<   2011年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 メガソーラー(大規模太陽光発電)建設構想 を提唱している ソフトバンク が、帯広競馬場内に実験プラントを建設することを表明し、競馬場内にあるサッカー・ラグビー場や花畑など約2ヘクタールを想定していました。
 このほど、 規模を縮小 することが考えられていることが分かりました。
 ソフトバンク メガソーラー規模大幅縮小か


 十勝毎日新聞が、 「ソフトバンク メガソーラー規模大幅縮小か」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ソフトバンク(本社東京)が帯広競馬場内で計画しているメガソーラー(大規模太陽光発電施設)について、規模縮小が浮上している。発電規模は当初想定(1メガワット=1000キロワット)の10分の1に当たる20〜100キロワット、面積も約2ヘクタールから0.132ヘクタール(400坪)となる見通し。

関係者によると、帯広市が8月、競馬場を所有する十勝農協連に対し設置面積が1.1ヘクタールになる可能性があると説明。9月に入ってから、さらに面積を狭める話があった。

 実験プラントは10種類程度の太陽光パネル(2〜10キロワット)を設置し、十勝での発電効率についてデータ収集する見通し。ソフトバンクは十勝毎日新聞社の取材に対し、「実験プラントの詳細については現在検討中」としている。

 十勝管内では約100キロワットの太陽光パネルが新得町内の畜産農家に設置されている。帯畜大(構内2カ所)では52キロワット、帯広の森はぐくーむ(南町南9線)では15キロワット、市農業技術センター(川西町基線)では10キロワットの太陽光パネルが稼動している。

 帯広市は「(実験プラントの)規模は小さくなる方向で進んでいるが、プラントをプラントで終わらせずに次の展開(メガソーラー誘致)につなげていきたい」(市民環境部)としている。

 十勝農協連は5日の理事会で、競馬場内に実験プラントを設置することを了承した。山本勝博会長は「期待が大きかったので残念だ。実験プラントが成功し(メガソーラーが)大々的に設置されることを期待している」と話している
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年09月08日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201109/20110908-0010311.php
b0171771_557437.jpg
写真:帯広競馬場
[PR]
 「神田日勝 北の大地から-馬と歩んだ画業」展 が、横浜市中区根岸にある 馬の博物館 で、開催されます。b0171771_773998.jpg
 横浜市の根岸競馬記念公苑にある「馬の博物館」は、馬と人との交流から生まれたさまざまな文物を常設展やテーマ展示で自然史・歴史・民族・美術工芸・競馬などの幅広い分野にわたって紹介している博物館です。
 十勝の開拓地・鹿追で厳しい労働をしながら、幼いころから身近な存在であった馬を多く描き32歳で夭折した画家、神田日勝の作品を紹介されます。
 鹿追の神田日勝記念美術館の「馬(絶筆)」をはじめとする代表作品を中心に、北海道立近代美術館や北海道立帯広美術館所蔵の主要作品が網羅された展覧会で、油彩・素描・関係資料などが展示されます。

 なお、その期間、神田日勝記念美術館では、神田日勝の作品で鹿追町内の 個人が所蔵する油彩 を中心に23点が展示されます。

「神田日勝 北の大地から-馬と歩んだ画業」展
◇会期:9月17日(土)~10月16日(日)
◇会場:馬の博物館(横浜市中区根岸)
◇入館料:大人200円


写真:馬の博物館
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Uma_2007_01_28.JPG

参考:神田日勝
 神田 日勝(かんだ にっしょう、1937年12月8日 – 1970年8月25日)は日本の画家。
 東京市板橋区練馬(現東京都練馬区練馬)生まれ。8歳のときに戦火を逃れる為に一家で北海道鹿追町へ疎開し、そのまま定住。農業をするかたわら独学で油絵をはじめ、その後、平原社美術協会展(平原社展)や全道美術協会展(全道展)で活躍。北海道を代表する画家として評価を得つつも、32歳の若さでこの世を去った。
 ベニヤ板にペインティングナイフやコテで描く力強いタッチの具象画で有名。農家でもあったことから、農耕馬や牛などをモチーフにした画も多い。

