カテゴリ:足寄町の様子( 104 )

b0171771_01451314.jpg
足寄動物化石博物館=2014年1月撮影

 足寄動物化石博物館で副館長の安藤達郎学芸員が,足寄町内で発見された 2500万年前のクジラの化石 が「歯のあるヒゲクジラ類」に属し,同時期に生息していた同じ種類の個体に比べ2倍の 推定体長8m だったとする研究論文をまとめました。
 1月30日の日本古生物学会で発表しました。
 研究の発端となった大型のクジラ化石は,1982年,足寄町茂螺湾(もらわん)の茂螺湾川沿いに分布する茂螺湾層で発見されました。

b0171771_01442137.jpg
博物館展示室=2014年1月撮影


 十勝毎日新聞が, 「足寄のクジラ 体長8メートル 同時期個体の2倍」 と伝えています。

 足寄動物化石博物館(澤村寛館長)の副館長で学芸員の安藤達郎さん(45)が,町内で発見された2500万年前のクジラの化石が「歯のあるヒゲクジラ類」に属し,同時期に生息していた同じ種類の個体に比べ2倍の推定体長8メートルだったとする研究論文をまとめた。30日の日本古生物学会(京都市)で発表した。歯のあるヒゲクジラの多様性を示す内容で,「豊富な化石が発見されている足寄だからこその研究成果」(安藤さん)と話している。

 研究の発端となった大型のクジラ化石は,1982年,町茂螺湾の茂螺湾川沿いに分布する茂螺湾層で発見された。左側頭部の一部で大きさは最長約30センチ。化石が発見された茂螺湾層は後期漸新世(2800万年~2300万年前)の地層で,同地層からはアショロアやベヘモトプスなどの束柱類(デスモスチルスの仲間),クジラ類の化石が数多く発見されている。

 -略-

 研究論文は台湾の古生物学者蔡政修氏(32)との共著。2014年暮れに執筆に着手し,昨年3月に書き上げた。既に電子版が公開されている他,国際的な学術雑誌「Journal of Mammalian Evolution」(邦訳・ほ乳類の進化誌)への掲載も決まっている。安藤さんは「肯定的な見方が多く,研究結果は受け入れられていると思う」としている。


<歯のあるヒゲクジラ>
 歯を持っていた原始的なムカシクジラから,歯を持たず,「クジラヒゲ」と呼ばれる角質の採餌器官を持つ現生型のヒゲクジラに進化する過程の中間的なクジラ。3400万年~2300万年前に世界中に生息したが,後期漸新世に生息していた種類の多くは体長3~4メートルの小型の化石しか見つかっていない。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年01月30日 13時57分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201601/20160130-0022867.php



[PR]

b0171771_09312771.jpg
足寄動物化石博物館=2014年1月撮影

 1月16,17の両日, 足寄動物化石博物館で,「冬の博物館」 が開かれました。
 2日間で小学生を中心に43人が参加し,雪の中から化石などを見つけるミニ発掘を体験しました。
 冬の博物館に親しんでもらおうと,毎年冬休みのこの時期に開いていて,今年で3回目になります。


足寄動物化石博物館展示室=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「雪山のミニ発掘体験も 足寄・冬の博物館」 と伝えています。


 【足寄】足寄動物化石博物館(澤村寛館長)で16,17の両日,「冬の博物館」が開かれた。2日間で小学生を中心に43人が参加し,雪の中から化石などを見つけるミニ発掘体験などを楽しんだ。

 冬の博物館に親しんでもらおうと,毎年冬休みのこの時期に開いている。今年3回目。地元足寄の他,帯広や音更からも参加した。

 ミニ発掘体験では,同館の中庭に設けられた雪山から,ペンダント作りのパーツや水晶,縞メノウなどの鉱物が入ったカプセルを発掘。子どもたちは雪まみれになりながら,カプセルを探し出すたびに歓声を上げていた。

 その後,アンモナイトやサメの歯,天然石を使って思い思いのオリジナルペンダントを作った。
   -略-
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年01月19日23時30分の記事


