<   2012年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 70年の歴史をもつ 帯広畜産大学馬術部が休部の危機 に直面しています。
 部員減少に伴う資金難を、経費節減やアルバイトで活動資金の工面に取り組んでいますが、状況はなかなか改善していません。

 畜大の馬術部は、大学が創立した1941年に発足し、過去には全日本学生馬術選手権大会で優勝経験をもつ伝統校で、大学では唯一の野外騎乗コースも持っています。

 十勝毎日新聞では、 「帯広畜産大馬術部が存続危機」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 70年の歴史をもつ帯広畜産大学馬術部(影山敦主将、部員11人)が、部員減少に伴う資金難で休部の危機に直面している。経費節減やアルバイトで活動資金の工面に取り組んでいるが、状況はなかなか改善しない。部の存続に向け、飼育の際に出るふんや麦わらを堆肥化して運営資金を得るチャレンジも始まっている。

 同部は同大が創立した1941年に発足。過去には全日本学生馬術選手権大会で優勝経験をもつ伝統校で、大学では唯一の野外騎乗コースも持っている。

 同部の財政が苦しくなってきたのは10年ほど前のこと。同部特有の早朝練習などから“ハードな部活”とのイメージが先行し、30人ほどいた部員が徐々に減り、毎年20万〜50万円の赤字が生じるようになった。赤字分はそれまでの部の蓄えなどで補ってきたが、昨年ついに底を突いた。

 それまでの間も、何とか財政を立て直そうと部員たちがアルバイトをして、毎年1人20万円を部費に充ててきた。しかし、「部活や勉学がおろそかになり、結局退部するという負の連鎖も起こった」という。

 年間の予算はおよそ470万円。200万円を部費やアルバイトで、100万円を学生馬術連盟の補助金でまかない、残りはOBなどからの寄付金に頼っている。ボロボロの馬具を使い続けたり、出場する大会数を減らすなど努力しているいるが、節約は限界に近い。影山主将は「試合経験の不足で全国大会がどんどん遠のく」と漏らす。

 苦しい状況の中、部員は馬のふんや寝床の麦わらを活用した収入を探っている。馬の寝床などに使う麦わらは、飼料代(年間約100万円)の3〜4割を占めているが、使用後につくる堆肥と交換することで経費削減できないかを検討。この他、農作物の栽培への活用策も模索している。

 影山主将は「自分たちの代で歴史を途絶えさせるわけにはいかない。馬術部に入りたくて畜大を志望する学生もいる。後輩たちのためにも何とか部を残したい」と話している 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年002月16日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201202/20120216-0011798.php

b0171771_10311741.jpg
写真:帯広畜産大学 2011年8月撮影
[PR]
 2月4日(土)・5日(日)の2日間、十勝毎日新聞社杯第16回全十勝小学生バレーボール新人戦が芽室町で行われ、女子の部で  本別中央ジャンプ少年団が初優勝 しました。
 2月7日(火)、団員たちが本別町教育委員会を訪れ、中野博文教育長 に結果を報告しました。

 十勝毎日新聞が、 「本別ジャンプが勝毎杯優勝を報告」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】 十勝毎日新聞社杯第16回全十勝小学生バレーボール新人戦(4、5日・芽室町)の女子の部で初優勝した本別中央ジャンプ少年団の団員たちが7日、町教委を訪れ、結果を報告した。

 同チームは選手がこの大会最少の6人と交代がいない環境ながら、決勝の札内南戦を含む全5試合をストレート勝ちした。相手を15失点以下に抑える安定した戦いで、初の栄冠をつかんだ。

 町教委には、男子を含めた団員9人が賞状やトロフィーを手に訪問。主将の谷藤さん(5年)が大会を振り返り、全員が「全国大会に出場する」と今年の目標を発表した。中野博文教育長は「おめでとう。頑張りましたね」とねぎらった。(安田義教) 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年02月11日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/

b0171771_5535137.jpg
写真:本別町教育委員会事務局 2011年8月撮影
[PR]
b0171771_20404588.jpg
幕別町民会館=2016年8月撮影(画像は後日掲載しました。)

