b0171771_1825098.jpg
背景のイラストは,「元気くん」PR掲示=本別町仙美里地区で撮影

関連のホームページ
◆本別高校同窓会東京支部「清流会」→
http://hseiryuukai.blog122.fc2.com/
◆本別町公式ホームページ http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/
◆本別町観光協会 https://www.facebook.com/honbetsu.tourism/timeline

b0171771_04104344.jpg第13回東京本別会総会
会場決定
日時:2017年6月17日(土)午後5時
会場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)
※例年の会場が休止のため、変更しました。
会場・「アルカディア市ヶ谷」サイトへ

第12回東京本別会総会終了
日時:2015年6月20日(土)午5時

会場:スクワール麹町(四ッ谷駅)
 第12回「東京本別会」総会・懇親会が開催されました。故郷本別町からは,高橋正夫町長・方川一郎町議会議長,前田芳雄本別中学校同窓会会長らが出席されました。また,4組のご夫妻も参加されました。なお,当日の様子が,十勝毎日新聞で紹介されました。
 第13回総会は,2017年6月の開催の予定です。
b0171771_16402937.jpg
仙美里中学校67年の歴史に幕

 故郷の本別町では、平成26年3月で
仙美里中学校が閉校 し、現在中学校として 本別中学校 勇足中学校 の2校が存続しています。

本別中学校の卒業生1万人に
 
本別中学校(左写真)
は戦後間もない1947(昭和22)年に開校し,2013(平成25)年度までの68年間で、9987人の卒業生を輩出してきました。2014年度の3年生は51人で,卒業生が1万人の大台を突破することになります。
 卒業生1万人達成を記念し,本別中学校同窓会(前田芳雄会長)が,2015年3月13日の卒業式にあわせて記念事業が実施されました。

[PR]
b0171771_13182982.jpg
参考写真:屋形船
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%8B%E5%BD%A2%E8%88%B9

十勝ふるさと会連合会
2017墨田川お花見クルーズ

 昨年に続き,「墨田川お花見クルーズ」を実施します。主催は,十勝ふるさと会連合会です。
 今回は、春うららの隅田の桜を見ながら、「十勝ワイン」と「いけだ牛」もお楽しみいただきます。

期日:平成29年4月1日(土)/雨天決行
集合:午前11時30分/勝どき桟橋乗船場
船種:大型クルーザーMARUCO-POLO号
主催:十勝ふるさと会連合会  共催:東京十勝池田会
協賛:(有)十勝太陽ファーム  イチノセトレーディング(株)
後援:池田町 池田町ブドウ・ブドウ酒研究会 池田町観光協会 十勝毎日新聞


 東京本別会も,「墨田川お花見クルーズ」に参加します。
参加ふるさと会(順不同)
▽東京十勝池田会 ▽あしょろ会 ▽東京浦幌会 ▽東京本別会
▽東京帯広会 ▽東京鹿追会 ▽東京清水会
 ▽東京幕別会
▽東京ふるさと新得会 ▽東京大樹会 ▽東京広尾会 ▽東京芽室会

b0171771_13220149.jpg
十勝ワイン用ブドウ畑
=2015年8月撮影

[PR]
b0171771_20505555.jpg
参考写真:日本将棋連盟・将棋会館(東京都)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%B0%86%E6%A3%8B%E9%80%A3%E7%9B%9F 

 日本将棋連盟主催の第46回全国支部対抗戦・団体戦道予選で,日本将棋連盟十勝支部チームが優勝し,2年連続の全国大会出場 を決めました。
 メンバーは昨年と同じ,帯広柏葉高校2年で三段の本田涼太さん,帯広市職員で初段の中川拓哉さん,足寄町職員で初段の石川建祐さんです。
 道予選は2月26日,全道から11チームが参戦し,対局はスイス式トーナメントで行われ,十勝支部は各メンバーが4局ずつ戦い,いずれも全勝で優勝しました。
 十勝支部として初の全国大会出場を決めた昨年に続き,2年連続で全国切符をつかんだ。全国大会は4月15,16の両日,東京都内のKFCホールで開かれます。

 十勝毎日新聞が, 「将棋2年連続全国へ 連盟十勝支部」 と伝えています。
 将棋の第46回全国支部対抗戦・団体戦(日本将棋連盟主催)道予選で,日本将棋連盟十勝支部(小泉正寛支部長)のチームが優勝し,2年連続の全国大会出場を決めた。メンバーは昨年と同じで本田涼太さん(17)=帯広柏葉高校2年,三段=,中川拓哉さん(26)=帯広市職員,初段=,石川建祐さん(45)=足寄町職員,同。2度目の大舞台に3人は「この大会を目標に調整を進めてきた。優勝を目指したい」と意気込んでいる。

