カテゴリ:十勝の町や村の様子( 770 )

 6月2日(木)・3日(金)行われた囲碁の本因坊戦で、山下本因坊(32)が勝って シリーズ3連勝 しました。b0171771_4215510.jpg
 囲碁の第66期本因坊戦七番勝負(毎日新聞社、日本棋院主催)、山下敬吾本因坊(34)と挑戦者、羽根直樹九段の第3局は、十勝川温泉・第一ホテル豊洲亭の「豊洲庵」で行われ、235手までで山下本因坊が白番1目半勝ちしました。残り時間は羽根4分、道吾1分でした。
 本因坊道吾(どうわ)・山下敬吾九段は、これで本因坊初防衛まであと1勝としました。
 両者の対戦は、昨年に続いての対決で、山下本因坊は初防衛を、羽根九段は3期目の本因坊位を目指しています。

 山下本因坊は、1978年旭川市出身。1986年、 旭川市立東栄小学校2年生の時に少年少女囲碁大会小学生の部で歴代最年少記録で優勝し、小学生名人となりました。このときの決勝の相手はのちにプロでタイトル争いをすることとなる高尾紳路でした。
 1998年、新人王戦で初めての優勝し、2001年まで4連覇。七段だった2000年の碁聖戦で小林光一を破り、7大タイトルを初獲得。2003年、棋聖獲得により七段から九段へ飛び級昇段。2006年、棋聖位を羽根直樹から奪い返し、2009年まで4連覇を果たしました。
 これまでの羽根直樹との対戦成績は、通算で山下本因坊の28勝14敗でした。
 山下本因坊は、現在、日本棋院所属のプロ棋士で、羽「根直樹、張栩、高尾紳路らとともに「若手四天王」「平成四天王」と呼ばれています。
 2010年、本因坊位初獲得の就位式において、雅号を「道吾」とすることを発表しました。その理由は、歴代本因坊の一人、本因坊道策と、自身の出身地である北海道から「道」を取り、本名の敬吾からの「吾」の1文字と合わせたものです。「道産子」の棋士として、今後の活躍に期待したと思います。

 この対局では、帯広出身の宮沢吾朗九段(61)が立会人を務めました。宮沢九段は、大盤解説にも飛び入り参加し、地元十勝の囲碁ファンに歓迎を受けました。

 さて、会場の十勝川温泉・第一ホテル豊洲亭は、今年4月23日、「Spa Suite(スパ・スイート) 豊洲亭」として新装オープンしたばかり。全ての部屋に展望露天風呂を備えているのが特徴です。モール温泉を楽しみながら、十勝川のゆったりとした流れや日高山脈など雄大な風景を一望できます。

 なお、第4局は、6月15日・16日の2日間、石川県小松市粟津温泉の「法師」を会場に行われる予定です。

参考:十勝川温泉第一ホテル 豊洲亭・豆陽亭ホームページ
http://www.daiichihotel.com/
[PR]
 6月1日(水)、北海道各地で気温が低下し、氷点下を記録する所もありました。
 オホーツク海から冷気が吹き込み、道東や道北では、4月下旬から5月上旬並みの気温となりました。北見市留辺蘂は、最低気温が氷点下2.0度で、6月の観測史上最低を記録しました。
 この日は、節電を目的に国が提唱する「スーパークールビズ」の初日でしたが、寒すぎるスタートとなりました。
 十勝管内では、ぬかびら源泉郷大樹で氷点下1.0度を記録し、池田糠内でも、氷点下になりました。
b0171771_4273853.jpg

地図 緑☆印:北見市留辺蘂 青☆印:ぬかびら源泉郷 紫☆印:大樹

[PR]
 国道273号の上士幌町幌加地区で、ミズバショウが見頃を迎えています。
 国道273号は、帯広市をを起点とし、士幌町、上川町などを経て紋別市に至る国道です。その中で、ぬかびら源泉郷と道内の国道では最高所の峠である三国峠の中間になる幌加地区で、ミズバショウがドライバーの目を慰めています。

 下記「露天風呂マニアの温泉探索記」の5月24日付けのホームページに、美しい画像が掲載されています。ぜひ、アクセスしてみてください。


参考:露天風呂マニアの温泉探索記ホームページ「十勝三股・これ温泉!?」
http://blog.goo.ne.jp/akkii83/e/105427cf7450390415856c59f4f2cfb8

