カテゴリ:帯広市の様子( 293 )

b0171771_09070618.jpg
藤丸
=2016年9月撮影

 10月15日,釧路管内の客に道東唯一の百貨店で買い物を楽しんでもらおうと, 藤丸の 日帰りバスツアー が行われ,41人が参加しました。

b0171771_09065539.jpg
藤丸店内案内
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「釧路からのバスツアーに41人 藤丸」 と伝えています。
 釧路管内の客に道東唯一の百貨店で買い物を楽しんでもらおうと,藤丸(藤本長章社長)の日帰りバスツアーが15日に行われ,41人が参加した。

-略-

 この日,藤本社長らが到着したバスを出迎え,参加者はすぐに売り場へ向かった 営業企画課の野瀬洋明係長は「この時期はバス車内から紅葉を,帯広では買い物を楽しんでもらえる。来年も企画したい」とし,藤本社長は「道東道の釧路直結で来てもらいやすくなった。今後も釧路方面からの買い物客をさらに取り込んでいきたい」と話している。 (草野真由)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年10月17日9時49分の記事

[PR]
b0171771_06331480.jpg
帯広コア専門学校=2016年5月撮影

10月10日,来年度から新たに 「歯科衛生士科」を新設 する帯広コア専門学校は,進学希望者とその保護者を対象に説明会を開催しまする。
 十勝・釧路管内では初めての歯科衛生士科になります。3年制で,定員は30人の計画です。卒業とともに「歯科衛生士免許国家試験」の受験資格,「介護職員初任者研修修了者」資格,「医療事務技能審査試験」などを取得できます。

b0171771_15545902.jpg
参考写真:歯科衛生士
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%AF%E7%A7%91%E8%A1%9B%E7%94%9F%E5%A3%AB 

十勝毎日新聞が, 「10日に歯科衛生士科説明会 帯広コア」 と伝えています。
 来年度から新たに「歯科衛生士科」を新設する帯広コア専門学校(広海拓校長)は10日,進学希望者とその保護者を対象に説明会を開催する。参加者を募集している。

 十勝・釧路管内では初めての歯科衛生士科。3年制で,定員は30人。卒業とともに「歯科衛生士免許国家試験」の受験資格,「介護職員初任者研修修了者」資格,「医療事務技能審査試験(歯科)」などを取得できる。

 慢性的な歯科衛生士不足の解消へ,十勝歯科医師会が支援金などの協力を行っている。  

-略-

(松田亜弓)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年10月05日10時15分の記事
[PR]
b0171771_04230120.jpg
おびひろ動物園案内板=2015年8月撮影

 10月16日,帯広市のおびひろ動物園は,繁殖のため9月に釧路市動物園から来た,オスで8歳の アムールトラ「カフカ」が死亡 したと発表しました。
 動物園が帯広畜産大学と解剖した結果,死因は腎機能障害とみられるとんのことです。
 カフカは静岡県の富士自然動物公園生まれで,おびひろ動物園ではメスで6歳の「マオ」とのペアリングを目指していました。

 私(ブログ作成者)は,帰省のたびにおびひろ動物園を訪れています。
 釧路から,アムールトラ「カフカ」が来たことを知り,次の帰省の折には,一目見てこようと思っていました。しかし,突然のカフカ死亡で,その願いもかないません。
 アムールトラは絶滅危惧種に指定され,貴重な動物です。しっかり死亡の原因をつきとめ,動物の保護に努めてほしいと願います。  
b0171771_07534780.jpg
「アムールトラ」解説表示
=2011年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「トラ「カフカ」死ぬ おびひろ動物園」 と伝えています。
 帯広市のおびひろ動物園(緑ケ丘2,柚原和敏園長)は16日,繁殖のため9月に釧路市動物園から来たアムールトラ「カフカ」(雄,8歳)が死んだと発表した。同動物園が帯広畜産大学と解剖した結果,死因は腎機能障害とみられる。

 動物園によると,カフカは9月21日の来園以降,元気な様子だったが,10月に入ってからは体が徐々にやせ始め,体力も低下。10月11日からは餌を全く食べない状態で,同14日ごろからは立てない状態だった。同16日午前0時半に宿直員が異変に気付き,急行した獣医師が死んだことを確認した。

