カテゴリ:帯広市の様子( 309 )

 2月19日(日)、帯広百年記念館とおびひろ動物園の合同企画 博物館講座「アイヌ語で動物園かんさつ」 が、おびひろ動物園で行われます。これは、道民カレッジ連携講座としての企画です。
 おびひろ動物園を歩きながら、アイヌの人たちと関係のある動物や鳥などについて、信仰や物語、狩猟や利用方法、また生態についてもあわせて紹介してもらいます。

◆ 博物館講座 『アイヌ語で動物園かんさつ』
日 時:2月19日(日) 11:30~13:00
会 場:おびひろ動物園(集合は、動物園正門前です)
参加料:無料
定 員:20名
電 話:0155-24-5352(帯広百年記念館)


参考:帯広百年記念館からのお知らせ
http://www.octv.ne.jp/~hyakunen/oshirase.htm#01hakubutukan-kouza

参考:おびひろ動物園ホームページ
http://www.obihirozoo.jp/

b0171771_14271453.jpg
写真:おびひろ動物園 2011年8月撮影
[PR]
 2月20日(月)の午後、札幌市円山動物園からホッキョクグマの 「アイラ」が 、おびひろ動物園に 来ることになりました。
 アイラは、メスで1歳。これで、おびひろ動物園のシロクマは、オスで3歳のイコロと2頭になります。

動物園のホッキョクグマ
◆札幌市円山動物園
 ▽デナリ(オス、18歳)
 ▽ララ(メス、17歳)
 ▽キャンディ(メス、18歳)
 ▽アイラ(メス、1歳)→帯広へ
◆おびひろ動物園
 ▽イコロ(オス、3歳)


参考:おびひろ動物園ホームページ
http://www.obihirozoo.jp/

 十勝毎日新聞が、 「赤ちゃんシロクマ『アイラ』帯広に」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 おびひろ動物園(藤川研園長)は9日、札幌市円山動物園からホッキョクグマのアイラ(雌1歳)を受け入れると発表した。20日午後から搬入作業を行う予定。一般公開は土・日曜日のみ開園のため(冬期開園は2月で終了)25日、26日の2日間の予定。

 アイラは2010年12月25日、円山動物園生まれ。円山動物園で飼育されている雄のデナリと雌のララの子供。両ペアの間で生まれて、生育している子供では5頭目となる。おびひろ動物園によると、2頭は繁殖と育児に優れており、次の繁殖行動が円滑に進められるようにアイラを同園で飼育する。所有権は、円山動物園にあり、「預託契約」となる。

 同園では、同じペアから生まれた双子のイコロ(雌、3歳)がいて、アイラが加わり2頭となる。 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年02月09日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201202/20120209-0011742.php

b0171771_4411285.jpg
写真:おびひろ動物園のシロクマ「イコロ」(2歳当時)

b0171771_442671.jpg
写真:ホッキョクグマの関係図(おびひろ動物園の掲示) いずれも2011年8月撮影
[PR]
 1月23日(月)、とかち帯広空港に、中国南方航空 の国際チャーター便が乗り入れました。中国の春節・旧正月に合わせた 中国人観光客277人が十勝入り しました。
 同じ日、十勝周辺で観光する台湾の 中華航空機も乗り入れ ました。

 今年の春節(旧正月)は1月23日で、春節のお休みは、約1週間程です。春節は、中国国内や台湾、国外の中華街では最大イベントです。

 十勝毎日新聞が、 「中国チャーター便が帯広入り 春節で277人が道内観光へ」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 とかち帯広空港に23日、中国南方航空(広州市)の国際チャーター便が乗り入れた。中国の春節(旧正月)に合わせた中国人観光客277人が十勝の大地に降り立ち、道内各地の観光へ出発した。

 同社の就航は昨年2月以来。中国広東省南部の国際空港から帯広に午後3時40分に到着した。約1時間の税関・入国審査・検疫(CIQ)を経て、家族連れらが続々と到着ロビーに姿を現した。空港前の雪像で記念撮影する人もいた。

 ロビーでは市の担当者が地元菓子会社のチョコレートを無料で手渡して歓迎した。広州から訪れた梁敏莉さん(32)は幕別のホテルで一泊し、阿寒や網走、札幌を回って、27日に新千歳空港から帰国する予定。「北海道は初めて。雪や温泉が楽しみ。海鮮物や肉を食べたい。放射能の心配はない」と語った。

 中国の旅行会社「POLO」の陳耀明さん(50)は「北海道の食と言えばカニ。スキーやスノーモービルも体験させてあげたい」と話していた。乗客は9グループに分かれ、4泊5日の日程で十勝を含む道内の観光地を周遊する。

