カテゴリ:足寄町の様子( 111 )

b0171771_08224639.jpg
参考写真:ニホンオオカミの剥製
(国立科学博物館所蔵)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%9F

 足寄町の足寄動物化石博物館は,戌(いぬ)年にちなんだ ロビー展「干支動物展」 を開いています。
 ロビー展では,オオカミのほか,ブルドックやプードルといった6種類の犬のの頭蓋骨を展示っしています。

b0171771_08235215.jpg
足寄動物化石博物館
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「干支の戌にちなみ動物展 足寄動物化石博物館」 と伝えています。
 【足寄】足寄動物化石博物館(澤村寛館長)は,戌(いぬ)年にちなんだロビー展「干支(えと)動物展」を開いている。

 犬はオオカミから派生し,人により家畜化され,さまざまな種類が誕生してきた。どの犬種同士,そしてオオカミとも交配できる。

 ロビー展では,オオカミのほか,ブルドックやプードルといった6種類の犬のの頭蓋骨(レプリカ含む)を展示。犬に近いタヌキやキツネ,アシカの骨格も公開している。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月10日14時20分の記事
[PR]
b0171771_12003533.jpg
アンモナイトの化石=2017年8月、浦幌博物館で撮影

 1月13,14の両日, 足寄動物化石博物館で イベント「冬の博物館」 が開かれます。
 化石を楽しんでもらう企画で,博物館中庭の雪に埋められた,鉱物(クリスタル)やアンモナイトなどの化石が入ったカプセルを発掘し,それらを材料にペンダントを制作します。

b0171771_12065464.jpg
足寄動物化石博物館
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「13,14日ペンダント制作 足寄動物化石博物館」 と伝えています。
 【足寄】足寄動物化石博物館(澤村寛館長)は13,14の両日にイベント「冬の博物館」を開く。参加者を募集している。

 化石を楽しんでもらう企画。同館中庭の雪に埋められた,鉱物(クリスタル)やアンモナイトなどの化石が入ったカプセルを発掘し,それらを材料にペンダントを制作する。

 鉱物の中には,ラブラドルレトリバーと同じカナダ・ラブラドール地方が原産地の「ラブラドライト」も用意し,戌(いぬ)年にちなんだ。同館では「縁起のいいオリジナルの飾り物を考えて」とPRする。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月06日12時23分の記事
[PR]
b0171771_08380136.jpg
旧足寄温泉
=2016年5月撮影

 12月13日,足寄町議会の定例会は,6氏が一般質問を行いました。
 町内に公衆浴場がなくなり,新設を問われた安久津勝彦町長は「廃業した足寄温泉 土地を取得し, 営業を視野 に入れる民間の動きがある。これに対し財政支援を検討したい。」と述べました。
 現在,自宅の浴槽が使えないなどの町民は,町高齢者等複合施設「むすびれっじ」の浴場を使用しています。

b0171771_08595074.jpg
複合施設「むすびれっじ」
=2014年8月撮影
 
十勝毎日新聞が, 「足寄 一般質問 旧足寄温泉への公衆浴場 民間の動きを支援」 と伝えています。
 【足寄】定例会は13日,6氏が一般質問を行った。町内に公衆浴場がなくなり,新設を問われた安久津勝彦町長は「廃業した足寄温泉の土地を取得し,営業を視野に入れる民間の動きがある。これに対し財政支援を検討したい」と述べた。

 自宅の浴槽が使えないなどの町民は,町高齢者等複合施設「むすびれっじ」の浴場を使用している。安久津町長は利用者について,「1日平均約13人,浴場が小さいなどの苦情は聞いていない」とした。木村明雄氏,熊澤芳潔氏への答弁。(木村仁根)

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年12月14日9時38分の記事
[PR]
b0171771_06264527.jpg
足寄町民センター
=2017年2月撮影

 11月22日, JAあしょろの 創立70周年記念式典 が,足寄町民センターで開かれました。
 JAあしょろは,1947年の農業協同組合法の制定に伴い,1948年に足寄村農協と西足寄村農協,西足寄村開拓農協の3団体で発足しました。

b0171771_06250236.jpg
JAあしょろ
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「70周年盛大に祝う JAあしょろ」 と伝えています。
 【足寄】JAあしょろ(新津賀庸組合長)の創立70周年記念式典が22日,町民センターで開かれた。組合員ら約220人が出席し,先人や功労者の功績をたたえ,より一層の発展を誓い合った。

 同JAは農業協同組合法の制定(1947年)に伴い,48年に足寄村農協と西足寄村農協,西足寄村開拓農協が発足。自治体合併で足寄町が誕生(55年)した後の61年,足寄村農協と西足寄村農協とで足寄町農協に,2005年には開拓農協と合併して現団体となった。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年11月22日18時00分の記事
[PR]
b0171771_17582920.jpg
参考写真:弓道
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%93%E9%81%93