 カフカは富士自然動物公園(静岡県)生まれ。おびひろ動物園では「マオ」(雌,6歳)とのペアリングを目指していた。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年10月16日17時40分の記事
[PR]
b0171771_05203869.jpg
参考写真:ヨウム
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%A6%E3%83%A0


 10月9日,おびひろ動物園は,園内の動物園センターで毎月恒例の 「おびZOOトークカフェ」を開催 しました。
 WCSコンゴ共和国支部自然環境保全技術顧問の西原智昭さんが講演し,約30人が熱心に耳を傾けました。
 西原さんは,アフリカ大陸のみに生息し,ペットとして乱獲されている鳥のヨウムについて解説し,「1羽を捕まえて売るまでに20羽が死んでいる。このままではヨウムがいなくなる。彼らの生きている意義を尊重してほしい」と訴えました。

b0171771_05224081.jpg
おびひろ動物園
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「西原さん「動物園を学びの場に」 おびZOOトークカフェ」 と伝えています。
 おびひろ動物園(柚原和敏園長,帯広市緑ケ丘2)は9日,園内の動物園センターで毎月恒例の「おびZOOトークカフェ」を開いた。WCSコンゴ共和国支部自然環境保全技術顧問の西原智昭さんが「動物園の動物はかわいい? ペットと野生生物の間で」をテーマに講演し,約30人が熱心に耳を傾けた。

 WCSはニューヨークに本部を置く国際野生生物保全NGO。西原さんは,アフリカ大陸のみに生息し,ペットとして乱獲されている鳥のヨウムについて解説。「1羽を捕まえて売るまでに20羽が死んでいる。このままではヨウムがいなくなる。彼らの生きている意義を尊重してほしい」と訴えた。

   -略-
(松村智裕)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年10月10日12時16分の記事

参考:ヨウム
 体長は約33cm,体重300-500g程度(生息地により大きく異なり,コンゴ共和国に生息するものは大型の傾向にあるといわれる)。体の大半は淡灰色の縁取りのある灰色の羽毛に包まれている。風切り羽根は黒色。顔面部は羽毛がなく白い。嘴は黒,白-淡黄色の虹彩。赤い尾羽を持つ(亜種のコイネズミヨウムは嘴に褐色の部分があり,尾羽根が暗赤色である)。主食は種子や果実(アブラヤシの実など)。アフリカ西海岸の森林地帯,ガーナからビクトリア湖周辺,アンゴラ共和国からコンゴ共和国(旧ザイール)など,低湿地の森林から高地の森林などに分布する。幼鳥は虹彩が黒く,舌の色が肌色である。平均寿命は50年前後とされている。
 知能が高く人の言葉をよく覚える種として名高く,飼い鳥として人気がある。人の言葉を真似るだけではなく,言葉の意味を理解して人間とコミュニケーションをとる能力があると言われている。声は,似た体格の白色オウムから比べると雄叫びがなく静かであるが,声真似が得意という特性から,電話やサイレンといった電子音まで真似る場合もあるので注意が必要。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%A6%E3%83%A0
[PR]
b0171771_12263760.jpg
参考写真:北海道医療大学当別キャンパス
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%A4%A7%E5%AD%A6

 10月28,29の両日,道町内会連合会と道社会福祉協議会の主催で 「道東ブロック町内会活動研究大会」 が,帯広市内のとかちプラザで開かれました。
 十勝,釧路,根室,網走の各地区から町内会役員ら約270人が集まり,住民主体の地域づくりについて研修しました。
 北海道医療大学看護福祉学部の長谷川聡准教授が,地域の介護,福祉の将来像について講演しました。

b0171771_12273445.jpg
とかちプラザ
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「町内会の役割学ぶ 道東ブロック町内会研究大会」 と伝えています。
 道町内会連合会と道社会福祉協議会が主催する「道東ブロック町内会活動研究大会」が28,29の両日,帯広市内のとかちプラザで開かれた。十勝,釧路,根室,網走の各地区から町内会役員ら約270人が集まり,住民主体の地域づくりについて学んだ。

   -略-

 続いて道医療大看護福祉学部の長谷川聡准教授が,地域の介護,福祉の将来像について講演。新しい町内会の在り方として,札幌の拓北・あいの里地区で2011年に立ち上げた「ケア施設町内会」を紹介した。施設と施設職員,専門家による組織で「地域住民と近隣の施設職員が顔なじみになることで,ボランティア活動や施設ケアの向上につながった」などと話した。

