「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 大型連休初日「昭和の日」の4月29日(木)、十勝管内は季節外れの雪 に見舞われました。街の景色は冬に逆戻りし、行楽客の姿も少なく、オープンを延期する施設も出る結果になりました。
 帯広測候所によると、午前3時の降り始めから11時までの降雪量は、とかち帯広空港と中札内村上札内が21cm、上士幌町糠平17cm、芽室12cm、新得9cm、帯広市4cmなどとなりました。なお、本別町では積雪はありませんでした。
 この日、今季の営業を開始したおびひろ動物園は午前9時にオープニングセレモニーを行ったものの、多い年は初日に4~5千人が訪れていたのに、この日の入場者は453人。来園者が傘を差しながら足早に園内を回る姿がみられました。
 新得町では雪の影響で、サホロリゾートのヒグマ観察施設ベア・マウンテンが30日に、旧新内駅構内の「狩勝高原エコトロッコ」が5月1日に、営業開始をそれぞれ延期しました。
 帯広測候所によると、管内の天候は5月1日(土)から回復する見込みということです。
[PR]
 昨年4月にオープンした「道の駅ステラ★ほんべつ」の初年度の来場者数が、b0171771_11131597.jpg15万人を超えました。
 旧ふるさと銀河線本別駅舎を活用した「道の駅ステラ★ほんべつ」は、「NPO銀河ほんべつ」が運営しています。
  同NPOの集計によると、昨年4月20日のオープンから今年3月30日までの総来場者数は15万7601人。月別では、大型連休のあった5、9月がともに2万2000人を超えました。
 観光シーズンの4~10月は5、9月を除いても1万~2万人の幅で推移。「高速道路の料金割引で車でのレジャーが注目された」のが追い風になったほか、ビアガーデンなどのイベントを通じ来場者数を延ばしました。
 一方、冬場の11月以降は6000~9000人台と月1万人を割り込み、「オフシーズンにどう来場者を引き付けるかが、今後の課題になった」と受け止めています。
 当初は年間来場者数の目標を13万人と設定していた経緯があり、オープン初年度はこれを大きく上回った格好。山岡事務局長は「1年目の実績としては上々だが、2年目以降が正念場。」としています。
[PR]
 日本航空が4月27日(火)、帯広-名古屋(県営小牧)線から10月30日限りで事実上撤退する方針を帯広市などに伝えました。航空会社の要請を踏まえて着陸料を大幅軽減したばかりでした。これに対し、市や帯広商工会議所は強く反発。今後も路線維持に向け、十勝圏と中京圏の経済交流を活発化させることを強調しました。
 日航グループ執行役員の山村毅ジェイエア社長は27日、帯広市や帯広商工会議所を訪れ、不採算路線の整理を理由に運休方針を伝えました。
 同路線は1994年就航。2000年まで150~200人乗りの中型機が週4便運航し、1996年には年間7万7千人が利用していました。2001年から1日1往復となり、2002年に機種を50人乗りに変更しました。
 だが、利用客数と搭乗率は2005年度から4年連続で前年度を下回り、2009年度の利用客は就航以来最低の2万1190人。搭乗率は58・6%まで落ち込んでいました。
 市や経済団体などでつくる「とかち帯広空港利用促進協議会」によると、利用客はビジネス客が主体で、自動車産業が盛んな中京圏への出稼ぎ需要もあるようです。低迷の理由について、同協議会は、長引く不況の影響をもろに受けたとみています。
 経済交流の活発化に向け、帯広市と名古屋市は今月16日「貿易促進会」を設立しました。日航の路線撤退方針にかかわらず、活動を継続する考えです。また、同協議会は今後、愛知県内での物産展開催を増やし、観光PRなどを強めることにしています。
 なお、日航グループが運航する路線を含む国内線では、県営名古屋、広島西、丘珠(北海道)、奥尻(同)の4空港から撤退する予定です。
◆道内で撤退する日本航空の路線
 ◇新千歳-★釧路、★函館
 ◇函館-★旭川、★釧路、★奥尻、★丘珠
 ◇丘珠-★釧路
 ◇名古屋-帯広
★印…北海道と共同出資する運行子会社の出資比率を下げるため、日航グループとしての運行が終わります。なお、 路線存続は未定です。
《写真:名古屋-帯広線就航中の50人乗り日航ボンバルディアCRJ200機》
b0171771_10392629.jpg

[PR]
 5月9日(日)の「本別つつじ祭り」に、とかち青空レディ が参加します。
 十勝の観光情報を発信する「第16代とかち青空レディ」の認証式が、4月26日(日)、帯広競馬場会議室で開かれました。新しくとかち青空レディに認証されたのは、帯広市の石黒めぐみさん)=フリーパーソナリティー=、芽室町の松岡佳那さん=学生=の2人。十勝観光連盟の大友俊雄会長からたすきを受け取りました。
 2人は、すでに4月20日、池田町で行われた「観光オープン式」で初仕事を終え、5月9日の「本別つつじ祭り」、21~23日の「ラリー北海道」などにも参加する予定です。