[PR]

b0171771_05211673.jpg

道の駅あしょろ銀河ホール21=2015年8月撮影


 10月25日、NPO法人あしょろ観光協会主催の 大収穫祭・秋の物産市 が、道の駅あしょろ銀河ホール21のイベント広場で開かれました。
 会場には各種販売コーナーや体験コーナーのテントが設営され、寒風が吹き肌寒い天候にもかかわらず、町民や観光客らが大勢詰め掛けました。

b0171771_05200967.jpg
道の駅あしょろ「寄って美菜(よってみな)」=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「町民、観光客でにぎわう 足寄道の駅収穫祭 」 と伝えています。

 【足寄】NPO法人あしょろ観光協会(家常尚詞理事長)主催の「大収穫祭・秋の物産市」が25日、道の駅あしょろ銀河ホール21のイベント広場で開かれた。

 会場には各種販売コーナーや体験コーナーのテントが設営され、寒風が吹き肌寒い天候にもかかわらず、町民や観光客らが大勢詰め掛けた。

 町内の農場が、この日の朝に収穫したばかりのキャベツやニンジン、ハクサイ、長ネギなどを格安で販売、JAあしょろチーズ工房のラクレットチーズや町内のパン工房による焼きたてパン、海産物なども人気を集めた。

 カラマツのウッドキャンドルの火で焼いて食べるマシュマロが無料で振る舞われ、大勢の町民らが味わった。足寄もちつき隊(菅田昌典隊長)は隊員8人が約10キロの餅を
つき、あんこときな粉餅を来場者に無料で提供した。
   -略-
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版
/2015年10月27日07時23分の記事


[PR]

足寄町民センター=2014年8月撮影


 10月18日,第26回足寄町吹奏楽フェスティバルが,足寄町民センターで開かれ,60人がステージで演奏を披露しました。
 演奏したのは,足寄ジュニアブラスバンド足寄中学校吹奏楽部足寄高校吹奏楽局(引退した3年生団員らを含め12人),足寄吹奏楽団の4団体でした。
 フェスティバルの最後は,4つ団体全員がステージに立ち,恒例の「アフリカンシンフォニー」などアンコールを含めて4曲を演奏しました。
b0171771_23353531.jpg
足寄中学校=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「4団体が演奏披露 足寄町吹奏楽フェスティバル」 と伝えています。

 【足寄】第26回足寄町吹奏楽フェスティバルが18日,町民センターで開かれ,60人がステージで演奏を披露した。

 演奏したのは足寄ジュニアブラスバンド(岸田大空団長,17人),足寄中学校吹奏楽部(13人),足寄高校吹奏楽局(菊地杏那局長,引退した3年生団員らを含め12人),足寄吹奏楽団(坂田勝彦団長,18人)の4団体。

 ジュニアブラスバンドのステージで開幕。「こびとの森」や映画「ドラえもんスタンド・バイ・ミー」の主題歌「ひまわりの約束」など3曲を演奏した。

 この後,「キャンディーズメドレー」「愛を込めて花束を」(足寄中),「タッチ」「全力少年」(足寄高),「サンダーバード」「風になりたい」(足寄吹奏楽団)などそれぞれが個性豊かな演奏を披露した。

 最後は4団体の60人全員がステージに立ち,恒例の「アフリカンシンフォニー」などアンコールを含めて4曲を演奏,詰め掛けた約200人の聴衆を魅了した。
   -略-
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年10月20日06時39分の記事


[PR]

b0171771_13040266.jpg
参考写真:九州大学伊都キャンパス
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%A4%A7%E5%AD%A6

 10月9日,足寄町役場を,町と地域交流協定を締結している 九州大学の久保千春総長が訪問 し,安久津勝彦町長相互交流に向けた意見を交換しました。
 足寄町内に九州大の北海道演習林があることから,町と九州大農学研究院は2006年4月,地域交流に関する協定を締結しています。
 この日,久保総長は,九州大と町の共催による講演会の開催に合わせ,初めて来町しました。