 2月1日(水)、 幕別町の高齢者学級「しらかば大学」  の教養講座が、町民会館で開かれました。
 元帯広市議会議長の嶺野侑(みねのすすむ)さんが、幕別町出身の 作曲家・万城目正(まんじょうめただし)さん や、開拓に影響を与えた人物などについて講演しました。

b0171771_18081801.jpg
参考写真:万城目正
=1948年
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E5%9F%8E%E7%9B%AE%E6%AD%A3
  
 十勝毎日新聞が、 「幕別で万城目正さんの秘話語る」 と伝えています。

【幕別】 町の高齢者学級「しらかば大学」(学長・金子隆司教育長)の教養講座が、町民会館で開かれた。元帯広市議会議長の嶺野侑さんが講演し、町出身の作曲家・万城目正や、まちの開拓に大きな影響を与えた人物など歴史の秘話を語った。

 1日に行われ、高齢者約150人が参加。嶺野さんは「十勝開拓秘話パート2」と題して講演した。

 万城目(1905~68年)は武蔵野音楽学校を中退後、昭和初期に帯広に戻り、キネマ館で無声映画用のバンドでピアノを弾いた。その後、再び上京し、松竹大船時代には映画音楽担当者としてヒット曲を作った。この他、「悲しき口笛」「東京キッド」なども次々と生み出した。開町70年に制定した町歌や、幕別音頭を作曲している。

-略-

(平田幸嗣)  

以上引用:十勝毎日新聞・幕別めーる
=2012年02月10日の記事
http://www.tokachimail.com/makubetsu/

参考:万城目正
 万城目 正(まんじょうめ ただし、1905年1月31日 - 1968年4月25日)は、日本の作曲家。本名は侃(読みは同じ)。

経歴・人物 [編集]  
 北海道十勝支庁中川郡幕別村(現:幕別町)出身。
 旧制中学を卒業後に上京し、武蔵野音楽大学で学ぶ。その後一時期北海道に戻るが再び上京して松竹に入社した。
 1938年の映画『愛染かつら』の主題歌「旅の夜風」など多くの映画音楽を手がけた。
 戦後は映画『そよかぜ』の音楽を担当した。主題歌の「リンゴの唄」は並木路子が歌い大ヒットした。その後は高峰三枝子、美空ひばり、島倉千代子の歌を多く作曲した。1957年には松竹大船撮影所の近くに「万城目正歌謡音楽院」を開校した。
 流行歌や映画音楽に数多くの作品を残している。
 人気作曲家として多忙な日々を送る一方で、年に2回ほど家族旅行に出かけ、普段は酒や野球を楽しんだという。
 1968年4月25日逝去。63歳没 。
 墓所は宮城県仙台市の龍雲寺に在る。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E5%9F%8E%E7%9B%AE%E6%AD%A3
[PR]
 2月11日(土)、本別町中央公民館全国生涯学習市町村フォーラム 「空き活用」とまちづくり研修会  が行われました。
 研修会には、道内を中心に自治体職員ら約150人が参加し、事例研究やシンポジウムを通して、公共施設や店舗、廃校跡などの空きスペースを活用したまちづくりを考えました。
 なお、高橋正夫本別町長は、全国生涯学習市町村協議会会長を務めています。

 十勝毎日新聞が、 「本別で全国生涯学習フォーラム」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別】 全国生涯学習市町村フォーラム「『空き活用』とまちづくり研修会」が、11日午前10時半から本別町中央公民館で開かれた。道内を中心に自治体職員ら約150人が参加。事例研究やシンポジウムを通して、公共施設や店舗、廃校跡などの空きスペースを活用したまちづくりを考えた。

 全国生涯学習市町村協議会(会長・高橋正夫本別町長)と本別町などが主催。シンポジウムでは文部科学省施設助成課の杉浦健太郎課長補佐、教育指導力の向上を目指す教師らの組織「TOSSおりーぶ」(香川)の河田祥司代表、TOSS北海道事務局の田上大輔次長、竹中貢上士幌町長が意見を交わした。

