カテゴリ:帯広市の様子( 309 )

b0171771_23580848.jpg
参考写真:釧路動物園のゼニガタアザラシ
=2005年10月撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Harbor_Seal_Kushiro.jpg

 帯広畜産大学のサークルに,野生動物のゼニガタアザラシを調査する 「ゼニガタアザラシ研究グループ(ゼニ研)」 があります。
 35年前の1982年,アザラシ保護を目的に立ち上がったサークルですが,近年は個体数調査(センサス)をメインに,人間との共存の在り方を探っています。
b0171771_08303753.jpg
帯広畜産大学構内
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「アザラシとの共存探る 帯広畜大サークル『ゼニ研』」 と伝えています。
 帯広畜産大学のサークルで野生動物のゼニガタアザラシを調査する「ゼニガタアザラシ研究グループ(ゼニ研)」。35年前,アザラシ保護を目的に立ち上がった同サークルだが,近年は個体数調査(センサス)をメインに人間との共存の在り方を探っている。

 ゼニ研は1982年に設立。現部員は約20人で,襟裳岬や道東地域数カ所で年4回,センサスを行っている。一度の調査は1週間に及び,双眼鏡や望遠鏡などで500~800頭を確認する。

 一時は絶滅の危機にあったアザラシだが,近年は個体数が増加し,漁業被害が拡大している。「保護」を目的としたゼニ研も,「共存」を活動テーマに掲げるようになった。代表の今井菜々さん(畜産科学課程3年)は「センサスを続けることで,個体数の変化を見守ることができる」と活動の意義を強調。副代表の岡本朋子さん(同)は「海の中は見えず,個体数の増減は簡単には分からない。共存のため,少しでも役に立てれば」と願う。

-略-

----------------------

<ゼニガタアザラシ>

 北海道東部の沿岸から襟裳岬にかけて分布。2015年に絶滅危惧種から外れ,1ランク下の準絶滅危惧に変更。えりも地域では漁業被害が深刻化し,個体群管理手法確立などに取り組んでいる。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年5月16日 13時54分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201705/20170516-0026608.php
[PR]
b0171771_18591346.jpg
旧双葉幼稚園=2016年9月撮影撮影

 5月19日,国の文化審議会は,国の重要文化財(建造物)に新たに10件を登録するよう,文部科学大臣に答申しました。
 道内からは帯広市内の 旧双葉幼稚園の園舎 が挙がっています。
 園舎は,保育者で後の2代目園長臼田梅が発案し,1922年に完成しました。
 閉園する2013年まで90年以上使われ,現在は宗教法人日本聖公会北海道教区が所有しています。

 十勝毎日新聞が, 「双葉幼稚園園舎が国の重要文化財指定」 と伝えています。
 国の文化審議会は19日,国の重要文化財(建造物)に新たに10件を登録するよう,文部科学大臣に答申した。道内からは帯広市内の旧双葉幼稚園の園舎(東4南10)が挙がった。

 同園舎は1922年完成。当時の同園の保育者で後の2代目園長臼田梅が発案した。閉園する2013年まで90年以上使われた。10年に文化庁から,帯広初の国の登録有形文化財に指定された。現在は宗教法人日本聖公会北海道教区(札幌)が所有している。

 答申では,同園舎について「近代の幼稚園園舎の基本計画である遊戯室中心の平面を持ち,大正期建造の園舎としては希少」「球形,四角形,三角形などの基本図形を用いた明快かつ独創的意匠」と説明され,意匠的に優秀で歴史的な価値があることを指定の基準とした。

-略-

(大木祐介)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年05月19日17時00分の記事
[PR]
b0171771_02295359.jpg
参考写真:ヤマゲラ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://www.tokachi.co.jp/news/201705/20170515-0026601.php

 帯広市内の山間部にあるエゾヤマザクラの木にキツツキ科の一種,雄のヤマゲラが巣作り に励んでいます。
 ヤマゲラは北海道の低山から丘陵の林にすみ,とがったくちばしで樹皮や幹に穴を開けました。

