「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 このほど、本別中央小学校(本別町弥生町)で文部科学省生涯学習政策局の出前講座が行われました。テーマは「学びと元気をはぐくむ」。
 文科省生涯学習政策局の 上月正博政策課長が講演 を行い、広い視野で一生懸命に取り組む大切さを伝えました。5、6年生を対象に、社会と道徳の授業を活用して行われ、今の時期にいろいろな体験をすることが大切」と語りかました。
《参考:文部科学省生涯学習政策局》
http://www.mext.go.jp/b_menu/soshiki2/002/001.htm
b0171771_450753.jpg

写真:文部科学省旧庁舎、現在も改装され使用されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E9%83%A8%E7%A7%91%E5%AD%A6%E7%9C%81
[PR]

b0171771_03552458.jpg
大樹橋から望む歴舟川=2014年8月撮影


 11月26日(金)、環境省は全国の河川、湖沼、海域について2009年度の水質測定結果を発表しました。
 河川のうち水質が最も良いとされたのは、北海道にある 歴舟川上流 (大樹町)や 然別川上流(鹿追町)、斜里川中流白老川下流豊平川中流の5カ所と庄川(岐阜県)でした。
 歴舟川は日高山系コイカクシュサツナイ岳(標高1721m)から流れる延長64.7kmの二級河川で、砂金掘りでも知られます。日本一はこれまで1987〜1989、1991、1993、2000年度の計6回で、今回9年ぶりに返り咲きました。そして、大樹橋には『日本一の清流』との看板が掲げられています。
 なお、最も悪かったのは松田川下流(栃木県)でした。
 水質汚濁の代表的指標である生物化学的酸素要求量(BOD)や化学的酸素要求量(COD)に関し、環境基準を達成したのは3335水域のうち2922水域。全体の87・6%で、前年度を0・2ポイント上回り過去最高を更新しました。
 一方、湖沼の水質のトップは北海道の支笏湖で、 然別湖 (鹿追、上士幌)が全国3位にランクされました。
 ワースト1位には、伊豆沼(宮城県)と北浦(茨城県)が並びました。

《参考:然別湖》
 然別湖(しかりべつこ)は、北海道十勝管内の鹿追町北部の 大雪山国立公園内 にある湖である。北緯43度16分 東経143度06分
概要 [編集]
 標高810mに位置し、北海道の湖では最も標高の高い場所にある。古代の火山の噴火口の陥没によって生成されたカルデラ湖とも、火山の噴火により川が堰き止められて生成された火山性堰止湖とも言われている。周囲は13.8km、最大深度は108mである。冬季間は結氷する。湖には、「弁天島」(べんてんじま)と呼ばれる小さな島があり、小さな鳥居が立っている。
 流入河川は北東部から流れてくるヤンベツ川。流出河川は南西部から流れ出す 然別川(トウマベツ川) である。然別湖の周辺には、東雲湖(しののめこ)と駒止湖(こまどめこ)という2つの小さな湖がある。東雲湖や駒止湖付近は、ナキウサギの棲息地域である。
 周囲は、白雲山(1,187m)や、「くちびる山」と呼ばれている 天望山(1,173m)などの東大雪山系の山々に囲まれている。
 サケ科イワナ属の淡水魚で、この湖に陸封されることで固有種となったオショロコマの亜種(または別亜種)であるミヤベイワナ(北海道の天然記念物に指定)が生息している。ほかに、放流され自然繁殖したニジマス、サクラマス、ワカサギ、ウグイなどが生息している。定期的にウチダザリガニの駆除を行っている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%B6%E5%88%A5%E6%B9%96


[PR]
b0171771_16273182.jpg 大相撲の九州場所(十一月場所)は、11月14日(日)初日をむかえました。
 八角部屋で 本別町出身の篠原 は、序二段東70枚目に昇進し、ました。
◆篠原は、15日(月)の2日目に登場して、序二段東43枚目の 山中 (鳴門部屋)を掬(すく)い投げで退け、まず幸先のよい白星のスタートをきりました。
◆17日(水)の4日目、同じ1勝の序二段東45枚目 越ノ浪(こしのなみ・立浪部屋)と対戦し、上手投げで勝利しました。これで篠原は2連勝です。
◆18日(木)の5日目、同じ2勝の西21枚目 鳳凰浪 (ほうおうなみ・立浪部屋)と対戦し、叩き込みで退けました。 篠原は連勝して、早くも3勝を挙げました。
◆21日(日)の中日、同じ3勝同士の西50枚目の 藤の海 (ふじのうみ・出羽海部屋)と対戦。上手投げで敗れ、惜しくも3勝1敗として、4連勝での勝ち越しを逃しました。
◆22日(月)の9日目、同じ3勝1敗の西40枚目 霧虎 (きりとら・陸奥部屋)と対戦し、寄り切りで破りました。これで、4勝1敗として、九州場所での勝ち越しを決めました。
◆24日(水)の11日目、同じ4勝1敗の西36枚目 大和田 (おおわだ・宮城野部屋)と対戦し、小手投げで破りました。これで、5勝1敗としました。
◆28日(日)の千秋楽、ともに5勝1敗の東46枚目 末川 (すえかわ・阿武松部屋)と対戦し、上手投げで退けました。これで篠原は、九州場所を6勝1敗で 大幅に勝ち越し ました。
 初場所(一月場所)は、かなり昇進することが予想されます。
 初場所は、平成23年1月9日(日)~23日(日)の予定です
 篠原の星取
  -○-○○--●○-○---○
 今場所、私(ブログ作成者)が注目するのは、篠原と同じ八角部屋で序の口西28枚目の 北海国 (ほくとくに)です。北海国は、十両経験者が番付外に下がった後に、再び番付に載るのは昭和以降初めての力士なのです。
 北勝国は、25日(木)の12日目にも勝って、6連勝しました。
 そして、26日(金)の13日目、全勝の東25枚目の 久之虎(ひさのとら・田子ノ浦部屋)と対戦し、叩き込み(はたきこみ)で見事勝利して 全勝優勝 を飾りました。
 北勝国の星取
  -○-○-○○-○--○○--