 杉浦氏は全国ではこの20年近くで6300校余りが廃校になり、うち北海道は約700校と圧倒的に多いと説明。近年は福祉・医療施設への転換が目立つが、3割は活用先がないとした。「活用への要望をまとめて国や自治体に出したり、共通の悩みを相談する場、ネットワークづくりが今後の課題」と述べた。

 河田、田上の両氏はそれぞれ教育に取り入れているまちづくり活動を紹介。竹中町長は旧東居辺小、旧上音更小の廃校利用について「4月から全国公募する。インターネットや新聞広告、移住施策と連動した情報提供を考えている」と話した。

 この日は他に、聖徳大学生涯学習研究所の福留強所長が、過疎と高齢化から脱却するまちづくりを提言。高橋町長は旧ふるさと銀河線廃止後の施設活用などを語った。(安田義教) 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年02月13日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/

b0171771_2571653.jpg
写真:本別町中央公民館 2011年8月撮影年
[PR]
 改修のため休止していた 帯広市児童会館のプラネタリウム が、3月1日(木)から、利用を再開します。
 プラネタリウムには、新しくデジタル式投影機が加わりました。また、星空に十勝の風景を織り込む投影が可能になりました。

 十勝毎日新聞が、 「3月1日改修オープン 帯広市児童会館プラネタリウム」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 システムの改修で昨年11月から休止していた帯広市児童会館(緑ケ丘2)のプラネタリウムが3月1日、新しい機器と機能が加わって利用開始になる。星空に十勝の風景を織り込むなど充実した投影が可能となる。同日から約3週間かけて複数のイベントを展開し、来館者の取り込みに力を入れる。

 新しいプラネタリウムでは、以前から使用していた光学式投影機にデジタル式投影機が加わる。現在の光学式は2000年に導入したが、老朽化が進み、改修工事を進めていた。暗い等級の星までの再現に優れ、従来通りの星空投影を楽しむことができる。

 システム改修ではデジタル式を新たに導入した。鮮明な映像や全天周の星空を映し出したり、アニメーションも上映できる。職員が撮影した風景を織り交ぜた投影や文字を加えることも可能になる。同館では「光学式とデジタル式を組み合わせて使うのは珍しい。写真を入れることで、十勝の四季に合わせた投影もできる」としている。

 将来的には字幕による障害者向けの番組も検討する予定。改修に合わせて音響や照明機器も一新する。赤、青、緑などのLED照明で会場を演出し、ミニコンサートなどにも対応できるという。

 お披露目イベントは、初日の同1日午後1時30分、宮崎賢治の童話をアニメにした「ふたごの星の物語Ⅰ」を投影する。同3日、10日、17日は「宇宙への旅」と題して、3回シリーズで同館職員がデジタルソフトを使いながら太陽の仲間などを話す。

 11日は音楽家のクニ河内さんと野田美佳さんによる星空コンサートを行う。プラネタリウムは開館当時から人気で、昨年までの来場者は延べ69万2000人だった。同館は「子供だけではなく、大人や教員も楽しめるよう幅広くイベントを展開したい」と来場を呼び掛ける。定員や申し込みが必要なイベントもある。日時や申し込み期間、内容などの詳細は同館(0155・24・2434)へ。  
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・帯広めーる 2012年02月07日の記事
http://www.tokachimail.com/obihiro/

b0171771_219342.jpg
写真:帯広市児童会館 2011年8月撮影
[PR]
b0171771_14311017.jpg
そば処「みなとや」(新得町)=2014年8月撮影
※画像は後日掲載しました。

 新得の 「そば処 みなとや」 (新得町2条北1丁目)では、 新得地鶏を使った「鍋焼きそば」の提供 を始めました。
 鍋焼きそばを作るため、そばの太さは通常の3倍ほどあり、具材も10種類入っています。

 十勝毎日新聞が、 「みなとやで新得地鶏の鍋焼そば提供」 と伝えています。

【新得】 「そば処 みなとや」(町2北1、今井崇敬代表)は、町特産の「新得地鶏」を使った鍋焼きそばの提供を始めた。そばでの鍋焼きを実現するため、通常の3倍ほど太い麺を使い、具材も10種類入ったボリュームある一品だ。3月末までの期間限定。

