カテゴリ:帯広市の様子( 345 )

b0171771_13382919.jpg
写真:帯広畜産大学キャンパス 2011年8月撮影

 10月15日,帯広畜産大学と大手製パン会社「敷島製パン」が共同で同大構内に開設した製パンの実験施設「とかち夢パン工房」での初授業が,施設内で行われました。
 参加した食品科学ユニットの3年生28人が,製造したパンの炭酸ガス発生量などを測定し,製パンの一連の過程を学びました。

 十勝毎日新聞が, 「帯畜大『夢パン工房』で初授業 学生が研究」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 帯広畜産大学(長澤秀行学長)と大手製パン会社「敷島製パン」(本社・名古屋市)が共同で同大構内に開設した製パンの実験施設「とかち夢パン工房」での初授業が15日,同施設内で行われた。参加した食品科学ユニットの3年生28人が,製造したパンの炭酸ガス発生量などを測定し,製パンの一連の過程を学んだ。

 同施設は同大と同社が昨年4月に締結した製パン研究に関する包括連携協定に基づき,同年12月に完成した。食品加工の基礎研究を通じ,学生の食品関連企業への即戦力の育成や新商品の開発などを視野に入れている。施設はこれまで研究・実験に使われ,授業での使用は今回が初めてとなった。

 この日は,山内宏昭教授(食品科学研究専門)と同社からの派遣留学生として4月に入学した山田大樹さん(35)が講師となり,製パンの過程を実習した。生徒らは工房内のミキサーやオーブンを使い,油脂を使ったパンと使わないパンの2種類を製造。最新の機器でパンの膨らみや硬さの違いを科学的に検証した。

 授業を受けた高橋翔一さん(21)は「普段食べているパンの食感を数値化する作業は面白かった。他の食品でもやってみたい」と話していた。

 施設では今後,パン以外のパスタや菓子類などにも応用し,研究が続けられる予定だ。(高津祐也)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・帯広めーる 2013年10月16日の記事
http://www.tokachimail.com/obihiro/#a2
[PR]
b0171771_918556.jpg
写真:おびひろ動物園/2011年8月撮影

 9月20日, おびひろ動物園のアミメキリン「スカイ」 が,移動先の 釧路市動物園へ出発 しました。
 当初予定していた10日の移動作業が“失敗”に終わり,動物園側は移動用の木製箱への誘導作業を工夫しました。
 スカイはおよそ2時間半で無事に箱に入り,生まれ育った帯広を後にしました。

【動画】OCTV「キリンのスカイ,無事釧路へ出発」(Youtube)
http://www.youtube.com/watch?v=DyRQVnUzAm8&feature=c4-overview&list=UUD7VIF7QPpfdyOlt2iZr_Ww

 十勝毎日新聞が, 「キリンのスカイ,今度は無事釧路へ」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 おびひろ動物園(高橋利夫園長)のアミメキリン「スカイ」(雄,1歳)が20日午前,移動先の釧路市動物園へ出発した。当初予定していた10日の移動作業が“失敗”に終わり,動物園側は移動用の木製箱への誘導作業を工夫。スカイはおよそ2時間半で無事に箱に入り,生まれ育った帯広を後にした。

 移動は午前9時前に始まり,飼育スタッフや運送業者10人ほどが作業に当たった。最初は好物のニセアカシヤの葉で,自主的に箱に入る作戦を実行。スカイは箱内に首を突っ込むものの後戻りを繰り返し,約30分後,箱内に追い込む作戦に切り替えた。

 スカイの目の高さにブルーシートを掲げて視界を狭め,徐々にスカイを箱に近づけた。同10時20分すぎ,スカイが箱の中へ。最初は驚いた様子で後ずさりしたり,箱の板から顔を出したりしたが,最後はすっぽりと収まった。陸路で釧路に向かい,同日中に到着する。

