カテゴリ:未分類( 47 )

b0171771_01373572.jpg
参考写真:アスペルガー症候群の人たちは特異的な興味を持つ。上の少年は分子構造に魅惑を感じている。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4


 4月2日,アスペルガー症候群の診断を受け,不登校などを経験した帯広在住の本間崚君が,自らを研究し,相手の表情を描く手法を使って不登校を克服した体験を,ベトナムで開かれる 障害者支援セミナーで発表 します。
 現地を支援する愛知のNPO法人から招待を受けました。


 十勝毎日新聞が, 「アスペルガーの本間君 ベトナムで体験発表」 と伝えています。


 アスペルガー症候群の診断を受け,不登校などを経験した本間崚(りょう)君(15)=帯広=が4月2日,自らを研究し,相手の表情を描く手法を使って不登校を克服した体験を,ベトナムで開かれる障害者支援セミナーで発表する。現地を支援する愛知のNPO法人から招待を受けた。4月から高校生になる本間君は「一人でも多くの人の参考になればうれしい。自分も現地でいろいろ学びたい」と話している。

 アスペルガーは発達障害の一つで,相手の表情が読み取れないなどの傾向が見られる一方,特定分野の知的能力が高い例もある。本間君は10歳のとき,アスペルガーと診断。人と話すことなどが苦手で友人関係などに悩み,14歳のときに不登校になった。心配した父が学校に行くよう強く求め,本間君は落ち込み,自分を責め,入院も経験したという。

 克服のきっかけは,主治医に紹介された「当事者研究」の場。統合失調症の人たちが生み出した克服への自助アプローチを仲間と行うもので,具体的には生活の苦労を「研究テーマ」としてアドバイスし合い,自身で実践する-を繰り返す。

   -略-

 29日に日本を出発,現地の身体障害者施設や学校などを視察して4月5日に戻る予定。
(佐藤いづみ)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月29日11時01分の記事


参考:アスペルガー症候群
 アスペルガー症候群(アスペルガーしょうこうぐん,Asperger Syndrome, AS),アスペルガー障害(Asperger disorder,AD)とは,知的障害を伴わないものの,興味・コミュニケーションについて特異性が認められる自閉症スペクトラム(ASD)の一種である。5つある広汎性発達障害(PDD)グループの一つに分類されている。オーストリアの小児科医のハンス・アスペルガーにちなんでつけられた診断名である。
 2013年のDSM-5改定においてはASの診断名は削除され,代わりにASDの深刻度にて記載するようになった。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4


[PR]
b0171771_11294601.jpg
工事中の道東自動車道=2014年6月白糠町内で撮影

 3月12日,道東自動車道の白糠インターチェンジ(IC)-庶路IC- 阿寒IC14kmが開通 しました。釧路管内白糠町-釧路市阿寒町が繋がりました。
 また,釧路外環状道路の釧路西IC-釧路中央IC-釧路東ICの延長9.9kmも,同日,開通しました。
 道東道のICが釧路市内に誕生するのは初で,十勝を含む道東の物流や観光促進などが期待されます。
 午前10時半から開通記念式や阿寒IC本線上での通り初め式が開かれ,青空の下,関係者約500人が開通を祝いました。
 国による新直轄方式の片側1車線で,本別IC-阿寒IC間の通行は無料です。
 道東道本別-釧路間65kmのうち,48kmが開通しました,が阿寒IC以東17kmの開通時期は,現在未定です。


◇3月12日開通・時期未定区間
 ▽道東自動車道 白糠IC-庶路IC-阿寒IC間(延長14km)開通
 ▽道東自動車道 阿寒IC
釧路西IC間 時期未定
 ▽釧路外環状道路 釧路西IC-釧路中央IC-釧路東IC(延長9.9km)開通
 ▽釧路外環状道路 釧路東IC-釧路別保IC H30年度開通予定

b0171771_06020967.jpg
参考写真:釧路市幣舞(ぬさまい)橋
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%A7%E8%B7%AF%E5%B8%82