 十勝毎日新聞が, 「ヤマゲラ巣作り 帯広市内のエゾヤマザクラ」 と伝えています。
 帯広市内の山間部にあるエゾヤマザクラの木にキツツキ科の一種,ヤマゲラの雄が穴を開け,巣作りに励んでいる。木の幹に縦に止まり,雌を呼び寄せるような高い鳴き声を辺りに響かせている。

 周りには花が咲いているサクラの木がまだ多い。開いた穴の中からは,頭だけ出し,突いた木の破片や中で抜けた羽を外に出す様子も。盛んに「ピョッピョッ…」と鳴き,周囲を見渡している。

 ヤマゲラは北海道の低山から丘陵の林にすみ,とがったくちばしで樹皮や幹に穴を開ける。木から木へ移り,主に昆虫類をついばむが,地上でアリなどを食べることもある。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年5月15日 13時38分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201705/20170515-0026601.php
[PR]
b0171771_04493744.jpg
参考写真:2014年度からの会場・ホテル椿山荘東京
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3

 7月に東京の「ホテル椿山荘」で開かれる 美の祭典 「2017ミス・ユニバースジャパン」日本大会に向けて,ファイナリスト(大会出場者)の人気を競うウエブ投票が4月から始まりました。
 北海道代表として出場する帯広畜産大学共同獣医学課程4年の松井詩さんも,投票を呼び掛けています。

b0171771_04512836.jpg
帯広畜産大学
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「ミスユニバースウエブ投票始まる 松井さんも登場」 と伝えています。
 7月に東京で開かれる美の祭典「2017ミス・ユニバース・ジャパン(MUJ)」日本大会に向けて,ファイナリスト(大会出場者)の人気を競うウエブ投票が4月から始まった。北海道代表として出場する帯広畜産大学共同獣医学課程4年の松井詩(しほり)さん(22)も,投票を呼び掛けている。

 ウエブ投票は,7月の大会PRを目的に実施され,一般の評価として,1次審査の参考となる。投票期間は1週間ごとに区切られ,昨年は大会前日まで継続された。

-略-

 松井さんは,4月の1回目が19位,2回目が5位,3回目が10位,第4回が15位となっている。8日からは5回目の投票を受け付けている。松井さんは「日本の獣医療の現状を多くの人に知ってもらうため,世界で活躍できるよう,皆さまのお力をお貸しください」と投票を呼び掛けている。(藤島諒司)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年05月09日10時41分の記事
[PR]
b0171771_08042506.jpg
参考写真:産業能率大学自由が丘キャンパス
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%A3%E6%A5%AD%E8%83%BD%E7%8E%87%E5%A4%A7%E5%AD%A6

 産業能率大学経営学部の学生が,5月5日まで,都内目黒区自由が丘で開催中の自由が丘スイーツフェスタ会場で, 十勝ガールズ農場産の ジャガイモを販売 しています。
 シャドークイーンなど珍しい品種を生食用とじゃがバターで提供します。
 販売を担うのは,倉田洋教授のゼミ生の3年生21人です。

 十勝毎日新聞が, 「十勝産ジャガイモ販売 都内で産業能率大学生」 と伝えています。
 【東京】産業能率大学(東京都世田谷区)経営学部の学生が,5日まで,都内目黒区自由が丘で開催中の自由が丘スイーツフェスタ会場で,十勝ガールズ農場(帯広)産のジャガイモを販売している。シャドークイーンなど珍しい品種を生食用とじゃがバターで提供し,買い物客から注目されている。

 販売を担うのは倉田洋教授(企業論)のゼミ生の3年生21人。同ゼミの卒業生が,農業インターンシップ事業を展開するTASUKI有限責任事業組合(帯広,山内一成代表理事)のメンバーと知り合いになった縁で研究テーマにした。2月から週1回のゼミ以外にも集まり準備を進めた。