 来園中だった音更木野南保育園(井川美幸園長)の4歳児32人が見送り,瑠玖斗ちゃんは「寂しいけど,元気でね」と話した。柚原和敏副園長は「無事,けがもなく帯広を出てホッとした。釧路でも活躍してほしい」と話した。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース・めーる 2013年09月20日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201309/20130920-0016656.php
[PR]
b0171771_20592318.jpg
写真:おびひろ動物園南口/2012年9月撮影

 9月10日の午前,おびひろ動物園のアミメキリン「スカイ」の釧路市動物園への移動作業がに行われました。
 しかし,スカイは輸送用の特製の箱から抜け出したため,この日の 移動作業は失敗 しました。今後の移動日程は未定で,8日で終了した展示を再開することになりました。

 十勝毎日新聞が, 「キリンのスカイ里心?釧路移動失敗」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 おびひろ動物園(高橋利夫園長)のアミメキリン「スカイ」(雄,1歳)の釧路市動物園への移動作業が10日午前に行われた。しかし,スカイは輸送用の特製の箱から抜け出したため,この日の作業は中止。今後の移動日程は未定で,8日で終了した展示を再開する。

 飼育スタッフ10人ほどが,高さ2.8メートルの木製の箱をキリン舎のドア前に設置。内部に固定用の鉄棒を通してドアと箱の前後を開け,スタッフが中で好物のクワの葉をかざして待機。スカイは最初警戒していたが,やがて箱へ入った。

 しかし,スカイは鉄棒をねじ曲げて箱の外へ脱出,屋外の展示スペースに逃げた。けがはない模様だが,一定の期間,移動は中断し輸送方法を検討する。

 釧路市動物園からは阿部友行園長らが作業を見守り,阿部園長は「大切なキリンなので,けががなくて良かった」と話し,柚原和敏副園長は「10日間ほどかけて,箱に入る練習をしたのだが…。移動方法を考え直したい」と話していた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2013年09月10日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201309/20130910-0016593.php
[PR]
b0171771_213351.jpg
写真:おびひろ動物園のキリンとシマウマ/2010年7月撮影

 9月8日,おびひろ動物園から釧路市動物園へ移動するキリンの スカイが,帯広での展示を終了 しました。
 スカイは雄の1歳で,おびひろ動物園の雄のムサシと盛岡市動物園から貸与を受けている雌のリボンとの間に生まれました。
 8日の午後,キリン舎前でお別れ会が開かれ、来園者が「新天地でも元気に」とお別れしました。

 十勝毎日新聞が, 「『スカイ元気でね』 キリン、釧路へ移動」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 釧路市動物園へ移動するおびひろ動物園(高橋利夫園長)のキリンのスカイ(雄、1歳)が8日、同園での展示を終了した。同日午後にキリン舎前でお別れ会が開かれ、成長を見守ってきた来園者が「新天地でも元気に」とお別れした。

 スカイは同園の雄のムサシ(17歳)と盛岡市動物園から貸与を受けている雌のリボン(6歳)との間の子。昨年5月に同園で生まれ、盛岡市動物園に帰属する。キリンがいない釧路市動物園へ移動が決まり、この日で展示を終えた。

 生まれたときは体長1.9メートルほどだったが、現在は3.5メートルまで成長した。お別れ会には約60人が集まり、担当飼育スタッフの井上文男さんが、一緒に飼育するシマウマがリボンとスカイの間に割り込んで授乳を妨げたことなどのエピソードを紹介した。

 この日もスカイはリボンに寄り添う愛らしい姿を見せ、子供たちが好物のクワの葉を差し出すと、長い首を伸ばしておいしそうにくわえた。石田さん(帯広明和小)は「葉っぱをいっぱい食べてくれた。元気でいてほしい」と話していた。

 スカイは10日午前、専用の木の箱に入り、車で釧路市動物園へ移動、10月から展示される予定という。柚原和敏副園長は「大きな病気もせずに育ってくれた。釧路でも元気に過ごしてほしい」と話していた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・帯広めーる 2013年09月09日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201309/20130909-0016587.php
[PR]
b0171771_17565465.jpg
写真:大谷 翔平選手(北海道日本ハムファイターズ #11/2013年)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e0/Fighters_ohtani_11.jpg