生涯 [編集]
 1937年(昭和12年)東京の練馬に生まれる。1945年(昭和20年)、東京大空襲に遭遇。戦火を逃れる為、一家で北海道鹿追町へ疎開する。
 1950年(昭和25年)に鹿追中学校に入学し、美術部を創設する。1952年(昭和27年)頃には兄・一明の影響を受け、油絵を始めた。1953年(昭和28年)に中学を卒業、美術が特に優れていたとして賞を受ける。そして東京芸術大学に進んだ兄に代わり、農業を継ぐ。
 1956年(昭和31年)、平原社展に『痩馬』を公募展初出品、朝日奨励賞を受賞する。その後も平原社展、全道展を中心に作品を出品、1960年(昭和35年)には『家』が全道展で初入選を果たす。これ以降は入選を重ね、評価を固めていく。1962年(昭和37年)に結婚。64年には長男、68年には長女が誕生する。
 1970年(昭和45年)、全道展に代表作『室内風景』を出品。しかし6月下旬に風邪をこじらせ、8月に体の不調で入院。その後次第に病状が悪化する。そして8月25日、腎盂炎による敗血症で死去。32歳の若さだった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%94%B0%E6%97%A5%E5%8B%9D
[PR]
 10月29日(土)、NEXCO東日本が建設を進めている道東自動車道 夕張IC~占冠IC間・延長約35kmが、開通 することになりました。b0171771_545393.jpg
 もろい地質のため難工事であった4,000mを超える穂別トンネルが貫通した後、道路の仕上げとなる舗装工事やトンネル防災等の設備工事、建築等の工事を鋭意進め、開通することになりました。
 この開通によって、道央圏と道東圏が高速道路で直結され、夕張IC~十勝清水IC間の移動時間が一般道利用に比べて約20分短縮されます。
 これにより札幌方面から帯広市をはじめとした道東圏のアクセスが向上し、更なる観光行動圏の拡大など地域の活性化及び交流の促進が期待されます。
 また、高速道路は日勝峠と比較して標高が約400m下がり、道路の平面・縦断線形も大幅に改善されることから、霧による視程障害や冬期交通障害が減少する他、交通事故も減少するなど、更なる安全性の確保が期待されます。
写真:十勝清水IC~占冠IC間道東自動車道

地図 緑☆印:道東道占冠IC 青☆印:道東道夕張IC
[PR]
 9月6日(火)、本別町内の全小・中学校で 給食に、黒毛和牛ハンバーグ が出されました。
 食材の牛肉は、 町内西勇足の畜産農家加藤寛治さん が育てた黒毛和牛で、ハンバーグ360個を冷凍した状態で町教委に贈りました。

 十勝毎日新聞が、 「黒毛和牛の最高級肉 給食に登場」 と伝えています。
--------------------------------------------------------------------------------
【本別】 町内全小・中学校の給食に6日、町内の畜産農家加藤寛治さん(55)=西勇足=が自家食用として育てた黒毛和牛のハンバーグが登場した。肉の格付けで最高ランクとなる「A5」の牛肉100%。子供たちはめったにお目にかかれない「最高級品」を口いっぱいに頬張り、本物の味を存分に味わった。
 ハンバーグは、黒毛和牛の子牛やホルスタインの初妊牛を飼育・販売する加藤さんが8月上旬、「将来の消費者となる子供たちに、地元の肉の本当のおいしさを知ってほしい」と町教委に寄贈した。自家食用の最高品位の肉を清水町内の食肉加工業者でハンバーグ(1個150グラム)に加工した上で、町内小・中学生全員分の360個を冷凍状態で贈った。

 町教委がこの日、学校給食で提供。給食センターでの調理は蒸し上げだけにとどめ、素材そのもののおいしさを味わえるよう配慮した。

 ハンバーグは給食の「メーンディッシュ」として子供たちの前に並んだ。本別中央小の1年生のクラスでは、担任教諭がハンバーグの素材や寄贈された経緯を説明してから食事を始めた。児童は「いただきます」と同時に口に運び、大喜び。「こんなに軟らかいハンバーグは初めて」と笑顔で頬張った。