 10月20~22日,弓道の 68日本遠的選手権大会 ,東京都渋谷区の全日本弓道連盟中央道場で行われました。
 女子の部で,教士6段で足寄町の平野三千子選手が,予選では計6射全て的を射抜き,決勝(一手2射を5回)でも 10本皆中で, 優勝 を遂げました。
 平野選手は,足寄高校弓道部出身で足寄町弓道連盟の所属です。

b0171771_06484361.jpg
足寄高校
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「足寄の平野三千子,弓道全日本遠的選手権V皆中で快挙」 と伝えています。
 【足寄】弓道の第68回全日本遠的選手権大会(全日本弓道連盟主催,10月20~22日,東京・同連盟中央道場)女子の部で,足寄町の平野三千子(66)=教士6段=が初優勝した。道内3人目,十勝では初の快挙。予選,決勝の計16本を全て的中させる偉業の末の全国制覇で「自分が一番驚いている。無心の勝利です」と喜んでいる。

 同大会は5段以上,竹弓と竹矢で争われる弓道遠的の最高峰。射距離60メートル,直径79センチの的を射る。各都道府県から選ばれた代表が出場し,女子の部には98人がエントリーした。

 予選は計6射で,決勝へ進む24人を選ぶ。平野は全て的を射抜き,皆中は2人だけだった。決勝(一手2射を5回)でも10本皆中を成し遂げ,2位の石田桃子5段(東京,9本的中)との接戦を制した。

-略-

 平野は足寄高校弓道部出身で足寄町弓道連盟所属。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年11月03日9時43分の記事
[PR]
b0171771_04330615.jpg
足寄温泉看板=2016年5月撮影

 10月25日,足寄町郊南の 「足寄温泉」が 営業を終了 します。
 足寄温泉は1987年から30年間にわたり親しまれてきた民間の温泉です。
 町内の市街地唯一の公衆浴場で,町は町高齢者等複合施設「むすびれっじ」の浴室を代替浴場として利用者に開放します。

 私(ブログ作成者)の故郷は、足寄の隣町本別です。その関係で、足寄温泉に何度か入ったことがあります。
 国道沿いに「足寄温泉」の大きな看板があるのですが,「温泉」と言うよりは、昔を思わせる「町の銭湯」の感じです。大きな湯船が1つあるだけで,当然露天風呂もありません。料金も350円と控えめで,利用者は皆,洗面器に石けんなど一式を揃えて入浴に来ます。
 飾り気のない施設は,昭和の趣でした。十勝から,また「昭和」が消えていきます。

b0171771_04325283.jpg
足寄温泉=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「足寄温泉あす営業終了 むすびれっじを代替開放」 と伝えています。
 【足寄】足寄町内の「足寄温泉」(郊南)が,25日で営業を終える。町内の市街地唯一の公衆浴場で,町は町高齢者等複合施設「むすびれっじ」(北2)の浴室を代替浴場として利用者に開放する。

 同温泉は1987年から30年間にわたり親しまれてきた民間の温泉。営業終了は折り込みチラシでも,「老朽化などにより25日午後9時をもって閉店する」と感謝の言葉とともに周知されている。

 町などによると,町内で浴室がないか,使えない人は40人ほど。町は町民対象に,代替施設として「むすびれっじ」の浴室を提供することを決め,24日の議員協議会で説明した。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年10月24日13時30分の記事
[PR]
b0171771_05010356.jpg
足寄町役場
=2016年5月撮影

 今年度の 全国防犯功労者表彰 で,本別地方防犯協会連合会婦人部理事で足寄町南在住の 稲垣慶子さんが 防犯栄誉金章 ,連合会理事の水野紀夫さんが銅章を受章し,10月25日,足寄町役場で安久津勝彦町長に報告しました。
 稲垣さんは1982年から35年間,防犯診断や高齢者への訪問,子どもの見守り活動を行ってきました。

b0171771_05003917.jpg
足寄小学校
=2017年8月撮影
 
十勝毎日新聞が, 「足寄の稲垣さんに防犯栄誉金章 水野さんも銅章」 と伝えています。
 【足寄】今年度の全国防犯功労者表彰で,本別地方防犯協会連合会婦人部理事の稲垣慶子さん(76)=足寄町南=が防犯栄誉金章,同連合会理事の水野紀夫さん(75)=同=が同銅章を受章し,25日,町役場で安久津勝彦町長に報告した。

 稲垣さんは1982年から35年間,防犯診断や高齢者への訪問,子どもの見守り活動を行ってきた。水野さんは90年から27年間,少年補導員としても町の防犯に努めてきた。  受賞は9月28日付。金章は警察庁長官と全国防犯協会連合会会長名の表彰で,道内4人,十勝では稲垣さん1人。銅賞は道内24人,十勝では水野さん含めて4人。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年10月26日15時30分の記事
[PR]
b0171771_15375720.jpg
国民宿舎「山の宿 野中温泉」別館
=2017年8月撮影

