カテゴリ:十勝の町や村の様子( 717 )

 鹿追町 然別峡の「かんの温泉」 が、札幌地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことが分かりました。
 民間調査機関の東京商工リサーチ帯広支店によると、負債総額は約7700万円で、債権者から破産を申し立てられ、破産手続きの開始決定を1月28日に受けていました。
 一軒宿の開業は明治45年で、効能から戦前は陸軍の保養所が設置され、1970年(昭和46年)3月、然別峡温泉として国民保養温泉地に指定されました。
 しかし、2008年12月より、菅野紀良社長の体調不良からなど休業していました。
 「十勝の昭和」が、また一つ消えようとしています。

《参考:菅野温泉》
 菅野温泉(かんのおんせん)は、北海道河東郡鹿追町にある温泉。b0171771_2374632.jpg
 平仮名でかんの温泉と表記されて紹介されることも多い。「菅野温泉旅館」1軒のみの営業であったが、経営者の都合により、2008年12月から休業中。
温泉地 [編集]
 大雪山国立公園内、標高780メートルの然別峡の支流のどん詰まりに一軒宿の「かんの温泉」が営業している。「かんの温泉」は湯治場の伝統を残し、レトロなムードいっぱいの木造の旧館には湯治客向けの炊事場も残るなど、かつての湯治場の雰囲気を今なお色濃く伝えている。多くの泉質を持ち、すべて源泉掛け流しで消毒剤も使用していない。
 中浴場(不動の湯)風呂は七福神にちなんだ「七福の湯」と名付けられたられた7つの湯舟がある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
=写真:菅野温泉浴場棟(左)と旧館 2006年6月27日撮影 も=
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E9%87%8E%E6%B8%A9%E6%B3%89
地図:緑☆印かんの温泉

[PR]
 上士幌町の糠平湖で、『幻の橋』タウシュベツ川橋梁 が、今年も姿を現しました。
 冬になって湖の水位が下がるため、旧国鉄士幌線アーチ橋群が姿を現します。
 この橋梁はコンクリート製で1937年(昭和12年)に完成。全長約130m、高さ11m。ダムの建設によって1955年に周辺がダム湖の糠平湖になり、水没しました。 毎年、湖の水位が下がる1月ごろから水かさが増す8月ごろまで姿を見せる「幻の橋」です。
 周囲の自然環境と調和した景観が高く評価され、平成13年10月、北海道遺産に指定されています。

《参考:タウシュベツ橋梁》
 雪と氷に覆われた湖面から橋脚が出ている晩冬期タウシュベツ橋梁(タウシュベツきょうりょう)は、北海道上士幌町の糠平湖にあるコンクリート製アーチ橋。タウシュベツ川橋梁とも呼ばれる。よく晴れた風のない日に、湖面に橋が映ると眼鏡のように見える。またアーチ橋ということもあり、「めがね橋」の別名を持つ。古代ローマの遺跡を思わせるその姿は、周辺の景色とも調和しているとされる。第1回北海道遺産に選定された「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」の1つである。b0171771_15333698.jpg
 もともとは、旧国鉄士幌線(1987年(昭和62年)廃線)が1939年(昭和14年)に十勝三股駅まで開通した際に、音更川の支流であるタウシュベツ川に架けられたものである。1955年(昭和30年)に、発電用人造ダム湖である糠平湖が建設され、橋梁周辺が湖底に沈むことになったため、士幌線は湖を避けるように新線が引かれた。その際に、橋梁上の線路は撤去されたものの、橋梁自体は湖の中に残されることとなり、現在までその姿をとどめている。
 糠平湖は人造湖であり、季節や発電によって水位が劇的に変化するため、橋梁全体が水に覆われてしまう時期もあれば、水位ゼロとなって橋梁全体が見渡せる時期もある。その様子から、「幻の橋」とも呼ばれる。
糠平市街に鉄道記念館があり、士幌線の説明資料や他の橋梁についての情報がある
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(写真も/2007年3月撮影)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Taushubetsu_Bridge_0703.jp

《参考:かみしほろん.com ひがし大雪をめぐるお話》
◇「出てきたタウシュベツ橋」2011年01月04日 18時52分
http://blog.kamishihoron.com/guidecenter/date/2011-01-04.html

◇「今日のタウシュベツ」2011年01月09日 16時47分
http://blog.kamishihoron.com/guidecenter/date/2011-01-09.html

◇「昨日のタウシュベツ」2011年01月17日 18時39分
http://blog.kamishihoron.com/guidecenter/archive/2011-01.html?page=2

◇「今日のタウシュベ」2011年01月26日 17時54分
http://blog.kamishihoron.com/guidecenter/date/2011-01-26.html

◇「すいませんが・・・」2011年02月02日 19時04分
http://blog.kamishihoron.com/guidecenter/date/2011-02-02.html
上記ホームページに、タウシュベツ橋が、徐々に姿を現す画像が掲載されています。
[PR]
 北の国十勝の冬の風物詩 第48回おびひろ氷まつり が、帯広市内の緑ケ丘公園で、1月28日(金)~30日(日)の3日間、行われました。主催は、「帯広のまつり推進委員会」。
 今回のメインテーマは、『愛の国「幸福物語」~ここからはじまる幸福物語~』
 会場には、大氷雪像、大滑り台、迷路などのほか、氷雪像約50基も並び、大勢の人で賑わいました。
b0171771_3242280.jpg