 十勝毎日新聞が, 「道東道阿寒IC開通 釧路延伸,観光に期待 釧路」 と伝えています。

 道東自動車道の白糠インターチェンジ(IC,釧路管内白糠町)-阿寒IC(釧路市阿寒町)間14キロが,12日に開通した。道東道のICが釧路市内に誕生するのは初で,十勝を含む道東の物流や観光促進などが期待される。午前10時半から開通記念式や阿寒IC本線上での通り初め式が開かれ,青空の下,関係者約500人が開通を祝った。

 午後4時から一般車両の通行が始まる。

 国による新直轄方式の片側1車線で,通行は無料。道東道本別-釧路間65キロのうち,48キロが開通した。阿寒IC以東17キロの開通時期は未定。

 同日に開通した自動車専用道路「釧路外環状道路」の釧路西IC-釧路東IC(9.9キロ)と合同の開通記念式は,釧路町内で開催。道横断自動車道釧路地区早期建設促進期成会の蝦名大也会長(釧路市長)は「釧路と根室,オホーツク,十勝が近づき,東北海道全体が1つの大きな経済圏に成長するための新たなスタートに位置づけたい」と式辞を述べた。
   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年03月12日 13時46分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201603/20160312-0023215.php


[PR]
b0171771_07235433.jpg
ぶたどんまん
=2015年10月,北海道フェアで撮影


 3月3~5日,ロシア・ハバロフスクで「食品と園芸品の国際見本市」が開かれました。
 「ぶたどんまん」が,北海道の職員らと共に十勝の 豚丼,加工食品をPR しました。
 道の試食ブースは,3日間で約1600人が訪れる好評ぶりでした。
 豚丼を約150食用意しましたが,2日目に足りなくなり,急きょ,ロシアの食品会社「ラチミール」のブースでソーセージを購入して対応しました。


b0171771_07161719.jpg
参考写真:ハバロフスク(ムラヴィヨフ・アムールスキー通り)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%90%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AF


 十勝毎日新聞が, 「ぶたどんまんピンチ!? ロシアで国際見本市」 と伝えています。


 ロシア・ハバロフスクで開かれた食品と園芸品の国際見本市(3~5日)で,道の職員らと共に十勝の豚丼,加工食品をPRした「ぶたどんまん」。道の試食ブースは,3日間で約1600人が訪れる好評ぶり-。

 用意した豚丼は約150食。現地の米と豚肉を使い,北海道から持参した豚丼のたれをかけて提供した。2日目に豚肉が足りなくなり,急きょ,同国の食品会社「ラチミール」のブースでソーセージを購入して対応した。

 ソーセージを模した同社のゆるキャラと,ぶたどんまんが記念撮影し,ピンチを乗り切ったことをたたえ合った。
   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年3月11日 13時57分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201603/20160311-0023198.php


[PR]

b0171771_02300544.jpg
参考写真:クラーク博士胸像(北海道大学構内)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6


 札幌の観光名所でもある北大クラーク胸像を制作した本当の作者を明らかにする著書が発刊され,美術界で注目されています。
 知られざる真の作者は,帯広・中島公園の依田勉三立像を作った彫刻家田嶼碩朗(たじま・せきろう,1878~1946)で,戦後,別の彫刻家が作者として定説化していたため,田嶼の末娘山崎貞子さんが,初の著作「彫刻家 田嶼碩朗」で真相を究明,亡き父の功績に光を当てました。
 田嶼は明治,大正,昭和にかけて活躍し,道内では,札幌大通り公園・聖恩讃仰塔(せいおんさんぎょうとう)など40基以上を制作しました。帯広市中島公園の依田立像は1941年の田嶼作だが,戦時供用で現在は別の彫刻家が再建されました。しかし,多くが戦時下の貴金属回収令で撤収された不運な芸術家でもあります。

b0171771_02393756.jpg
参考写真:依田勉三立像(帯広市中島公園)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%9D%E7%94%B0%E5%8B%89%E4%B8%89


 十勝毎日新聞が, 「北大クラーク像は亡父の作品 末娘が真相究明し著書に 帯広」 と伝えています。


 札幌の観光名所でもある北大クラーク胸像を制作した本当の作者を明らかにする著書が発刊され,美術界で注目されている。知られざる真の作者は,帯広・中島公園の依田勉三立像を作った彫刻家田嶼碩朗(たじま・せきろう,1878~1946)。戦後,別の彫刻家が作者として定説化していたため,田嶼の末娘山崎貞子さん(90)=札幌=が初の著作「彫刻家 田嶼碩朗」で真相を究明,亡き父の功績に光を当てた。

