カテゴリ:帯広市の様子( 345 )

b0171771_05520304.jpg
藤丸デパート
=2016年9月撮影

 8月3日,「鉄腕アトム」など数々の名作を残した漫画家・手塚治虫氏の貴重な資料が見られる「手塚治虫版画展」が,帯広市内の藤丸7階催事場で始まりました。
 帯広では初開催で,初日から多くの手塚ファンが会場を訪れています。

b0171771_05521167.jpg
藤丸デパート
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「手塚治虫 お宝ずらり 藤丸で版画展 帯広」 と伝えています。
 「鉄腕アトム」など数々の名作を残した漫画家・手塚治虫氏の貴重な資料が見られる「手塚治虫版画展」が3日,帯広市内の藤丸7階催事場で始まった。初日から多くの手塚ファンが会場を訪れている。

 帯広では初開催。初版本などの資料展示に加え,アニメーションのセル画を元に製作された鉄腕アトムの「未来に向かって(宇宙)」(8万6400円)など約70点を展示販売。オフィシャルグッズ販売会場では,タオルやマグカップなど約20点が並んでいる。

-略-

 資料展示は8日まで。オフィシャルグッズの販売は16日まで(9日は休み)。催事は午前10時~午後7時(最終日は午後4時まで)。入場無料。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年8月3日 13時43分の記事
http://kachimai.jp/article/index.php?no=201783131746
[PR]
b0171771_08262674.jpg
参考写真:岡山シンフォニーホール
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB

 8月26,27の両日,岡山市の岡山シンフォニーホールで,「第40回全日本おかあさんコーラス全国大会」が開かれ, 十勝から2団体が出場 します。
 共に帯広を拠点に活動する女声合唱団で、ハローコーラス が6年ぶり5回目,フライデーコーラス が4年ぶり3回目の出演になります。

 十勝毎日新聞が, 「おかあさんコーラス全国大会に十勝から2団体出場」 と伝えています。
 岡山市で26,27日に開かれる「第40回全日本おかあさんコーラス全国大会」(全日本合唱連盟など主催)に,十勝から2団体が出場する。共に帯広を拠点に活動する女声合唱団の「ハローコーラス」(金澤はるみ代表,団員26人)と「フライデーコーラス」(富川厚子代表,団員26人)。本番に向け,練習に励んでいる。

 両団体は7月2日,釧路市で開かれた北海道支部大会(同連盟北海道支部など主催)に出場。参加した全19団体中,全国へ進める3つの枠内に入った。全国大会出場はハローコーラスが6年ぶり5回目,フライデーコーラスが4年ぶり3回目となる。

 ハローコーラスは1969年に発足し,今年で創立48周年を迎える。現在は指揮者を平野なぎささん,ピアノは伊藤夢里子さんがそれぞれ務め,毎週金曜日などに市内で週2回ほど練習に取り組んでいる。

-略-

 フライデーコーラスは81年創立で今年で36周年。現在は月・木曜日に帯広大空小で活動している。

-略-

(大木祐介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年08月02日10時11分の記事
[PR]
b0171771_03513386.jpg
帯広測候所=2016年5月撮影

 8月1日,帯広測候所は,十勝地方の7月の気象概況をまとめました。
 帯広の 月平均気温は平年値を3.7℃上回る 22.0℃で,7月の 観測史上2位 と高く,7月15日は観測史上3位となる37.1℃を記録しました。
 日照時間も,205.6時間と平年の約1.7倍でした。

b0171771_03503057.jpg
帯広測候所=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「帯広の月平均気温22・0度 7月の気象概況」 と伝えています。
  帯広測候所は1日,十勝地方の7月の気象概況をまとめた。帯広の月平均気温は平年値を3・7度上回る22・0度で7月の観測史上2位と高く,日照時間も205・6時間と平年の約1・7倍。降水量は82・5ミリで平年並みだった。