足寄町役場=2014年8月撮影


 十勝毎日新聞が, 「九州大学の久保総長が来町 足寄」 と伝えています。


 【足寄】町と地域交流協定を締結している九州大学の久保千春総長(67)が9日,町役場に安久津勝彦町長を訪ね,相互交流に向けた意見を交換した。

 町内に同大の北海道演習林があることから,町と同大学農学研究院は2006年4月,地域交流に関する協定を締結。久保総長は同日,同大と町の共催による講演会の開催に合わせ,初めて来町した。

 久保総長は町長室で安久津町長から町行政や産業の概要などついて説明を受けた。この後,JAあしょろの「あしょろチーズ工房」(道の駅足寄湖)や温泉熱を利用して試験栽培しているイチゴハウス(町新町),農産物直売所「寄って美菜」(道の駅あしょろ銀河ホール21)などを視察。

-略-
 久保総長は「北海道演習林は66年の長い歴史を持ち,生態系の変化の研究など大学にとって重要な拠点。教育の場の提供も含めて,今後も足寄の産学官連携をさらに進めていきたい」と抱負を述べた。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年10月10日17時00分の記事


[PR]

b0171771_04235034.jpg
参考写真:チェンバロ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AD


 9月12日,足寄動物化石博物館の展示室で,「バロックコンサートvol・7」が開かれました。
 2009年から毎年開かれており,今年で7回目になります。
 チェンバロ奏者の岩淵恵美子さんや足寄在住の高橋友子さんら11人が出演し,バロック音楽の室内楽5曲を演奏しました。


b0171771_04303413.jpg
足寄動物化石博物館展示室=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「博物館でバロックコンサート 足寄」 と伝えています。

 【足寄】足寄動物化石博物館(澤村寛館長)の展示室で12日,「バロックコンサートvol・7」(NPO法人あしょろの化石と自然主催)が開かれた。

 2009年から毎年開かれており,今年で7回目。チェンバロ奏者の岩淵恵美子さんや足寄在住の高橋友子さんら11人が出演。バロック音楽の室内楽5曲を演奏した。

 チェンバロやリコーダー,ビオラ・ダ・ガンバなどが奏でるアンサンブルが,展示しているクジラなどの化石と相まって,約60人の聴衆は古代の雰囲気に包まれた。「カンタータ」(スカルラッティ)では,メゾソプラノの歌声が展示室に響いた。

 アンコール曲では,「アショロア」など,同博物館に展示されている化石の前も歌詞に盛り込んだ楽曲を披露,最後は参加者と一緒に「ふるさと」を合唱した。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年09月15日06時40分の記事


[PR]
民営国民宿舎「山の宿 野中温泉」別館=2011年8月撮影
 

 道が9月11日に発表した道内の長寿者概要で, 3年連続で男性最高齢 となった満110歳で足寄町町 茂足寄に住む野中正造さん は,孫娘の祐子さんが代表を務める町内の民営国民宿舎「山の宿 野中温泉」別館で元気に暮らしています。
 野中さんは1905(明治38)年7月25日,野中温泉の創業者益次郎さんとキヨさんの長男として町上利別で生まれ,畑作や温泉経営に携わってきました。


 十勝毎日新聞が, 「道内最高齢110歳 足寄の野中さん『湯で長寿」 と伝えています。


 【足寄】道が11日に発表した道内の長寿者概要で,3年連続で男性最高齢となった満110歳の野中正造(まさぞう)さん=町茂足寄159=は,孫娘の祐子さん(49)が代表を務める町内の民営国民宿舎「山の宿 野中温泉」別館で元気に暮らしている。

 野中さんは1905(明治38)年7月25日,野中温泉の創業者益次郎さんとキヨさんの長男として町上利別で生まれ,畑作や温泉経営に携わった。子供は2男3女,孫は8人,ひ孫は3人。野中さんのきょうだい5人は既に亡くなっている。