 田嶼は明治,大正,昭和にかけて活躍。道内では,札幌大通り公園・聖恩讃仰塔(せいおんさんぎょうとう)など40基以上を制作した。しかし,多くが戦時下の貴金属回収令で撤収された不運な芸術家でもある。

 「BOYS BE AMBITIOUS」の文字が刻まれた北大クラーク胸像も同じ運命をたどった。クラーク博士は北大の前身・札幌農学校の象徴的な教育者。北大の依頼を受けた田嶼が1926年に制作したが,43(昭和18)年戦争に供出された。

 作者の誤表記は,戦後の胸像再建立がきっかけ。戦前の胸像のまま再現しようと,札幌独立キリスト教会に保存される田嶼の石こう原型を使い鋳造した。田嶼が他界したこともあり,監修として関わった別の彫刻家が作者のように誤って伝えられた。

 彫刻の専門書でも誤表記が見つかる現実に,山崎さんは危機感を抱き,2006年調査を思い立った。「芸術家にとって作品は命。クラーク胸像は父が一生懸命制作した作品だと知ってほしい」と出版した。著書(共同文化社刊)はA5判,414ページ,田嶼のほかの作品も紹介している。

   -略-


<田嶼碩朗>

 福井県生まれ。東京美術学校卒。明治天皇,大正天皇の用命を受けた制作も。海軍大将東郷平八郎から称賛され,詩人室生犀星と親しかった。中島公園(帯広市東3南2)の依田立像は1941年の田嶼作だが,戦時供用で現在は別の彫刻家が再建した。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年03月9日 13時54分日時分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201603/20160309-0023179.php


[PR]
b0171771_02480854.jpg
参考写真:「スーパーおおぞら」(2007年1月 浦幌駅 - 上厚内駅間)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%9E%E3%82%89_(%E5%88%97%E8%BB%8A


 JR北海道は,3月26日のダイヤ改正に伴い,札幌-釧路間の特急「スーパーおおぞら」のグリーン車で実施している客室乗務員によるおしぼり,飲み物,毛布,雑誌等の サービスを終了 することになりました。


b0171771_02494844.jpg
停車中の「スーパーおおぞら」
=2012年8月,JR帯広駅で撮影


 十勝毎日新聞が, 「グリーン車サービスを終了,スーパーおおぞら」 と伝えています。


 【札幌】JR北海道は,札幌-釧路間の特急「スーパーおおぞら」のグリーン車で実施している客室乗務員のサービス(おしぼり,飲み物,毛布,雑誌)を,3月26日のダイヤ改正に伴い終了する。


 同サービスは,下り(札幌-釧路間)のスーパーおおぞら3,5,7,9号と上り(釧路-札幌間)の4,6,8,10号で実施。ダイヤ改正以降も,各列車で実施中の車内販売は継続。3月1日以降は「夕張メロンゼリー」も販売する。(浅利圭一郎)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年02月24日10時40分の記事


[PR]

b0171771_07365995.jpg
参考写真:アラモアナ・ショッピングセンター
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC


 ハワイで 十勝産小豆を使った 四角いあんパン が販売されています。あんパンは丸い形が当たり前。
 売り出したのは,アラモアナ・ショッピングセンターに店を持つ「BURG」で,昨年12月,JTBハワイの求めで,ホノルル・マラソンのランナーに配る十勝産小豆入りのあんパンを作りました。
 「おいしい。品の良い味」と,評判が良いので,常時,店に置くことになりました。


b0171771_07400504.jpg
本別産大納言小豆=2015年10月北海道フェアで撮影

 十勝毎日新聞が, 「十勝産小豆を使った四角いあんパン ハワイに」 と伝えています。

 「所変われば,品変わる」-。あんパンは丸い形が当たり前。ところが,ハワイには十勝産小豆を使った四角いあんパンがあった。

 売り出したのは,アラモアナ・ショッピングセンターに店を持つ「BURG」(本社札幌)。同店は昨年12月,JTBハワイの求めで,ホノルル・マラソンのランナーに配る十勝産小豆入りのあんパンを作った。「おいしい。品の良い味」と,あまりにも評判が良いので,常時,店に置くことに。
   -略-
 商品名は「Tokachi Mochi Cube」。(主筆・林光繁)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年12月30日11時21分の記事


