<   2011年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 7月25日(月)、本別町体育館で 「ラジオ体操・みんなの体操指導者講習会」 が開かれました。
 地域でラジオ体操・みんなの体操や体力つくり関係の指導・普及に携わっている人を対象に、ラジオ体操第1や第2、びみんなの体操などの実技指導が行われました。

 十勝毎日新聞が、 「本別で『ラジオ体操・みんなの体操指導者講習会』」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】 開町110年と健康スポーツ推進の町宣言25年を記念する「ラジオ体操・みんなの体操指導者講習会」(十勝地区ラジオ体操連盟、町、町教委主催、町体育協会後援)が25日、町体育館で開かれた。同連盟の指導者が正しい体操法を伝授し、約90人がさわやかな汗を流した。

 まちづくりの節目の年に合わせ、町教委が企画。町民の健康づくり意識の向上を目的に、管内で毎年開かれる同連盟の講習を設定した。

 同連盟の齊藤健次副会長ら指導者5人が、体操の意義などを伝えながら正しい動作の見本を示した。

 手足の曲げ伸ばし運動では、齊藤副会長が「無理に頑張らず、普段使われていない筋肉を動かすように意識を」アドバイスし、受講者は見本を参考に基本動作を再確認した。

 参加した町内の阿部ハヤ子さん(75)は「基礎を学び直し、普段使っていない部分を動かせたので良かった。今後も続けたい」と話した。参加者全員に修了証書が贈られた。(杉原尚勝)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年07月27日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/

写真:本別町体育館
b0171771_18262969.jpg

[PR]
 「十勝ワイン」で知られる池田町ブドウ・ブドウ酒研究所が、 狩勝高原梅園の梅を試用した梅酒 を製造することになりました。
 研究所では、 「十勝リキュール 樽熟成梅酒」 のブランド名で、梅をブランデー原酒に漬け込み、フレンチオーク樽で熟成させた後ビン詰めして「ブランデー仕込みの樽熟成梅酒」を製造しています。
 今回は、試みとして十勝産の梅として、新得町の狩勝高原梅園で収穫して、原料にすることにしました。

 十勝毎日新聞が、 「十勝産梅で梅酒試作へ 池田ブドウ酒研究所」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【池田・新得】池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(中林司所長)は、同研究所が製造している梅酒の原料に十勝産の梅を試用することにし、28日、職員らが新得町狩勝高原の梅園を訪れ、梅の実を収穫した。

 同研究所で造る十勝リキュール「樽(たる)熟成梅酒」は、一般的に使われる原料用アルコールではなく、ブランデーを使用。そこに梅を漬け込み、数年かけて樽で熟成させている。

 梅は、ブドウを購入している後志管内の仁木町や余市町から入手しているが、新得の一部施設ともブドウ栽培を通してつながりがあり、梅園の紹介を受けていたこともあって試用することにした。

 狩勝高原梅園には約8ヘクタールに豊後梅の木が1200本あり、新得町から1キロ当たり250円で梅を購入する。

 この日は200キロ前後の実を収穫。500ミリリットル瓶で1000本分の梅酒が製造できる量で、同研究所製造係の大渕秀樹主任は「ブランデーを使っている梅酒。さらに十勝産の梅ということで、小ロットでも差別化できる商品として期待できそう」と話していた。(高田敦史)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年07月31日記事
http://www.tokachimail.com/shinntoku/

地図 緑☆印:狩勝高原梅園  青☆印:池田町ブドウ・ブドウ酒研究所  

[PR]
 本別町農業委員会では、 ほんべつ農業青年との秋の満喫ツアー の参加者を募集しています。
 「豆の町」本別で農業青年と農業体験をしたり、『本別きらめきタウンフェスティバル』では花火を楽しんだり…。人気の温泉ホテルに宿泊する1泊2日のお見合いイベントです。

◇ 集合:9月3日(土)午前11時集合b0171771_564596.jpg
◇ 解散:9月4日(日)午後1時
◇ 会場:本別温泉グランドホテル他
◇ 募集対象:概ね25歳~35歳までの独身女性
◇ 募集人員…10人程度(先着順)
◇ 参加費…3,000円
◇ 申込期日…8月10日(水)
◇ 申し込み:本別町農業委員会(本別町役場内)
  電話 0156-22-8125(平日)
     0156-22-2141(土日祝)
  FAX 0156-22-3237
  E-mail nogyokt@town.honbetsu.hokkaido.jp


参考:本別町「ほんべつ農業青年との秋の満喫ツアー」ホームページ(下写真も)
http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/agri/bride230903.html
b0171771_5262143.jpg
写真上:本別温泉グランドホテル 写真下:「ほんべつ農業青年との秋の満喫ツアー」案内
[PR]
b0171771_356899.jpg
参考写真:亜麻の花
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/79/Linum-ground-cover.JPG