 加藤さんはこの日、仕事の都合で給食には立ち会えなかったが、「子供たちが喜んでくれてうれしい。安全・安心でおいしい地元の肉を忘れずにいてもらえるよう、今後もできる限り寄贈を続けたい」と目を細めていた。
--------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年09月08日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201109/20110908-0010312.php

b0171771_22102088.jpg
写真:給食センター 2011年08月撮影
[PR]
 9月6日(火)・7日(水)の2日間、ドラマ出演のため、 帯広競馬場で寺脇康文さんが騎乗の練習 をしました。
 指導に当たったのは、金山明彦調教師 、ドラマは『大地のファンファーレ』で、10月にはクランクインする予定です。

NHKドラマ『大地のファンファーレ』b0171771_7422770.jpg
◇ 放送予定 NHK総合テレビ(北海道地方)
  2012年2月17日(金)午後8時(前編)
  2012年2月18日(土)午後8時(後編)
  2012年3月には全国放送
◇ 主なキャスト
  新人騎手役:高良健吾さん(『おひさま』)
  名騎手:寺脇康文さん(『おひさま』でヒロインの父親役)
  広報:蓮佛美沙子さん
  名物馬主:赤木春恵さん、
◇ 脚本:山本むつみさん(『ゲゲゲの女房』)
◇ ストーリー
 帯広・ばんえい競馬の落ちこぼれ新人騎手俊平は、デビューから2ヶ月半を過ぎても勝利数はわずか1勝。同期のライバルに水をあけられ、焦るばかりでした。
 ばん馬が競争馬になるための「能力試験」は、馬にとっては生き残りを賭けた厳しい関門だ。しかし俊平はここでも騎乗した馬を合格させることができず、馬主のお婆さんの怒りを買ってしまいます。騎手として生きることを諦めかけた俊平だが、「お前は騎手を辞めても生きていけるが、馬には他に生きる場所がない」という先輩の名騎手の叱咤や、就職につまずきながらもこのばんえい競馬で懸命に頑張ろうとする広報担当に勇気付けられ、逃げずにここで騎手として生きていく決意を固めるのです…。

写真:帯広競馬場のばんえい競馬 2011年08月撮影

参考:NHKドラマ『大地のファンファーレ』特設ページ
http://www.nhk.or.jp/sapporo/drama
[PR]
 8月30日(火)、大樹町で竪穴式住居に使われていたとみられる 炭化した木材の一部が発見 されました。
 場所は、町内の 晩成の沼「ホロカヤントー」 の南側で、この一帯には 擦文時代(7~13世紀ごろ) とみられる100以上の竪穴式住居跡が残っています。

地図 青☆印:晩成の沼「ホロカヤントー」

 十勝毎日新聞が、 「大樹で竪穴式住居の炭化材発見 焼失の証し」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【大樹】 大樹町晩成の沼「ホロカヤントー」の南側で竪穴式住居跡の発掘を進める東北大大学院の深澤百合子教授らが30日、同住居に使われていた木材の一部とみられる炭化材を発見した。深大樹町晩成の沼「ホロカヤントー」の南側で澤教授は「1000年前の擦文時代のものではないか。この竪穴式住居が焼失したという証しになる」と話している。

 同沼の東北岸には道指定史跡「十勝ホロカヤントー竪穴群」(1966年指定)として、擦文時代(7~13世紀ごろ)とみられる100以上の竪穴式住居跡が残っている。今回は同様の住居跡が数十ある同沼南側で、角が丸い一辺6~7メートルの四角形のくぼみから炭化材が見つかった。

 炭化材は長さ約90センチ、幅約20センチで、表面の一部が地上に現れている。露出部付近から枝分かれした、長さ約40センチ、幅約20センチの炭化材も確認されている。

 2000年から町内で発掘を続けている深澤教授は「一定の形を保った炭化材は珍しい。住んでいた人間が火災で家を失い、この場所から離れたことが推測できる」と話す。この住居跡から擦文式土器が発掘されていることから、約1000年前のものと推定した。