[PR]

 第27回北海道フェアin代々木~ザ・北海食道~が,盛況jのうちに終了しました。
 今回は,会場に北海道から ゆるキャラが多数上京 しました。

b0171771_04415145.jpg
 BUTADON MAN(ブタドンマン)」は,十勝の誇る有名「豚丼」をPR。
b0171771_04421916.jpg
 「どこでもユキちゃん」は,北海道新幹線開業PRキャラクターです。来春、3月26日に北海道新幹線が開業する予定です。

More 「ゆるキャラが多数登場」のつづき
[PR]

b0171771_03523124.jpg
参考写真:択捉島
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(地図も)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%9E%E6%8D%89%E5%B3%B6


 8月21~24日の4日間,帯広市出身の上智大学生小杉拓己さんが,北方四島交流訪問事業で 択捉(えとろふ)島を訪れ交流 しました。
 首都圏の大学間サークル「日本ロシア交流協会」で活動する小杉さんは「元島民家族や現地住民など多くの人と交流し,ホームステイしながら,紗那(しゃな,ロシア名クリリスク)近郊を視察しました。
 小杉さんは帯広緑丘小,帯広第五中,帯広柏葉高を卒業し,今年4月に上智大総合グローバル学部に入学しました。かねて日本の安全保障問題や領土問題に関心があり,ロシアの学生とのホームステイを中心とした国際交流を進めている交流協会に入りました。


b0171771_03524323.jpg
北方領土地図(D.択捉島/5.紗那村)

 十勝毎日新聞が, 「帯広出身の学生,小杉拓己さんが択捉島訪問」 と伝えています。

 帯広市出身の大学生,小杉拓己さん(18)=埼玉県在住=が,北方四島交流訪問事業(8月21~24日)で択捉島を訪れた。首都圏の大学間サークル「日本ロシア交流協会」で活動する小杉さんは「元島民家族や現地住民など多くの人と出会い,さまざまな話を聞けた。機会があれば,また行きたい」と話している。

 小杉さんは帯広緑丘小,帯広第五中,帯広柏葉高を卒業し,今年4月に上智大総合グローバル学部に入学。かねて日本の安全保障問題や領土問題に関心があり,ロシアの学生とのホームステイを中心とした国際交流を進めている同サークルに入った。

 5月末の北方四島交流受入事業にも従事し,東京を訪れたロシアの中・高生約40人をもてなした。訪問事業では同サークルから国後島5人,択捉島3人が選ばれ,小杉さんは択捉島を訪れた団員20人の最年少メンバーとして参加した。

 ホームステイしながら紗那(しゃな,ロシア名クリリスク)近郊を視察,「手つかずの土地も多い風景は北海道に似ていたが,ロシア政府によるクリル諸島社会経済発展計画の下,着々とロシア化が進んでいる印象」と振り返る。住民交流会などにも参加したが,「子供たちにも愛国教育が徹底し,領土観は日本人と全く違う」と話す。

 滞在中は,択捉島を初訪問したロシアのメドベージェフ首相が乗る大規模な車列に遭遇。本土と択捉島の間にある国後島の沖では,ロシア側に拿捕(だほ)された広尾漁協所属の第十邦晃丸を目にし,領土問題の厳しい現実を肌で感した。

   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年09月15日07時00分の記事


[PR]
b0171771_19381657.jpg
帯広大谷短期大学(音更町)
=2015年8月撮影

 帯広大谷短期大学は、全学的に 手話教育に取り組む 方針で、今年度の後期から講義を開き、来年度から単位化させる予定です。

b0171771_20452155.jpg 十勝管内では新得、鹿追の両町が既に手話条例を制定し、帯広市も条例制定を目指すなど手話を言語として位置付けていく動きがある中で、大谷短大もこの流れに乗り、地域貢献していく考えです。 9月4日から帯広を中心に開かれる「第27回全国ろうあ高齢者大会」で、大谷短大の学生は、ボランティアとして参加します。
 帯広大谷短大は、7月にとかちプラザで開かれた「手話フェスティバル in おびひろ」に参加し、学生たちが手話コーラスを披露しました。


