<   2012年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

b0171771_20355385.jpg
写真:道東道足寄IC入口標示

 1月20日(金)、足寄町で、「地域をつなぐ命の道づくりいn足寄-十勝圏と北網圏を結ぶ 高速道路を考えるシンポジウム」 が開かれます。
 道東自動車道は、現在、陸別町小利別IC~訓子府IC~北見ICの整備が国直轄で進められており、2014年度開通を予定しています。
 しかし、足寄IC~陸別町小利別IC間が当面着工しない区間とされ、当面は国道242号を活用するとされています。
 シンポジウムには、十勝町村会の会長を務める高橋正夫本別町長も、参加する予定です。

 十勝毎日新聞が、 「1月20日、足寄で高速道路シンポ」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 「地域をつなぐ命の道づくりin足寄-十勝圏と北網圏を結ぶ高速道路を考えるシンポジウム」が来年1月20日午後3時、足寄町民センター(南1ノ5)で開かれる。

 道東自動車道をめぐっては足寄-陸別町小利別間が凍結。小利別から北見までは整備が国直轄で進められている。シンポジウムは凍結解除の機運を高めるのが目的。

 十勝町村会、とかち産業団体協議会の共催。京都大大学院工学研究科の藤井聡教授が「十勝圏と北網圏を結ぶ高速ネットワークの整備効果について-公共事業が道東を救う」と題して講演する。

 座談会では「道東自動車道延伸による十勝・北網の今後のあり方について」をテーマに、十勝町村会の高橋正夫会長、北見商工会議所の永田正記会頭、帯広商工会議所の高橋勝坦会頭らが意見交換する。

 参加無料。定員400人。申し込み締め切りは1月10日。問い合わせは帯広商工会議所内とかち産業団体協議会(0155・25・7121)へ。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・足寄めーる 2011年12月22日の記事
http://www.tokachimail.com/ashoro/backnumber2011.php?d=20111229
[PR]
b0171771_18334193.jpg
 1月3日(火)、 池田町のワイン城で初売り があり、値段を年号の2012円に設定した 秘蔵の十勝ワインの抽選販売 が行われました。

b0171771_20354965.jpg
十勝ワイン

 十勝毎日新聞が、 「秘蔵十勝ワインも登場 ワイン城初売り」 と伝えています。

【池田】 ワイン城1階のショッピングエリアの初売りが3日午前10時から行われた。値段を年号の2012円に設定した秘蔵の十勝ワインの抽選販売には販売本数の13倍もの応募者があり、にぎわいを見せた。

 秘蔵ワインは、今は製造されていない「アムレンシス1978」や辰(たつ)年にちなんだ「ツバイゲルト1988」など14本で、186人が応募した。抽選では、番号が呼ばれるたびに歓声が上がった。「アムレンシス1978」を当てた帯広のサービス業の男性(54)は、大学生の息子も「シャトー十勝1995」を当てて一家で大喜び。「ワインは大切に保管し、お祝いの時に味わいます」と笑顔だった。

 高級品の十勝ワインの入った1万円と5000円の福袋も発売されたが、午前6時から列ができる人気ぶりで、わずかの時間で完売した。

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年01月03日の記事

http://www.tokachi.co.jp/news/201201/20120103-0011402.php
[PR]
b0171771_2074913.jpg
b0171771_20154141.jpg
 道の駅・足寄湖エーデルケーゼ館 レストラン「ハイデ」 で、 チーズカレーが人気 を集めています。
 カレールーに、同館の チーズ工房 で手作りしたカマンベールチーズを溶かし込み、さらに上から細かくきざんだチーズをふりかけた逸品です。
 なお、「エーデルケーゼ」とは「高貴なチーズ」の意味です。

 十勝毎日新聞が、 「足寄・道の駅のチーズカレー人気」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【足寄】 道の駅・足寄湖エーデルケーゼ館のレストラン「ハイデ」で、チーズカレーが観光客らの人気を集めている。同館のチーズ工房で手作りしたカマンベールチーズをふんだんに使い、カレーに独特のまろやかさを加えている。

 同道の駅はあしょろ農産公社(仲野貞夫社長)が運営。チーズ工房では3種類8品目のチーズ(2010年度は7126キロ)を製造している。足寄の生乳を100%使っている。

 チーズカレーはカマンベールチーズを一皿に40グラムほど使用。熱を加えてトロトロの食感を生み、カレーは辛さを抑えてコクを強調した。1食780円

 仲野社長は「観光客らにダントツの一番人気。コクととろみを楽しんで」と話している。ハイデの冬季営業(3月末まで)は午前9時半~午後4時。水曜日と第1日曜日定休。問い合わせは同道の駅(0156・25・3901)へ。(菊池宗矩)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・足寄めーる 2011年12月20日の記事
http://www.tokachimail.com/ashoro/backnumber2011.php?d=20111229
[PR]
b0171771_2123840.jpg
 本別町で女性消防団 を発足することになりました。活動は、4月1日からになります。

女性消防団募集内容
◇募集人員:5人程度
◇募集期間:平成23年11月1日(火)~12月31日(土)
◇応募資格:町内に居住する年齢18歳以上の健康明朗で消防防災活動やボランティア活動に興味のある女性
◇活動内容
 平常時
  1.本別消防団(本団・第1分団)の庶務、事務
  2.出初式および演習等の司会進行
  3.広報活動(消防署の補助的業務)
  4.火災予防週間等の独居老人等宅の予防査察・指導(消防署の補助的業務)
 災害時
  1.災害現場での後方支援・避難誘導・情報収集
  2.原則として火災現場等における消火作業はしない事とする
◇採用年月日:平成24年4月1日

 募集に対し、町内から6人の応募がありました。平常時は火災予防の啓発、災害時は連絡業務など後方支援を行います。
 12月21日、本別消防署で第1回の説明会がありました。

参考: 本別町ホームページ-お知らせ
http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/home/news/fire_company.html
[PR]
 足寄動物化石博物館 は、1月7~16日、今年の干支(えと)にちなんだ辰年ミニ展示として 「滄龍(そうりゅう)」の頭骨 をロビーに展示します。

 十勝毎日新聞が、 「足寄動物化石博物館、えとにちなんで滄龍を展示 」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【足寄】 足寄動物化石博物館(澤村寛館長)は来年1月7~16日、えとにちなんだ辰(たつ)年ミニ展示として「滄龍(そうりゅう)」(英語名モササウルス)の頭骨をロビーに飾る。

 同館は毎年、えとにちなんだ展示を行っている。新村龍也学芸員と澤村館長によると、滄龍は約9800万年前~6550万年前の海にいた大型のは虫類。トカゲやヘビの仲間から進化した。日本では多くが道内で発見されている。

 期間中、同館が所有する滄龍の頭骨のレプリカを道東で初めて公開し、化石解説パネルも設ける。観覧料は無料だが、館内の常設展示を見る場合は大人400円、65歳以上と小・中・高校生は200円が必要。

 同館はこれに合わせ、館内の化石工房で行う「ミニ発掘」に個数限定で滄龍の歯の化石を加える。体験料200円。この他、タツノオトシゴの骨格標本も展示する。

 開館は午前9時半~午後4時半。問い合わせは同館(0156・25・9100)へ。(菊池宗矩)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・足寄めーる 2011年12月26日の記事
http://www.tokachimail.com/ashoro/backnumber2011.php?d=20111229
b0171771_21334660.jpg
写真:足寄動物化石博物館お知らせ
http://www.museum.ashoro.hokkaido.jp/html/column/fuyuyasumi.pdf
[PR]