 帯広では最高気温が30度以上の真夏日が12日(平年3・4日)あり,うち同35度以上の猛暑日は5日(平年0・1日)あった。7月8日と15日は管内の全観測地点で30度以上となり,15日は幕別町糠内で年間の日最高気温の記録を更新する36・7度を観測,帯広も観測史上3位となる37・1度を記録した。

-略-

(折原徹也)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年08月02日12時00分の記事
[PR]
b0171771_05225640.jpg
参考写真:キ49 一〇〇式重爆撃機 「呑龍」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E3%80%87%E3%80%87%E5%BC%8F%E9%87%8D%E7%88%86%E6%92%83%E6%A9%9F

 帯広市内の 私設博物館「昭和ナツカシ館」 に,防火團(だん)のメガホンなど約100点の 戦争関連品が収蔵 されています。
 参納弘義館長は「戦争の愚かさを伝えるには実物を残していくことが大切。平和のために何ができるのか,一人ひとりが考える機会になれば」と願っています。
 特に,太平洋戦争時の日本軍爆撃機「呑龍(どんりゅう)」のタイヤは,存在感を放っています。
b0171771_05215403.jpg
博物館「昭和ナツカシ館」
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「貴重な戦争関連品収蔵 昭和ナツカシ館 帯広」 と伝えています。
 帯広市内の私設博物館「昭和ナツカシ館」(西13南12)に,爆撃機のタイヤや防火團(だん)のメガホンなど約100点の戦争関連品が収蔵されている。参納弘義館長(77)は「戦争の愚かさを伝えるには実物を残していくことが大切。平和のために何ができるのか,一人ひとりが考える機会になれば」と願う。

 存在感を放つのが太平洋戦争時の日本軍爆撃機「呑龍(どんりゅう)」のタイヤ。直径約80センチと巨大で,「空気は抜けておらず,今でも使えるだろう。感動するほどしっかりした製品」と参納さんは驚く。

 10年ほど前に池田町の農家から譲り受けた。旧帯広飛行場で使われ,終戦後は馬車の車輪用に農家が保管していたと推測する。

-略-

 参納さんには,戦争のつらい記憶がある。市内西2南8にあった実家は1945年7月,家屋密集地帯に避難所を造る「強制建物疎開」の名目で国により解体された。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年7月30日 13時39分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201707/20170730-0027124.php
[PR]
b0171771_00573999.jpg
帯広経済センタービル=2016年9月撮影

 帯広商工会議所の第28期第7回観光文化委員会が,帯広経済センタービルで開かれ, 十勝の観光文化検定 等について検討しました。
 札幌国際大学との連携事業「十勝学講座」は,講座内容を固めました。
 とかち検定は減少する受験者の裾野を広げることや十勝管内のPRを目的に,初級のみ札幌市でも検定を行います。

b0171771_00374681.jpg
参考写真:札幌国際大学
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%A4%A7%E5%AD%A6

 札幌国際大学との連携事業「十勝学講座」は,講座内容を固めた。また,とかち商工産
 十勝毎日新聞が, 「とかち検定会場 札幌追加を承認 帯商観光文化委」 と伝えています。
 帯広商工会議所の第28期第7回観光文化委員会(谷脇正人委員長)が,帯広経済センタービルで開かれた。十勝の観光文化検定(とかち検定)の会場に札幌を加えることなどを承認した。
-略-
 札幌国際大学との連携事業「十勝学講座」は,講座内容を固めた。また,とかち商工産業振興会議へのコンベンション誘致について要望することを決めた。  とかち検定は減少する受験者の裾野を広げることや十勝管内のPRを目的に,初級のみ札幌市でも検定を行う。
-略-
(牧内奏)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年07月25日13時31分の記事
[PR]
b0191190_09020756.jpg
参考写真:アルファ化米を復元した「炊込みおこわ」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E5%8C%96%E7%B1%B3