 鍋焼きうどんは通常のメニューにあるが、「そばで鍋焼きを頼まれることが時々あった」(今井代表)ため、新たに開発した。これまでも「つけ地鶏」(900円)など3種類の地鶏メニューがあったが、町の特産品の振興に-と今回も地鶏を使った。麺は太さ7~8ミリの太麺。

 そばは調理過程で、ゆでてから一度冷水で洗って締めるため、うどんの鍋焼きとは異なり、初めから1つの鍋で煮込むことができない。また、そばは具材と麺の最適な調理時間が異なるため、双方を分けて調理した後に合わせ、その後、さらに加熱するよう工夫した。

-略-

(高田敦史)

以上引用:十勝毎日新聞・新得めーる
=2012年02月07日の記事
http://www.tokachimail.com/shinntoku/
[PR]
 昨年6月に行われた帯広百年記念館の両生類分布調査「カエル講座」で、エゾサンショウウオがこれまで生息するはずのない帯広市内の沼地など4カ所で確認されたことが報告されました。
 このことによって、 エゾサンショウウオの生態に異変  が起きている思われます。

 十勝毎日新聞が、 「エゾサンショウウオ放流で困惑」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 昨年6月に帯広市内の緑ヶ丘公園などで行われた帯広百年記念館の両生類分布調査「カエル講座」で、エゾサンショウウオがこれまで生息するはずのない帯広市内の沼地など4カ所で確認された。人の手によって放された可能性が高い。同館の池田亨嘉学芸員は「計画的ではない放流が生息調査を混乱させ、かえって個体数を減らしかねない」と指摘している。

 エゾサンショウウオは北海道レッドリストの「留意種」で保護の対象。同館では2006年から両生類の調査を毎年行い、市内4カ所でエゾサンショウウオの新たに生息を確認した。

 このうち2カ所は外部から移動してきたとは考えにくい場所。増やそうとしたり、飼えなくなったりした人が放したとみられる。池田さんは「放流には多数の卵が必要。放流環境の見極めも難しく、定着しないで死滅するものも多いのでリスクが高い」と警鐘を鳴らす。

 個体数を増やす目的で卵を採取すると元の生息地の個体数を減少させる危険性もある。実際に市内のカエル産卵地では卵が全くなくなったケースも。春の産卵のシーズンを控え、池田さんは「飼育するのは良いが、必要以上に取らないでほしい。持ち帰るのは10粒までにとどめてほしい」と呼び掛けている。(塩原真)  
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・帯広めーる 2012年02月08日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/

b0171771_2242057.jpg
写真:エゾサンショウウオ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Hynobius_retardatus.jpg

参考:エゾサンショウウオ
 エゾサンショウウオ(蝦夷山椒魚、学名:Hynobius retardatus)は、動物界脊索動物門両生綱有尾目サンショウウオ科サンショウウオ属に分類される有尾類。北海道に生息するサンショウウオは、キタサンショウウオと本種のみ。

分布 [編集]
 日本固有種。北海道全土(離島を除く)に分布。森林と止水域さえあれば、どこにでも生息している。ただし、本種とキタサンショウウオは同じ水域には見られない。

形態 [編集]
 全長11-19cm。体色は背面が暗褐色、腹面は灰色で、目立つ斑紋はない。体側面に入る肋条は11本。
 高密度な環境では幼生は共食いをし、頭部(顎)が巨大化した幼生個体がみられる。第2次世界大戦前の倶多楽湖では、幼生の姿の状態で成熟するネオテニーが確認されたが、現在は確認されていない。

生態 [編集]
 小さな昆虫類やクモを食べる。4-6月の雪解け後に、湖岸や池、水たまり、道路の側溝、用水路等に産卵する。卵嚢はコイル状に巻いた長いひも状で透明だが、産卵直後は白濁している。