 男性で国内最高齢,足寄町茂足寄(もあしょろ)で暮らす 112歳の野中正造さんが, 男性の世界最高齢 になりました。
 これまでギネス世界記録に認定されていた113歳のイスラエル北部に住む・クリスタルさん(1903年9月15日生まれ)が,8月11日に死去したためです。
 野中さんは1905(明治38)年7月25日,町内の上利別(かみとしべつ)で生まれました。
 現在,孫娘の野中祐子さんが代表を務める民営国民宿舎「山の宿 野中温泉」別館で元気に暮らしています。

 私(ブログ作成者)は,十勝に住んでいたとき,何度か野中温泉に入ったことがあります。阿寒湖の温泉よりは泉質もよいのですが,野中温泉だけなので,あまり観光客は多くなかったようです。ですから,じっくり温泉を楽しむ人には絶好の温泉と言えるようです。
 野中正造さんとは,我が家の家族が知り合いで,温泉に行くたび話をさせていただいきました。
 温泉に入って,これからも元気に長生きしていただきたいと思います。

b0171771_15363619.jpg
野中温泉の源泉=2017年8月撮影撮影

 十勝毎日新聞が, 「野中さん男性長寿世界一112歳 ギネス認定へ 足寄」 と伝えています。
 男性で国内最高齢,町茂足寄の野中温泉別館に暮らす112歳の野中正造(まさぞう)さんが,男性の世界最高齢になった。

 これまでギネス世界記録に認定されていた113歳のイスラエル北部に住むイスラエル・クリスタルさん(1903年9月15日生まれ)が,11日に死去したため。クリスタルさんは昨年1月,当時の男性の世界最高齢小出保太郎さんの死去を受けて昨年3月にギネス認定されていた。

 野中さんは1905(明治38)年7月25日生まれ。クリスタルさんの死去により,現在,ギネス上の男性の世界最高齢になる。後日,正式に認定されるとみられる。

-略-

 女性の世界最高齢は117歳のジャマイカ人,バイオレット・ブラウンさん
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年8月13日 13時56分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201708/20170813-0027229.php
[PR]
b0171771_04043630.jpg
野中温泉別館(茂足寄)
=2016年5月撮影

 7月25日,男性の国内最高齢で、足寄町茂足寄(もあしょろ)の野中温泉別館に暮らす 野中正造さんが,112歳の誕生日 を迎えました。
 野中さんは1905(明治38)年7月25日,野中温泉の創業者益次郎さんとキヨさんの長男として足寄町上利別(かみとしべつ)で生まれました。

 十勝毎日新聞が, 足寄 野中正造さん112歳誕生日 と伝えています。
 【足寄】男性で国内最高齢,町茂足寄の野中温泉別館に暮らす野中正造(まさぞう)さんが25日,112歳の誕生日を迎えた。

 野中さんは1905(明治38)年7月25日,野中温泉の創業者益次郎さんとキヨさんの長男として町上利別で生まれた。長年,畑作と兼業で同温泉を切り盛りしてきた。

 この日は同温泉食堂に「祝珍寿 正造112歳」と記した手作りの“横断幕”が張られ,お祝いムードに。地元の茂足寄自治会から花束が届き,同温泉代表で孫娘の祐子さんらが恒例のケーキを用意した。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年07月26日10時00分の記事
[PR]
b0171771_03111662.jpg
参考写真:NHK交響楽団練習場
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/NHK%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%A5%BD%E5%9B%A3

 8月5日,足寄町出身でNHK交響楽団の正楽員のチェロ奏者村井智さんらによる 「足寄クラシックコンサート2017」 が,足寄町民センターで開かれます。
 村井さんは1991年生まれの25歳で,足寄小学校,足寄中学校を卒業,桐朋女子高等学校,桐朋学園大学などを経て,昨年,狭き門のN響に入り,現在も最年少正楽員です。
 同じく足寄出身のクラリネット奏者坂田光子さんらも加わります。
 坂田さんは足寄西小学校,足寄中学校,本別高校,名古屋芸術大学器楽科を卒業し,同大大学院修了。,本別高校,名古屋芸術大学器楽科を卒業し,同大大学院修了しました。

足寄町民センター
=撮影

 十勝毎日新聞が, 「村井さん故郷で公演 足寄で来月5日 N響最年少チェリスト」 と伝えています。
 【足寄】NHK交響楽団(N響)の正楽員,町出身のチェロ奏者村井智(さとる)さんらによる「足寄クラシックコンサート2017」が8月5日,町民センターで開かれる。同じく足寄出身のクラリネット奏者坂田光子さんらも加わり,国内トップクラスの音色を響かせる。

 村井さんは1991年生まれの25歳。足寄小,足寄中を卒業。桐朋女子高等学校(共学),桐朋学園大学などを経て,昨年,狭き門のN響に入り,現在も最年少正楽員。

 今公演は「村井智と仲間たち」のサブタイトルで,村井さんと交流のある音楽家やN響メンバーが出演する。

-略-
 
坂田さんは足寄西小,足寄中,本別高校,名古屋芸術大学器楽科を卒業し,同大大学院修了。ベルギー王立アントワープ音楽院でマスターを取得。名古屋を拠点に活動を続けている。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年07月09日12時05分の記事
[PR]