 大会は1チーム3人で三段以下が対象。道予選は2月26日に札幌市で開かれ,全道から11チームが参戦した。対局はスイス式トーナメントで行われ,十勝支部は各メンバーが4局ずつ戦い,いずれも全勝して優勝。十勝支部として初の全国大会出場を決めた昨年に続き,2年連続で全国切符をつかんだ。全国大会は4月15,16の両日,東京都内で開かれる。

 本田さんは柏葉高校で将棋部に所属。昨年は全道高校将棋選手権大会の男子団体,全国高校将棋竜王戦道大会でそれぞれ優勝し,全国に出場した実力者。

-略-

 同チームは,昨年の全国大会ではベスト16まで進んだ。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年3月23日 13時56分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201703/20170323-0026175.php
[PR]
b0171771_13363708.jpg
参考写真:ハンガリー料理「グヤーシュ」スープ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E6%96%99%E7%90%86

 3月20日,本別町主催の豆料理講習会が,町農産物ものづくり館「ゲンキッチン」で開かれ,参加者は地場食材を使った ハンガリー料理に挑戦 しました。
 野菜,肉などを煮込み,パプリカで調味した赤いシチュー「豆グヤーシュ」のほか,「キレイマメのフーゼリック」「カッテージチーズのキレイマメ団子」の3品を調理しました。

b0171771_13374530.jpg
農産物ものづくり館「ゲンキッチン」
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「ハンガリー豆料理に挑戦 本別」 と伝えています。
 【本別】豆料理講習会(町主催)が20日,町農産物ものづくり館「ゲンキッチン」で開かれ,参加者は地場食材を使ったハンガリー料理に挑戦した。

 十勝ヒルズ(幕別)のレストランヴィーズのシェフ,モルドヴァン・ヴィクトル氏を講師に招いた。

 野菜,肉などを煮込み,パプリカで調味した赤いシチュー「豆グヤーシュ」のほか,「キレイマメのフーゼリック」「カッテージチーズのキレイマメ団子」の3品。

-略-

(木村仁根)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年03月22日20時30分の記事
[PR]
b0171771_08485022.jpg
道の駅ステラ★ほんべつ
=2016年5月撮影

 3月27日,本別でタレントで家電アドバイザーの奈津子さんを講師に迎えた 消費生活講演会「聞いて,知って得する家電トーク」 が開かれます。
 奈津子さんは,首都圏ではテレビ東京で放送中の「開運!なんでも鑑定団」のコンパニオンとしてお馴染みで,女性アイドルグループSDN48の元メンバーで,歌手,コラムニストとしても活躍しています。

本別町消費生活講演会
日時:3月27日(月) 午後6時~8時
会場:道の駅ステラ★ほんべつ多目的ホール
講師:家電アドバイザー 奈津子氏
主催:本別町

参考サイト:奈津子 (@natsuko_twins) Twitter
https://twitter.com/natsuko_twins

b0171771_08493903.jpg
多目的ホール
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「27日に家電講演会 本別」 と伝えています。
 【本別】タレントで家電アドバイザーの奈津子さんを講師に迎えた消費生活講演会「聞いて,知って得する家電トーク」(町主催)が,27日午後6時から道の駅ステラ★ほんべつ多目的ホールで開かれる。

 家電購入の際のトラブル防止や進学・就職など新生活への参考にと企画した。奈津子さんが消費者目線から見た商品の選択,適切な使用方法を紹介する。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年03月26日7時30分の記事
[PR]
b0171771_03373329.jpg
帯広市役所
=2016年8月撮影

 帯広市は3月21日~4月3日, 市役所の一部窓口で 受付時間を延長 します。また,土曜日に臨時窓口を開設します。
 進学や転勤などによる異動シーズンを迎え,窓口が混雑するためで,対象は戸籍住民課など6課です。

 十勝毎日新聞が, 「一部窓口の受付時間延長 あすから市役所」 と伝えています。
 帯広市は21日から4月3日まで,市役所の一部窓口で受付時間を延長する。また,土曜日に臨時窓口を開設する。進学や転勤などによる異動シーズンを迎え,窓口が混雑するため。