地図 緑☆印 :上士幌町幌加地区

[PR]
 5月22日(日)、奥田眞行氏が会長を務める大樹町の 「歴舟川の清流を守る会」 が、大樹市街地の歴舟川周辺でごみ拾いなどの活動をしました。
 歴舟川は、日高山脈に源をもち、昭和62年以降7回(昭和62・63・平成元年・3・5・12・21年)、環境省の水質調査により「日本一の清流」と認められています。また、平成8年には国土省から水の郷百選にも選ばれました。
 その後、守る会のメンバーは、歴舟川支流の「中の川」上流でも、魚道の確認をしました。
 国土交通省北海道開発局が行った2002年度「わが村は美しく-北海道」運動・第1回コンクール景観部門に、歴舟川の清流を守る会が「清流・歴舟川の保護と周囲の景観づくり」として応募している内容が、下記のホームページに紹介されています。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
はじまりは?
 歴舟川は日高山脈を源に太平洋まで大樹町1町だけを流れる川で、昔から「母なる川」として住民に親しまれてきました。毎年行われる環境省公共用水域水質測定では、1987年から2000年までに6回日本一の清流に指定を受け、「水の郷100選」にも選ばれている清流です。過去に3年連続日本一の指定を受けてから5年間空白があったことがきっかけとなり、自然保護に興味のある人たちが川を守る会を設立し、保護活動を進めています。

歴舟大樹橋での流木撤去作業
●おもな活動
 1992年の設立以来、歴舟川の自然景観を守る活動を展開。ゴミ拾いや流木撤去などの美化活動をはじめ、家畜ふん尿や野積堆肥が河川に流入する箇所を調査し、改善を求めるなどの取り組みの成果から、2000年度には7年ぶりに日本一の清流に指定されました。
 また、川を取り巻く景観づくりにも力を入れ、河畔林への植栽を実行。5月~9月までの日曜朝には会が植栽した桜並木を見ながら、堤防の桜づつみ遊歩道を歩く会を開いています。
 ほかにも魚道の視察や水生動物の生息調査、ヤマベや小魚の放流、講演会の実施など活動は多岐に渡っています。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:国土交通省北海道開発局2002年度「わが村は美しく-北海道」運動・第1回コンクール景観部門「歴舟川の清流を守る会」
http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_nogyo/wagamura/contest/01/scene/k_26/index.html

 なお、2002年度「わが村は美しく-北海道」運動・第1回コンクール地域特産物部門に、本別町から 「本別発 豆ではりきる母さんの会」 が応募し、銅賞に選ばれています。
http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_nogyo/wagamura/contest/01/area/t_26/index.html

地図緑☆印:大樹町中心街を流れる歴舟川  青☆印:中の川・歴舟川合流地点

[PR]
 6月2日(木)・3日(金)、囲碁の本因坊戦が、十勝川温泉で行われます。
 囲碁の第66期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催)は、北海道旭川市出身の本因坊道吾(どうわ)・山下敬吾九段(32)が挑戦者の羽根直樹九段に2連勝しています。
 第3局は、音更町の十勝川温泉第一ホテル (写真) を会場にして行われます。

◇山下 道吾(やましたどうご)本因坊
昭和53年9月6日生。北海道旭川市出身。
菊池康郎氏(緑星囲碁学園)に師事
平成5年入段、同年二段、7年三段、8年四段、9年五段、10年六段、12年七段、15年九段(棋聖獲得により)
日本棋院東京本院所属

◇羽根 直樹(はねなおき)九段
昭和51年8月14日生。三重県出身。
平成3年入段、同年二段、4年三段、同年四段、6年五段、8年六段、10年七段、12年八段、14年九段
羽根泰正九段は実父。羽根しげ子初段は夫人。
日本棋院中部総本部所属

参考:日本棋院「第66期 本因坊戦 挑戦手合七番勝負」
http://www.nihonkiin.or.jp/match/honinbo/066.html

写真 赤☆印 十勝川温泉・第一ホテル


「本因坊戦」についてクリック
[PR]
 5月29日(日)午後、JR石勝線の 脱線・火災事故 を起こした特急「スーパーおおぞら14号」の全車両が、トンネルの外へ引き出されました。
 前後をディーゼル機関車2両で牽引された車両は、約40時間ぶりにトンネルの外に出されました。車両は、熱でゆがみ、塗装が焼けただれ、窓ガラスがすべて割れていました。その後、道警や消防、国の運輸安全委員会などが車体を調査を始めました。
 私(ブログ作成者)も、故郷十勝に帰省するため、新千歳空港から帯広へ、JR石勝線の特急「スーパーおおぞら」や特急「スーパーとかち」を利用することがあります。そのとき、トンネルが多いことが気になっていました。b0171771_8504031.jpg
 石勝線は、日高山脈を貫くため、北海道内の山岳トンネルで最長の5,825mの新登川トンネルをはじめ、5,790mの新狩勝トンネル、5,700mの登川トンネルなど長いトンネルが連続しています。したがって、685mの第1ニニウトンネルは、長さとしては短いトンネルだったのです。  
 また、今回の脱線・火災事故では、煙が車内に充満する中、車外への避難を促すアナウンスは最後まで流されなかったことで、JR北海道の対応を疑問視する声が出されています。

