カテゴリ:池田町の様子( 102 )

b0171771_12273747.jpg
参考写真:日本の様々な凧
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%A7

 1月7日,池田町の 第45回親子たこあげ大会 が,池田ワイン城横のイベント広場で開かれました。
 子どもたちは親の協力を得ながら,飛距離,デザインアート,大だこの3部門で競いました。

b0171771_12282349.jpg
ワインの町イベント広場
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「 新春の青空にたこ揚げ 親子100人参加 池田で大会」 と伝えています。
 【池田】「第45回冬の子供まつり親子たこあげ大会」(町商工会青年部,十勝毎日新聞社池田支局など主催)が7日,町ワイン城横のイベント広場で開かれた。親子らがたこを揚げて飛距離やたこのデザインなどを競った。

 小学生や幼児52人が競技に申し込み,当日は参加者の保護者らも合わせて約100人が来場。自作や市販のたこを持って晴天の青空の中に揚げていた。子どもたちは親の協力を得ながら,たこを揚げるために勢いをつけて走って飛ばしていた。

 飛距離,デザインアート,大だこの3部門でそれぞれ上位5人を選出。

-略-

(関坂典生)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2018年01月09日9時29分の記事
[PR]
b0171771_04174655.jpg
丸信新津商店(池田町)=
2017年8月撮影

 池田高校美術部員が描いた,来年の干支(えと)の 戌年にちなんだラベル を貼った十勝ワインが今年も,池田町内の丸信新津商店で販売されています。
 美術部員3人がそれぞれ案を考え,本別町から通学する2年生の久常優花さんのデザインが採用されました。
 干支ラベルは,十勝ワイン「セイオロサム」 の2016年物「赤」と2016年物「白」に貼り,赤白合わせて60本限定で販売されます。

b0171771_04172952.jpg
十勝ワイン「凋寒/セイオロサム」
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「戌年ラベルの十勝ワイン販売 新津商店 池田高美術部員デザイン」 と伝えています。
 【池田】池田高校美術部員が描いた,来年の干支(えと)の戌(いぬ)年にちなんだラベルを貼った十勝ワインが今年も,町内の丸信新津商店(西1,新津雅弘社長)で販売されている。

 同店が高校生に地域貢献の機会をつくり,若い感性を商品に生かそうと2012年の干支(辰=たつ)に始め,今回で7年目になる。同部員3人がそれぞれ案を考え,2年生の久常優花さん(17)=本別町在住=のデザインが採用された。

 10月下旬から11月上旬ごろまで部活動の中で考えてきた。久常さんは「戌を描くのは当たり前だが,肉球で表現したら面白いと思った」と話し,白地に黒い肉球2つをシンプルに表した。

-略-

(関坂典生)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年12月30日7時59分の記事
[PR]
b0171771_02183384.jpg
ナイガイ書店
=2014年8月撮影

 12月末,池田町内唯一の 書店「趣味のナイガイ」が閉店 します。
 かつては喫茶店を併設し,レコード販売も行い,若者の集う拠点でしたが,電子書籍など書店経営が厳しい時代を迎える中で,42年にわたる“まちの本屋さん”が姿を消すことになります。

 十勝毎日新聞が, 「創業42年 池田に唯一の書店 「ナイガイ」年末閉店」 と伝えています。
 池田町内唯一の書店「趣味のナイガイ」(町大通5,井上明さん経営)が12月末で閉店する。かつては喫茶店を併設し,レコード販売もあり,若者の集う拠点だったが,電子書籍など書店経営が厳しい時代を迎える中で,自身の年齢(67)も考慮した。42年にわたる“まちの本屋さん”が姿を消す。

 同店は1975年に開店した。井上さんの妻真砂子さん(66)が前オーナーの元で働いていたが,91年のオーナー死去に伴い,帯広市内でサラリーマンをしていた井上さんが引き継ぐことになった。

 経営を始めたころは,池田高校の生徒や町民らがよく訪れていたが,コンビニエンスストアや通信販売,電子書籍の普及と同時に,町の少子高齢化が進み人口が著しく減少。来店者が徐々に減った。

-略-

 店は12月30日で閉める予定。それまでは午前9時から午後6時まで営業。日曜定休。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年11月0日 13時51分日時分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201711/20171110-0027897.php
[PR]
b0171771_07484747.jpg
十勝川温泉街
=2016年5月撮影

 音更・池田両町や観光団体などでつくる「音更町・池田町広域連携観光推進協議会」は,音更町の十勝川温泉宿泊客を対象に,池田町のワインや食を タクシーで巡る モニターツアー を始めました。
 貸し切りタクシーを格安のモニター料金にして,ワイン城訪問や池田町内飲食店で食事をする観光プランで,十勝川温泉-池田間の交通需要を探り,温泉に連泊して楽しめる観光素材の提供を目指します。

b0171771_07573780.jpg
池田ワイン城
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「タクシーで池田観光 十勝川温泉宿泊客限定」 と伝えています。
 音更・池田両町や観光団体などでつくる「音更町・池田町広域連携観光推進協議会」(会長・傳法伸也音更町経済部長)は,音更町の十勝川温泉宿泊客を対象に,池田町のワインや食をタクシーで巡るモニターツアーを始めた。貸し切りタクシーを格安のモニター料金にして,ワイン城訪問や池田町内飲食店で食事をする観光プラン。十勝川温泉-池田間の交通需要を探り,温泉に連泊して楽しめる観光素材の提供を目指す。

