<   2011年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

 10月8日(土)、 自然栽培農法を学ぶ「木村塾」 が、幕別町軍岡の折笠農場 で開かれました。
 主催は 自然栽培研究会と北海道で、青森県のリンゴ農家 木村秋則さん が提唱する自然栽培農法を学びました。

 木村さんの提唱する「自然栽培」は、化学肥料や農薬、除草剤などを一切使わず、畑の土を「自然のあるべき姿」に近づけて利用、あるいは作物を共生させる事によって、色々な作物が持っている本来の能力を最大限引き出してあげる栽培方法といえます。(木村秋則の自然栽培を受け継ぐもの-北海道の会ホームページよりhttp://kimura-akinori.jp/)

 十勝毎日新聞が、 「自然栽培農法を学ぶ『木村塾』に約50人が参加」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【幕別】  青森県のリンゴ農家木村秋則さん(木村興農社代表)が提唱する自然栽培農法を学ぶ「木村塾」(自然栽培研究会・北海道主催)が8日、町軍岡の折笠農場(折笠健代表)で開かれた。肥料や農薬を使わない自然栽培に関心のある十勝管内外の家庭菜園者ら約50人が参加。木村氏と栽培のポイントなどを意見交換した。

 木村さんは「不可能」とされてきたリンゴの無農薬、無化学肥料栽培に成功したリンゴ農家として全国的に知られている。同塾は今年6月に開催され、自然栽培に挑戦した人が増えた。今回は木村氏に栽培時の疑問などを尋ねる目的で開いた。

 同日は折笠農場のビニールハウスで栽培するミニトマトの生育状況を確認。木村氏は「原種がアンデス地方。水をやらない状態を再現している。水分過多になるといろいろな病気になる」と説明した。参加者はナスやトウガラシの生育状況も見比べ、木村氏に栽培のポイントなどを尋ねていた。自然栽培に適した品種を探ろうとニンジンの食べ比べも行われた。

 広尾町の主婦村瀬孝子さん(59)は「6月に教わった通りトマトを栽培したら、フルーツのようにおいしくできた。カボチャやメロンの栽培で気を付けることも教えてもらい参加して良かった」と話した。予定していたジャガイモの収穫体験は雨の影響で畑に入れず中止したが、5キロ以上が入る段ボール箱に「さやあかね」と「花標津」を詰め込み持ち帰った。
 折笠代表は「有機栽培、慣行栽培、自然栽培の農産物が選んで食べられる環境をつくり、選ぶときの基準を知ってもらえる機会にもなった」と話していた。(関坂典生
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞幕別めーる2011年10月9日の記事
http://www.tokachimail.com/makubetsu/

b0171771_2161969.jpg
写真:6月の「木村塾シンポジウム」開催のお知らせ
http://www.tokachi-hills.jp/cfm/evts/12.cfm
[PR]
 10月1日(土)・2日(日)、芽室町総合体育館で 「第17回モルテン杯全十勝小学生バレーボールBクラス大会」 が行われ、 本別中央ジャンプスポーツ少年団が初優勝 しました。
 団員は13日(木)、本別町教育委員会を訪れ、中野博文教育長に優勝を報告しました。

 十勝毎日新聞が、 「優勝を報告した本別中央ジャンプの団員たち」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別】 バレーボールの「第17回モルテン杯全十勝小学生バレーボールBクラス大会」(1、2日・芽室町)で初優勝を飾った本別中央ジャンプスポーツ少年団の団員が13日、町教委を訪れ、中野博文教育長に報告した。

 大会では、5年生以下でつくる管内22チームがトーナメントで競った。本別中央ジャンプは決勝までの3試合をいずれもストレートで勝ち進み、決勝で更別を2-1で下して頂点に立った。

 この日は団員10人が優勝トロフィーを手に訪問。主将の谷藤さん(5年)は「Bチームでは初めての優勝なので、うれしかった」と笑顔を見せた。中野教育長は「優勝おめでとう。練習の成果だと思う。周りの人たちの支えにも感謝してほしい」と祝福した。(安田義教 )
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社本別めーる2011年10月16日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu

b0171771_5535137.jpg
写真:本別町教育委員会事務局
[PR]
 10月18日(火)のお昼頃、上士幌町の町道を 通行中の乗用車がクマに襲われる という出来事がありました。
 現場は、、上士幌町上音更東5線の町道で、襲ってきたクマが前足で車両をたたき、ボンネットがへこんだとのことです。
 幸い、車を運転していた男性にけがはなかったものの、帯広署は注意を呼び掛けています。