 同農場からジャガイモ約110キロを仕入れ,3~5日の3日間で計約540食を1食500円で販売し,「デストロイヤー」などの珍しい品種を小袋で販売した。

-略-

(原山知寿子)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年05月04日10時48分の記事
[PR]
b0171771_02313708.jpg
JICA北海道国際センター帯広標示
=撮影

 JICA(国際協力機構)北海道国際センター帯広は,途上国の現状や国際協力について学べる 常設の展示コーナー 「おびるっく」をリニューアル しました。
 子どもが楽しめるよう工夫を凝らして,JICAの事業について理解を深めてもらおうと企画しました。
 ロビーでは現在,2カ月に1回のペースで,写真展や海外ボランティア紹介など展示イベントを行っています。

b0171771_02343267.jpg
JICA
北海道国際センター帯広=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「展示コーナーを刷新 事業紹介を拡充 JICA帯広」 と伝えています。
 JICA(国際協力機構)北海道国際センター帯広(帯広市西20南6)は,途上国の現状や国際協力について学べる常設の展示コーナー「おびるっく」をリニューアルした。子どもが楽しめるよう工夫を凝らし,JICAの事業について理解を深めてもらう。

 ロビーでは現在,2カ月に1回のペースで,写真展や海外ボランティア紹介など展示イベントを行っている。これまで常設展示は世界の民族衣装を紹介するコーナーに限られていたが,より多くの人に事業を知ってもらい,来館につなげようとスペースを広げた。

 途上国の問題を考える展示では,環境や教育などのテーマごとに問題が書かれたカードを用意。挿入口に差し込めば,回答がモニターに映し出される。十勝と世界のつながりを紹介するコーナーでは,ジャガイモや牛乳などの品目ごとにあみだをたどれば,品目に関係のある国が分かる。

-略-

(安倍諒)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年05月04日11時25分の記事
[PR]
b0171771_07112214.jpg
おびひろ動物園・ニホンザル
=2015年8月撮影

 ゴールデンウイーク初日の4月29日, おびひろ動物園の 夏季開園 がスタートしました。
 心配されていた雨もやみ,正午までの帯広の最高気温は16.4℃で,春の日差しの中,大勢の家族連れでにぎわっていました。

b0171771_07110894.jpg
おびひろ動物園正門
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「GW幕開け おびひろ動物園夏季開園にぎわう」 と伝えています。
 ゴールデンウイーク(GW)初日の29日,おびひろ動物園(柚原和敏園長)の夏季開園がスタートした。心配されていた雨もやみ,正午までの帯広の最高気温は16.4度。春の日差しの中,大勢の家族連れでにぎわった。

 午前9時の開園を前に,300人以上が集まった。開園セレモニーでは米沢則寿市長が「たくさんの動物が待っている。楽しんで」とあいさつ。吹奏楽グループ「ウィンズ」の演奏で幕開けし,園内でモルモット,ハリスホーク,エゾフクロウ,ミニチュアホース,ヒツジが来園者を出迎えた。

-略-

 夏季開園は11月5日まで。午前9時~午後4時半(9月30日以降は午後4時まで)。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年4月29日 14時00分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201704/20170429-0026464.php
[PR]
b0171771_09051617.jpg
帯広市図書館
=2017年2月撮影

 4月15日,帯広市図書館が現施設になってからの 来館者数が500万人 に達しました。
 図書館で記念セレモニーが開かれ,500万人目の来館者となったつつじが丘小学校2年生市内の脇坂君に感謝状などが贈られました。
 今の建物は2006年にオープンし,来館者数は2008年に100万人,2010年に200万人,2012年に300万人,2014年に400万人と順調に数を伸ばしてきました。

b0171771_09095025.jpg
帯広市図書館
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「市図書館 来館500万人 脇坂さん一家に記念品」 と伝えています。
 現施設になってからの帯広市図書館(前原匡宏館長)の来館者数が15日正午ごろ,500万人に達した。同館で記念セレモニーが開かれ,500万人目の来館者となった市内の脇坂知希君(7)=つつじが丘小学校2年=に感謝状などが贈られた。