-略-

 「いけだワイン&フード観光タクシーで巡るモニターツアー」として,小型タクシー貸し切り3時間コースが1台4000円,6時間コースが8000円。通常は3時間で1万6380円,6時間で3万2760円掛かる。観光アンケートに答えると,モニター料金となる。さらに,ガーデンスパ十勝川温泉で使える1000円分の買い物券がプレゼントされる。

 ツアーは来年2月までで先着50組。利用の前日までにワインタクシー(池田町,015・572・2155)に申し込む。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年10月5日 13時48分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201710/20171005-0027620.php
[PR]
b0171771_16543939.jpg
交流スペース「Ponte」
=2016年9月撮影

 10月13日,が運営する町中心部の空き店舗を活用した 交流スペース「Ponte(ポンテ)」 で,月見の時期に併せて, もちつき大会 を開きます。
 幼児や小学生が集う「放課池田町商工会後サロンエルム」のイベントとして,臼と,きねを使った本格的なもちつきと試食が無料でできます。

b0171771_16553136.jpg
池田町商工会
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「13日にもちつき大会 池田ポンテ 昼と夜の部も」 と伝えています。
 【池田】町商工会が運営する町中心部の空き店舗を活用した交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)で13日,月見の時期に併せて,もちつき大会を開く。

 幼児や小学生が集う「放課後サロンエルム」のイベントとして,同日午後3時~同5時,臼と,きねを使った本格的なもちつきと試食が無料でできる。手作りのあんも用意している。

 同サロンエルムで子どもたちの世話をする地域のボランティアや池田高校ボランティア部部員が手伝う。

 大人を対象にした満月の最寄りの金曜に行う「FULL MOON BAR(フルムーンバー)」でも引き続き,もちつきを行う「月見BAR」と銘打ち,同日午後6時~同8時に開く。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年10月09日10時30分の記事
[PR]
b0171771_08412900.jpg
参考写真:オーパス・ワン・ワイナリー
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/cf/Opus-One-Szmurlo.jpg

 9月7日,池田町主催の ワインツアー 参加者一行が,視察先の米国から無事に帰町し,町役場前で到着式を行いました。
 池田町主催のツアーは17年ぶりに行われ,19人が参加しました。
 一行は8月30日に町を出発し,米国西海岸のワイナリー9カ所などを訪問し,世界最高級ワインの一つ,「オーパス・ワン」を醸造するワイナリーも訪れました。
 また,ワイナリーを巡り,つくり手と触れ合ってワインを味わう「ワインツーリズム」についても学びました。

b0171771_09192402.jpg
参考写真:カリフォルニア州ナパバレー
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%91%E9%83%A1_(%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%82%A2%E5%B7%9E)

 十勝毎日新聞が, 「米国ワインツアー一行が帰町 池田」 と伝えています。
 【池田】町主催のワインツアー参加者一行が7日,視察先の米国から無事に帰町し,町役場前で到着式を行った。

 町主催ツアーは17年ぶりに行われ19人が参加。一行は8月30日に町を出発し,米国西海岸のワイナリー9カ所などを訪問した。世界最高級ワインの一つ,「オーパスワン」を醸造するワイナリーも訪れた。一行はブドウ栽培やワイン醸造の他,今後,町観光に役立てようと世界的にも注目される米国のワインツーリズムについて学んだ。

 役場前には町職員や家族ら約40人が出迎えた。勝井勝丸町長は「参加者のフェイスブックでツアーの様子を見てきた。疲れを早めにとって今後の報告を楽しみにしている」と全員の到着を喜んだ。

-略-

(関坂典生)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年09月08日12時20分の記事
[PR]
b0171771_09484479.jpg
参考写真:アルトサクソフォーン
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%B3

 9月9日,全国で活躍するサクソフォンカルテットの演奏会 「カルテット・スピリタス サクソフォン リサイタル」 が,池田町田園ホールで開かれました。
 演奏会には,町内外から約300人が来場しました。

参考サイト:「カルテット・スピリタス」プロフィール
http://www.sonymusic.co.jp/artist/QuartetSpiritus/profile/

b0171771_14193667.jpg
池田町田園ホール
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「サックス演奏に300人聴きいる 池田」 と伝えています。
 【池田】全国で活躍するサクソフォンカルテットの演奏会「カルテット・スピリタス サクソフォン リサイタル」(町田園ホール芸術文化事業委員会主催)が9日,町田園ホールで開かれた。