 現在は足が不自由で車いすの生活だが,耳が遠い他は健康そのもの。食欲も旺盛で,まんじゅうやどら焼きなど甘い物が好物。高齢のため寝たり起きたりではあるが,部屋のテレビでプロ野球やメジャーリーグ,歌謡ショーなどを見て楽しんでいる。

 祐子さんによると,性格は頑固そのものだが,「自己主張が強いのが長生きの秘訣(ひけつ)かも。年に1回,報道の方から取材を受けるのも刺激になっているのでは」と笑う。週1回は温泉に入るという。

 「波風立たずに静かに暮らしてほしい」-。家族や温泉の従業員は,長寿の歴史を刻む野中さんを温かく見守っている。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年9月11日 14時00分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201509/20150911-0021801.php


[PR]

b0171771_19492071.jpg
足寄産のイチゴソフト=2015年8月撮影

 JAあしょろが町新町の温泉熱ハウスで試験栽培している イチゴを使った菓子パンを開発 しました。
 NPO法人あしょろ観光協会が今月12日から,道の駅あしょろ銀河ホール21の売店で販売します。朝摘みイチゴを使った加工品は,町内で初めてで,ブランド化と消費拡大が期待されています。      
b0171771_19562738.jpg このイチゴは信州大学によって開発された新品種「信大BS8-9」(右写真)で,イチゴの端境期である夏秋を中心に開花し初冬まで収穫することができます。味が濃く糖度が高いのが特徴です。


 私(ブログ作成者)は,今年8月,帰省の折道の駅足寄で「いちごソフトクリーム」を食べました(上写真)。すると,イチゴの味の濃いことにビックリ!もちろん,美味しいことは当然です。
 横で,イチゴを買い求めて食べている旅行者も,同様に「味が濃いですね。本当に足寄で採れたんですか…。」と驚いていました。
 地道に新種の開発に研究を続けてきたことで,大きな成果があったと納得しました。
 次回の帰省で,「朝摘みいちごのデニッシュ ラフレーズ」を食べてみたいと思います。

b0171771_19550093.jpg
JAあしょろ=2015年8月撮影


 十勝毎日新聞が, 「朝摘みイチゴで菓子パン 温泉熱で栽培 足寄」 と伝えています。


 【足寄】JAあしょろ(新津賀庸組合長)が町新町の温泉熱ハウスで試験栽培しているイチゴを使った菓子パンが開発された。NPO法人あしょろ観光協会(家常尚詞理事長)が今月12日から,道の駅あしょろ銀河ホール21の売店で販売する。同イチゴを使った加工品は町内で初めてで,ブランド化と消費拡大が期待されている。

 同イチゴは信州大学によって開発された新品種「信大BS8-9」。イチゴの端境期である夏秋を中心に開花し初冬まで収穫できる。味が濃く糖度が高いのが特徴。同JAでは2013年から,温泉熱を利用したハウス栽培を試験的に実施,14年は2棟5000株,今年度は4棟9000株を栽培している。


 通年で収穫できる同イチゴを活用しようと,同観光協会やJAあしょろ,町役場の各職員,町地域おこし協力隊の有志10人が集まりプロジェクトチームを組織。7月上旬から商品開発に向け会議を重ねてきた。


 2日,同銀河ホールレストランで6回目の会合が開かれ,商品名について協議。多くの候補の中から「朝摘みいちごのデニッシュ ラフレーズ」と決めた。「フレーズ」はフランス語でイチゴの意。

 パイ生地風のデニッシュの中にカスタードクリームとカットイチゴが入り,その上に生クリームとつや出しのナパージュでコーティングしたイチゴ(半個)が載っている。朝に収穫した完熟イチゴを使うのが特徴。価格は発売日までに決めるが,1個300円以内を想定。1日30個限定。


 プロジェクトメンバーとして商品開発を手掛けた同道の駅レストラン担当の荒町絵美さん(26)は「皆の意見を出し合って試行錯誤しながら,満足できる商品が出来上がった」と話す。