 芽室町で、昔懐かしい 亜麻(あま)が薄紫色の花 を咲かせています。
 亜麻は、第二次世界大戦中には繊維用として北海道で広く栽培されていました。しかし、化学繊維の台頭で1960年代半ばに栽培されなくなりました。

 私(ブログ作成者)のが本別町に住んでいたとき、一時亜麻を栽培していました。
 そして、町にも亜麻工場があって、主要工場として注目されていました。やがて,工場が閉鎖し,それとともに転校していった友人がいたことを思い出します。

 十勝毎日新聞が、 「よみがえった亜麻 花満開」 と伝えています。

 【芽室】食用油や繊維として使われる亜麻の花が芽室町内で、満開になっている。十勝総合振興局が今年、十勝で栽培していた亜麻を復活させようと町東芽室の畑で栽培試験を委託して行っている。薄紫色の花が畑一面に広がり、地元カメラマンらが物珍しさに撮影に訪れている。

 小豆の栽培・研究を行うバイオテックの長岡泰良代表(61)が管理している約18アールの畑。5枚の花びらからなる直径3センチほどで、今月中旬に開花し、29日前後に満開になった。

 花の寿命は短く、午前4時ごろから咲いて約6時間で散る。亜麻の草丈は70〜80センチで、1株につき20〜30輪が順次咲く。1つの花には10個の種子ができ、9月中旬ごろに収穫されて食用油となる。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース
=2011年07月30日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201107/20110730-0009931.php

参考:アマ
 アマ(亜麻、学名:Linum usitatissimum)は、アマ科の一年草。ヌメゴマ(滑胡麻)、一年亜麻、アカゴマなどの異称もある。

特徴 [編集]
 比較的寒い地方で栽培される。茎の繊維はリンネル(リネン)製品となる。アマはアサと間違えられることがあるが、アサよりも柔らかくかつ強靭で上等な繊維である。
 フランス語ではランと発音され、ランジェリーはアマの高級繊維を使用した女性の下着に由来する。また繊維の強靭性から、高級でない繊維はテントや帆布としてかつて広く利用され、大航海時代の船の帆布はアマの繊維であった。古くは亜麻の糸を『ライン』(Line)といい、この単語は細くて丈夫な亜麻糸からの連想で『線・筋』という英単語になった。
 現在はアサがロープや麻袋などに使われるのに対して、アマは、通気性・吸湿性に優れて肌触りが良いことから織られて高級な衣類などになる。
 連作障害が起き易いため6~7年の輪作を行う。4月頃に種子を蒔き、7~8月に抜きとって収穫する。 
 古代ではカフカス地方から中東にかけての一帯を原産地としており、必ずしもエジプトが原産地ではなかった。
 日本では、北海道開拓の初期に榎本武揚によって導入され、第二次世界大戦中をピークに繊維用として北海道で広く栽培されたが、化学繊維の台頭で1960年代半ばに栽培されなくなった。2000年前半に、種子を食用に利用するために北海道の一部で栽培が復活している。
 種子からは亜麻仁油(あまにゆ、リンシードオイル)が採れ、これは食用や塗料・油彩に用いられる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』2011年07月15日(UTC)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E_(%E6%A4%8D%E7%89%A9)

[PR]
 7月31日(日)、「十勝ワイン」のまち池田町 で 「ワイン樽ころがし競争」 が行われました。
 会場は ワイン城 近くの駐車場(東2条鉄道用地)で、ワイン醸造で使われた樽を使用しました。
 観光客が伸び悩む中、高森一郎池田町観光協会会長が中心になって実行委員会を立ち上げ、「ワイン樽(たる)ころがし競争in池田」として、以前「秋のワイン祭り」の前夜祭で行われていた行事を復活させました。

 十勝毎日新聞が、 「ワイン樽ころがし 熱いレース」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【池田】ワインのまち池田にちなんだ新イベント「ワイン樽(たる)ころがし競争inいけだ」(実行委員会主催)が31日午前9時からワイン城下の特設会場で行われ、出場者は樽の操作に苦労しながらも熱いレースを繰り広げた。

 レースには、ワイン醸造で使われた樽を使い、重量は男性用が90キロ、女性用は50キロ。3人で1チームを構成して、町内外から18チームが出場、往復50メートルの短距離、スラロームと1周200メートルの長距離の合計タイムで順位を競った。

 樽を勢いよく転がしても方向がぶれたり、スピードを調整できず、折り返しのターンやバトンタッチで樽を止めるのに苦労する姿も。スラロームでは、樽の勢いを弱めて障害用のパイロンを慎重に回る姿が目立った。「十勝総合振興局とかち楽しみ隊」の倉本智恵子さんは「ワイン樽をイベントに活用したアイデアは面白い。楽しめました」と喜んでいた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年07月31日 15時12分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201107/20110731-0009940.php

写真:ワインを熟成している樽
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Lightmatter_wine_barrels.jpg
b0171771_0224841.jpg


地図 緑☆印:「ワイン樽ころがし競争」会場

[PR]