 大樹町教委によると、竪穴式住居の炭化材が確認されたのは町内で初めてとされ、十勝管内でも「浦幌で発見した例が幾つかある」(帯広百年記念館)程度という。

 深澤教授は95年、英国ケンブリッジ大で博士号を取得し、2000~03年に札幌国際大教授、06年からは東北大教授として学生とともに大樹で発掘を続けている。今年は学部生と院生を合わせた計11人が24日に来町し、9月2日に大樹を離れる予定。深澤教授は「今年はいったん埋め戻し、来年以降に発掘を継続する」と話している。(佐藤圭史)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年08月31日の記事
http://www.tokachimail.com/taiki/

参考:擦文時代
 擦文時代(さつもんじだい)とは、7世紀ごろから13世紀(飛鳥時代から鎌倉時代後半)にかけて北海道を中心とする地域で擦文文化が栄えた時期である。本州の土師器の影響を受けた擦文式土器を特徴とする。後に土器は衰退し、煮炊きにも鉄器を用いるアイヌ文化にとってかわられた。(詳細は「蝦夷#えみし」の項を参照)

 この時代、9世紀(平安時代前期)までは擦文文化と並行してこれとは異質なオホーツク文化が北海道北部から東部のオホーツク海沿岸に広がっており、その後13世紀(鎌倉時代後期)まではその系譜を継ぐトビニタイ文化が北海道東部にあって、擦文文化と隣り合っていた。トビニタイ文化はオホーツク文化に擦文文化が取り入れられたものだが、後期には擦文文化との違いが小さくなった。そこで、トビニタイ文化を擦文文化に含める考えがある。

文献史料 [編集]
 北海道の擦文時代は、道外の飛鳥時代から鎌倉時代後期にかけての時期に相当する。『日本書紀』にある7世紀後半(飛鳥時代)の阿倍比羅夫の航海をはじめとして、六国史には渡島(わたりしま)の蝦夷(えみし)との交渉記事が多数ある。渡島の所在をめぐってはこれまで諸説あったが、近年では北海道とみなしてよいとする意見が多い。もしその通りだとすると、渡島蝦夷は擦文文化の人々ということになる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%93%A6%E6%96%87%E6%99%82%E4%BB%A3
[PR]
 9月10日(土)、帯広交響楽団により、 池田町の田園ホールで「田園」 が演奏されます。b0171771_20585822.jpg

帯広交響楽団コンサート2011
~田園ホールに響く『田園』交響曲~
◇ 曲目:オーケストラの森(宮川彬良)
       交響曲第6番へ長調 op.68『田園』(ベートーベン)
◇ 指揮:松平宏康
◇ 日時:9月10日(土) 午後6時30分開演
◇ 会場:池田町田園ホール(池田町西1条)
◇ 入場料: 一般…1500円
        高校生以下…500円(全席自由)


写真:「帯広交響楽団コンサート2011」ポスター

 十勝毎日新聞が、 「10日、帯広交響楽団が田園ホールで『田園』演奏」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【池田】田園ホールで「田園」を聴きたい-。こんな思い付きが発端となり、帯広交響楽団(帯響)によるベートーベンの交響曲「田園」のコンサート(町芸術文化事業協会=芸文協=主催)が10日に実現する。オープンから21年が過ぎた同ホールだが、「田園」の演奏は初めて。第1楽章の出だしから牧歌的光景を連想させるこの名曲は「池田の雰囲気にぴったり」という声もあり、コンサートへの期待が高まっている。

 帯響による「田園」の演奏は、田園ホールの開設20周年記念事業として、2009年春の芸文協(小林征会長)役員会で理事から提案された。昨年は帯響の日程に調整がつかず、記念事業の冠を外して今年の開催となった。指揮は琉球フィルハーモニー管弦楽団指揮者の松元宏康さんが務め、6月から練習を続けている。