 十勝毎日新聞が、 「クマが通行中の乗用車襲う」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【上士幌】 18日午後11時ごろ、上士幌町上音更東5線の町道を通行中の乗用車がクマに襲われた。乗っていた同町内の男性(60)にけがはなかったが、向かってきたクマが前足で車両をたたき、ボンネットがへこんだ。付近住民は「車がクマに襲われたのは今までにない」と驚きの表情。帯広署など関係機関は注意を呼び掛けている。

 帯広署などによると、現場は上士幌町市街から北北西に約5キロの地点。男性が町道を走行して緩やかな右カーブを抜けたところ、前方約15メートル先の道路中央付近で立ち止まっている親子とみられる2頭のクマを発見した。男性はあわてて車を止めたところ、1頭が突進してきて車の前部を前足でたたいた。向かってきたのは親グマとみられ、体長は約1・5メートルだったという。

 クマは間もなく車から離れたものの、道路上から立ち去らないため、男性は方向転換して別のルートから帰宅した。ボンネットの左前には直径10センチほどのへこみができ、周囲には血痕が残っていた。車が持ち込まれた同町内の修理工場の女性は「シカにぶつかった車はよく修理するが、クマに襲われた車は初めて」と驚いていた。

 男性からの届け出を受けた同署上士幌駐在所などが付近を調べたところ、道路上にはクマが突進した際に付いたとみられる爪痕と、ふんが残っていた。近くを流れる音更川沿いで南に下る足跡が見つかり、19日朝、地元猟友会のメンバー7人が行方を追ったが、見つかっていない。

 現場から約200メートルに住む酪農業男性(48)は「この辺は昔からよくクマを見かけるが、最近は目撃情報が増えている感じ。ただ、車が襲われたという話は聞いたことがない」と話していた。

 ふんには、デントコーンを食べた形跡があり、農作物を狙って再び出没する可能性もあるとして同署などは付近住民に警戒を呼び掛けている。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年10月19日の記事
http://www.hokkaido-nl.jp/detail.cgi?id=9868

地図赤☆印:上士幌町上音更東5線

[PR]
 このほど、JA中札内村 は、 「コクワワイン」の再製造 を目指し、原料となる中札内産のコクワの実の買い取りを始めました。「コクワワイン」は、一昨年に製造を取りやめていましたが、来年夏には再び商品と販売する予定です。 

 「コクワ」「サルナシ」とも言われ、池田出身の 吉田美和さん が作詞・作曲したドリカムの 『晴れたらいいね』 の曲の中に「コクワの実」と出てきます。
 この曲は、NHK・連続テレビ小説『ひらり』の主題歌としてもお馴染みです。

『晴れたらいいね』 b0171771_2542188.jpg  作詞・作曲 吉田美和  
  唄 Dreams Come True
♪山へ行こう 次の日曜 昔みたいに
 雨が降れば 川底に沈む橋越えて…

 一緒に行こうよ‘こくわ’の実また採ってね
 かなり たよれるナビゲーターになるよ…


 この曲を聴いて、私(ブログ作成者)は小学生の時、学校からの帰りの山道で、「コクワの実」を採って食べたことを懐かしく思い出しました。熟した実にあたると、それはそれは美味しいこと…。
 その「コクワの実」がワインになるなんて、一度味わってみたいものです。

上写真:こくわ(サルナシの実)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/09/Young_kiwi_fruit.jpg

 十勝毎日新聞が、 「JA中札内村が『コクワワイン』再製造」 と伝えています。


【中札内】 JA中札内村(山本勝博組合長)は、一昨年に製造を取りやめた「コクワワイン」の再製造を目指し、中札内産のコクワの実の買い取りを始めた。「どれだけのコクワが集まるか未知数で、ワインの製造量も不明だが、来年夏には商品として提供したい」(販売促進部)とコクワの持ち込みを呼び掛けている。

 コクワは村内では山間部に自生している他、一般家庭の庭木としても育てられている。1980年代に当時の「村地場産業を進める会」が中心となって果実酒の開発に取り組み、同会が村民からコクワを買い取り、北海道ワイン(小樽市)に製造を依頼。リキュール酒「ピョータンの詩」を経て、90年にコクワワインが誕生した。