 乗客を降ろしたチャーター便は道内を観光していた165人の乗客を乗せ、中国に戻った。同日は十勝周辺で観光する台湾の中華航空(着155人、発144人)も乗り入れた。帯広空港では2月8日まで計19便(日本人観光客含む)の国際チャーター便の運航を予定している。(中津川甫)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・帯広めーる 2012年01月24日の記事
http://www.tokachimail.com/obihiro/

参考:中国南方航空
 中国南方航空(ちゅうごくなんぽうこうくう)は、中国の航空会社。中国では略して南航と呼ばれる。
 中国の航空会社としての規模は、最大規模を誇る。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%8D%97%E6%96%B9%E8%88%AA%E7%A9%BA

b0171771_5344471.jpg
写真:中国南方航空 ボーイング777-200型機
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:China_southair.JPG
[PR]
 1月27日(金)、帯広市で冬恒例の 第49回おびひろ氷まつり が行われました。

◇開催場所:緑ヶ丘公園一帯
◇期間:1月27日(金)~29日(日)
◇主なイベント
 ▽氷像・氷雪像の製作
 ▽市民氷雪像
 ▽北海道氷彫刻展冬季帯広大会
 ▽ちびっこランド・雪だるま作りコーナー
 ▽ステージイベント
 ▽味覚コーナー


 十勝毎日新聞が、 「アトラクション多彩…氷まつり開幕」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 第49回おびひろ氷まつり(帯広のまつり推進委員会主催)が27日午前10時、帯広市内の緑ケ丘公園で開幕した。開場と同時に防寒着を着込んだ子供たちが続々と詰め掛け、雪の滑り台やアトラクションで楽しそうに歓声を響かせた。

 陸自第4普通科連隊の大雪像「幸福(しあわせ)駅舎」、十勝毎日新聞社の大氷雪像「ぴぴっとスノーアドベンチャー」が会場中央で来場客を出迎えた。帯広商工会議所青年部の「YEGスライダー」や帯広青年会議所の「雪の迷路&回転ソリ」など体験型アトラクションは順番待ちの列ができた。

 ときわの森保育所の年長園児20人は、寒さをものともせず雪の滑り台や迷路に何度も挑戦。望ちゃんは「滑り台は速くて、とても楽しかった」と大はしゃぎしていた。

 29日まで、体験型イベントや味覚コーナーなど多彩な催しが繰り広げられる。開会式は27日午後6時から。

帯広で氷点下22.5度
 十勝管内は27日朝、厳しく冷え込んだ。帯広測候所によると、管内最低気温は幕別町糠内の氷点下28.2度。帯広も同22.5度と今季最低を更新した。同日午前9時現在、市内は、同16度までしか上がっておらず、前日に続き真冬日になる見込み。

 上空に強い寒気が入り、地表の熱を奪う放射冷却現象が影響した。

 最低気温は糠内に続き、陸別同27.5度、本別同27.4度、音更町駒場同27.0度となり、観測19地点のうち、10地点で今季最低を更新した。とかち帯広空港のある帯広泉は同26.7度で1月の観測史上最低だった。帯広の最高気温は同4度の見込み 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年01月27日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201201/20120127-0011625.php
[PR]
b0171771_2415593.jpg
昨年の大氷雪像「雪と氷の遊園地」の大型滑り台

 1月21日(土)、 帯広市の緑ケ丘公園 で、十勝の冬の恒例イベント第49回おびひろ氷まつりの 市民氷雪像の製作 が始まりました。

◆開催会場:帯広市緑ヶ丘公園一帯
◆開催期間:1月27日(金)~29日(日)
◆主なイベント
 
▽氷像・氷雪像の製作
 ▽市民氷雪像
 ▽北海道氷彫刻展冬季帯広大会
 ▽ちびっこランド・雪だるま作りコーナー
 ▽協賛行事
 ▽ステージイベント
 ▽味覚コーナー

 十勝毎日新聞が、 「市民氷雪像の製作始まる」 と伝えています。

 第49回おびひろ氷まつり(27〜29日、帯広のまつり推進委員会主催)会場の緑ケ丘公園で21日、市民氷雪像の製作が始まった。厳しい寒さにも負けず、防寒着を身に着けた参加者が製作に精を出している。

 市民氷雪像コンクールは同委員会主催、十勝毎日新聞社共催。審査対象となるコンクールの部に14団体、審査対象にならない一般の部に5団体の計19団体が参加し、このうち初出場は6団体。1.8メートル四方の雪のブロックを削り、雪像をかたどっていく。

 この日午前10時から開会式が行われ、雪像づくりがスタート。参加者は図面を確認しながら雪のブロックにインクで輪郭を描いたり、チェーンソーやスコップで削るなど作業を進めた。25日までに仕上げる。