 8月18日,プロ野球パ・リーグの公式戦「北海道日本ハムファイターズ-福岡ソフトバンクホークス」16回戦が,帯広の森野球場で行われました。
 日本ハムの 大谷翔平選手 が,セ・パ交流戦の広島戦以来2回目,パ・リーグの試合では初めて“二刀流”を披露しました。「5番・右翼」で出場した大谷選手は,5点を追う8回からマウンドへ。打者4人を無得点に抑えました。
 また, 中田翔選手 も2試合連続の27号ソロを放ちました。

 十勝毎日新聞が, 「日ハム大谷二刀流 観客沸かせる」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 プロ野球パ・リーグの公式戦「北海道日本ハムファイターズ-福岡ソフトバンクホークス」16回戦(帯広第2戦)が18日、帯広の森野球場で行われた。日本ハムは5点を追う最終回、2死満塁のチャンスも飯山裕志が見逃し三振に倒れ、2-7で敗れて4連勝を逃した。雨の中での試合は、大谷翔平がパ・リーグの試合では初めて“二刀流”を披露、中田翔も2試合連続の27号ソロを放つなど見応えある内容となり、詰め掛けた2万483人のファンは最後まで熱い声援を送っていた。友人と観戦に訪れた浦幌中野球部の高橋君は「中田選手のホームランは格好良かった。雨も気にならないくらい楽しめた」と興奮冷めやらぬ様子だった。

パで初披露 投打好調 大谷
 前日に野手で7試合ぶりにスタメン復帰したばかりの日本ハムのルーキー大谷翔平が八回、右翼守備から中継ぎ登板でマウンドに立ち、帯広のファンの前で“二刀流”を披露した。

 6月18日のセ・パ交流戦の広島戦で投手として先発し、五回から守備に就いて以来で、パ・リーグの試合では初めて。同じ試合で野手から投手に回ったのは、交流戦も含めて今回が最初となった。

 七回、味方の攻撃中に約20球の投球練習後、八回に登板。先頭打者に左前安打を浴びたが、後続を断ち、1回1安打無失点と好投した。今後の先発登板を見据え、「試合でしっかり投げられたことが大きい。中継ぎでやったことを生かしていく」と話した。

 打っては四回に右前打を放ち、4打数1安打。前日も2安打2打点の活躍で、投打にわたり帯広のファンを魅了した。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2013年08月19日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201308/20130819-0016419.php
[PR]
 帯広名物の豚丼を味わおうと,盆休みを利用した帰省客や観光客が 市内の豚丼店で行列 をつくる光景が目立っています。8月13日には十勝大橋周辺で勝毎花火大会もあり,連日多くの来店客でにぎわっています。
 東京で勤務する私(ブログ作成者)の同僚も,夏休みに道東をレンタカーで旅行し,「帯広で豚丼を食べてきました。」と話していました。

 十勝毎日新聞が, 「十勝名物・豚丼求め大行列 盆休み“恒例”の風景 帯広」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 帯広名物の豚丼を味わおうと、盆休みを利用した帰省客や観光客が市内の豚丼店で行列をつくる光景が目立っている。13日には十勝大橋周辺で勝毎花火大会もあり、連日多くの来店客でにぎわっている。

 12日は市内に札幌や旭川など道内外のナンバープレートの車が続々と入り、人気店「ぶた丼とん田」(東6南16、小野寺洋一店長)では、カップルや家族連れなどが長蛇の列をつくり、歩道を埋め尽くした。

 行列に並んだ上川管内上富良野町の公務員内村光希さん(27)は、今朝同町を出発し、1泊2日の日程で勝毎花火大会を楽しむ予定。「友達に聞いてこの店に来た。帯広の有名な豚丼と聞き、並んでもぜひ食べたい」と笑顔で話していた。(中津川甫) 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・帯広めーる 2013年08月12日の記事
http://www.tokachimail.com/obihiro/

