「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 北海道教育委員会(道教委)は、1月27日(木)、2011年度(平成23年度)公立高校入試の出願状況を発表しました。
 十勝管内の全日制普通科は、定員1720人のところ、出願者数は1695人で、倍率は 昨年度より0・1ポイント減 の1・0倍になっています。
 帯広柏葉が昨年度0・2ポイント減の1・2倍、帯広三条、帯広緑陽がそれぞれ0・1ポイント減の1・1倍、1・3倍となりまりました。
 町村校では上士幌が0・5ポイント、大樹が同0・1ポイント増と、2校が増加したほかは前年維持か下回っています。
 町村校普通科では音更が前年度比0・1ポイント減の1・1倍、芽室が同0・2ポイント減の1・1倍、幕別が同0・2ポイント減の1・0倍となったほかは全て定員割れとなり、新得、足寄は0・5倍と定員を大きく下回っています。
 なお、本別高校は、募集定員80名に対し、出願者は69名で、前年度と同じ0.9倍(0.86倍)になっています。
 道教委は28日から2月3日午後4時まで出願変更を受け付けます。推薦・連携型入試は2月14日(月)、一般入試は3月3日(木)に行われます。
 道教委の方針では1学年2学級の高校で在籍者が40人以下となると1学級に削減され、その後も生徒の増加が見込めない場合には閉校の可能性も出てきます。
b0171771_22355017.jpg

[PR]
 本別町教育委員会が開設する体育スポーツ学校「あかげら少年団」の今年度後期の第2回講座がこのほど、本別中央小敷地内の町民スケートリンクで開かれました。
 「あかげら少年団」(後期)」は、スポーツが苦手と思っている子供たちや、普段スポーツをする機会の少ない子供たちを対象に、冬季スポーツや各種レクリエーションを通じて、自らスポーツに親しむ意欲を持たせることを目的に活動しています。
 今回、子供たち、長靴アイスホッケーに挑戦しました。
《参考:長靴ホッケー》

More《参考:長靴ホッケー》
[PR]
 1月24日(月)、北海道国際航空(エア・ドゥ)は、3月27日に新規就航する 帯広―羽田線の運航ダイヤ 等について発表しました。

◆概要
(1)就航日 : 2011年3月27日(日)
(2)便数 : 1日3往復6便 ※全便ANAとのコードシェア便
(3)使用機材 : ボーイング737-500型機(126席)
=下写真:羽田空港のエア・ドゥボーイング737-500型機=

◆運航ダイヤ 【2011年3月27日~2011年10月29日のダイヤ】
便名 帯広発 → 羽田着b0171771_2401897.jpg
60便 09:40→11:30
64便 14:25→16:15
68便 19:05→20:55
便名 羽田発 → 帯広着
61便 07:10→08:50
65便 12:10→13:30
69便 16:50→18:30

◆運賃
片道運賃:30,300円
往復運賃:25,800円
道民割引運賃:22,900円
北海道発割引運賃:21,900円
(いずれも通常期)
[PR]
b0171771_17262008.jpg
町立陸別中学校=2017年8月撮影
※この画像は,後日挿入しました。

 1月11日(火)、札幌サンプラザホールで第25回全道リコーダーコンテストが行われ、中学生の部重奏部門で、陸別中学校の5人が、最高賞の「研究会賞」(金賞)を受賞しました。中学校の部には、独奏部門3名、重奏部門13団体、合奏部門12団体が参加していました。
 コンクールの主催は、北海道リコーダー教育研究会、共催が全日本リコーダー教育研究会でした。

 陸別中のメンバー5人は、昨年11月の北見地区大会で全道大会の出場権を獲得し、全道ではリコーダー五重奏の定番「カプリオ ール組曲」を演奏しました。
 重奏の構成は、アルトリコーダー2名、ソプラノリコーダー1名、テナーリコーダー1名、コントラバスリコーダー1名で編成。

