b0171771_1825098.jpg
背景のイラストは,「元気くん」PR掲示=本別町仙美里地区で撮影

関連のホームページ
◆本別高校同窓会東京支部「清流会」→
http://hseiryuukai.blog122.fc2.com/
◆本別町公式ホームページ http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/
◆本別町観光協会 https://www.facebook.com/honbetsu.tourism/timeline

b0171771_04104344.jpg第13回東京本別会総会
会場決定
日時:2017年6月17日(土)午後5時
会場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)
※例年の会場が休止のため、変更しました。
会場・「アルカディア市ヶ谷」サイトへ

第12回東京本別会総会終了
日時:2015年6月20日(土)午5時

会場:スクワール麹町(四ッ谷駅)
 第12回「東京本別会」総会・懇親会が開催されました。故郷本別町からは,高橋正夫町長・方川一郎町議会議長,前田芳雄本別中学校同窓会会長らが出席されました。また,4組のご夫妻も参加されました。なお,当日の様子が,十勝毎日新聞で紹介されました。
 第13回総会は,2017年6月の開催の予定です。
b0171771_16402937.jpg
仙美里中学校67年の歴史に幕

 故郷の本別町では、平成26年3月で
仙美里中学校が閉校 し、現在中学校として 本別中学校 勇足中学校 の2校が存続しています。

本別中学校の卒業生1万人に
 
本別中学校(左写真)
は戦後間もない1947(昭和22)年に開校し,2013(平成25)年度までの68年間で、9987人の卒業生を輩出してきました。2014年度の3年生は51人で,卒業生が1万人の大台を突破することになります。
 卒業生1万人達成を記念し,本別中学校同窓会(前田芳雄会長)が,2015年3月13日の卒業式にあわせて記念事業が実施されました。

[PR]
b0171771_05335958.jpg
ガーデンスパ十勝川温泉
=2017年2月撮影

 5月21日,音更町のガーデンスパ十勝川温泉の体験工房で, 「親子でつくる十勝小麦のパン作り教室」 が初めて開かれました。
 生地の原材料は十勝産小麦「春の香りの青い空」を使用しました。
 十勝川温泉第一ホテルベーカリー支配人の山野隆司さんを講師に,親子4組13人が参加し,菓子パンやバターロール,クロワッサン,アンパンなど5種類のパン作りに取り組みました。


b0171771_04512513.jpg
参考写真:クロワッサン
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%AF%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%B3

 十勝毎日新聞が, 「十勝産小麦でパンづくり 音更・体験工房」 と伝えています。
 【音更】ガーデンスパ十勝川温泉の体験工房で21日,「親子でつくる十勝小麦のパン作り教室」が初めて開かれた。

 町内の山本忠信商店(山本英明社長)が協賛。十勝川温泉第一ホテルベーカリー支配人の山野隆司さんを講師に,親子4組13人が参加した。

 生地の原材料は十勝産小麦「春の香りの青い空」。参加者は発酵時間や温度について説明を受けながら生地作りに挑戦。その後,ウサギや花など自分の好きな形をかたどった菓子パンやバターロール,クロワッサン,アンパンなど5種類のパン作りに取り組んだ。

-略-

(長瀬聡美通信員)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年05月24日15時01分の記事
[PR]
b0171771_18080111.jpg
満寿屋商店麦音店
=2016年5月撮影

 5月24日,十勝の農業廃棄物を利用し,きのこやパンを作る循環プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」で商品化した 「うまっしゅパン」の販売 が,パン製造販売の満寿屋商店で始まりました。
 24日から,麦音店とボヌールマスヤの2店で1個55円,25日から東京本店で90円で販売されています。

 十勝毎日新聞が, 「うまっしゅパン発売 帯広の満寿屋商店」 と伝えています。
 十勝の農業廃棄物を利用し,きのこやパンを作る循環プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」で商品化した「うまっしゅパン」の販売が24日,パン製造販売の満寿屋商店(杉山雅則社長)で始まった。