 あかりデイサービス(帯広市)は、祭りを見に来られないお年寄りに、製作風景を撮影して見せることで祭り気分を味わってもらおうと初参加。アンパンマンのキャラクターの「ドキンちゃん」などを製作する。

 -略ー

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース・めーる 2012年01月21日の記事

http://www.tokachi.co.jp/news/201201/20120121-0011569.php

[PR]
b0171771_9331553.jpg
写真:帯広競馬場の「ばんえい十勝」 2011年8月撮影

 ばんえい十勝 は、 競馬ファンに人気の朝調教ツアー を帯広競馬場で12月18日(日)か開始します。3月末までの毎週日曜日の早朝に実施します。

 十勝毎日新聞が、 「ばんえい朝調教ツアー18日から」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ばんえい十勝は、幻想的な光景が全国の写真愛好家、競馬ファンらに人気の朝調教ツアーを帯広競馬場で18日から始める。3月末までの毎週日曜日の早朝に行う。

 昨年初めて実施、全国からファンが集まった。競走馬は早朝に厩舎(きゅうしゃ)関係者がトレーニングで調教し、冬は厳しい寒さの中で感動を呼ぶ景色が見られる。

 ツアーは午前6時半から1時間程度。参加費は競馬場プレミアムラウンジ利用、馬券購入券(1000円分)込みで2000円。定員各回10人。申し込みはオッズパーク・ばんえい・マネジメント(0155・34・0825、水・木曜日を除く午前9時半〜午後6時15分)。悪天候などで中止することもある。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2011年12月15日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201112/20111215-0011243.php
[PR]
b0171771_5381111.jpg

 12月15日(木)、ソフトバンク帯広競馬場内 に建設していた 太陽光発電実験プラント(メガソーラー)が完成 しました。
 3000平方メートルに太陽光パネル514枚を配置、総発電量は100kwになります。
 孫正義社長 が7月に建設を発表し、11月上旬に着工していました。
 なお、ソフトバンクは今月6日、苫小牧市でも実験プラント建設に着工し、22日に完成の予定です。

 十勝毎日新聞が、 「100キロワットのパネルが稼働し始めた帯広太陽光発電試験場」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ソフトバンク(東京、孫正義社長)が帯広競馬場内で建設していた太陽光発電実験プラントが15日、完成した。場内の菜の花畑だった3000平方メートルに太陽光パネル514枚を配置、総発電量は100キロワットとなっている。実験は1年以上継続し、四季別のデータを集積する。実験結果はインターネット上で公開する。

 国内7社、国外3社の10種類のパネルの発電効率を比較する。国内からは道内企業の伊藤組モテック(本社石狩市)、三菱電機、シャープ、京セラ、パナソニックなどが参加している。国外はカナダ1社、中国2社。建設費用は非公開となっている。

 1月下旬から国内初の試みとして、メーカーごとの発電量をソフトバンクのホームページにリンクして公開。日射量と発電量の相関関係を明らかにする。

 発電した電力は試験場内部の設備にのみ使用する。事業主体はソフトバンクだが、今後、太陽光発電事業を推進する同社の子会社のSBエナジーに移管する。

 SBエナジーの藤井宏明副社長は同日午前11時に記者会見し、「日本有数の日照時間を持つ十勝・帯広のデータを最新機器で調査することは有意義なこと。再生可能エネルギー事業が日本の産業となるよう情報発信したい」と語った。

 22日には苫小牧東部(2000平方メートル)でもプラント2基が稼働する。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用 十勝毎日新聞社ニュース 2011年12月15日の記事
[PR]
b0171771_10503628.jpg
帯広図書館「あなたのお家にサンタクロースがやってくる!」
http://www.lib-obihiro.jp/img/santa.pdf

 このほど、帯広図書館学校図書館支援事業「ぶっくーる便」の一環として、 図書館からサンタクロースがやってくる と、クリスマスプレゼントとして絵本や小説などのセットを貸し出す企画を発表しました。
 サンタクロースがあなたのお家に、クリスマスイブの24日、本を35冊持ってやってきます。

☆ 対象:帯広市在住で、図書館利用カードを持っている5~12歳の子供
☆ 定員:10人/1家族1人まで
☆ 配達:12月24日午前から夕方まで
☆ 内容:当選者の年齢などを考慮し、同図書館で決定
☆ 申し込み: 帯広図書館3階事務室/電話(0155・22・4700)
☆ 締め切り:12月17日(土)