   -略-
(松村智裕)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年10月10日10時03分の記事
[PR]
b0171771_11320337.jpg
参考写真:慶応大学病院(東京都新宿区)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B6%E6%87%89%E7%BE%A9%E5%A1%BE%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%97%85%E9%99%A2

 10月1日,乳幼児精神保健分野の第一人者で,慶應病院小児科医の 渡辺久子氏の講演会 が,帯広市民文化ホールで開かれました。
 保育関係者でつくる「子どもランド・おびひろ」の主催で,渡辺氏は「子どもを伸ばす家庭の力」をテーマに講演しました。

参考:渡辺 久子
 渡辺 久子(わたなべ ひさこ,1948年-)は,日本の医学者,小児科医。医学博士。慶應義塾大学医学部小児科専任講師。
 慶應義塾大学医学部を卒業後小児科,精神科,神経内科,精神分析を学び専門は小児精神科医学,精神分析学,乳幼児精神医学。
 現在慶應病院小児科で思春期やせ症,被虐待児,人工授精で生まれた子ども,自閉症,PTSD(心的外傷後ストレス障害)など,工業化社会の複雑な葛藤に生きる子どもたちを治療的に支援している。
 平成20年8月1〜5日にパシフィコ横浜でアジア初の世界乳幼児精神保健学会第11回世界大会を開催し,日本組織委員会の会長を務める。
著書・編著
 『たっぷり甘えさせて しあわせ脳を育てる!』(カンゼン,平成24年)等多数
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E4%B9%85%E5%AD%90

b0171771_11550393.jpg
帯広市民文化ホール
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「父母関係を健やかに 小児科医・渡辺久子氏講演要旨」 と伝えています。
 乳幼児精神保健分野の第一人者で,小児科医の渡辺久子氏の講演会が1日,帯広市民文化ホールで開かれた。保育関係者でつくる「子どもランド・おびひろ」の主催。「子どもを伸ばす家庭の力」をテーマにした講演要旨を紹介する。(丹羽恭太)

 母1人で無理しない 日本では家族の力が落ち,お母さんに育児の負担が集中している。赤ちゃんはお母さんだけでは育たず,お母さんがハッピーで,周囲に応援されているときに育児はうまくいく。何でも器用で完璧なお母さんも,1人で無理をしてはだめ。困ったときに周りが手を差し伸べなくなるから。お母さんはまったりして,良い加減でないと。

   
-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年10月09日12時50分の記事
[PR]
b0171771_12005696.jpg
旧JR愛国駅
=2016年9月撮影

 9月28日,帯広商工会議所青年部は,市内のホテルグランテラス帯広で9月例会を開き,会員ら約70人が参加しました。
 「YEGビジョンが帯広の未来を描く」をテーマに,市に対し提言予定の 「愛国・幸福駅の課題と未来へのビジョン」 について考えを深めました。

b0171771_11562724.jpg
帯広商工会議所
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「愛国・幸福駅の課題探る 帯広商工会議所青年部」 と伝えています。
 帯広商工会議所青年部(帯広YEG,下野貴直会長)は9月28日,市内のホテルグランテラス帯広で9月例会を開き,会員ら約70人が参加した。

 「YEGビジョンが帯広の未来を描く」をテーマに,市に対し提言予定の「愛国・幸福駅の課題と未来へのビジョン」について考えを深めた。下野会長が「提言を行うのは2007年以来。アイデアを出し合おう」とあいさつした。

 YEGビジョン委員会が愛国・幸福駅に関するアンケート結果を発表後,委員会別にグループディスカッションが行われた。

   -略-
(草野真由)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年10月09日9時16分の記事
[PR]
b0171771_07533280.jpg
おびひろ動物園トラ舎の「タツオ」
=2011年8月撮影

 9月21日に釧路市動物園からおびひろ動物園に仲間入りした2頭目の アムールトラ「カフカ」の一般公開 が26日,始まりました。「カフカ」は,8歳のオスです。
 アムールトラは縄張り意識が強いため,先にいるメスの「マオ」とのすぐの同居は難しく,毎日交互に展示する予定でした。
 26日はカフカが初めて運動場に出て,お披露目に成功しました。