 「田園ホールで『田園』を」という企画は、同じ名称ということもあるが、「ホールのゆったりとしたたたずまいや緑広がる池田の光景が曲想とマッチする」(芸文協)ため。同ホールは1990年に開館し、施設名は公募で決められたという。町教委に勤務していた小林会長は「当時、池田には水田があり、この名称を採用したようだ。水田はなくなったが、丘からの池田の光景は曲のイメージにぴったり」と話す。

 芸文協理事の神谷徳子さんも「ホールのこけら落としで『田園』をやるのかと思ったくらい、『田園』は頭の中にあった」という。

 帯響による「田園」の演奏は、十数年前の帯広市での演奏会以来。コンサートマスターの牧野貴博さん(町内在住)は「『田園』は小川のせせらぎ、嵐、鳥のさえずりなど農村を描写した曲だが、アンサンブルが難しい。それだけにやりがいもある。機会を与えてくれたことに感謝したい」と話している。

 当日は「田園」の他、楽器で嵐や動物など自然の音を奏でる「オーケストラの森」(宮川彬良作曲)も演奏する。午後6時半開演。前売り券は一般1500円、芸文協会員1000円、高校生以下500円(当日は500円増し)。同ホール、帯広の勝毎サロン(藤丸7階)、チケットぴあ(同5階)などで発売中。問い合わせは同ホール(015・572・4411)へ。(平野明)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年09月04日の記事
http://www.tokachimail.com/ikeda/
[PR]
 9月5日(月)から6日(火)にかけ、 十勝管内で断続的に降り続いた大雨 は、管内の道路や住宅、交通機関などにも被害や影響を引き起こしています。b0171771_8133687.jpg
 台風12号から変わった低気圧と台風13号の影響で、北海道では一部で降り始めからの雨量が400mmを超える大雨となりました。
 帯広では5日深夜から6日未明にかけ、住宅2戸が床下浸水。JR北海道は6日、札幌-帯広・釧路間の特急列車すべてを運休し、一部の学校は臨時休校となりました。
 芽室町では芽室川が決壊し、復旧作業が進められました。

 帯広測候所によると、6日正午までの24時間降水量は、ぬかびら源泉郷が223mm、新得116mm、鹿追137mm。新得と鹿追の同降水量は9月の最大値を更新しました。
 鹿追町、帯広市、音更町、芽室町には、洪水警報が出されました。
写真:水につかった小豆畑(豊頃町)

9月5日午前9時~6日午前9時までの総降水量
(帯広測候所発表)
 ◇上士幌町ぬかびら源泉郷  225.5mm
 ◇中札内村上札内      177.5mm
 ◇新得町4条        139.5mm
 ◇鹿追町緑町        139.0mm
 ◇更別           112.0mm
 ◇幕別町糠内        111.5mm
 ◇芽室           111.0mm
 ◇大樹           106.5mm
 ◇広尾           106.5mmxx
 ◇上士幌町三股       105.0mm

[PR]
b0171771_20474954.jpg
帯広警察署=2012年6月撮影(※画像は後日掲載)

 8月30日(水)、 帯広警察署 で 9頭の警察犬に嘱託書 が平澤雅憲署長から交付を受けました。
 日本では警察が所有し使用する「直轄犬」、 警察が実施する試験に合格し警察から非常勤の警察犬として認められた「嘱託犬」を言い、今回の9頭は嘱託犬に当たります。

 十勝毎日新聞が、 「帯広署管内の警察犬9頭に嘱託書」 と伝えています。

「地域社会の役に」
 釧路方面嘱託警察犬審査会(7月、釧路)で合格した帯広署(平澤雅憲署長)管内の9頭と指導手7人に対し8月30日、道警から嘱託書が交付された。9頭は9月1日から来年8月31日までの1年間、同署管内をはじめ十勝管内の事件・事故の解決に力を尽くす。

 30日午後10時半から同署で行われた交付式にはオルト(雄2歳、シェパード、指導手姉崎純一さん)、エコー(同、同、高橋隆介さん)、フォックス(雄5歳、同、菱沼すみ子さん)、イルミナ(雌4歳、同、牧野孝二さん)、アルデバラン(雄8歳、エアデールテリア、近江谷省吾さん)、グレーシャー(雄6歳、ボーダーコリー、笹原沙織さん)の6頭6人が参加し、平澤署長が嘱託書を手渡した。