 今の建物は2006年にオープン。来館者数は08年に100万人,10年に200万人,12年に300万人,14年に400万人と順調に数を伸ばし,16年度末の時点で498万3750人に達していた。

 脇坂君は2週間に1度ほど本を借りに家族で来館しており,この日も両親の直樹さん(36),紗織さん(36),妹の杏奈ちゃん(3)と一緒に来館した。

-略-

(大木祐介)

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月15日13時49分の記事
[PR]

b0171771_04001959.jpg
参考写真:ベナン共和国北西部のアタコラ県
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8A%E3%83%B3"><u>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8A%E3%83%B3</u></A>

 4月9日, 海外ボランティアの募集説明会 が,帯広市内の国際協力機構(JICA)北海道国際センターで開かれた。約10人が参加し,事業概要をはじめ,海外に派遣されたボランティアの体験談に耳を傾けた。
 JICAでは5月10日まで,20~39歳の「青年海外協力隊」と40~69歳の「シニア海外ボランティア」を募集しています。

 ベナン共和国で活動した郡山彩さんは,配属された村で伝統技術の糸つむぎの後継者を確保しようとしたエピソードを紹介しました。
 JICAでは5月10日まで,20~39歳の青年海外協力隊40~69歳のとシニア海外ボランティアを募集しています。

b0171771_03423166.jpg
JICA北海道(帯広)=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「海外ボランティアの体験語る JICA帯広が募集説明会」 と伝えています。
 海外ボランティアの募集説明会が9日,帯広市内の国際協力機構(JICA)北海道国際センターで開かれた。約10人が参加し,事業概要をはじめ,海外に派遣されたボランティアの体験談に耳を傾けた。

 JICAは5月10日まで,青年海外協力隊(20~39歳)とシニア海外ボランティア(40~69歳)を募集している。同センターは毎年,春と秋に説明会を実施している。

 この日は帯広出身の2人が,現地でのボランティア体験を発表。ベナン共和国で活動した郡山彩さん(25)は配属された村で,伝統技術の糸つむぎの後継者を確保しようとしたエピソードを紹介。現地住民とともに糸の色づけなどを工夫し,売れる商品づくりに励んだ。帰国時には技術の継承に意欲的な人が増えたとし,「住民のエンパワーメント(能力開花)につながった」と報告した。

 
-略-

(安倍諒)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月09日20時05分の記事
[PR]
b0171771_08303753.jpg
帯広畜産大学構内
=撮影

 4月10日、帯広畜産大学の今年度入学式 が、畜大講堂で開かれ、新入学生330人が、キャンパス生活を踏み出しました。
 新入学生の内訳は、畜産学部259人(編入学7人含む)、大学院畜産学研究科54人、別科草地畜産専修17人で、畜産学部には、十勝管内の高校出身者11人が入学しました。

b0171771_08344507.jpg
帯広畜産大学講堂
=2014年1月撮影

十勝毎日新聞が, 「希望を胸に 330人入学 帯広畜産大学」 と伝えています。
 帯広畜産大学(奥田潔学長)の今年度入学式が10日午前10時から、同大講堂で開かれた。希望に満ちた新入学生330人が、キャンパス生活を踏み出した。

 新入学生の内訳は、畜産学部259人(編入学7人含む)、大学院畜産学研究科54人、別科草地畜産専修17人。畜産学部には、十勝管内の高校出身者11人が入学した。

 同学部1年生の女子学生比率は62.5%となり、過去最高を更新した。

 式では奥田学長が「志を高く持ってチャレンジし、生命・食料・環境分野の専門知識や社会情勢の変化に対応するコミュニケーション能力を身に付け、人間的に大きく成長することを祈念する」とあいさつした。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年4月10日 13時47分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201704/20170410-0026298.php
[PR]