 また,同じくプロジェクトメンバーのJAあしょろ農産部次長の安田享司さんは「町内での加工品第1弾として期待している。朝摘みイチゴの特徴を引き出してもらいたい」と期待を寄せている。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年09月3日 13時57分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201509/20150903-0021748.php


[PR]
b0171771_04001850.jpg
足寄町学校給食センター
=2015年8月撮影

 足寄町は子育てや教育支援のための 5億円の「町子育て安心基金条例」 制定案を9月1日開会の定例町議会に提案しました。
 基金の創設は安久津勝彦町長の4期目の公約で,基金の対象事業は出産祝い金贈呈事業,学童保育料無償化事業,小・中・高校生の学校給食費無償化事業,町営塾運営経費などです。
b0191190_03454980.jpg
足寄町役場=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「5億円の子育て基金 出産祝いや給食無償 足寄」 と伝えています。

 【足寄】町は子育てや教育支援のための5億円の「町子育て安心基金条例」制定案を1日午前10時開会の定例町議会に提案した。同条例案は総務産業常任委員会に付託され,定例会会期中に審議される。

 同基金の創設は安久津勝彦町長の4期目の公約。基金の対象事業は出産祝い金贈呈事業,学童保育料無償化事業,小・中・高校生の学校給食費無償化事業,町営塾運営経費など。

 これら一連の子育て支援政策を安定・継続的に行うための財源として,町財政調整基金から目的基金として取り崩す。子育て基金の取り崩し後の同基金残高は22億2100万円。

   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年9月1日 14時02分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201509/20150901-0021735.php


[PR]

b0171771_06352243.jpg
足寄町民センター
=2014年8月撮影

 8月28,29の両日,今年度の 北海道 放牧酪農ネットワーク交流会in足寄 が,足寄町民センターなどで開かれました。
 足寄町放牧酪農振興会が主催し,足寄町,JAあしょろが共催し,道内外から訪れた酪農家らが放牧酪農の現状や可能性について学びました。
 29日は,町茂足寄で放牧酪農の桜井牧場でフィールド研修会が開かれ、約60人が参加しました。
 この交流会は2003年から開かれ,今年で12回目になります。
 傾斜地が多い足寄では,新規就農で放牧酪農に取り組む酪農家も多く,町は2004年に「放牧酪農推進の町」を宣言しています。


b0171771_05473227.jpg
JAあしょろ=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「放牧酪農テーマに研修 足寄で交流会 」 と伝えています。

 【足寄】今年度の北海道放牧酪農ネットワーク交流会in足寄(町放牧酪農振興会主催,町,JAあしょろ共催)が28,29の両日,町民センターなどで開かれた。道内外から訪れた酪農家らが放牧酪農の現状や可能性について学んだ。

 同交流会は2003年から開かれ,今年で12回目。放牧酪農は自然循環型の牛の飼育法。牛舎集中型の飼育法に比べて乳量は減るが,飼料コストの軽減や労働時間の短縮が図られる利点がある。傾斜地が多い足寄では新規就農で放牧酪農に取り組む酪農家も多く,町は04年に「放牧酪農推進の町」を宣言している。

 29日は町茂足寄で放牧酪農の桜井牧場(桜井譲二さん経営)でフィールド研修会が開かれ,約60人が参加した。桜井さん(47)は2003年に大阪から新規就農し13年目。牧場では放牧専用地,採草地など合わせて約45ヘクタールで50頭の乳牛を飼養している。

 研修会では,放牧酪農の先進地・根室管内中標津町の「酪農適塾」の三友盛行塾長が講師を務めた。参加者は牧草地を視察し,実際に牧草を掘り起こして土の状態を確認したり,牛のふんから乳牛の健康度合いを推測したりした。

-略-

 28日は町民センターで講演会,パネルディスカッション,分科会が行われ,約100人が放牧酪農の将来について学習した。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年08月30日16時30分の記事


[PR]