 町内外から約300人が来場した。松原孝政さんがソプラノ,波多江史朗さんがアルト,松井宏幸さんがテナー,東涼太さんがバリトンのそれぞれサクソフォンを務め,2020年開催の東京五輪にちなんで,各国を代表する11曲を演奏した。

 スペイン代表では「カルメン幻想曲」,アルゼンチンは「ラ・クンパルシータ」,ドイツは「G線上のアリア」など有名な曲を多く取り入れ,来場者はサクソフォンに親しんでいた。

-略-

(関坂典生)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年09月12日14時11分の記事
[PR]
b0171771_14281951.jpg
勝池田郵便局=2016年9月撮影

 9月7日,池田・幕別・音更の3町の郵便局で構成する十勝中央部会による 「認知症サポーター養成講座」 が,十勝池田郵便局で開かれました。
 この講座は,高齢化社会が進む中,認知症を正しく理解し,温かみのあるサービス・応対の提供と認知症サポーターの役割「こころのバリアフリー社会づくり」を目的に開催されました。

b0171771_14254124.jpg
音更郵便局
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「3町郵便局が認知症サポーター養成講座 池田」 と伝えています。
 【池田】池田・幕別・音更の3町の郵便局で構成する十勝中央部会(渡部省二部会長)による「認知症サポーター養成講座」が7日,十勝池田町郵便局で開かれた。

 同講座は,高齢化社会が進む中,認知症を正しく理解し,温かみのあるサービス・応対の提供と認知症サポーターの役割「こころのバリアフリー社会づくり」を目的に開催。各局の局長ら14人が参加し,渡部部会長が「来月から見守りサービスが始まる。この講習会で学んだことを活用してほしい」とあいさつした。

 町福祉課地域包括支援センターの石野朱美係長が講師を務め,認知症の症状や治療,予防策を説明。

-略-

(水上由美通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年09月13日12時49分の記事
[PR]
b0171771_23115128.jpg
参考写真:エゾヒグマ
=2009年3月,多摩動物公園で撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%BE%E3%83%92%E3%82%B0%E3%83%9E

 8月9日、ヒグマの生態や遭遇した際の対処法などを学ぶ、浦幌町立博物館の 夏休みこども博物館 「ヒグマの学校」 が開かれました。
 酪農学園大学野生動物生態学研究室の協力で行われました。
 町内の道有林でヒグマクマに出会ったときの対処法では
 (1)大声を出さない
 (2)走らない
 (3)静かに離れる
の頭文字「お・は・し」を確認しました。

b0171771_17004003.jpg
浦幌町立博物館
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「浦幌博物館で「ヒグマの学校」」 と伝えています。
 【浦幌】ヒグマの生態や遭遇した際の対処法などを学ぶ、町立博物館の夏休みこども博物館「ヒグマの学校」が9日、同館で開かれた。

 酪農学園大学野生動物生態学研究室(佐藤喜和教授)が協力。町内の道有林でヒグマの生態を調査している同研究室の学生5人が講師を務め、町内外の小学生ら45人が参加した。  ヒグマの糞(ふん)に残された餌の種類を当てるクイズなどで生態を学び、山奥で自動撮影カメラに写った親子連れのヒグマを観察した。

 クマが人を攻撃するのはどんなときかについても考えた。クマに出会ったときの対処法では(1)大声を出さない(2)走らない(3)静かに離れる-の頭文字「お・は・し」を確認。クマの縫いぐるみ「スティーブくん」が登場すると、子どもたちは静かに後ずさりした。

-略-

(円子紳一通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年08月14日9時30分の記事
[PR]
b0171771_20220370.jpg
ワイン樽(十勝ワインブドウ園)=2016年5月撮影

 7月22日,十勝ワインの熟成に利用した樽を使った 「ワイン樽ころがし競走inいけだ」 が,ワイン城下の特設会場で開かれました。
 十勝管内外から16組48人が参加し,ワインの町・池田の風物詩を楽しみました。

b0171771_10384322.jpg
ワイン城特設会場
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「池田町でワイン樽ころがし競走 16組が挑む」 と伝えています。
 【池田】十勝ワインの熟成に利用した樽(たる)を使った「ワイン樽ころがし競走inいけだ」(実行委員会主催)が22日午前10時から,ワイン城下の特設会場で開かれた。十勝管内外から16組48人が参加し,ワインの町・池田の風物詩を楽しんだ。

 かつてワイン祭り前夜祭で行われたイベントで,2011年に復活した。開会式で実行委員長の勝井勝丸町長は「けがのないようにし,午後のワインパーティーも楽しんで」とあいさつした。

 樽は直径80センチ,長さ110センチ,重さ90キロの容量520リットルほどが入る大きさ。女性は一回り小さい重さ50キロの樽を使った。短距離,長距離,スラローム(ポールを避けて回る)の3種目で,1チーム3人がリレー方式で手で押し,転がしてタイムを競った。

-略-

(関坂典生)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年07月22日12時38分の記事
[PR]