 なお、.30日(月)から、JR石勝線が全区間運転再開しました。
 脱線や火災で損傷したレールやトンネル内の通信機器などの補修を終え、30日は「スーパーおおぞら1号」(釧路-札幌)と「スーパーとかち2号」(帯広-札幌)の2本が運休しましたが、それ以降の特急列車は通常通りの運行に戻りました。
 29日(日)は、「スーパーとかち」(札幌-帯広)など特急12本が全面運休し、特急の「スーパーおおぞら」(札幌-釧路)12本が新夕張-占冠間を部分運休しました。

参考:石勝線
 石勝線(せきしょうせん)は、北海道旅客鉄道(JR北海道)の鉄道路線(幹線)。北海道千歳市の南千歳駅から夕張市を経て上川郡新得町の新得駅を結ぶ本線と、夕張市内にある新夕張駅 - 夕張駅間の支線からなる。
 路線名は、本路線が接続する地域の旧称石狩国・十勝国から採られている。なお、石勝線として編入される以前の追分駅 - 夕張駅間は夕張線(ゆうばりせん)と称していた。現在でも新夕張駅 - 夕張駅間の通称として用いられている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%8B%9D%E7%B7%9A

 十勝毎日新聞が、29日の紙面で、「部品脱落し脱線か 無残な姿見せる石勝線特急」と事故原因と事故時の問題点について伝えています。

十勝毎日新聞の記事はここをクリック
[PR]
b0171771_224030.jpg
帯広駅に停車中の特急スーパーおおぞら

 5月27日(金)、JR石勝線の占冠-新夕張間の 第1ニニウトンネル 内で釧路発札幌行きの6両編成・特急スーパーおおぞら14号で、車両火災 が起きました。 この事故で死者はなかったものの、40人がで帯広厚生病院などに運ばれました。
 なお、火災は9時間以上続き、6両の全車が焼け焦げてしまいました。
 「スーパーおおぞら14号」はディーゼル車で編成され、部品の脱落が脱線を引き起こし、その結果車両火災発生したと考えられます。
 現場ではトンネル入り口の約600m手前のポイント切り替え付近からレール中央の枕木に車輪がこすれたとみられる跡が残っていました。

 さて、新聞やテレビでは報道されていませんが、火災事故が第1ニニウトンネル(延長685m)を通過して次の 新登川トンネル (延長5,825m)まで進んでから発生した場合、さらに大きな被害が出たことが予想されます。
 新登川トンネルは、石勝線で最長で、乗客は数キロメートルにわたり暗黒と煙の中をトンネルから脱出しなければならなかったからです。事故の発生時間が深夜であり、一酸化炭素中毒などの被害がもっと増えた可能性があります。
 今回の脱線・火災事故は、長いトンネルが多い石勝線での安全運行の徹底について、警鐘を鳴らしているのではないでしょうか。

 十勝毎日新聞が、「特急がトンネルで火災」と、詳細を伝えています。

【占冠・帯広】 27日午後9時55分ごろ、JR石勝線占冠-新夕張間の第1ニニウトンネル(上川管内占冠村ニニウ、延長685メートル)内で、釧路発札幌行きの特急スーパーおおぞら14号が車両火災を起こし、緊急停止した。乗客約240人は、トンネル外に徒歩で避難した。40人が煙を吸い一酸化炭素中毒の症状を訴えるなどで帯広厚生病院などに搬送されたが、いずれも軽症とみられる。28日午前10時すぎには車内も含めトンネル内に取り残された人がいないことが確認された。後ろから2両目が脱線しており、道警と国土交通省が事故の原因を調べている。この事故の影響で、釧路-札幌間の特急列車20本が運休した。

 JR北海道によると、列車は6両編成で、3号車の乗務員が走行中の異音に気付き、列車を緊急停止させた。その時点で煙は確認されなかったが、先頭の6号車を点検して3号車に戻った時点で車内に白煙がでていた、という。
 乗客は乗務員の誘導で先頭車両に移動、非常用ドアコックで扉を開け車外に降り、煙が充満している真っ暗のトンネル内を歩いて列車の進行方向側(新夕張側)に避難した。全車両が燃え、28日午前7時36分に鎮火した。