 陸別小教諭の嶋本勇先生が指導する陸別小学校の音楽クラブを前身に、「陸別リコーダーアンサンブルクラブ」が2009年4月に結成されました。現在は陸別中の5人と陸別小の5年生1人が在籍し、町内外のイベントで演奏を披露しています。今回の5人は、アンサンブルのメンバーで、息の合った演奏をすることができました。
 陸別中は、3月27日に行われる全国大会に出場することになりました。会場は東京の江戸川区総合文化センターです。

b0171771_17383911.jpg
参考写真:江戸川区総合文化センター
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%B7%9D%E5%8C%BA%E7%B7%8F%E5%90%88%E6%96%87%E5%8C%96%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC


[PR]
 1月25日(月)、北海道国際航空(エア・ドゥ)と日本航空は、3月27日以降の帯広-羽田線の割引運賃を発表しました。b0171771_19353457.jpg
 エア・ドゥは最安値を片道8,900円と設定したのに対し、日航は1万円の航空券を発売する予定です。
 1月25日現在で予約・購入可能な日航の最安値は、1万3800円で、エア・ドゥ参入を機に片道3千円以上の引き下げとなり、帯広空港への2社乗り入れによる競争効果が起きそうです。
 エア・ドゥは、4月28日までを記念期間に設定。搭乗28日前までに予約・購入する「AIRDOスペシャル28」のうち、最も安い往復料金を就航記念で片道分8900円としています。これは、通常期の片道普通運賃3万300円の3分の1を割る価格です。
 記念期間が終わる4月29日以降の最安値は1万4100円。搭乗3日前までに予約する「DOバリュー3」の最も安い運賃は2万5300円
 これに対し、日本航空は、搭乗45日前までに予約する「スーパー先得」の片道運賃を1万円(3月27日~5月2日)に設定。3月26日以前の「スーパー先得」から3千円以上の値下げとなる。搭乗28日前までに予約する「先得割引」は従来並みの1万5300円からです。
 日航の「スーパー先得」は5月3日以降、1万4300円からとなり、エア・ドゥとほぼ同額にする予定です。
=写真:エア・ドゥ羽田カウンター=

参考:北海道国際航空公式ホームページ
http://www.airdo.jp/ap/index.html
[PR]
 1月22日(土)、帯広信用金庫 と静岡県三島市の 三島信用金庫 が、業務提携を結ぶことになりました。
 これまでの両信金が結んでいた業務連携を発展させ、両地域の経済・産業交流のさらなる促進を図ることをねらいに、実現にこぎ着けました。b0171771_1553565.jpg
 この日、三島市内で開かれた三島信金の創立100周年記念式典で正式に発表されました。
 帯広信用金庫は、帯広市西3条に本社を置き、従業員数は426人。十勝管内では、「おびしん」の愛称で親しまれています。
《参考:帯広信用金庫TOPページ》
http://www.obishin.co.jp/index.html

《参考:帯広信用金庫》
帯広信用金庫(おびひろしんようきんこ)は、北海道帯広市に本店を置く信用金庫。
概要 [編集]
 2009年度現在、十勝支庁の7自治体(帯広市・浦幌町・上士幌町・鹿追町・新得町・大樹町・陸別町)の指定金融機関。1998年北海道拓殖銀行が破綻し、同銀行を指定金融機関に指定していた帯広市から、指定金融機関として指名される。(同様に指定していた幕別町、本別町は北洋銀行を指定した)。また旧忠類村の収納事務取扱金融機関であったが、2006年2月6日に幕別町に合併後は、幕別町の指定金融機関である北洋銀行が指定され、幕別町の収納代理金融機関のままとなった。
 2009年4月時点で、預金高は5,488億円と北海道内の信金では旭川信金に次ぐ2位。1985年から旭川信金を抜きトップとなっていたが、2002年に旭川信金が富良野信金を合併しトップに返り咲くと、そのまま2位となっている。同時期の自己資本比率は18.35%と旭川信金(16.39%)を上回っているが[1]、稚内信金(62.80%)には大きく水をあけられている。

Moreつづきは、ここをクリック
[PR]
 「ふるさと・東京本別会」の役員会 が、1月21日(土)、新宿において行われました。
 今年度開催される「ふるさと・東京本別会」総会と昨年と新年の事業計画等について検討しました。
 また、本別高校同窓会東京支部「清流会」との関連についても、熱く討議しました。そのため、清流会の新旧役員も、数名参加しました。