 7月21日から,帯広市の北栄小学校児童と保護者が,学校体育館に泊まり込み,災害時の 避難生活を体験する 「防災キャンプ」 に取り組んでいます。
 キャンプは22日まで1泊2日の日程で,避難生活で起こりうるさまざまなシーンを再現しています。

b0171771_00590177.jpg
帯広市立北栄小学校
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「防災キャンプで避難生活を体験 帯広北栄小」 と伝えています。
 帯広北栄小学校(高原茂雄校長,児童329人)の児童と保護者が21日から学校体育館に泊まり込み,災害時の避難生活を体験する「防災キャンプ」に臨んでいる。

 帯広市とPTA連合による親子防災講座の一環で,集団宿泊学習の中で防災を学ぶのは十勝管内では同校のみ。6年生の児童53人と保護者らが参加し,市総務部総務課の藤芳雅人課長補佐と佐藤文則防災担当嘱託員が災害時の対応を指導した。

 キャンプは22日まで1泊2日の日程。避難生活で起こりうるさまざまなシーンを再現し,夕食も非常食を用いた。米と水を入れて沸騰させることで炊飯が可能な特殊な袋を活用した。

-略-

(石川友史)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年07月21日20時33分の記事
[PR]
b0171771_013897.jpg
参考写真:エゾモモンガ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Wiki-ezomomonga1.jpg 

 帯広畜産大学とおびひろ動物園が今年度から取り組む, エゾモモンガの共同研究 の内容が固まりました。
 9月に動物園内に巣箱5個を設置し,野生の個体数や生態などを調査します。
 エゾモモンガは木のうろやキツツキが開けた穴などを好むことから,園内5カ所の木に巣箱を設置します。小型カメラを取り付け,巣箱内の個体数や行動などを調べる計画です。
b0171771_07110894.jpg
おびひろ動物園正門=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「巣箱設置し,エゾモモンガの生態調査 帯畜大と動物園」 と伝えています。
 帯広畜産大学(奥田潔学長)とおびひろ動物園(柚原和敏園長)が今年度から取り組む,エゾモモンガの共同研究の内容が固まった。9月に同動物園内に巣箱5個を設置し,野生の個体数や生態などを調査。市民への環境教育のほか,将来的には飼育下での繁殖に役立てる。

 野生動物の知識を持つ人材を育てる,同大の「農業共生圏高度専門家」育成事業の一環。地域の固有種であるエゾモモンガは河畔林や緑地,動物園を含む帯広緑ケ丘公園一帯に生息しているが,夜行性のため観察の機会は少ない。同動物園で4匹を室内飼育しているが,野生の個体も観察することで効果的な環境教育につなげる。

 エゾモモンガは木のうろやキツツキが開けた穴などを好むことから,園内5カ所の木に巣箱を設置。小型カメラを取り付け,巣箱内の個体数や行動などを調べる。園内は寝床に適した木が少なく,縄張り争いに敗れ,別の場所に移動している可能性があるという。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年7月18日 13時51分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201707/20170718-0027043.php
[PR]
b0171771_05402071.jpg
帯広百年記念館
=2015年8月撮影

 7月15日,十勝地方では気温が上昇し, 帯広の最高気温が 37.1℃で全国一 を記録するなど,19観測地点中10地点で35℃以上の「猛暑日」を記録しました。
 また,他の9地点でも「真夏日」となり,19観測地点すべてで30℃以上となりました。
 全国の最高気温上位10地点には,十勝管内から4地点が入り,1位の帯広の他,4位に幕別町糠内(ぬかない)36.7℃,6位足寄36.6℃,8位本別36.3℃と続きました。

b0171771_05532297.jpg
幕別町糠内地区
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「帯広が全国一37・1度 管内10地点で猛暑日 15日の十勝」 と伝えています。
 気温が上昇した15日の十勝地方は,帯広の最高気温が37・1度と全国一を記録するなど,19観測地点中10地点で35度以上の「猛暑日」を記録した。また,他の9地点でも「真夏日」となり,19観測地点すべてで30度以上となった。