参考:豚丼
 豚丼(とんどん・ぶたどん)とは、豚肉を調理したものをどんぶりご飯の上に載せた丼物料理。
 家庭料理の他、牛丼チェーン店のメニューで、牛丼の具を豚肉にしたもの、また北海道道東地方(主に十勝地方)の郷土料理として食べられている。
 帯広系豚丼は、豚肉を砂糖醤油などで味付けした甘辛いタレで焼いたものを飯の上に載せた丼物である。主に道東で広く食されている。豚肉の部位としては主にロース・ばら肉を使い、調理法も味覚も牛丼チェーンの豚丼とは似て非なる料理である。
 牛丼チェーンの豚丼が広まってきたため、名称における紛らわしさを避ける目的で、「帯広系豚丼」「十勝豚丼」「帯広豚丼」と呼称する場合もある。
 (中略)
帯広系豚丼[編集]
 帯広観光コンベンション協会、帯広シティーケーブルなどによれば、十勝地方に特有のこの種の豚丼は、北海道帯広市の大衆食堂「ぱんちょう」創業者、阿部秀司によって1933年(昭和8年)に開発されたとされる[8]。
 北海道十勝地方では、明治時代末に養豚が始まり(この時代の開拓の苦労を表す言葉として依田勉三の句「豚とひとつ鍋」がある)、大正末期には豚肉料理が一般的になりつつあったが、料理法が限定され、特に豚カツなどは庶民が食べるものではなかった。阿部は庶民にも食べられる料理ということで、鰻丼をヒントにした醤油味の豚丼を開発した[9]。
 2011年12月8日、吉野家が「焼味豚丼 十勝仕立て」という名称で帯広系豚丼の販売を開始した。
 十勝地方の郷土料理として定着しているが、店によって白髪ネギ、グリーンピースなど、肉以外に載せる具にはさまざまなものがある。肉の調理法も、網焼きとフライパンで炒める場合とがある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%9A%E4%B8%BC

b0171771_23204261.jpg
写真:ぶた丼とん田の「ぶた丼」
[PR]
 北斗病院のがんドック  に全国から注目が集まっています。
 6月下旬、テレビの全国放送で、破格の値段で充実した検査が受けられることが紹介されたのがきっかけで,放送を受け、全国から問い合わせが殺到しています。

参考:テレビ東京・未来予測ジパング「ニッポンの医療、世界へ!第2弾」
http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/backnumber/20130624/

 十勝毎日新聞が, 「がんドックへの問い合わせ殺到 帯広・北斗病院」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 北斗病院(帯広市稲田町基線7)のがんドックに全国から注目が集まっている。6月下旬、テレビの全国放送で、破格の値段で充実した検査が受けられることが紹介されたのがきっかけ。同病院では「十勝の人にもがんドックの価値を再認識してもらうきっかけになれば」と期待している。

 同病院は開業以来20年にわたり、病気の早期発見・治療を目指す「第二次予防医療」に積極的に取り組んできた。がんドックでは管内で唯一、全身のがんを一度に調べられるPET-CT検査を中心に、MRI、エコー、血液検査などを組み合わせてがんの早期発見を目指す。

 全国的には同様のメニューで検診を行うと12~20万円程度かかるというが、同病院では設備の償却が済んだこともあり、昨年度から12万円を6万5千円に下げて実施している。同病院を運営する社会医療法人北斗の鎌田一理事長は「一般の方の経済的負担を軽減できなければ、第二次予防医療も言葉だけで終わってしまう」と値下げの狙いを話す。

 予防医療に力を入れる同法人を紹介したのは、6月24日放送のテレビ東京「日系スペシャル-未来世紀ジパング」。同法人がロシアでも予防医療を浸透させようと、ウラジオストクに検診施設を開設したことと合わせて、帯広のがんドックについても紹介された。