 トンネルの東側には、列車が脱線したとみられる跡が数百メートルにわたって、コンクリート製の枕木などに残っている。国土交通省運輸安全委員会は調査官ら4人を派遣、28日午後、現地に入り、事故原因などの調査を開始した。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞 - 2011/05/28 14:28
http://www.tokachi.co.jp/news/201105/20110528-0009323.php

地図赤☆印:JR石勝線第1ニニウトンネル    橙☆印:新登川トンネル


[PR]
 5月24日(火)、鹿追町観光協会主催で 然別湖の「湖水開き」 が、湖畔で実施されました。
 オショロコマ感謝式、殉職者・水難者慰霊式、登山安全祈願式が行われ、その後、参加者が湖に献花し、体長7、8cmに成長したオショロコマの亜種であるミヤベイワナの稚魚500匹を放流しました。b0171771_22224371.jpg
 引き続き、外来種のウチダザリガニの防除を継続していく計画です。
 なお、5月21日(土)から、然別湖遊覧船が運行開始されました。
 また、21日(土)・22日(日)、「しかおい花市」が開催されました。

参考:鹿追町ホームページ
http://town.shikaoi.hokkaido.jp/home.html

写真:然別湖畔、奥の山は天望山(左)・白雲山(右)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%B6%E5%88%A5%E6%B9%96

「然別湖」についてクリック
[PR]
 新得町屈足地区で、アライグマが捕獲されました。
 十勝毎日新聞が、「新得町が特定外来生物のアライグマ捕獲に力」 と、伝えています。(写真イメージ)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 新得町は、特定外来生物のアライグマの捕獲に力を入れている。農作物や畜舎を荒らしたり、病原菌などを媒介する恐れがあるため、わなを設置し個体数の減に努めている。効率的な捕獲には目撃情報に基づくわな設置が有効とし、「見かけたら役場に連絡を」と呼び掛けている。b0171771_3462374.jpg
 アライグマは北米、メキシコ原産で、日本ではペットとして入った個体が野生化したとされる。昨年末現在、道内136市町村で捕獲・生息を確認。管内ではこれまでに14市町村で確認、7市町村で捕獲され、生息域は年々拡大しているとみられている。
 新得では2009年から箱わなによる捕獲を開始。水辺を好むため、雪の影響を受けない4~11月に河川沿いを中心に10基前後を仕掛けてきた。捕獲の実績は同年が28頭、10年が3頭。町は「昨年は大きく減り、わな設置の効果があったと思われるが、それまでなかった隣町でも捕獲され始め、全体で減っているわけではないのでは」(産業課)としている。
 アライグマは雑食性で、天敵がいないこともあって繁殖力も高く、生息拡大は深刻。道総研畜産試験場(新得)の調査では、08~10年に管内で捕獲したアライグマ53頭のうち、7頭がサルモネラ菌を保有していたことが確認されている。家畜への病気の媒介、農作物被害、生態系への影響など、愛らしい姿からは連想しにくい深刻な影響が問題となっている。
 16日には今年1頭目が町屈足地区で捕獲された。町は狩勝寿事業団に管理を依頼、同事業団は2日に1回、見回りを行っている。
 アライグマの対策としては餌となるものを屋外に放置しないことや、畜舎などへの侵入防止対策が重要。今年は11基の箱わなを仕掛けているが、町は「見た目と違って凶暴。(わなに)入っているのを見かけたら、触れずに連絡を」とし、効率的な捕獲のための情報提供を呼び掛けている。(高田敦史)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年5月19日
http://www.tokachimail.com/shinntoku/