参考:帯広図書館ホームページ
http://www.lib-obihiro.jp/
[PR]
 牛丼チェーン大手の 吉野家ホールディングス は、 新商品「焼味豚丼 十勝仕立て」 を12月8日(木)から、全国1053店舗で発売すると発表しました。
 吉野家の 安部修仁社長 は5日、帯広市役所を訪れ、 米沢則寿市長 に十勝の名称使用について協力を要請していました。
 7日の安部社長の会見には、タレントの 安めぐみさん と帯広市出身の演歌歌手、さくらまやさん が特別ゲストとして登場し、さくらまやさんは演歌を歌って新商品のPRをしました。
 牛丼の販売を休止した際の“代理丼”として発売した豚丼をリニューアルし、主力商品に育てる考えです。

新豚丼のメニュー
◇「焼味豚丼十勝仕立て」並盛り:380円
◇「焼味豚丼十勝仕立て」大盛り:480円
◇みそ汁付き「焼味豚丼定食十勝仕立て」:490円

 
b0171771_4462621.jpg
b0171771_447379.jpg
写真上:吉野家お茶の水店 写真下:「焼味豚丼十勝仕立て」並盛り

 十勝毎日新聞が、 「吉野家に『豚丼十勝仕立て』登場」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 牛丼チェーン大手の吉野家(東京、安部修仁社長)は8日から、全国1053店舗で「焼味豚丼十勝仕立て」を発売する。同社が提供する現在の豚丼はバラ肉を煮た商品だが、新商品は「焼き」にこだわり、砂糖としょうゆをベースにしたコクのある甘だれを絡ませた十勝風に仕上げた。帯広・十勝発祥の豚丼が全国に発信される契機にと、関係者は期待している。

 吉野家の定番メニューで地域名が付いた商品は初。さっぱりとしたコールスローも加えて提供する。たれのしょうゆはコクのある北海道の本醸造と、すっきりした江戸前をブレンド。材料は十勝産ではないが、焼きと甘だれを使う製法には帯広・十勝の発想が生かされている。

 5月から開発を開始し、東京などの一部店舗で試験販売していた。各店舗の売り上げを現在より約5%押し上げる効果を見込む。

 安部社長は5日、帯広市役所を訪れ、米沢則寿市長に十勝の名称使用について協力を要請。試食した米沢市長は「望外の喜び」と歓迎した。

 安部社長は老舗豚丼店「ぱんちょう」を訪れた時のエピソードを紹介し、「創業者(阿部秀司さん)と(姓名の)呼び名が同じで縁を感じた。十勝ブランドが高まれば私たちのプレゼンス(存在感)も高まる」と強調。中国など海外店での展開も示唆し、「海外、アジアに北海道の中の十勝というコアブランドを広げていければうれしい」と語った。

 8日午前10時から帯広店(西1南1)を含む全国で発売する。並盛り380円、大盛り480円。「豚焼定食十勝仕立て」(490円)も同時発売する。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2011年12月07日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201112/20111207-0011177.php
[PR]
 帯広市緑ヶ丘の北海道立帯広美術館は、今年開館20周年をむかえました。
 11月22日(火)、 開館20周年記念 「道立近代美術館コレクションの華 シャガール、パスキンとエコール・ド・パリの綺羅星たち」が始まりました。

期間:2011年11月22日(火)~2012年2月1日(水)
休館日:月曜日
開館時間:午前9時30分~午後5時
観覧料:一般800(600)円、高大生500(400)円
 ※( )内は前売、リピーター及び10名以上の団体割引料金


 十勝毎日新聞が、 「世界中のエコール・ド・パリ作品展示」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 道立帯広美術館(吉井亮館長)の開館20周年記念「道立近代美術館コレクションの華 シャガール、パスキンとエコール・ド・パリの綺羅星たち」が22日、同美術館で始まった。20世紀初頭にパリで活躍した15作家の油彩や水彩、版画など105作品が展示されている。初日は午前中から多くの美術ファンが訪れ、名画を鑑賞していた。

 世界中から集まったエコール・ド・パリと呼ばれる画家たちの作品を展示した。道立近代美術館(札幌、相馬秋夫館長)の所蔵作品で、シャガールの大作「パリの空に花」や、パスキンの「白いリボンの少女」、ルオーの「聖なる顔」などが展示されている。来場者は「シャガールの作品の実物を初めて見て感動した。繊細な作品が多く楽しめる」などと話し、作品に見入っていた。

 会期は2012年2月1日まで。開館時間は午前9時半〜午後5時(入場は同4時半まで)。問い合わせは同美術館(0155−22−6963)へ。

 21日午後には開会式も行われ、吉井館長や相馬館長ら7人がテープカットした。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2011年11月22日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201111/20111122-0011055.php
b0171771_395779.jpg
写真:北海道立帯広美術館 2011年8月撮影
[PR]