 対象は戸籍住民課,国保課,上下水道部料金課,市民税課,こども課,学校教育課の6課。通常は午前8時45分~午後5時半の受け付けを,平日は午後7時まで延長する(31日は同6時まで)。土曜日(25日と4月1日)の臨時開設の時間は,午前8時45分~午後5時半。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年03月20日10時01分の記事
[PR]
 
b0191190_23454104.jpg
建設中の「こども園ほんべつ」
=2017年2月撮影

 3月17日,4月に開園する「幼保連携型認定こども園ほんべつ」への本別カトリック幼稚園とのに伴う,本別町の 中央保育所,南保育所の 閉所式 が行われ,半世紀にわたる保育の歴史に幕を閉じました。
 中央保育所は1964年6月12日,本別初の季節保育所として開設されました。
 4月以降,中央保育所施設は児童発達支援センターとなる予定で,南保育所の活用は決まっていません。
 勇足保育所と仙美里保育所は,現状のまま保育事業を継続します。
 なお,本別町では今まで,本別西保育園,美里別保育所が閉所しています。

b0191190_00284493.jpg
本別町中央保育所
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「半世紀ありがとう 中央,南保育所が閉所式 本別」 と伝えています。
 【本別】4月に開園する「幼保連携型認定こども園ほんべつ」(町南3,運営・釧路カトリック学園)への統合に伴う,中央,南の両保育所の閉所式が17日行われ,半世紀にわたる保育の歴史に幕を閉じた。

 中央保育所(川本千枝所長,園児66人)は1964年6月12日,本別初の季節保育所として開設されたのが始まり。65年に本別常設保育所,80年に現名称に。

 南保育所(北山真優美所長,園児65人)は70年に本別南へき地保育所(柏木町),80年から現在地で運営してきた。

-略-

 4月以降,中央保育所施設は児童発達支援センターとなる予定で,南保育所の活用は決まっていない。(木村仁根)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年03月19日8時30分の記事
[PR]
b0171771_01281548.jpg
陸上自衛隊第5音楽隊
=2016年9月,本別町で撮影

 3月20日,東日本大震災などの復興支援を目的とした チャリティーイベント 「帯広・十勝に花は咲く」 が,帯広畜産大学講堂で開かれ,約230人が参加しました。
 第2部のコンサートでは「モトコ&源ボーカル4」や帯広畜産大ジャズ研究会,帯広畜産大アカペラ ram'a tone 」,陸上自衛隊第5音楽隊が多彩な曲を演奏。最後に参加者全員で,東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を合唱ました。

参考動画:NHK復興支援ソング 「花は咲く」
http://www.bing.com/videos/search?q=%e8%8a%b1%e3%81%af%e5%92%b2%e3%81%8f&&view=detail&mid=B444BCBE15DC9E9DF128B444BCBE15DC9E9DF128&FORM=VRDGAR

b0171771_01124294.jpg
参考写真:東日本大震災で被災した岩手県大船渡市
=2011年3月撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD

 十勝毎日新聞が, 「復興の思い 未来へ 帯広畜大で230人「花は咲く」」 と伝えています。
 東日本大震災などの復興支援を目的としたチャリティーイベント「帯広・十勝に花は咲く」が20日,帯広畜産大学講堂で開かれた。参加した約230人が,心をひとつに復興支援ソングを合唱した。

 同大主催。2014年から毎年行ってきたが,一定の目的を果たしたとして今回で終了する。

 今回は東日本大震災の他,昨年の十勝台風災害と熊本地震の復興支援も願い開催。会場には各地の被害や復興の様子を記録した写真が展示され,募金も行われた。

 同大の奥田潔学長は「教育や研究で今後も支援を続けていきたい」とあいさつ。第1部では,同大「東日本災害復興支援プロジェクト」の取り組みを辻修教授が紹介し,同大卒業生で福島県飯舘村の菅野典雄村長が復興の現状などを講演した。

 第2部のコンサートでは「モトコ&源ボーカル4」や同大ジャズ研究会,同大アカペラサークル「ram’a tone」,陸上自衛隊第5音楽隊が多彩な曲を演奏。最後に参加者全員で,東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を合唱した。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年3月20日 13時44分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201703/20170320-0026148.php
[PR]
b0171771_12470159.jpg
帯広畜産大学
=2017年2月撮影