捕食被害 [編集]
 外来種のアライグマによるエゾサンショウウオの捕食被害が報告されている[1]。アライグマはエゾサンショウウオを捕食する際、尾を食べ残す。これは尾の基部背側に不味物質を分泌する顆粒腺があるためだと考えられる
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%BE%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%A6%E3%82%AA
[PR]
 2月1日より、 音更町が「ワンストップ窓口サービス」 を試行しました。
 転入・転出・転居・出生・死亡などに伴う複数の係の手続きを、役場住民係の1カ所の窓口で行うことのできるのが、「ワンストップ窓口サービス」です。

音更町が目指す住民サービス
◇3つのS(「動かさない=Stop」、「待たせない=Speedy」、「書かせない=Support」)の実現

 転入、転出、出生、死亡などの手続きの際、福祉課、環境保全課、教育委員会などの業務を、できる限り1カ所の窓口で行うことのできる「ワンストップ窓口サービス」を試行します。

◇住民票・税証明・戸籍等の申請書を統一
 今まで、住民票の写し、税証明、戸籍などの申請書が3種類に分かれていて、それぞれに氏名、住所、生年月日等を記入していたが、申請書の様式を1種類に統一することにしました。

参考:音更町役場ホームページ
http://www.town.otofuke.hokkaido.jp/life/mainichi-seikatu/koseki-zyuuminhyou/wansutoppu-madoguti-sabisu-kaisi.html
[PR]
 2月19日(日)、帯広百年記念館とおびひろ動物園の合同企画 博物館講座「アイヌ語で動物園かんさつ」 が、おびひろ動物園で行われます。これは、道民カレッジ連携講座としての企画です。
 おびひろ動物園を歩きながら、アイヌの人たちと関係のある動物や鳥などについて、信仰や物語、狩猟や利用方法、また生態についてもあわせて紹介してもらいます。

◆ 博物館講座 『アイヌ語で動物園かんさつ』
日 時:2月19日(日) 11:30~13:00
会 場:おびひろ動物園(集合は、動物園正門前です)
参加料:無料
定 員:20名
電 話:0155-24-5352(帯広百年記念館)


参考:帯広百年記念館からのお知らせ
http://www.octv.ne.jp/~hyakunen/oshirase.htm#01hakubutukan-kouza

参考:おびひろ動物園ホームページ
http://www.obihirozoo.jp/

b0171771_14271453.jpg
写真:おびひろ動物園 2011年8月撮影
[PR]
 2月20日(月)の午後、札幌市円山動物園からホッキョクグマの 「アイラ」が 、おびひろ動物園に 来ることになりました。
 アイラは、メスで1歳。これで、おびひろ動物園のシロクマは、オスで3歳のイコロと2頭になります。

動物園のホッキョクグマ
◆札幌市円山動物園
 ▽デナリ(オス、18歳)
 ▽ララ(メス、17歳)
 ▽キャンディ(メス、18歳)
 ▽アイラ(メス、1歳)→帯広へ
◆おびひろ動物園
 ▽イコロ(オス、3歳)


参考:おびひろ動物園ホームページ
http://www.obihirozoo.jp/

 十勝毎日新聞が、 「赤ちゃんシロクマ『アイラ』帯広に」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 おびひろ動物園(藤川研園長)は9日、札幌市円山動物園からホッキョクグマのアイラ(雌1歳)を受け入れると発表した。20日午後から搬入作業を行う予定。一般公開は土・日曜日のみ開園のため(冬期開園は2月で終了)25日、26日の2日間の予定。

 アイラは2010年12月25日、円山動物園生まれ。円山動物園で飼育されている雄のデナリと雌のララの子供。両ペアの間で生まれて、生育している子供では5頭目となる。おびひろ動物園によると、2頭は繁殖と育児に優れており、次の繁殖行動が円滑に進められるようにアイラを同園で飼育する。所有権は、円山動物園にあり、「預託契約」となる。

 同園では、同じペアから生まれた双子のイコロ(雌、3歳)がいて、アイラが加わり2頭となる。 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年02月09日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201202/20120209-0011742.php

b0171771_4411285.jpg
写真:おびひろ動物園のシロクマ「イコロ」(2歳当時)

b0171771_442671.jpg
写真:ホッキョクグマの関係図(おびひろ動物園の掲示) いずれも2011年8月撮影
[PR]