 今年のメインの大雪像は、テーマに因んで旧国鉄広尾線愛国駅に展示されているSLをモデルにした「幸福(しあわせ)列車」。全長16m、高さ4・5mで、煙突から水蒸気を上げる工夫がされていました。
b0171771_2405880.jpg

b0171771_241142.jpg

 多くの美しい氷の彫刻が展示され、幻想的な世界を作り出していました。
b0171771_2414272.jpg

 大氷雪像「雪と氷の遊園地」には、大型滑り台で賑わいました。
b0171771_2415593.jpg

 メインステージでは、盛りだくさんのイベントが続きました。
b0171771_242889.jpg


◇画像の提供は、地元帯広緑が丘在住の方から協力していただきました。感謝いたします。

《参考:おびひろ氷まつり花火中継映像》
http://www.ustream.tv/recorded/12319649#utm_campaigne=synclickback&source=http://www.tokachi.co.jp/ice/&medium=12319649
[PR]
 帯広の名物の豚丼をPRするため、2月10日を「豚丼の日」記念日とする取り組みが広がっています。b0171771_3403641.jpg
 これは、豚丼のタレを販売する芦別市の食品メーカー「ソラチ」が、2月10日の日付を、2で「ぶた」10で「どん」と読む語呂合わせから、記念日に決めたものです。
 すでに申請を受けた日本記念日協会では、2月10日を「豚丼の日」として、ホームページに掲載しています。
 写真は、私(ブログ作成者)が帯広を訪れた際、バスの車中で食べる豚丼のお店「ぶた八」をタクシーの運転手が案内していただいたワンシーンです。
 ここで買った豚丼弁当に「は、暖める仕掛けのサプライズがありました。

 ちなみに、2月10日は、語呂合わせで、次の記念日にもなっています。
きたの記念日(ツービートから)
ふとんの日

《参考:日本記念日協会 今日の記念日
http://www.kinenbi.gr.jp/cs/whatday.cgi
[PR]
 最近、十勝でも アライグマを捕獲・目撃 する件数が増えています。昨年(2010年)の十勝管内の捕獲頭数は22頭で、初めて帯広、大樹でも捕獲されました。b0171771_16554326.jpg
 管内では、2006年に鹿追町、2008年に清水町、2009年に新得町で捕獲されていました。
 十勝総合振興局も昨年7〜12月に、初めて生息状況調査(2006年以降に捕獲・目撃情報のあった10市町村対象)を行い、中札内と清水では合計7頭を捕獲、5町村で足跡などを計37件発見しました。
 道内で生息を確認したり、個体を捕獲した市町村は136市町村(昨年9月末現在)に上り、昨年の農業被害額は道央を中心に6000万円台となっています。

《参考:アライグマ》
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(写真も
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%9E

 アライグマ(洗熊、浣熊、Procyon lotor)は、哺乳綱食肉目アライグマ科アライグマ属に分類される哺乳類。アライグマ属の模式種。環境省指定特定外来生物及び日本生態学会指定日本の侵略的外来種ワースト100の定種。

続きは、ここ をクリック
[PR]
 北海道教育委員会(道教委)は、1月27日(木)、2011年度(平成23年度)公立高校入試の出願状況を発表しました。
 十勝管内の全日制普通科は、定員1720人のところ、出願者数は1695人で、倍率は 昨年度より0・1ポイント減 の1・0倍になっています。
 帯広柏葉が昨年度0・2ポイント減の1・2倍、帯広三条、帯広緑陽がそれぞれ0・1ポイント減の1・1倍、1・3倍となりまりました。
 町村校では上士幌が0・5ポイント、大樹が同0・1ポイント増と、2校が増加したほかは前年維持か下回っています。
 町村校普通科では音更が前年度比0・1ポイント減の1・1倍、芽室が同0・2ポイント減の1・1倍、幕別が同0・2ポイント減の1・0倍となったほかは全て定員割れとなり、新得、足寄は0・5倍と定員を大きく下回っています。
 なお、本別高校は、募集定員80名に対し、出願者は69名で、前年度と同じ0.9倍(0.86倍)になっています。
 道教委は28日から2月3日午後4時まで出願変更を受け付けます。推薦・連携型入試は2月14日(月)、一般入試は3月3日(木)に行われます。
 道教委の方針では1学年2学級の高校で在籍者が40人以下となると1学級に削減され、その後も生徒の増加が見込めない場合には閉校の可能性も出てきます。
b0171771_22355017.jpg

[PR]
 1月24日(月)、北海道国際航空(エア・ドゥ)は、3月27日に新規就航する 帯広―羽田線の運航ダイヤ 等について発表しました。

◆概要
(1)就航日 : 2011年3月27日(日)
(2)便数 : 1日3往復6便 ※全便ANAとのコードシェア便
(3)使用機材 : ボーイング737-500型機(126席)
=下写真:羽田空港のエア・ドゥボーイング737-500型機=