 北海国は、2001年3月場所で初土俵。5番相撲で同期であった白鵬の立ち合い変化に敗れた際に右の人指し指と中指を骨折、肩も脱臼し途中休場しました。
 その因縁の白鳳は、双葉山が持つ昭和以降の最多連勝記録「69」に挑戦していましたが、北勝国が復帰した2日目に寄り切りで稀勢の里に敗れ、連勝を63でストップしました。
[PR]
 11月16日(火)、「ほんべつ食☆道」(柏崎秀行代表)が、道の駅ステラ★ほんべつで、考案したばかりの 「黒豆うどん」の試食会 を開きました。来場者に手打ちの試食品を振る舞い、出来栄えや工夫点なども聞き取りました。b0171771_22415116.jpg
 「ほんべつ食☆道」は、本別の食材を活用したご当地メニューを研究・開発する町民有志のグループで、若手の農・商業者を中心とする約20人で5月から活動をスタートさせました。
 このたび、本別産の小麦と黒豆(写真)を使った「黒豆うどん」の試作品が完成し、町民の理解を得ようと、町民向けに初めて試食会を企画しました。
[PR]
 足寄町内の飲食店「すし太郎」(星川敏信社長)が、特産の ラワンブキのキムチ漬け を開発しました。
 足寄町内ではJAあしょろが、ラワンブキの漬物としてキムチ味を販売していますが、本格的なキムチ漬けは初めてです。
 12月中の販売開始に向けて名称も募集しています。
 星川社長は地場産品を使った商品開発をと、2年ほど前から、北海道遺産にも指定されているラワンブキのキムチ漬けに挑戦していました。
 完成した商品は、ラワンブキのほか、エビや昆布、パプリカなどが入った海鮮キムチです。200gパック2個セット・1500円での販売を予定しています。
[PR]
 11月25日(木)、中国・広州アジア大会の第14日、広東奥体(オリンピック)スタジアム(下写真)で行われた陸上競技の女子200m決勝で、日本記録保持者の 福島千里選手(帯広南商高出、北海道ハイテクAC)が、23秒62で初優勝しました。
 福島選手は22日の100mでも優勝しており、両種目での2冠は、日本選手で初の快挙になります。
 また、女子200mでの日本勢の優勝は1982年ニューデリー大会の磯崎公美選手以来28年ぶりになります。
 高橋萌木子選手(平成国際大)は、は23秒97で6位になりました。

《参考:福島 千里》
 福島 千里(ふくしま ちさと、1988年6月27日 - )は、日本の陸上競技選手で、専門は短距離。北京オリンピック日本代表。女子100m(11秒21)、200m(22秒89)の日本記録保持者。
人物・経歴 [編集]
 幕別町立糠内中学校を経て北海道帯広南商業高等学校を卒業後、2007年北海道ハイテクノロジー専門学校(情報システム学科)に進学。同校の陸上競技部(北海道ハイテクAC)に籍を置き中村宏之コーチの元で選手活動を続けている。2009年に卒業後は、そのまま職員となった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E5%8D%83%E9%87%8C
b0171771_21534526.jpg

[PR]
 11月23日(火)の夜、十勝管内で、月の周りに大きな輪ができる現象が見られました。まるで空から何かを見下ろす目玉のように見えました。
 帯広測候所によると、これは「月暈(つきがさ)」と呼ばれる現象で、薄い上層雲の氷晶が均一に月の周辺に入ると、屈折によって光の輪ができる現象。条件さえ合えば、季節に関係なく見られるということです。