 同ワインは、ほど良い甘みとさわやかな香りに希少感も加わって村の特産品となり、多くのファンを獲得した。全盛期の91年には5358キロの原料が処理され、レギュラーサイズ(720ミリリットル入り)5200本、ハーフサイズ(360ミリリットル入り)6200本が造られた。

-略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年10月12日の記事

http://www.tokachimail.com/nakasatsunai/

参考:サルナシ(猿梨)
 サルナシ(猿梨、学名:Actinidia arguta)はマタタビ科マタタビ属のつる性植物。別名:シラクチカズラ、シラクチヅル。果実はしばしばコクワと呼ばれる。

特徴
 日本、朝鮮、中国などに分布する雌雄異株の蔓性の落葉樹である。本州中部以南の温暖地では、概ね標高600m以上の山岳地帯に自生する。 サルナシの果実の味はキウィフルーツそのものである、これはキウィフルーツの原種が中国南部に産するサルナシの近縁種シナサルナシであることから同じような味になることは必然ともいえる。 花は白色で、果実はキウィフルーツを無毛にしてかなり小さくしたような緑色の2~3cm程度のものに熟する。熟した果実は、果実酒などに使用したり、ミニキウイ(あるいは、キウイベリー、ベビーキウイ、デザートキウイ、カクテルキウイなど)と呼び、生食にも適するほか、ジュース・砂糖漬けなども商品化されている。

 キウィフルーツの日本での栽培の開始は、本来サルナシ果実の味に魅せられた農家が栽培果樹化を試みたが、その困難さにこれを断念し、近縁のシナサルナシが中国南部からニュージーランドに導入されて品種改良の上で栽培果樹化されていることを知って、これの日本導入に切り替えたことに始まるというエピソードもある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%82%B
[PR]
b0171771_082537.jpg
参考写真:帯広分校で使用中のビーチクラフトA36型
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Beechcraft_A36_Bonanza.JPG

 10月17日(月)、 航空大学校帯広分校で訓練が再開 されました。
 独立行政法人航空大学校帯広分校では、7月28日の所属機の墜落死亡事故を受け、事故直後から全ての訓練飛行を中止していました。
 事故は、航空大学校所属ビーチクラフト式A36型JA4215が、7月28日(木)帯広空港を離陸し、その後9時28分、同機からの救難信号が受信されたことを受けて捜索が行われた結果、芽室町剣山山中に墜落しているのが発見されたものです。
 被害は、死亡者3名(学生1名、教官2名)、重傷・火傷1名(学生)で、機体は大破しました。。

 十勝毎日新聞が、 「墜落事故から2カ月半、航空大の訓練再開」 と伝えています。

 航空大学校帯広分校(帯広、大里裕治分校長)で17日午前、訓練機の墜落事故を受けて中止していた訓練が再開した。とかち帯広空港周辺では、事故のあった7月28日以来、81日ぶりに訓練機が飛び交う光景が戻ってきた。

 学生16人、教官8人が8班に分かれて行った。午前中は4班が実施。午前9時すぎ、学生2人と教官1人ずつが搭乗した訓練機4機が次々に離陸し、訓練中断で鈍った飛行感覚を取り戻すため、空港周辺で離着陸や上昇、旋回などの基本操作を繰り返した。

 地上から訓練を見守っていた実科教官の寒竹信之さん(40)は「学生はずっと飛びたがっていた。男なので不安を隠している面もあるかもしれないが、互いを信頼して訓練していきたい」と話していた。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年10月17日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201110/20111017-0010703.php

[PR]
 10月4日(火)、営業終えた 本別町民水泳プールで清掃作業 が行われました。

 十勝毎日新聞が、 「本別町民プール今季終了 母親らが施設清掃」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別】 町民水泳プールの営業が9月末で終わり、町水泳スポーツ少年団の児童の母親らが4日、施設を清掃した。夏の間の汚れを落とし、来年の使用に備えた。

 同プールは今年も5~9月に営業し、少年団や町内の小学校、一般が利用した。清掃活動では、町教委の職員10人に少年団の母親6人も加わって作業。額に汗を浮かべながら、プールの水槽をブラシでこすり、更衣室やトイレの雑巾掛けをした。