 プロジェクトは,農業廃棄物を管内の農家や企業が活用し,地域に還元するプロジェクト。鎌田きのこ(帯広)が栽培したマッシュルームと,その菌床から作ったたい肥を使用して,三浦農場(音更)が生産した小麦「キタノカオリ」を生地の主原料とし,同商店が製造を手掛けた。

 「うまっしゅパン」は,生地に練り込まれたマッシュルームの風味が感じられ,表面はカリカリ,中身はもちもちとした食感が特徴。24日から麦音店(稲田町),ボヌールマスヤ(西17南3)で1個55円,25日から東京本店で同90円で販売されている。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年5月25日 13時49分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201705/20170525-0026675.php
[PR]
b0171771_05130669.jpg
参考写真:枝豆
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%9D%E8%B1%86

 5月20,21の両日,中札内村の豆資料館で, 親子による 枝豆栽培 が始まりました。 訪れた親子は資料館玄関前のアプローチに,大豆「大袖の舞」をまき,成長を願っていました。
 村特産の枝豆を栽培から収穫,食べるところまで体験してもらおうと初めて企画しました。

b0171771_05255621.jpg
中札内豆資料館
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「親子で枝豆栽培スタート 中札内豆資料館」 と伝えています。
 【中札内】豆資料館(村大通南7)で20,21の両日,親子による枝豆栽培が始まった。訪れた親子は資料館玄関前のアプローチに,大豆「大袖の舞」をまき,成長を願った。

 村特産の枝豆を栽培から収穫,食べるところまで体験してもらおうと初めて企画。村内や帯広から5組が参加した。

 初回は,大豆を3粒ずつ8カ所に分けて植えた。子どもたちは腰をかがめながら,20センチの間隔を空けて豆を土の中に落とした。

-略-

 9月中の収穫を予定している。(深津慶太)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年05月24日16時30分の記事
[PR]
b0191190_04243155.jpg
参考写真:八重咲きのマツバボタン
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%90%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3

 5月18日,浦幌町内の高齢者生涯学習の場となる上浦幌寿大学の12人と,上浦幌中学校の生徒16人と教員が, 中学校の花壇整備 を行いました。
 中学校の正面玄関の左右の花壇にマリーゴールド,松葉ボタン,サルビア,ペチュニアなど300株以上を生徒のデザインに沿って植えました。
b0191190_20421023.jpg
浦幌町立上浦幌中学校=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「高齢者と中学生が花壇整備 浦幌」 と伝えています。
 【浦幌】町内の高齢者生涯学習の場となる上浦幌寿大学の12人と,上浦幌中学校(池田哲校長)の生徒16人と教員で18日,同中学校の花壇整備を行った。

 古川稜真広報委員長(3年)が「寿大学の皆さんと交流し,花を植えましょう」と呼び掛けた。池田校長が「今年は,5回の交流を予定している。多くの参加を」と要望した。上浦幌公民館の鈴木信男館長は「花壇が元気を与えてくれる。元気の出る花をたくさん植えて」と話した。

 同中学校の正面玄関の左右の花壇にマリーゴールド,松葉ボタン,サルビア,ペチュニアなど300株以上を生徒のデザインに沿って植えた。寿大学のお年寄りは慣れた手つきで植えていた。

-略-

 作業終了後は,生徒とお年寄りが一緒に給食を取った。 (広橋基嗣通信員)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年05月24日15時05分の記事
[PR]
b0171771_02031766.jpg
参考写真:ソチ港(ロシア)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%81

 6月6,7日にロシア・ソチ市で開かれる ミニバレーの国際大会 「第1回ソチオープントーナメント」 に,日本から2チーム12人が招待されました。
 ミニバレー考案者の小島秀俊全日本協会会長を団長に,発祥の地・大樹をはじめ,音更,沖縄の各「ミニバレー協会」から50~70歳代の会員が訪ロします。

b0171771_02030466.jpg
参考写真:ミニバレーのボール
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC

 十勝毎日新聞が, 「ソチでミニバレー交流 十勝協会の11人参加」 と伝えています。
 6月6,7日にロシア・ソチ市で開かれるミニバレーの国際大会「第1回ソチオープントーナメント」(ソチ市スポーツ体育局など主催)に,日本から2チーム12人が招待された。ミニバレー考案者の小島秀俊全日本協会会長(大樹)を団長に,発祥の地・大樹をはじめ,音更,沖縄の各協会から50~70歳代の会員が訪ロする。男子は「侍」,女子は「桜」と日本を印象付けるチーム名で,ソチでは初の国際大会に挑む。

 2002年,小島会長の講演を聴いたサハリン州立大学のピョートル・パシュコフ教授によって,ミニバレーが初めてロシアに紹介された。05年以降,普及と指導のため小島会長らが何度もロシアを訪問。現在はサハリン州をはじめ国内各地で普及し,地域レベルの大会も行われている。12年には北海道協会とサハリンバレーボール連盟の協力協定も結ばれ,ますます交流が深まっている。

 昨年,一昨年と日本で行われたミニバレージャパンカップにソチ市の関係者がロシアチームとして来日し,母国で大会を開く準備を始めた。国際大会と銘打ち,第1回大会には海外から日本,チェコ,カザフスタンが参加する。日本は十勝協会から11人と沖縄協会1人の布陣。出場について小島会長は「十勝協会(1987年設立)30周年という記念の年にふさわしい事業になる」と話す。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年5月23日 13時43分の記事
[PR]
b0171771_23580848.jpg
参考写真:釧路動物園のゼニガタアザラシ
=2005年10月撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Harbor_Seal_Kushiro.jpg

 帯広畜産大学のサークルに,野生動物のゼニガタアザラシを調査する 「ゼニガタアザラシ研究グループ(ゼニ研)」 があります。
 35年前の1982年,アザラシ保護を目的に立ち上がったサークルですが,近年は個体数調査(センサス)をメインに,人間との共存の在り方を探っています。
b0171771_08303753.jpg
帯広畜産大学構内
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「アザラシとの共存探る 帯広畜大サークル『ゼニ研』」 と伝えています。
 帯広畜産大学のサークルで野生動物のゼニガタアザラシを調査する「ゼニガタアザラシ研究グループ(ゼニ研)」。35年前,アザラシ保護を目的に立ち上がった同サークルだが,近年は個体数調査(センサス)をメインに人間との共存の在り方を探っている。

 ゼニ研は1982年に設立。現部員は約20人で,襟裳岬や道東地域数カ所で年4回,センサスを行っている。一度の調査は1週間に及び,双眼鏡や望遠鏡などで500~800頭を確認する。

 一時は絶滅の危機にあったアザラシだが,近年は個体数が増加し,漁業被害が拡大している。「保護」を目的としたゼニ研も,「共存」を活動テーマに掲げるようになった。代表の今井菜々さん(畜産科学課程3年)は「センサスを続けることで,個体数の変化を見守ることができる」と活動の意義を強調。副代表の岡本朋子さん(同)は「海の中は見えず,個体数の増減は簡単には分からない。共存のため,少しでも役に立てれば」と願う。

-略-

----------------------

<ゼニガタアザラシ>

 北海道東部の沿岸から襟裳岬にかけて分布。2015年に絶滅危惧種から外れ,1ランク下の準絶滅危惧に変更。えりも地域では漁業被害が深刻化し,個体群管理手法確立などに取り組んでいる。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年5月16日 13時54分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201705/20170516-0026608.php
[PR]
b0171771_08170380.jpg
参考写真:カワアイサの親鳥とヒナ鳥
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B5

 音更町役場敷地内の池に,今年も カワアイサの親子 が姿を見せました。11羽のひなが親鳥の後ろを付いて泳ぎ,その様子を見ようと多くの見物客が訪れています。
 全国的にも知られた場所で,今年も今月に入ってから,既に2組の親子が確認されていいます。

b0171771_08175163.jpg
音更町役場
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「かわいいカワアイサ 音更に今年も親子が姿」 と伝えています。
 【音更】町役場敷地内の池に,今年もカワアイサの親子が姿を見せた。11羽のひなが親鳥の後ろを付いて泳ぎ,その様子を見ようと多くの見物客が訪れている。