 食肉格付け技術を競う「第9回全日本大学対抗ミートジャッジング競技会」で, 帯広畜産大学が 大学対抗部門で優勝 し,過去最高の成績を収めました。
 個人総合部門で2~4位に入った3人が日本代表として世界大会への出場権を得ました。
 食肉産業・畜産業の人材育成を図る今回の競技会には,全国13大学から59人が参加し,帯広畜大は畜産科学課程3年の志水万里子さん,松岡大貴さん,後藤弥子さん,川元もみじさん,坂本紗穂さんが出場しました。

b0171771_12443615.jpg
帯広畜産大学
=2011年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「肉の目利き 帯広畜大V 世界大会へ 上位3人」 と伝えています。
 食肉格付け技術を競う「第9回全日本大学対抗ミートジャッジング競技会」(1~3日・東京=実行委員会主催)で,帯広畜産大学が過去最高の成績を収めた。大学対抗部門で優勝し,個人総合部門で2~4位に入った3人が日本代表として世界大会への出場権を得た。

 大学対抗部門での優勝は2度目だが,個人総合で世界大会に出場した学生はこれまで多い年でも1人で,3人は初めて。

 食肉産業・畜産業の人材育成を図る今回の同競技会には,全国13大学から59人が参加。帯畜大は志水万里子さん,松岡大貴さん,後藤弥子さん,川元もみじさん,坂本紗穂さん(いずれも21歳,畜産科学課程3年)が出場した。

 「牛」「豚」「部分肉・精肉」の3部門で,枝肉の肉質や霜降り状態などの優劣を判別。個人総合部門では2位に志水さん,3位に松岡さん,4位に後藤さんが入った。3人を含む上位5人は,7月にオーストラリアで開かれる世界大会に挑む。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版
/2017年3月19日 13時35分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201703/20170319-0026141.php
[PR]
b0171771_10572222.jpg
十勝ポップコーン
=2017年2月撮影

 本別町内の 前田農産食品が製造する「十勝ポップコーン」 が,道食品産業協議会主催の第24回北海道加工食品コンクールで 最高位の道知事賞を受賞 しました。電子レンジで加熱し,「はじける音と香りも楽しい」と評価されました。
 加工食品の新規性,デザイン性,コストパフォーマンスなどの観点で選ばれます。
 今回のコンクールは,2月21,22日にロイトン札幌ホテルで行われ,28社から55品の出品がありました。
 十勝管内からの知事賞受賞は2013年の共働学舎新得農場以来です。
 十勝ポップコーンの開発は,前田農産食品の前田茂雄専務が2012年,国内でも珍しいポップコーン用の爆裂種トウモロコシの栽培に着手し,凍害や倒伏に見舞われたが翌2013年,アイオワなどアメリカ視察を経てマルチ栽培,市場開拓のヒントを持ち帰りました。

第24回北海道加工食品コンクール結果
【北海道知事賞】

 前田農産食品合資会社
  商品名:十勝ポップコーン~黄金のとうもろこし畑から~
【札幌市市 長賞】
 田中酒造株式会社
  商品名:純米吟醸酒
【北海道食品産業協議会会長賞】
 小樽美人 新札幌乳業株式会社
  商品名:北海道で採れた赤・緑・黄野菜11種&生乳で仕上げたのむヨーグルト

参考サイト:第24回北海道加工食品コンクール
http://hofia.org/

b0171771_12201119.jpg
前田農産食品製造=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「十勝ポップコーン 知事賞 本別の前田農産食品製造」 と伝えています。
 本別町内の前田農産食品(弥生町27)が製造する「十勝ポップコーン」が,第24回北海道加工食品コンクール(道食品産業協議会主催)で最高位の道知事賞を受賞した。電子レンジで加熱し,「はじける音と香りも楽しい」と評価された。

 加工食品の新規性,デザイン性,コストパフォーマンスなどの観点で選ばれる。今コンクールは2月21,22日に行われ,28社から55品の出品があった。十勝管内からの知事賞受賞は2013年(第20回)の共働学舎新得農場以来。

 十勝ポップコーンの開発は,同農産食品の前田茂雄専務(42)が12年,国内でも珍しいポップコーン用の爆裂種トウモロコシの栽培に着手。凍害や倒伏に見舞われたが翌13年,アイオワなどアメリカ視察を経てマルチ栽培,市場開拓のヒントを持ち帰った。

 改良し,小麦と一緒に乾燥させる方法を考え,袋詰めも独自ラインを構築。16年4月に,前年産のポップコーンで商品化第1号を市場に送り込んだ。電子レンジで加熱し,出来たてが楽しめることも特長。

-略-

 最高賞の受賞について,前田専務は「農業の6次化は冬の雇用を維持し,経営を安定させる。農業者なのになぜ食品会社なのか,今回の受賞で疑問が解消した。代表社員の父を受賞2日前に亡くしたが,いい報告ができたと思っている」と話している。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年3月19日 13時34分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201703/20170319-0026140.php
[PR]