 帯広測候所によると,10地点で猛暑日を観測したのは2010年6月26日以来,7年ぶり。全地点で真夏日以上となったのは10年8月6日以来。

 全国の最高気温上位10地点には,十勝から4地点が入った。1位の帯広の他,4位に幕別町糠内36・7度,6位足寄36・6度,8位本別36・3度と続いた。糠内は観測史上最も高い気温となった。帯広は92年ぶりとなる3日連続の猛暑日。

-略-

(池谷智仁)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年07月16日12時32分の記事
[PR]
b0171771_05001264.jpg
参考写真:JA610J(ドラえもんJET)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%81%88%E3%82%82%E3%82%93%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88

 7月13日、とかち帯広空港に、人気キャラクター「ドラえもん」の 特別塗装機「JALドラえもんJET」 が、2013年以来4年ぶりにお目見えしました。
 中国で人気の高いドラえもんのPRを兼ねて、昨年9月に中国の国際線に投入された機体。ボーイング767-300(提供座席数237席)で、機首部分に「タケコプター」で空を飛ぶドラえもん、機体後部にスカイツリーなど東京の街並み、後部ドアに「どこでもドア」が描かれています。
b0171771_17551564.jpg
とかち帯広空港=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「ドラえもんJETお目見え 帯広空港4年ぶり」 と伝えています。
 とかち帯広空港に13日夜、人気キャラクター「ドラえもん」の特別塗装機「JALドラえもんJET」が、2013年以来4年ぶりにお目見えした。

 中国で人気の高いドラえもんのPRを兼ねて、昨年9月に中国の国際線に投入された機体。ボーイング767-300(提供座席数237席)で、機首部分に「タケコプター」で空を飛ぶドラえもん、機体後部にスカイツリーなど東京の街並み、後部ドアに「どこでもドア」が描かれている。

 4年前にも映画のタイアップ企画で帯広空港に就航した実績があり、今回は機材繰りの関係で急きょ羽田線の往復に使用された。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年7月14日 14時01分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201707/20170714-0027022.php
[PR]

b0171771_00284776.jpg
「とかちむら」
=2016年5月撮影

 帯広競馬場内の観光交流施設「とかちむら」内の産直市場で,チャレンジステージ」 と銘打った新たな試みが始まりました。
 チャレンジステージは,年4回で,3カ月ごとに店頭での陳列販売,最大1週間の対面試食・試飲販売を繰り返す販売形式です。
 今年度第1期は7月に始まり,手を挙げた芽室の農場や清水の牧場など5事業所が参加。ジビエ料理の缶詰やアイスクリーム,ベーコンなど常温から冷凍,冷蔵まで計24品目を出品しています。

b0171771_00284030.jpg
産直市場コーナー
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「とかちむらで新商品テスト 定番化に挑戦 帯広」 と伝えています。
 帯広競馬場内の観光交流施設「とかちむら」(帯広市西13南8)内の産直市場で,「チャレンジステージ」と銘打った新たな試みが始まった。十勝の事業者や生産者による新商品のテスト販売を通じて定番に昇格させる仕組みで,全商品の“メード・イン・十勝化”につなげる狙いもある。

 チャレンジステージは,年4回,3カ月ごとに店頭での陳列販売,最大1週間の対面試食・試飲販売を繰り返す,これまでにない販売形式。とかちむら側としても,出品のハードルを下げることで作り手の生産意欲の向上や市場への足掛かりとなり,来店客にとっては常に新しい商品に巡り合える絶好の機会になると考えた。

 今年度第1期は7月に始まり,手を挙げた芽室の農場や清水の牧場など5事業所が参加。ジビエ料理の缶詰やアイスクリーム,ベーコンなど常温から冷凍,冷蔵まで計24品目を出品している。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年7月10日 13時49分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201707/20170710-0026992.php
[PR]