 放送を受け、全国から問い合わせが殺到。放送から数日で約150件の問い合わせがあり、うち70件余りが予約。その8割は本州からの予約だったという。中には、北海道を旅行がてら検診を受けるという夫婦も。7月は通常の1・5倍近い150人以上が受診した。鎌田理事長は「地元以上に本州で価値を認められたということは、逆に言うとこれまで地元に十分に価値を伝え切れていなかったと反省している」と言う。

 同病院では今後さらに第二次予防医療に注力する方針。鎌田理事長は「従来の診断機器を更新していくのはもちろんだが、今後の大きな武器になる遺伝子診断にも積極的に取り組んでいく。近い将来、遺伝子診断を基に第二次予防医療を組み立てていくようになると思う」と話している。

 がんドックに関する問い合わせは北斗検診センター(0155・47・7777)へ。(丹羽恭太)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・帯広めーる 2013年08月05日の記事
http://www.tokachimail.com/obihiro/

b0171771_9393572.jpg
写真:PETポジトロン断層法(ポジトロンだんそうほう、positron emission tomography
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:ECAT-Exact-HR--PET-Scanner.jpg
[PR]
 7月26日, 「帯広メロン」の出荷 が始まりました。「帯広メロン」は,糖度は13度以上で,贈答用として人気が高くなっています。
 網目模様など出荷基準を確認する「目ならし会」が販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)で開かれ,生産者が今年の出来を確かめました。

参考:FFV-キサキ糧穀株式会社FFVプロジェクトホームページ
http://www.kisaki.sakura.ne.jp/gaiyou/ffv.html

 十勝毎日新聞が, 「帯広メロンの出荷始まる」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 贈答用として人気が高い「帯広メロン」の出荷が26日、始まった。同日午前10時、網目模様など出荷基準を確認する「目ならし会」が販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)で開かれ、生産者が今年の出来を確かめた。十勝管内で順次発売される。

 帯広、芽室、中札内の農家でつくる「FFVプロジェクト」(西元武会長、14戸)が約3ヘクタールで作付け。農水省の「エコファーマー」認定を受け、減農薬・減化学肥料で栽培している。

 目ならし会は、メロンなどの果物で出荷初日に行われる独特の習慣。この日は糖度15度を目安に出荷することを決めた。品種は「妃(きさき)」で果肉はサーモンピンク。食べ頃は常温で収穫から5~7日後と日持ちし、ギフトに向く。

 昨年と同じ約5000玉を出荷予定。西元会長は「今年は雨が少なかったので、糖度がのって甘く仕上がった」と話している。

 イトーヨーカドー帯広店、JR帯広駅内の帯広物産協会、コープさっぽろ、帯広競馬場内のとかちむらなどで販売。価格は送料込みで2玉4000円前後。問い合わせはキサキ糧穀(0155・64・4101)へ。(眞尾敦)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・帯広めーる 2013年07月26日の記事
http://www.tokachimail.com/obihiro/

b0171771_19432096.jpg
写真:「FFVプロジェクト」のメロン
[PR]
b0171771_15453452.jpg
写真:おびひろ動物園/2011年8月撮影

 7月26日,おびひろ動物園 は,開園時間を延長する 「よるの動物園」を開始 しました。
 家族連れなどが続々と訪れ,日中には見られない動物の動きを観察しています。

◇おびひろ動物園「よるの動物園」
 ▽ 開催日/7月26日(金)~7月28日(日)
 ▽ 時 間/開園から 21:00まで


 また,「おびひろ動物園」は、昭和38年7月に開園しました。今年で50周年を迎え,記念して展示会「報道写真と記事で振り返る50年」を開催します。

 ◇報道写真展
  ▽ 動物園センター 7月18日(木) ~ 8月 7日(水)
  ▽ 図書館     8月 8日(木) ~ 8月18日(日)
  ▽ 市民ホール   8月19日(月) ~ 8月25日(日)
  ▽ 百年記念館   8月27日(火) ~ 9月 8日(日)
  ▽ 児童会館    9月10日(火) ~ 9月23日(月)