-略-

(丹羽恭太)

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年09月01日の記事

http://www.tokachimail.com/obihiro/

参考:警察犬
b0171771_3162156.jpg 警察犬(けいさつけん)とは人間の4千倍~6千倍といわれる犬の鋭い嗅覚等の能力を高度に訓練し、足跡追及能力や臭気選別能力を警察など法執行機関の捜査活動に利用するものである。また警戒犬や攻撃犬としても使用される。歴史的には軍用犬や番犬、猟犬から発展した。(中略)
 警察犬を最初に使用したのは19世紀末ドイツのヒルデスハイム市警察とされる。 日本では1912年に警視庁がイギリスから警察犬2頭を採用したのが始まりである。 現在警視庁鑑識課だけでも32頭が使用され、その他各道府県警鑑識課でも使われている。 なお、警視庁警備部警備二課には警察の捜索活動を行う警察犬だけではなく犯人制圧や災害救助犬のように被災者の捜索を行う警備犬がいる。 また米国ではポリス・ドッグはK9と略称される(canine―“犬”との語呂合わせ)。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E7%8A%AC

写真:ニュージーランドの警察犬(犬種:ジャーマン・シェパード・ドッグ)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:NZ_Police_Dog.jpg

[PR]
 8月24日(水)、 本別警察署で「実践型防犯教室」 が行われました。
 講師として札幌市の進栄ロックサービスの 高橋佳嗣さん を招き、ピッキングやサムターン回しなどの一般住宅への侵入手口の実演、ガラス破壊試験の実施による防犯ガラスの効果検証等を体験しながら、防犯について講習を受けました。

 十勝毎日新聞が、 「本別署が『実践防犯教室』」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別】本別署(櫻庭英樹署長)管内の住民を対象にした「実践型防犯教室」が24日、同署で開かれた。防犯設備士で進栄ロックサービス(札幌)技術営業部係長の高橋佳嗣さんが、侵入窃盗を防ぐための対策などを紹介した。

 道犯罪のない安全で安心な地域づくり条例の関連事業として、道警が全道各地で開く講座の一環。本別、足寄、陸別3町の防犯関係団体や町内会役員ら約30人が参加した。

 高橋さんは道内の振り込め詐欺や侵入窃盗事案の発生状況などを示した上で、全道的に被害が後を絶たない実態を説明。手口などを示しながら、被害に遭わないための心構えなども紹介した。

 特殊工具で解錠するピッキングやサムターン回し、ガラス破りなど一般住宅を狙った侵入窃盗を防ぐため、防犯性能が高い最新の鍵やサッシなども紹介。ハンマーで板ガラスと防犯ガラスのそれぞれをたたき比べる実験も行い、防犯ガラスの性能を伝えた。

 窃盗犯の犯罪心理なども紹介しながら、「一般的に窃盗犯は時間がかかったり、人目につくのを嫌う。住宅の防犯性能を上げることで被害に遭いにくくなる」と強調。無施錠の家が被害に遭うケースが最も多いことから、「まずは日常の防犯意識を高めることが大切」と呼び掛けた。(杉原尚勝)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年08月26日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu

参考:防犯設備士
防犯設備士(ぼうはんせつびし)は、1992年(平成4年)2月から国家公安委員会認定事業で、警察庁所管公益法人の社団法人日本防犯設備協会が認定する民間資格。
また、2003年(平成15年)「公益法人に対する検査等の委託等に関する基準」により、自主事業として実施されている。 防犯設備機器の普及と正しい知識と運用に関する専門的知識と技能を有する専門家の資格として現在に至る。 なお、防犯意識の向上により発注者からの条件として、防犯設備士が指名されることもあり今後の役割が重要視されている。 資格には防犯設備士と、上位クラスの総合防犯設備士とがある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%B2%E7%8A%AF%E8%A8%AD%E5%82%99%E5%A3%AB
b0171771_5552359.jpg
写真:会場の本別警察署
[PR]