◇平成23年度「ふるさと・東京本別会」総会の予定
(決定ではありません)
期日:平成23年6月18日(土)
会場:スクワール麹町(千代田区麹町6-6/「四谷駅」すぐ)


b0171771_941491.jpg
b0171771_942779.jpg

[PR]
 帯広出身の 講談師で小説家の神田茜さん が書いた小説「花園のサル」で、第6回新潮エンターテインメント大賞を受賞しました。
 受賞作は「女子芸人」とタイトルを改め、21日に新潮社から出版されました。
 この大賞はプロ・アマを問わず未発表のエンターテインメント小説が対象で、今回は532点の応募がありました。
 小・中学校、高校を浦幌で過ごした神田さんは、1985年に2代目神田山陽に入門。95年に真打ちに昇進しました。新聞や情報誌などでエッセーやコラムを執筆、4年ほど前から小説も書く始めました。2007年にポプラ社から小説「フェロモン」を出版しました。

 選考委員の小説家・随筆家である三浦しをんさんは、選評で次のように語っています。
「『花園のサル』は、読んでいて笑ってしまう場面が多々あり、さまざまな登場人物の心情や立場がさりげなく、しかし的確に描かれていた。比喩表現も気がきいている。社会のなかで生きる女性がぶち当たる壁、そこから生じる感情と思考、対処法も、「あるある」と共感をもって読んだ(ただし、これはひとによっては、作品から受ける印象の好悪がわかれる点だと思われるので、「女であること」をどこまで強調するか、塩梅を一考してみてもいいかもしれない)。」
出典:第6回 新潮エンターテインメント大賞受賞作品発表
http://www.shinchosha.co.jp/prizes/entertainment/

More「神田茜プロフィル」はここをクリック
[PR]
 1月16日(日)、本別町体育協会の創立50周年記念事業として 「町スポーツ講演会」が、町の中央公民館大ホールで開かれました。主催は、体育協会記念事業実行委員会でした。
b0171771_17378100.jpg 講師はプロ野球・北海道日本ハムファイターズの梨田昌孝監督で、「きらめき・発想・未来」をテーマに、現役時代のエピソードなど交えて講演されました。会場には、町内外から約600人が来場しました。
 ルーキーの斎藤佑樹投手が入団したことにも触れ、ドラフト会議の裏話なども紹介されました。
 また、講演の最中、梨田監督の要望で、本別高野球部員が、ステージ上でキャッチボールの指導を受ける一場面もありました。
 午後2時に始まった講演会も、あっという間の2時間がたち、来場者も満足して帰途につきました。

《参考:梨田 昌孝》
 梨田 昌孝(なしだ まさたか、本名:梨田 昌崇(読み同じ)1953年8月4日 - )は、島根県浜田市出身の元プロ野球選手(捕手)、プロ野球監督、野球評論家。
 1984年より登録名を「昌孝」としている。愛称は「ナッシー」。
 現在は、北海道日本ハムファイターズ監督を務める。
 2004年シーズンをもって消滅した大阪近鉄バファローズ最後の監督であり、選手・監督両方で同球団の優勝を経験した唯一の人物である。
 プロ生活でリーグ優勝を4回経験しているが日本一を経験したことがない。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(写真も
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%A8%E7%94%B0%E6%98%8C%E5%AD%9D
[PR]
 テレビや新聞などの報道によりますと、1月14日(金)の朝、陸別で氷点下28・8度 を観測するなど、十勝管内各地でこの冬一番の厳しい冷え込みとなりました。陸別は、全国一番の最低気温を記録しました。b0171771_20534177.jpg
 帯広測候所によると、氷点下20℃(以下「-」)を下回ったのは陸別のほか次の地点です。
◇幕別町糠内:-26・8℃
◇大樹:-25・6℃
◇豊頃町大津:-24・2℃
◇足寄で:24・1℃
◇とかち帯広空港:-24・0℃
◇本別:-23・4℃
◇池田:-23・1℃
◇芽室、中札内村上札内、更別:-22・4℃
◇浦幌:-20・8℃
以上の計12地点でした。
 なお、十勝管内全19観測地点のうち陸別、足寄、池田、浦幌、帯広空港、糠内、上札内、更別、大津、大樹の計10地点で今季最低気温を更新しました。
写真:全国で最低気温の陸別のダイヤモンドダスト現象
[PR]