(きゅうしゃ)を改修する。

 寛斎と妻のあいは、本人の遺志で自身が開いた農場が見渡せる丘の中腹に埋葬され、顕彰会が2006年に石碑を設けた。近くの町道から連絡する道がなかったため、顕彰会は埋葬地に至る約1キロを整備することにした。また、道の途中に寛斎が厩舎として使った建物があり、休憩や農業関係資料を展示する施設として活用する。

 1日は顕彰会の会員25人が作業に汗を流した。「関の小径」づくりでは、土地所有者の了解を得て重機で砂利をならし、道を固めた。石碑の周囲ではササなどの草を刈り取り、厩舎は内部にあった廃材などを取り除いた。今後は傾いた土台を取り替え、一部朽ちている壁を張って建物を復元する。

 没後100年に当たり、顕彰会や郷土研究会、町教育委員会は命日の10月15日に記念事業を行う。記念セミナーなどには道外からも研究者が埋葬の地を訪れるため、それまでに一帯の環境整備を終える計画。河本会長は「関先生が陸別で過ごしたのは10年と短いが、偉大な功績を残した。後世に伝え、埋葬の地を訪れる人たちをしっかり受け入れるためにも整備したい」と話している。

 関寛斎(せき・かんさい)
 1830年、上総(かずさ)国山辺郡(やまべぐん)東中村(現千葉県東金市)出身。佐倉順天堂、長崎伝習所でオランダ医学を学び、徳島藩主の侍医、町医者として40年間を過ごす。北海道開拓の理想を持ち、1902年に72歳の高齢で陸別町の斗満に入植し、自作農場づくりを始める。無料診療を続けながら自作農育成に励み、陸別町の礎を築いたが、入植から10年目の12年10月15日、服毒により82歳で自ら生涯を閉じた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年07月05日の記事
http://www.hokkaido-nl.jp/detail.cgi?id=12325
[PR]
 6月24日、本別町出身で道央在住者で組織する 第44回札幌本別会 の会合と懇親会が、札幌市内のホテルで開かれました。

 十勝毎日新聞が、 「高橋本別町長も駆けつけ激励、札幌本別会」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 本別町出身で道央在住者で組織する「札幌本別会」(相澤裕会長)の第44回会合と懇親会が24日、札幌市内のホテルで開かれた。高橋正夫本別町長も駆けつけ、まちづくりについて協力を求めた。

 相澤会長が欠席者の近況などを伝え「ふるさとを1つにする者同士の、年に1回の集まり。昔話に花を咲かせ楽しいひとときを」とあいさつ。高橋町長は「昨年秋に待望の道東道が全線開通し、本別と札幌は近くなった。本別には札幌方面から多くの観光客が来るようになり、皆さんもぜひふるさとに遊びに来てください」と呼び掛けた。

 引き続き、方川一郎本別町議会議長ら来賓の紹介の後、本別高校出身の丸岩公充道議(札幌市南区)の発声で乾杯。ビンゴゲームを楽しみながら旧交を温め、「ふるさと」を合唱、最後は伊藤輝夫副会長のあいさつで締めくくった。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年06月284日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
 陸別町石橋建設社員の遠野菊夫さんが、第54次南極地域観測隊に参加  することが正式に決まりました。
 遠野さんは、11月から来年2月まで、南極のドームふじ基地で天文観測施設の建設に当たります。
 十勝毎日新聞が、 「陸別の遠野さん南極観測隊員に 」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【陸別】 石橋建設(陸別町、石橋勉社長)社員の遠野菊夫さん(53)が、第54次南極地域観測隊に参加することが正式に決まった。11月から来年2月まで、南極のドームふじ基地で天文観測施設の建設に携わる。

 遠野さんは2月に隊員候補になり、冬山訓練や健康診断などを経て、今月22日に隊員に正式決定した。11月上旬に空路で南アフリカへ向かい、ロシアの輸送機や雪上車を使って昭和基地から南極点方向へ1000キロの地点にあるドームふじ基地に入る。同基地では赤外線望遠鏡建設計画があり、遠野さんはその観測設備の土台部分の設営を担当する。

 観測隊を派遣する国立極地研究所(東京)から町しばれ技術開発研究所(しばれ研)に要請があり、意欲と技能を持つ遠野さんが選ばれた。同社では土木部重機主任を務め、重機操作はもちろん地山の掘削作業、除雪機械、危険物取扱など多くの免許や資格を持ち、極地の不測の状況にも対応できる技能が評価された。

 陸別からは第53次観測隊に町職員の空井猛壽さんが参加しており、2期連続、3人目の派遣になる。しばれ研の佐藤秀昭所長は「2年連続で陸別から隊員を出せるのは非常にうれしい」と喜び、遠野さんは「観測のための土台を早く建設して次に引き渡すのが役割。確実にミッションをこなしたい」と意気込みを語っている。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・陸別めーる 2012年06月30日の記事
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/
[PR]
 ワイン城とともに池田町のランドマークになっていた 清見の大観覧車 が、東京の会社に売却され、フィリピンのリゾート地で再利用されることになりました。
 大観覧車は、所有者が死亡し、遺族が相続を放棄したため相続財産管理人が売却先を探していました。8月上旬には撤去作業を終える見通し。

 十勝毎日新聞が、 「池田町の大観覧車、フィリピンで再利用へ」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【池田】ワイン城とともに池田町のランドマークになっていた大観覧車(町清見)が東京の会社に売却され、フィリピンのリゾート地で再利用される。所有者が死亡し、遺族が相続を放棄したため相続財産管理人が売却先を探していた。26日に解体の準備作業が始まり、8月上旬には撤去作業を終える見通し。

 観覧車を購入するのは、遊園地などを企画設計するウイングプロダクションズ(東京、樋口卓也社長)。樋口社長によると、観覧車は同社のフィリピンの現地法人が引き取り、首都マニラ市郊外の高原リゾート地タガイタイに移設され、12月に営業を始める。

 観覧車は1988年に札幌で開かれた「世界・食の祭典」で使われ、翌年、現在地で営業を始めた。さびが目立つが、樋口社長は「あと15~20年は使用できる。低電圧のモーターを動力としておりエコ観覧車といえる」と話す。

 相続財産管理人の鈴木茂雄弁護士(帯広)とは5月末に売買契約を交わした。価格は「無償に近い額」(鈴木弁護士)だったが、解体費、輸送費、輸入税、鋼材の塗装費などで約1億円を要する。

 同社は国内で不要になった遊具を引き取り、海外への売却を業務としている。フィリピンでは同社の現地法人が昨年12月にマニラ市内で遊園地を開業し、観覧車の利用は月6万人に上る。タガイタイには2カ所目の遊園地を設ける。

 観覧車は解体費で2000万円弱を要するが、スクラップ処理した場合は240万円程度にしかならない。相続放棄が明らかになった1年前から町には引き取りの問い合わせがあったが、再利用は同社だけだった。久野正副町長は「長期放置による危険性も心配された。ようやく安心できる」と話している。(平野明)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・池田めーる 2012年06月27日の記事
http://www.tokachimail.com/ikeda/
[PR]