《参考:十勝観光連盟公式サイト》
http://www.tokachibare.jp/info/aozora/index.html
[PR]
 4月24日(土)、 ばんえい十勝が開幕しました。新生競馬は今年で4年目で、来年3月28日までの26開催150日間、帯広競馬場で行われます。
b0171771_17414634.jpg
 開幕日の24日は第1レース(午前11時20分)前に米沢則寿新市長がファンに主催者あいさつをしました。
 24日開幕のばんえい十勝応援のため、岩手県滝沢村の「チャグチャグ馬コ同好会滝沢支部」と同村役場職員の一行22人が参加して、ばん馬4頭などが鈴の音を響かせて23日(金)午後1時前から帯広の中心街を初めてパレードしました。「日本3大馬祭り」の一つチャグチャグ馬コは、国の無形文化財になっています。

《参考:滝沢村ホームページ》 チャグチャグ馬コの映像もみられます。
http://www.vill.takizawa.iwate.jp/chag
[PR]
 北海道で、4月20日(火)午後から21日(水)午前にかけて湿った降雪 がありました。
 これは北海道上空を低気圧が通過した影響で、十勝管内では上士幌町で11cmの降雪を観測しました。b0171771_50376.jpg十勝でのまとまった雪は4月7日以来、約2週間ぶり。帯広測候所によると、降り始めからの降雪量は芽室町で10cm、上士幌町糠平(ぬかびら源泉郷)と中札内村上札内、大樹町で9cmなど。最低気温は糠平で氷点下1・7℃、芽室で0・8℃を記録した。
 7cmの降雪となった帯広市稲田町のはるにれ公園では、ハルニレの大木の枝が花を咲かせたように白く染まっていました。
[PR]
 「ラリー北海道」(アジアパシフィックラリー選手権第2戦、全日本ラリー選手権第3戦)が、5月21日(金)~23日(日)、十勝管内の5市町で行われます。この競技の成功に向け、観戦ステージが設けられる各地の成功させる会の打ち合わせ会議が4月16日(金)、本別コミュニティーセンターで開かれ、地元住民を対象とした割引チケットの販売方法などを協議しました。b0171771_11122918.jpg
 本別や陸別、足寄などの支援団体関係者ら12人が出席し、前売り観戦チケット(通常料金2,000円)については、観戦ステージの地元住民に限り一律1,200円で割り引き販売し、帯広を除く各駐車場の利用料金を500円と設定。各地で必要なのぼりやポスターなど広報用具なども調整しました。
写真:「ラリー北海道」の広告看板(勇足-本別間)
[PR]
 本別町教育委員会は2010年春から、義経の里パークゴルフ場(以下PG)3コース(27ホール)のうち「弁慶コース」を閉鎖 することになりました。利用が少なく、また、シカのふん被害が深刻だったためで、残る2コースは5月8日から今季の営業を始める予定です。
 弁慶コースは義経の里スキー場の斜面を利用した同PG場南側の9ホール。(写真地図の下中央部分)3コースの中で最も利用が少なかったほか、山林に面しているためシーズン中はシカのフン被害が深刻で、教育委員会には、利用者らから苦情も寄せられていていました。
 コースの芝刈りを行ってきた本別町PG協会の閉鎖要望もあり、教育委員会はコース縮小を検討してきました。PG協会など利用者側との協議を経て、弁慶コースを芝地に戻すことにしました。
b0171771_10375979.jpg

[PR]
 4月29日からのゴールデンウィークにあわせ、十勝川温泉観光協会は、温泉宿泊者を対象に電動自転車の貸し出しを始めることになりました。十勝が丘公園の花時計「ハナック」(写真)など坂道のサイクリングや、温泉街周辺の観光を楽しんでもらおうと企画した。b0171771_19575981.jpg
 電動自転車は小回りが利き、坂道の走行や遠出も可能で、温泉観光ガイドセンターに10台を用意し、利用料金は3時間1000円程度にする予定。時間に応じて料金コースを設定します。温泉に宿泊した人が2日目の滞在を楽しんだり、ホテルのチェックアウト後の時間を有効活用できるよう、周辺の観光ルートの案内と一緒に提案します。
 温泉街から帯広駅までの距離は約9kmで、電動自転車を使えば約40分。池田のワイン城にも約1時間で行ける距離です。協会では「坂道がきつい十勝が丘展望台や、帯広、池田まででも電動自転車なら走行が可能になります。
[PR]
 4月20日(火)から、ドリカムの曲がJR池田駅の改札音となりました。b0171771_5301749.jpg 
 DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)は、池田出身の吉田美和さんが所属しています。改札音は、昨年来町したドリカムの中村正人さんが「池田のどこかで曲が流れる所を」と話したことから実現しました。
 昼間の特急「スーパーおおぞら」(写真)が到着するまでの10分間、ホームと待合室に「晴れたらいいね」「ALMOST HOME(オールモスト・ホーム)」の2曲がオルゴール音で流れます。町では、「ドリカムの音楽が池田、十勝の観光の力になれば」と期待を込めています。

Dreams Come True YouTubeサイト
◆「晴れたらいいね」
http://www.youtube.com/watch?v=QRqbM1hzl6I&feature=related
◆「ALMOST HOME(オールモスト・ホーム)」
http://www.youtube.com/watch?v=4iX428gmijc
[PR]