右図:日本手話の「山」
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%8B%E8%A9%B1

 十勝毎日新聞が, 「帯大谷短大 手話を単位化」 と伝えています。


 【音更】帯広大谷短期大学(田中厚一学長)は、手話教育に全学的に取り組む方針だ。今年度の後期から講義を開き、来年度から単位化させる予定。管内では新得、鹿追の両町が既に手話条例を制定、帯広市も条例制定を目指すなど手話を言語として位置付けていく動きがある中で、同短大もこの流れに乗り、地域貢献していく考え。同短大の学生は、4日から帯広を中心に開かれる「第27回全国ろうあ高齢者大会」にボランティアとして参加する。

 全国的に見ても十勝の手話に対する動きは早く、新得町が昨年、全国の町村で初めて条例を制定するなど言語としての重要性が認識されてきている。帯広大谷短大は7月にとかちプラザで開かれた「手話フェスティバルinおびひろ」に参加。学生たちが手話コーラスを披露し、会場を感動で包み込んだ。

 こうした中、同短大は28日スタートの後期から初めて手話の講義を自由開講する。今年度は単位認定はされないが、手話フェスティバルやボランティアなどに参加した2年生にも受けてもらえるよう配慮する。来年度からは一般教養科目として単位化し、正規の講義として設ける予定だ。

 将来的には、福祉や介護など専門職に就く学生だけでなく、日常生活の中でも「手話が使える社会人」の養成を目標に、1人でも多くの学生に手話を身に付けてもらえる環境づくりを目指す。

 手話講義のカリキュラムなどを担当する同短大の岡庭義行副学長は「学生には社会生活のあらゆる場面で、手話を必要とする人に対応できるような社会人になってもらいたい」と期待する。

-略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年9月3日 14時01分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201509/20150903-0021749.php


[PR]
b0171771_07260021.jpg

参考写真:依田勉三の銅像(帯広市)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%9D%E7%94%B0%E5%8B%89%E4%B8%89


 帯広開拓の祖・依田勉三の生家である静岡県松崎町の 「依田家住宅」が競売 に掛けられ,9月2日まで入札が行われています。
 松崎町の伝統工法「なまこ壁」の建物で県指定文化財の依田家住宅は,依田家により大沢温泉ホテルとして運営されていましたが,経営難のため昨年6月に営業を休止していました。
 保存を目指し,建物の取得に向けて募金を募っていたNPO伊豆学研究会は,最低額を持って応札する考えですが,資金繰りが予断を許さない状況となっています。


b0171771_07262763.jpg
参考写真:松崎町のなまこ壁(近藤平三郎生家)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B4%8E%E7%94%BA#/media/File:Namakokabe_-01.jpg


 十勝毎日新聞が, 「『依田家住宅』競売に」 と伝えています。


 【静岡県松崎町】帯広開拓の祖・依田勉三の生家である静岡県松崎町の「依田家住宅」が競売に掛けられ,9月2日まで入札が行われている。静岡地裁沼津支部が公告した売却基準価は3176万円。保存を目指し,建物の取得に向けて募金を募っていたNPO伊豆学研究会(伊豆の国市,橋本敬之理事長)は最低額を持って応札する考えだが,資金繰りが予断を許さない状況となっている。

 入札は26日に始まり,9月9日に開札される。

 松崎町の伝統工法「なまこ壁」の建物で県指定文化財の依田家住宅は,依田家により大沢温泉ホテルとして運営されていたが,経営難のため昨年6月に営業を休止。伊豆学研究会は競売に掛けられた場合,第3者の手に渡り,歴史的価値を持つ建物が解体されるのを防ぐことを目的に,静岡や十勝を中心に応札するための資金集めで募金に取り組んできた。

 募金は現在約200万円集まっているが,目標額には遠く及ばず,同会は個人・金融機関から融資を受けることを検討し資金繰りを始めた。橋本理事長によると,金融機関との折衝は不調に終わったが,個人の大口融資に前向きな協力者がおり,最低価格での応札のめどは付きつつあるという。

   -略-(大谷健人)
-■----------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年08月30日12時55分の記事


[PR]