《参考:暈(かさ)》
 暈(かさ)とは、太陽や月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる大気光学現象のことである。ハローまたはハロ(halo 英:ヘイロウ)ともいう。特に太陽の周りに現れたものは日暈(ひがさ、にちうん)、月の周りに現れたものは月暈(つきがさ、げつうん)という。 虹のようにも見えることから白虹(はっこう、しろにじ)ともいう。
概説 [編集]
 暈は雲を形成する氷晶がプリズムとしてはたらき、太陽や月からの光が氷晶の中を通り抜ける際に屈折されることで発生する。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%88
写真:「月暈」のイメージ
b0171771_3101085.jpg

[PR]
 第52回日本レコード大賞の審査会がこのほど東京・赤坂のTBSで行われ、帯広出身で12歳の 演歌歌手さくらまやさん が、日本作曲家協会奨励賞を受賞しました。昨年の新人賞に次いで2度目の受賞となりました。
 奨励賞に選ばれたのはさくらさん1人。史上最年少の演歌歌手としてテレビや映画などに大活躍し、演歌の普及に貢献したことが理由です。
 さくらさんは12月30日に生放送されるTBS系(道内はHBC)の「第52回輝く!日本レコード大賞」に出演します。
 さくらさんは2008年12月に「大漁まつり」でデビュー。東京に拠点を移し、多方面で活動しています。

《参考:『さくらまや』の公式ホームページ》
http://www.shinei-v.jp/sakuramaya/

《参考:さくらまや》
 さくら まや(1998年7月26日~ )は、日本の演歌歌手。北海道帯広市出身。本名は草野 真耶(くさのまや)。
略歴 [編集]
 実家は帯広市の老舗料亭。2歳半からヴァイオリン、3歳からピアノ、ハープ、童謡など小さい頃から音楽に関する英才教育(他にもバレエ、ソルフェージュなど)を受けていた。2004年には全国童謡歌唱コンクールグランプリ大会で金賞を受賞。小学校入学前にアマチュア演歌歌手のステージを生で見て、クラシックとは違うノリと衣装に「ビビッと来て」から演歌の道を志すようになった[1]。歌に関するコンテストに関しては何度も上位入賞を果たすという、いわゆる「コンテスト荒らし」だった。
 2008年12月3日、日本クラウンから史上最年少演歌歌手として「大漁まつり」でデビュー。3日後の12月6日には、浅草花やしきでデビューイベントが開催された。12月31日には格闘技興行「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜」のHIROYA対卜部功也の試合前に国歌独唱を行った。
 2009年に入りテレビ番組やラジオ番組の出演が増えて仕事が忙しくなり、帯広市から東京都の小学校に転校した。
 2010年8月、帯広観光大使に選ばれた。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%BE%E3%82%84
[PR]
 11月22日(月)、中国・広州アジア大会は、奥体スタジアムなどで第11日が行われ、陸上女子100m決勝で、日本記録保持者の 福島千里選手(帯広南商高出、ハイテクAC)が、11秒33で初優勝しました。
 11秒21の日本記録を持つ福島選手は、準決勝をトップで通過し、決勝は100分の1秒差で前回覇者のG・フビエワ選手(ウズベキスタン)をゴール前でかして競り勝ち、金メダルに輝きました。
 この種目での日本選手の優勝は、1966年バンコク大会の佐藤美保選手以来44年ぶり4人目の快挙となります。
 なお、高橋萌木子選手(平成国際大)は4着。男子の江里口匡史選手(早大)は、準決勝の2組3着で落選し、日本勢は1990年の北京大会以来5大会ぶりで決勝に進めませんでした。
 福島選手は、2008年北京五輪で日本女子では56年ぶりに100m出場。2009年世界選手権100mでは、五輪、世界選手権を通じて日本女子で77年ぶりに1次予選を突破しました。2009年以降は100m、200mで計6回、日本新記録をマークするなど、日本の女子短距離を牽引しています。
[PR]
 10月31日(日)、本別葬儀社(櫻庭勝彦社長)の家族葬専用斎場「セレモニーホールつつじ」がオープンしました。
 十勝管内町村部における家族葬専用斎場は音更に次ぎ2例目で、主に十勝東北部の家族葬需要に対応する考えです。
 本別葬儀社は、建設業の野田組(野田仁社長)の関連会社で、野田組が昨年12月、廃業を検討していた旧経営者の要請で、経営多角化と併せて事業を引き継いぎました。近年の家族葬需要の高まりに着眼し、本格展開を図ります。
 旧社屋兼住宅(北2丁目5)を増改築し、施設南側部分に木造平屋の66・35㎡を新設しました。
 内部は、ホール(58㎡)と和室2室(23㎡、9・9㎡)があります。仕切り戸を開放すると一体的なスペースとなり、最大70人を収容することができます。僧りょ・親族控室(9・9㎡)や台所、浴槽を備えた浴室も完備し、本格的な宿泊設備を整えています。

株式会社野田組URL
http://www.kk-nodagumi.co.jp/index.php

地図:赤☆印…「セレモニーホールつつじ」  橙色☆印…野田組

[PR]