 少年団に小2の子供が入っている町内の主婦廣田こずえさん(35)と内田美紀子さん(35)は「たくさんお世話になったので感謝の気持ち。結構、汚れがこびりついていました」と話し、施設をピカピカに磨き込んでいた。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞本別めーる 2011年10月7日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu
b0171771_17153158.jpg
写真:本別町民水泳プール
[PR]
 2011ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ が,10月16日(日)、帯広競馬場で行われました。
 人間ばん馬は、 『とかちばん馬まつり』 恒例のイベントで、今年は25チームが参加し優勝賞金88(ばん馬)万円を目ざし、競技が繰り広げられました。
 別海町から参加した「ベコベコ」が、昨年優勝の「豊頃農協青年部プリンス」(豊頃町)を押さえて。栄冠を手にしました。

◆競技方法
1. チームは6人1組(5人曳き)とし、騎手1名は女性。
2. 本走路200mを使用する。
3. ソリは予選、決勝とも150kgとする。
4. 騎手はスタートゲート、ソリと曳き手は第2障害手前にスタンバイ。
5. スタートからソリまで約110mを騎手が走り、騎乗したら曳き手がソリをゴールまで曳く。
6. 制限時間は4分。
7. 予選6レースを実施し、優勝チームのタイム順上位5チームにより決勝を行う。


◆結果
1位 ベコベコ(別海町)
2位 豊頃農協青年部プリンス(豊頃町)
3位 ガクエンテイオー(札幌市)
4位 マッスル コブラ(帯広市)
5位 燃えない闘魂 鳥せい中央店(帯広市


参考:人間ばん馬
 人間ばん馬(にんげんばんば)はスポーツの一種で、複数の人間がチームを組んで重量物を載せたそりを曳き順位やタイムを競うもの。
概要 [編集]
 元々は競馬の一種であるばんえい競馬(ばん馬)がルーツで、本来のばん馬では馬がそりを曳くのに対し「人間がそりを曳く」という点から「人間ばん馬」という呼称がついた。
 現在は北海道常呂郡置戸町(6-7月)、千葉県長生村(5月)、北海道帯広市(10月)などで大会が開催されている。一般には特に置戸町の大会が有名で、後述するようにテレビ番組等で取り上げられている。(略)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%B0%E3%82%93%E9%A6%AC

b0171771_6554362.jpg
写真:『とかちばん馬まつり』ポスター
[PR]
 10月10日(月)、帯広競馬場のばんえい十勝のナイターの最終日を迎えました、
 恒例のイベント 「第3回ゆるキャラ選手権」 が行われ、本別から「元気くん」が参加しました。
 また、足寄の「アユミちゃん」、新得の「宣隊しんとくレンジャー」、鹿追の「ぐらんでぃー」、札幌の「テレビ父さん」(さっぽろテレビ塔)なども加わりました。

◇パレード(KBC一輪車クラブ、白樺学園高チアリーディングが先導)
◇距離ハンデ付きの徒競走予選
◇敗者復活戦の勝ち馬予想バトル
◇ばんえいレースの決勝戦


b0171771_7191585.jpg
写真:帯広競馬場 2011年8月撮影
[PR]
 9月30日(金)、 町民&OraNoa(オラノア)ジョイントコンサート が、りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台 で開かれました。
 陸別リコーダーアンサンブルクラブによるリコーダー演奏と 陸別小学校の高学年児童 によるリコーダー演奏と合奏、オラノアさん のギター弾き語りが行われました。
 最後にオラノアさんとリコーダーアンサンブルクラブが、合奏を聞かせてくれました。

参考:OraNoa(オラノア)のウェブサイト
http://www009.upp.so-net.ne.jp/oranoa/

参考:銀河の森天文台ホームページ
http://rikubetsu.jp/tenmon/

b0171771_130516.jpg
写真:銀河の森天文台
[PR]
 10月10日(月)の体育の日、本別町体育館で遊・遊ゲームランド  が開催されました。
 主催は、本別町教育委員会で、テーマを「世代を超えて夢中になろう」として、子どもから大人までゲームを楽しみながら、体力測定も行いました。
 ストラックアウト、キックターゲット等が行われ、参加者は点数を競いました。
 電撃イライラ棒、体力測定のほか、手作りコーナーではオリジナルキーホルダー作り、縁日コーナーでは綿あめ、ポップコーンが用意されました。

b0171771_18475443.jpg
写真:本別町体育館
[PR]