 私(ブログ作成者)は,十勝に帰省するたび,おびひろ動物園に立ち寄っています。
 以前から,トラ舎を通ると,いつも「マオ」が一頭で歩き回っている姿を見ました。
 このたび,「カフカ」が釧路からやって来ました。どうか,うまくペアリングが成功できるように願っています。
 次回帰省したら,「カフカ」にあってきたいと思います。

b0171771_07534780.jpg
「アムールトラ」解説表示
=2011年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「『カフカです。よろしくアムールトラお披露目」 と伝えています。
 21日に釧路市動物園からおびひろ動物園(柚原和敏園長)に仲間入りした2頭目のアムールトラ「カフカ」(雄,8歳)の一般公開が26日,始まった。

 アムールトラは縄張り意識が強いため,先にいる「マオ」(雌,6歳)とのすぐの同居は難しく,毎日交互に展示する予定だった。しかしマオが運動場から寝室に入らず,カフカを外に出せなかった。

 マタタビなどで誘い,25日に寝室まで肉を並べる“作戦”が成功し,マオは室内へ。26日はカフカが初めて運動場に出た。

  -略-(松田亜弓)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年09月26日13時47分の記事
[PR]
b0171771_06320584.jpg
参考写真:苫小牧工業高等専門学校
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%AB%E5%B0%8F%E7%89%A7%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%B0%82%E9%96%80%E5%AD%A6%E6%A0%A1

 9月18日,苫小牧工業高等専門学校で「ETロボコン2016北海道地区大会」が開かれました。
 帯広コア専門学校から,情報系学科2年生6人で構成した チーム「胃にやさしく」が出場 しました。

参考サイト:「ETロボコン2016」
http://www.etrobo.jp/2016/about/about.php

b0171771_06331480.jpg
帯広コア専門学校
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「ロボコン道大会 コア専門学校出場」 と伝えています。
 帯広コア専門学校の情報系学科2年生6人(リーダー・情報ビジネス科の荒暖華(はるか)さん)が,18日に苫小牧工業高等専門学校で開かれた「ETロボコン2016北海道地区大会」に出場した。

 市販のロボット(レゴ社マインドストーム)を制御するソフトウェア開発を行い,決められたコースを自走走行させ,成果を競い合うコンテスト。  昨年の大会では2つのコースのうち,1つを完走できず悔しい結果に終わり,今大会では完走と障害攻略を目指して約半年間,小野眞靖講師の指導の下,一丸となって開発にいそしんできた。

  -略-
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年09月23日13時08分の記事/2016年09月23日13時08分の記事
[PR]
b0171771_18591346.jpg
旧双葉幼稚園
=2016年9月撮影撮影

 9月17日から,旧双葉幼稚園の歴史を振り返る 「双葉幼稚園展」 が,帯広市内の旧園舎で開幕しました。
 古建築趣味の市民や同園の卒園生らが次々と来場し,100年以上を誇った同園の歴史に思いをはせていまする。 双葉幼稚園は1911年に創立し2013年に閉園。園舎は10年に文化庁から帯広初の登録有形文化財に指定されています。

 私(ブログ作成者)は,今月初め,帯広に帰省した折,上の写真を撮影しました。
 残念ながら,「双葉幼稚園展」を拝見することができませんでしたが,園舎が文化庁から帯広初の登録有形文化財に指定されているとのことです。
 園舎を一目見て,歴史の深さを感じさせます。本当に帯広の「文化的財産」と言えるのではないでしょうか…。
 私は,大学時代,日本の教育の歴史について学んだ経験があり,とても興味があります。また帰省した機会には,内部や資料を拝見したいと思います。

 十勝毎日新聞が, 「貴重な資料並ぶ 双葉幼稚園展開幕 22日まで」 と伝えています。
 旧双葉幼稚園の歴史を振り返る「双葉幼稚園展」(同園保存期成会主催)が17日午前10時から,帯広市内の旧園舎(東4南10)で開幕した。古建築趣味の市民や同園の卒園生らが次々と来場し,100年以上を誇った同園の歴史に思いをはせている。22日まで。

 双葉幼稚園は1911年に創立し2013年に閉園。園舎は10年に文化庁から帯広初の登録有形文化財に指定されている。

 会場内では当時の教室が再現して展示され,園舎の設計図や園で使われた恩物(知育玩具),園長が残した保育日誌などの書類,初期の卒園生の写真など100点以上の資料が展示されている。園舎の屋根内部の公開も行われている。

   -略-(大木祐介)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年09月17日11時29分の記事
[PR]