◆運航ダイヤ 【2011年3月27日~2011年10月29日のダイヤ】
便名 帯広発 → 羽田着b0171771_2401897.jpg
60便 09:40→11:30
64便 14:25→16:15
68便 19:05→20:55
便名 羽田発 → 帯広着
61便 07:10→08:50
65便 12:10→13:30
69便 16:50→18:30

◆運賃
片道運賃:30,300円
往復運賃:25,800円
道民割引運賃:22,900円
北海道発割引運賃:21,900円
(いずれも通常期)
[PR]
 1月25日(月)、北海道国際航空(エア・ドゥ)と日本航空は、3月27日以降の帯広-羽田線の割引運賃を発表しました。b0171771_19353457.jpg
 エア・ドゥは最安値を片道8,900円と設定したのに対し、日航は1万円の航空券を発売する予定です。
 1月25日現在で予約・購入可能な日航の最安値は、1万3800円で、エア・ドゥ参入を機に片道3千円以上の引き下げとなり、帯広空港への2社乗り入れによる競争効果が起きそうです。
 エア・ドゥは、4月28日までを記念期間に設定。搭乗28日前までに予約・購入する「AIRDOスペシャル28」のうち、最も安い往復料金を就航記念で片道分8900円としています。これは、通常期の片道普通運賃3万300円の3分の1を割る価格です。
 記念期間が終わる4月29日以降の最安値は1万4100円。搭乗3日前までに予約する「DOバリュー3」の最も安い運賃は2万5300円
 これに対し、日本航空は、搭乗45日前までに予約する「スーパー先得」の片道運賃を1万円(3月27日~5月2日)に設定。3月26日以前の「スーパー先得」から3千円以上の値下げとなる。搭乗28日前までに予約する「先得割引」は従来並みの1万5300円からです。
 日航の「スーパー先得」は5月3日以降、1万4300円からとなり、エア・ドゥとほぼ同額にする予定です。
=写真:エア・ドゥ羽田カウンター=

参考:北海道国際航空公式ホームページ
http://www.airdo.jp/ap/index.html
[PR]
 1月22日(土)、帯広信用金庫 と静岡県三島市の 三島信用金庫 が、業務提携を結ぶことになりました。
 これまでの両信金が結んでいた業務連携を発展させ、両地域の経済・産業交流のさらなる促進を図ることをねらいに、実現にこぎ着けました。b0171771_1553565.jpg
 この日、三島市内で開かれた三島信金の創立100周年記念式典で正式に発表されました。
 帯広信用金庫は、帯広市西3条に本社を置き、従業員数は426人。十勝管内では、「おびしん」の愛称で親しまれています。
《参考:帯広信用金庫TOPページ》
http://www.obishin.co.jp/index.html

《参考:帯広信用金庫》
帯広信用金庫(おびひろしんようきんこ)は、北海道帯広市に本店を置く信用金庫。
概要 [編集]
 2009年度現在、十勝支庁の7自治体(帯広市・浦幌町・上士幌町・鹿追町・新得町・大樹町・陸別町)の指定金融機関。1998年北海道拓殖銀行が破綻し、同銀行を指定金融機関に指定していた帯広市から、指定金融機関として指名される。(同様に指定していた幕別町、本別町は北洋銀行を指定した)。また旧忠類村の収納事務取扱金融機関であったが、2006年2月6日に幕別町に合併後は、幕別町の指定金融機関である北洋銀行が指定され、幕別町の収納代理金融機関のままとなった。
 2009年4月時点で、預金高は5,488億円と北海道内の信金では旭川信金に次ぐ2位。1985年から旭川信金を抜きトップとなっていたが、2002年に旭川信金が富良野信金を合併しトップに返り咲くと、そのまま2位となっている。同時期の自己資本比率は18.35%と旭川信金(16.39%)を上回っているが[1]、稚内信金(62.80%)には大きく水をあけられている。

Moreつづきは、ここをクリック
[PR]
 テレビや新聞などの報道によりますと、1月14日(金)の朝、陸別で氷点下28・8度 を観測するなど、十勝管内各地でこの冬一番の厳しい冷え込みとなりました。陸別は、全国一番の最低気温を記録しました。b0171771_20534177.jpg
 帯広測候所によると、氷点下20℃(以下「-」)を下回ったのは陸別のほか次の地点です。
◇幕別町糠内:-26・8℃
◇大樹:-25・6℃
◇豊頃町大津:-24・2℃
◇足寄で:24・1℃
◇とかち帯広空港:-24・0℃
◇本別:-23・4℃
◇池田:-23・1℃
◇芽室、中札内村上札内、更別:-22・4℃
◇浦幌:-20・8℃
以上の計12地点でした。
 なお、十勝管内全19観測地点のうち陸別、足寄、池田、浦幌、帯広空港、糠内、上札内、更別、大津、大樹の計10地点で今季最低気温を更新しました。
写真:全国で最低気温の陸別のダイヤモンドダスト現象
[PR]