 カワアイサは例年5,6組がこの池の付近で営巣し,1キロほど離れた音更川まで移動する。全国的にも知られた場所で,休日は池を取り囲むように写真愛好家が集まる。今年も今月に入ってから,既に2組の親子が確認されている。

 19日夕,池の周りでは10人を超える写真愛好家がカメラを構え,熱心にシャッターを切った。ほほ笑ましさに笑顔を見せる来庁者もいた。観察マナー守って 同所のカワアイサをめぐっては近年,全国から訪れる写真愛好家のマナーが問題にもなり,昨年は隣接する千畳敷公園の利用者と写真愛好家とのトラブルなどもあった。

-略-

(塩原真)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年05月20日14時37分の記事
[PR]
b0171771_01485989.jpg
参考写真:2代目中村獅童
=2011年8月
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E7%8D%85%E7%AB%A5_(2%E4%BB%A3%E7%9B%AE)

 5月20日,十勝毎日新聞社が主催する女性限定会員制クラブ「SALA(サラ)」の今年度第1回講演会が,帯広市民文化ホールで開かれました。
 初期の肺腺がんであることを公表した, 歌舞伎役者 中村獅童さんが講演 しました。
 中村さんは8歳で歌舞伎座の初舞台を踏み,2代目中村獅童を襲名し,歌舞伎のみならず,映画,舞台,テレビドラマなど多方面で活躍しています。

b0171771_01495841.jpg
勝毎日新聞社
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「「いつもと変わらないです」 中村獅童さん元気に講演」 と伝えています。
 十勝毎日新聞社が主催する女性限定会員制クラブ「SALA(サラ)」の今年度第1回講演会が20日午後,帯広市民文化ホールで開かれた。初期の肺腺がんであることを公表した,歌舞伎役者中村獅童さん(44)が講演。「僕,元気なんで。いつもと全く変わらないです」と明るい表情を見せ,来場者に歌舞伎の魅力や自身の生き方について語った。

 中村さんは8歳で歌舞伎座の初舞台を踏み,2代目中村獅童を襲名。歌舞伎のみならず,映画,舞台,テレビドラマなど多方面で活躍している。

-略-

 18日に公表した肺腺がんについて,「早い時期に見つかって良かったと思う」。6月上旬の手術予定とし,「がんも早く見つかれば,こんなに元気になるんだというお手本になりたい。まずは自分の病気に打ち勝って,皆さんに笑顔になってもらえるよう役者人生を歩んでいきたい」と復帰を誓った。(高津祐也)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年05月20日19時54分の記事
[PR]
b0171771_18591346.jpg
旧双葉幼稚園=2016年9月撮影撮影

 5月19日,国の文化審議会は,国の重要文化財(建造物)に新たに10件を登録するよう,文部科学大臣に答申しました。
 道内からは帯広市内の 旧双葉幼稚園の園舎 が挙がっています。
 園舎は,保育者で後の2代目園長臼田梅が発案し,1922年に完成しました。
 閉園する2013年まで90年以上使われ,現在は宗教法人日本聖公会北海道教区が所有しています。

 十勝毎日新聞が, 「双葉幼稚園園舎が国の重要文化財指定」 と伝えています。
 国の文化審議会は19日,国の重要文化財(建造物)に新たに10件を登録するよう,文部科学大臣に答申した。道内からは帯広市内の旧双葉幼稚園の園舎(東4南10)が挙がった。

 同園舎は1922年完成。当時の同園の保育者で後の2代目園長臼田梅が発案した。閉園する2013年まで90年以上使われた。10年に文化庁から,帯広初の国の登録有形文化財に指定された。現在は宗教法人日本聖公会北海道教区(札幌)が所有している。

 答申では,同園舎について「近代の幼稚園園舎の基本計画である遊戯室中心の平面を持ち,大正期建造の園舎としては希少」「球形,四角形,三角形などの基本図形を用いた明快かつ独創的意匠」と説明され,意匠的に優秀で歴史的な価値があることを指定の基準とした。

-略-

(大木祐介)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年05月19日17時00分の記事
[PR]