参考:おびひろ動物園ホームページ
http://www.obihirozoo.jp/index.html

 十勝毎日新聞, 「よるの動物園スタート」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 おびひろ動物園(緑ケ丘2、高橋利夫園長)は26日、開園時間を延長する「よるの動物園」を始めた。家族連れなどが続々と訪れ、日中には見られない動物の動きを観察し、暗闇の中で遊具に乗るなど、いつもと違う動物園の雰囲気を楽しんだ。

 夜行性の動物も飼育していることから、夏場に毎年実施。今年は28日までの3日間、通常午後4時半の閉園時間を同9時までに延長する。園路の一部にライトを設置し、ヨーヨーや花火も配布し夏休み気分を演出している。

 アカカンガルーやアムールトラは活発に動き回る一方、チンパンジーは思慮深そうにのんびりたたずむなど動物の表情もさまざま。インドゾウのナナの園舎では、おやつの様子が公開された。長い鼻でリンゴなどを器用に持ち上げ、口に放り込む姿に、来園者は「すごい」と感嘆していた。

 幕別町の蒼真ちゃんは「ゾウさんは大きくてリンゴを上手に食べていたよ」と話していた。期間中は飼育員による「夜のスポットガイド」なども随時行われる。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2013年07月27日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201307/20130727-0016248.php
[PR]
b0171771_191266.jpg
帯広大谷高校2011年8月撮影

 旭川スタルヒン球場で行われてきた第95回全国高校野球選手権北北海道大会は,帯広大谷高校の開幕戦勝利で始まり,決勝での逆転勝ちによる初優勝で7月19日に幕を閉じました。
 帯広大谷高は初の甲子園出場 で,十勝勢としては白樺学園高校以来,2年ぶりとなるとなりました。

b0171771_19223966.jpg
写真:旭川市花咲スポーツ公園硬式野球場のスタルヒン像
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/8/8c/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%92%E3%83%B3%E5%83%8F.jpg

 十勝毎日新聞, 「帯広大谷高が初甲子園 旭川南に逆転勝ち」 と伝えています。

 旭川スタルヒン球場で行われてきた第95回全国高校野球選手権北北海道大会は、帯広大谷高校の開幕戦勝利で始まり、決勝での逆転勝ちによる初優勝で19日に幕を閉じた。同校は春、夏を通じて初、十勝勢としては白樺学園高校以来、2年ぶりとなる甲子園出場の快挙に、十勝中が歓喜した。

 管内随一の打力は、北大会でも発揮された。打ち勝っただけではなく、2試合で逆転勝ちと終盤の粘り強さも見せた。

 同校ナインは午後3時の試合終了後に帰勝し、午後10時から同校体育館で簡単な優勝報告をした。選手は20、21日を完全休養日として静養し、22日から練習を再開する。

 20日には甲子園出場を支援する協賛会設立に向け、同校管理職による話し合いが始まり、22日には改めてナインが全校生徒の前で優勝報告をする。全国選手権の組み合わせ抽選会は8月5日、開幕は8日。

創部17年 初の頂点
 帯大谷が甲子園一番乗りを決めた。最終日は19日、旭川スタルヒン球場で決勝を行い、帯大谷が旭川南(旭川)に4−3で逆転勝ち。北北海道107チームの頂点に立つとともに、創部17年で春夏を通じて初の甲子園出場を決めた。2年生左腕・佐藤和真が無失点の救援、打線も旭川南の好左腕・辻本響(3年)から工藤聖太(同)が満塁走者一掃の同点二塁打を放ち、終盤に角雄平(同)の押し出し死球で勝ち越した。全国選手権は8月8日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2013年07月20日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201307/20130720-0016182.php


More 選手の紹介は,ここをクリック
[PR]