参考:アライグマ
 アライグマ(洗熊、浣熊、Procyon lotor)は、哺乳綱食肉目アライグマ科アライグマ属に分類される哺乳類。アライグマ属の模式種。環境省指定特定外来生物及び日本生態学会指定日本の侵略的外来種ワースト100の指定種。(中略)
日本での野生化 [編集]
 アライグマは北米原産であり、日本には生息していなかったが、1962年、国内で初めての野外繁殖が岐阜県可児市で確認された(愛知県の動物園からの逃亡個体)。1970年代以降には、アニメ「あらいぐまラスカル」人気などから、ペットとしてアメリカから多数の個体が輸入されるようになり盛んに飼育されるようになった。しかし、飼育の歴史が浅い野生動物を犬猫同様のペット感覚で飼育・販売したことなどが原因で、成獣を飼い切れなくなった者が遺棄したり、飼い主から逃亡したりしたことがきっかけで、野生化するようになった。
 野生化したアライグマは天敵(ピューマなどの肉食獣)が日本にいなかったため、急速に生息域を広げ、40を超える都道府県で生息確認され北海道・東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県・石川県・岐阜県・愛知県・京都府・和歌山県で繁殖が確認された。特に神奈川県三浦半島、埼玉県ときがわ町は、生息密度が高いことで知られる。 野生のアライグマはタヌキと誤認されることがある。
 定着地域では作物や錦鯉等の食害が発生している他、家屋(殊に寺社が利用されることが多い)の屋根裏に侵入、ねぐらとすることによる汚損が報告されている。また、カエル・カメ・サンショウウオ・ネズミなどの小動物類を幅広く捕食する雑食性の上に繁殖力が強いため、在来生態系に影響を与えている可能性も指摘されている。千葉県では2008年アライグマが原因と見られる食害で、減少が危惧されているニホンイシガメを含む、100匹以上に及ぶ在来カメ類の死体が発見された事例がある[1]。また、有毒であるアカハライモリ・ニホンヒキガエル等の生物は洗って毒抜きをした後に捕食する様子が観察されている[2]。
 また、懸念されているアライグマ回虫等の人畜共通感染症は、日本では感染例がなく、アライグマ回虫が寄生した野生アライグマは確認されていない(2002年10月時点)。予防のためには、アライグマ回虫卵を含む可能性のある、アライグマ等の糞で汚染された土、その他を摂取することを避けることが重要である[3]。
 アライグマのほか、タイワンリスやタイワンザル等外来種(外来動物・外来植物)の問題は生態系保護の観点から急務となっていたが、その解決を目的として「外来生物法」が制定された。同法では人的被害や環境影響から守るため、これらの外来種を防除できるとする。しかし、防除対策の実行主体である地方自治体へは一部の動物愛護団体が、アライグマの防除を殺戮であると主張して反対し、圧力をかけ続けている。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』2011年5月12日 (木) 17:57
(写真も)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Raccoon_climbing_in_tree_clipped.jpg
[PR]
 改築される幕別町立糠内小学校に、 直線で100mの廊下 が計画されています。
 糠内小学校から、女子陸上競技短距離100mと200mの日本記録を持つ福島千里選手が卒業しているからです。
 今回の計画について、十勝毎日新聞が、「福島千里選手の母校に「100メートル」廊下」と詳しく伝えています。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【幕別】僕らの廊下は「100メートル」−。幕別町が改築(建て替え)を計画している糠内小学校(庄司克哉校長、児童18人)東側校舎の設計が固まった。同校は幕別出身で北京五輪陸上女子日本代表の福島千里選手(北海道ハイテクAC−帯南商高出)の母校で、新校舎完成後の廊下の長さは隣接の西側校舎分と合わせて、福島選手が日本記録を持つ「100メートル」になるよう設計された。保護者や地域住民の「子供たちに夢を与えたい」との要望を取り入れた。
 同校の校舎は、ともに平屋の東側校舎と西側校舎が東西に一直線に並ぶ形態。このうち東側校舎は1957年建築のブロック造りで、老朽化と耐震性の確保から現在地で建て替える。
 改築後の東側校舎は木造で面積568平方メートル。廊下を挟んで南側に普通教室3室、北側に男女トイレ、多目的トイレ、フリースペースが配置される。西側校舎は既に鉄骨で補強するなど耐震化改修工事を終えているため、そのまま使う。
 設計に当たり、町教委はPTAや学校運営協議委員らで構成する改築検討委員会を立ち上げ、管内他校の視察やアンケートを行った。この中で委員から「世界の舞台で活躍している人(福島選手)がこの学校で育ったことを子供たちに知ってもらい、夢を与えたい」と、廊下の長さを西側校舎と合わせて「100メートル以上」とするよう要望があった。町教委もこれを受け、設計に取り入れた。
 現在の廊下は幅2.8メートル。東西に連なる両校舎の中央を走り、西側校舎の端から東側校舎の端まで122メートルある。「走ってはいけません」とのポスターが貼られているが、児童は「直線の長い廊下なので、つい走りたくなっちゃう」と笑顔を見せる。
 新・東側校舎は6月の定例町議会に建設費を提案、可決後に着工し、年度内の完成を目指す。内壁に木を多用したぬくもりある造り。「100メートル」廊下の導入について、学校側は「福島選手本人も在校当時、この廊下を歩いていた。偉大な先輩がいることは、子供たちの自信につながるのでは」(庄司校長)と期待している。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年05月18日 14時40分
http://www.tokachi.co.jp/news/201105/20110518-0009219.php

参考:幕別町ホームページ「糠内小学校」
http://www.town.makubetsu.lg.jp/makubetsucho/gakkoukyouikuka/gakkou-hp/nukanaishou.jsp
[PR]